プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

冬とか寒い日にランニングをしたり、自転車で走っていて
冷たい風をあびていると耳がものすごく痛くなります。

この原因や対策わかる方いますか?アドバイスをお願いします。

A 回答 (3件)

NO.1の回答者さんの回答の補足になりますが、ご容赦下さい。



我々の体は強い寒冷刺激から身を守るために出きるだけ放熱を防ごうと血管を収縮させます。当たり前ですが、外気に直接触れるところは更に強く収縮します。これでしもやけになってしまう人もいます。

しかし、収縮があまりに急激だったり激し過ぎると、血流が途絶える可能性があり生体には誠にに不利になります。体はこれを察知すると、防衛のために自ら血流を良くしようと、血管を急激に拡張しようとします。
実はこの防衛反応、つまり自然の治癒反応の過程で血流量を増やすために血管を拡張し痛みも起こすプロスタグランジンという物質が産生されるのです。

冬の寒い時期、屋外で活動するときは耳宛など利用することも良いのではないでしょうか。

もし、痛みが出れば、温めて治癒反応を応援することが一番です。
    • good
    • 2

耳あて。

    • good
    • 0

・過度の冷覚が痛覚になったのではないでしょうか?(温かいお湯を手にかけると「温かい」という温覚を感じますが、熱湯をかけると「温かいを通り越した熱い、痛い」という痛覚を感じますよね。


・末梢血管が寒さにより狭小化して、一過性の血液循環不良により痛みを感じるのではないでしょうか?

対策は
・寒いところへ行かない
・寒いところへ行っても保温に努める
・血管拡張の促しのためのモミモミをする
ってなところでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング