裁判員制度ですが、まず1回目の案内をもらう確率が約300分の1と聞きました。次にまたくじなどで選ばれるそうですが、裁判所呼び出しとなる2回目はこの1回目の人から確率何分の1になるのでしょうか?

仕事を理由に断ることができるのでしょうか?
たとえば、1ヶ月など長期研修をうけている時期に呼び出しを受けると本人や会社にとって代替がきかず不利益をこうむります。
この場合、正当な断る理由となるのでしょうか?

ちなみに、企業向けの研修というのは、通常学生の授業とは違い
毎日のようにテストなどされ評価対象ですし、1日、2日習っていないものに対し自習学習で補填することは難しいと考えます。

以上

A 回答 (2件)

> まず1回目の案内をもらう確率が約300分の1と聞きました。



お住まいの自治体や裁判件数などにより異なります。

裁判員制度 - 裁判員の選ばれ方
http://www.saibanin.courts.go.jp/introduction/ho …

によると、調査票の送付の次の、

| 質問票とともに選任手続期日のお知らせ(呼出状)が送られます

の段階になるのは50名が目安だそうですので、割合で言うなら6分の1。
更に裁判の当日に6名に絞り込みされます。


全国、年間で言うと、5000分の1程度だそうです。

All About - 「裁判員制度」選ばれる確率は?
http://allabout.co.jp/contents/sp_saibanin_c/jij …

--
> たとえば、1ヶ月など長期研修をうけている時期に呼び出しを受けると本人や会社にとって代替がきかず不利益をこうむります。
> この場合、正当な断る理由となるのでしょうか?

当人が言ってるだけでは信憑性なんかが微妙ですので、会社に事情を説明して、

> ちなみに、企業向けの研修というのは、通常学生の授業とは違い
> 毎日のようにテストなどされ評価対象ですし、1日、2日習っていないものに対し自習学習で補填することは難しいと考えます。

のような事を一筆書いてもらい、正当な理由の根拠にするのが良いかと思います。
    • good
    • 1

>仕事を理由に断ることができるのでしょうか?



一般的には断れません。

むしろ、会社は従業員が裁判員なった時(それに限らず公務遂行時)に、そのために必要な時間を与えることを拒んではなりません(労働基準法7条)し、裁判員になったことを理由に不利益な取り扱いをしてはならないことになっています(裁判員法100条)。

>たとえば、1ヶ月など長期研修をうけている時期に呼び出しを受けると本人や会社にとって代替がきかず不利益をこうむります。

とりあえずは候補者通知を受けた時か、実際の事件で呼び出しを受けた時に裁判所に相談するといいと思います。
何らかの考慮をしてもらえる可能性があります。

…私は、そこで柔軟な対応ができない会社ってどうよ?と思いますし、会社に注意が行く可能性を考えます…
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどういう目的、理由で裁判員制度が導入されたのでしょうか。

どういう目的、理由で裁判員制度が導入されたのでしょうか。

なぜ、容疑の重い公判だけ裁判員制度が導入されているのでしょうか。

今の裁判員制度に問題はないのでしょうか。

Aベストアンサー

>どういう目的、理由で裁判員制度が導入されたのでしょうか。

公式には、下記のようです。

「一般国民が刑事裁判に参加することにより、
裁判が身近で分かりやすいものとなり、司法に対する
国民のみなさんの信頼の向上につながること」

>なぜ、容疑の重い公判だけ裁判員制度が導入されているのでしょうか。

公式には、下記のようです。

裁判員制度の設置目的である
「市民が持つ日常感覚や常識の反映」と
「国民の司法への理解と、信頼の向上」を得るためには、
「一般市民の興味」をそそられる刑事事件が適当だという考えがあります。

 また、事件の数が多いので、3%程度が適量、
素人でも判断を下すのに分かりやすい事件、
ということが挙げられます。

下記URLにいろいろ書いてありますよ
http://www.shihou-mizuki.com/

Q<地方裁判所>二回目の裁判の日を知るには?

カテゴリ違いだったらごめんなさい。

今度知人が地方裁判所にて裁判を受けるのですが、
警察の方より既に決まっている一回目の裁判の日取りを聞きました。

ただ、そこが私の住んでいるところから遠方の裁判所のため
私自身が一回目の裁判の日に傍聴に行くことができないのと、
知人に身寄りが無いため他に傍聴する人も恐らくおらず、
二回目の裁判がいつになったのか知る術がありません。

警察の方から二回目の裁判の日取りを知る方法として
「知人に一度目の裁判の後すぐに手紙で知らせてもらうか、
地方裁判所に直接電話したら教えてもらえるかも?」
とアドバイスして頂きましたが、検閲や遠方ということを考えると
手紙はすぐ届かないことも考えられるので・・
二回目の裁判で判決が下るのではということでしたので、
できればその時に知人を迎えに行きたいのです。

地方裁判所へ一回目の裁判のあと電話すれば教えてもらえるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

当該地方裁判所の刑事部の公判課に聞けば調べて教えてくれます。
その時被告人の名前と罪名を言えば調べも早くなります。

刑事裁判は即日判決の事もありますが、
それでなければ、結審(数回の公判で証拠調べが行われて、検察官の求刑、弁護士の最終弁論がされる)してから判決の言い渡しはそれから一週間以上先になる事が殆どです。
その点も確認された方がいいと思います。

それでも結審の予定がずれる事もあります。ベストなのは被告人の弁護士の方と連絡をとり、裁判日程を聞く事です。

Q裁判員制度のモデル

裁判員制度についてのレポートを書かなくてはいけないのですが、裁判員制度を意識して裁いた、または現在も裁判が行われている事件はありますか?
また従来の司法制度と裁判員制度の裁判時間はどれほど短縮されるか、どなたか詳しい人は教えてください。

Aベストアンサー

http://d.hatena.ne.jp/pensplus010s/20090612/1244794174
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/216113/
http://blog.artnews.cn/zygdnrs/archive/2009/02/20/2398.html
被害者の女性の骨などを法廷の大型モニターに映し出し、犯行の残忍さを強調

江東マンション神隠し殺人事件は視覚に訴えた手法で、明らかに裁判員制度を意識した法廷となりました。
2008年4月の事件で東京地裁の判決が2009年2月にありました。
下記サイトをご覧ください。
裁判は「13日に初公判が行われてから2週間足らずでのスピード結審」あるように従来では考えられないスピードです。
恐らく過去の事件なら3年はかかったと思います。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090126/trl0901261119002-n1.htm

Q養育費増額調停と財産分与調停を行っています。第一回目の調停が1月30日でした! 2回目は3月にありま

養育費増額調停と財産分与調停を行っています。第一回目の調停が1月30日でした!

2回目は3月にあります、その間には養育費は貰うことはできますか?

調停経験者、弁護士の方お答えお願いしますの方お答えお願いします

Aベストアンサー

とりあえず先に決めた元の養育費の額は先方も同意しているのでしょうから、約束の日に支払ってくれるのではないでしょうか?

増額分については、そもそもまだ何も合意に至っていないのですから、支払ってくれるとしても「仮」の増額であり、のちに正式に増額分が決まった時には、差額があれば調整されることになるでしょう。

もしも、支払いが滞った時は、増額分と合わせて未払いの養育費についてどのように支払うかも調停あるいは審判の段階で取決めしたらよいと思います。

Q裁判員制度と陪審員制度について

裁判員制度と陪審員制度について

今度、大学でディベートをするのですが、

私の立場は「日本の現行の裁判員制度を陪審員制度に変えるべきである」です。

そこで、みなさんのご意見お聞かせください。

なぜ、陪審員制度に変えるべきなのか。メリットがあるのか。
裁判員制度の問題点など

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在は、裁判員制度なので我々市民が量刑まで議論します。先の耳かき店事件では、ついに裁判員裁判で死刑が求刑されました。
これによる裁判員への精神的苦痛は計り知れないものが有ります。
人の命を、自分たちの手で裁く事になるのですから…

これに対し、陪審員制度は有罪か否かを判断するだけで量刑は従来通り判事に任せます。
これにより、負担は軽減されるわけです。

Q警察署への二回目の呼び出し

前回質問させていただいた者です。回答して下さった皆様、ありがとうございました。前回の続きなのですが、警察署に呼び出され調書をまとめた後、「次は学校生活のことや家族のことなど、プライベートな話を聞く」と言われたそうです。具体的にどのようなことを聞かれるのでしょうか?どのように答えるべきなのでしょうか?アドバイスなどいただきたいです。高校生ということもあり、自業自得とはいえ学校に連絡されるのを非常に恐れているようです。生活安全課から連絡がいくか、家裁から連絡がいくかもしれないと言われたようですが、学校へ連絡がいくときは警察からこちらに何か連絡はありますか?どのように連絡されるのか不安なようです。
私もできるだけ彼女の力になりたいと思っています。皆様の回答お待ちしております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

調書に書くためにきかれるだけです

こうやって盗みました、ということの他に、生活環境や人となりも調書としてとられます

あまり関係ないといえば関係ないのですが、情状の配慮の参考にされるようです
聞かれたことに素直に答えましょう
以前に万引きをしたことがあるかということについても聞かれるかも知れません届け出をしていないので、そのことで罪が重くなったりすることはないと思いますが、黙っていて、後で判明した場合、警察や検察の印象を悪くしてしまい、軽い処罰ですめばいいけれど、という警察の態度も変わるかも知れません

学校に知らされないということは、なんとも言えません
生活安全課からにしろ家裁からにしろ、学校に知らせるのに本人の了承を得てから、ということは無いと思いますので、連絡は無いと思います

怯えて生活するよりも、いっそ自分から言ってしまえばとも思いますが、それは難しいですよね

Q裁判員制度に似た制度の名前が思い出せません。

裁判員制度に似た制度の名前が思い出せません。

だいぶ前の、どこかのTVのニュース番組だったかバラエティだったかで裁判員制度の説明を取り上げていました。
まだ裁判員制度が始まる前のことです。

「実は、今の日本にも裁判員制度に似た制度があるんです!」的なことを言っていたような記憶があるんですが、それが何だったのか思い出せません。

モヤモヤして気持ちが悪いんですww

誰か真相を知っている方はいませんか?

Aベストアンサー

検察審査会、ではないですか?

検察が不起訴とした事件を、不起訴が妥当かどうかを決めるとこだったと思います。

Q警察より2回目の呼び出し

以前、友人が業務上横領をした件で質問させていただきました。

先日は、警察から呼び出しについて質問をさせていただきました。


今回の質問ですが、友人が前回質問したように警察より呼び出しを受けて、話をしてきました。
その時、在宅捜査ということになり、数日間担当の刑事さんより事件の内容などの不明な点を
電話で聞かれたので、その当時を思い出しながら回答したとのことでした。

本日も担当の刑事さんから電話があり、横領に至るまでの調書が出来たので、明後日に
途中まで作成された調書の確認とは別に横領した品物を処分した経緯の話を聞きたいといわれた
とのことです。

友人は、事件発覚以後から今日に至るまで、自宅にずっと居た為か、今度は何を聞かれるのだろうと不安そうにしています。

友人が言うには、明後日警察に行ったら、今度は逮捕されるのではないか?といっているのです。

私や他の友人は、在宅捜査になっているのだから、急に逮捕なんてことはないだろうから大丈夫だよと言ってはいますが、実際に私なども法律は詳しくないので、もし、お分かりになる方がいましたら教えていただければと思い質問させていただきました。

よろしくお願い致します。

以前、友人が業務上横領をした件で質問させていただきました。

先日は、警察から呼び出しについて質問をさせていただきました。


今回の質問ですが、友人が前回質問したように警察より呼び出しを受けて、話をしてきました。
その時、在宅捜査ということになり、数日間担当の刑事さんより事件の内容などの不明な点を
電話で聞かれたので、その当時を思い出しながら回答したとのことでした。

本日も担当の刑事さんから電話があり、横領に至るまでの調書が出来たので、明後日に
途中まで作成された調書の確認とは...続きを読む

Aベストアンサー

次回は、横領品の持ち出しから経路・どこで捌いたかを確認して調書にします。
逮捕はないと思いますが、正直に供述しないとされる場合もあります。

その供述を元に、裏づけをして調書を完成させます。

Q裁判員制度の疑問です

ふと疑問とゆうか考えたことがあって質問させてください。
裁判員制度は、「重大事件」を裁判するのですよね?
もし重大事件が起こらなければ裁判員制度への参加が少なくなる(選ばれる確立が少なくなるのでしょうか?)
逆に重大事件が多くなれば裁判員制度へ参加する(選ばれる)確立が多くなるとゆうことでしょうか?

もしそうなら重大事件をなくすとゆう考えもあったから裁判員制度ができたのかなぁなんて考えたりしてしまいました。

何も分からないのかなんて思われるかもしれませんがご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのとおりです。
まず1年間裁判員に選ばれる人の名簿を作成します。そして事件のたびにその中から裁判員を選ぶ作業をするので、裁判員制度適用事件数が少なければ当然選ばれる確率は低くなります。

>重大事件をなくすとゆう考えもあったから裁判員制度ができたのかなぁなんて考えたりしてしまいました。

これは違いますね。裁判員制度に参加することが犯罪抑止力になるとは考えられていません。

Q1つの被害で3回裁判できますか?

実は隣人に土地を勝手に使用されています。隣人の下水が流れているみたいなのですが・・・、いろいろな経緯がありすぐに使用を止めさせたいです。その下水のために、境界上に塀を建てることができません。隣人は言い訳ばかりをしていて下水の変更工事をしようとしません(自分の土地に下水を移動させる工事のことです。)。ですので、(1)今までの不正な使用による損害賠償請求をしたいです。(2)さらに境界上に塀を建てるための塀の全額費用負担をさせたいです(一度目は隣人の下水のために、ウチの全額負担だったので・・折半はしたくないです。)。(3)下水に関する工事費の全額負担をしてほしいです。この3つの裁判をバラバラにしたいです。そのようなことはできますでしょうか!?

Aベストアンサー

不法行為に基づく損害賠償請求権は,3年で消滅時効にかかると民法にあります。
時効の起算日は,不法行為の日からです。裁判を提起した場合,提起に係る請求の部分についてのみ時効は,中断します。

ただ,貴殿の主張する「下水がながれる」というのは,その状況が現に継続している限り,被害も,なお,継続して受けているともいえ,時効の起算日は,
その「下水の流れる」のが止んだ日からということになると思います。


人気Q&Aランキング