戦に参加した回数が一番多い征夷大将軍は誰なのか教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

#1です。


足利尊氏は、将軍在任中に「観応の擾乱」において足利直義・直冬や南朝の宗良親王などと戦っていますので、出征経験がないなどということはありません。
足利義満も明徳の乱には出陣していますし、足利義尚も六角征伐に近江に出陣しています。徳川将軍でも幕末の徳川家茂や慶喜は直接戦闘はしていないまでも出陣はしておりますので、これに加えても良いと思います。
戦に参加した征夷大将軍は、それなりに多いと思います。
    • good
    • 0

>戦に参加した回数が一番多い征夷大将軍は誰なのか教えてください。



皆さんの回答通り、足利尊氏ですね。
古代まで下がると、坂上田村麻呂でしよう。

幕末まで、日本では「英雄」でした。
(信長を破った明智光秀も、英雄だったのですよ)
ところが、明治政府の政治的な原因で・・・。
足利尊氏は、「天皇に弓を引いた国賊」扱いにされ爵位も認められません。
明智光秀は、征韓論の先駆者としての秀吉を英雄にする為に「謀反人」扱いです。
    • good
    • 0

明らかに、徳川家康でしょう。


家康はすぐに将軍職を息子に委譲して
在任中は戦をしてませんが、
抜群の生涯成績と数は圧倒的です。
足利尊氏も征夷大将軍になってからは
出征してません。同じだと思います。
九州からもどってくるのは将軍になる前で、
なってからは
実務は直義や高師直・師泰兄弟に任せていました。

将軍在任中に自ら出征したという人は
実際、ほとんどいません。
徳川秀忠ぐらいかな。
あと戦死した唯一の征夷大将軍として有名な足利義輝。
    • good
    • 0

現職の征夷大将軍としては


足利尊氏
征夷大将軍経験者としては徳川家康

ってことかなと。
源氏は、頼朝が二回かな?
それ以降は、なし

足利ですと、義満は現場に行ってないな、

徳川となると、二代目秀忠は現職としては大坂の陣のみ。秀忠としては、関ヶ原が初陣だったように記憶している。
    • good
    • 0

足利尊氏ではないでしょうか。


東は関東から西は九州まであちらこちらを転戦していますので。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9% …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳川十五代、もっとも”タナボタ”の将軍は誰?

徳川十五代将軍の内、もっともタナボタで将軍になった人は誰ですか?
(つまり、もっとも将軍になる可能性が低いのに、あるいは将軍になる可能性はなかったはずなのに、なぜか将軍職に就けちゃった人は誰?)

逆に、もっとも正当に将軍になった人は誰ですか?(側室の子よりも先に、正室の長男として生まれ、誰が見ても最初の後継者たりえ、そのまま死なずに成人して将軍職を受け継いだ人)

Aベストアンサー

こんばんは。

徳川初代将軍家康の子供のうち、秀忠(2代将軍)の家系が宗家、義直(尾張)と頼信(紀伊)と頼房(水戸)の家系が、いわゆる御三家です。

ところで、第7代家継までは宗家から将軍を輩出しましたが、家継に後継者がいないので、第8代は紀伊徳川家から出しました。これが、将軍吉宗です。

次に、第14代の家茂までは吉宗の家系から将軍を出しましたが、家茂に後継者がいないので、第15代は水戸徳川家から出しました。これが、ラスト将軍慶喜です。

しかも慶喜は、すでに一ツ橋家へ養子に出ていたのですが、将軍になれたのですから、文字通りのタナボタ式の将軍就任となりました。しかし、その後の歴史を見ると、慶喜にとってラッキーだったのかアンラッキーだったのか、評価が分かれるところでしょうが。

Q征夷大将軍とは?

日本の歴史にとって当たり前のことなのですが。
何故、征夷大将軍が武家の頭領であり、幕府を開くことができたのでしょうか?
考えついたのは、大江広元だと思うのですが。

Aベストアンサー

 征夷大将軍が幕府を開くというのは、どういう政治的意味合いなのか、日本の武家政権という政治システムの根幹にかかわる部分で、歴史学者の論文も多数出ています。

 そもそも、征夷大将軍は東北の平定を目的とした軍事最高指揮権を意味し、軍事行動を行なっている地域の軍政を行なうことは出来たでしょうが、日本全国の統治権の根拠となりうるものではなかったようです。

 確定した学説ではないのですが、有力なものを一つ上げます。

 征夷大将軍となるとき、慣例として「源氏の長者・淳和院別当・奨学院別当」を兼ねます。
http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/toyokuni.html

 源氏は、天皇の子供(親王)が臣籍降下したときに与えられる姓として高い格式を持ち(平氏は親王よりも代が下がった王に与えられた)、準皇族として扱われ(藤原氏と同じように平安貴族であって、武士ではありません。)ていました。
 平安時代に村上天皇の血統である「村上源氏」は、最高権力者を輩出しましたが、そのような「源氏」という氏族の長であることを、明確にする役職が淳和院別当です。
 また、奨学院は皇族を対象にした学校で、準皇族の源氏も入学することが出来ました。

 源氏の長者が、皇族の将来を左右する奨学院の責任者になることで、皇族代表の地位を明確にし、その立場で天皇の政治を代行するという形を取っているというのが、この説の骨子です。

 尚、源頼朝が鎌倉幕府(幕府=幕を張った本部=軍事用移動司令部)を開いた当時は、征夷大将軍の名前のように、権限が及ぶのは東国だけで、京より西の地域では、平安時代と同じように朝廷の行政権が優越していました。
 鎌倉幕府の全国支配が確立するのは、承久の乱の後のことです。

承久の乱では、三人の上皇(元天皇)が、後鳥羽上皇が隠岐に、順徳上皇は佐渡へ、土御門上皇は土佐に配流となり、仲恭天皇(九条廃帝:明治になるまで天皇として認められなかった。)が退位することとなり、朝廷・皇位の権威が著しく失われました。

 征夷大将軍が幕府を開くというのは、どういう政治的意味合いなのか、日本の武家政権という政治システムの根幹にかかわる部分で、歴史学者の論文も多数出ています。

 そもそも、征夷大将軍は東北の平定を目的とした軍事最高指揮権を意味し、軍事行動を行なっている地域の軍政を行なうことは出来たでしょうが、日本全国の統治権の根拠となりうるものではなかったようです。

 確定した学説ではないのですが、有力なものを一つ上げます。

 征夷大将軍となるとき、慣例として「源氏の長者・淳和院別当・...続きを読む

Q将軍さまについて・・

将軍さまとよくこの教えて・・にも載るのですが
多分金正日さんのことやと思います。
この方は水戸黄門さまとかロンメル将軍とかパットン将軍とかの将軍と同じ意味なんでしょうか?
最高指導者が将軍なのですか?
共産主義なのに階級あるのですか??

Aベストアンサー

#2です。まだ受付中で間に合った。
いま北朝鮮からの日本向け放送「ピョンヤン放送」を聞いていたら、「金正日総書記」と言ってますね。
ですから、日本国内でどう呼ぶは別として、少なくとも北朝鮮のアナウンサーは「総書記」と呼称するように教育されていると思います。

Q二代目以降の征夷大将軍

 征夷大将軍は朝廷が任ずると理解していますが、
二代目以降について、
・誰が手続き的な決定権を持っているか(指名)(実際は先代が決めるのでしょうが。)、
・朝廷が任ずるのか(任命)
をご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>二代目以降の征夷大将軍
> 征夷大将軍は朝廷が任ずると理解していますが、
二代目以降について、
・誰が手続き的な決定権を持っているか(指名)(実際は先代が決めるのでしょうが。)、
・朝廷が任ずるのか(任命)
をご存じの方、よろしくお願いします。

徳川将軍について勉強させて頂きます。
2代秀忠、3代家光、5代綱吉、6代家宣、7代家継、8代吉宗、9代家重、11代家斉、13代家定、14代家茂は、将軍継承についてもめた将軍達です。まず、この将軍達から見ていきたいと思います。
2代秀忠は長兄である信康の死があり、また、家康が天下人となったということで、新たに後継将軍について家康が側近に諮問したという話が残っています。次兄の秀康が対抗馬でしたが、出頭人の本多正信が秀康を推した(正信の子の正純は秀忠を押す)のに対して、秀忠は譜代層の大久保忠隣が推し、最終的に家康が秀忠に決定というプロセスです。将軍就任前の官職は権大納言から直前に内大臣。
3代家光についてはかなり有名ですが、弟の忠長には秀忠の正妻のお江の方と譜代層が推したようです。これに対して家光には乳母の春日局や出頭人層が推したように見えます。(次の説によれば譜代層は家光よりですが)最終的には創業者の家康が決定し、秀忠が追認する形でしょうか。
別の説では、家光は早い段階から世子に内定しており、譜代層を中心として、春日局に近い人間を加味した側近層を形成していた(秀忠の指示であろうとは思いますが)との考え方もあります。幼名竹千代。将軍就任前の官職は権大納言。
5代綱吉は、譜代層を代表する酒井忠清が宮将軍案を主張したのに対して、出頭人の堀田正俊は家綱の弟の綱吉を推して、論争になったとあります。この後がはっきりしないのですが、会議後、堀田は病床の家綱の同意を得てという説と、家綱は死んでいたとの説に分かれますが、江戸城中に綱吉を入れて、(生死は不明ですが)家綱に対面させて、継嗣を決めたとされています。養嗣子決定後、西の丸に入っています。
6代家宣は、綱吉と生母桂昌院及び出頭人中心の側近層が綱吉の嫡子徳松の死後、娘婿の紀州綱教を推したのに対し、水戸光圀や譜代層は綱吉の亡兄綱重の子家宣を推したが、綱教死後、綱吉の決断で将軍世子は家宣と決定し、西の丸へ入っています。将軍就任前の官職は権大納言。
7代家継は、父である家宣が死の床に就いたときに幼少であったため、家宣が将軍就任を危ぶんで、尾張大納言の中継ぎの将軍就任を考えたが、側近の新井白石(間部詮房も相談に与ったとの説あり)が譜代層を慮って反対したため、家宣の決断で家継の継嗣が決定下とされています。将軍就任前の官職は権大納言。
8代吉宗は、紀州家の当主であったが、家康直系が家継によって絶えた(実際は家宣の弟が存在したが)ため、御三家の中でもっとも家康の血統に近いものとして選ばれたとされていますが、家宣正室の天英院と譜代層は吉宗を推し、側室の月光院と新井白石・間部詮房などの出頭人は御三家筆頭であり、家宣の考えにあった尾張家を推したとされています。綱吉、家宣、家継3代は側用人を中心とする出頭人が政権の中枢に位置し、譜代層は中枢から外れたようなありさまであったため、譜代層の巻き返し的要素があったものと思われています。このため、吉宗は将軍就任後、老中を中心とする譜代層に気を遣った面が見られます。将軍就任前の官職は権中納言。将軍後見役。
9代家重は、言語障害や、身体の障害があり、老中の中には廃嫡し、弟の宗武を押す動きもありましたが、吉宗のが長子相続優先の考えにより継承が決まったとされています。将軍就任前の官職は権大納言。
11代家済は、10代家治の世子権大納言家基の急死を受け、実父である御三卿の一橋治済と、田沼意次の暗躍により家治の承認の元、養嗣子とされ、西の丸へ入っています。しかし、家基の急死は暗殺との説もあり、スムーズな継承ではない可能性があります。将軍就任前の官職は権大納言。
13代家定については、病弱で、脳性麻痺を疑われる言動等があり、父12代将軍家慶は徳川慶喜を後継にしようとしたことがあったが、老中の反対で家定を後継としたとされています。将軍就任前の官職は権大納言。
14代家茂は、井伊直弼などの譜代層・大奥の南紀派の推す家茂と、水戸藩や有力諸藩の一橋派が推す慶喜が争い、最終的には井伊直弼が大老に就任し、家茂に決定(養嗣子)。ただし、家定は諸大名を集めて家茂の後継決定を伝えているので最終決定は家定だったようです。将軍就任前の官職は前日に権大納言。
4代家綱は生まれてすぐに父家光により後継とされ、元服後西の丸へ入っています。幼名竹千代。将軍就任前の官職は権大納言。
10代家綱は祖父吉宗にかわいがられ、嫡男であったので問題なく継嗣となる。幼名竹千代。元服後西の丸へ。将軍就任前の官職は権大納言。
15代慶喜は、前代の家茂の遺言が田安亀之助であったが、幼少のため、難局の将軍には無理があるとの家茂夫人和宮の主張で、慶喜-亀之助の順で継承することになったと言われています。

このように見ると、家光を除くと幼名に「竹千代」と付く者は、生まれながらにして将軍後継者であったことが分かります。ただし、幼児の死亡率が高かったために、家基のように竹千代の幼名を持ちながら将軍になっていない者もいます。
将軍が父親であった場合、生存した男子中の最年長者が途中経過は別として、父親の将軍によって最終的には選ばれています。この背景には、家光の継承時に、家康によって長子相続の原則がたてられた(祖法と考えられた)ことが大きいように思います。また、譜代層が概ね保守的で、長子を支持したことも背景としては重要のように思われます。また、養子を迎える場合も、将軍が健在であれば、その将軍の意向が最終的な決定権になっているようです。
前代が死亡した、もしくはそれに近い状態のときには、大奥、特に前代の正室が強い発言権を持っていたようです。これに、譜代層の支持があったことも見逃せません。
一般的に、将軍の継承者に決まった時には、諸大名を集めて発表し、西の丸に住むようになり、元服後権大納言に任官し、襲位を待つことになります。
手続きとしては将軍(正室)→老中→高家→朝廷に将軍任命の申請となることが一般的です。
朝廷が征夷大将軍に任命し、4代家綱以降は江戸に勅使を派遣して、辞令を渡しています。
(家康は伏見、秀忠・家光は京都、慶喜も京都であったと記憶しています)
この時に、征夷大将軍の任命だけではなく、例外はありますが、同時に、内大臣、右近衛大将、源氏の長者、勧学院奨学院別当に任命されています。

以上、長くなりましたが参考までに。

>二代目以降の征夷大将軍
> 征夷大将軍は朝廷が任ずると理解していますが、
二代目以降について、
・誰が手続き的な決定権を持っているか(指名)(実際は先代が決めるのでしょうが。)、
・朝廷が任ずるのか(任命)
をご存じの方、よろしくお願いします。

徳川将軍について勉強させて頂きます。
2代秀忠、3代家光、5代綱吉、6代家宣、7代家継、8代吉宗、9代家重、11代家斉、13代家定、14代家茂は、将軍継承についてもめた将軍達です。まず、この将軍達から見ていきたいと思います。
...続きを読む

Q8代将軍・徳川吉宗以降の、御三卿も含めた徳川将軍家のわかり易い家系図を教えてください。

江戸時代の徳川将軍家の、8代将軍・徳川吉宗以降の、御三卿も含めたわかり易い将軍家の系図が知りたいです。

徳川将軍家の8代将軍・吉宗以降のわかり易い家系図を教えてください。

Aベストアンサー

普通に考えると将軍家の家系図となるとこれだと思いますが。きちんと家柄(水戸、尾張、紀伊など)も載っていますので。

参考まで。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/5/55/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E5%AE%B6%E7%95%A5%E7%B3%BB%E5%9B%B3.svg/1280px-%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E5%AE%B6%E7%95%A5%E7%B3%BB%E5%9B%B3.svg.png

Q北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つか?

北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つでしょう?

中国は、物資や武器、資金の提供、軍事力の援護
日本は、自衛隊の援護?ただし、どれぐらい派遣できるのかは未知数ですよね。
イージス艦は派遣しそうです。
しかし、陸自、空自は派遣は難しそうですが、有り得ますかね?
(今度の総選挙で鳩山政権が与党になれば楽に?)
米国は例のごとく、武器とイラナイ紙切れ同然のドルを韓国に援助します。

この場合、韓国が勝ちそうに見えるのですが、
某所の外人の書き込みによると、
「韓国がやられ、日本が反撃する(抵抗する?)」とあります。
これは、どういう意味なのでしょうか?
実際に韓国と北朝鮮同士ならば、韓国が圧倒的差で勝つと思います。
また、この場合、中国+北朝鮮軍が日本へ攻めてくるということも有り得るのでしょうか?
しかし、結局は日本が割りと楽に防衛し、中国がやけくそになって日本へ核を撃つということは有り得ませんか?
実のところ、無いとは思いますが、中国は奥が深いので難しいです。

一応、念のために原文載せます

Try this. 2009 North Korea gets attacked by South Korea. Japan joins with SK. China joins NK. US refuses to take sides. Israel attacks Iran, EU/US refuse to help. Russia does nothing. Aussies turn on china and helps SK+Japan. USA funds Israel and SK offensive. SK is ruined, but japan keeps attacking. Israel is stuck in a long term hit-and-run war with Iran supporters. EU finally steps in to help Israel and Japan, Russia sides with China, 2011. 2012, USA official joins the Allies, war cont.

北朝鮮軍(+中国軍)vs韓国軍(+日本軍、米国援助)ではどっち勝つでしょう?

中国は、物資や武器、資金の提供、軍事力の援護
日本は、自衛隊の援護?ただし、どれぐらい派遣できるのかは未知数ですよね。
イージス艦は派遣しそうです。
しかし、陸自、空自は派遣は難しそうですが、有り得ますかね?
(今度の総選挙で鳩山政権が与党になれば楽に?)
米国は例のごとく、武器とイラナイ紙切れ同然のドルを韓国に援助します。

この場合、韓国が勝ちそうに見えるのですが、
某所の外人の書き込みに...続きを読む

Aベストアンサー

僕は中国が本気で支援したら韓国軍が負けると思います。
日本軍は役に立たないでしょう。
「韓国がやられ、日本が反撃する(抵抗する?)」
これはない気がします。
米軍が反撃しそれに巻き込まれる形で支援、
そして支援した段階で日本も標的になるってことはあるでしょう。
日本に攻めてきた場合も楽に防衛なんてことはまずないと思います。
みえる軍だけじゃなく日本には多数の中国、朝鮮の人がいます。
その人たちの一部でもテロなんか起こそうものなら。敵軍が来る前に大混乱でしょう
中国がやけくそになるぐらいの状況にならすでに日本半分ぐらいなくなってるんじゃないかな

Q秀吉が将軍にならなかった理由

天下を統一した豊臣秀吉が将軍になって幕府を開かなかったのは何故でしょうか?
よく言われる理由として、将軍は源氏しかなれないからで、秀吉は源氏どころか百姓足軽の出なのでなれなかったというのがあります。
しかしそんな理由で将軍になれないなら、関白にはなおさらなれないはずです。
関白になれる家柄は明確に決まっています。
一方将軍が源氏のみという根拠はあるのでしょうか?
鎌倉幕府の源氏将軍は三代で絶えて、その後は皇族や藤原氏を将軍に据えています。
信長は平氏と自称しているにもかかわらず、関白・太政大臣と並んで将軍への就任を打診されています。
信長が将軍就任を朝廷の方から持ちかけられているのに、信長の後継者として天下統一した秀吉がダメなのでしょうか?
天下人になった以上家系なんてどうとでもなるんじゃないでしょうか?
もう一つ、将軍より格上の関白になれるのにわざわざ将軍の座を欲しがる理由もない、という意見もあります。
しかこれもどうでしょうか?
確かに律令制の上では征夷大将軍というのはそこまで高位の職ではなく、帝の代理人である関白とは比較になりません。
しかも鎌倉幕府でも室町幕府でも将軍が実権を握っていた時期などわずかであり、ほとんどの時代でお飾りの存在だったのは事実です。
したがって将軍という地位にそれほどの魅力は無かったというのも一理あると思います。
しかしながらそうは言っても、名目的ではあっても何百年かにわたって武家の棟梁を意味する地位として認識されてきたのも事実です。
官位の上下とは違う次元で武家においては特別の意味を持つ地位ではあったのではないでしょうか?
また先にあげた通り、信長は関白・太政大臣・将軍のどれかへの就任を打診されています。
ここでこうやって並べられているという事は、将軍が関白や太政大臣と並ぶ地位という認識があったという事ではないでしょうか?
将軍がさほどの職ではないなら、ではなぜ家康は将軍を選んだのかということにもなりますし。
また仮に将軍が関白より格下の地位だとしても、だからといって将軍を全く顧みない理由にもならないと思います。
まず将軍として幕府を開いて二、三年やってから、将軍の地位は秀次なりに譲って秀吉自身は関白になるというような事も考えられそうです。
まあそう論じても結局秀吉はそう考えなかったし、そういう選択をしなかったという事が結論かもしれませんがw
秀吉が将軍を選んでいたら、豊臣政権が長続きしたわけでもないでしょうしw

天下を統一した豊臣秀吉が将軍になって幕府を開かなかったのは何故でしょうか?
よく言われる理由として、将軍は源氏しかなれないからで、秀吉は源氏どころか百姓足軽の出なのでなれなかったというのがあります。
しかしそんな理由で将軍になれないなら、関白にはなおさらなれないはずです。
関白になれる家柄は明確に決まっています。
一方将軍が源氏のみという根拠はあるのでしょうか?
鎌倉幕府の源氏将軍は三代で絶えて、その後は皇族や藤原氏を将軍に据えています。
信長は平氏と自称しているにもかかわらず...続きを読む

Aベストアンサー

朝廷の官位ってやつはかなりややっこしいところがありまして、それをまともに書けば本が一冊まるまる書けてしまいます。私もそれについてはあまり詳しくはないのですが、秀吉が関白についたというのは色々な事情が絡んでいるのは事実です。

実質的に天下人になった秀吉はその実力と資金力においては他の追随をまったく許しませんでしたが、唯一足りないのが(血統的な意味も含めての)権威でした。
で、当然しかるべき官位を求める猟官運動をしていたのですが、内大臣の地位までを得ることができました。んで、その一つ上の官位である右大臣はどうかといわれたのですが、これを断ります。理由はちょっと私もよく分かりません。信長が右大臣でしたから縁起が悪いと嫌ったとか色々いわれているようです。
しかしその秀吉の強引なまでの猟官運動が公家の間での内紛を招くことになります。

内大臣より上の官位は、上から太政大臣、左大臣、右大臣、内大臣と続きますが、太政大臣は非常任官位なんだそうですので、通常は左大臣が最高官位となります。既に秀吉は内大臣であり右大臣を断ったのであとは左大臣にしかなりません。
元々左大臣は二条昭実が就いていて、関白も兼ねていました。しかし、秀吉を内大臣にしたので玉突き人事で二条昭実は関白に専任となり、左大臣は近衛信伊が就きました。ところが秀吉が左大臣となると近衛信伊の官位がなくなります。あとは関白に就くか一時的であれ降格人事となるしかないのですが、降格人事は「前例がない」と近衛信伊は強烈に抵抗し、二条昭実に関白を譲るように迫ります。しかし二条昭実も関白になったばかりなのでこれまた「そんなに早く辞めるのは前例がない」と強烈に抵抗します。そして二条昭実と近衛信伊の間で官位を巡っての争いごととなります。

生き馬の目を抜く戦国時代のサバイバル戦争を勝ち上がった秀吉はもちろん老獪な政治家でもありました。秀吉はこの二条家と近衛家の争いをまんまと利用しようとします。
官位を巡って揺れる公家衆に対し秀吉は、「だったら俺が関白になれば万事解決」とゴリ押しをします。はっきりいってメチャクチャな論理なのですが、当時から見ても800年も前の前例を引っ張り出してきたりして拡大解釈に拡大解釈を重ねてまんまと関白に就いてしまいます。

ですので元から関白にターゲットを絞ってそれを狙い撃ちしたというより、他人の争いごとにつけ込んでタナボタ式に手に入れたというのが真相に近いんじゃないかと思います。そもそも武家なのに関白ってのがおかしいといえばおかしいですからね。
そして本来であれば秀吉一代でしか就けなかった関白を豊臣家に代々継がせるために強引に秀次を関白に就けさせ、そしてそれが結局は豊臣家滅亡の一因ともなったのですから皮肉というしかありません。

家康の征夷大将軍についてはやはりその原動力となったのは謎の怪僧天海の影響が大きいみたいですが(三河武士は宮中のまつりごとに疎い人たちばかりなので)、しかし家康らしくオーソドックスな考え方に基づいているのではないかと思います。
すなわち、江戸(関東)に幕府を開くのであれば征夷大将軍が最も自然であるということです。その他の官位であれば、その政治的中心地は京都もしくはその周辺でなければなりません。政治的首都を関東の地にするのであれば征夷大将軍が最もふさわしいということになろうかと思います。

地位(官位)というものは、今も昔もしち面倒くさい様々なしきたりによって権威づけ(裏付け)がされているケースが多いです。例えば現代でもA銀行とB銀行が合併したAB銀行では頭取を旧A銀行から出したら次はB銀行から出すというようなたすき掛け人事が慣例になっているなんてのが珍しくありません。それで、旧A銀行系で不祥事が発生したので旧B銀行出身の頭取を二代連続で出そうとすると熾烈な権力争いが起きたりします。そういうもんなんですね。

朝廷の官位ってやつはかなりややっこしいところがありまして、それをまともに書けば本が一冊まるまる書けてしまいます。私もそれについてはあまり詳しくはないのですが、秀吉が関白についたというのは色々な事情が絡んでいるのは事実です。

実質的に天下人になった秀吉はその実力と資金力においては他の追随をまったく許しませんでしたが、唯一足りないのが(血統的な意味も含めての)権威でした。
で、当然しかるべき官位を求める猟官運動をしていたのですが、内大臣の地位までを得ることができました。んで、そ...続きを読む

Q征夷大将軍

征夷大将軍という地位は、田村麻呂から江戸時代に入るまで変わりませんが、本来の目的ではなくなっているのに、なぜその名が変わらなかったのでしょうか。ご高見をお願いします。

Aベストアンサー

征夷大将軍に本来の意味とは異なる意味が付加されたためでしょう。
征夷大将軍は役職ですが、あらゆる言葉は少しづつ意味が付加されたり、削られたりしています。
征夷大将軍の場合、令外官ですし、武官ですし、地方に赴く官ですので朝廷も任命しやすく、武士も朝廷の権威だけを利用し支配は受けないので都合がよかったのでしょう。
そのうえで新たな意味が付加されてしまうとその職自体に意味が出ます。征夷大将軍の場合、「為政者」ですね。

Q西洋の将軍と征夷大将軍は同格?

騎士などが出てくる話で将軍を名乗ったりすることがありますが、あの将軍と、日本の征夷大将軍とは同格なんでしょうか?

日本は規模が小さいから将軍は一人で充分、西洋は規模が大きいから将軍が何人もいるということ?

Aベストアンサー

日本の征夷大将軍は「天皇に代わって政治を行う武士」という位置付けであり、軍隊の将軍とはちょっと意味が違うのですよ。

元々は地方を制圧する軍隊の最高総司令官(大将軍の名が示す通り、他の将軍を配下に置く将軍の中のトップ)なのですが、この征夷大将軍というのは軍隊の指揮官のみならず、制圧した地域を天皇に代わって治める(政治をする)という権限も持っておりました。

鎌倉時代以降、この天皇に代わって政治をするというところを取って、日本を支配する武士は征夷大将軍の役職に就くことになったのです。
征夷大将軍というのは武士が政治を行う為に就任する役職なのです。


ですから、質問の回答としては、西洋の軍隊の将軍と日本の征夷大将軍は同格ではありません。
西洋で例えれば、征夷大将軍は王様代理ですから、軍隊の将軍なんかよりはるかに格上の存在という事になります。

Q征夷大将軍と太政大臣の差

中学の歴史の勉強をしているんですが
平清盛が太政大臣になり そして 源義経によって殺害され 
源頼朝が 征夷大将軍になり、鎌倉幕府を開きました

そこで 幕府を開いた 征夷大将軍の方が 太政大臣より 上の身分なの? 
と 思ったので 調べてみたら 

とんでもない 太政大臣の方が 上の方だよ

と書いてありました

じゃあ もし 同じ時間に 源頼朝が 征夷大将軍で 平清盛が 太政大臣で
源頼朝が 鎌倉幕府を開いても 平清盛の方が 身分は上なのですか? 

ハチャメチャな話ですみません

Aベストアンサー

なるほど。面白い質問ですよね。とてもいい疑問だと思いますよ。

征夷大将軍→武士で一番上の位。つまり武士のボスです。
太政大臣→これは貴族社会の高い位です。

つまり、単純には比べられないのです。
A中学校の校長先生とB高校の校長先生はどっちが偉いか、というのと同じですなのです。

そして、覚えておいてほしいのはここからです。
貴族社会(中学生なら平安時代とおぼえておいていいです)で、
「俺たち貴族の領地を荒らす者が出てきたぞ!そうだ!武に長けた者を雇うよ!」
ということになって、雇われたガードマンの役目をしたのが武士のはじまりなんです。
貴族が雇い主、武士は雇われる人、こういう風に覚えておいて下さい。

そうすると、貴族社会の高位である太政大臣と、雇われ人の武士のボスである征夷大将軍では太政大臣のほうが偉い人、ということになりますよね。

最後に、あなたのいうような、「清盛と頼朝が同時に存在したらどっちがえらい?」
という質問に答えると、太政大臣にあった清盛が上、ということになるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報