笑うとすぐに見えてしまう銀歯があります。
10年前ぐらいに入れたものです。
奥歯にある銀歯とかは気にしてないので、そこの一本だけを白にかえたいと思っているのですが、それは何という処置?治療?になるのでしょうか?
アバウトですみません。
歯医者さんに相談すればしてもらえるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在保険で白くできるのは左右の犬歯までの前歯だけです。


それより奥の歯は全て自費診療になります。
但し、一部だけに積める「インレー」では、地域によって多少異なりますが、保険でできる地域もありますし、条件が厳しい地域もあります。
(前歯は保険の白い歯も可能ですから、銀歯というのは犬歯より後ろでしょうか?)

金属治療には大きく分けて歯の一部だけに使うインレーと全体を覆う冠(かん…クラウンとも言う)があります。そのほかに咬む面だけを被う「アンレー」というものがあります。

インレーも冠も材質的にはプラスチック系とセラミックがあります。
自費で行なわれる一般的なものでは、プラツチック系では次の二種類です。
(1)硬質レジン…保険の前歯にも使われる材料で、一番安価です。最近の材料では、見た目はさほど劣る物はありませんが、強度的にはそれほど強くありません。
(2)ハイブリッド…超硬質レジンといえるものです。強度的にはセラミックに準じる強さです。
(3)セラミック…要するに焼き物。でも透明感や強度は最も優れています。但し、費用も一番高いです。

次にこれらの材料を金属で補強したものと白い材料単体のものに分けられます。
硬質レジンではほとんどが補強を要しますが、その他の材料では両方があります。
呼び名は色々ですが、「メタルハイブリッド」「メタルセラミック」といえば通じるはずです。

更にセラミックでは製法によって二つの方法があります。
一つは「盛り上げ式」…これは一般的な作り方で、七宝焼きのように盛り上げていって焼成して作ります。
もう一つは最新の「削り出し法」…これはセラミックのブロックをコンピュータ計測した雛形に合わせて削りだす方法です。これは最も強度が高いのですが、費用も高いです。

インレーでは通常は金属補強は使いません。

歯医者に行って、「白くしたい」といえば、超ご機嫌で色々説明してくれるでしょう。それぞれの利点欠点から歯医者がチョイスしてやっている事が多く、全ての種類を全ての歯医者でやっているわけではないので、歯医者の説明を聞いて選んでください。
    • good
    • 0

笑うとみえる銀歯は、自分自身ではとても気になりますよね。



すでに詳しい処置内容を投稿されている方がおられるので、
やり替えに関してはじゅうぶん考える材料になると思います。

それを踏まえた上で、白い歯にやり替えるとすれば、
ポーセレンメタルボンドというものが、審美的にも強度的にも
優れているようです。
ですが、健康保険の適用外なので、1本につき7、8万円からの値段になると思います。
自由診療なので、歯科医院によって価格が違うと思います。

他にももう少し安価で(とはいえ、保険適用外なので万単位ですが)白い歯を入れる方法はあるので、歯医者さんで相談するなら、
「笑うと銀歯が見えるので、白い歯にやり替えたい。どんな種類のものがあって、どのくらいの値段なのか。自分の今の歯は、やり替えに適しているのか。」という感じでご相談されるとよいのではないかと思います。

あまり参考にならなかったらゴメンナサイ。
どうぞお大事になさってくださいね。
    • good
    • 0

銀歯の面積にもよりますが、只隣接を含む部分的な詰め物でしたら態々白くする必要はないと思います。

その理由としてレジン(白い材料)はプラスッチックに似た材料なので熱などに反応し将来多少収縮します。そうすると詰め物との境に隙間ができそこから二次カリエス(虫歯)になる可能性が高くなります。またフルに被せている銀歯を交換するとなると一度銀歯を外し新にきれいな面を出さないと、被せる際に接着が良くないとの理由で当然削ります。削るということは土台が小さくなるということなので歯の土台も少なからず小さくなります。小さくなればなるほど今後将来的に保持する条件が厳しくなってゆくということです。いずれにしても只審美だけとの理由での交換でしたらお勧めしません。精神的にコンプレックスを抱えているようでしたら掛かり付けの先生に相談する事をお勧めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報