腕に力が入らなくなり、変だと思っているうちに、左上腕部が細くなってきて腕が上がらなくなってしまいました。(半年経過)3月初旬に病院にて、筋電図・CT・MRIと検査をして頚椎の4・5・6番の所が変形していて神経を圧迫しているとのことが原因の一つと診断されました。ただ・・・三角筋や腕の筋肉がかなり萎縮してしまっているのがとても気になるのす。このような神経の圧迫から腕の筋肉が萎えてしまうこともあるのでしょうか?不安です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

更に自分で補足してしまいますが、Jacksonさんという昔の偉い先生が、「牽引により椎間孔(神経根が頸椎から出ていく孔で、上下の椎骨の間にあります)を拡大し神経根の圧迫を除去する目的では少なくとも12Kg以上の力で牽引しなければならない」と述べているのですが、確かに椎間孔を一時的に開くためには男性では15Kg、女性では10Kg位の牽引が必要です。

しかし、いきなりこのような強い負荷をかけると、前述しましたように筋肉、靱帯などを傷めてしまう可能性が高いですし、しかも、牽引を終了すれば、牽引中には一時的に拡大されていた椎間孔も、瞬時にして元の状態に戻ります。(当たり前ですよね。)従って、現在、椎間孔を拡大させることを目的に牽引をする医師というのは非常に古い知識しかない医者か、勉強不足な医者としか言いようがありません。
現在でも認められている牽引の効用は、局所の安静と、筋肉、靱帯、及び関節包の血行を促進させて局所の浮腫を取り除き、機械的炎症を軽減させることであろうと思います。その目的には、決して強い力で牽引するのではなく、せいぜい1-2Kgくらいから始めて3-4Kg位で十分です。

手術が得意な病院というのは、お住まいの地域もわかりませんし、たとえわかったとしても私はすべての地域の本当に手術のうまい先生をすべて知っているわけではありませんのでお答えのしようがありません。
ただ、頸椎の前方から進入する手術では、手前味噌ながら、顕微鏡を使って行う脳外科医の方が、顕微鏡をあまり使わない整形外科医よりも、より慎重で確実であるとは思っています。実際私の病院では、整形外科医は脳外科医よりも人数が多く、以前は首の手術もやっていたのですが、今ではすべて脳外科に手術症例を回してきています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

色々ありがとうございます。今日が初牽引なので、参考にさせて頂きます。千葉県船橋市に住んでおります。今度診察を受ける場合は、脳神経外科のほうがいいですね。これから病院を探さねば・・・

お礼日時:2001/03/29 06:11

 牽引のキロ数についてですが、8kgでいきなり引っ張ったらきっと痛いでしょうね。

これくらいで引っ張って何も感じない程度でしたら、おそらく牽引の効果はあまりないでしょう。腰椎にしても頚椎にしても実際に牽引の効果のある場合はほんの1kgの強弱で影響をうけるものです。私は頚椎の場合5~6kgから始めますが、最初は必ずスタッフをそばに置いて、患者さんが痛みや違和感を訴えれば直ちに中止してキロ数を下げるようにしています。
 ビタミン剤などの内服に関して追加質問がありましたからそれについてお答えしますと、ビタミンはB12やEそれ以外にカルナクリンという循環ホルモン、筋弛緩剤(テルネリン、ミオナールちょっと性格は違いますがグランダキシンなど)などです。理論的に効果が期待できる薬剤ですが、必ず効くというものではありません。
    • good
    • 3

済みません。

No.1の方へのお礼を今読んで、ものすごく気になったものですから再度書き込みます。
いきなり8Kgの首の牽引を始めると言われたのですか?!通常は1-2Kgくらいの弱い牽引から始めるべきです。かえって首の筋肉や靱帯などを傷めてしまいますよ!そんなことを平気でしようとする医者の所からはすぐに逃げ出した方が賢明です。どうですか、sisobe先生?すぐにご意見を下さい。

この回答への補足

牽引なんて全く産まれて始めてのことなので、どうやるのかもよく判りません。
ただ、担当の先生は8kgからやりましょう。とおっしゃいました。私は身長165で
体重48kgの男性(52)です。

補足日時:2001/03/28 23:02
    • good
    • 2

神経原性筋萎縮という状態ですね。


「筋電図・CT・MRIと検査をして頚椎の4・5・6番の所が変形していて神経を圧迫していることが原因の一つと診断された」とのことですので、おそらく筋電図でも神経原性の変化が捉えられており、「三角筋や腕の筋肉がかなり萎縮してしまっている」とのことから先ず間違いないと思います。筋萎縮は、頚髄から出ている第5、第6頚神経根が椎体から発生した骨棘や椎間板のヘルニアによって圧迫されている状態が長期間続いたことによるものと思われます。神経の変性が高度になってしまっていると、何をしても回復する可能性は非常に低いと言わざるを得ませんが、もし可能性があるとすれば、手術により、骨棘やヘルニアした椎間板を削除して神経根の圧迫を取ってあげるしか方法はないと思います。こればかりは保存的治療(薬や牽引や整体治療や気功など)をいくらやっても時間と共に回復する可能性は限りなくゼロに近づいて行くばかりです。手術をすればかならず良くなると請け合うことは出来ませんが、唯一良くなる可能性があるとすれば手術のみです。
以上のことは、本当に頚椎症による神経根の圧迫が原因であると仮定してのお話ですから、それが原因でない場合には当てはまりません。担当の先生に更によく説明をお受けになり、最もふさわしい治療法を納得の上でお選び下さい。
お大事にどうぞ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。この著しい筋肉の萎縮の原因が、治る可能性のある病気である事だけを今は熱望しています。今の所では首の手術はそんなの症例がないようなのでこれから病院を探すつもりなのですが、ごぞんじないですか?

お礼日時:2001/03/28 22:46

 基本的にはvisさんのおっしゃるとおりです。

廃用性筋萎縮だと思います。治療に関して2~3アドバイスします。頚椎の牽引ですが最低2~3週間は続けてやってください。勿論、日祭日はできませんが週に2~3回などというやり方は本来牽引療法が有効だとしても症状が改善しない可能性があります。それと手術についてですが100%完璧に治ることはないと思っていてください。これは診断が間違っていたとかの問題ではなく、神経の走行が非常に多く当然手術の時には細い神経は切断されます。このために術後クビの痛みがあったり、多少のシビレが残ったりというのはあります。ただ、筋萎縮により腕が上がらなくなるよりはいいんではないでしょうか、といった感じの手術は覚悟しておいたほうが良いと思います。
 牽引やビタミン剤の内服、注射などで症状の改善が計られることを祈ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。週2~3回は通おうと思っています。薬は一切出ていないのですが、どんなビタミン剤がいいんでしょうか?

お礼日時:2001/03/28 22:27

はじめまして。

リハビリテーションに関わっているものです。
診断はドクターの領域ですので、あくまでアドバイスと言うことで・・・(自信がない・・・にチェックさせていただきました。)
出来るだけ簡単に書いてみます。
通常筋肉と言うものは、使われることによって保たれています。
使われなくなった筋肉は、萎縮していくことを廃用性筋萎縮と言われます。
書かれている内容によれば、腕が上がらなくなってその後半年が経過しているとのことですから、筋の萎縮は十分考えられます。
(先に細くなってきて・・・というところが気になりますが・・・)
萎縮した場所が上腕部となっていますので、その中でも多少の違いがありますが、基本的には、頚椎の4・5・6で間違ってはいません。
確かに筋の萎縮が起きてくる病気もありますが、
今回の場合、診察を受けてはっきりとした診断が出ていますので、まずはそれを信じるしかないしょう。
その場合、主原因を改善させる(神経の圧迫を取り除く事)ことが大切であり、
その後のリハビリテーションによって症状の改善も見られると思います。
ただ、患者さんの立場から言えば、気になるのでしたら、いくつかの病院で診察を受けてみるもの一つの方法だと思います。
同じ診断であれば、一番信頼できる病院で治療を受ける。
違う診断が出ても、少なくとも今の不安な状態よりは、いいと思いますし、不安なく治療に専念できるのではないでしょうか。

軽快されることを、心よりお祈りしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。先ずは牽引8kgから始める予定です。
1~2ヶ月位やってみましょうとの事ですが、そんなものでしょうか?手術も選択肢には入っていますが・・・効果があるかどうかは判らないって先生にいわれてしまったのですよね・・・やはり長くかかるんでしょうね。色々ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/28 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左上腕部外側~肩の筋肉が小刻みな痙攣が続いています。

左上腕部外側~肩の筋肉が小刻みな痙攣が続いています。

症状が出てきたのは 昨日の起きたころからだったと思います。

違和感があったのを気にしだすと小刻みな痙攣に変わった?みたいでした。
ずっと続くではなくて ふとした瞬間に始まります。

昨日の夕方に湿布を貼っていましたが 症状が治まらないので
寝る前に嫁にマッサージをしてもらいました。
ついでに首筋や背中を揉んでもらったらかなり凝っていたので
それが原因なのかと思っていました。

今朝方、目覚め前にまた違和感で起きたのですが 昨日よりは少し強い(早い)
痙攣に感じました。
気になって、そこからは練れませんでした。
その痙攣する部分を右手で押さえると治まるかと思い、押さえましたが
痙攣がひどいときには 押さえても痙攣が治まりませんでした。

昨日から続いているので 症状が出てないときは 筋肉痛になっています。

何が原因なのでしょう?治める方法があるでしょうか。

もし、診察にいくなら 何科に行けばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

整形外科で診断を受けては?

自宅では下記を試されては?
1. 頚椎を鍛錬する簡単な運動
NHKで紹介の頚椎鍛錬法:試してガッテンNHKで検索(過去の放送分)、5月23日の警告 首の痛み総点検で紹介の頚椎体操
座った姿勢で首の筋肉を鍛える体操
背もたれのある椅子に座って背筋を伸ばし、額に手を当てます。手に力を入れ、そこに向かって頭を押しつけて下さい。これを頭の前・後・左・右の4方向で行います。それぞれ5秒間ずつ力を入れて1回です。
1日10回から始め、徐々に回数を増やし、1日20~30回程度を目標にします。
注意点
* 力の目安は、全力を10とすると5~6くらい。力を入れすぎると首を痛めることもあるので、決して入れすぎないようにして下さい。
* 力を入れる際、あごを前に突き出したり、後頭部をそらしたりしないように注意して下さい
昼は上記の頚椎鍛錬方法で、夜は
頚椎用枕を使用する頚椎鍛錬を、回復効果が最も期待できる睡眠中に安全に、スムーズに行うことが出来ます。これは頚椎をシッカリと保持することで、頚椎を鍛錬・安定させます。しかも睡眠中ですので、頚椎の筋肉の緊張が弛む状態のなかで、呼吸、寝返り等で自然に、安全に行われますので、頚椎にも優しいです。頚椎を保持すると自然と正しい睡眠姿勢へ導きます。操体法のストレッチで症状が軽減、正しい睡眠姿勢での眠り改善を助けます。頚椎が安定しますと肩コリ、手、指等のシビレも改善に寄与します。鞭打ち症のリハビリにも役立ちます。 頚椎と頚椎用枕を検索、頚椎の重要性を理解、どうして頚椎用枕が必要なのか理解できます。

2. カラダ全体向けストレッチで、毎日カラダに発生する歪み、ズレを改善する。
痛みのない操体法のストレッチで日々カラダの歪み、症状を軽減し、睡眠の回復効果を利用、更なる症状改善、同時に頚椎を鍛錬することで、症状改善に役立ちます。

操体法の簡易版ストレッチで、就寝前にベッドで5分間、これでカラダの部位の歪み、痛みを軽減、正しい睡眠姿勢での眠りにより改善します。又朝目覚め後にベッドで5分間、朝のカラダ全身の部位をリフレッシュ。これを毎日朝晩することで、カラダの多くの部位がリニューアルできます。
操体法のストレッチは、足もとから首まで痛い部位まで、左右の動作に痛さが無いかチェック、途中痛い部位があったら、保留にして、ほかの周辺の部位を解し・鍛錬・チェックしていき、ほかが終わってから問題の部位に戻り、解し・鍛錬します。このようにカラダの全体を解し・鍛錬する方法です。無理せず、痛いところは痛くなくなってから解す。これによりいろいろな症状が改善します。下記はこれらの簡易版で、カラダ全体を網羅、日々することでカラダの症状改善に役立ちます。
⇒ 講談社の”朝3分の寝たまま操体法”の109-125ページで 6つのストレッチを紹介、これらの運動で椎間板ヘルニアが手術なしで回復したとの報告もあります。本の中の絵を見て、日頃動かしていない部位を万遍なく解し、鍛錬して下さい。但しユックリ、優しく、各部位を労わるが如く、行ってください。無理はしないで。骨盤・腰椎を中心としたストレッチで、首、肩、腰にも連動、これらの歪み・痛みにも効果があります。カラダの歪み、痛みを緩和し、頚椎用枕で頚椎を安定させて眠ると、緩和した症状の改善を促しますので併用により効果が期待できます。
1.かかと伸ばし 2.膝倒し 3.膝抱え 4.つま先上げ 5.腕ひねり 6.足首まわし(本は図書館に)

 #下記の動作で操体法を実感して下さい。カラダに優しい、安全な治療施術です。
例えば、膝倒し-仰向けになり、両膝60°に立て、両膝を合わせ、足の踝を合わせて、その上で
両膝を右へユックリ倒します。戻してから左へユックリ倒します。先ず大半の方が左右どちらかで痛み、不快感を感じると思います。それは腰他に歪みがあります。
例えば右が痛い、不快を感じたら、カラダに歪みがあります。そしたら痛くない左に3-5回ユックリ倒すと、右へ倒す時の痛み、不快感が軽減します。ですが軽減しない時は即中止。他の部位を膝倒しと同じように左右への動作をし、痛みのない部位の運動を探し、全ての運動を解し、鍛錬後、先ほどの痛い部位に戻り、痛い方に倒します。痛みが消えています。あなたの歪みは大幅に軽減しました。(動作は全て息を吐きながら行って下さい)このようにカラダの痛みを軽減するので操体法は痛まない治療法で、カラダに優しいですし、発案者の個人操体を推進していますので、安全です。頚椎用枕は使用者の安全、健康と症状改善を目的に操体法とのコラボ(合作)を決めました。

整形外科で診断を受けては?

自宅では下記を試されては?
1. 頚椎を鍛錬する簡単な運動
NHKで紹介の頚椎鍛錬法:試してガッテンNHKで検索(過去の放送分)、5月23日の警告 首の痛み総点検で紹介の頚椎体操
座った姿勢で首の筋肉を鍛える体操
背もたれのある椅子に座って背筋を伸ばし、額に手を当てます。手に力を入れ、そこに向かって頭を押しつけて下さい。これを頭の前・後・左・右の4方向で行います。それぞれ5秒間ずつ力を入れて1回です。
1日10回から始め、徐々に回数を増やし、1日20~30回程度を目標...続きを読む

Q現在、左上腕の肩から上腕二頭筋あたりに痛みがあります。

現在、左上腕の肩から上腕二頭筋あたりに痛みがあります。

1年前位前からバック等を左で持ったとき、うでがつるというか、引っ張られる様な違和感がありました。腕は上まで上がったので四十肩ではないと思っていました。
最近、家のドアで左腕を壁に当ててしまい、そのまま腕を戻しながらドアを通ろうとしたところ、激痛が走りました。
たぶん、普通なら当たっても気にならない程度だと思います。
以前からそれ以外に左肩こりはひどく、肥満体型です。
これは腕の筋肉の損傷か何かでしょうか。湿布していますが、じりじりと痛みます。

Aベストアンサー

まずは正しい診断を受けてください。痛みだけでは四十肩(正式には肩関節周囲炎)の他、石灰沈着、インピンジメント、腱炎、腱板損傷など様々あります。また頚椎疾患の可能性も否定できません。レントゲンは病院でしか撮れませんので、まずは整形外科に行かれてください。

Q頚椎 脊髄 圧迫 原因は?

父親が頚椎を痛めてしまったようなんです。
首のヘルニアに当たるそうです。
といっても、「この時に」というのは考えられないんです。
半年頃前から、腕のよわーいしびれや、風呂での左右半身の温度の感じ方がちょこっと違うそうです。
MRIをとった結果、脊髄を圧迫してるらしく…。
詳しくはわかりません。

2年半くらい前に、うつぶせの状態から頭に60~75キログラムのものをつけて持ち上げたことがあるんですね。
そのときにはなんともなかったのです。

質問したいのは、
それから2年以上してから影響が出てくることってあるんですか?
それが原因の可能性はどのくらいなんでしょうか?
よくある原因はなんですか?

Aベストアンサー

お役にたてるか分かりませんが、頸に負担をかけた時に、ちょっとした外傷を受けてしまって、時間(加齢による変化)と共に症状が出てきたのかもしれません。

詳しい事はわかりませんが、頚椎椎間板ヘルニアについてのサイトがありましたので、御覧になって下さい。

http://www.sekitsui.jp/ippan/06hensei/06hensei.html

痛みや生活上不便な事がたくさんあると思います。
頸を無理に反らせたりなど、負担がかからないように注意して下さい。

おだいじにどうぞ。。。

参考URL:http://www.tahara-seikei.com/706.htm

Q筋肉の固まりと萎縮の違いとは?

筋肉の固まりと萎縮の違いとは?

こんばんは。
昨年はアイスバケツチャレンジなど、難病alsの認知度がグッと上がった年でしたね。

さて、質問なのですが、
alsの症状は主に、筋肉の萎縮や収縮。
それって、筋肉が固まっていくのとどう違うんですか?筋肉そのものがどんどん小さく痩せていってしまうということなんでしょうか。

また、その場合、筋肉が痩せて力が入らない以外に、何か感覚的に異常はないのでしょうか?例えば、痛かったりだとか、締め付けられる感じがしたりだとか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

alsよりALSって記載して下さい。というのはALSは筋萎縮性側索硬化症:amyotrophic lateral sclerosisの略語であり、英語では略語は単語と区別するために大文字表記が慣例です。

さて「筋肉の萎縮や収縮」とあります。「萎縮」はわかりますが、「収縮」は「線維束性収縮」を指しているのでしょうか。なら「筋のピクつき」のことです。なお「筋肉が固まっていく」ということが何をイメージされているのかわかりません。「拘縮」のことでしょうか。これは「関節可動域練習」を行わなければなります。

ここで質問するより「筋萎縮性側索硬化症」と調べた方がわかりよいと思いますが・・・

Q頸椎部分の神経圧迫に対する手術

先日「頸椎ヘルニアの良い治療法」で質問を出した52歳会社員です。頸椎部分の神経圧迫で、回答者のアドバイス(頸椎の治療・手術は脳神経外科の方が良いのでは)もあり、都内の脳神経外科へいったのですが、その病院では結局頸椎に関する治療は整形外科だと言うことで、整形外科で診察を受けました。
結果MRI検査で頸椎などにより神経が圧迫され、一部壊死かもしれない部分も見受けられ、早い内の手術が望ましいとの事でした。手術はやむを得ないと思うのですが、やはり頸椎も担当する脳神経外科の診察を受けた方が良いでしょうか。又手術する場合脳神経外科の方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

 手術を受けるのは整形外科、脳神経外科のどちらでも良いと思いますが、どちらの科であっても脊髄を専門としていて実績のある病院で手術をしてもらうのが安心でしょう。脊髄を専門としている整形外科医が手術するのと脊髄を専門としている脳神経外科医が手術するのでは術後の成績に差は無いと思います。

 脊髄を専門とする医師は整形外科にも脳神経外科にもいますが、人数としては前者の方が圧倒的に多く、頭の手術のみで脊髄には手を出さない脳神経外科医は多いです。質問者さんの受診された病院のように、「脊椎・脊髄は整形外科」としている病院が多いのが実際だと思います。
 しかし最近の流れで言えば、整形外科医による脊椎・脊髄手術件数は減少傾向にあるのに対して、脳神経外科医による同手術は増加してきているという流れはあります(脊椎脊髄手術の絶対的な件数はまだまだ整形外科医>脳神経外科医ですが)。

 脳神経外科医による脊椎脊髄手術は手術用顕微鏡を用いて行いますのでより繊細な操作が可能と思います。ただ、先述したとおり整形外科医の脊椎エキスパートであれば、手術用顕微鏡を用いずに脳外科に勝るとも劣らない手術成績を残していると思います。

○主に整形外科医による学会である日本脊椎脊髄病学会
http://www.jssr.gr.jp/jssr_web/html/index.html

○主に脳神経外科医よる学会である日本脊髄外科学会
http://square.umin.ac.jp/jsss-hp/

 それぞれの学会で専門医や指導医、訓練施設を設定していますから、そちらをご覧になって手術を受ける病院を決定されるのが良いと思います。

 手術を受けるのは整形外科、脳神経外科のどちらでも良いと思いますが、どちらの科であっても脊髄を専門としていて実績のある病院で手術をしてもらうのが安心でしょう。脊髄を専門としている整形外科医が手術するのと脊髄を専門としている脳神経外科医が手術するのでは術後の成績に差は無いと思います。

 脊髄を専門とする医師は整形外科にも脳神経外科にもいますが、人数としては前者の方が圧倒的に多く、頭の手術のみで脊髄には手を出さない脳神経外科医は多いです。質問者さんの受診された病院のように、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報