【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

こんにちは。
ぼくは。中学2年の男子です。今、理科で、化学反応式とか、化学反応と課に付いて、勉強しているのですが、酸化銀の熱分解のところがいまいちよくわかりませんので、教えていただきたいと思っています。

★ご回答は、中学2年生でもわかる程度で、できるだけわかりやすく教えていただきたいと思います。まだ、イオンとかは習っていません(分解のところだけです)。


酸化銀の化学式は、Ag2Oですよね?これを熱分解したときの化学反応式であらわすと、なぜAg2Oではなく、2Ag2Oになるのでしょうか?授業で、分解したときに、Ag2Oだけだと、O(酸素)が1つで存在できないので、酸化銀の分子をもう1つ持ってきてO2を作るからだ、と先生が言っていました。それは理解できるのですが、化学式と、化学反応式で使う酸化銀のあらわし方(Ag2Oと、2Ag2O)が違うことがわかりません


それと、酸化銀を熱分解したときの化学反応式は、
2Ag2O → 4Ag + O2
と教科書に書いてあります。

僕は、それが理解できません。
Ag2O → Ag2 + O
になるけど、Oが1つでは存在できないので、もう1つ酸化銀を呼んできて、O2を作るんですよね?ということは、Ag2Oが2つなので、
2(Ag2O) → 2Ag2+O2
になると思うのですが、教科書には、2Ag2O → 4Ag+O2
となっていました。
2Ag2と、4Agと、Ag4は、全部同じだと思うのですが、これだとだめですか?また、その理由を教えてください。

大変醜くすみませんが、ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

中学2年生だということを考慮して、例を出して説明します。


頭に「スーパーのお惣菜パック」を思い浮かべてください。
厳密な説明をするとおそらく理解しきれないでしょうから、今はあなたの疑問を解消するための説明をします。

Ag2O とは「Ag 2個とO 1個がパックになっている」という意味です。
(基本的に、小さな数字は「その直前に書いてある原子」が何個あるのか、を表します)
で、前に書いてある大きな数字は「そのパックが何個あるのか」を表すので、あなたの書いてあるように2(Ag2O)という解釈であっているのですよ。

Ag のように別にパックにする必要がないものまで「Ag2」と書く必要はありませんよね。
なぜかというと、Agは1個だけで存在できるものだからです。
こういう金属については、1個だけでも問題なく存在できるのですが
H2のように、2個セットじゃないと存在できないものもあるわけです。

2Ag2→「Ag 2ついり」というパックを2個もってきた状態
4Ag →ばらばらのAgを4個もってきた状態
Ag4 →「Ag 4ついり」というパックを1個もってきた状態

Agは2個いりとか4個いりとかいうパックを作れませんから
4Ag以外の書き方は誤りになるのです。

蛇足になるのかもしれませんが
パックを作らなければならないものについても
パックの中身は決まっているのです。勝手に変えることはできません。
Oについては、「O 2個いり」(このパックを「酸素分子」「酸素ガス」といいます)
「O 3個いり」(このパックを「オゾン分子」と呼びます)は作れますが
「O 4個いり」とか「O 5個いり」というのは決して作れません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
せっかくご回答いただいたのですが、いまいちよくわかりませんでした。

【1】
>Agのように別にパックにする必要がないものまで「Ag2」と書く必要はありませんよね。
なぜかというと、Agは1個だけで存在できるものだからです。
>Agは2個いりとか4個いりとかいうパックを作れませんから
4Ag以外の書き方は誤りになるのです。

Agが、1つでも存在できると言う事はわかりました。
1)1つで存在できても、パック(?)にしてもよいのではないでしょうか?
2)それとも、1つで存在できるものは、絶対にパックにできないと言う決まりがあるのでしょうか?

・・・・・・思ったのですが、銀って、Agがたくさん集まって(パック)できているのですよね?なのであれば、パックにしてもよいのではないしょうか?

【2】
この、補足を書いていながら、少しわかったかもしれません。次のようなことであっているのでしょうか?
>Ag のように別にパックにする必要がないものまで「Ag2」と書く必要はありませんよね。
つまり、『Ag2』は、『2Ag』ということで合ってますね?


大変恐縮に思いますが、ご回答いただきたいと思います。よろしくお願いします。

補足日時:2010/01/07 17:59
    • good
    • 7

Ag2Oとは「銀2個と酸素1個」を最小構成単位と考えています。


3個の原子でひとくくり。そのひとくくりの中にAgが2つ入るわけですから、右下に小さな数字を入れて書き表すより他にないわけです。
だって、この銀2個と酸素1個が入ったパックは、これ以上細かくわけても「同じもの」になりませんよね?
でも、銀2個が入ったパック「Ag2」は、細かく分けてAgにできるわけです。

Ag2Oを読むときに Ag2 O と切って考えてはいけないのですよ。

別にAgに小さな数字をつけてはいけない、と言っているわけではありません。
そこはご理解いただけたでしょうか?
    • good
    • 5

すみません、No3の回答を一部訂正。


>最小構成単位とは、もしその巨大なモノをバラバラにして「すべてが同じモノ」になるように分けたとしたら、それは何であるか?ということです。

この部分ですが
「すべてが同じモノ」になるよう“できるだけ細かく”分けたとしたら、それは何であるか、ということです。
上記「できるだけ細かく」というのを忘れていました。
    • good
    • 2

なるほど。



1)1つで存在できてもパックにしていいんじゃないの?
2)1つで存在できるものはパックにしてはいけないのか?
今のところは「ダメだ」と理解してください。

それと、銀はたくさん集まっていますがそれはパックになっているわけではありません。
この話をするとややこしいから出来る限りしたくなかったのですが
酸化銀も、別にパックではありませんからね。
酸素ガス O2 これは明確に「Oが2個で1パック」と言えるものなのです。
こういうものを分子といいます。

銀や酸化銀は、ダラダラと際限なくモノが集まっている状態でして
「どこまでで1パック」というのは事実としてはよくわかりません。
でも、それでは考えづらいだろうということで、最小構成単位を「1パック」という風に呼ぶことにしたわけです。
最小構成単位とは、もしその巨大なモノをバラバラにして「すべてが同じモノ」になるように分けたとしたら、それは何であるか?ということです。

これは最小構成単位、という制限がついていますから
Ag2 を認めるわけにはいかないのです。
Ag2 はまだAgにわけることができるからです。

Ag2は2Agではありません。何度も言いますが。
Ag2とは、やはり「銀2個を1パック(1区切り)と呼ぶ」という明確な意図がありますから、「どっちも銀2個あるやんか」という意味で一緒だというのは暴論です。
銀は1個で1区切りにしなければならないものですから、Ag2という書き方は誤りです。

この回答への補足

何度も何度もていねいなご回答本当にありがとうございます。感謝しています。

>2)1つで存在できるものはパックにしてはいけないのか?
今のところは「ダメだ」と理解してください。
とご回答いただきましたが、酸化銀の化学式『Ag2O』のAg2はよいのですか?

よろしくお願いします。

補足日時:2010/01/08 17:16
    • good
    • 1

ゆとり時代の教育課程を見ていないので、かなりきつい内容になるかもしれません。



2Ag2,4Ag, Ag4の違いについて、
金属などの場合に「組成式」という化学式で表記する場合があります。
詳細は略しますが、ある順番に、原子記号を並べて、表記する化合物1モルあたりの割合を示す方法です。
このような場合には、金属Mとその結合物Oとすると、「M2O2」というように書き表します。
この書き方が「Ag2O」になります。反応式で、生成物または原料の分量として、何モルが生成する又は使用するという分量を示す場合があります。この分量を示す数値が「2Ag2O」のように「Ag2O」の前に書いてある数字です。原料として2モル必要だから、「2Ag2O」と書くことになります。

金属では「金属化合物」という一連の化合物があるのですが、これは、高校以下では学びません。だから、ご質問のような疑問点が発生するのです。「Ag2」と「Ag4」は、Ag2分子が結合した「金属化合物」とAg四分子が結合した「金属化合物」を示します。O2(酸素分子)とかO3(オゾン分子)のような状態を取っている銀化合物を意味します。
これら金属化合物は、中学校では学びません。学ぶのは「金属」だけです。したがって、組成式の書き方、「4Ag」という書き方だけ使います。

なお、中学校の範囲を逸脱しますが、
2AgO → 2Ag + O2
と熱分解反応する亜酸化銀という化合物もあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なんか、すっごく難しいご回答でした。

「金属化合物」ですか・・・。高校に行ってもこんな難しい事学ばなければならないなんて・・・

でも、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/07 18:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸化銀を加熱すると銀になるのはなぜ?

酸化銀を加熱すると銀になるのはどうしてなんですか?
銀を加熱すると酸化銀になるのはわかりますが、なぜその逆が起こるのでしょうか?

教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の3つの事実があります。

1金属は、空気中の酸素と反応し、酸化物になる性質を持つ。
 その性質には強い弱いがあり、速やかに反応するものや長時間かけて反応するもの、
 何も無ければほぼ反応しないものなどがある。

2化学反応は温度が高いほど速やかに進行する。
 一般には10℃上がれば2~3倍早く進行する。
 つまり、100度温度が上がれば1000~59000倍に、
 200度温度が上がれば100万倍~35億倍に早くなる。
 過熱すると酸素との化学反応も早くなり、速やかに酸化物へと変化するようになる。

3金属は高温では酸化物ではなく単体でいたほうが安定である。
 もちろん金属ごとにその性質の違いがあるが、1と関連して、
 常温で速やかに酸素と結びつく=酸素と強く結合する性質のものは超高温を必要とする
 逆に常温ではあまり結びつかない=酸素との結合が弱いものは
 ちょっと過熱した状態でさえ、酸素と結びつくよりも離れていた方が安定になる。

これらの現象が相まっておこります。
ほら、鉄の精錬も高温にして行っているでしょう。
いろいろな理由がありますが、高温ほど単体のほうが安定するというのも理由の一つです。

以下の3つの事実があります。

1金属は、空気中の酸素と反応し、酸化物になる性質を持つ。
 その性質には強い弱いがあり、速やかに反応するものや長時間かけて反応するもの、
 何も無ければほぼ反応しないものなどがある。

2化学反応は温度が高いほど速やかに進行する。
 一般には10℃上がれば2~3倍早く進行する。
 つまり、100度温度が上がれば1000~59000倍に、
 200度温度が上がれば100万倍~35億倍に早くなる。
 過熱すると酸素との化学反応も早くなり、速やかに酸化物へと変化するようになる。

3...続きを読む

Qなぜ銀の化学式はAg2O?

様々な酸化した金属の化学式はFeOだとかCuOなど、金属の原子は1つなのに酸化銀はどうしてAg2Oなのでしょうか?

Aベストアンサー

原子には、価数というものが決まっていて、合計が0になる組み合わせで化合物が作られます。

例えば、
銅(Cu)の価数は+2、酸素(O)の価数は-2なので、CuO
水素(H)の価数は+1、酸素(O)の価数は-2なので、H2O
です。

そして、銀(Ag)の価数は水素と同じく+1なので、Ag2O
となるのです。

参考URL:http://www.geocities.jp/amy_chemistry/chemistry32.html

Q分子を作る 作らない <中2理科です>

分子を作る作らないの違いとはなんですか?

なにを見ればわかりますか?

ネットで調べて、塩化ナトリウムはNaClなので1:1なので分子を作らないとわかったのですが、酸化鉄はFe2O3なのになぜ分子を作らないのですか?

数字が大きいから関係ないのですか?

大きい数字はなんですか?(普通は右下にある気が・・・)

あと、単体の方の分子を作る作らないの違いとはなんですか?

教えてください

しつもんが多くてすみません・・・。

Aベストアンサー

詳しい理由は高校の化学で習いますが中学レベルで考えるなら

分子を作らないものは「金属や金属の化合物、炭素や硫黄」
分子は作るものはそれ以外ぐらいに考えておけばいいです。

ナトリウムと鉄は金属なので分子を作りません。

数字は原子の数です。酸化鉄Fe2O3は鉄原子2個に酸素原子3個がくっついて出来てると
いう意味です。この辺は高校の化学でやります。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/genshi2.html

Q酸化銀の分解と酸化銅の還元について

酸化銀の分解と酸化銅の還元について
酸化銀の分解(2Ag(2)O→4Ag+O(2))、酸化銅の還元(2CuO+C→2Cu+CO(2))を比べて、
酸化銀の分解はただ加熱するだけで銀をとれるが、酸化銅の還元は炭素を加えないと銅がとれない。
コレはなぜか?と聞かれました。
ボクは「“酸化銀は200度になると分解する”という性質があるから」と考えたのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な考え方は高温にすれば分解しやすいということです。
これをエントロピー増加の法則といいます。

従って、酸化銅も高温にすれば酸素を出します。
(1000℃くらい) 4CuO → 2Cu2O + O2
(1500℃くらい) 2CuO → 2Cu + O2

問題となるのは分解する温度が極端に違うことです。
1つはイオン化傾向が銅の方が大きく、酸素と結合しやすいこと。
2つ目は2価のイオンなので酸素との結合(クーロン力)が強いこと
ではないでしょうか。

Q酸化銀は、どうやって作る?

 銀は、酸素と結びつきにくいという話をききました。
 だから、加熱というきっかけを与えると、分解するとのこと・・。
 
 「では、そもそも酸化銀はどのようにして結びついたのだろうか?」
 という疑問が浮かびました。
 
 ご存知の方、どうぞ宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

金属銀あるいは銀の化合物を硝酸(*1)を使用して硝酸銀の水溶液にした後、
水酸化ナトリウム水溶液などによって沈殿(*2)させます。

*1:硝酸は酸化性を持つため、水素よりイオン化傾向の高い銀でも溶かせる
   のがポイント。
*2:水酸化銀は常温では非常に不安定なため、(微視的には)一旦水酸化銀
   になっても、目に見える大きさの粒子になる前に、脱水によって酸化銀に
   なります。( 2 Ag(OH) → Ag2O↓ + H2O)

wiki・酸化銀(I)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%8A%80%28I%29


※「酸化銀」には、幾つかの価数がありえますが、もっとも一般的と思われる
  酸化銀(I)について回答しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%8A%80

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Q炭酸水素ナトリウムが水にあまり溶けないことと、弱アルカリ性であることは関係ある?

中学の理科で、分解のところの勉強をしています。

教科書やワークで、炭酸水素ナトリウムの実験があり、

■炭酸水素ナトリウム:水にあまり溶けない、弱いアルカリ性
■炭酸ナトリウム:水に溶ける、アルカリ性

ということが書いてあります。

この、溶けやすさと、アルカリ性の強さには何か関係があるのでしょうか。
それとも、全く関係ないのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○溶けやすさとアルカリ性の強さの関係
炭酸ナトリウムも炭酸水素ナトリウムも水によく溶けます。
炭酸水素ナトリウムは重曹として料理に使っているものです。水に溶けなければ使うことはできません。
溶けるものの間で比較して炭酸水素ナトリウムの方が溶けにくいといっているのです。(溶解度の数値で言うと3倍弱の違いです。)

酸性とかアルカリ性を考える時の濃度は通常もっと薄いです。
pHという量で酸性とかアルカリ性を表していると言うのは知っておられると思いますが食塩とか炭酸ナトリウムとかの溶解度を考えている濃度よりもかなり薄いです。
水酸化ナトリウムの水溶液はアルカリ性です。
水溶液1Lの中にNaOHが4g溶けている状態でpH=13です。
このpHの値は強いアルカリ性を表しているものです。でも100g中に0.4g溶けているという数字で考えるとかなり薄いということが分かります。この程度の濃度で考える限り炭酸ナトリウムも炭酸水素ナトリウムも溶け方に違いはありません。(炭酸水素ナトリウムは水100gに10gほど溶けます。)

この程度の濃度で考えていて溶解度がずっと小さければアルカリ性の強さには響いてきます。(水溶液の混合で沈殿が生じるような化合物の場合と考えていいでしょう。)

NaOHやCa(OH)2と同じような形をした化合物が沢山あります。たいていの金属はこの形の化合物を作ります。
水に溶けにくいものが多いです。
水に溶けなければ水酸化物イオンOH-がでてきませんからアルカリ性は弱いという事になります。
水酸化物の溶解度と水溶液のアルカリ性の強さは連動しています。
溶解度の大きい水酸化物は周期表の左側2列の中にある金属元素の化合物です。(それ以外のところにはありません。)
Mg(OH)2は水に溶けにくいです。弱塩基であると分類しています。

炭酸ナトリウムNa2CO3の水溶液はかなり強い目のアルカリ性になります。でもCaCO3は水に溶けにくいですから水溶液のアルカリ性は非常に弱いです。(普通はCaCO3の水溶液を考えるなんてことはしませんね。でもいくらか溶けているということで言うと水溶液があります。)

○溶けやすさとアルカリ性の強さの関係
炭酸ナトリウムも炭酸水素ナトリウムも水によく溶けます。
炭酸水素ナトリウムは重曹として料理に使っているものです。水に溶けなければ使うことはできません。
溶けるものの間で比較して炭酸水素ナトリウムの方が溶けにくいといっているのです。(溶解度の数値で言うと3倍弱の違いです。)

酸性とかアルカリ性を考える時の濃度は通常もっと薄いです。
pHという量で酸性とかアルカリ性を表していると言うのは知っておられると思いますが食塩とか炭酸ナトリウムとか...続きを読む

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

Q水素+酸素=水

水素2つと酸素1つを化合するとなぜ水になるのでしょうか?
その時エネルギーはどうなっているのでしょうか?
ぜひ教えていただきたいと思っています。
また解説がわかりやすいと思うページなどがありましたら
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは要するに水素を燃やしているわけです。
エネルギーの収支を考えると、燃やしたことで熱エネルギーが放出されます。
まわりに熱エネルギーを放出したので、水は水素+酸素に比べてエネルギーの低い状態にある、すなわち安定な状態だと言えます。

ただし、水素と酸素をただ混ぜても燃えません。
そこいらへんの可燃物を燃やす場合も、最初にライターか何かで火をつけますよね?
同じことです。
燃焼反応を開始するために、最初にエネルギーを与える必要があります。
専門的な表現をすれば、活性化エネルギーの山を越えるためにエネルギーを与えてやる必要があるということです。


人気Q&Aランキング