中小企業の働き方改革をサポート>>

昨日、友達が余命1年と診断されました。

卵巣ガンで、すでに1つは取ってしまっているのですが、延命するには抗がん剤の治療が必要との事。

しかし、彼女の家は母子家庭で生活事態も苦しく、医療保険などにも加入していない状態です。
もちろん、高額な治療費なども用意できず
本人は働きながら治療しようとしています。

昨年、私の義姉が同じ卵巣ガンで抗がん剤治療を6回受けています。
その様子を考えても、働きながら治療というのは相当過酷なのではないかと感じています。

治療自体は高額医療としてなんとかできるかも知れないとの事ですが、
入院費はそうもいかず、1回の入院で10万円と言われたそうです。(平均3回~6回の治療)

ほとんど彼女の稼ぎで生活を保っていたので、
収入がなくなる+出費が大きい
状態になってしまいます。

もし何かの形で、治療費の負担を少なくする方法があれば
教えていただけると非常に助かります。

どうかどうかよろしくお願いいたします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

余命6ヶ月ならば(診断書が必要になると思うので度々主治医に確認するしかないだろうけど)障害年金などが対象になるようです。


※私は余命を言われていないのですが、話を聞いたらそういわれました

入院が発生しない抗がん剤治療は無理でしょうか…
薬を選べば可能なのではないでしょうか…
最初の1回に限っては必要かもしれませんが…

入院の際に限度額適用認定証を提示すれば(健康保険で発行してくれる)
高額療養費の限度額以上の請求はされません(実費分は請求される)
”3ヵ月後にもどってくる”のを最初にやってしまうわけです
http://futures.sakura.ne.jp/hoken/newpage372.html

あと 委任払いというのがあるそうです
限度額以上の支払いが発生したときに(通院で限度額適用認定証が使えない場合など)手続きされていれば、限度額適用認定証と同じことになるらしいです
http://www2.ocn.ne.jp/~fannie/iryou.html
(ただし 住んでいる市町村と提携している病院でしか使えないらしい)


抗がん剤の効果や名前までは出せませんけど…
私は乳がんですけど… ホルモン治療薬+抗がん剤(2週飲んで1週休み)+ビタミン剤等で3週分が ¥22000くらいです

点滴の抗がん剤の時には毎週¥20000かかってました…
母子家庭じゃなくても大変でした…

あ、でも 母子家庭だと
元の旦那さんが亡くなっているのなら 遺族年金やら保険もそっち方面で
補助があると・・ 母子家庭のガン友が言っていたけども…
ヘタに働くより なんとか認定が可能なものは認定してもらうと
医療費の上限は¥20000とか…になるかもしれませんよ?
(無責任でゴメン…自分は該当しないので記憶だけです)

病院にケアマネージャーとかいませんかね? 相談するとなにか良い話が出てくると思いますよ…
あるいは市町村の保険・福祉関係の担当者に…
(親切な町もあれば
なるべく認めない方法を探す嫌な町もあるのでなんともいえないけど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

資料を集めて本人に渡すことができました。

おそらくどれかにはあてはまると思います。。

お礼日時:2009/08/03 07:18

#2です



回答を書いた後 母子家庭の母なのか子なのかどっちだろう?って思ったんですよね…
重要ですからねぇ

もし 子の方であれば(未成年じゃないので) 世帯分離というのをして
所得が少ないことになれば
なんとか補助に該当するかもしれません
それと母の方も別の補助が該当して今より楽になる可能性もありますよ

母のほうであれば問題なく 母子医療助成制度の対象だと思います

この回答への補足

こんにちは^^

友達は母子家庭の子で26歳です。

世帯分離には気がつきませんでした。

本人にも伝えてみますね!!

いつもあたたかいお言葉で気にかけていただいてありがとうございます。

補足日時:2009/08/03 07:29
    • good
    • 0

その友達は、母子家庭の母でしょうか、子でしょうか?


また、子は何歳でしょうか?

別の回答者の母子医療助成制度が使えるか、どうかは、
その辺りが問題となります。

また、その友達は働いているようですから、傷病手当を
受給して療養することも可能でしょう。

この回答への補足

友達は母子家庭の子で26歳、社会人ですが

職種の関係で傷病手当はおりないんですよ。。。

ありがとうございます。

補足日時:2009/08/03 07:26
    • good
    • 0

母子家庭なら、「母子家庭医療費助成」「ひとり親医療費助成」といった制度があります。


それに該当すれば医療費(保険診療分)がタダもしくはタダ同然ですみます。
ただし、これは市町村の制度ですのでそれに該当する基準(所得制限)や内容は何ともいえませんが…。
一度、役所のこども福祉の担当部署で相談されたらいいと思います。

また、それに該当しなかったとしても、「高額療養費」の制度があります。
「限度額適用認定証」を使えば最初から限度額以上は払わなくてすみます。

>治療自体は高額医療として…入院費はそうもいかず、1回の入院で10万円と言われたそうです。(平均3回~6回の治療)
入院費も治療費も同じですが…・
10万円は、部屋料(差額ベッド代)でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

10万円は部屋料だと思って話を聞いていますが、
なにしろ本人から『こう言われた」という情報ですので。。。

医療制度について調べてみますね!!

ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/03 07:25

過去2年間、払った医療費の額によっては、月額4万数千円以上は高額医療費として窓口負担の必要はありません。


また、一定の収入以下の場合は、窓口負担はさらに低額になります。
それらの支払いの困難な場合は、申請すれば貸し付けも利用できますし、かなりの額が免除になるケースもあります。

全て申請が必要です。社会保険事務所または役場の保険係等に問い合わせをして申請されてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

調べて、本人に伝えることができました。

お礼日時:2009/08/03 07:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母子家庭 入院 手術・・・。 

【ひとり親家庭医療】の医療証あります。
子供じゃなく私自身が(子宮ガン)入院・手術をした場合の病院への支払いは健康保健証の3割負担になりますか?

もし抗がん剤・放射線治療を定期的にするとなれば、高額な医療費になると思いますが、月額75000円?以上は高額医療費補償で返ってくるのは少しわかりましたが、返ってくるまでの支払うお金がありません。
その様な場合に使える手段は何かありますか?

生命保険の加入はしていません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 お住まいの市町村によって助成金額が多少違いますので確認をされたほうがいいと思います。

 ちなみに大阪府の助成金額は一ヶ月通院一回につき500円を二回まで自己負担。入院は一日500円を二日分自己負担。それ以外は助成されますので長期入院しても手術をしても1000円と差額ベッド代と食事代しかかかりません。

 お住まいの場所によっては健康保険の自己負担分(3割負担分)の全額を助成してくれるところもあります。

 私は去年入院して手術をうけましたがこの制度のおかげでわずかな負担だけでした。

 ただ保険対象の医療費の助成ですので、保険適応外の薬を使用する場合はお医者様にきちんと相談されてから受けられたほうがいいと思います。
 食事代や差額ベッド代は保険対象外ですのでこちらは自己負担することになります。まあ食事代は1日につき800円くらいですが・・・

 それより入院中お子様のお世話をなさる方はいらっしゃいますか?生活面でいろいろ大変でしょうがお体大切になさってください。

Q母子家庭の入院費について

私は母子家庭です。離婚して10年間、子供と二人で頑張って生きてきました。
30代なかばになり、疲れがとれず体がだるい日が続き、更年期障害と思い受診しました。
いろいろな検査の結果、「甲状腺乳頭癌」と診断されました。
診察代は今のところ無料なのですが、手術と入院をしないといけないのですが、貯金もほとんどないし、医療保険も離婚してからは支払えず解約してしまいました。
入院費が払えないので、入院を待ってもらってる状態です。
先日友人から、母子家庭だから入院費や手術代は免除されるのではないかと…

神奈川県の伊勢原市に住んでます。
詳しい方、専門の方お願いします。

Aベストアンサー

たぶんなのですが、その伊勢原市にそういう制度があるかどうかは定かですが。

必ず母子家庭専用の医療費給付制度みたいな医療費補助みたいな窓口が必ずあると思います。

今は、病気を早く治す事が先決ですから先ず、市役所に言って相談してください。

又、生活費保護を申請してはいかがでしょうか、現にお子さんと一緒の生活で生活もそう楽ではないと

思いますが、いかがでしょうか。

市役所に速く行って相談してください。

又、病院にはソーシャルワーカーというのが必ずいます、その人に相談すれば解決すると思います。

とにかく、あなたのためにもお子さんのためにもその方法が一番良いです。

生活保護は生活も守れますし家賃や医療もすべて免除になります。

手術を速くして体を治し普通の生活に戻ってください。

それに、甲状腺乳頭癌は最近の出来事ですか。

これは一概には言えませんが、すべて原発のせいだと私は思います。

とにかく、市役所に行って相談をしてください。絶対病気には負けないで頑張ってください。

Qガン告知後に入れる保険を教えてください。

義父が胃ガンと告知されました。手術を控えています。生命保険にはなにも入っていなかったらしく今になって、焦っています。
小さな保険でもいいので入れる保険を教えてくださいませんか??お願いいたします。

Aベストアンサー

アリコジャパンの『はいれます』と言う保険があります。
どなたでも加入できるのですが、ただ一つだけ条件があり
加入年齢が50歳から80歳までです。
ただし、この保険は死亡保障のみで入院保障はありません。
ただ、ガンの告知を受けられているとなると入院の加入は
できないですけど。

参考URL:http://www.alicojapan.com/servlet/Plan?BannerCode=00000001&ReqPage=CNT6

Q乳がんのしこりの大きさと悪性度に関係がありますか?

54歳になる母が乳がんになりました。
初診(画像・触診・穿刺)ではステージ2だという話でした。
しこりの大きさは約2.5センチで自覚症状は乳首のへこみとしこりです。
しかし、今日主治医に詳しい話を聞いたところ、しこりの大きさは約3.8センチでその横にもう一つ1.5センチのしこりがあり、その2つがエコー画像で見る限りつながっているので、ステージ3だといわれました。
CTなどのくわしい画像検査はまだ結果がでていないのに、どうして初診とこんなに所見が変わってしまうのでしょうか?
しこりが大きいということは、深刻度も数倍になると思うのですが、大きさと悪性度の関係について教えてください。
あとリンパ節への転移ですが、最初は感じられないと言われたのに、今日は少し脇のリンパに触れるので転移の可能性が大きいといわれました。転移していたら、全身に遠隔転移している可能性が大だと思うのですが・・・
もうどうしてよいのかわからないです。
誰か助けてください。

Aベストアンサー

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するというのは、乳腺に腫瘍ができやすいのかもしれませんが、乳腺の腫瘍ができやすいからといって、別の部位に癌ができやすい、あるいは転移を起こしやすいということはありません。乳癌とほかの癌は、とりあえず別のものと考えていいでしょう。もう一方の側で再発しても、やはり手術によって完治します。実際、乳癌を多く手術している病院では、両側乳房摘出などはめずらしいことではなく、経過も良好な人が多いです。また、腋の下のリンパ節に転移しているからといって、全身に転移しているかはわかりません。一般に、腋の下にはリンパ節が20個近くあります。そのリンパ節を一つ一つ輪切りにして顕微鏡で見て、転移しているリンパ節の数で全身転移を予想します。一概にはいえませんが、転移しているリンパ節10個以下の転移なら、全身転移の可能性は少ないと思います。もちろん、ゼロとは言い切れませんが。全身への転移というのは、もしあったとしてもわからないことが多く、あとになってからわかる、というのが現状です。もし将来全身への遠隔転移があった場合、もうすでに小さな癌の赤ちゃんともいうべきものが転移巣では存在しています。(現在の医学では、それを見つけることはできません)その将来を予想するものとして腋の下のリンパ節を切り取って調べるのです。

乳癌の場合、生命に危険が及ぶ場合はどういう時かといいますと、stage4、つまり全身に転移している場合です。この場合どうするかというと、まず癌細胞に女性ホルモンレセプターというものがあるかどうかを調べます。女性ホルモンレセプターというものが存在すれば、ホルモン療法という効果が高く副作用の少ない治療法が選択できます。また、そのほかに、タキソテール、CEFなどという薬を使った治療法があり、これも副作用があるものの治療成績はよいです。

というように、乳癌は、簡単にいって8割もの人が治っている病気です。手術ができれば多くの人が助かっています。確かに、乳房全摘は女性にとってデリケートで深刻な問題です。私のように文章が拙いものでは「乳房を切れ切れ」と書いていて、少し無神経ではないかとお感じになるかと思うのですが、いいたいことは
・悪性度は生命予後に直結しないということ
・乳腺に腫瘍ができやすいだけであって、ほかの部位にできやすいとは限らないということ
・従って乳腺さえとってしまえば再発は起こらないということ
・反対側に腫瘍ができる可能性はあっても手術の回数は増えますが同じように治すことができるということ
・手術ができるということは予後のよい部類であること
(手術によって治すことができる!)
・手術ができなくても、全身に転移していても、打つ手はまだあるということ
・実際に手術をしてリンパ節をとるまでは全身への遠隔転移について確実なことは言い切れないこと

以上です。悪性度と転移について、わかっていただけたでしょうか?不安を和らげる内容とは言い難いかもしれませんが、知識、理性が支えになってくれることをお祈りいたします。

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するという...続きを読む

Q卵巣癌は治らないんですか?

母は48歳で、卵巣癌です。
卵巣を全部摘出し、抗ガン剤治療をしていますが、横隔膜に転移しているらしいです。手術は不可能なので抗ガン剤治療を続けます。
どうにかお婆ちゃんまで生きて欲しい。孫の顔を見せてあげたい。
でも卵巣癌は死亡率100パーセントと本に書いてあり、生存率は5年?くらいと聞いたことがあります。
完全には治ることはないのでしょうか?
何年生きられるんでしょうか?

Aベストアンサー

母が卵巣癌になった者です。
病状が良い方向に向えば良いのですが逆の場合もありえます。卵巣癌は一般的に進行は早いと思います。ですから先手先手(悪化したらこうする・・とか)と考えて知識を入れていきましょう。
私は素人ですので手元にある本の一部記載します。「がん」の医学百科(向山雄人監修:主婦と生活社)の化学療法の頁です。一般に卵巣癌は抗癌剤がよく効くがんといえます。最近は新しい抗癌剤が開発され治療効果が向上しています。抗癌剤の使用により卵巣癌の40%以上でがん細胞の完全消失が認められています。しかし全身再発を起こした場合は抗癌薬で延命効果はみられても完治することはまれです。また、組織型によってはあまり効かないものもあります。と書かれています。
たしかこの組織型は4種類(?)だったか、あったと思います。その組織型によって抗癌剤が効きにくい場合はこうしようとか考えていくようにすべきと思います。組織型の名称は一部の本に載っています。この組織型の例によらず先手を考えていくとよいと思います。
大手本屋数軒に行きましょう。がんを治す療法事典(帯津良一:法研)、安保徹×石原結實 体を温め免疫力を高めれば、病気は治る(別冊宝島)等いろいろあります。効けば薬、効かなければ水といわれる丸山ワクチンやハスミワクチン等情報もあります。お母様の為に知識を。頑張って下さい。

母が卵巣癌になった者です。
病状が良い方向に向えば良いのですが逆の場合もありえます。卵巣癌は一般的に進行は早いと思います。ですから先手先手(悪化したらこうする・・とか)と考えて知識を入れていきましょう。
私は素人ですので手元にある本の一部記載します。「がん」の医学百科(向山雄人監修:主婦と生活社)の化学療法の頁です。一般に卵巣癌は抗癌剤がよく効くがんといえます。最近は新しい抗癌剤が開発され治療効果が向上しています。抗癌剤の使用により卵巣癌の40%以上でがん細胞の完全消失が認められ...続きを読む

Q手術後、抗がん剤治療をする場合、術後すぐ行うべきなのですか。しばらく間

手術後、抗がん剤治療をする場合、術後すぐ行うべきなのですか。しばらく間隔を空けるとよくないのでしょうか。

Aベストアンサー

術後に抗がん剤治療をする目的は、残っているであろう癌細胞を抗がん剤によって死滅させることです。

術後は、その癌細胞の数が最も少なくなっていると考えられるので、効果も高いと思われます。

ただし、手術によってかなり体力を消耗しているところへ、さらに抗がん剤によるダメージが追い打ちをかけることになります。

ですから、手術後にある程度体力が回復した時期、と言うのが抗がん剤治療を始める最も良い時期だと考えられます。

癌の種類によっても違いはありますが、一般的には手術後4週間程度が多いのではないかと思います。

Q卵巣癌、ステージ1 抗がん剤はやるべきですか?

家族の事で皆様のご意見などお聞かせ頂ければ幸いです。
60代女性 病名は卵巣癌です。
先日、卵巣腫瘍の摘出手術を行ないました。
私は(娘)術後の検査結果に立会いました。その時のことなのですが、
(専門用語に詳しくなく、伝わりにくかったらゴメンナサイ--:)
手術中に腫瘍の検査をした所(癌)と見て リンパ節切除、その周りの転移しそうな部分は全て切除しました。
後日、検査結果は卵巣癌でした。ですが、その他には転移は見られませんとの事です。
主治医の先生は『ステージ1の癌。転移はしていませんが、腫瘍を摘出する際に出た、いわゆるがん細胞(液体)はこぼれた状態です。そのこぼれた液体は癌細胞になる為、今後は抗がん剤で治療しましょう』との事でした。
こぼれた液体が癌細胞・・・・それって 体中に広まる可能は無いのですか?また、それ位で、抗がん剤の治療は必要ないのでは・・・?
とも思います。 
先生に尋ねると『このまま再発しない可能性もありますが、目に見える細胞でも調べられる細胞でもない為安全の為、抗がん剤はしておくべき』との事でした。
素人の私からすると、賭けみたいな感じに取られました。
いるか、いなかい分からない細胞によって 抗がん剤で髪の毛が無くなるなど考えると どうして良いのか分かりません。
母は、2年前からそれが分かっていて、心配かけまいと自分の胸にしまい込み、今になってしまいました。
その為、今では良くなりましたが 半年前までは1年半近く、うつ病になり 今でも通院しています。また、これで悩みの種が増えると、今後の母の身が心配です。専門の方や、ご遺族・知人でそんな状態の詳しいお話をご存知の方は、是非ご意見などお聞かせ頂ければ幸いです。

家族の事で皆様のご意見などお聞かせ頂ければ幸いです。
60代女性 病名は卵巣癌です。
先日、卵巣腫瘍の摘出手術を行ないました。
私は(娘)術後の検査結果に立会いました。その時のことなのですが、
(専門用語に詳しくなく、伝わりにくかったらゴメンナサイ--:)
手術中に腫瘍の検査をした所(癌)と見て リンパ節切除、その周りの転移しそうな部分は全て切除しました。
後日、検査結果は卵巣癌でした。ですが、その他には転移は見られませんとの事です。
主治医の先生は『ステージ1の癌。転移はし...続きを読む

Aベストアンサー

抗がん剤について恐ろしい副作用というイメージを持たれているようですが、もちろん使い方によります。抗がん剤をメインにした治療の場合は、大量を連用投与することになりその分副作用も強くでますが、今回の場合はあくまでメインの手術治療を補う形での投与です。脱毛や強い骨髄抑制もなく、副作用は吐き気や下痢のみということも十分考えられます。髪の毛がなくなるというようなことを言われましたか?起こりうる副作用とその大まかな可能性については、直接そのドクターに説明してもらうのが一番でしょう。その責任もありますし。

>素人の私からすると、賭けみたいな感じに取られました。
>いるか、いなかい分からない細胞によって 抗がん剤で髪の毛が無くなるなど考えると どうして良いのか分かりません。

要するに考え方の問題ですよ。賭けという表現はふさわしくないと思います。言うならば「保険」です。
いるか、いないか分からないからこそ行う治療です。事故を起こす可能性があるから自動車保険に入るわけでしょう。「起こさない可能性だってあるから、入らない」なんていう人は少ないはずです。
基本的にどんな薬にだって副作用はあります。どんな手術にだって避けられない事故は起こりえます。じゃあなぜそういう治療をするかといえば、治療をしないことによる不利益のほうが大きいからです。
もちろんそれらを天秤に掛けてみて「どっちもどっち」というような状況もありえるでしょう。しかし今回はドクターがはっきりと『~べき』と明言しています。少なくとも抗がん剤治療を行わなかった場合のリスクのほうが、副作用などの不利益よりも明らかに大きいということでしょう。
>体中に広まる可能は無いのですか?また、それ位で、抗がん剤の治療は必要ないのでは・・・?
体の離れた場所に飛んでいる可能性があるということです。どこに飛んでるかは分かりようがありません。だからこそ抗がん剤のような全身に作用する薬が必要なのです。

抗がん剤について恐ろしい副作用というイメージを持たれているようですが、もちろん使い方によります。抗がん剤をメインにした治療の場合は、大量を連用投与することになりその分副作用も強くでますが、今回の場合はあくまでメインの手術治療を補う形での投与です。脱毛や強い骨髄抑制もなく、副作用は吐き気や下痢のみということも十分考えられます。髪の毛がなくなるというようなことを言われましたか?起こりうる副作用とその大まかな可能性については、直接そのドクターに説明してもらうのが一番でしょう。そ...続きを読む

Q乳がんで、ステージ4。 何でもいいので情報ください

45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

Aベストアンサー

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になって...続きを読む

Q「ガン患者、これだけはしてはいけない!」■ガンに詳しい人希望■

「ガン患者、これだけはしてはいけない!」

事はなんでしょうか。
タバコは絶対に駄目なのは承知していますが、
他の事になると色々あってわからなくなってきます。

温泉は行っても構わないのですか?

あと、食事に関しては
牛乳を飲んだり、少量のアルコール、市販のソーセージ、パン、チーズ、豚の角煮、煮魚
を食べても大丈夫なんでしょうか。

Aベストアンサー

主人が大腸がんで亡くなりました。
サプリを飲んでおられるようですが、治療中は、また、治療後も体調が完全に回復するまでやめたほうが良いです。
基本的にサプリメントのように特定の物質を異常に濃縮したものは肝臓に負担がかかります。
抗がん剤を使っているときは猛烈に肝臓に負担がかかりますから、さらに足を引くような真似は大変危険です。
基本的にサプリメントとは飲むならば健康なときに飲むもので体調の完全でないときに飲むものではありません。
表ざたにはなかなかなりませんが、サプリメントによる事故は相当あります。詳しく書けませんが関係する仕事をしています。
飲んでいることを医者には隠しがちですが、これ、ものすごく危険なことなので、必ず医者と相談してください。
いまさらながらの発癌物質の摂取をご心配のようですが、癌というものは10年単位で進行するものなので、今そんなこと気にしていても始まりませんし、添加物などの発癌力はそれほど強くありませんので、今考えなくて良いと思います。
基本的に、きちんと食事をすること。
あと、癌になるとあちこちから「これはいい」というものを薦められると思いますが、安易に飛びつかないで。
わらにもすがりつきたい気分のときは、期待もあるので、飲むと一時はいいような気がするものです(プラセボ効果というやつね)でも、データを見てると飲んでもやめても変わらないし、何よりも一時は良かったと思うと止められなくなるんです。
大体薦めてくる人は最初の一瓶しか持ってこないでしょ。後を買うのは自分ですからね。
健康食品は異常に高いです。
また、高いほど効くような気がするものらしいです。ただでも医療費のかかるときに、健康保険も利かず、効果もよく分からないようなものに多額のお金を費やすのはどうかと思います。
主人のときも雨あられとその類のものや話が来まして、片っ端から断っていたのですが、やっぱり私や医者に隠して内緒で飲んでいまして…
わがままな人でしたから、「これ飲んでるから飯は食べなかった」なんて、サプリには糖分やカフェインみたいに一寸さっぱりするものが結構入っているので三種類も飲むと食欲なくなってしまうんです。本末転倒ですよね。
主人の時には飲みすぎて心筋梗塞に似た状態まで副作用が出まして(危険情報の論文が出ていました)、大喧嘩の末止めさせたのですが、見舞いに来た客に「うちは貧乏だから健康食品も飲ませてもらえない」と愚痴ったそうで… とても悲しかったです。
健康食品は他人に薦めてはいけないと思います。
独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに健康食品の情報サイトがあります。参考にしてください。
癌に効くといわれているもので、明確な根拠の証明されているものは今のところないはずです。

主人が大腸がんで亡くなりました。
サプリを飲んでおられるようですが、治療中は、また、治療後も体調が完全に回復するまでやめたほうが良いです。
基本的にサプリメントのように特定の物質を異常に濃縮したものは肝臓に負担がかかります。
抗がん剤を使っているときは猛烈に肝臓に負担がかかりますから、さらに足を引くような真似は大変危険です。
基本的にサプリメントとは飲むならば健康なときに飲むもので体調の完全でないときに飲むものではありません。
表ざたにはなかなかなりませんが、サプリメント...続きを読む

Q病院での検査結果の説明に家族を呼ばれたのですが・・

26歳女性です。

先週、健康診断で鎖骨と首の間に腫れが見つかったので大きな病院で、触診、エコーをしてもらったところ、甲状腺に腫瘍がありました。石灰化してるようで、細胞診、採血をされ、翌日、MRIも受けました。
検査結果を来週聞きにいくのですが、家族を連れてくるように言われました。

家族を連れてくるってことは、かなり悪いから説明に家族もいるのでしょうか??
何にも無ければ一人でもよかったのでしょうか?

先生にどういう見かたをされたかは分かりませんが、うちの場合、患者本人の私より家族の方がパニックになって、癌にでもなろうものなら大騒ぎです。騒がれると私も困るのでできたら一人で聞きたいです。
悪いのであれば、なおさら一人で聞いて、自分なりに整理をつけてから話したいのですが・・・。

Aベストアンサー

最善の治療が手術である場合、家族の同意が必要です。
入院時には、家族若しくは親交のある知人等の保証も必要になります。
複数の治療法がある場合には、家族を含めての病状説明と治療方針への合意が求められる場合もあります。
主治医は、家族のパニックを想定していないので、普通の対処を提案されていると思います。
どうしても家族の同伴が嫌であれば、一人でも構いません。医師からの提案は、あなた自身のパニックを家族がカバーしてくれるだろうとの、一般的な対処かと思います。
貴方とは反対のケースになりますが、自分の妹婿が大腸癌の診断を受け、妹だけが説明を受けました。婿殿本人は大変臆病で、癌なら手術を受けても再発するので、死んでも良いから手術は受けたくないと言い張っていました。
妹から相談を受けた私は、担当医にお願いして『癌化寸前の大腸ポリープで、直ちに手術が必要』の旨、本人を言いくるめて貰いなさいと、助言しました。説明と治療は私の提案通りに薦められ、手術も成功しました。
後々定期検査がありますが、幸い再発や転移もなく、『やっぱり癌ではなかった』と、嬉しげに私に報告してくれました。少し可笑しかったのですが、笑いをこらえて全快の喜びを伝えました。
貴方の場合、一人で検査結果を聴き、必要なら家族への説明の仕方を主治医と相談しましょう。
何はともあれ、悪性の病気でないことをお祈りしています。

最善の治療が手術である場合、家族の同意が必要です。
入院時には、家族若しくは親交のある知人等の保証も必要になります。
複数の治療法がある場合には、家族を含めての病状説明と治療方針への合意が求められる場合もあります。
主治医は、家族のパニックを想定していないので、普通の対処を提案されていると思います。
どうしても家族の同伴が嫌であれば、一人でも構いません。医師からの提案は、あなた自身のパニックを家族がカバーしてくれるだろうとの、一般的な対処かと思います。
貴方とは反対のケースにな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報