暗闇から拳銃が突然、男へ発砲された。
という文を英訳したいのですが、

Gun suddenly shot the man from the darkness.


で合ってるでしょうか。拳銃が主語というのはおかしいでしょうか。ご添削おねがいいたします。

A 回答 (4件)

暗闇から拳銃が突然、男へ発砲された。



All of sudden from the darkness a well aimed/directed shot
was taken at him.

a well aimed/direct shot at ~~~~ に向かって狙い撃たれた一弾

勿論「a well aimed/directed shot」は不要でしょうから、取り除いてもイイですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。新しい言い回しを発見できて勉強になります。

お礼日時:2009/05/07 07:41

A gun was shot towards the man from the darkness.


The man was shot (with a gun) from the darkness.
カッコ内は省くのが普通かも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。二つ目の文はシンプルでいいですね。

お礼日時:2009/05/07 07:41

私なら、


A man was suddenly shot by the gun in the dark. とします

日本語を咀嚼してから、英語を想像しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/07 07:40

Suudenly, a shot was fired at the man, from the darkness.



ではどうでしょう。添削はできかねるのですが、要は視点をどこにおいて語るかということだと思います。その男の身に寄り添って語っているとしたら、くらやみから急に発砲を受けたということになり、銃なんか見えないわけですよね。ものかげから急に閃光と轟音が走って、その次の瞬間、銃弾は横を掠めて行ったとか、左足に激痛が走ったとか、…そんなふうな視点の流れになっていくのが自然だと思いました。ですからここの箇所は、受身の形の方が、視点に一貫性があると思います。(もちろん犯人の立場で語るなら、また言い方は変わって来るでしょうが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。勉強になります。

お礼日時:2009/05/07 07:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qa manが先頭にくるとThe manになるのはな

a manが先頭にくるとThe manになるのはなぜですか?

数えれる名詞にはaを付けることがわかりましたが、いまだにtheの付けどころがわかりません。
aも先頭にくるとTheになるものなんですか?教えてください。

Aベストアンサー

>aも先頭にくるとTheになるものなんですか?

いいえ。 the は、男がすでに述べられている、または話者間ですでに認識されている場合につきます。

Q中学英語の質問です。 He was the first man that reached the

中学英語の質問です。


He was the first man that reached the moon.
=He was the first man to reach the moon.

一つ目の英文は関係代名詞が使われている文だという事はわかります。 が、二つ目の英文はto reach は不定詞ですか?
不定詞なら何用法なのかもわかりません。
二つ目はどういった文法を用いた英文なのか教えてください。

Aベストアンサー

man to reach the moon は、to reach が  man を就職している、不定詞の形容詞的用法です。

the first man「最初の人(男)」を更に説明するために、不定詞で to reach「着いた、到着した」を、
付記していることになります。 場所を示す the moon はが付いています。

「月に着いた、最初の人」となります。

関係代名詞の文と比較して、不定詞の形容詞的用法にも慣れましょう。

参考までに。

QI Shot the Sheriff.

"I Shot the Sheriff"の歌詞の中のdeputyというのは副保安官ですか、それとも政治家のことですか?

Aベストアンサー

普通、アメリカの「シェリフ」は郡(市を包含するほど大きい行政区画)ごとに選挙で選ばれます(州によっては例外あり)。deputyには選挙はなく、シェリフの事務所に雇われて任命されるだけです。ですから「副保安官」というほどの重みはなく、「保安官代行」、「保安官助手」という感じが相応しいですね。

QA baseball park is the one place where a man's

“A baseball park is the one place where a man's wife doesn't mind his getting excited over somebody else's curves."

Brendan Francisという方の言葉です。

訳と意味を教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

野球場は男にとって他人のカーブを気にしても、妻が気にしない場所のひとつだ。

カーブ=曲線=(体の)曲線美
ってところですね。

Qcall the shots について教えていただけないでしょうか?

DVDで英語の学習をしております。

ドラマの中で、call the shots の表現が出てきました。
そこでは”(警察組織の中で)決定権をもつ”というような意味で使われていました。
調べたところ、
to be in a position of authority so that you can give orders and make decisions とありました。

この表現を使って文章を作ってみました。
call the shotsはこんな場面でも使えますか?

John, thank you for asking me out.
But actually, my dad always calls the shots in our family so that I am supposed to come home even weekends by 9 p.m.
Can you promise to drive me home by then?

お時間ありましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは。

DVDは本当にいい英語教材だと思います。 高いお金をかけてDisneyの教材を買ったりするより、DisneyのDVDを見せるだけで子供たちはどんどん分かっていくのです。 発音の誰にも言われずに耳から覚えていきますしね。

大人でもDVDを見ることで文章を読めるし、発音はもちろん、短文ではむりな状況も目で感じることも出来ます。 ジェスチャー、口ぶり、顔つきなど言葉である以上無視することは出来ませんね。

こちらの文化、生活様式、など手にとって分かるのです。 イギリス英語との違いが実際に使われているときに、それがアメリカでも何を言っているのか分かるわけです。

さて本題です。

call the shotsをする人はつまりボスのボスなんです。 ですから、ボスのボスであれば、方針を決めたりそれを実行させる実力がある、と言うことになります。

有無を言わせぬ実力があれば結局calls the shotsをする人になれる、事実する人、なわけです。

>John, thank you for asking me out.
But actually, my dad always calls the shots in our family so that I am supposed to come home even weekends by 9 p.m.
Can you promise to drive me home by then?

ちょっと変えて、my dad is the one who calls the shots in our family.と言う表現をして、うちの親父がうちでは「権限を持っている人」なんだけどand he tells me to comehome by 9p.m. even on weekends. その人が週末でも9時には帰宅しなくてはならないと言っているの。と言う表現が出来ます。

つまり、so thatいかがなぜそうなのかが分かりにくいわけですね。 権限にうるさい人が帰宅しろと言っているから帰宅しなくてはならない、と言う理論付けをしなくてはならないわけですね。

ですから、so thatを使うのでしたら、回りくどい言い方にはなりますが、so that I have to follow his instruction that I am supposed,,,,,

ちょっと硬いことをこの人に言ったわけですから、ちょっと冗談的に、But actually he is not THE BOSS. My mother does call the shots on him! <g> と彼に言うことも出来ますね。

なぜ、このような言い方をしたかと言うと、call the shotsには「(有無を言わせない実力もないのに)権限を見せたがる」と言う半分嫌味的フィーリングを入れる人がいるのです。 すべてこの表現がそういうことではなく、警察のように階級がものを言う社会だとこのフィーリングを持った、不満を持った、警察官は居る、と言うことなんですね。

私の場合は警察官を指導訓練すると言う立場で居ますが、the one who calls the shotsの部下ではないのです。 そして私がやっていることは彼らの命を救うため、つまり、彼らの命に関心がある、と言うことで、指揮はするけど「権限をたて」にしているわけではないわけですね。 ですから、愚痴はいつも耳に入ってくると言うことなのです。 <g>

Johnがいい人だと良いですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
 

Gです。 こんにちは。

DVDは本当にいい英語教材だと思います。 高いお金をかけてDisneyの教材を買ったりするより、DisneyのDVDを見せるだけで子供たちはどんどん分かっていくのです。 発音の誰にも言われずに耳から覚えていきますしね。

大人でもDVDを見ることで文章を読めるし、発音はもちろん、短文ではむりな状況も目で感じることも出来ます。 ジェスチャー、口ぶり、顔つきなど言葉である以上無視することは出来ませんね。

こちらの文化、生活様式、など手にとって分かるのです。 イギリス英語...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報