当社の株式はA社(外国企業)が90%、B社(日本企業)が10%保有しています。
B社が倒産したため、B社の破産管財人と協議の末、B社保有の当社株式を当社が買い取ることになり、その旨の覚書を作成、押印いたしました。
株価は、出資していただいた当時1株50,000円でしたが、買取価格は1株1,000円となりました。

その後、この場合の経理処理(仕訳等)を知りたいと思い色々調べているうちに、当社は債務超過の状態にあるため、自己株式の有償取得はできないのではないか?ということに気付きました。

自己株式の有償取得のうち、会社が不可避的、あるいは法律の規定にもとづき義務的に取得するものは、財源規制の対象外となるそうですが、株主企業の倒産により自己株式を有償取得する場合は、財源規制の対象外に当たりますでしょうか?

もしも当社がB社から買取できない場合、当社の親会社であるA社がB社から買い取る、という形にするしかないでしょうか。
その場合も買取金額は当社がB社破産管財人口座へ支払いますが、これはA社に対する債権として処理すればよいでしょうか・・・。

自分でもインターネット等で色々調べてみましたが、どうしてもわからず、また相談相手もいないため、こちらに書き込みさせていただきました。
大変お手数ですが、どなたかお知恵をお貸しいただけますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の力で及びませんが、苦労されているようなので知っている範囲以内ということでご容赦ください。



1.自己株式取得において財源規制の対象外となる取引は、単元未満株式買取・事業譲渡等・合併に限られると習いました。

2.今回の場合は、特定株主からの合意取得に当たりますので、取得しても一応は有効であり、取得無効の訴えが確定してアウトになるとも。ですから他株主が1名であれば、その合意を取り付けておけば一時的には安心できるのではないでしょうか。

3.A社が買い取る場合に御社が支払うという形は、債務引受等を使えそうですが・・・

今回のケースは破産も絡んでいることから、弁護士等の専門家へご相談することをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただきましてありがとうございます!
B社保有の株式を買い取る件について、事前に他株主の合意は得ています。
ということは、今回のケースでは当社が自己株式を有償取得することは特に問題ない、という理解でよろしいのでしょうか・・・。
そうですね、専門家に相談したいのですが、、、。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 10:43

株主の倒産による場合は、既にご回答のあるとおり、財源規制の対象です。

これを実行しようとするときは、事前なら差止め請求、事後なら無効確認請求や損害賠償請求の対象となります。また、実行したときは、担当役員や賛成した役員は損害賠償義務を連帯して負います。

A社が取得するのであれば、A社に対する立替金ないし貸付金で処理すれば足ります。

いずれにしても、破産管財人に事情を話したほうがよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、どうもありがとうございます!とてもよくわかり、非常に参考になりました。破産管財人に話してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 16:19

#1です。


>ということは、今回のケースでは当社が自己株式を有償取得することは特に問題ない、という理解でよろしいのでしょうか・・・。

いえ。絶対的に会社法違反していることとなります。
ただ、この違反をとがめることが出来る者は私が知る限りでは、株主・監査役(←記憶があやふやです)ですから、その者が提訴しない限りは何とかなるのでは?という次第です。
従いまして、A社の株主構成に移動があれば、今回のことを追求せよと迫ってくる可能性も残ります。

>そうですね、専門家に相談したいのですが、、、。

出来る限り、お願いしたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして申し訳ありません。再びご回答いただきまして、真にありがとうございます。大変参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの株主優待券は

余裕が100万ほどあるんで初めて株をやってみようと思います。と言ってもお金を増やすのではなく優待券目当てです(わがままですが一応損はしたくない)。そこでおすすめな株主優待券が付いてくる企業を教えて下さい。出来たらランキングで5つ位お願いします。

Aベストアンサー

ビックカメラとエイベックスHDです。

ビックカメラは2011年11月5日現在で41950円ですが年間3000円~5000円の商品券が届きます。
(保有期間によって額に違いが出ます)8%前後の金券がもらうるのは私が知る限りでここだけで、家電量販店で年間3000円以上買う人には十分メリットがあります。以前金券屋に聞いたとこと買取率は70%でした。

エイベックスHDは音楽事業を展開している会社で株主だけが入場できるライブ(コンサート)があります。お子さんやお孫さん、恋人や奥さん(旦那さん)と行くにはいいイベントです。(あなたの性別年代がわからないのでいろいろ書きました)

飲食店の優待は%(優待で得られる金額÷株価)にすると低いものが多いので私はこの2つをお勧めします。
ご参考までに

QA社にB社が51%、C社が29%、D社が20%出資すると

BSとPLとCFLOWの話ですが、

子会社の立場:A社

親会社の立場:B社が51%(連結対象)、
       C社が29%(持分対象)、
       D社が20%(持分対象)出資すると
質問1:
B社のBSにはA社のバランスシートが100%表現されるのでしょうか、ではPLは51%分だけ反映されるのでしょうか?
CASHFLOWには何がどの程度反映されますか

質問2:
C社やD社のBSにはA社のバランスシートには何が反映されるのでしょうか? 出資の有価証券の価値ですか? では持分利益は? それからPLやCFLOWには何か反映されますか?

Aベストアンサー

#1です。

 利益の計上では有りません。
 株の配当金です。

Qおすすめの株主優待教えて下さい☆

200万円以下で買える株で、これはおすすめだよ!値段の割りにすっげー特典が付いてるんだ!というおすすめの株主優待を知っている方、ぜひぜひ教えて下さい。ついでに配当の時期も教えてもらえると助かります。

Aベストアンサー

約10万円で買える外食チェーンのタスコシステムが有名です。

5000円の食事券と1000円の配当がつきます。しかも優待は年に2回(6,12月)ですから、利回りは10%程度になります。

優待情報なら下記サイトが便利ですよ。
http://kabulife.info/

Qのれん(有償取得した)の評価

子会社と合併するにあたり、吸収会社側で受け入れるのれん(子会社で有償取得)、機械装置等を簿価で受け入れるには監査法人に対してどのようなロジック、証明等が必要ですか?

この度子会社と合併することになり、子会社の資産等を簿価=時価として親会社に受け入れる予定です。
子会社の主な資産であるのれん、機械装置は適正な帳簿価額、時価にて受け入れることとされていますが、
簿価が時価と同じと言い切るには何を用意すれば会計士に認めてもらえるのでしょうか?

のれんについては、のれんの将来キャッシュフローを求めて、それが帳簿価額を上回っていればよいのでしょか?
子会社が有償でのれんを取得して3年経過していますが、のれん取得時に見込んだような利益はこれまでのところでていません。
機械装置等の固定資産については、帳簿価額通り価値があるものとして第三者に鑑定等をしてもらう必要があるのでしょうか?
ちなみに子会社では減価償却費を税務に沿って毎期正しく経理しております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨を取り違えていました。適正な帳簿価額における「適正性」についてのご質問ですね。

会計基準に従っていない会計処理や評価の誤りなどはこれに反するとされているようですが、のれんや固定資産は一般に時価が存在しないので、適正な償却がされていれば基本的にはそれで通してもらえるのではないでしょうか。問題があるとすれば減損を抱えている場合でしょう。

回収可能性に疑義がある売掛金、減損が必要な有価証券等については帳簿価額のままでは評価の誤りとされる惧れもあるように思います。

Q一月権利確定の株主優待券のおすすめは、

1月に権利確定の企業で、株主優待券が魅力、または優待券目当てで人気のある銘柄を教えてください。

Aベストアンサー

トイザらスは100株で1000円の商品券3枚もらえます。
(半期3枚ずつ×2回)
配当が20円×100株で2000円 株価1900円なので
合計すると年4%以上です。
1800円きったら買おうと思っていたら
昨日80円あがってしまいました。

稲葉製作所:地域特産品(3品)、自社オリジナル図書カード
(2,000円相当)の4品の中から1品選択

参考URL:http://www.daiwair.co.jp/yutai/index.html

Q飲食費の折半(A社、B社、得意先)

A社、B社、得意先(2名)の計4名で食事会を行いました。
支払金額は、合計で3万円で、A社、B社で折半しました。

1万5千円÷4名=3,750円/人

仕訳
会議費 1万5千円 / 現金 1万5千円
上記の仕訳を行い、損金として処理しました。
折半でも「飲食費5,000円以下が損金算入」が認められますか?
それとも総飲食代が対象ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

5,000円基準の判定は、飲食店に支払った総額を頭数で割った額、言い換えると飲食店が受け取った額を頭数で割った額でおこないます。

したがって、お書きのケースでは、残念ながら損金不算入となります。

Q株主優待

そろそろ中間決算ですが、株主優待でおすすめな銘柄とその優待内容を教えてください。

Aベストアンサー

こちらをご参照ください。
いろいろ検索できますよ。

参考URL:http://www.miobeans.com/kabuyou/

Q退職金支給の可否。 当社は同族の零細な株式会社です。40年間ほど代表取

退職金支給の可否。 当社は同族の零細な株式会社です。40年間ほど代表取締役を勤めた人がこの度役員を辞任する事になり『社業から身を引きます』退職金支給を考えています。給与は4年前に業績不振の為に約85%減額しています。また会社全体一年半位商売を休業して現在に至っています。支給金額としては給与×勤続年数×功績倍率では駄目でしょうか?似たような人が2名程います。不動産とか有価証券を処分すれば資金は問題ありません。よろしく教授ください。

Aベストアンサー

代表取締役は労働基準法で規定する労働者ではありませんので、労働基準法の規定は適用されません。
代表取締役の退任は具体的には株主総会を経て、法人登記簿から当該役員を外す手続きで完結します。
 退職金額は株主総会で自由に決めて良いのですが(退職金金額、内規や規定も)法人の人件費(経費)として認められる場合の計算式が役員報酬×勤続年数×功績倍率になります。従って一般的に広くこの計算式を元に退職金額を算出しているようです。
 功績倍率については1~4の範囲で良いのですが、税務署が最高の功績倍率4で経費として認める場合は、40年間実質的に法人経営を一人で担ってきた等の条件が付くようです。
 なお、同族会社という事ですので退職金を受け取られた人の退職所得の所得税関係は下記のURLで見て下さい。
 
 

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm

Q株主優待の魅力

近い将来に株取引をしてみようと思ってます。
はじめてなので売買益を狙うのではなくて株主優待を目的にしようと思ってます。
株主優待でおすすめの銘柄があれば教えて下さい。
当方、よく旅行に出かけます。旅行関係のもの、それ以外でよい優待などがあればお願いします。

Aベストアンサー

オリエンタルランド。
ディズニーランドのパスポートが年に一回、千株で一枚か何かもらえます。

Q得意先A社の締め日及び、支払日変更に伴い、当社のシステムで得意先マスタ

得意先A社の締め日及び、支払日変更に伴い、当社のシステムで得意先マスターに登録されているA社の締め日と支払日を変更したいのですが、何月何日に変更すればいいのでしょうか。

■得意先締め日
毎月25日から20日に変更

■得意先支払日
翌月25日から翌月末日に変更

■得意先より通知された開始時期
3月請求分より

私は製造業で経理を担当して間もない者です。
なお、現在の日付は2010年2月11日とします。
理由も教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

3月請求分より⇒2月25日締が最後で、次回は3月20日締にする。
その支払日は4月25日ではなく、4月末日に支払ということ。
ということは、通常、2月25日締めまでは、今のままの処理を行い、2月25日請求処理が完了してから、マスターを変更するのがいいです。


人気Q&Aランキング