こんばんは。

4大卒業後に今の会社に就職し、今年で勤続8年目の女性です。
もうすぐ2歳の子供がいて、私が一人で扶養しています。

出産前の基本給は17万円と低く、賞与は夏・冬ともに各27万円程度(基本給×1.6)でした。ちなみに社員の平均賞与額は、基本給×1.5です。
出産し、産休・育児休暇を終えて復帰したのですが、上司から1時間の時短勤務を勧められて、基本給は14万6千円になりました。
今回、冬の賞与の金額が分かったのですが、17万円になっていて唖然としてしまいました。
時短勤務になっても、仕事はきちんと こなしていましたし、私の人事考課の上司評価も良かったそうです。また、会社の業績も昨年よりアップしているため、今回も基本給14万6千円×1.6(23万円程度)の賞与は支給されると思っていたのですが、実際には基本給×1.2倍弱にまで下がっていたのです。

他の社員は、全員 賞与額はアップしています。時短勤務をしている子持ちの女性も皆、基本給×1.5以上で計算されています。
なぜ私だけ、下がっているのか分からず、大変なショックを受けました。一人で子供を育てているので、基本給が減っている上に、賞与も大幅ダウンとなると、かなり生活が厳しいです。

先輩にも相談したのですが、

「ここまで減額されていると、計算ミスの可能性もあるかもしれないけど、うちの会社の規定の賞与支給額の最低ラインが、基本給×1.0で、その額よりは少し上回っているから、上司に かけあったところで賞与額の訂正はしてもらえないと思う。逆に悪い印象を与えて更に次回の賞与額が下がるかもしれないから、言わない方がいいよ。」

と止められました。
ただ、本当に単なる計算間違いなのであれば、訂正をお願いしたい気持ちは大きいです。
一つ思い当たるマイナスポイントは、基本的に残業ができなくなったこと(保育園のお迎えの関係)と、子供の急な発熱などでお休み(有給休暇)をいただくことが、たまにあることです。ただ、仕事には支障が出ないようにしています。

自分で調べているうちに、年度が変わってからの賞与の訂正(追加支給)は出来ない会社が多いという情報を得たので、上司にかけあうなら年内に話したほうがよさそうだけど、話すことで更に評価が下がったり働きづらくなるのが怖いという2つの気持ちで揺れています。

私はどうするべきでしょうか?
第三者さまのご意見やアドバイスなど伺えると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まずは就業規則を読んで、


育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(育児・介護休業法)の時短勤務が、以下のどの方法をとって労使間で取り決めてあるか確認してください(導入する場合には少なくとも一つは選択しなくてはなりません)。
1.短時間勤務制度
2.フレックスタイム制度
3.時差出勤制度(始業・終業時刻の繰り上げ、繰り下げ)
4.所定外労働をさせない制度
5.託児施設の設置運営またはこれに準ずる便宜の供与

時短を勧められているので、1だとは思いますが念のため。

それと、時短勤務になった場合の賃金の減額について記載されているかも確認してください。
賃金を引き下げる場合には、短縮した時間分だけ賃金を引き下げることとなります。
賃金の計算等に関する事項は、就業規則の絶対的必要記載事項ですから賃金引き下げを行う場合は、その旨を就業規則に記載しておかなければなりません。
そしてこの賃金を下げるのも労使間の取り決めになります。

上記が一切取り決められていないのであれば、減額は不当になります。
理由は上司から勧められていているので休業になるかと思いますので、時短分の6割は請求できる可能性があります。

賞与に関しましては、考課についてどのような項目を定めているのか不明ですが、時短勤務や有給休暇の取得が多いなどという理由では減額が出来ません。
時短に関しては、会社側からの勧めでもあり、そのことが賞与支給率の評価にかかわるのは労働者の不利益になると思われます。

賞与に関しては、計算が違うのではと確認し、
(周りは貰っているなどの言い方は駄目です)
計算があっているといわれた場合、
支給率が前期より低い理由を聞いてください。
その理由が納得できなければ、労基署か総合労働相談へ相談したほうが良いです。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaike …

組合が無いようですので大変ですね、
個人ユニオンもあるのですが、
個人ユニオンの場合、交渉は自分で出来ずに、
個人ユニオンの人に委任するので、
自分が望む結果にはならないことが多々あります。

それと、他の時間勤務労働者の月給は下がっているのでしょうか?

この回答への補足

補足させていただきます。

他の短時間勤務者も、基本給はその分 減額されています。ただ、賞与計算時の掛け数は、フルタイム時と変わらず1.5前後です。
なので、なぜ私だけ1.2倍弱になったのか、純粋に疑問ですし、腑に落ちません。

補足日時:2009/12/20 12:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!!

時短勤務(短時間勤務制度)になったので、基本給がその分、減額されることは納得しており、賞与も減給後の基本給を元に計算されて当然と思っているのですが、掛け数は今までどおり1.6前後で良いのではないか(1.2掛けになるのは酷すぎる)と感じています。

支給率が低い理由は、今後のためにも聞いておきたいので、上司の機嫌を損ねないようなタイミングと言葉で、質問してみたいと思います。
とても詳しいアドバイスをいただきまして、ありがとうございました!

お礼日時:2009/12/20 12:33

永年会社勤めをしてきた者です。


この場合、ボーナスの計算方式は聞いても良いですが 査定の内容は聞かないほうが良いと思います。
どなたかが回答されているように 自分自身の評価と 他人の評価それも表面的なものと本当の評価は 異なっていることが多いですから あなた自身が自分を出来ると評価し 上司も口先だけでは評価していても、本音の評価は違っているかもしれません。
評価の内容は 私の会社でも聞いても教えてくれませんでした、ただ低いということを認識し 次期に頑張るしかありませんでした。一部個人的な好みもあるようですが 評価表は上司(課長)の上司(部長)にも行きますから 変な評価は課長自体の評価に響きますから 大きな差は無いと思います。
会社によって事情は異なりますから 何とも言えませんが 上司の機嫌を損ねるやり方(けんか腰になる 不満をあらわにする)だけはしないほうが良いと思います。辞める覚悟があるならば別ですが #3の方のようにならないためにも 聞くときは低姿勢で聞いたほうが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

うちの課は課長がおらず、考課者は部長だけなので、部長に聞いてみようと思います。
自分では、勤務時間は短くなったものの、今まで以上に仕事の質は高められて効率的にやれていると思っていたので、上司の本当の評価が低いということであれば非常にショックですが、真摯に受け止めて今後は更に頑張っていきたいと思います。
低姿勢で計算方式についてだけ、聞いてみようと思います。
アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2009/12/21 18:25

中小企業の社長の話を聞いたことあります。


ボーナス払うと、「あの人はもらいすぎ。」とか「自分は少ない」というのがあるそうです。
社長の話では、自分一人で決めているのではない(評価は複数でやっている)し、払ってしまってから言われてもどうしようもないということです。

社風によって、言っても平気のこともあり、また、逆もあるでしょう。

>私の人事考課の上司評価も良かったそうです
これが評価です。

>仕事には支障が出ないようにしています。
本当にそうなのですか?急に休んだ人がいたら、誰かがカバーするのが普通ではありませんか?
まだ、日本は横並び社会です。法律で認められた権利だといっても、他の人と同じでなければ差をつけたいという本音が見えるような気がします。

総合して、そこになったということではないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

うちの部署は、完全分業制で、私の業務に他の人は全くタッチしないため、私が休んでも仕事はそのまま残っています。
社風ですが、固いほうだと思います。従業員3000人(そのうち賞与対象者は1000人弱)ですが、ほぼ全員、金額アップしているか横ばいで、私のように激減した人は一人もいません。
なので、単純な計算間違いなのかな?と思ったのですが、総合してこの金額と言われたら、諦めるしかしかたがないですよね。。。
でも、理由はぜひ聞きたいです。そして今後、改善できるよう頑張りたいです。

お礼日時:2009/12/20 12:47

幾つか 考えられることは


賞与の計算期間に 育休期間は含まれていませんでしたか 含まれていれば 当然 その分は計算から除外されます。育休は基本的に無給ですから。
次に、賞与の査定方法は 会社の判断で決められますから 平均以下や平均以上の場合があります、理由を聞いても 育児のための有給休暇が多いなどとは決して答えてくれません、総合的に判断して決めたとか言われるだけです。
そして、査定等について質問などすると、使いづらい社員だと思われて 有形・無形の圧力がかかり 退職に追込まれますよ。
私も 以前 契約社員から正社員になったとき給料(年収ではアップ)が下がったので 私の経験等ならこれくらい欲しいと言ったところ 認められないどころか(実は会社は規定の範囲内で最大の配慮をしていてくれたのですが) 正社員になったものの それまで良好な関係にあった上司は冷たくなり 他の社員なら注意もされない些細なミスについても一々叱責されるようになり、辞めろとは一言も言われませんが 耐えられずに 退職せざるを得なくなりました。
今後とも その会社に勤めたいなら余計な質問はせず 仕事の成果を上げるよう努力し、会社に認めさせることを お勧めします。自分の思い込みだけで行動すると 悪い結果になりますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!!

今回の賞与は、5月~10月末の業務に対して支払われるもので、
私は4月のあたまに復帰しているので、計算期間に育休期間は含まれていません。ですので、余計に不思議でした。
私も現在、上司との関係は良好なので、質問することによって評価が落ちたり気まずくなるのが心配です。
ただ、もしも単なる計算間違いであれば、訂正していただきたいのが正直な気持ちです。
自分の思い込みで行動すると悪い結果になる・・・そうだとしてら恐ろしいですね(汗)

お礼日時:2009/12/20 12:42

こんにちは。



私は子供がいないので、若干シチュエーションが異なりますが、
同じことがありました。

就職1年目の、初めての冬のボーナスのことです。
初めてなので、同期で支給額明細を見せ合いっこしてたのですが
私は残業が同じ部署の同期と比べたらダントツに多く、
遅刻や欠勤はしていませんでした。
遅刻や欠勤が多かった子より私のほうが3万くらい少なかったのです。
それはもうショックでした。
思い当たるのは、夏休み休暇に有休を2つくらいプラスしてとったことくらいです。
仕事は真面目にやってきたつもりですが、ケアレスミスも多かったので
(これも経験を積めばできるだけの話で、あまり仕事を教えてくれる人がいなかった)思い当たる節はそのくらいかなと思いましたが、
その後私は会社を辞めました。やめさせられたといったほうが正確です。厄介払いされたので。

お子さんがいらっしゃるとお仕事の調整は大変だと思いますが、
生活がぎりぎり切り詰められるところまでいただいているのなら、
上司に賞与の訂正を掛け合わないほうが無難です。
質問者さまご自身が、おこさんにトラブルがあったときにそなえて普段されているお仕事で迷惑をかけないよう「保険」といいますか、先回りしてその業務の効率化を図るかにしたほうがよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!!

同期で賞与金額に差ができると、やっぱり辛いものがありますよね。
私は後輩よりも はるかに低額でした。
今まで7年間、常にUPしてきていたのに、いきなりの半額です。

生活は、正直赤字生活です。1円でも多くほしいのが切実な思いです。
もし上司に質問するとしても、言い方には十分注意しようと思います。

お礼日時:2009/12/20 12:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職日 が ボーナス支給日の場合

一般的な解釈では、
(1) 退職辞令の日が、ボーナス支給日の場合、支給は受けれるのでしょうか?
(2) 退職日以降に、ボーナス支給日があった場合、ボーナス支給対象期間は在職していたことから、100%の受け取りは可能でしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちゃんとした組織体系と就業規則がある場合。
賞与支給は○月○日(受給資格確定日)に在籍していた者を対象とする、という規程があるはずです。そしてそれは支給日の前月末などになっているのではないでしょうか(事務手続きの時間が必要なため)。
ですから重要なのは支給日ではなく、受給資格確定日です。

賞与は報償的性格ですが、それは今後も同等の貢献をすることの期待を含みます。ですから対象期間に在籍していたからといって退職する者に必ずしも賞与を与える義務はない、というのが会社の言い分です。
実際は面倒なので退職者個別のケースごとに賞与をやるやらんなどといちいち判断しません。資格確定日に在籍しているかどうかで機械的に線を引きます。

仮に支給日=資格確定日だった場合。
(1) 当日付で在籍しなくなるのですから、支給されないと解釈される? ちょっと判断できません。
(2) 受給資格がなくなっていますから支給されません。

むろん会社や退職状況によっては支給されることもあるとは思いますが、それは運がいいケースでしょうね。

Q基本給と能率給について。 ハローワークで紹介された会社で、基本給16万の会社があり、先日面接を受けま

基本給と能率給について。

ハローワークで紹介された会社で、基本給16万の会社があり、先日面接を受けました。
ですが、面接時に給料体制が基本給8万+能率給8万=基本給16万と説明されました。

基本給+能率給=基本給とは、どういった仕組みなのでしょうか?
また、能率給とは個人の技量や会社の業績により変動するのでしょうか?

給料体系などについて、よく知らない部分が多いので教えていただくと幸いです。

Aベストアンサー

そうですね、世間一般的な基本給でしょう。

Qボーナス支給額確定は支給日の何日前?

ボーナス支給額確定は支給日の何日前?
内定を頂けそうで入社日、退職を伝えるタイミングとボーナスについて迷ってます。
6月15日に満額のボーナスをもらって次の日に退職を伝え、就業規則の14日後の6月30日に辞めれたとしても転職先の会社が
7月1日の入社を希望としています。
入社までの準備期間がないため、もらってからの退職を伝えるのは諦めるつもりです。
今の会社の締め日が10日、25日でボーナス支給対象期間が6月10日なので、その日に退職を伝えれば
おそらく25日に退職つまり支給日に在籍しているのでもらえます。

ここで質問なのですがボーナスはいくら働いた対価としても支給額確定の前に退職を伝えもらって辞めようとする人に
通常の評価での支給はしないと思います。
しかし支給額が確定、支給日に退職を伝えた場合はどうなるのでしょうか?
確定した支給額を最低に計算し直すようなことをするのか?
また計算しなおさないのであれば支給日の何日前に確定するのか重要な問題に
なります。
御存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

内定を頂ける会社に対して好印象を持って頂くことを考えて下さい。

>内定を頂けそうで入社日、退職を伝えるタイミングとボーナスについて迷ってます。

ボーナス支給日を理由に次の会社へ入社する日を決めると伝えれば、新しい会社はあなたが将来に同じ事をすれば…、と考えます。
だから「引き継ぎに時間が必要なので、7月1日まで入社日を伸ばして頂けませんか」
等が良いと思います。

賞与の支給規程と会社の内規等によるので、明確な事は申し上げられません。
特に中小企業ではトップの判断で賞与の支給を差し止める事も有るし、大幅な減額を行う場合だって有ります。
私の職場で同じ事をされると単純に半減させます。
後は退職を申し出た対応により大幅に変わります。
状況次第では過去の業務内容や忘れている事案、気付いてない事を取り上げて処分の方向に…
なんて事だってあり得ます。

だから円満に退社する事を考えましょう。

今一番大切な事は新しい会社で働くことですよ。
将来が一番です。

賞与の支給日に退職を伝えた場合…
厳しい叱責を受けることを覚悟する必要があります
ハッキリ言って何を言われるか…、怖い気もしますが覚悟でしょうね。
抵抗する事はなにも有りません
謝罪するだけで、退職の意思表示は明確にするだけでしょうね。

就業規則で2週間前に…と言う職場は珍しいですね。
一般的には1ヵ月前なので再度確認して下さい。

*大手企業であれば上記の手続きも事務的です
 賞与の支給日に退職願を出しても、事務的に処理されるだけですよ。
 

内定を頂ける会社に対して好印象を持って頂くことを考えて下さい。

>内定を頂けそうで入社日、退職を伝えるタイミングとボーナスについて迷ってます。

ボーナス支給日を理由に次の会社へ入社する日を決めると伝えれば、新しい会社はあなたが将来に同じ事をすれば…、と考えます。
だから「引き継ぎに時間が必要なので、7月1日まで入社日を伸ばして頂けませんか」
等が良いと思います。

賞与の支給規程と会社の内規等によるので、明確な事は申し上げられません。
特に中小企業ではトップの判断で賞与の支給を差...続きを読む

Q求人票と異なる基本給額

職安を通じて先月就職しました。
でも今日給与明細を見て、びっくり。
基本給がむちゃくちゃ低いんです。
確か職安の求人票では基本給だけで
給与額が記されていた筈なんです。

でも実際は基本給が減額され、
その分を職務給という形で支給されてるんです。

求人票には基本給のほかに別途毎月支給される手当ての欄がありました。
職務給があるならきちんとそちらに記載すべき事項ですよね。

これって職安に言った方がいいんでしょうか。
言ってどうにかなるんでしょうか。

私は年収を重点に職を探していたので
基本給が下がると賞与額が大幅ダウンするので辛いです。

職場の雰囲気はまずまずなんですが。

Aベストアンサー

賞与を期待して、入社する自体、今の時代状況とは合いません。
年俸契約で入社されていないのでしょうか、それでは、あなたの落ち度もあります。
条件が悪い会社が職安経由で募集する場合、職安から指摘されないように、ごまかす会社は多いです。職安に言っても、救済はされません。労働基準監督署に言っても難しいです。
現実的には、月収が確保できているからいいと思うか、他社を探すかです。
何を大事にしますか。他社で年収確保したいなら、年収をフィックスさせた契約書を結んで入るしかありません。

Qあなたの会社のボーナス支給日

夏のボーナス支給時期ですね。
私の勤める会社(商社)は、7月10日が支給日になっています。
皆様の会社はいつが支給日でしょうか?
業界・職種などもお書き添え頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

> 業界・職種などもお書き添え頂けると嬉しいです。

業界:通信・IT業界
職種:技術者(ソフトウェア系)

kikitai27さんと同じく、7月10日です。

Q給料の形態について質問なのですが現況、日給×稼働日で毎月変動の基本給なのですが来月から日給月給制に移

給料の形態について質問なのですが現況、日給×稼働日で毎月変動の基本給なのですが来月から日給月給制に移行したいと考えております。
今年の会社カレンダーから月で割ると20.75日が稼働日となるのですが基本給はこの場合どの様な算出方法及び稼働日とするべきなのでしょうか?
ご教授願います。

Aベストアンサー

大前提として、各労働日の所定労働時間数は同じとさせていただきます。
 ⇒「基本は8時間労働だけど、特定の日に限っては5時間労働」みたいなことであればこれから書く内容は適用できません。

基本給=現在の日給×年間稼働日数÷12
 ★時間外[残業代]はどの時点から発生するのか?
  御社の就業規則や賃金規定などが不明なので原則論になりますが・・・少なくとも、その日の労働時間(休憩時間を除く)が法定労働時間である8時間を超過したら、『超過時間×時給×1.25』の残業代を支払う義務が生じます。

時給の算出方法は・・・
 基本給×12÷御社の就業規則等で定めた(所定)年間労働時間数
  または
 基本給÷(1日の所定労働時間数×平均労働日数20.75日)【←注:毎日の所定労働時間数が同じ場合です】
  もっと簡便的にしようとすると
 日給÷1日の所定労働時間数【←注:毎日の所定労働時間数が同じ場合です】


欠勤による賃金控除
 1回の欠勤に対して日給1回分

Q私は職業が地方公務員なのですが、ボーナスが決まるのが12月1日で支給日

私は職業が地方公務員なのですが、ボーナスが決まるのが12月1日で支給日が12月10日と言うのは聞いたのですが、12月2日に辞職したら12月10日にボーナスは支給されないんでしょうか?

Aベストアンサー

>ボーナスが決まるのが12月1日
ってのは、「労使交渉で支給率(○ヶ月分)を妥結する(予定)」ってコトでしょうね。

国家公務員の場合、期末・勤勉手当は実績に対する手当。
基準日(6月支給は6月1日、12月支給は12月1日)に在職、若しくは基準日30日前までに在職していた職員が支給対象(勤務日数計算には条件あり)となり、基準日前6ヶ月の在職期間によって支給率が変わる(期間率)。
また、勤勉手当には成績率って基準もあって、勤務評価に合わせ個別に決定する・・・「業績評価」が基準であり、将来の退職には多少のマイナス評価はあり得るけど、大幅な減額はない。

多くの地方自治体では「一般職の職員の給与に関する法律(給与法)」や給与法関連の規則・通達などに準じた運用(6ヶ月以上在職で12月2日退職は満額支給)だと思われるけど・・・質問者サマの在職する自治体の給与関係条例次第としか言えませんね。

Q基本給の額について

先月からアルバイトという形で就職した者です。時給¥1,000で、残業も多く(大体毎日2~3時間くらいです)3ヶ月の使用期間後→契約社員→正社員という道があるということで面接を受け、将来は社員を目指ている旨も伝えました。ところが、先日休日出勤したところ、すでに社員の方からそれとなく基本給がとても少ないことを聞きました。(その先輩(女性です)は高卒後入社して現在在籍5年ほどらしいのですが、はっきりとは教えてもらえませんでしたが基本給は15万よりも少ないようです。しかもその人は一番仕事ができるベテランということもあってか毎日18時の定時後21,22時くらいまで残って残業しています。なのに社員には残業代は出ないそうなのです。賞与も1.5ヶ月だと聞きました。アルバイトの時給が1,000と私にとっては高額だったので、てっきり社員の基本給も高いものだと勘違いしていたのですが、少ない基本給で(おそらくは12~3万くらい?)で毎日遅くまで残業しても手当てはなく、賞与もけして多くはないので、正直社員になれたとしても収入が厳しいと考えています。先輩にも社員より残業代が出る契約社員のほうがもうかりますよ、と言われました。社員のメリットといえば賞与と雇用待遇(有給とか退職金とか)が考えられますが、毎月の収入を考えるとずっと契約社員でいたほうが良いのかな・・・と悩んでいます。(実際に40代の家庭がある男性の同僚で契約社員のままで働いている人もいるようです。)
私は現在36歳で年齢的にもやっと決まったこの会社
でできれば定年まで働きたいと考えています。その気持ちで就職活動もしてやっと採用が決まったのがこの会社です。まだアルバイトのうちから基本給を聞きにくいですし(人によって違いますから)考えて今からでも転職を考えたほうが良いでしょうか。よかったらアドバイスお願いします。

先月からアルバイトという形で就職した者です。時給¥1,000で、残業も多く(大体毎日2~3時間くらいです)3ヶ月の使用期間後→契約社員→正社員という道があるということで面接を受け、将来は社員を目指ている旨も伝えました。ところが、先日休日出勤したところ、すでに社員の方からそれとなく基本給がとても少ないことを聞きました。(その先輩(女性です)は高卒後入社して現在在籍5年ほどらしいのですが、はっきりとは教えてもらえませんでしたが基本給は15万よりも少ないようです。しかもその人は一...続きを読む

Aベストアンサー

残業代が出ないということはありませんよ。
労働基準法では、法定労働時間を超えて残業を行わせた場合には、2割5分増以上の割増賃金を支払わなければならないことになっています。
裁量労働を採用されている方や営業の方は”残業代”でなく別名目での”手当”として付いているところもあるようです。
もし、そういったものがないようなら、密告ものです。
本当にそうであれば、辞めておきましょう。

私の場合は基本給+能力給+役職給+残業代・・・と細分化されていて、基本だけだともっと少ないですよ。

会社側も給与体系や、金額、労働条件は会社就業規則として説明しなければいけません。
なので、給与体系や支給額、おおよそでの税引き後の手取り額はきちんと聞いておくべきですよ。
それを聞いてから、決められれば良いです。
頑張ってください。

ちなみに日々顕微鏡を覗きながらゆったり座って有線を聴きながらマイペースで仕事を進めることができます。今の季節だと冷房もしっかり効いており・・・とありますが、これだけ快適空間で、さらに薄給と言ってるとバチ当りますよ。
もっと劣悪環境で賞与も出ない方もいらっしゃいますから。

残業代が出ないということはありませんよ。
労働基準法では、法定労働時間を超えて残業を行わせた場合には、2割5分増以上の割増賃金を支払わなければならないことになっています。
裁量労働を採用されている方や営業の方は”残業代”でなく別名目での”手当”として付いているところもあるようです。
もし、そういったものがないようなら、密告ものです。
本当にそうであれば、辞めておきましょう。

私の場合は基本給+能力給+役職給+残業代・・・と細分化されていて、基本だけだともっと少ないですよ。

...続きを読む

Q冬のボーナス支給日は何時?

知人に質問され軽く回答可能かと安易に引受も難問なので皆さんのヘルプを!

民間大手(世間の目から。東証1・2部、その他上場とは無関連)で、『具体的な企業名とその2002年冬のボーナス支給日は何時?』

P.S.タイムリミットは明日朝まで、お世話のなった方なので敢えて理由は聞いてません!
どなたか教えて!(ボーナス回答では無く支給日の情報です)明日以降なら「自力調査」も可能と思うが…

Aベストアンサー

民間大手企業の冬のボーナス支給日は、原則として「12月の第一金曜日」
(今年の場合は6日)が一般的です。

Q賞与支給額が契約条件提示額より低かった

昨年4月に中途入社した者です。内定をもらったときに契約条件の提示で、月給及び賞与支給予定額を提示されていました。賞与は夏、冬の支給で夏は入社したばかりなので満額支給とならず1/6の支給でした。その際にやや提示額よりも低い金額であると感じたのですが、冬の支給額にややウェイトが置かれると思い気に留めませんでした。そして、冬の満額支給時に明らかに額が低いことに気づき、人事担当者に確認したところ、会社側の事務手続上のミスであると今年2月になって判明しました。当方には過失が一切無いため、当然差額分を支給するように要求したところ、出来ないと一度言われました。既に源泉徴収も済んでしまっている状況ですが、私は会社が当然差額支給すべきと思っており到底受け入れることの出来ない回答です。正当な理由で請求するための法的な根拠について教えていただけないでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

賞与と給与は別物です。
何らかの事務手続き上のミスがあって賞与の金額が間違っていたのであれば、
・さかのぼって賞与を修正(普通、年度が違うと不可能)
・臨時賞与を支給
・次回賞与で修正
のいずれかです。
給与に反映(というより上乗せ)はしない企業が圧倒的でしょう。
万が一休業補償や休業損害等の支給が発生した場合の計算がめちゃくちゃになります。

賞与を多く間違って支給した場合に、月々の給与から引かれると困ることもあるでしょう?
多く間違うのは良いけど、少なく間違うのはダメという理屈の問題ではないですから。

是正の方法については内部規定があることも多いです。
確認しないと何ともいえないです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報