よろしくお願いします。

原価率の算定で、”売上げ値引き、割戻し控除前の売上高”を使うことは勉強したのですが、なぜ売上げ戻りは考慮した後の売上高を使うのでしょうか?

売上げ値引き、割戻し控除前を使うなら、売上げ戻りも控除前の売上高を使ってもいいと思うのですが・・・・

詳しい方、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

■状況を考えてみよう!


●「言葉」から考えてみました。

売上値引き…売り上げた商品の実質的な値引き
売上割戻し…リベート見たいなもの、値引きと似たような感じ

でも、売上戻りは上記2つとは異なるのです。
戻りというのは、売り上げた商品が、自分の手許に戻ってくるわけですね。つまりこれを控除する前の状態というのは、返品した商品が「実際に売れた」ということになってしまうのです。

返品して手許にあるはずなのに、控除する前に戻すのは、返品した商品が売れた状態にするというのと同じになるので、売上戻りの控除前の売上高は使えないわけです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原価率とは?

具体例で教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

先ず、通常の売買では『売価=原価+利益』の式が成り立っている
ことは理解できますよね。
原価率とは売価に占める原価の割合を指しますから、『原価÷売価』
若しくは『売上原価÷売上高』で導かれます。
また、原価率に関しては、『100%=原価率+利益率』若しくは
『1=原価率+利益率』と言う式が成り立ちます。

具体例ということなので・・・
某古本屋で漫画家のサイン本を100円で購入。
友達に見せたら5千円で買うといったので、その金額で売った。
この場合の原価率は 100円÷5,000円=0.02=2%

因みに利益率は先に書いた『100%=原価率+利益率』を変形し、
 100%-原価率2% で、98%になりますが、 
原価率が示されていない場合には次の式になります。
 (5,000-100)÷5,000
  =4,900÷5,000
  =98%

Q日商1級と公認会計士試験の差

日商簿記1級に合格したので、次に公認会計士試験を目指そうと思います。
公認会計士試験合格者にお伺いしたのですが、
公認会計士試験の難易度(勉強量)を10とした場合、
日商簿記1級の難易度(勉強量)はいくつくらいでしょうか?
3くらいあると嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽろ落としていて結果は82点ほどでの合格でしたが)

こんな感じでした。私が受験した回はP/L作成問題が出題でしたが、
連結が出題なら1Hはかからないと思います。
また、工業簿記・原価計算についてはパズル的要素が強い問題ですが、
会計士講座で管理会計をがっちり固めていれば、極めて短時間で解くことは可能です。
これは、私のみでなく、共に学習していた会計士受験仲間も同様でした。
逆にいうと、それだけ会計士試験で学習する内容は幅広くかつ内容が深く、難易度が高いものだと言えると思います。

つらつらと書きましたが、少しは両者のレベル差が伝わったしょうか?
1級に合格されたのなら、適正は少なからずあるかと思います。
会計士受験が許される環境なら、挑戦するのも選択肢の一つかと思いますよ。
悔いなきよう、決断して下さい。

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽ...続きを読む

Q売上戻り高とは?

基本情報処理試験のために損益計算書の勉強をしている者です。
純売上高を算出するのに、当期製品総売上高から売上戻り高や売上値引き高を引くとありました。
売上戻り高とは、たとえばお店に払った販売奨励金(リベート)などのことでしょうか?具体的に何を指すのか調べてみても出てきませんでした。詳しい方教えてください。それと値引きして販売した場合値引き後の売上高が計上されると思うのですが売上高と売上値引き高が別々に計上されるものなのでしょうか?門外漢でピンときません。初歩的なことかもしれませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記URLより
『販売した商品や製品の品質上の欠陥、品違い、契約取り消し等による返品の際に使用します。売上高から控除します。
返品の件数が少ない場合等で、独立科目として「売上戻り高」を把握する必要がない時は、この勘定科目を使わずに売上高から直接減額する場合もあります。』

参考URL:http://www.otasuke.ne.jp/cgi-bin/dic3/dic.cgi?action=view&cg=%8Co%97%9D%97p%8C%EA

Q損益勘定について

ズバリですが、損益勘定自体が分かりません汗これは、何のために、どのように使うものなのでしょう。付随して、仕分けを「仕入」「繰越商品」のように小分けして仕分けする仕方も意味もよくわからないのですが、親切な方がいらっしゃったらご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期繰越ではなく損益勘定を使用し、時期に繰り越さず、損益勘定に集合させ、そこででた利益ならば財産である資本金にプラスしよう!というのが損益勘定の役目です!
なのでその期の収益費用は全部、損益勘定に移動してまいります。売上も消耗品費も給料も...そして仕入れも..
それでは仕入勘定の説明にうつります。まず仕入れとは商品の在庫室と考えてください。去年ののこりが今20円分あるよ!というのが期首繰越商品!今年は40円買ってきたよというのが当期仕入れ!そしてその間、商品を売って残った在庫が10円あるよ!が期末繰越商品!
じゃあ今年はいくら在庫が減ったでしょうか?20+40-10=50ですね!この50円何のために買ったのでしょうか?もちろん商品を売るため!商品を売るためには10円のものを10円では売りません!15円で売ったりと利益をつけますそのとき利益は5円ですよね!原価は10円
では決算のときも同じ。先ほどだした50円は...売上原価なのです!!これはりっぱな費用!ですので損益勘定へ移動します!
もちろん費用とし損益勘定に移動しないと、売上は15円のまま..ほんとの利益は5円なのに..おかしいですよね!
教えることに不慣れなものでこんな説明ですみません..少しでもお役に立てればうれしいです!

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期...続きを読む

Qキャッシュフロー見積法の意義について(簿記1級)

こんにちは。

簿記1級の貸倒引当金設定の貸倒懸念債権のキャッシュフロー見積法の意義が分かりません。計算方法はわかりました。

例えば、同じく貸倒懸念債権の財務内容評価法だと貸倒見積高は(債権金額ー担保処分・保証回収見込額)×貸倒設定率となり、回収できない部分の何%かを貸倒引当金として設定するんだな、と容易に理解できます。

しかし、キャッシュフロー見積法の説明文を読むと「債権の元本および利息のキャッシュフローの予想額を当初の約定利子率で割り引いた金額の総額(割引現在価値)と債権の帳簿価額との差額を貸倒見積高として算定する方法」と書いてあります。なぜ、こんな目安?で貸倒引当金を設定するのか、さっぱり見当もつきません。

分かる方、ご返事よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1,000,000×(1.05)×(1.05)-1,000,000×(1.03)×(1.03)=41,600
これでは利息に利息がついて複利計算されてしまってます。また、この方法では現在の価値ではないですよね。

次に
>そもそもキャッシュフローを見積もるとは、どういうことなんでしょうか?
ですが、
キャッシュフローとはお金の流れとでもいえばいいでしょうか。この場合のお金とは場面によって変わります。貸引設定の場面では現金と考えればいいと思います。これを見積もるというのは将来に当該債権からどれだけ現金が回収できるかを予想することです。
ですから、キャッシュフロー見積法は将来のキャッシュフローが合理的に見積もることができる貸倒懸念債権についてのみ認められている方法です。

わかりにくい説明かもしれませんが、また補足でもしていただいたら答えますので。できれば今回のように私はこう考えるというのを書いてもらえると、間違いが指摘しやすいので助かります。

1級になると処理方法の理論的背景が影響部分が出てきます。そしてこの理論的背景はかなり密接に関係していますので、少し理解できると他の論点への応用が利きます。ですから理論的背景も考えていくといいと思います。

1,000,000×(1.05)×(1.05)-1,000,000×(1.03)×(1.03)=41,600
これでは利息に利息がついて複利計算されてしまってます。また、この方法では現在の価値ではないですよね。

次に
>そもそもキャッシュフローを見積もるとは、どういうことなんでしょうか?
ですが、
キャッシュフローとはお金の流れとでもいえばいいでしょうか。この場合のお金とは場面によって変わります。貸引設定の場面では現金と考えればいいと思います。これを見積もるというのは将来に当該債権からどれだけ現金が回収できるかを予想するこ...続きを読む

Q法人税等調整額はどの部類なのですか?

現在、税効果会計について勉強しています。まだ税効果会計について無知なのですが、少し疑問に思ったのが、「法人税等調整額」は費用なのでしょうか?収益なのでしょうか?
将来減算一時差異が発生した場合は貸方に「法人税等調整額」をもってくる。これは収益の発生なのでしょうか?
また逆に、将来加算一時差異が発生した場合は借方にきて、費用の発生となるのでしょうか?
もしかしたら、的外れな質問をしているのかもしれませんが、もしよろしければ返答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

損益計算書の 法人税住民税及び事業税 の下あたりに表示されます。

私が書くよりウィキペディアの方がまとまっているので、そちらから
引用します。
---------------
企業会計上の費用が税務上の一時差異として否認される(つまり、当期の損金として認められない)場合、損金の減少に伴い当期純利益よりも課税所得が上回るため、法人税等調整額を貸方に計上する。この結果、繰延税金資産と当期純利益がそれぞれ法人税等調整額と同額だけ増加する。

一方、繰り延べられた税務費用(損金)が将来実現する時点では、損金の増加に伴い当期純利益よりも課税所得が下回るため、法人税等調整額を借方に計上する。この結果、繰延税金資産と当期純利益がそれぞれ法人税等調整額と同額だけ減少する。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E4%BA%BA%E7%A8%8E%E7%AD%89%E8%AA%BF%E6%95%B4%E9%A1%8D

Q売価還元原価法と、売価還元低価法において評価損を計上する・しないの選択基準

よろしくお願いします。
簿記初心者です。

売価還元低価法((1)評価損を計上する、(2)しない)と(3)売価還元原価法の計算方法はわかったのですが企業が(3)つのうち、選択する際に決め手となる要因は何でしょうか?

低下法を使えば、原価を安く見せて、売上総利益を大きく見せることはできますよね?
そういう面では、
低下法を選択する、

低価法を選択し、さらに商品低下評価損を計上しない方法であれば
さらに売り上げ総利益を大きく見せられるから、評価損は計上しない・・・


上記のような戦略上の理由から、売価間限低価法、原価法を選択するのでしょうか?

それとも、実務上の理由によって、低価法、原価法を選択するのでしょうか?

また、有価証券報告書等で、原価法を採用したか、低価法を選択したかはわかるのでしょうか?

また、原価法を選択するか、低価法を選択するかは、
会社設立のときのみ決められるものなのでしょうか
(減価償却の定額法か定率法のように)


すいません。
売価還元法の意味自体を取り違えているようでしたら
ご指摘ご指導頂ければと思います。

教えてください。よろしくお願いします

よろしくお願いします。
簿記初心者です。

売価還元低価法((1)評価損を計上する、(2)しない)と(3)売価還元原価法の計算方法はわかったのですが企業が(3)つのうち、選択する際に決め手となる要因は何でしょうか?

低下法を使えば、原価を安く見せて、売上総利益を大きく見せることはできますよね?
そういう面では、
低下法を選択する、

低価法を選択し、さらに商品低下評価損を計上しない方法であれば
さらに売り上げ総利益を大きく見せられるから、評価損は計上しない・・・


上記のような戦...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>上記のような戦略上の理由から、売価還元低価法、原価法を選択するのでしょうか?
>それとも、実務上の理由によって、低価法、原価法を選択するのでしょうか?

原則は実務上の要請、可能な場合に限り戦略上の判断っていう感じでしょうか。
つまり、一旦定めた会計方針又は税務上届出済みの評価方法に毎期継続して従い、会計基準及び法の要請に従って一定の要件に合致した場合に限り評価損等を計上します。
なお平成20年4月1日以後開始する事業年度から「棚卸資産の評価に関する会計基準」適用会社において販売目的で保有する棚卸資産に対しては低価法に拠ることとされました。しかし税務上は依然として選択適用出来ます。(中小企業は強制適用されません。)


>また、有価証券報告書等で、原価法を採用したか、低価法を選択したかはわかるのでしょうか?

重要な会計方針として注記されてます。
Y電機の場合は、移動平均法による原価法とのことです。


棚卸資産に関して記そうと思ったら膨大な量になっちゃいますので、一度[ 棚卸資産 評価 ]で検索してみられたらどうですか。沢山載っておりますよ。

http://www.azsa.or.jp/b_info/letter/118/01.html
http://bokikaikei.net/2006/06/post_42.html
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/09/09_01_02.htm
等々。

こんにちは。

>上記のような戦略上の理由から、売価還元低価法、原価法を選択するのでしょうか?
>それとも、実務上の理由によって、低価法、原価法を選択するのでしょうか?

原則は実務上の要請、可能な場合に限り戦略上の判断っていう感じでしょうか。
つまり、一旦定めた会計方針又は税務上届出済みの評価方法に毎期継続して従い、会計基準及び法の要請に従って一定の要件に合致した場合に限り評価損等を計上します。
なお平成20年4月1日以後開始する事業年度から「棚卸資産の評価に関する会計基準...続きを読む

Q簿記1級合格者さん、2級から1級までどれくらいかかりましたか

日商簿記1級合格者さん、2級合格後 どれくらいの期間で合格しましたか?
以下の内容でお答えいただければ嬉しいです。(一部でも可)

1【勉強期間】
2【その期間で一日の勉強時間】
3【その期間で勉強しなかった空白期間】
4【仕事しながらだったか否か】

「人の能力によるでしょう」という回答が予想されますが、
あくまでアンケート的な位置づけですので、
「僕はこれくらいかかったよー」みたいに気軽にお答えいただければ
助かります。
回答例としては、こんな感じで結構です。

↓  ↓   ↓  ↓  ↓  ↓ ↓  ↓
***回答例***
1【勉強期間】
だいたい1年くらいな気がする・・
2【その期間で一日の勉強時間】
仕事から帰ってからだったから、2時間くらいかな?
3【その期間で勉強しなかった空白期間】
そういえば出張で1ケ月勉強できなかったかも・・・
その後、やる気しなくて1ケ月勉強逃避してたから
計2ケ月は空白期間があった^^;
4【仕事しながらだったか否か】
仕事はもっていた。9:00~19:00までは確実に
拘束されてた。
***************************

↑   ↑    ↑   ↑    ↑   ↑
以上
よろしくお願いいたします。

日商簿記1級合格者さん、2級合格後 どれくらいの期間で合格しましたか?
以下の内容でお答えいただければ嬉しいです。(一部でも可)

1【勉強期間】
2【その期間で一日の勉強時間】
3【その期間で勉強しなかった空白期間】
4【仕事しながらだったか否か】

「人の能力によるでしょう」という回答が予想されますが、
あくまでアンケート的な位置づけですので、
「僕はこれくらいかかったよー」みたいに気軽にお答えいただければ
助かります。
回答例としては、こんな感じで結構です。

↓  ↓...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。30代既婚女性です。
今年の2月に全経上級、6月の試験で日商1級に合格しました。
スクールに通っていました。
(1回目の受験時:基礎コース 2回目・3回目:特別コース)
ご質問に【空白期間】というのがあるのがリアルで笑えました。
ありましたよ~。【空白期間】w

1【勉強期間】
1年半(07年11月~09年6月)3回目の受験で合格。
ちなみに全経上級は先生に勧められて受けたら1回目で合格しま
した。

2【1日の勉強時間】
集中力が無いので、仕事(週5)のあった日は夜2時間ぐらい。
休日は・・・ダラダラやって正味4~5時間かな。
通勤定期を購入していた時期は、休日に往復1時間半かけてスクー
ルの自習室に行ったりしていましたが、休憩が多かったです。

3【空白期間】
空白期間というか、1級の勉強をするつもりではなく2級を適当に
やってしまっていたので、2級の復習(特に工業簿記)に3ヶ月ぐ
らい取られていました。

2回目の受験の5ヶ月ぐらい前に、「マンション経理」(マンショ
ンの収支報告書などを作る)という仕事に転職したのですが、会計
処理のルールがその会社独自のもので、1ヶ月ぐらいは混乱して勉
強が手につきませんでした。
(簿記スクールの先生に相談してみましたが「何だこれ。わけがわ
からない。」と言われましたwその仕事はとっとと辞めました
けど・・・)

3回目の受験の5ヶ月ぐらい前は全経上級や建設業経理士2級の
勉強をしていて空白期間が1ヶ月ぐらいあります。

3回目の受験の3ヶ月ぐらい前にプライベートでショックな出来
事がありフワフワしていたので、その3ヶ月間はあまり勉強した
記憶がありません。
(余分な力が抜けて逆によかったのかも?)

4【仕事しながらだったか否か】
一年半のうち
派遣でフルタイム就業→8ヶ月
パート勤務(残業含め1日6~7時間ぐらい)→7ヶ月
無職期間→3ヶ月

結局、一か八かの原価計算で得点を稼いで合格しました。
ろくに勉強してなかったんで6月は受けるかどうか迷いましたが、
熱心に指導してくれた先生と、直前に妊娠して流産の危険があ
り受験できなかったクラスメイトに合格の報告で喜ばせてあげ
たいと思い、受験しました。
我を捨てたのがよかったのかもしれません。

こんにちは。30代既婚女性です。
今年の2月に全経上級、6月の試験で日商1級に合格しました。
スクールに通っていました。
(1回目の受験時:基礎コース 2回目・3回目:特別コース)
ご質問に【空白期間】というのがあるのがリアルで笑えました。
ありましたよ~。【空白期間】w

1【勉強期間】
1年半(07年11月~09年6月)3回目の受験で合格。
ちなみに全経上級は先生に勧められて受けたら1回目で合格しま
した。

2【1日の勉強時間】
集中力が無いので、仕事(週5)のあっ...続きを読む

Q売価還元低価法の商品評価損について

期末実地棚卸売価に、売価還元原価法の原価率を掛けて算出された値と、売価還元低価法の原価率を掛けて算出された値との差額が商品評価損になるという計算式は分かったのですが、どうしてこの差額が商品評価損と同等とされるのかがよく理解できません。純値下額を控除しないことと商品評価損とどういった関係性があるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

商品の値段を決める際に、商品の時価を反映させていると考えられるからです。

商品評価損は、ご存じのとおり、商品の取得原価よりも時価のほうが低い場合にその差額を計上するための科目です。

商品の値段は売主の意思決定で決まります。その意思決定は、商品自体の価値や同業者の価格つまりは市場価格を無視しておこなうことは出来ず、むしろそれらを取り入れておこなうものです。商品の値付けはその商品の時価を反映しておこなわれる、ということです。

ここから、商品の値下げは、低下した時価を反映しているということができます。値下げ分に対応する売上原価が商品評価損となります。

以上が、純値下額を考慮しない売価還元原価法による原価から、考慮する売価還元低価法による原価(=時価)を差し引いた額が商品評価損となる所以です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報