新しい口座を開くにあたって「少額貯蓄非課税制(マル優制度)はご利用になれません」とありました。
 少額貯蓄非課税制(マル優制度)とは何ですか?
 詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

マル優制度(老人等の少額貯蓄非課税制度)とは、普通、預金利子などに対して課税されますが、65歳以上の人、寡婦、障害者の人等についてはも非課税貯蓄制度が適用され、元本350万円までの預金の利子に対する税金がかかりません。

この少額貯蓄の非課税制度を「マル優制度」といいます。

この制度が、租税特別措置法等の改正で、平成18年1月1日以降、マル優等をご利用出来る対象者が「身体障害者手帳の交付を受けている方等の障害のある方」等に限定され、「満65歳以上」という資格ではご利用できなくなります。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20020108m …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど!そうだったんですね。
 税金の話というのは知らないことが多いです。

 ありがとうございました。

お礼日時:2003/02/22 14:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式の信用取引で、制度信用と一般無期限信用の違いは?

株式の信用取引で、制度信用(6ヶ月以内に反対売買)と一般無期限信用の違いは何ですか?
どのように使い分けるのですか?
建玉がある間の金利あるいは諸経費が違うのですか?

Aベストアンサー

#2です。
>イートレード証券は一般信用でも逆日歩があるみたいな感じですが
制度信用取引では、証券金融会社は、空売りした人に株券を貸すわけですが、手持ちの株券で足りないと、大株主からオークションで株券を借ります。この時に大株主に払う利息を日歩といいます。で、日歩は証券金融会社が負担してくれるのではなく、空売りしている人全員で払います。これを逆日歩と言います。なお、信用買いしている人は、買った株券を証券金融会社に貸してるわけですから、日歩がもらえます。

一般信用では、株券が足りなくなっても大株主から借りたりせずに、空売りできなくなるので、逆日歩が発生することはありません。
なお、イートレード証券の一般信用では、空売りできません。
(https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=lineup&dir=lineup&file=home_lineup_margin.html のサービス概要の無期限信用(一般信用)取引の売買の項目に、新規売建の記載がありません)。無期限信用で空売りできる証券会社は、ごく一部です。

#2です。
>イートレード証券は一般信用でも逆日歩があるみたいな感じですが
制度信用取引では、証券金融会社は、空売りした人に株券を貸すわけですが、手持ちの株券で足りないと、大株主からオークションで株券を借ります。この時に大株主に払う利息を日歩といいます。で、日歩は証券金融会社が負担してくれるのではなく、空売りしている人全員で払います。これを逆日歩と言います。なお、信用買いしている人は、買った株券を証券金融会社に貸してるわけですから、日歩がもらえます。

一般信用では、株券...続きを読む

Q相続時精算課税制度と住宅の贈与非課税制度の併用

相続時精算課税制度と住宅の贈与非課税制度の併用

「2010年中に住宅取得のための贈与が1500万まで非課税」という制度を使って
親から資金を出してもらう予定でいます。

さらに親が所有する土地(評価額2500万以下)を相続時精算課税制度を使って
贈与を行い所有権移転登記をする予定でいます。

この2つの制度はこのような場合併用可能でしょうか?

Aベストアンサー

併用はできますよ。
相続時精算課税制度は一度選択すると取り消しできませんので、気をつけてください。
同じ贈与者からの贈与が合計2,500万円以上になると、暦年課税の贈与税控除額110万円は受けられず、20%の税率でかかること。
相続開始時に生前に贈与財産があったことが他の相続人に知られることで、争いの元になる可能性があること。
おせっかいになりますが「相続時精算課税制度がある、これだ」と飛びついてしまう前に、他の相続人との感情的な争いが発生する可能性の有無等検討して選択しないと取り消しできませんので困ります。
この制度を研究し尽くした税理士が
「贈与税が10%程度なら、相続時選択課税制度は選ばせない。相続発生時に起こりうる財産分与の問題に税理士が関わることができないから。贈与者の財産から相続税が絶対に発生しないという場合でないと選択はさせない」
と言い切ってます。
聞きかじり情報、ネット情報だけで判断せずに、上記の点まで疑問をぶつけられる税理士に相談して決められる事を薦めます。

Q制度信用取引について

 サイバー・コミュニケーションズ(CCI)<4788.T>のニュ-スで「日証金が制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う申し込みで停止措置を解除」というのが有りました。実際には、どうゆうことなのか知りたいのですが?具体的に教えて欲しいのですが?
 また日証金とは何ですか?、株価にはどう影響しますか?
 よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

CCIの制度信用取引ができるようになったと言うことです。
信用が上がったと言うことなので株価に影響はあると思いますが、すでに織り込み済みって事も多いです。

Q非課税貯蓄制度の利用の仕方

私は遺族年金を受けているので、非課税貯蓄制度を利用できると思い、近くの信金へ定期預金をする際に非課税貯蓄制度を申請したいと相談したところ、確定申告のときにできますよ。と、教えてもらったのですが、申告の仕方がわかりません。どんな書類を揃えて、どんな申告をどこへすればよいのでしょう?ほんとうに、確定申告でできるのでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告時???
窓口の方が他の制度と混乱してらっしゃるような。

手続きは、預入初日かその前に、
金融機関等の窓口で年金手帳等を提示して
マル優といって申し込む制度です。
参考URLをどうぞ(引き続き手続きのリンク先もあります。)

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kanpu/1313.htm

Q信用取引制度について

少しわからないところがあるので質問させていただきます。
委託保証金は30万円は必要ですよね。
30万円で始めたとしたら、90万円くらいまでの取引ができるってことでいいんですか?
それとも、30万とは別にお金が必要ですか?
たとえば33万あって、30万は委託保証金で、残りの3万が信用取引として利用でき、9万まで利用できるようになるとか。

あと、30万で信用取引をやって90万の株を買って、その株が60万まで落ちてしまったとき、委託保証金は最低30万は無ければいけないので、
60万の3分の1の20万が今の財産だとして10万を新たに振り込まなければならないとか(ここはうまく説明できなくて言ってることわからなかったらすいません。)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

評価損は保証金から差し引かれるので、90万円の株が60万円になったら、保証金ゼロです。10万入れてもだめです。その前に評価損5万程度で追証がかかります。
レバレッジがかかるとこういうとき怖いです。

Q単純な質問で申し訳ございませんが、財形貯蓄の非課税の意味は?

単純な質問で申し訳ございませんが、財形貯蓄では、550万までは非課税とよく耳にするのですが、具体的にはどういう意味ですか?単純に住宅のために郵便局等で貯金するより、住宅を買うためには、財形がいいと聞くのですが、その意味がよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問の件、以下のとおり回答させていただきます。

(1)まず「財形貯蓄」とは、質問者様が今回質問されている"財形住宅貯蓄"および"財形年金貯蓄"・"一般財形貯蓄"の3つの総称です。

(2)財形住宅貯蓄であれば「将来、住宅の取得や増改築などに払い出しを行う」、財形年金貯蓄であれば「将来、年金として払い出しを行う」…といった具合に、これらは「払い出しの目的を限定した貯蓄」です。

(3)(2)のとおり、財形貯蓄は、郵便局等に貯蓄した場合と比べ、その貯蓄を払い出す際の用途に制限が加わることとなりますが、その代わり「通常は課税となってしまうその貯蓄元本から生じる利息が非課税になる」というメリットを有しています。
((2)以外の目的でも払い出しを行うことはできますが、その場合は、課税扱いとなります)

「住宅を買うためには、(通常の貯蓄方法に比べて)財形(住宅貯蓄)がいい」とは上記の理由ですね。

なお、財形住宅貯蓄については元本が550万円までは上記のメリットが生じますが、550万円を超えた場合は課税となってしまいますので、その貯蓄額をウォッチしておくことは必要です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kanpu/1316.htm

こんにちは。
ご質問の件、以下のとおり回答させていただきます。

(1)まず「財形貯蓄」とは、質問者様が今回質問されている"財形住宅貯蓄"および"財形年金貯蓄"・"一般財形貯蓄"の3つの総称です。

(2)財形住宅貯蓄であれば「将来、住宅の取得や増改築などに払い出しを行う」、財形年金貯蓄であれば「将来、年金として払い出しを行う」…といった具合に、これらは「払い出しの目的を限定した貯蓄」です。

(3)(2)のとおり、財形貯蓄は、郵便局等に貯蓄した場合と比べ、その貯蓄を払い出す際の用途に制限が...続きを読む

Qイートレード信用取引について

初めまして。
イートレードで今回信用取引をしようと
勉強しております。
ですが、わからないことがあります。

(1)なぜ制度信用取引(6ヶ月)と無期限信用(一般信用)
 というものがあるのですか?
その制度信用と無期限信用との違いは?
どちらが取引するのにいいのでしょうか?

(2)イートレードにて信用を開始すると、「取引残高報告  書」と「同意書」が送られてくるとあります。
 それは確実に期日までに返送しなくてはいけませんか?
 しないとどうなりますか?
 毎月いつごろ送られてくるものでしょうか?

まだわからないことが一杯です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)については、#1さんのおっしゃるとおりです。両方できる場合は、制度信用を利用するのが普通です。決済期限が来たら、いったん手仕舞って、また買建(売建)れば良いのですから。その方がコスト的に安い場合がほとんどです。

(2)は、多少遅れてもとにかく提出すれば良いようです。遅れると、早く提出してくれという督促の手紙が来ます。

Q住宅取得等資金の非課税制度について

住宅取得等資金の非課税制度に関する帳票のひとつに
「住宅取得等資金の非課税の計算明細書」というものがあるのですが、
その中の項目にある「取得した財産の所在地等」について教えてください。

この項目の記載例として、
土地名が書かれているのですが、
これは親から土地をもらった(後に転売した)ということでしょうか?
それとも資金で購入した住居の住所を書いているのでしょうか?

預金の場合は銀行名、支店名を書くとありましたが、
親の預金口座を書くのか、私の口座を書くのか、
よくわかりません。

実際、現金を私の口座に入金してもらいました。
しかし、贈与額以外に同じ日に一時に借入れたお金
(一時的に立て替えてもらったお金で今は返済済)も
入金してもらっているので、口座を書いて、
税務署に変に疑われないか心配しています。

以上、教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これは親から土地をもらった(後に転売した)ということでしょうか?
いいえ。
土地をもらった場合、非課税制度には該当しません。
住宅を取得するための資金(金銭)の贈与を受けた場合だけです。

>それとも資金で購入した住居の住所を書いているのでしょうか?
そのとおりです。

>預金の場合は銀行名、支店名を書くとありましたが…
そのようなは欄ないと思いますが…
現金の額を書く欄はありますが。

参考
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/zoyo/tebiki2011/pdf/14.pdf

Q信用取引で買った株を現物株にするには?

株初心者です。信用取引(6ヵ月の制度取引)で買った株を現物株にしたいのですが、どのようにすればよいのですか?
また、その場合、例えば信用取引で買った時の株価が10,000円とします。その株が現在12,000円になっていたとしても、現物株に変える時は買った時の値段(10,000円)でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

現引きすれば良いのです

信用で1万円で買った株は、たとえ現在1万2千円になっていたとしても、1万円で良いのです

正確には

 「 買建値×現引き数+諸経費 」( 諸経費に金利分も含む )

となります。

信用買いは、お金を借りて株を買う行為ですので、
基本的に、
借りたお金を、金利を付けて払えば良い
と言う理屈になります。

値上がりして、良かったですね

Q住宅取得等資金の非課税制度について教えて下さい

平成22年に自宅を新築し、平成22年中に新築住居に住んでいる者です。

新築した住居は、元々親と同居している建物を壊して、新たに建てたものです。
土地は借地で、新築する際、借地権の贈与を親jから受け、建物は私名義で工務店と契約し、建てています。この際、新築費用の一部(工務店の契約額の約四分の一)を現金で親からの贈与を受けています。
借地権の贈与については相続時精算課税制度の適用を受け、現金のついては、住宅取得等資金の非課税制度(非課税限度額の1500万円以内)の適用を受けようと考えています。

しかし、上記非課税制度の受贈者等の適用要件の一つに、
「自己の配偶者、親族などの一定の特別の関係がある人から住宅用の家屋(その敷地の用に供されている土地等を含みます。)の新築若しくは取得又は増改築等をしたものではないこと。」
とあります。

私のケースでは、家屋の新築は特別の関係を有しない工務店が行ったものになりますが、借地権の取得については親からの贈与になります。
工務店による新築費用の対価に充てている意味では住宅取得等資金に該当しており、限度額1500万円の非課税制度の適用を受けれるのではないかと思いますが、敷地の用に供されている土地については親から贈与されているため、適用要件に厳密に一致しているとも見なすことができません。

この場合、非課税制度が適用されるでしょうか?

税法に詳しい方からのご意見をお願いします。

平成22年に自宅を新築し、平成22年中に新築住居に住んでいる者です。

新築した住居は、元々親と同居している建物を壊して、新たに建てたものです。
土地は借地で、新築する際、借地権の贈与を親jから受け、建物は私名義で工務店と契約し、建てています。この際、新築費用の一部(工務店の契約額の約四分の一)を現金で親からの贈与を受けています。
借地権の贈与については相続時精算課税制度の適用を受け、現金のついては、住宅取得等資金の非課税制度(非課税限度額の1500万円以内)の適用を受けようと考えてい...続きを読む

Aベストアンサー

タックスアンサーでは特別の関係のある人からの
”取得の対価に充てるもの”は該当しないとありますので
贈与された借地権については、関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

これは例えば、借地権を贈与でなくて親御さんから購入することにして、
そのための資金を親御さんから贈与を受ける場合はだめですよ
という意味です。

借地権は別途贈与の対象になりますがこれは相続時精算課税を
選択されるということですから問題ないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報