出産前後の痔にはご注意!

建設省告示第1460号 面材の場合、筋交いタスキの場合は載っていますが、面材+筋交いタスキの場合はどうなるのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

#8の訂正です。



45×90筋違いタスキ:壁倍率4.0 → 2HDー15kN(30kN)
面材       :壁倍率1.0 → CP-L(4.5kN)

従って、2HDー20kN(40kN)となるのでは?

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も懲りずに夜遅くまでご丁寧にありがとうございました。
合計したの耐力の同等以上の金物で対処すれば良いわけですね。
悶々としていたのがおかげさまで晴れました。
ありがとうございました。感謝いたします。m(_ _)m m(_ _)m

お礼日時:2009/03/23 09:27

#7です。



1階出隅で、
 45×90筋違い:壁倍率2.0 → HDー15kN
 面材    :壁倍率3.0 → HDー25kN

従って、2HDー20kN となるのでは?

以上です。
 
    • good
    • 0

#3のcyoi-obakaです。



補足理解しました!
要するに、面材+筋違いの場合の継手・仕口に関する規定(告示1460)の仕様規定の事ですね!
これは、該当する仕様に準じれば良いのです!!
面材+筋違いの場合は、面材の仕様+筋違いの仕様で設計する!

告示1460号ただし書→N値計算法による事をお薦めします。
これで計算すれば、告示仕様より楽に成ります。

以上、参考意見です。
 

この回答への補足

ご回答ご丁寧にありがとうございました。感謝いたします。
いつもはダイライトの面材のみでやっていたのですが、
(N値計算法は理解していますが、コストを考えず安全を見て出隅の
面材耐力壁両端にはHD-20を入れております)今回は一部の出隅に
面材+筋交い(45×90タスキ)の壁が出て来ました。その場合は下記
の仕様にはなく、5のタスキの筋交いでも壁倍率が4です。
今回は出隅で面材+筋交いの壁倍率は5になりますので、該当するも
のが見当たらないので、どのような選択をすれば良いかわかりません。
たびたび、説明が足りなくてすみません。よろしくお願いします。
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/y-go/Kanamono.pdf

補足日時:2009/03/22 21:09
    • good
    • 0

#1です。


補足について
N値計算法の出隅柱の考え方
N値計算法の計算式は解っているものとしてアドバイスします。
出隅においては、筋かいの取付く位置が上か、下かで判断します。
面材のみの場合は、不利になる方で検討します。
出隅における壁倍率は、片側0として計算します。
壁倍率は、前述のとおり、構造計算を行わないで令46条計算の場合、最大壁倍率は5です。(略算法)
昭和56年6月1日 建設省告示第1100号にしたがいます。

構造計算をおこなう場合、住宅性能表示等級2以上の準耐力壁を加えた壁量計算も可能です。
この場合も最大壁倍率は5です。(略算法)

構造計算で、剛心・偏心率を計算する場合のみ最大壁倍率は7です。(精算法)
ご参考まで

この回答への補足

ご回答ご丁寧にありがとうございました。感謝いたします。
告示1460の表から金物を求めるものなのですが、
いつもはダイライトの面材のみでやっていたのですが、
(N値計算法は理解していますが、コストを考えず安全を見て出隅の
面材耐力壁両端にはHD-20を入れております)今回は一部の出隅に
面材+筋交い(45×90タスキ)の壁が出て来ました。その場合は下記
の仕様にはなく、5のタスキの筋交いでも壁倍率が4です。
今回は出隅で面材+筋交いの壁倍率は5になりますので、該当するも
のが見当たらないので、告示1460の表から金物を求める場合、ど
のような選択をすれば良いかわかりません。
たびたび、説明が足りなくてすみません。よろしくお願いします。
?http://www.kit.hi-ho.ne.jp/y-go/Kanamono.pdf?

補足日時:2009/03/22 21:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決いたしました。何度もご回答ありがとうございました。感謝いたします。m(_ _)m m(_ _)m

お礼日時:2009/03/23 09:30

木造住宅建築確認申請用の構造標準納まり図


http://www.howtec.or.jp/joho/syuppan/osamarimiho …

この図面集(pdfのP15)にホールダウン金物と筋交いの納まりが載っています。
で、
筋交いの納まりは、この図面通り、Zマーク認定金物で固定すれば、良い訳です。

これに、面材を貼る場合、また図面集(pdfのP6)を参照して下さい。

筋交いをさわらず(切ってしまえば意味無い)、真ん中に胴縁を入れ、
N50、@150で、固定すれば、耐力壁の面材が出来る。

特に、問題は無い納まりですが?
構造標準納まり図をお買い求め下さい。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syuppan/osamarimiho …

この回答への補足

ご回答ご丁寧にありがとうございました。感謝いたします。
告示1460の表から金物を求めるものなのですが、
いつもはダイライトの面材のみでやっていたのですが、
(N値計算法は理解していますが、コストを考えず安全を見て出隅の
面材耐力壁両端にはHD-20を入れております)今回は一部の出隅に
面材+筋交い(45×90タスキ)の壁が出て来ました。その場合は下記
の仕様にはなく、5のタスキの筋交いでも壁倍率が4です。
今回は出隅で面材+筋交いの壁倍率は5になりますので、該当するも
のが見当たらないので、告示1460の表から金物を求める場合、ど
のような選択をすれば良いかわかりません。
たびたび、説明が足りなくてすみません。よろしくお願いします。
??http://www.kit.hi-ho.ne.jp/y-go/Kanamono.pdf??

補足日時:2009/03/22 21:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決いたしました。何度もご回答ありがとうございました。感謝いたします。m(_ _)m m(_ _)m

お礼日時:2009/03/23 09:31

#2です。

済みません、リンク切れてました。

【木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)】です。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202. …
(切れてないと良いのですが)

耐力壁として組み合わせ可能か、不可能かは、この本に書いてあります。
(全て、耐力壁として組み合わせが出来る訳では無いのでご注意を)

cyoi-obakaさんのご指摘のように
許容応力度法にて、構造計算を実施しない場合の壁倍率は、5倍を超えても5倍しか認められていませんので、建設省告示第1100号に従って下さい。
(当該数値の和が5を超える場合は5)

昭和56年6月1日 建設省告示第1100号
http://www.icba.or.jp/kokuji/kaisei/S56_1100.htm



>どこかのメーカーで20kN以上のホールダウンを製造している筈

【カナイ】のシームレスホールダウンM16-Lなら1本で、短期耐力が、30.6kNもあります。VP金物等を組み合わせる事で、36~37kNぐらいまで負担可能なようです。材種強度にもよりますが
http://www.kana-e.co.jp/newproducts/sl-hdm16.pdf

この回答への補足

大変ご丁寧なご説明ありがとうございました。
こちらの説明不足で誠に申し訳ないのですが、木造の継手及び仕口
の構造方法で出隅のホールダウン金物を調べるため、軸組の種類と
言うところで該当する所がなく、調べたのですが良くわからなかっ
たのです。すみませんが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/03/22 18:29
    • good
    • 0

今日は cyoi-obakaです。



#1さん及び#2さんの回答で、すでに答えは出てますが、壁倍率の件で混同しないように、追加の説明をします。

#1さんの回答は、構造計算をしない場合(構造計算で採用しても良い)。
#2さんの回答は、構造計算をする場合。

です。

壁倍率7で構造計算をする場合は、#2さんも注意書きをしていますが、過大な引抜けが生じます。
私は、偏心率や剛性率を解析する場合は、最大壁倍率7で行い、応力計算上は、最大壁倍率5程度に換算して扱う。
これにより、過大な引抜けを回避する。
2階建程度では、ホールダウン20kNで負担できますが、3階建に成ると壁倍率7では、ホールダウン20kNでは負担しきれない場合が生じます。
ちょっとド忘れしましたが、どこかのメーカーで20kN以上のホールダウンを製造している筈ですが、メーカーが指定されて扱い難いです。

以上、追加の参考意見です。
 

この回答への補足

大変ご丁寧なご説明ありがとうございました。
こちらの説明不足で誠に申し訳ないのですが、木造の継手及び仕口
の構造方法で出隅のホールダウン金物を調べるため、軸組の種類と
言うところで該当する所がなく、調べたのですが良くわからなかっ
たのです。すみませんが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/03/22 18:30
    • good
    • 0

木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)という解説本の中に答が載っています。


http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202. …
一度、読んで見ましょう。
(サーバーメンテ中のようで、開けられません)

ちなみにP54、に組み合わせ表が記載されてます。

表2.3.2.2 令46条表1 昭56建告1100号の組み合わせ表(2つを併用)

表2.3.2.3 令46条表1 昭56建告1100号の組み合わせ表(3つを併用)
(★から1つ、■から1つ、●から1つずつというように3つの耐力壁の組み合わせが可能)

【面材大壁+土壁片面木づり+筋交い】等は、3つの組み合わせが、可能です。

また、2008年版によると、壁倍率の上限は、5をこえて、7でも良いようです(本で確認して下さい)

ただ、倍率を上げすぎると引き抜き力が増大するので、要注意です。
そういう意味でも、耐力壁は、釣り合いよく配置すべきでしょうネ。
    • good
    • 0

面材の壁倍率と筋交いタスキの壁倍率を合計して、壁倍率が5以上は壁倍率5として壁量計算します。




面材 構造用合板9mm 壁倍率2.5
筋かい 30×90タスキ掛け 壁倍率=1.5×2=3.0
壁量計算壁倍率=2.5+3.0=5.5
5.0以上となり壁量計算壁倍率=5.0として壁量計算します。
ご参考まで

この回答への補足

大変ご丁寧なご説明ありがとうございました。
こちらの説明不足で誠に申し訳ないのですが、木造の継手及び仕口
の構造方法で出隅のホールダウン金物を調べるため、軸組の種類と
言うところで該当する所がなく、調べたのですが良くわからなかっ
たのです。すみませんが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/03/22 18:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q建設省告示1460号の接合金物について

建設省告示1460号の接合金物について質問です。
(N値計算ではないです。)
法にしたがい、見ていくと(イ)(ロ)(ハ)...と
必要な金物仕様がわかりますが、
柱頭と柱脚の意味合いがよくわかりません。
本(建築知識)によれば、柱頭と柱脚は基本同じ仕様とありますが、
HD設置の場合それはおかしいですよね。
1Fの柱脚にHDをつけて、柱頭もHD?いや、そうなる
のでしょうか。
隅柱の場合は、土台から、桁までなので...。?よくわかりません。

実は、近くの行政(市役所)や民間に相談しても、皆さん
細かくはわからないのです。よく審査をしているとも思いますが。

金融公庫基準にも、柱脚、柱頭の記述は不明確で、胴さしをはさみ
(ト)とか書いていて、1Fの柱頭が(ト)なのか、2Fの柱脚が
(ト)なのかよくわかりません。

質問を整理しますと。
法には、柱脚部には、これで柱頭はこれという指示がないのは
同じ仕様で柱脚、柱頭共、同じ金物仕様という事でよいのでしょうか。

2階立ての場合  仕様を(ニ)とした場合
IFの柱の柱脚、柱頭に(ニ)、2Fの柱脚、柱頭に(ニ)を設置
という事みたいな事で良いのでしょうか。

質問の内容はちゃんと伝わりましたでしょうか。

よろしくお願い致します。

建設省告示1460号の接合金物について質問です。
(N値計算ではないです。)
法にしたがい、見ていくと(イ)(ロ)(ハ)...と
必要な金物仕様がわかりますが、
柱頭と柱脚の意味合いがよくわかりません。
本(建築知識)によれば、柱頭と柱脚は基本同じ仕様とありますが、
HD設置の場合それはおかしいですよね。
1Fの柱脚にHDをつけて、柱頭もHD?いや、そうなる
のでしょうか。
隅柱の場合は、土台から、桁までなので...。?よくわかりません。

実は、近くの行政(市役所)や民間に...続きを読む

Aベストアンサー

私はプレカット工場の技術を担当している者です。

回答としては、建築知識の「柱頭と柱脚は基本同じ仕様」の記述
の通りです。柱脚がHDなら柱頭もHDです。

「建設省告示1460号 二 壁を設け又は筋違を入れた軸組の柱の柱脚及び柱頭の仕口にあたっては…」
とある通り、告示では柱脚の事のみを指している訳ではありません。

御存知だとは思いますが、
木造在来工法はピン構造であり、
左右の柱と上下の横架材+筋違で耐力を負担します。
ですので、柱頭柱脚共に緊結されていないと意味はありません。

告示1460号の、い ろ は に …の選定は、
個々の柱の引張耐力の計算はしないで、
便宜的に、2Fが載っているか否かと出隅か否か等の条件で、
柱の位地ごとに判別できるようにしただけの物です。
柱脚柱頭の区別はありません。

建築金物のメーカー(タナカ、カネシン、カナイなど)のカタログ
にも告示1460号の抜粋と接合方法の考え方が図解で記載されていますので、一度ご覧になることをお勧めします。

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

Q法22条区域の軒裏の構造は?

法22条区域の軒裏の構造は防火構造にしないとならないのでしょうか。
木材で仕上たいのですか、どうすればできるでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。
板張り・・・大丈夫でしょう。
私が過去に「板張り」と書いた事が無いので確証は御座いません。
(フレキシブル板とか既製品ばかり使ってましたので、ただそれでも○mmとか書くだけ、不燃番号も防火番号も22条地域では書かなかったです、必要ない訳ですから。)

万が一何か問題があっても今法改正(6/20)でもその程度の訂正は認められるでしょう(私の地域では何箇所も訂正しましたがOK)。

何か責任感じてきましたね・・・、間違ってたら誰か訂正して下さい。
法の解釈は間違ってないはずですけど・・・。

Q吹き抜けの面積 ベランダの面積と壁量計算

自宅には、一階と二階部分にベランダがあります。このベランダには筋交いがついていますが、ベランダの筋交いも壁量計算に入れるのでしょうか?また、一階にはウッドデッキがあり、ウッドデッキにも筋交いがついています、ウッドデッキの筋交いも壁量計算に入れるのでしょうか?
また、1/4分割法でバランスチェックなどをするときには、吹き抜けの面積や、一階ベランダ、二階ベランダの面積も入れるのでしょうか?

Aベストアンサー

筋交と思うその上下を見て下さい。それが構造体と接続されていれば構造体の一部である事もあります。基礎や梁と接続しているかどうかです。また、床面積として算定する部分のみ計算します。

Q壁量計算上、壁倍率6はあり?

2X4の壁量計算で困っています。

外周が長方形の壁をもつ家で、仮に平行に向かい合う2辺の壁についてのみ考え、建物の左右のバランス、または剛芯を求めようと考えています。
左壁は内外両方共 3 の構造用合板、右壁は外側4、内側は 1の石膏ポード と仮定します。
左側の壁強度は 3+3=6、右側は 4+1=5  理論では6と5なので釣り合いがとれていない と判断できるのでしょうが、基準法だとmax5なので釣り合いがとれている ということになります。

どの様に考えればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは、cyoi-obakaです。

建築関係法令等を検索するときは、建築行政情報センターのサイトがいいです。告示、通達、住指発等ほとんど見れます。
「建築基準法データーベース2007」
http://d-nintei.jp/HoureiDB/
サイトを開いて、告示にチェックを入れ、告示番号を詮索欄に入力すれば、希望の告示が出て来ます。

さて、追加の質問ですが、どんどんハイレベル?に成りますネ~!

>壁倍率4.7を両面張りにして、合計9.4としたら………

剛性率や偏心率を算定する場合は、問題ないのです。
ただし、許容応力度設計の範囲で壁倍率9.4とすると、その壁の許容剪断耐力は9.4×1.96=18.4kN/mと成りますネ!
その壁の長さがと高さが不明ですので、単純に説明しますと、18.4×壁高さ/壁長さ=壁の周辺軸力に成りますから、
仮に、壁長さ1.0m、壁高さ3.0mとすると、18.4×3.0/1.0=55.2kNの周辺軸力が発生する事に成ります。
さて、この軸力を負担できるホールダウン金物市販されていますか?
また、周辺部材もこれだけの軸力は想定していないでしょうから、補強が必要でしょうね!
また、壁倍率4.7の構造用面材の緊結方法です。釘打ちによる接合ですと、釘の剪断耐力とスベリ特性の判断が難解になります。
つまり、部材の強度(耐力)が充分高い物でも、その他の必要条件が揃わないと採用できません!

要するに、剛性率や偏心率の計算は、建物の構造バランスを確認しているのであって、建物の部材を設計する時の応力計算に影響するだけです。部材に作用する応力が算出されると、後はその値で部材設計をしますから、部材の設計応力が膨大な値になると、現実的にNGになる事があるので、低減が必要ですと記載したのです。

お判り頂けましたか?

こんばんは、cyoi-obakaです。

建築関係法令等を検索するときは、建築行政情報センターのサイトがいいです。告示、通達、住指発等ほとんど見れます。
「建築基準法データーベース2007」
http://d-nintei.jp/HoureiDB/
サイトを開いて、告示にチェックを入れ、告示番号を詮索欄に入力すれば、希望の告示が出て来ます。

さて、追加の質問ですが、どんどんハイレベル?に成りますネ~!

>壁倍率4.7を両面張りにして、合計9.4としたら………

剛性率や偏心率を算定する場合は、問題ないのです。
ただし、...続きを読む

Q木造軸組工法 柱の太さについて

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
管柱                    =105ミリ角
筋交い                   =45ミリ×90ミリ
---------------------------------
となっていました。
通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが
105ミリ角の通し柱も使用しているようです。
120ミリ×105ミリって言うのもありました。
このサイズをみて、2階建の木造住宅の仕様として、
どんなもんなんでしょうか?こんなもんなんでしょうか?
危険なものでしょうか??
よろしくお願いします。

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
...続きを読む

Aベストアンサー

地方にもよりますが、東京近辺なら在来工法としては上の中くらいは評価できると思いますが。。。

管柱でも100ミリ角が一本も無いというのはないというのはご立派ですが、不満足とすれば関西以西の方でしょうか?

多分、通し柱を全部120ミリ角にしても、耐用年限が100年から130年に延びるということだと思いますが一般に都会では

設備面が先に古くなるので、耐用年限までは考えない傾向があります。

西欧のように設備やサッシュを取り替えながら、何百年も使うとすれば全部150~240ミリ角くらいの柱がいるかと思います。

Q真北の調べ方

こんにちは。住宅の新築にあたり、北川斜線の検討が必要です。検討すのに磁北ではなく真北で検討する必要があるのですが、手元には法務局の測量図はあります。この測量図の座標通りに入力してでた北は真北なのでしょうか、磁北なのでしょうか。また、磁北の場合、どうすれば真北が求められますか?役所で地図を購入すればよいのは分かっているのですが、平日役所まで行く時間が取れません。何か良い方法があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
地球上で北へ行けば行くほど真北と磁北はズレて来ます。
日本の地図上でどの場所はどれくらい真北からズレているかは下のURLで知ることが出来ます。国土地理院のHPです。
厳密には建築予定地その地点での偏角を計算しなければならないのでしょうが、役所提出するならご紹介した日本地図上の地域別に表示されている偏角で計算されれば良いと思います。

多分役所へ提出する図面はCADで描くと思いますから何度何分という偏角は簡単に図面に反映させることが出来ます。
また一般に役所の図面は磁北が記入されていると思います。

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/images/menu_04/henkakuitiran2000.jpg


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング