当社の業務に関係のある作業請負人に対し、年に1回慰労する意味で懇親会を実施しております。
各部より1名参加者を出さなければならず、部長判断でその方々と関連がある私が参加するよう指示を受けました。
懇親会の時間は19時スタートで、定時の時間は過ぎております。
飲食代(お酒などを含む)は会社負担です。
この状況ならば、残業代を申請しても問題ないでしょうか?
飲食を伴いますし、出席・欠席を問われるような懇親会ならば残業代は申請できないと思いますが、全員参加でもなく部長からの指示のため、残業代は申請しても問題ないと思っております。

このあたりのことに詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答いただけますと助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは



>部長からの指示のため、残業代は申請しても問題ないと思っております。

その通りだと思います。
今回のような「あきらかに上司の命令」の場合は「業務」ですから、
会社で規程された残業手当の申請が可能のはずです。

過去の判例をいくつか見てみましたが、
「業務か否か」の裁判所の判断は「参加に対して業務命令があったか
否か」でされています。

>参加するよう指示を受けました。

ということですので「業務」で間違いないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
安心して申請できます。

お礼日時:2009/05/15 01:09

部長の指示でしたら業務になりますので、超過勤務です。


申請しても問題ないです。
自由参加の場合は超過勤務手当ては出ません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサービス残業について違法じゃないのかな?と素朴な疑問がありますがどうな

サービス残業について違法じゃないのかな?と素朴な疑問がありますがどうなのでしょうか?
厳密には違法だが罰則規定がないとか、違法にしてしまうと企業活動が成り立たないとかでしょうか?

また、違法だとしたら裁判をすれば勝てるものですか?似た判例などありますか?
サービス残業をさせている企業はほとんどといっていいくらいあると思いますが…。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

労働者の権利は非常に手厚く保障されています。
極端な話、休憩時間であるにも関わらず作業を行ったり、ボランティアで仕事したりって事も自由です。

> サービス残業

当人が無償のボランティア(サービス)だ、OKだって事で納得している場合、賃金支払いの義務が発生しませんから、労働基準法に違反する事にならないです。

実質的には、そういう残業代払えとかって事を言い出せないような雰囲気や体制を作り出す事が(表面化しない)問題になってます。


> 似た判例などありますか?

最近だと、大きいのはマクドナルドの例とか。
こちらは、サービス残業というよりは、名ばかり管理職の問題ですが。

Q残業代の計算方法について。サービス残業代を請求

労基署に訴えて、過去2年分のサービス残業代を請求しようと思っています。

そこで残業代の計算方法を知りたいのですが、定時がAM10時からPM6時だとすると、昼の休憩が1時間なので7時間労働が定時となります。どこかで残業代は8時間を越えた分のみ請求できると聞いたのですが、正しいでしょうか?それが正しければPM7時を超えた分のみ請求可能となると思います。

また請求するにはタイムカードのコピーやメモなどの証拠がこれだけありますので、この分の残業代を払ってくださいでいいのでしょうか?それともこの証拠分を計算するといくらいくらになるので、この金額を給与振込口座に振り込んで下さい、と実際の金額までこちらから提示する必要があるのでしょうか?以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょっと違います。
18時から19時の1時間は法定時間内残業といい、
時給換算した時間単価分は発生しますが、
2割5分増しの割増賃金の発生がないことになります。

8時間を超えた分というのは、割増賃金のことになります。
例えば、質問者様の時給換算の単価が、1000円だとして、

21時まで残業した場合、
18時から19時までは、1000円
19時から21時までは 1250円 で計算します。
ですので、このときは1000円足す2500円(1250*2時間)=3500円になります。

金額は計算しないと駄目です、誤魔化されてもわからないですので、

法定時間内残業と
普通残業 2割5分増し
深夜残業(22時から翌5時まで) 2割5分増し(普通残業分も足されますので、実質5割増)
休日出勤 3割5分増し(ただし、法定休日に働いた場合のみで、振替えをしていた場合は割増はありません)
で分けて出した方がいいです


それと、給与明細があるといいです。

労基署に未払いとわかる書類を持っていき、申告監督を申し出てみるのがいいと思います。
申告監督とは、会社が労基法違反をしているので、調べて是正するように言ってくださいというものです、
相談の場合、まずは内容証明で請求して見て、それでも支払いがないなら再度相談に来て下さいと言われることもあります。
それか、支払い督促手続きをする。

ちょっと違います。
18時から19時の1時間は法定時間内残業といい、
時給換算した時間単価分は発生しますが、
2割5分増しの割増賃金の発生がないことになります。

8時間を超えた分というのは、割増賃金のことになります。
例えば、質問者様の時給換算の単価が、1000円だとして、

21時まで残業した場合、
18時から19時までは、1000円
19時から21時までは 1250円 で計算します。
ですので、このときは1000円足す2500円(1250*2時間)=3500円になります。

金額は計...続きを読む

Q残業の強要は違法でしょうか?

労働関係法規には疎いため、質問させていただきます。

1.一般論として、会社(上司)からの「残業の強要」は、違法なのでしょうか?

2.「残業の強要」が違法かどうかとは別問題として、特に労使間に取り決め等が無い場合には、「残業の強要」に対して、従業員側が「残業を断る事」自体は、全くかまわないのでしょうか? また、労使間に取り決めがあった場合には、「残業を断る事」は、止むを得ない用事があっても、違法もしくは社内規定違反等になってしまうのでしょうか?

※質問の趣旨は、上記質問では「残業の強要」と、強めの表現にしましたが、要は「会社からの残業の要請」に対して、従業員側に「残業を断る権利が常にあるのか、労使間の取り決め等により異なるのか?」と言う事が知りたい、と言う事です。

Aベストアンサー

事業主が法定労働時間を超えて労働者を働かせてはならないという法律上の禁止を解くための手続として36協定の締結及び届出義務があります。時間外労働という残業の命令に服する義務は、直接この36協定から生ずるものではなく、就業規則等の別の労働契約で定められるものであります。
労働契約上に規定が無ければ、事業主は36協定があっても残業を命ずることはできず、労働者もその命令に従う義務はありません。また、36協定が無ければ非常災害の場合を除き違法な命令となり、労働者が残業命令を拒否しても懲戒の対象にすることはできません。
なお、現在の法律の解釈としては、36協定の範囲内であれば、正当な理由がなければ残業は拒否できない。というのが通説であり、逆に言うと「36協定の範囲内であっても、正当な理由があれば拒否できる。」という意味でもあります。使用者が就業規則に三六協定の範囲内で一定の義務上の事由があれば労働契約に定める労働時間を延長して労働者を労働させることができる旨定めているときは、就業規則の内容が合理的なものである限り、労働者はその定めるところに従い、定められた労働時間を超えて労働をする義務を負うものと解されています(最高裁判所第一小法廷平成三年一一月二八日判決・民集四五巻八号一二七〇頁参照)。
ニュアンスが難しいですが、36協定及び就業規則等の労働契約があれば常に残業命令に従わなければならないということでもありません。業務上の必要性がある場合に限って残業命令を出すことができることはいうまでもありませんが、そのような場合であっても、労働者に残業命令に従えないやむを得ない理由があるときには、労働者は残業命令に従う義務はないと解するのが相当である。(H 9.11.17 東京高裁 平成06(ネ)4745)となっています。
また、終業時刻まぎわになって業務命令で時間外労働を命令した場合などは、予め予定された労働者の行動計画や生活設計を破壊するような不利益の受忍を労働者に強いる結果となることも考えられますので、労働基準法第15条の労働条件明示の規定の趣旨とも関連して、その業務命令に絶対的な効力を認めるとすることは妥当なものであるとはいい難い場合も生じます。
ただし、使用者が業務上緊急の必要から時間外労働を命じた場合で、労働者に終業時刻後なんらの予定がなく、残業をしても自己の生活に殆ど不利益を受けるような事由がないのに、残業を拒否することは許されないのです。

事業主が法定労働時間を超えて労働者を働かせてはならないという法律上の禁止を解くための手続として36協定の締結及び届出義務があります。時間外労働という残業の命令に服する義務は、直接この36協定から生ずるものではなく、就業規則等の別の労働契約で定められるものであります。
労働契約上に規定が無ければ、事業主は36協定があっても残業を命ずることはできず、労働者もその命令に従う義務はありません。また、36協定が無ければ非常災害の場合を除き違法な命令となり、労働者が残業命令を拒否して...続きを読む

Q残業代請求について。既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。1.残

残業代請求について。
既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。
1.残業の証拠
2.名ばかり管理職
3.退職合意書
残業代を請求するにあたり、証拠が必要だそうですが、会社にはタイムカードがなくデジタルの静脈認証で出退勤を管理されていました。自分で労働時間を確認、把握する事が出来ませんでした。1年前に役職を付けるので残業代は払わないと言われ残業代が支払われなくなりました。それまでの残業代より役職手当の方が低いです。仕事内容も変わりません。朝6時過ぎから夜は平均9時くらいまで働いていました。倉庫内作業がメインです。常に時間と作業に追われ休憩時間なし、食事もなしでした。3週間休日がない事もありました。遂には鬱病発症、2ヶ月休職、理不尽な雇用契約変更、その後退職しました。退職の際に退職合意書にサインさせられました。積載債務がない、申立てや請求をしない等書かれています。当時は鬱病の為、思考、判断能力の低下がありました。詳しい説明もなく、「今サインすれば記載金額の退職金を払う」と迫られ、持ち帰り考える時間もあたえられず、今サインしないと退職金を減らす、なくすと言われている様に感じ、あくまで退職金だけに関する合意書だと思いサインしました。
労基署に相談後、会社に残業代を請求しましが合意書をたてに代理人弁護士から積載債務はないと合意していると返事があり行き詰まっています。
今後どうすればいいのか悩んでいます。
知恵をお貸しください。

鬱病の労災申請も検討中です。

残業代請求について。
既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。
1.残業の証拠
2.名ばかり管理職
3.退職合意書
残業代を請求するにあたり、証拠が必要だそうですが、会社にはタイムカードがなくデジタルの静脈認証で出退勤を管理されていました。自分で労働時間を確認、把握する事が出来ませんでした。1年前に役職を付けるので残業代は払わないと言われ残業代が支払われなくなりました。それまでの残業代より役職手当の方が低いです。仕事内容も変わりません。朝6時過ぎから...続きを読む

Aベストアンサー

> 今後どうすればいいのか悩んでいます。
その状態で請求を継続するなら、優秀な弁護士に依頼して請求してもらうしか有りません。
単独では無理と思われます。

Qサービス残業って自主的にしても違法❓

サービス残業って自主的にしても違法❓

Aベストアンサー

違法と見なされる可能性があります。

そもそもですが、労働法で自主的に、という
のはあまり意味がありません。

自主的なら何でもあり、ということでしたら
そもそも労基法など不要です。

自主的に、というのが信用出来ないので
労基法やらの各種労働法があるのです。

だから、サービス残業だが、それは自主的な
ものだから、労基法に違反しない、というのは
通らない場合が多いのです。

Q残業代申請

残業代の請求を会社のシステムのログで請求することは認められますか?

また、会社側が支払いを拒否した場合どうなりますか?

Aベストアンサー

「会社のシステムのログ」とはなんでしょうか?

わが社では、勤務時間記録は、 
 過去…略
 近代…電子カードによる電子出退勤記録
 現代…個人PC(業務用)のwindows起動/停止記録時間
とかなりいい加減になってきています。
労基の指導は、「(記録方法は問わずに)出退勤記録の分単位で給料を支払いなさい」となっています。
なので、労基の立ち入り検査は、給与支払いについてはPCの時間記録と支払い労働時間の一致性、になります。

「会社のシステムのログ」が勤務時間の記録であれば、給与支払い基準がそれになります。
その通りの給与支払いを会社がしないのであれば、管轄労基に電話相談してみてください。
ただし、その相談が会社に漏れれば、自身が不利になるかもしれません(覚悟が必要)。
本来、このような違法通報制度では、通報者保護の義務が課せられてはいますが…実社会は甘くはありません…

Q自宅持ち帰り残業は違法?

現在私の職場では、自宅に仕事を持ち帰って残業をしています。
これは違法ではないのか?と思い、調べたところ、持ち帰り残業は
労働時間外なのでサービス残業とはみなされないとありました。

持ち帰る仕事は書類の作成ですが、通常ならそんなもの就業時間内に
終わらせろと思われるかもしれません。しかし、私の職場は製造業の現場で、
8時間の就業時間内はもちろん、残業時間内も現場での作業です。
そんなことをする時間も場所もありません。
また、私たちが行っている書類の作成は直属の上司の業務内容です。

平日はもちろん休日も家で書類の作成です。
これでも自宅持ち帰り残業は違法ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

その昔は、「風呂敷残業」と呼んでいましたね。

おそらく36協定や、時間外人件費削減策として職場の
監督者が自主的に実施しているのでしょうね。

基本的に時間外労働というものは、指示されて始めて有効になります。
よって上司より指示があった場合は全て時間外労働扱いになります。
労基法などでは就業場所については特に規定は無かったと思います。
よって社内でも社外(自宅含む)でも労働の為に時間を拘束されて
いますので時間外労働扱いになります。

Q【法律に詳しい方!!】残業代の支払について:従業員の申請が期限を過ぎた場合

法律に詳しい方、教えて下さい。

従業員の勤務時間(時間外勤務時間等)をシステムで管理しています。時間外勤務の申請は、毎月締め日までにするようにルールとして決められているのですが、何度督促メールを出しても、入力/申請してこない従業員がいます。
そこで、来年度以降、最後通達として「当該期間に入力を行なわない場合は、時間外手当を支給いたしません」という通達を流そうかと思っております。(もちろん特別な理由の場合は除きますが)
しかし、「未申請者には、手当てを支払わない」といった通達をすることが法律上、問題ないかが論点になっています。
もし、詳しい方がいらっしゃれば回答していただけませんか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 所轄の労働基準監督署にご相談されることを勧めます。
まず、♯3にある通達:339号通達では、確かに労働時間の管理を使用者の義務と位置づけ、労働基準法第108条では労働時間等の法定項目を賃金台帳に記載することを定めていますが、本件では、労働者が合理的な理由なく、服務の一部である労働時間の申請をしないという事実があります。他の多数の労働者が申請していることから難解な申請方法とは解されず、申請に障害となる事由もあると思えない。すると、ただ一名の者のために、会社の労働時間管理方法を2本立てにする必要があるか、もしくはそこまで事業主が時間管理の責を負うかとの判断が分かれます。この通達では、会社の時間管理方法に従わない社員の存在は考慮されていないと思うのです。

 よって、労働基準法第37条(割増賃金)は強行法規であるものの、他の社員については払われていることから、その違法性はある程度阻却されると考えます。次に、労働基準法第24条(賃金支払)は労働者からの請求に基づく請求権から構成されるので、この事案の労働者の場合、『割増賃金分の賃金支払の請求を留保している。』と解する余地が否定できない。

 以上から、「未申請者には、手当てを支払わない」旨の通達は違法ですが、、「未申請者には、申請_(請求)があるまで手当てを支払わない」旨の通達は有効と思います。当然、賃金の時効は2年なので、賃金の所定支払日から2年が経過すると、労働者側は請求権を失います。

 所轄の労働基準監督署にご相談されることを勧めます。
まず、♯3にある通達:339号通達では、確かに労働時間の管理を使用者の義務と位置づけ、労働基準法第108条では労働時間等の法定項目を賃金台帳に記載することを定めていますが、本件では、労働者が合理的な理由なく、服務の一部である労働時間の申請をしないという事実があります。他の多数の労働者が申請していることから難解な申請方法とは解されず、申請に障害となる事由もあると思えない。すると、ただ一名の者のために、会社の労働時間管理方法を...続きを読む

Q残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょう

残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?下のほうにある(a)~(c)について教えていただければ幸いです。


私の会社で残業をする場合、
 1.定時前に申請する。
 2.申請した時間以上の残業代は会社は支払わない。
ということになっています。

 私の仕事は、作業内容が決まりきった伝票処理や現場の作業者などと違い、設計の仕事なのでそうそう作業時間(=ここでは残業時間)が正確に予測できるわけではありません。また、私の職種やその日の仕事内容以前に、定時間際になって突然、上司に呼び出され数時間も会議で拘束されることもあり、そうなれば申請した時間も何も無視して上司の気が済むまで会議につきあわされ結果的に申請時間を上回ることになります。
 だからと言って、残業時間を長めの申請しておいて月末の集計の時に正確な時間を申し出る、という方法も認めないと言っております。これは定時前に申請した残業申請書類の記述と、実際の残業時間に相違があることを会社が嫌っているからです。嫌う理由は、書類と実態のずれが大きいことに関して労基署からの指摘や指導などを気にしているようです。


(a)上記、2番について違法性はありますか?
(b)会社の言う、残業の申請内容(=書類の記述)と、実際の残業時間に相違があることは、労基署
 から目をつけられる要因になるのでしょうか?なにか違法性があると言うことですか?
(c)申請内容と実態に差があることが問題である場合、どの程度の差なら問題視されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?下のほうにある(a)~(c)について教えていただければ幸いです。


私の会社で残業をする場合、
 1.定時前に申請する。
 2.申請した時間以上の残業代は会社は支払わない。
ということになっています。

 私の仕事は、作業内容が決まりきった伝票処理や現場の作業者などと違い、設計の仕事なのでそうそう作業時間(=ここでは残業時間)が正確に予測できるわけではありません。また、私の職種やその日の仕事内容以前に、定時間際...続きを読む

Aベストアンサー

労働者が残業を事前申請するなんて本末転倒です。

>残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?

何の法律にも違反しません。

もともと残業は会社の業務命令で行うものです。それから、残業代は実際の残業時間分支払う(支払われる)ものです。

(a)上記、2番について違法性はありますか?

申請した時間など全く関係なく、実際の残業時間分の残業代を支払わなければ労働基準法違反になります。

(b)会社の言う、残業の申請内容(=書類の記述)と、実際の残業時間に相違があることは、労基署
 から目をつけられる要因になるのでしょうか?なにか違法性があると言うことですか?

労働基準監督署から目をつけられる要因には全くなりませんし、違法性もありません。実際の残業時間が36協定の基準時間を超えている場合等に労働基準法違反の問題が生じます。

(c)申請内容と実態に差があることが問題である場合、どの程度の差なら問題視されるのでしょうか?

労働基準法等の問題には全くなりません。会社が主体的に残業を管理すればこんな問題全く生じません。

Qバイトなのに毎日残業で残業代がでません

こんにちは。

先月からアルバイトをはじめたのですが、何か腑に落ちないのでこちらで質問させてください。
横浜にあるテレビにもよく出るペットショップのようなところで働いています。

(1)まず、神奈川県最低賃金 時間額:818円にも関わらず、時給800円で働いてます。
※最初に研修期間は800円だといわれました。1ヵ月後から818円になるといわれました。

(2)休憩時間は30分~45分だといわれました。でも先月の給与明細を見たら1時間分きっちり時給は引かれていました。

(3)タイムカードはありません。9:30~18:30までバイトですが、9:15からミーティングがあるので事実上みんな9:00にきています。

(4)また、18:30におわることはまずありません。18:30に仕事が終わっても必ず「これもやっといてと仕事を与えられ、18:45~19:00までかかります。でも給料は1日6400円しかでません(8時間×800円)

1日トータルすると1時間以上、無料で働いていますが、これって横浜ではよくあることですか?
誰も疑問に思ってないようですし、スタッフ同士はみんな仲が悪いみたいで
会話が全然ないのでだれにも聞けない雰囲気です。
店長は中年の男性で、ちょっとしたことでも、すぐ社員を怒鳴るのでなるべく関わりたくないなと思っています。
そもそも入ったばかりだし、自分がせこいのかなと思って誰にも聞くことができません。
万が一、上記が違法行為であればどこに何をもってお知らせすればいいのでしょうか?
どなたか知恵をお貸しください。

こんにちは。

先月からアルバイトをはじめたのですが、何か腑に落ちないのでこちらで質問させてください。
横浜にあるテレビにもよく出るペットショップのようなところで働いています。

(1)まず、神奈川県最低賃金 時間額:818円にも関わらず、時給800円で働いてます。
※最初に研修期間は800円だといわれました。1ヵ月後から818円になるといわれました。

(2)休憩時間は30分~45分だといわれました。でも先月の給与明細を見たら1時間分きっちり時給は引かれていました。

(3)タイムカードはありません。9:30...続きを読む

Aベストアンサー

(1)試用期間中と言う事で、神奈川県労働局長の減額特例の許可を受けていなければ認められません。確認してください。

(2)賃金カット、労働基準法違反です。

(3)最低9:15始業です。

(4)19:00終業です。

〉1日トータルすると1時間以上、無料で働いていますが、これって横浜ではよくあることですか?

横浜でも、何処でもあってはならないことです。しかし、残念ながら実際には“よく”あることで、争いは尽きません。国(政府)はもっともっと真剣に撲滅に力を尽くすべきです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報