透析器の工場で働いています。の赤血球にどのくらいの圧力がかかると溶血するのか、ご存じの方教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ちょっと意味をとりかねる質問なので、変な答えかもしれません。



高い方では、スキンダイビングでは20m位潜る人もいるそうなので、かなりの圧力に耐えられるようです。

構造上、赤血球はリン脂質膜でヘモグロビンの濃厚溶液を包み込んだ比較的単純な構造で、中にもかなりの水が入っており、等方静水圧が加わる分にはかなりの圧力に耐えるものと思います。

赤血球浸透圧抵抗検査という検査で、希釈食塩水系列を用いるRibiere 法というのがあります。
これで正常な赤血球は0.4%程度の食塩水から溶血するので、0.4%食塩水の浸透圧が耐えられるおおよその最低圧力と言えるかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶血と赤血球

i157403hさん

溶血と赤血球
血液検査の前日に15キロ位ランニングをすると、溶血反応がでるのですか?なんかの雑誌で激しい運動をすると、赤血球が壊れ、溶血になると書いてありました。確かに走った次の日の血液検査で溶血1とかかれてました。先生に聞いたら、採血の時に少しだけ失敗しただけで気にしなくていいとい悪ましたが、なんか、全体的によくわかりません。赤血球が壊れるのは大丈夫なのでしょうか?血液検査前日は運動はしないほうがいいのでしょうか?このモヤモヤっとした感じにたいしてアドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

参考になればいいです。

反復的に足を動かすことにより、足裏では赤血球が圧力により溶血をひきおこします。
そもそも溶血とは
いろいろな要因により赤血球の膜が壊れ、酸素を運ぶ役割を失うことです。

よってマラソンなど長距離走では、溶血による貧血がしばしば起きます。

また採血の際にも、
たまに溶血は起きるみたいです。


私の考えですが、
血液検査は血液成分をしらべることであり、あまり赤血球は関係ないと思います。

Q透析膜に血液が接触したときの白血球と血小板の減少について

透析膜に血液が接触した初期に白血球と血小板が活性化して透析膜に付いてしまい数が減少するのは分かるんですけど、なぜすぐに元に戻るのでしょうか?急いでいます!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。
減った分が、血管壁、骨髄や脾臓などの滞留プールから補われるからではないでしょうか。

最初小量ダイアライザーに付着しても、ヘパリン化してあるので普通の凝固のように連鎖的にくっつきまくる事はなく、ある程度で飽和してしまうはずです。

Q溶血と核の関係

初めて質問します。
足りない部分もあるかもしれませんが、おねがいします。

溶血について質問です。
赤血球が溶血をするのに核の有無は関係あるのでしょうか?というのは、哺乳類の血液中には無核の赤血球以外にも有核細胞があるのに…、って思ったからです。
鳥類の赤血球は有核ですが、この場合はどうなるのでしょう。
溶血という現象が存在するのか…。

どうか教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。お呼びのようです。

白血球がお亡くなりになっててもよければ、血液算定(血算)で白血球を数える方法は、ずばり、赤血球を溶血除去する方法です。

顕微鏡で尿沈渣を見ると、溶血してパンクした赤血球(ゴーストセル)がある状態で水分を吸ってふやけた白血球を見る事もあるので、白血球の方が浸透圧などに対して抵抗性があるようです。

また生きていて欲しい場合は、人間では、白血球や血小板と赤血球を分離するには、普通は比重の違いを利用します。
遠心分離機で強いGをかける方法が、あまり厳密を要しない分離に使われます。
白血球の層(バッフィーコート)は赤血球の上にのっかります。
赤血球はヘモグロビンという大きいたんぱく質が濃縮されて詰まってるので重くなります。
赤芽球も沢山のヘモグロビンを含んでるので、赤血球層に入ります。

できるだけ正確に分離するには、赤血球と白血球等との中間の比重の液に入れて遠心分離をする方法や、白血球は物に付着する性質があるので、繊維や多くの隙間のあるフィルターみたいな物を通して分離すると、白血球はその物体に付着してモタモタするので、通過速度が遅くなる事を利用する方法、また、特定の抗原を付着させた物体を存在させると、その抗原に反応するリンパ球だけが寄り道するので、それを利用する方法などが実用化されています。

こんにちは。お呼びのようです。

白血球がお亡くなりになっててもよければ、血液算定(血算)で白血球を数える方法は、ずばり、赤血球を溶血除去する方法です。

顕微鏡で尿沈渣を見ると、溶血してパンクした赤血球(ゴーストセル)がある状態で水分を吸ってふやけた白血球を見る事もあるので、白血球の方が浸透圧などに対して抵抗性があるようです。

また生きていて欲しい場合は、人間では、白血球や血小板と赤血球を分離するには、普通は比重の違いを利用します。
遠心分離機で強いGをかける方法が、...続きを読む

Q巨大赤血球の原因

素人です。どうぞお教えくださいませ、
巨大赤血球の原因となるものは、B12と、葉酸の欠乏以外に どのようなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「巨大赤血球」よりも「大球性」と「貧血」のキーワードでググってはいかがでしょうか?

Q溶血とは?

この前病院で採血してもらったのですが、溶血していたので取り直しといわれました。溶血て何ですか。なんで取り直ししたのかどなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
血液の成分は、赤血球という細胞と僅かの白血球という細胞、そして赤血球と同じ位の量の血漿(けっしょう)という液体が混ざっています。

採血して検査する時は、赤血球を数えたり、白血球を数えたりするのが血算(けっさん:血液算定)という貧血などの検査です。

また、血漿という液体部分を取り出して、成分を調べるのが生化学検査と言われるGOTとかGPTとか・・・聞いた事があるでしょう。

溶血とは、血液の中の赤血球が破裂してしまって、中のヘモグロビンという物質が血漿と混ざった状態になってしまう事を言います。

赤血球が破裂してしまうので数えられなくなりますし、血漿には真っ赤な色がついてしまって検査薬を反応させても色の変化がわからなくなったりして検査不可能になってしまいます。

この溶血は、採血の時、手間取ったり、うまく血液が出てくれなくて起こる事もありますし、赤血球が弱くて起こる事もあります。

検査できないので取り直しにせざるをえません。

Q楕円形赤血球症

去年、体調を崩し入院したのですが、その時病名とともに「楕円形赤血球症」
であるといわれましたがいまいちよくわかりません。
これであると何か弊害があるのですか?ちなみに現在も病院には月に1回通っていますが入院の直接の原因であった病気の経過は良好です。

Aベストアンサー

楕円形赤血球症は、遺伝性の場合は、常染色体優生遺伝形式を取りますので、ご両親のどちらか一方も同じ疾患を持っていると思われます。遺伝性の場合は、全赤血球中の50~90%が楕円あるいは卵円形を呈します。溶血性貧血等の臨床症状を示すものは少ないとされています。

また、遺伝性でない場合は、何らかの溶血性貧血や、酸素欠乏、ヘモグロビン異常等でも見られます。また正常でも少数の赤血球は楕円形を呈しています。

「楕円形赤血球貧血(卵形赤血球貧血)」という疾患では、先天性の赤血球膜成分の異常により、このような形の赤血球が増加し、赤血球の崩壊が亢進する溶血性貧血を起こします。ですが、貧血の程度は一般的に軽度で、多少の脾腫が見られます。

病院の直接原因となった疾患がなんであるかは分かりませんが、おそらくそれにより引き起こされた酸素欠乏症、あるいは貧血によって、楕円形赤血球が増加した可能性が高いと思われます。

赤血球はご存じだとは思いますが、両面の中央がへこんだ形状をしており、それは酸素との反応面を大きく取る目的があります。楕円形の形態を取るということは、正常の場合に比し、酸素との反応面が小さく、結合できる酸素が少なくなってしまい、結果的に貧血のような状態を引き起こすと考えられます。ですが、他の異形赤血球症に比して、臨床症状は比較的軽度ですので、心配はないでしょう。

楕円形赤血球症は、遺伝性の場合は、常染色体優生遺伝形式を取りますので、ご両親のどちらか一方も同じ疾患を持っていると思われます。遺伝性の場合は、全赤血球中の50~90%が楕円あるいは卵円形を呈します。溶血性貧血等の臨床症状を示すものは少ないとされています。

また、遺伝性でない場合は、何らかの溶血性貧血や、酸素欠乏、ヘモグロビン異常等でも見られます。また正常でも少数の赤血球は楕円形を呈しています。

「楕円形赤血球貧血(卵形赤血球貧血)」という疾患では、先天性の赤血球膜成分の異...続きを読む

Q【トルエンと溶血について】

溶血についての質問です。

血液に精製水を加えると溶血しますが、これは分かるのですが
トルエンを加える場合もあると言われました。
しかし考えてもなぜトルエンを加えるのかが分かりません。

教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

ゴメンネ。専門外だから憶測でお答えします。
調べても検査法が出てなかったので、化学屋の考えで。
分液する場合に、上精に含まれる油分をトルエンに吸収させて、
分離するしか考えられません。
洗浄分液で、使う方法です。水とトルエンは混じりあうことが無いから

Q人工透析の静脈圧と透析圧の関係について

透析室に勤務したばかりの者です。
初歩的な質問で恥ずかしいのですが、改めて考えると理解していたつもりがますますわからなくなってしまいました。
人工透析装置で表示される静脈圧ー透析液圧=TMP(膜間圧力差)で、これで除水を行うのは理解できますが、現場で透析液圧が静脈圧より高くなっているのはどうしてですか?
この場合、透析液が血液側に入り込むことになり、通常ありえないのでは???といろんな本やネットで調べまわりましたが、納得いきません。
現在ではダイアライザーのURFが高値なのと関係あるのでしょうか?
また、除水コントローラーの種類によっても違うのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。
臨床工学技士として透析室で勤めています。

血液中の水分は、半透膜の両側の圧力差によって除去されます。これを「限外濾過」と言います。この限外濾過による水分除去方法には二つの方法があります。
 一つは、ダイアライザーのすぐ下あたりをクリップ等で締め、血液の方に圧力をかけて押し出すようにする方法(陽圧法)と、もう一つは、透析液の圧力を機械的に下げて透析側に水分を引っ張り出す方法(陰圧法)があります。
 昔は陽圧法がほとんどでしたが、今は陰圧法が主流を占めています。


静脈圧ー透析液圧=TMP(膜間圧力差)
確かに透析液圧の方が高いかもしれませんね。
けれど素直に計算してみると、マイナスになりませんか??
ex.100(静脈圧)-500(透析液圧)=-400
マイナス=陰圧=引っ張られる=透析液が血液内に入らず、尚且つ逆に血液側が引っ張られる。

説明が解りずらかったり、要点がずれていたらごめんなさい。。。

Q溶血性黄疸について

溶血性黄疸はどのような仕組みでおこるのでしょうか。赤血球が肝臓に入る前に血液中で溶血して、ヘモグロビンがそれによって、正常時よりも大量に肝臓に入った状態になり、その分解産物?であるビリルビンを肝臓で処理しきれなくなって、処理しきれなくなったビリルビンが胆管とは逆方向に?進み、血中にでてくると考えてもよいのでしょうか。だれか回答お願いします。

Aベストアンサー

>赤血球が肝臓に入る前に血液中で溶血
その通りですが、赤血球のほとんどは通常、脾臓で壊されます。なんらかの原因で、血管内や、脾臓で大量に赤血球が壊されて、ヘモグロビンが細胞外に出て、非抱合型のビリルビンになり、非抱合型のビリルビンが血中に増加しているのに、肝臓で処理しきれない状態です。

Q人工透析患者は透析をしなくても何日までなら平気!?

東日本大震災の被害を受けた透析患者は遠方まで、透析をやりに行ったようですが、仮に何日までなら透析をしなくても体が持つでしょうか!?

また震災が起きた場合(透析ができない状況と仮定して)、透析をしなくても体を長く持たせるために毒素を溜まりにくくする方法としてどのようなことが考えられますか?

「水」だけでお腹を満たして過ごせば、食物から摂取する力リウム量なども軽減できる思いますが・・・・・


Q:タイトルとは全く別の質問ですが、除水して廃液となったものはどこへ流されるのでしょうか?
最終的には下水道にでも流されるのでしょうか?

透析知識の浅い者で低レベルな質問で申し訳ないですが、詳しい方どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>人工透析患者は透析をしなくても何日までなら平気!?

平気の定義にもよりますが、患者は一週間に三度の透析をしますので中二日になる日があります。その日は体調が良くないです。私の場合は月曜日がその日です。

>東日本大震災の被害を受けた透析患者は遠方まで、透析をやりに行ったようですが、仮に何日までなら透析をしなくても体が持つでしょうか!?

体がもつというのは生きているということでしょうか。生きていられるだけなら10日間くらいなんとかなるような気がします。できるだけ血が汚れないようリンに配慮して塩分と水分を抑えてカリウムに注意すれば10日間なんとか生き長らえると思います。

>また震災が起きた場合(透析ができない状況と仮定して)、透析をしなくても体を長く持たせるために毒素を溜まりにくくする方法としてどのようなことが考えられますか?

前述しましがた、リンに気をつけることです。私ならくずきりを食べます。あれはたんぱく質やリンが非常に少ないですから。それと腎臓病患者のために出ているいろいろな食品ですね。通常はまずいので食べませんが、そういう非常事態なら仕方がありません。

>「水」だけでお腹を満たして過ごせば、食物から摂取する力リウム量なども軽減できる思いますが・・・・・

水を通常通り飲めば透析患者の場合は出ていきませんから水ぶくれになります。水は少しずつ飲みます。また、全然食べないでいると体の中にあるカリウムが溶けだしてカリウム過多で死にますから、そうならないように食事も少なめですが食べます。なんでもほどほどが良いです。

Q:タイトルとは全く別の質問ですが、除水して廃液となったものはどこへ流されるのでしょうか?
最終的には下水道にでも流されるのでしょうか?

はい、トイレです。要するにおしっこですから。おしっこはトイレに流すでしょう。透析患者の場合はおしっこが普通の人より汚れているというだけですから。毒素なんていうと怖いように聞こえますが健常者もみーんなもっていますが、透析患者は二日間たまりますのでパーセンテージが高くなっているだけです。

>人工透析患者は透析をしなくても何日までなら平気!?

平気の定義にもよりますが、患者は一週間に三度の透析をしますので中二日になる日があります。その日は体調が良くないです。私の場合は月曜日がその日です。

>東日本大震災の被害を受けた透析患者は遠方まで、透析をやりに行ったようですが、仮に何日までなら透析をしなくても体が持つでしょうか!?

体がもつというのは生きているということでしょうか。生きていられるだけなら10日間くらいなんとかなるような気がします。できるだけ血が汚れないよう...続きを読む


人気Q&Aランキング