出産前後の痔にはご注意!

IT関係の事業を立ち上げ4年目に入り、「小規模事業資金 ¥1,250万円」の融資の申し込みを行いました。
事業も、前年対比145%と延ばしており、非課税になっておりません。
第1面接をされましたが、「レンタルオフィス」では
事務所と認めないと言われ現在保留にされています。
当社の今回の目的は
1:事務所をレンタルオフィスではなく正式に開設する。
2:現在1人での個人会社から、法人に向け社員を
年内には5名ほど雇いたい。
3:会社の体制を整えて、第2ステップへと進みたい。
と代表的な内容なのですが、面接して頂いた方(保証協会)は、現状がだめだと言って前に進めて頂けません。
私は、個人会社ですので特に事務所は必要ないし、
むしろこんな時代ですので、事務所の家賃をできるだけおさえて、その分別へ資金を回した方がいいと判断し、ここまでやってきました。
レンタルオフィスも、家主は不動産も買っており、
いわばその辺のテナント契約とかわりありません。
実際、レンタルオフィスでの経営者で過去、保証協会で融資して頂いた方もいると、家主は言っておられました。
この場合、保証協会に対し、どう話を持って行ったらいいのか、こまっています。
是非、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

相談先ですが、一般的に次が挙げられます。


なお、記載は優先順位ではありませんので、状況に応じて相談して下さい。

(1)金融機関
・保証協会はあくまでも保証を付ける機関です
(2)制度を運用している自治体の担当課
・業態が融資対象であるかを確認します
(3)最寄りの商工会・商工会議所
・各種情報を保有(直接、訪問した方がベター)
(4)業界団体
・同業者の事情が把握できると思います
(5)会計事務所
・関与先の会計事務所経由で(2)~(4)に聞くのも手です
(6)国民生活金融公庫
・別制度で新規申し込み(通常、保証協会は不要)

    • good
    • 0

自治体(市)が主宰する保証協会なのでしょうか。

つまり、自治体が独自に設定した融資事業があり、それに対する保証事業を行っている保証協会があると判断してよろしいのでしょうか。

そうである、という仮定の下に考えてみました。
協会の担当者の回答・対応状況をあなたの話から推測しますと、何かほかに理由があり、本音が隠れているように思われます。(判断材料として、不安に思う点や基準に満たないと思われる点があるが、正面から話してしまうと感情面などで話がこじれる恐れがあるなど・・・)
したがって、そうしたネックを取り払うことで扉が開かれそうな気がします。
そこで一案ですが、お知り合いに代議士(市議会議員もしくはその秘書さん)はいらっしゃいませんか。
強行にコネを使ってねじ込むというやり方でなく、相手担当者の本音を聞いてもらうという、第三者介在をお願いしてみてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答誠にありがとうございました。
私を含め、他1人に実際の話を聞いて頂きましたが
どうもそんな他に理由があるしぐさもありません。
 昨日も、顧客の契約書をコピーして当社の姿勢を
見て頂こうと思いお持ちしましたが、やはり
1:レンタルオフィスが、、、
2:そろそろ5時だから帰ろうと思ってました。
などと、発言があるしだいです。
 ただ、その上司の課長さんは1度お会いしたのですが当社の事業内容を理解して頂いておりました。
 つまり、担当者レベルでは事業内容までお話できない状態で結果がきそうな感じです。
 残念ながら知り合いの代議士もいなく、保証協会の課長の上の方など、知り合いには声をかけているのですが、見つかりません。
どこか声をかけれる所があればいいのですが、、。
それか、別になにかいい方法はありませんでしょうか?

お礼日時:2003/05/13 10:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング