よろしくお願いします。
現在コンクリートの側圧を計算しようとしているのですが
ソフトを使用して計算するときに
使用するせき板のリストの中に
合板の弱軸、強軸とありました。
この弱軸と強軸はどのように違うのでしょうか?
宜しければ教えてください。

A 回答 (1件)

合板の長辺方向(1820)使いが弱軸。


短辺方向(910)使いが強軸となります。
型枠合板の構成は、表板-中板-中芯-中板-裏板の5プライ構成です。
中板の厚さは、表裏板及び中芯より厚い単板で短辺方向に貼られています。
ですので短辺方向(910)使いが強軸となります。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういうことだったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 08:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバカバカしい質問ですが、数学でxがとる値の‘’とる‘’と、x軸をとるの‘’とる‘’の意味をそれぞれ教

バカバカしい質問ですが、数学でxがとる値の‘’とる‘’と、x軸をとるの‘’とる‘’の意味をそれぞれ教えて下さい。辞書で調べても出てこなかったので
m(__)m

Aベストアンサー

>平面上にx軸をとるということです
平面上にx軸を想定する、といった方がわかりやすいかな。
>多くの中から選んで決めるという
多く、どころか、無数・・になります、無数=1つという考え方もあります、無数のうちから任意んの1つ、と考えれば、選ぶ必要ありません、勝手に決めつけた1つでよいだけです。

Qコンクリートのせき板を湿潤させる理由について

せき板はコンクリート打設前に湿潤させると聴取しましたが、理由についてご教示願います。

コンクリートの水セメント比へ影響がありそうなため、せき板を湿潤させることは望ましくないように思います。

Aベストアンサー

まだ固まらないコンクリートが
乾燥した普通合板に触れれば
合板がコンクリート中の水を吸水してしまって
W/Cが変わるからです。
合板がコンクリート中の水を吸わないように
予め水湿ししておく。

Q健康診断結果 洞性頻脈右軸偏位 右下肺野 腫瘤影の意味 

健診を受け、再検が4つもあり、ちょっと落ち込んでいます。
その中で、意味のまったくわからないものがあったので
こちらで教えていただければ と思い書き込みしました。

ちなみに現在授乳中です。

よろしくお願いいたしいます。

1.洞性頻脈右軸偏位 
2.右下肺野 腫瘤影

Aベストアンサー

健康診断で再検とのことで、とても心配ですね。
心中お察しいたします。

さて、ご質問のことに回答していきたいと思います。

1.洞性頻脈右軸偏位
これは心電図より診断されたことだと思います。
この症状を説明するには、心臓がどうやって動くのかを説明する必要があります。
心臓は心筋という筋肉で構成され、生体内の中で唯一自動能を持つ筋肉です(筋肉を動かす電気信号を自分で発生させて筋肉を収縮させ、動かすことができる筋肉)。
その筋肉収縮の元となる電気信号は、心臓の洞結節という心臓の上のほうで起こります。
この電気信号は心房を収縮させ、次第に下に伝わって心室を収縮させます。
洞性頻脈というのは、この洞結節で起こる電気信号の回数が多いということです。
ただし、安静時の心拍数が130以下であれば問題ないとされています。
また右軸偏位というのは、電気信号の起こる位置が多くの人(普通といってしまっては語弊があるかと思いますのでこのような表現にしました)よりも右にずれているということです。ただこれだけではあまり問題になりません。

以下のサイトを参考になさってください。
http://www.hcc.keio.ac.jp/Links/ECG/ECGsyoken.htm#20

2.右下肺野 腫瘤影
この質問を拝見して一番心配になったのはこちらのほうです。
肺は解剖学的に左は2つ(上下)、右は3つ(上中下)に分けています。
右下肺野というのは右の肺の下のほうということであり、腫瘤影とはそのままですが、腫瘤の影があるということです。
この影の正体を明らかにするには、喀痰細胞診といって喀痰の中に含まれる肺の細胞を調べます。
この検査で確定診断になると思います。
こちらを参考にすると、肺の解剖学がわかると思います。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/resources/cp1/cp1f.html

現在、体調は悪くありませんか?
息苦しいとか、すぐ息が切れる、すぐに疲れるとか、微熱が続いているとか・・・。
いずれにしろ再検査を早急に受けてください。

お子さんが小さいということで、心配です。
なんでもないことを祈っています。

健康診断で再検とのことで、とても心配ですね。
心中お察しいたします。

さて、ご質問のことに回答していきたいと思います。

1.洞性頻脈右軸偏位
これは心電図より診断されたことだと思います。
この症状を説明するには、心臓がどうやって動くのかを説明する必要があります。
心臓は心筋という筋肉で構成され、生体内の中で唯一自動能を持つ筋肉です(筋肉を動かす電気信号を自分で発生させて筋肉を収縮させ、動かすことができる筋肉)。
その筋肉収縮の元となる電気信号は、心臓の洞結節という心臓の上...続きを読む

Qコンクリートの側圧について

型枠設計にコンクリートの側圧を計算する場合、打ち込み速さ(m/h)という言葉がありますがこの言葉の意味がよく理解できません。
時間当たりのメートル数って何の意味でしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートは打設直後からだんだん固まります。
又、液状であると側圧は強いですが、固まると側圧は減ります。
急いで同じところを打つと、側圧が急激に大きくなります。
同じ高さを打つのでも、時間をかけると、固まりながら打設しますので側圧の上昇は減ります。

一般には、一定の高さまで打つと、他の場所を打ち、時間が経った後に、又打つという方法を取ります。

Qモータのd軸、q軸ってどうゆう意味なのでしょうか?

モータの本を読んでいるとよく"d軸","q軸"といった言葉が出てくるのですが、なんの事を言っているのかよくわかりません(><)

どなたかご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

d-q軸には二通りの取りかたがあります。
同期電動機だと、界磁磁極の中心軸がd軸、それと(電気的に)直角方向をq軸にとります。
誘導電動機だと、主磁束の方向をd軸、それと(電気的に)直角方向をq軸にとります。

Qアルミはコンクリートに弱い?

「アルミはコンクリートに弱い~」というのをどこかで見ました。確かアルミはアルカリ性であるコンクリートに弱いということだったと思います。
ふと思ったのですが、アルミサッシはアルミではないのでしょうか?アルミサッシを開口に取り付けるとき、最後はサッシ廻りをモルタルで充填します。モルタルもアルカリ性のはずです。ということは、もしアルミサッシがアルミであるならば、本来、サッシ廻りをモルタルで充填してはいけないはずです。・・・と、そんな疑問が湧いてきました。サッシがアルミであるならば、どのような仕掛け(?)があるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

>「アルミはコンクリートに弱い~」というのをどこかで見ました。確かアルミはアルカリ性であるコンクリートに弱いということだったと思います。
何処からの情報でしょうか。無責任な言い方だと思います。ただ注目を集めたいだけの表現でしょうか。

まったくの嘘ではありません。金属アルミはアルカリにも酸にも弱いです。アルマイトの弁当に日の丸弁当を入れると梅干にあたる部分のアルマイトに穴が開くという話は聞いたことがある年代でしょうか。

建築資材のALC版はモルタルのようなもの(狭義のモルタルでありません。)に金属アルミの微粉末を入れて反応させ気泡を生成させて製造します。

ならば、どうしてアルミサッシは充填モルタルと反応しないのか?

我々が目にするアルミは金属アルミでなく、アルマイト処理をはじめとする表面酸化処理を行ったアルミです。アルミサッシも作成工程内で処理を実施しています。それで、アルミはサビないのです。というか既に錆びているのです。(ステンレスの錆びない理由とは原理が異なります。)

強アルカリのモルタルと金属アルミは直接接触してなく、酸化アルミを間に挟んでいるから反応しないのです。
モルタルに接触している部分は、紫外線も当たりませんし、傷もつきません。酸化皮膜は長持ちします。
逆に酸化皮膜の露出している部分は、もし皮膜劣化の条件がそろい、トイレの強酸、強アルカリの洗浄剤、石鹸等の影響を受け、長い時間を経過すれば穴が開く場合もあります。まさか、梅干を置いている人はいないと思いますが。
反応はゆっくりしたもので、鉄サビと同じくらいかな?見ている間に穴が開くようなことは決してありません。

>「アルミはコンクリートに弱い~」というのをどこかで見ました。確かアルミはアルカリ性であるコンクリートに弱いということだったと思います。
何処からの情報でしょうか。無責任な言い方だと思います。ただ注目を集めたいだけの表現でしょうか。

まったくの嘘ではありません。金属アルミはアルカリにも酸にも弱いです。アルマイトの弁当に日の丸弁当を入れると梅干にあたる部分のアルマイトに穴が開くという話は聞いたことがある年代でしょうか。

建築資材のALC版はモルタルのようなもの(狭義のモ...続きを読む

Q直近の時間軸としての意味

直近という言葉は、最も近い出来事などに使われますが、
これは、未来の出来事についても「直近」で良いのでしょうか?
凡例を探してみても、「過去最も近い出来事」についてしか
見つけられませんでした。

また、未来で最も近い出来事(イベント等)を指す言葉として
適切なものを知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

「近々」という言葉があります。「ちかぢか」とも「きんきん」とも読めます。「ちかぢか」の方が現代的でしょう。なお、少し古いですが「不日(ふじつ)」という表現も、ほぼ同じ意味を表します。

Q三軸圧縮試験と一軸圧縮試験の圧縮強度結果の差

建築士独学中です。

「普通コンクリートの三軸圧縮応力下の圧縮強度は、一軸圧縮応力下の圧縮強度よりも大きい」
とありました。
なぜこのような差が生まれるのでしょうか?

三軸は一軸と違い供試体の側面からも圧縮する試験ですが、
RC造の柱やプレストレストコンクリートのように軸圧縮力が作用することでせん断強度が増すのと同じ理由なのでしょうか?

Aベストアンサー

多分、考え方は、
一軸圧縮の場合、当然ですが、圧縮方向に縮みます。
このとき、試験体の体積を変化させないために、圧縮方向に直角の方向に膨張します。
このときの圧縮力と直角方向の変形を関係付けいるものがポアソン比です。また、こういう性質をテンソルと言います。

三軸圧縮の場合、特定のある1圧縮方向に注目すると、
当該圧縮方向に縮むと同時に、他方向の圧縮により当該圧縮方向に膨張します。

結果的に、

当該圧縮方向の変形量=圧縮方向そのものの縮み量-他方向の影響による膨張量

となり、同じ圧縮力に対し、一軸の場合より三軸の方は変形が少ないことになります。

試験体の強度と変形の関係は、フックの法則より線形の関係にあるので、破壊耐力=破壊変形となるためには、
三軸の方がより大きな圧縮力によって、一軸と同じ変形を得る必要がある、となり、
>>「普通コンクリートの三軸圧縮応力下の圧縮強度は、一軸圧縮応力下の圧縮強度よりも大きい」
が成り立ちます。

と言うことだと思います。

Qポリマーフィルムのマシンアクシス(機械軸)とはどの方向でしょうか

基本的な質問で申し訳ありませんが、
ポリマーフィルムのマシンアクシス(machine axis)とは、どのような(特性の)方向の軸なのでしょうか?
フィルムの長さの方向でしょうか?
なぜマシンアクシスというのでしょうか?
マシンアクシスの訳は「機械軸」でしょうか?
「機械軸」は機械の回転軸の意味のようです。
素人の私には、「ポリマーフィルム」の「回転軸」というのは意味が理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

axisは座標軸のことで、軸といえば軸ですが、回転軸あるいは回転とは関係ないと思います。
工程では機械もしくはフィルムの流れは存在しますから、MDでもマシンアクシスでも、定義することができますし、したがって存在します。
巻き取り工程でも、MD,TDが逆転することはありませんから、そのまま用いられるでしょう。
訳は、直訳なら機械方向、意訳なら流れ方向かな。
MD、TDのままで注釈をつけるほうがいいでしょう。
MD,TDの概念は、製鉄や製紙、印刷にもあるのではないでしょうか。
フィルム側からみても、MD、TDの物性の異方性は見て取れると思います

Qある軸に平行な軸群のうちで図心を通る場合の断面二次モーメントが最大となる時

建築士を独学で勉強しています。
「図心を通る任意の軸に関する断面二次モーメントは、その軸に平行なすべての軸に関する断面二次モーメントのうちで最小または最大である。」
とありました。最小は分かりますが、最大となるのはどういうときでしょうか?
例えば長方形断面の主軸に関するIを求めた場合、I=bh^3/12となり、
軸を平行移動させて図心からの距離をaだけ離すと、I'=bh^3/12+Aa^2
となって常にI<I'の関係が成り立つような気がするのですが・・

Aベストアンサー

構造力学では断面2次モーメントの大きさが耐力に影響します。

図心を通る断面2次モーメントが重要視されるのはその方向において最小の断面2次モーメントを示すからです。
そうしないと、断面2次モーメントを過大評価し、危険側で設計することになりますので。

質問文にあるように、式からいっても最小になるだけだと思います。

受験参考書の過去問集などではしばしば誤植が見られます。
おそらくそういった類のミスではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報