ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

よろしくお願いします。
現在コンクリートの側圧を計算しようとしているのですが
ソフトを使用して計算するときに
使用するせき板のリストの中に
合板の弱軸、強軸とありました。
この弱軸と強軸はどのように違うのでしょうか?
宜しければ教えてください。

A 回答 (1件)

合板の長辺方向(1820)使いが弱軸。


短辺方向(910)使いが強軸となります。
型枠合板の構成は、表板-中板-中芯-中板-裏板の5プライ構成です。
中板の厚さは、表裏板及び中芯より厚い単板で短辺方向に貼られています。
ですので短辺方向(910)使いが強軸となります。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういうことだったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 08:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバカバカしい質問ですが、数学でxがとる値の‘’とる‘’と、x軸をとるの‘’とる‘’の意味をそれぞれ教

バカバカしい質問ですが、数学でxがとる値の‘’とる‘’と、x軸をとるの‘’とる‘’の意味をそれぞれ教えて下さい。辞書で調べても出てこなかったので
m(__)m

Aベストアンサー

>平面上にx軸をとるということです
平面上にx軸を想定する、といった方がわかりやすいかな。
>多くの中から選んで決めるという
多く、どころか、無数・・になります、無数=1つという考え方もあります、無数のうちから任意んの1つ、と考えれば、選ぶ必要ありません、勝手に決めつけた1つでよいだけです。

Qコンクリートの側圧について

型枠設計にコンクリートの側圧を計算する場合、打ち込み速さ(m/h)という言葉がありますがこの言葉の意味がよく理解できません。
時間当たりのメートル数って何の意味でしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートは打設直後からだんだん固まります。
又、液状であると側圧は強いですが、固まると側圧は減ります。
急いで同じところを打つと、側圧が急激に大きくなります。
同じ高さを打つのでも、時間をかけると、固まりながら打設しますので側圧の上昇は減ります。

一般には、一定の高さまで打つと、他の場所を打ち、時間が経った後に、又打つという方法を取ります。

Q穴、軸の公差、はめあい

公差のH7とかはどうやって決めるのでしょうか?

Aベストアンサー

はめあいの寸法公差についてはJIS規格で決められています。
例えばH7とするかH6にするかは、あくまで設計者の長年の経験によるところです。
これは、品物の使われよう、工作の行いやすさ、相手の品物との関係で必ずしも孔であればH○としなければならないというものでもありません。

なお、設計者は○と描けば真ん丸いものが出来ると信じていますが、程度問題で、Hとhで隙間が出来るか当たって入らないかは、それぞれのケースと加工方法や会社の技術力に依存されます。

Q型枠解体の順番

建築士を独学で勉強しています。
問題に、
「スラブ下・はり下のせき板は原則として、支保工の取り外し後に取り外す」とありましたが、
JASSや建設省告示での型枠の存置期間は せき板<支柱 となっていて、どういうことか意味が分からないので教えてください。

また、基本的なことだと思うのですが、支柱を取り外す前に、盛替えを行わないでせき板を取り外すことなんてできるのですか?イメージ的に支柱が邪魔をしてせき板を外せなさそうなのですが・・・

Aベストアンサー

空白より下の質問はわかるのですが、空白より上の
「JASSや建設省告示での型枠の存置期間は せき板<支柱 となっていて~」というのは、せき板の存置期間は、支柱を外す存置期間より短い
という意味ですか?  それで、
方や、せき板は支保工の取外し後に外すと書いてるのに、他ではせき板は支柱より存置期間が短くなってるじゃないか!辻褄あわないじゃないか!?
って、事ですよね?そう思って回答しますよ。
それは、考え方というか捕らえ方次第で解決すると思います。
両方共満たした状態が正解で、『~。且つ、~』で考えた状態と考えれば良いのです。(余談ですが、この『~。且つ、~』や『~。又は、~』の解釈の違いが法規では重要で、当たり前のようなのにイージーミスし易いので気をつけて下さい。)

1).せき板は、支柱より存置期間が短かく数日で脱型しても良い
→2).且つスラブ・梁下のせき板はそれを支えている支保工(支柱含むせき板を支える仮設)を取り外した後に取外す
→3).且つ、その支保工の末端の支柱は存置期間が28日や設計強度の確認等の長い期間またなくてはいけない
→4).もちろん2)の通り、支柱を取るとこから始めないとせき板は取り外せない
→5).よって1)と書いてても”スラブ・梁下のせき板”は3)をクリアするまで待たざるを得ない

と、考えれば結構容易い事です。
だから、1)の段階で”せき板”を脱型して良い常態にあっても、脱型できる”せき板”は、ベース枠・地中梁等の側板・柱枠・壁枠(開口の上の枠は後記によりダメ)・止枠等の側板だけで、他の縛りがある以上、コンクリートを乗っけている底板は脱型できません。

で、モチロン盛替えなしで、スラブ・梁下のせき板を取り外す事はできないので、それはしないのですが、支柱を「邪魔だなー」とかいいながら、どけるのを我慢して、側板は外します。
多少大変ですが、脱型の段階では水平繋ぎはないですし、人が歩くには支障がない程度です。まぁ、支柱がじゃまで脱型できない側板といえば梁底の支柱の並びと平行な梁下付きの壁枠くらいです。
側板は脱型して良い事になってるのに加え、結局スラブ等底枠の末端は、壁や梁の側板に乗っかる組み立て方になってるので、側枠類を脱型しないと底枠類は脱型しずらくなっています。(組み立てた逆にバラしていく道理)
工期によっぽど余裕があったり、鋼管・ホームタイ等の金物や枠材の転用の必要が無いくらい金銭的に余裕があり、且つ運搬賃を浪費できれば支柱を外してから側板→底板と外すのは良いのかもしれません。
しかし、普通はそんな余裕はないですもんね。

受験資格が得られる位置にいても、直接その業務に従事されてない人や経験の浅い人で、独学で勉強されてる方には、まったく予想も出来ず、僕等が常識と思ってる事も当たり前に何を言ってるのか判らないものと思い、長々と説明しました。
今から準備をしているという事は、独学ながら本気で取り組んでいるのだと思います。是非合格して下さい。

空白より下の質問はわかるのですが、空白より上の
「JASSや建設省告示での型枠の存置期間は せき板<支柱 となっていて~」というのは、せき板の存置期間は、支柱を外す存置期間より短い
という意味ですか?  それで、
方や、せき板は支保工の取外し後に外すと書いてるのに、他ではせき板は支柱より存置期間が短くなってるじゃないか!辻褄あわないじゃないか!?
って、事ですよね?そう思って回答しますよ。
それは、考え方というか捕らえ方次第で解決すると思います。
両方共満たした状態が正解で、...続きを読む

Q共箱を作りたいのですが

縁あってとある有名女優さんから趣味の陶芸作品をいただきました。紙の菓子箱に包装してあるのですが、折角ですから共箱を作って大事にしたいと思います。どこか共箱作成で良心的な業者さんをご紹介いただけないでしょうか。当方、埼玉県在住です。都内へのアクセスも問題ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近くの茶道具屋に茶碗を持っていけば専門の方に作ってもらえます。茶碗の寸法をとって、木の種類と品質、蓋の種類、紐の流派またはお好みを選択します。値段はいくらまでといえば、それ以内でまとめて下さる業者もあります。茶碗に見合った品質を選ぶべきだと思います。

Q構造計算ソフトSS2について

構造計算ソフトSS2を初めて利用します。鉄骨造の建物の保有水平耐力計算を行ったところ、地中梁で「長期応力でひび割れている」とのコメントが出ました。ひび割れないようにすべきかどうかをメーカーに確認すると「設計者判断です。」と言われましたが、皆さんはどのように対応していますか?教えてください。

Aベストアンサー

要するに断面が小さいと言う事です。
ひび割れが漏水など不具合に結びつく可能性があるなら地中梁断面を大きくしますが、問題なさそうならそのまま計算を進めても法的には可です。
SS2にはワーニングとエラーの2種類のメッセージがありまして、ワーニングのほうは設計者の見解を計算書に記述すればそのままでもOKです。

ちなみに#1の専門家さんがFcを上げろとおしゃってますが、Fcを上げるよりも断面を上げたほうが効率が良いです。ひび割れモーメントの計算式を考えればどちらが特か分かりますよね。
また、ひび割れの場合、せん断補強筋を増やしても効果はありません。

Qフレッチング

疲労寿命試験においてフレッチングによるチャック部破断とは何ですか?

Aベストアンサー

fretting 
フレッティング、フレッチング、フレコロとか、要は繰り返し荷重によって壊れるってことですよね。

Qコンクリートの強度単位

荷重や材料の強度の単位の表し方がkg/m2からkN/m2に変わっています。Nで表現されてもピンときません。Nよりもgで表した方が感覚的にも分かりやすいと思いますが。どのようなねらいがあって変更されたのですか?教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして!
現在建築界では、国際単位で行なっています。
国際単位に変わってから、既に十数年以上経っています。
建築界では、概算値の1kg=10Nとして取り扱っています。
なぜ国際単位になったかといえば、海外への土木、建築のめざましい進出から、国際的に通用させる為に他の業界に魁て導入されました。
建築、土木に関する官庁提出書類から構造計算にいたる全てが現在国際単位です。
国際単位の導入は、土木・建築界が日本では一番早いのですよ。
国のJISへの導入は、土木・建築より遅いのです。

Q中実軸に働く最大せん断応力の問題で。

当方、機械工学を勉強し始めた社会人です。

問題集を解いていてどうしても解説どおりの計算結果にならないため
どなたかご教授願えませんでしょうか。

直径40mm、長さが350mmの中実軸があり、左端で固定され、右端に直径300mmの円盤が接続されている。
円盤上の二点で接線方向にそれぞれ逆向きに荷重2KN が作用しているとき、中実軸に働くせん断応力のおよその値はいくらか。
---------------
図示できないため補足しますが、円盤上の二点は円の最頂点に右向きに2KN、最下点に左向きで2KNが作用しています。

解説には
トルクTを T=2.0×10~3×0.3×2 で求め・・・(1)
τmax=(16T)/(πd~3)にd=0.04を代入し、約48MPa

となっていますが
自分がやると約二倍の値が出てきます。
(1)式はT=Frを使うことは解っているのですが
最後の×2の意味が解りません。円盤状の二点に2kNを作用させているから
二倍させているのでしょうか。

解説が間違っているのか、自分の勘違いなのかご指摘いだだきたいと
思います。

当方、機械工学を勉強し始めた社会人です。

問題集を解いていてどうしても解説どおりの計算結果にならないため
どなたかご教授願えませんでしょうか。

直径40mm、長さが350mmの中実軸があり、左端で固定され、右端に直径300mmの円盤が接続されている。
円盤上の二点で接線方向にそれぞれ逆向きに荷重2KN が作用しているとき、中実軸に働くせん断応力のおよその値はいくらか。
---------------
図示できないため補足しますが、円盤上の二点は円の最頂点に右向きに2KN、最下点に左向きで2KNが作用していま...続きを読む

Aベストアンサー

車のハンドルは片手で回すよりも両手を使ったほうが楽ですから、
質問者様の解釈で合っています。しかしよく見ると
>T=2.0×10~3×0.3×2
この0.3は円盤の直径ですから、ここは軸からの距離である半径0.15とすべきですね。
でもなぜか48MPaは合ってます…。

今回のような直径dの両端に同じ大きさFで逆向きに働く力のペアを偶力といい、
そのトルクはT=Fdで表されると書いてある教科書もあります。
結局Fd=Fr×2ですから同じことなんですが、
解説を書かれた方はもしかするとFdを使ったつもりが誤ってさらに
2倍してしまったのかもしれません。

今回のような問題は片手で回すだけでは軸が曲がってしまうため
偶力(両手)で回して曲げモーメントを打ち消しています。

Qコンクリート打ちっぱなしの外壁

自宅の外壁は鉄筋コンクリートの打ちっぱなしですが、既に15年も経過しているので汚れてしまい、黒ずんでしまいました。
外壁をきれいにしたいと思っているのですが、どのように修理するのでしょうか?
いっそのこと色で塗ってしまおうかとも思っていますが、打ちっぱなしの雰囲気も良いので迷っています。
ぜひ、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

御予算が あれば参考までに.....。



高いですけど 復元技術は 特許です。

参考URL:http://www.concrete.co.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報