主人45歳、私43歳です。
この不況で手取り給与は、私のパート代を合わせても27万程度まで下がり、この先上がる見込みはありません。
子供は高2と中2の男子で、これから最も教育費が嵩む時期に入ります。
学費保険は1年前に貯金をはたいて、子供2人分の残りを一気に支払いました。
夫婦の生命保険ですが、終身の死亡保障(俗に言う葬式代)は主人300万、私200万、全労済に一括支払い済みです。
終身の医療保険は夫婦でアフラックのEVERに入っています。
1入院60日、日額5000円で、掛け金はふたりで4500円ほどです。

今はこのほかに10年定期型で、夫婦それぞれ全労済の「せいめい共済」と「医療共済」に入っています。
10年のうちのちょうど今が中間あたりで、掛け金は保険4つで月々8000円と非常に格安です。
あと5年ほどで更新を迎えるわけですが、年齢も年齢なので掛け金が一気に上がります。
そのため、今の時点(健康なうちに)で保険を掛け替える事を思いつき、先日全労済に相談に行き、得策だろうとのアドバイスをいただきました。

まず、それぞれの「医療共済10年定期タイプ」を解約して、「せいめい共済」は残します。
私は「新医療共済 終身保障 ベーシックタイプ」(1入院180日、日額5000円、掛け金は月額3500円弱)に切り替えようかと思っていたのですが、
「せいめい共済」も解約して、県民共済の「総合保障2型+医療特約」の方がありかなと思うようになってきました。
月々3000円と終身医療より安く、1入院124日、日額4000円、死亡保障も適度にあります。
65歳以後保障が減っていくのは不安ですが、終身のEVERを確保しているのでなんとかなるのではないかと。

主人はストレスからアトピー性皮膚炎になり、その事を全労済に相談してOKをいただきました。
なので、「新医療共済 終身保障 ベーシックタイプ」(掛け金は4000円弱)に切り替えようかと思っています。
県民共済に問い合わせてみて、アトピーでも大丈夫なようであれば
「総合保障4型+医療特約」(掛け金は月5000円)でもいいかなと思います。
病気入院1~4日目は4000円、5日目から8000円(事故は1万円)、死亡保障は少々少なめですがありますし、
定年後は総合保障2型に落として負担を減らし、70歳(または75歳)以後は県民共済を解約して、
終身の死亡保障とEVERだけにしようかなと。(この時点で支払いはEVERの4500円のみ)

教育費が一段落ついたら、その分を個人年金、またはそれに相当する貯蓄に回すつもりでいます。
そのため、生命保険料はできるだけ抑えたいのです。
終身の医療保険と県民共済、どちらが将来を見据えて安心でしょうか?
アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

医療保険は、保険期間内に病気や怪我で入院・手術をしなければ、終身であろうと、定期型であろうと、金を払っただけということになります。



ですから、あなたが年を取ってからの医療費が心配というのであれば、終身型に加入すべきです。65歳までの働いている最中の医療費が心配で、老後の医療費は蓄えでまかなうのであれば、県民共済では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/25 22:46

質問の趣旨とは外れますが、いまの死亡保障はどう考えておられるのでしょうか。



扶養しなければならない家族がいる人にとって、最も重要なのは死亡保障です。

県民共済で「総合保障4型」なら、病気で死亡したときの保障は400万円ですよね。ご主人にいま万が一のことがあったとして、遺族年金とパートの収入でいくら確保できますか? それにあといくらあれば生活していけますか?
400万円の死亡保障と、終身保障の300万円であわせて700万円。生活費として年間100万円取り崩せば、7年間しか生活できません。奥様がご自身の老齢年金をもらえるようになるまで、あと22年あります。

>死亡保障も適度にあります。

適度というのは、どのように計算した結果でしょうか。
今の貯蓄や死亡退職金、払い済みの学資保険や300万円の終身の死亡保障を考慮に入れて、シミュレーションしてみましたか?

生活費が足りなければ、学資どころではありません。学資として確保していたお金を生活費として使わざるを得ないでしょう。子どもたちが安心して進学できるだけの保障を確保できていますか?
質問を読む限り、見直しのプランの死亡保障の額もバラバラ。
一番大切な死亡保険のことが、きちんと計算されているように思えません。


正直、医療保険は貯蓄があれば入らなくても何とかなります。
高額療養費という制度もあるし、現役時代の病気に備えるにしても会社員なら傷病手当があります。がん以外の病気で生活が破綻する心配はあまりないでしょう。

医療の保障だけをみて、すべての保障を判断することはできません。

まずは、死亡保障の額が十分確保できるかという観点で見直してみてください。死亡保障が確保できれば、その次はがん保険。
医療保険をこれ以上充実させるかどうかは、これらの保障を確保した後のことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
>質問を読む限り、見直しのプランの死亡保障の額もバラバラ。
>一番大切な死亡保険のことが、きちんと計算されているように思えません。
申し訳ありませんでした。
学資と死亡保障だけでしたら、おそらく3500万程度ではないかと思います。
家のローンも終わり、子供も高専に上がってから勉強とバイトを両立させてくれているので
県民共済+終身で大丈夫かなと思ったのですが、そんなに甘くはないのですね。
掛け金が浮いた分、定年~65歳の無収入時代、さらにその後に向けての貯蓄を頑張ろうと思ったのですが・・・。

文体がとても威圧的に感じたのですが(ごめんなさい)、プロフィールを拝見すると保険代理店の方なんですね。
参考までに県民共済も各県で違っていて、こちらの4型は病気死亡680万、災害死亡2000万です。

アドバイスありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/25 23:45

初めまして宜しくお願いします。

質問者様の内容を見てまして、あまりにも家族構成が家に類似していましたので、つい嬉しくなってしまいまして回答してしまいました。

色々一括払いをしていらっしゃるようですので、その辺りは触れないでおきます。医療保険は私も沢山安いのを何本も入っている派ですので、いずれ必要の無いものは掛け捨てですので1つずつ解約していく方向でいます。

なぜ保険の見直しをしたかというと、今年に入って実家の父親が胃がんを患ってしまい、手のひらサイズのがんではありましたが幸運にも転移しておらず、無事退院しましたが、かなり家族共々動揺してしまい、やはり万が一のときの為に、医療保険とがん保険だけは終身で入っておいた方が言いという結論に至ったのでした。

そこで、家ではアフラックに家族型で入っていましたが古い保険のため今の医療にはちょっと足りないと思いまして、色々探しましたところ、県民共済さんで総合保障型に加入していれば特約でがん特約、三大疾病特約に加入が出来ます。掛け金は千円と1200円です。

県民共済は1型で千円から加入できますので最低掛け金2千円でがん診断金50万や入院5千円や手術代などもきちんと出ます。初期がんでも大丈夫だそうです。三大疾病特約でしたらがん保険+三大疾病のワイドな保障ですのでご主人様向きかもしれませんね。

一応80歳まで保障はありますが60歳を過ぎると保障が少なくなってしまいます。今、倒れられたら困ると言う時にはいいかもしれませんね。

後、1つ付けたしておきますが、今後お子さんが自転車通学等でいつ事故に巻き込まれるか分かりませんので、家族全員対象の自転車保険もしくは個人賠償責任保険は必ず入っておいた方がいいと思います。いつ家族が事故等で被害者又は加害者になるとも分かりません。事故で小さなお子様にぶつかってしまって怪我を負わせてしまった場合、多額の損害賠償を請求される可能性があります。そんな時に発揮するのが個人賠償責任保険です。

たいてい自動車保険や火災保険等に特約で付いているらしいですが、付いていなければ自転車保険もしくはイオンカード会員限定で月240円で1億円の賠償金を付けられます。自転車保険でしたら関東に住んでいる方でしたら損保ジャパン代理店のトリム保険さんで三年間一括で5千円ちょっとで家族全員対象になります。

とにかく掛け金が安いので是非こちらもご検討くださいね。ではお互い子育て頑張りましょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
今の保障か老後の保障かと言われたら・・・老後でしょうか。
そうなると、やはり県民共済は手薄になってしまうんですよねぇ。
悩んでしまいます。
主人が定年までは会社の社保の高額医療が月額3万なのを利用できるので、なんとかなるだろうとは思っています。
今まで子供が大病や手術を繰り返しても、それで助けられてきましたので。
個人賠償責任保険は車の任意保険でつけられるはずだったかと。
掛け金を聞いて考えてみますね。

いろいろありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/25 22:54

まずは、医療保障をどのように考えておられるのでしょうか。



(1)主として貯蓄でカバーするので、気休め程度で良い。
(2)主として保険でカバーしておきたい。

どちらの考え方に近いのでしょうか。
どちらが良い・悪いという問題ではなく、どちらを選ぶかによって、マネープランが異なってくるのです。

(1)ならば、医療費に使うための貯蓄をしておく必要がありますが、保険は、気休め程度のもので良いでしょう。
例えば、EVERならば、60日型5000円タイプで十分です。

(2)ならば、高齢になってからの長期入院、入院回数の増加に備えて、一回の入院限度日数が長いタイプの医療保険を選ぶ必要があります。
EVERならば、長期入院・通院特約を付加して、180日型にする必要があります。
(45歳男性ならば、+1,313円です)
また、入院給付金日額をできるだけ高くすることも考えなければなりません。

もしも、入院給付金日額1万円が必要ならば……
EVERでは、通院という特長があります。
ならば、もう一つは、先進医療をカバーしてくれる保険とEVERの2つで入院給付金日額1万円とする手もあります。
同じような保険に2つ契約するよりも、より広くカバーできます。

まずは、どのような保障が必要なのかということを考えてください。
どの保険にするのかは、次に考えることです。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/25 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高血圧でも加入できる終身保険

主人が定期保険特約付終身保険に加入していますが、保険料を払い終った65才時点に終身保険が200万円に減ります。自営業で国民年金になるので1000万円程度の終身保険を考えています。更新時になったので定期保険部分を減らして別の終身保険に加入したいと思いますが、50才で高血圧の薬(朝1/2錠のみ)を服用しています。高血圧の薬を服用しても入れる終身保険を探していますが、おすすめのものがあったら教えていただけませんでしょうか。また、新たに終身保険に入るより現在の終身保険を増額したほうがいいのか悩んでいます。どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 50才の方が終身保険1000万円に加入すると保険料は大変高額になります。50才の男性だと月4万円以上です。すこし高すぎませんか?
 さて、高血圧の薬を飲んでいるとのことですが、高血圧の薬も強い薬と弱い薬があります。その薬の袋を持参の上、相談するのがよいでしょう。まずは、今加入の保険会社で相談されるといいですよ。保険会社を別にすると保険金請求のとき面倒ですから。
 今加入の保険会社で、健康な方と同じ条件で加入できそうであれば、ベストですね。難しそうであれば、他の保険会社を当たるというのがよいでしょう。高血圧でも入れるシニア向け終身保険はありますが保険料は割高になります。健康な人と同じ条件で入れる保険会社を探しましょう。先日、きちんと健康管理をされている高血圧の方が加入できたのは、エジソン生命でした。
 注意する点は、現在の保険を解約しないこと。悪い担当者に当たると「今の保険を下取して」といわれるかもしれません。これは厳禁です。今の保険を大切にして、新たな保険を追加するようにしましょう。

QJA共済、名義変更(終身共済、医療共済)

親の離婚裁判が終結して財産分与が行われたのですが、
現在父親が契約者になっているJA共済の保険が、私(被共済者)に名義変更することに決まったようで。

ですが、この名義変更の手続きは、契約者と被共済者が平日の営業時間内に、契約をした支店に出向かないといけないんですよね?

親は少し離れた県外に住んでいて、しかもお互い平日に時間を作るのが難しいのですが、何か良い方法はないでしょうか?

もしこのことを相談しに行くとしたら、近くのJAの支店でも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

契約のある「同じ農協内」なら違う支店でも相談は可能だと思いますが、県外となると違う農協でしょうから難しいと思います。
JAは生損保と違って、全国で同じJA共済の商品を扱っているだけで、契約は個々の農協にあるものなので全国どこの窓口でもというわけにはいかないです。(ただ県外移転で違う農協に契約を移すことは可能)

とりあえず、証書に書かれている農協の支店に電話して、どうしたらいいかを先に聞いた方が簡単だと思います。

Q終身保険と医療保険に入ろうと考えています。

終身保険と医療保険に入ろうと考えています。
某来店型保険ショップに行くと下記のものを薦められました。

終身保険は貯蓄のため、医療保険は、もしもの時のためと考えています。
24才男性、独身、現在保険は未加入です。

皆様のご意見を伺いたいです。よろしくお願いします。

■医療保険
CURE
月払い 3970円
55歳払済
1日10000円の保証

■終身保険
長割り終身
5年ごと利差配当付き低解約戻金型終身保険
月払い 10000円
死亡時 230万

この終身保険は、10年の払い込みです。

Aベストアンサー

はじめまして。

低解約返戻金型は払い込み期間満了までの解返金を抑えるかわりに
保険料を安くしている商品です。
ですので解約する恐れがあると思っているのであればお勧めできませんが
逆に払込満了まではする気はないのであれば普通のタイプより安いので
払込満了後で考えると返戻率は高くお勧めします。
最近このタイプを払込期間を15年ほどにおさえて、学資保険の
かわりにする人も多いですが、それは学資保険の中でも高い返戻率の
ソニーでも108%前後なのに対し、長割りだとその上をいくからです。
貯蓄のためということですが、10年間は使うつもりはないのであれば
構わないですがというところです。
そもそも保険は貯蓄のために設計されているわけではないので
思うような結果はでないかもしれません。

質問者様がリスクとリターンをどの程度に考えておられるか?
多少のリスクはというのであれば、保険でなく資産運用(投資信託・株等)も考えられます。

Q全労済(せいめい共済)の満期金の増額について

全労済の5年定期のせいめい共済(+5年毎満期金積立30万円)に加入しています。
4年後、せいめい共済の自動更新時に満期金を増額したいと考えてるのですが、満期金を増額するだけで再告知は必要なのでしょうか?

死亡保障(500万円)の金額を減額する場合も再告知って必要になりますか?
保険金額を増額する時だけ再告知の審査があるのでは?と勝手に自己解釈しているのですが・・・保険金の増額・減額、満期金の増額・減額について詳しい方がいましたらご説明お願いします。

Aベストアンサー

告知が必要です。

Q54歳、男性、掛け金の安い終身保険を教えて下さい。

宜しくお願いします。

54歳、男性です。

現在、日本生命の終身保険(重点保障プラン)に入っています。
主契約の終身の保険金が、100万円で2026年で主契約の払込期間が満了です。
定期保険特約、500万円で、2021年更新
三大疾病特約、300万円で、2021年更新

あと、入院特約、日額10,000円 2021年更新
がん入院特約、日額10,000円 終身

という内訳で、1ヶ月の保険料が、22,162円です。

終身の終身の保険金が、100万円と少なく、更新時、1ヶ月の保険料が高くなることを思うと払済みにしよう思っています。

そして、新たに、終身保険に入りたいのですが、54歳ということもあり、なかなか掛け金の安い終身保険が見つかりません。

そこで、死亡保険は、500万円で、NKSJひまわり生命の「低解約返戻金型終身保険」というのが、1ヶ月の掛け金、13,370円であったのですが、どうなのでしょうか?
多分、解約することないと思うので、普通の終身保険でいいのですが、普通の終身保険で掛け金の安い保険会社の終身保険はどこでしょうか?

なお、医療保険とがん保険は、別に入りますので、終身保険のみについて、宜しくお願いします。

宜しくお願いします。

54歳、男性です。

現在、日本生命の終身保険(重点保障プラン)に入っています。
主契約の終身の保険金が、100万円で2026年で主契約の払込期間が満了です。
定期保険特約、500万円で、2021年更新
三大疾病特約、300万円で、2021年更新

あと、入院特約、日額10,000円 2021年更新
がん入院特約、日額10,000円 終身

という内訳で、1ヶ月の保険料が、22,162円です。

終身の終身の保険金が、100万円と少なく、更新時、1ヶ月の保険料が高くなることを思うと払済みにしよう思っています。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

終身保険が500万円というのはどこからでてきたのでしょうか?

保険金額が少ないより多い方がいいですが、保険料はそれだけ高くなります。

家族構成がわかりませんが会社員なら
「遺族基礎年金」+「遺族厚生年金」があります。
下の図を見てください。
そもそも終身保険500万円の目的がわかりません。
お子様が経済的に自立してないなら、掛け捨ての死亡保障も必要です。
葬儀の費用としては500万円は不要です。

それでも、終身保険の保険料を安くしたいなら、方法はありますが、優先順位としては全く違いますので、ここには書きません。
人が「死ぬ」のをだまっているよりは、先に見直す部分がたくさんあります。

会社員であれば、入院日額は普通は1日5000円ですみます。

がん特約だけ終身保障というのは「生きる力」かもしれません。

今は先進医療の重粒子線治療の約300万円より「抗がん剤治療」の方がお金がかかり、確率も高いです。

根本的に見直しをおススメします。
おそらく「命」を守れない保険に何百万円も支払っていると思います。

また、転換自体も保険業法違反の場合がほとんどです。

なぜなら、転換せずに、加入した方が得だったからです。

日本生命以外も同じようなものです。

参考になれば幸いです。私はこれ以上はここに回答しません。

終身保険が500万円というのはどこからでてきたのでしょうか?

保険金額が少ないより多い方がいいですが、保険料はそれだけ高くなります。

家族構成がわかりませんが会社員なら
「遺族基礎年金」+「遺族厚生年金」があります。
下の図を見てください。
そもそも終身保険500万円の目的がわかりません。
お子様が経済的に自立してないなら、掛け捨ての死亡保障も必要です。
葬儀の費用としては500万円は不要です。

それでも、終身保険の保険料を安くしたいなら、方法はありますが、優先順位としては全...続きを読む

Q全労済と県民共済はどちらがおすすめですか?

仕事がらレンタカーや交通の移動が多いので生命保険を考えております。子供が成人するまでで、掛け捨てで保証が死亡した際に1000万円ぐらいで考えています。その際は全労済と県民共済のどちらがよいのでしょうか?どちらもさほど変わらないような気がしました。もしくは、そのほかでお勧めの保険があれば教えてください。

掛け捨ての金額が一番安いもので考えております

Aベストアンサー

>仕事がらレンタカーや交通の移動が多いので生命保険を考えております。

交通事故や不慮の事故の保障を考えているのであれば
全労済の方が良いのではないでしょうか?
理由は、死亡保障額が高いことと、後遺症害の保障が全労済の方が厚いからです。

その分、全労済は県民共済に比べて入院保障が薄くなっていますが、
健康で子供が成人するまで(60才未満まで)であれば気にする程の差ではないと個人的には思います。

あと自動車事故に限って言えば、ご自身の車の保険の人身傷害を車外でも保障されるように契約しておけば、レンタカーによる事故や他の人が運転する車にひかれても、人身傷害の保険金が降ります。人身傷害は車内限定を解除しても保険料はそれ程上がらないのでお勧めです。

>掛け捨ての金額が一番安いもので考えております

年齢次第なのですが、ライフネットやオリックス、楽天等々ネット通販系生命保険を
20年間-1000万円で契約すると保険料が全労済より安い可能性はあります。
メリットは病気保障も同額になる事で、デメリットは入院保障が付かない事と、後遺症害での保険金の支払い条件が厳しい事です。

>仕事がらレンタカーや交通の移動が多いので生命保険を考えております。

交通事故や不慮の事故の保障を考えているのであれば
全労済の方が良いのではないでしょうか?
理由は、死亡保障額が高いことと、後遺症害の保障が全労済の方が厚いからです。

その分、全労済は県民共済に比べて入院保障が薄くなっていますが、
健康で子供が成人するまで(60才未満まで)であれば気にする程の差ではないと個人的には思います。

あと自動車事故に限って言えば、ご自身の車の保険の人身傷害を車外でも保障されるように契約...続きを読む

Q積立利率変動型と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

積立利率変動型終身保険と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険、どれがいいのかで悩んでいます。
それぞれのメリット、デメリットを教えてください。
またそれぞれでお勧めがあるようでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中途解約は不利。

変額終身保険
メリット:運用が上手く行けば、高い解約払戻金となる。
デメリット:運用が失敗すれば、低い解約払戻金となる。

リスクが低い=安全性が高いのは、利率変動型、次いで低解約払戻金型。
変額終身保険は、まったく別の商品で、ハイリスク・ハイリターンの投資商品に死亡保障が付いていると考えた方が良い。従って、投資の基本的な知識がなければ、手を出してはいけない商品です。
変額保険でもう一つ注意しなければならない点は、資金の引き上げが容易ではない点です。
例えば、株式投資なら危ないと思ったとき、売り抜けて、当面は普通預金に入れて様子を見るということができますが、変額保険では常に何かに投資をしていなければならない。資金の引き上げ=解約しかない点です。

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中...続きを読む

QJA 終身共済 医療共済セットプラン

現在、医療保険の見直しをしています。

現在、JAとアフラックについて比べています。

JAの終身共済 医療共済のセットプランに加入している場合、医療共済を解約した場合は、終身共済の掛け金が上がってしまうことはないでしょうか?

Aベストアンサー

あがりません。

お手持ちの医療共済の方の証書に記載されている掛け金の額だけ下がります。

Q老後資金と終身保険

老後の資金形成のために終身保険をどこまで組み入れるかに関して、お聞きしたいと思います。

私27歳、妻29歳、娘1歳の家族構成です。
つい先日30年間、保険金5000万円の定期保険に加入しました。
終身保険も考え、素人なりに色々調べ、積立利率変動型終身保険(ソニー生命、最低2%金利確約)もしくは低解約返戻金型終身保険(東京海上日動)を候補に挙げました。あくまでも途中で解約はせず、向こう30年間以内に死亡したときの保険を上記定期+αとしての要素、そして貯蓄としての要素(こちらがメイン)を考えています。

現在、老後資金として、4000万程度あればいいなと思っていますが、そこに終身保険をどこまで組み入れたらいいかに悩んでいます。株や投資信託の知識はなく、定期預金しかいまはしていません。老後の資金を確保するために預金だけでやっていく自信がそれほどありません。上記終身保険を1000万、さらには2000万位かける意義はあるのでしょうか?

本やネットで情報を検索すると、終身保険を貯蓄や資産運用として求めるのはダメだとの記載を良く見ますが、実際そうなのでしょうか?株や投資信託を知らない、資産運用の素人にとっては、終身保険も十分魅力的に思えるのですが。
上記終身保険に入ることに対しての意見を頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

老後の資金形成のために終身保険をどこまで組み入れるかに関して、お聞きしたいと思います。

私27歳、妻29歳、娘1歳の家族構成です。
つい先日30年間、保険金5000万円の定期保険に加入しました。
終身保険も考え、素人なりに色々調べ、積立利率変動型終身保険(ソニー生命、最低2%金利確約)もしくは低解約返戻金型終身保険(東京海上日動)を候補に挙げました。あくまでも途中で解約はせず、向こう30年間以内に死亡したときの保険を上記定期+αとしての要素、そして貯蓄としての要素(こちらがメイン)を考...続きを読む

Aベストアンサー

考え方のヒントにしてください。
保険というとまず「万が一のため」となり、心配のあまり沢山のお金を支払いますが、結果として支払い金額は一世帯当たり軽く1000万を超えますが、最終的に手にできる金額は、平均200万程度です。

なぜでしょう?日本人は死亡のリスク(死亡のリスクは極端に低い)ばかりに目が行き、保険のほとんどが掛け捨ての保険になっているからです。しかも「掛け捨ての保険の金額」が世界標準よりかなり高いのです。

逆に欧米は掛け捨ての保険は主流でなく「終身保険」「養老保険」「年金保険」が主です。当然保険も老後に向けた資産になります。
特に英国人は保険の活用が上手で金融資産の約半分は保険です。

自分の家族は4人家族ですが、一人当たり一生涯にいくら支払うか最初
から「枠」を設定しています。50歳台の自分は1200万程度、50歳台の家内は500万程度、自分の子供二人(20歳代)は私の世代の半分程度を設定しています。(今後も賃金が上がらないので)
若い時から(子供も含め)保険は終身保険、年金保険だけです。
納得した保険に加入し、転換、見直しは一切しません。

いずれにしても納得した終身保険に1歳でも早く加入し、また支払い期間は1年でも短くし、なおかつ長期に運用(転換、見直ししない)方が結果として資産は増えます。

考え方のヒントにしてください。
保険というとまず「万が一のため」となり、心配のあまり沢山のお金を支払いますが、結果として支払い金額は一世帯当たり軽く1000万を超えますが、最終的に手にできる金額は、平均200万程度です。

なぜでしょう?日本人は死亡のリスク(死亡のリスクは極端に低い)ばかりに目が行き、保険のほとんどが掛け捨ての保険になっているからです。しかも「掛け捨ての保険の金額」が世界標準よりかなり高いのです。

逆に欧米は掛け捨ての保険は主流でなく「終身保険」「養老...続きを読む

Q医療費実費補償は、日額保障の医療保険と比べてどうですか?

医療費実費補償の、AIUの「スーパー上乗せ健保」という保険に興味があります。富士火災でも似たような保険があったと思います。
実費補償は、保険のあり方を考えると理に適っているように思うのですが、生命保険の日額保険金保障型と比べて、特長と弱点を教えていただけますか。

Aベストアンサー

実費と言うのは少し考え物のところがあります。健康保険の高額療養費の制度をご存知であれば良いですが、分からない場合は別途検索してみてください。
高額療養費の制度があるので、月々の医療費負担の上限は自己負担となる食費や諸雑費を入れても月10万程度です。ある程度上限が分かっているので実費補償でも日額保障でも同様の効果は得られます。
上乗せ健保やみんなの健保の問題があるとすると終身型が無いので必要そうな高齢期に非常に高い保険料となるところです。(売り止め懸念もありますね。)
若いうちから保険に入る意味合いは、健康じゃないと加入できないという面と、分割払いの分割回数を増やすようなもので、負担感を軽減する効果があります。
病気の実費補償の取扱もあるのですが、敢えて「けが」の実費補償+日額保障の医療保険を提案する事も多いです。ケガの実費補償(傷害医療費用保険)は保険料が安い割にケガの入院では持ち出しが出ません。(全年齢一律の保険料)
実費補償+日額保障を考えるのであれば、怪我実費補償+日額保障にして差額は貯蓄しておくと言うのも良いように思います。
いずれにしても、月10万円の医療費負担のために多額の保険を掛けるより、困りそうなものを中心に掛けておくのが肝要です。がん保険や傷害後遺障害、先進医療辺りの方がなる確率は低くてもなったら困る(費用が多額に掛かる)ものなので、むしろ保険とはそう言うもしも、に備えた方が良いでしょう。

実費と言うのは少し考え物のところがあります。健康保険の高額療養費の制度をご存知であれば良いですが、分からない場合は別途検索してみてください。
高額療養費の制度があるので、月々の医療費負担の上限は自己負担となる食費や諸雑費を入れても月10万程度です。ある程度上限が分かっているので実費補償でも日額保障でも同様の効果は得られます。
上乗せ健保やみんなの健保の問題があるとすると終身型が無いので必要そうな高齢期に非常に高い保険料となるところです。(売り止め懸念もありますね。)
若い...続きを読む


人気Q&Aランキング