痔になりやすい生活習慣とは?

江戸時代の政治の実権は幕府にあり、朝廷はお飾りのような
陰の存在でした。
江戸時代の将軍家は15代ですが、天皇家も15代です。
並べると以下のようになります。

家康  後陽成
秀忠  後水尾
家光  明正
家綱  後光明
綱吉  後西
家宣  霊元
家継  東山
吉宗  中御門
家重  桜町
家治  後桜町
家斉  桃園
家慶  後桃園
家定  光格
家茂  仁孝
慶喜  孝明


さて、これらの天皇たちが何をしたかは一般的にあまり知られていません。
歴史教科書に登場するのは光格天皇の「尊号一件」ぐらいでしょうか。
江戸時代における天皇・朝廷の何か印象的なエピソードがもしあれば
教えていただけますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

天皇はそもそも家ではないので、天皇家という表現はふさわしくありません。

天皇はあくまで天皇です。

近代史において、明治維新が起こった際に国民の団結を目的として天皇は国家元帥になりますが、1400年続く皇紀の中で直接政治に関わった時代は非常に稀です。また明治時代から戦後アメリカに占領されるまでも、「君臨すれど統治せず」が基本原則であり、内閣と天皇の関係も、また天皇の実権も憲法できちんと制約されていました。

徳川家は天皇から実権を奪い、独裁政治を行ったかのように歴史教科書は書きますが、そもそも天皇は独裁者として日本国民の上に君臨した事は今だかつて一度もありません。

それを証拠に、天皇は国民と対立関係に無かったため、京都御所のような簡単に打ち破られるような堀のない邸宅に1400年も住んでいて、一度も国民に襲われたり滅ぼされたりしていないのです。

この辺を左よりの支配する学校ではきちんと説明しないので、「昔の日本は天皇家が支配する、今の北朝鮮さながらの酷い国家だった」と本気で信じるおりこうさんが多いのが実態です。

で、天皇は江戸時代何をしていたかですが、今の今上天皇同様、1400年続く祭事を行っていました。祭事とは何か。これも新嘗祭をはじめ全てが名前を変えて何とか記念日として休日となっているためわかりにくいのですが、平たく言えば、日本国民の平和や幸せの為の祭事を行っているのです。
天皇は、自分の為ではなく日本国民全ての人々の為に、いつもお祈りをしてくださっているのです。ですのでどっかの国は「日帝」と呼びますが、どちらかというと皇帝ではなく法王に近いんですよね。

戦後の共産党員はソビエトから共産主義思想を持ち帰った際、この辺を良く解っていなかったので天皇を「天皇家=特別階級」として目の敵にし、格差社会の打倒すべきものとし、また唯物論の観点から神事を執り行う祭祀王という位置づけも理解できないようです。ですので日教組に支配された学校教育ではとにかく天皇は悪いイメージしか教えてくれませんし、詳しい教育はしてもらえません。

繰り返しますが天皇は江戸時代も今も、ただ日本国民の為に祭事を行い、国民の平和や幸せの為に祈ってくださっている方なのです。
    • good
    • 1

後水尾天皇は実質的には院政を敷き明正から霊元までの帝は飾り物です。



この帝は、幕府との確執に終始した生涯と言っていいでしょう。紫衣事件や春日局の無位参内などで激怒し、徳川の血を皇室から消すために明正帝(女帝)に譲位したと言われています。明正帝は徳川秀忠の孫娘です。

孝明天皇は重要でしょう。彼の病的なまでの異人嫌いの感情がなければ、あの無謀な攘夷運動が燎原の火のように広がって、幕府があそこまで窮地に追い込まれることはなかったと思います。倒幕の動きは別の形になっていたでしょう。
    • good
    • 0

No.3につけたしです。



現代人の私達には、権力者と
「権威」や「文化」との関連については
「???」という感じですが、

明治以前は力を持つものが「文化の中枢」に
いたり、権威を誇示するための称号・官職や
儀礼作法を所持してることは重要視されていた
ようです。実際、江戸時代を通して
幕府がやったことは将軍家も含めてほぼ「武家の公家化」だった
ように思います。ただ、その仕組みを幕府内部に作らず
天皇・朝廷の存在感を消しつつも形式だけとはいえ、
朝廷に依存していた。
やっつあん熊さんやタゴサクさんといった政治に参加してなかった
当時の下々はともかく、政治に多少なりとも関わっていた武士や
商業活動を通して多少関与していた一部の商人にはこのことは
多少なりとも影響を与えていたことでしょう。

この状況がずっと続いたのはどうしてなのか、不思議としか
言いようがないですが・・・。
その結果が幕末→明治維新(王政復古)に繋がるわけですが・・・。

現代の私達は「文化を保護・奨励するおかみ」にも
「権威」というものにもいまひとつイメージがわかなくて
それが一方ではスポーツ・芸術芸能の振興に政府行政が関わる
ことを嫌悪する風潮であったり(ただ、現代の行政が振興・保護を
行うのは権威的な意味あいというよりも、国や国民の活動そのものの
振興や支援=魅力ある国づくり という考えであるともいえます)
一方では今の皇室の存在のあやふやさ
(昔のような「権威」を持ち出すことの是非はさておき)と
いう問題を起こしているのではないでしょうか?
    • good
    • 0

後水尾天皇は、寛永文化 という


江戸時代初期の京都を中心とした
「文化的動き」に大きく貢献しました。

彼の周りには文化的才能のある公家達が
集まり、また彼らの仲介によって市井の
文化人(町衆達)達も参内し、様々な文化的
交流をしました。

和歌はもちろん、今で言う茶道・華道・書・絵画
陶芸・工芸にいたるまで独特の美のかたちを
教養人同士の交流のなかで生み出しています。

後水尾天皇自身も勅撰和歌集を編纂させ
(「類題和歌集」)、自身も学問・詩歌
茶道・華道に通じていました。

これらの動きは日本の中心になり始めていた
「江戸」に対抗する部分も多分にあったようで
(皮肉なことにこれらの華やかな活動の資金
の出所は、家康の孫娘で天皇の后であった東福門院
とその実家 といっても過言ではないのですが)
そのため幕府にも多少警戒されたようです。
(実際、「紫衣事件」や明正天皇即位にまつわる問題等
天皇の「力」を多少なりとも示す事件がありました)

江戸幕府が
京都北部の「鷹峯」に市井の文化人・芸術家の活動拠点
(本阿弥光悦などが住みました)を作らせたのは
表向きは創作活動に集中できる環境をつくるため、本音は
彼ら存在感ある文化人である町衆が、天皇や朝廷と結びついて
幕府の大きな抵抗勢力となるのを恐れたからだ という
説もあります。

詳細は「寛永文化」や後水尾天皇に関する著書を
ご覧ください。
    • good
    • 1

禁中並公家諸法度では天皇のなすべきこととして「学問」が挙がってます. もちろん #1 でいわれるように「官位を与える」のは (支配者にとってある意味) もっとも大事な仕事ですが.


ところで, 「江戸時代」の解釈によっては天皇がもう 1人増えるんだけど....
    • good
    • 0

祭事をしていました。



また、官位を授けるのも、指名は将軍でしょうが、
任命するのは、帝でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鎌倉・室町、戦国、江戸時代の天皇 権威はあったの?

鎌倉・室町、江戸時代の天皇は権力がなく、室町時代や戦国時代は食べるものに困るほど貧窮した暮らしをしていたと思うですが、その時代には天皇の権威はあったのでしょうか?
あったとすれば、それは祭司王としての権威でしょうか?過去に作られた神話をもとにした権威でしょうか?古代の神(同時に鬼としても)信仰があったのでしょうか?ピースメーカーとして機能していたの?
権威があったのならあの時代、貧窮しなかっただろうし、江戸時代も皇位継承を幕府に握られるようなことはなかったと思うのですが。。。
そこらへんを詳しく解説していただけると助かります。

Aベストアンサー

<参考>
 日本史において、『中世~近世の天皇が、いかなる存在であったか』は、相当重要なテーマでありながら、過去の歴史家に見過ごされてきました。

 最近になって、この点を独自に掘り下げて、続けて論文・著書を発行し、この問題についての歴史的第一人者とみなされているのが、今谷明氏です。
 以下の著書を参考にお読みになればどうでしょうか。

『天皇家はなぜ続いたか 対談集』(新人物往来社 1991.12)
『日本国王と土民』集英社版日本の歴史、1992年)
『戦国大名と天皇 室町幕府の解体と王権の逆襲』(福武書店、1992年/講談社学術文庫、2001年)
『信長と天皇―中世的権威に挑む覇王』講談社現代新書、1992年/学術文庫、2002年)
『武家と天皇―王権をめぐる相剋』岩波新書、1993年)
『天皇と天下人』(新人物往来社、1993年)
『象徴天皇の発見』文春新書、1999年)
『象徴天皇の源流 権威と権力を分離した日本的王制』(新人物往来社、2011年)

 今谷氏は、女性宮家創設の是非について、日本政府から公式に意見を聞かれたりもしています。

<参考>
 日本史において、『中世~近世の天皇が、いかなる存在であったか』は、相当重要なテーマでありながら、過去の歴史家に見過ごされてきました。

 最近になって、この点を独自に掘り下げて、続けて論文・著書を発行し、この問題についての歴史的第一人者とみなされているのが、今谷明氏です。
 以下の著書を参考にお読みになればどうでしょうか。

『天皇家はなぜ続いたか 対談集』(新人物往来社 1991.12)
『日本国王と土民』集英社版日本の歴史、1992年)
『戦国大名と天皇 室町幕府の解体と王権...続きを読む

Q徳川家はなぜ天皇家をつぶさなかったのか

徳川家はなぜ天皇家をつぶし、最高の権威を手に入れなかった

のでしょうか?

自分は徳川家が早い段階で天皇家を滅びさせていれば

明治維新は起きなかったのではないかと思っています。

徳川家は惜しいことをしたと思うのですが、やはり天皇家は

日本人にとって切っても切れない存在だったのでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパの王権神授説は有名ですが、中国でも漢民族の王朝の交代
に際しては、武力による旧王朝の打倒であれ家臣や姻族による簒奪で
あれ、タテマエだけでも禅譲という形式を取ったります。徳を失った
皇帝が徳のあるものに権力を譲るという「形式」ですね。イスラムは
宗教と王権が合体?していますね。前の方々も述べられているように、
要は、武力や経済力による実効支配だけではダメなんですね。

日本の場合、天皇からの権力の委任という形を取っているのが特徴で
すね。ですから、天皇家をつぶす為には、天皇に代わる権威(支配の
正統性)が必要なのです。徳川に限らず、結局のところ、力では圧倒
しても、天皇に代わる権威を見出せず、実行できなかったのだと思い
ます。

平家は都落ちに際し安徳天皇を拉致?しますが、京都には天皇家の家
長である後白河院が健在であったため、焼け石に水。
承久の乱では、北条義時が天皇家の家長である後鳥羽院の島流しを敢
行しますが、北条得宗専制ですらまだ始まってはおらず、あまりにも
時期尚早。天皇を頂点とする公家勢力・寺社勢力の息の根を止める以
前に、まだそれ以下の鎌倉「将軍」の権威で武士の統合が必要な時代。
元弘の乱の後醍醐天皇の配流と、建武新政崩壊後の南朝への攻略は、
持明院・北朝の存在を前提としたもので、天皇家抹殺の意図なし。
足利義満による皇位簒奪計画という学説もありますが、事実だとして
も未遂。
織田信長が将軍や関白などの官職を受ける意志がなかったとすれば、
どのように権威(支配の正統性)を樹立するつもりだったか、興味深い
ところ。信長自身の神格化?がそれという説も。
豊臣秀吉は天皇を中国に移し、自分はインド方面まで手を伸ばすつも
りだったとか。天皇を一国王としての地位に留め、その地位を保証す
る世界皇帝になることで、天皇を超えようとしたという説も。
で、本題の徳川家ですが‥
徳川家康の場合は、京都や大坂を掌中に置くのに時間がかかり過ぎ、
短期決戦できなかったのがネックでしょう。家光の代までに幕府も安
定し、禁中並公家諸法度などで従来の権門(公家・寺社)を幕府の法制
下に置き、武家官位と公家官位を分離するなど、色々と手は打ってい
るようですが‥
でも綱吉になると、生母桂昌院に従一位を貰って喜んでみたり‥
そうこうしているうちに将軍の継承問題、そして改革と挫折の連鎖の
時代となり、天皇家に構っている余力はない‥ 要は支配の正統性の
問題は、権力を握ったらすぐに手を打たないと、手遅れになるという
ことですね。

あと、蛇足ではありますが、源・平・藤原・豊臣などの「氏」が、
日本の場合天皇から与えられるという性格を持つという点も、天皇制
存続に関して何らかの意味を持つのかもしれません。平清盛・源頼朝
・平(北条)義時・源(足利)義満が姓を自分で決めて自称せず、織田信
長・徳川家康が源・平姓を名乗り、羽柴秀吉が豊臣姓を貰って喜んで
いるうちは、天皇の風下に甘んじるという一面を持ちます。もっとも、
姓を自分で決めて自称するとか、姓を捨てて天皇家と同じ無姓となる
という発想自体が、思考力の枠を超えるものでしょうけど。でも、信
長あたりは長生きしていたらやっていたかもしれないし‥

ヨーロッパの王権神授説は有名ですが、中国でも漢民族の王朝の交代
に際しては、武力による旧王朝の打倒であれ家臣や姻族による簒奪で
あれ、タテマエだけでも禅譲という形式を取ったります。徳を失った
皇帝が徳のあるものに権力を譲るという「形式」ですね。イスラムは
宗教と王権が合体?していますね。前の方々も述べられているように、
要は、武力や経済力による実効支配だけではダメなんですね。

日本の場合、天皇からの権力の委任という形を取っているのが特徴で
すね。ですから、天皇家をつぶす...続きを読む

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q武士政権が天皇家を潰さなかったのはなぜ?

源頼朝から明治維新まで武家の長である将軍家が政権をにぎっていましたが
しかしその間、天皇はその将軍家の君主として滅びずにあり続けました。
これは何故なのでしょうか?
かつての王家が名目だけ残る、というのは、実質上のトップである将軍家にとってやりづらくはなかったのでしょうか?
天皇家を存続させるメリットや、潰すと起こるデメリットなどがあったのでしょうが
考えをめぐらせてもピンと来る答えに行き着きません。
もし「これだ!」というものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

まず歴史をひも解いてみますと, 平安時代に「摂関政治」が始まって以来, 天皇が権力を持っていた時代はほんのわずかしかありません. 白河上皇の院政期と後醍醐天皇の「建武の新制」, 明治天皇の一時期 (憲法ができるまで) くらい?
ということで, 鎌倉幕府成立時点で既に天皇は「権力を認める背景としての権威を保持する機関」となっています. そして, 武家政権を確立した平氏・源氏ともに「武家の棟梁」として認められたのは「貴種 = 天皇につながる血を持つ者」であるところが大です.
つまり, そもそも権力を持たない天皇をつぶすメリットはありません (天皇家をつぶしたとしてもそれに代わる権威が得られるわけではない). むしろつぶしてしまうと, 自らの権力を認める権威が失われてしまうこと, そして自らの棟梁としての正当性を失うことにより, 2重の意味で自らの権力基盤を失うことになってしまいます. であれば, わざわざ手をかけてつぶすよりも手の上でコントロールしていた方が簡単です.


人気Q&Aランキング