柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

There are lots of people.の構文がわかりません。再度、質問です。

There are lots of people.の文で、主語は lots ですか、それとも people ですか。
辞書では、a lot of は 沢山の と訳しているので、全体が形容詞的働きをして、そのあとの people を修飾しているようにも思えます。
a lot が名詞で、of が同格ならば、
There is a lot of people.となるということでしょうか。
There are a lot of people.とはならないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>There are lots of people.の文で、主語は lots ですか、それとも people ですか。



lotsです。

一般に、前置詞はまずその直後の名詞と結合して意味を成し(つまり、前置詞句を形成し)、その後その前置詞句が前置詞の前の言葉を修飾します。例えば、次のようです。
(1)a book on the desk(机の上の本)<「本の上の机」ではありません>
(2)a bus for Tokyo(東京行きのバス)<「バス行きの東京」ではありません>

ofも前置詞なので、働きは全く同じです。例えば、次のようです。
(3)a leg of the desk(机の脚)<「足の机」ではありません>
(4)people of Tokyo(東京の人々)<「人々の東京」ではありません>

したがって、lots of peopleは、文字どおりには「人々・の・たくさんたち」、「人々・でできた・たくさんたち」という意味です。

したがって、主語はlotsです。
thereは文の形を整えるために置かれた言葉で、意味は持っていません。主語でもありません。

>辞書では、a lot of は 沢山の と訳しているので、全体が形容詞的働きをして、そのあとの people を修飾しているようにも思えます。

a lot of people では、of peopleがa lot を修飾しています。
理由はlots of peopleの場合と全く同じです。

a lot ofで「人々・の・1つの・たくさん」、「人々・でできた・1つの・たくさん」という意味です。

日本語では「たくさんの人々」という語順になることと英語での語順とは、何の関係もありません。日本語と英語は、それぞれ全く別の(つまり、それぞれそれ独自の)ルールに従って語順を決めます。

>There is a lot of people.となるということでしょうか。
>There are a lot of people.とはならないのでしょうか。

There are a lot of people.です。

aが付いていますが、その意味するところは「人々」であるため複数なので、動詞は複数(are)になります。

もしofの直後の名詞が不可算名詞であれば、その意味するところは不可算名詞であるため単数なので、動詞は単数になります。例えば、次のようです。
(5)There is a lot of water.(たくさんの水があります。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

yoohoo_7さま
お礼を忘れていました。有り難うございます。

お礼日時:2010/05/13 11:23

wakakusa01さん、ご自身で書かれていますが、私も、“a lot of/lots of”が形容詞的な働きをしていると思います。


主語が“people”であるので、“a lot of”の場合でも、動詞は“are”になるべきです。

因みに、“there”は仮主語(?)ではないですか?
“There is/are”で始まる文は、第一文型ですよ。。。^^;
    • good
    • 0

"There are lots of people." の "there" ですが、これは "are" にともなって文を導く「虚辞」です。

通常、「どこそこに」という副詞を文の終わりにつけなければいけません。ということで主語は"people"です。

"There is a lot of people." か "There are a lot of people." かについては "a lot of"は "a" がついていますが、「たくさんの」という意味ですから "There are a lot of people."が正しいということになります。

参考URL:http://linguamark.com
    • good
    • 0

同じような回答で申し訳ないのですが、若干の補足を



○主語:There
ですが、意味上の主語はlots of peopleですね。(意味上の)主語は一語だけとは限らないので、みなさんがご指摘のようにlots ofがpeopleにかかって、一つのかたまりを作っています。
「たくさんの人々がいます」というときの主語は「たくさんの人々」であって「たくさん」でも「人々」でもないです。

○a lot ofはたしかに細かく語ごとに見れば、名詞+前置詞ですが、これは「a lot of」ひとつで形容詞ととると理解しやすいです。
No.2さんがおっしゃるように、There are a lot of people.が正解で、There is a lot of peopleは誤りです。というのもこの場合の動詞が支えているC=補語はpeopleであり、a lotではないからです。
    • good
    • 0

主語は There です。


are が複数であるのは people という複数の人数を予定しているからです(people は複数扱い)。
lots of, a lot of はどちらでも構いません(lots は口語的なだけ)(a lot of (lots of) money/food/wine のようにも用いますので、数えられる[many]、数えられない[much]両方の意味で用います)。

There is a lot of people. は間違いで There are a lot of people. が正解です。
    • good
    • 0

この文の形はSVCであろうと思います


よって主語はThereとなるのではないでしょうか
be動詞の目的語は名詞形となりますのでlots of peopleで名刺句を形成しています
よってご指摘通りlots ofはpeopleを修飾する形容詞句でしょう

ではa lot of peopleが成り立つかということですがどちらも文法的には正解だと思います。意味合いも違わないと感じます
しかし冠詞aが付いている以上There are a....とはならないでしょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qa lot of peopleとmany people

「たくさんの人々」という言葉を(肯定文だったのですが)、英訳でmany peopleと書いたらa lot of peopleに直されました。many peopleは間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんの紹介したURLにある通りですが、少し補足しましょう。例えば 全員で1000万人いるとして、その中の10万人なら a lot of peopleを使えますが、many peopleは使えません。many peopleを使ったら 最低でも600万人位は いることになります。

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qmany peopleかa lot of peopleか

many peopleかa lot of peopleか
下記の英作文の問題ですが、「a lot of」ではなく「many」を使った場合、間違いになるのでしょうか?

日本文:先週の日曜日、公園には人がいっぱいいました。

英作文:There are a lot of people in the park last Sunday.

過去に同じ質問を見つけましたが、いまいちすっきりと理解できませんでした。どちらでも間違いではないけど、通例として使い分けるのならば、どのように使い分ければいいのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これはネイティブさんでも意見が割れるところですが、だいたい次のような規則(というか傾向)があるようです。

informalな場面(日常の家族・友人同士でのリラックスした会話)では、(特に肯定文において)a lot of が多用されます。
疑問文、否定文の場合はmanyも現れてくるようです。

formalな場面(論文・公式文書など、比較的固い書き言葉)ではmanyが好まれるようです。

(以上は、Practical English Usage(Michael Swan)等の記述から)

私の経験(米国)でもだいたいそんな感じでした。a lot ofは可算不可算双方に使えるんで肩がこらない感じがするのだそうです。

ご質問の文では(先週の日曜日、公園には人がいっぱいいました。)どう見てもinformalですから a lot of が自然だと思います。

Q「~しながら」ってどう言いますか?

タイトルの通りですが、「~しながら」という2つの動作をどのように表現すればいいですか?
例えば、「私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。」「今、私は歩きながら音楽を聴いている。」のように「~しながら~をしているという動作」

「~しながら・・・・」はどのように表すのでしょうか?and??じゃないですよね。(^^;)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while watching TV.
I was eating dinner yesterday as I was watching TV.

>今、私は歩きながら音楽を聴いている
I'm listening to music now while walking
I'm listening to music as I walk/am walking.

と言うような表現ですね。

また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。

I was eating dinner and wataching TV at the same time.
I am walking and listening to music at the same time.

直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。

ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。

ですから、この焦点をはっきり出すために、

I'm listening to music at the same time (I'm) walking.
I'm walking at the same time (I'm) listening to music.

と表現できるわけです。

asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while wat...続きを読む

QThere is と There areの使い分け

会話でもよく使われるThere is と There are の文ですが、普通は単数か複数かでbe動詞is/areを使い分けると思います。
では、これらの後にno~ やnothing/somethingがきたら、be動詞の使い分けはどうなるんでしょうか?
下記はテキストに載っていたいくつかの例題です。
単純な質問で申し訳ないですが、わかりやすい解説をよろしくお願いします♪

There're no peanuts in this dessert.
There's something wrong with it.
There's nothing like a cold beer.
There's no place like home.

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問:
<これらの後にno~ やnothing/somethingがきたら、be動詞の使い分けはどうなるんでしょうか?>

1.no~の場合:

(1)noは形容詞として後続の名詞を修飾します。

(2)その名詞が可算名詞で複数形ならば、
There are no peanauts~
「全然ピーナツがない」
のようにareで表し、名詞には複数のsがつきます。

(3)その名詞が不可算名詞ならば、
There is no water in the bottle.
「全然水がない」
のように、動詞は単数扱いのisとなり、名詞には複数のsは不要です。

(4)このnoがsomeやanyになっても同様のルールが当てはまります。
There are some peanauts~
There is some water in the bottle.
「少しある」

There aren’t any peanauts~
There isn’t any water in the bottle.
「全然ない」


2.nothing/somethingの場合:

1.nothing/something(anythingも)は、「なにか」「なにも」という、単数の代名詞になります。単数扱いなので、これらの語に複数のsはつきません。
例:
somethings(X)

2.従って、これらの語が可算名詞に言及する場合でも、は全て単数扱いになります。
例:
There is something to read.
「何か読むものがある」
たとえ、本のような可算名詞を想像させても、somethingは単数扱いになるのです。

There are some books to read.
Someは形容詞なので、上記1でご説明の通り、bookが可算名詞なので複数扱いになるのです。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問:
<これらの後にno~ やnothing/somethingがきたら、be動詞の使い分けはどうなるんでしょうか?>

1.no~の場合:

(1)noは形容詞として後続の名詞を修飾します。

(2)その名詞が可算名詞で複数形ならば、
There are no peanauts~
「全然ピーナツがない」
のようにareで表し、名詞には複数のsがつきます。

(3)その名詞が不可算名詞ならば、
There is no water in the bottle.
「全然水がない」
のように、動詞は単数扱いのisとなり、名詞には複数のsは不要...続きを読む

Qlookとtake a lookのニュアンスの違いを教えてくださいm(・0・)m

『見る』を辞書で調べると、look.take a look. have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると
よく言われます。

take a look, have a look とすると、名詞 look の前に
色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。

take a look なら「ちょっと見てみる」、
take a long look なら「じっくりと見る」

動詞を修飾するのに、いっぱい副詞をつけるのは
わかりにくく、表現しづらいのです。

Qサイトで見た!はwatchですか?seeですか?

海外のメル友に伝えたい英文が作れずに困ってます。

「インターネットのサイト上で、トルコのAを見ましたが
とてもキレイですね。」

これを英語にしたいのですが、(Aには宮殿の名前が入ります。)
インターネットのサイトを見る! の見るは see を使うのかwatch を使うのか解りません。
また、この場合、私はもうすでにサイトでその宮殿を見た!
訳ですから、過去形になるのでしょうか?それとも現在完了形になるのでしょうか?
英語が苦手で、こんな基本的質問申し訳ありませんが、どなたか教えて下さい。お願い致します!

Aベストアンサー

インターネットのサイト上で、トルコのAを見ましたがとてもキレイですね
A, the turkish palace, which i saw on the internet/web site the other day, was very beautiful

ってな感じでいかがですか?
なぜかと言われると困るのですが、このようなケースではlook atとはあまり言わないと思います。
何か目撃したっていうか、そっちに目線をやったみたいな感じなので。
watchは、映画なんかでは使えます。
動きのあるものを見るって感じですかね。
gaze atはlook atと大体同じと考えていいです。

Qハンバーガーはハンバーガー。ではハンバーグは?

ハンバーグはドイツの都市の名前だと言われました。
では日本で言うハンバーグは英語で何というでしょうか?
hamburg steak でしょうか。

Aベストアンサー

Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。

ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません

普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。ただ微妙に違いますが。

日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。

Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。ですのでこれが一番近いかと思います。

Qmeetとmeet withの違いは何ですか?

「I just got back from PPP to meet with MMM.」について質問があります。
「meet」は会うだけではなく、会って知り合うとか、
会って何かをするなど、「会う」以上の意味がありますよね?
ここまではいいでしょうか?
では、「meet with」はどういう意味でしょうか?
「with」があるので、他の誰でもないMMMさんと約束して会うということで、
会う人に重きを置いているのでしょうか?
それとも「meet with」で何か他の意味があるのでしょうか?
どなたか違いを教えてください。

Aベストアンサー

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。 (ごめんなさい、これが有るのに気がつきませんでした。)

>> meetには「~さんと会って知り会いになる」というフィーリングがあると前に書きましたね。
>はい、覚えています。ただ会うのではなく、何かする、会って知り合いになるとおっしゃっていたような気がします。しかし、「会って知り合いになる」という意味にもかかわらず、

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=778493 ですね。

こう考えてはどうですか。 meetingミーティングですね。 なぜこの単語が生まれたのでしょうか。 会って何かをする、何かを達成するために会う、と言うフィーリングから来ているのですね。

しかし、「誰と」会って何かをする、と言う「誰か」のフィーリングが出ていませんね。 ですから、We will have a meeting with Mr. Johnson and his wife Jackie.と言う事になりますね。

では、I would like to have a better understanding.と言う表現をしたら、haveを取った表現にどう変えますか? もちろん、I would like to understand better.と言う事ですね。

この「変換」フィーリングがここでも起きてくるヒントになるわけです。 I would like to have a meeting with Mr. Johnson.をI would like to meet with Mr. Johnson.と言う表現にも変えられなくはないのです。 withの持つフィーリングを出したいわけです。

「変換」フィーリングと言う表現を私は使いましたね。 変換できるんじゃないか、と言うフィーリングです。 これを日本では良くやっている事なんです。 意味合いはちょっと変わってくるけど、能動態と受動態の交互変換がそうですね。 「変換できるな」と感じるフィーリングです。

ですから、meet withはよくビジネスで、特に営業マンはこの表現を良く使う事にもなるわけです。

>> I met him と言う表現をするときに、これが最初なの?それとも前にもあったの? 偶然に会ったの?などのフィーリングが伝わらない事も出てきてしまいます。

>ここがよくわからないのです。色々受け取れてしまう、というところです。会って知り合いになる→つまり初めて会う、ということなので、どうして色々受け取れてしまうのでしょうか?

なぜなら、この三つのフィーリングを表すには他の単語の助けが必要になる、と言う事だからなんです。

私は、短い表現ほどいろいろなフィーリングを持ってしまう、とよく言うときがありますね。

これが最初なの? I met him for the first time.
それとも前にもあったの? I met him for the second time this year.
偶然に会ったの? I did not know he was there but I had a chance to meet him. So I can say that I met him.

と言う具合ですね。

I met himだけでは、会った、と言うフィーリングとしか取られない事もある、つまり、詳細は知る必要がないとして突っ込まないのが普通、と言う事なのです。

ですから、
A: Hey look! Look at the beautiful girl over there!
B: Oh. Her name is Jackie.
A: What? You know her?
B: I've met her.
A: Wow! How much do you know her? (突っ込みですね)
B1: Well, I met her at the orientation this morning. That's why I know her name, that's it. Well, at least I know her name!! <g>
B2: Yeah, I met her at the last party! We really had a great time together,,,,,,well until her boyfriend showed up. <g>
B3: Well, I just met her a few minutes ago when I went to bathroom. No, not in the bathroom, just bumped into each other in front of it! <g> Well? I met her didn't I?

と言う感じになるわけです。

日本語は難しいですよ。 昔は汚い字なので手書きが出来ませんでしたが、今では、もうほとんどの漢字は書けません。この「汚い」と言う字もかけないんじゃないかな。 漢字の漢は書けません。 ワープロが出来ていたら、ここに来たときにどんどんラブレターも返事もかけたのになぁ、、、、、

ではまたの機会に。

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。 (ごめんなさい、これが有るのに気がつきませんでした。)

>> meetには「~さんと会って知り会いになる」というフィーリングがあると前に書きましたね。
>はい、覚えています。ただ会うのではなく、何かする、会って知り合いになるとおっしゃっていたような気がします。しかし、「会って知り合いになる」という意味にもかかわらず、

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=778493 ですね。

こう考えてはどうですか。 meetingミーティングですね。 なぜこの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報