障害者厚生年金(重度精神障害)+生活保護費について
inkyoasahikawa(隠居は旭川希望という意味です)です。
13年以上も、うつ病、自律神経失調症、薬の副作用で、もはや会社勤務での生活はできないと、主治医が判断し、障害者厚生年金と生活保護を受けるように勧められました。障害者厚生年金のほうは、審査が通るように医師が診断書を書いてくれるそうです。
東京では、障害者厚生年金は、月約5万円、生活保護費は13万円と聞きましたが、この合計18万円が支給されるのではなく、障害者厚生年金の分だけ生活保護費が減額されると聞きました。しかし、例外もあるようです。この辺の詳しい方にお聞きしたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 例外って何でしょう。


 
 勤労控除というのがありますが。これは、働いていたら、その分全額が生活保護費から差し引かれるのではなくて、いくらかの(1万円か2万円程度)控除があるというものですが。しかし、(多分)障害年金は勤労控除ではないし。

 思いつくのは、障害者加算というものがあることです。ある等級以上の障害者手帳(精神の場合、1級もしくは2級、3級では駄目)を持っている場合、1万5千円(2級)か2万円(1級)程度の加算がつきます。
 
 障害者加算が欲しいのなら、障害者手帳を取得してみてはどうでしょうか。年金で3級でも、手帳は2級の人は結構多いです。(しかし、残念なことに、「手帳では認めない」という役所もあります。まあ、3級といえども、年金を受給していたら認められる可能性は高いですが。ろくに年金も納めていないくせに、生活保護の障害者加算だけは要求する人に腹を立てている、市町村も存在するという理解ぐらいで良いと思います)
 http://www.seiho110.org/cgi-bin/topics_faq/topic …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活保護受給後に障害者2級さらに5年分遡って障害者厚生年金が支給された

生活保護受給後に障害者2級さらに5年分遡って障害者厚生年金が支給された場合
障害者(おそらく2級)となり、生活保護を受ける予定です。生活保護申請が受理され、生活保護の生活が始まる3ヶ月後に、障害者(おそらく2級)の申請が認められ、さらに5年間遡って障害者厚生年金が支給された場合、数百万の一時金が入った場合。以上、想定内の事で決定ではありませんが、数百万の一時金が入った場合は、生活保護を打ち切られるか、一時金が没収されて、生活保護が継続されると思いますが、実際、どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

保護受給前から一時的にせよ多額の収入の可能性があるということは、福祉事務所の対応によりますが、次の2パターンのことが想定されます。
1.保護開始時からの支給額(生活費の他に医療費等も含め)を返金させた後に残ったお金があれば、1ヶ月分の最低生活費以下になるまでは保護の停止(又は廃止)となる。
2.返金はないが、お金が入った時点で保護の停止(又は廃止)となり、お金がなくなるまで(概むね1ヶ月分の生活費以下になる程度まで)は、そのお金で生活する。
どちらもお金が無くなれば、保護の申請ができますから、心配することはありません。
1と2の違いですが、1は保護開始時点でお金が入ることが分かっていた場合。2は全く想定していなかったお金が入ってきた場合のことです。
ただ、これも考え方の問題で、お住まいの福祉がどのように判断するかは分かりませんから、保護受給時に担当にきちんと話をしておいた方が良いと思います。

Q厚生年金受給額よりも生活保護費の方が多い??

厚生年金って一般的なサラリーマンの場合計算したら受給額は一ヶ月あたり13万円前後位ですよね? 65歳から20万円くらい?
生活保護は家賃限度額含めたら毎月13万円ほどです。 なんか生活保護っておかしくないですか?
基礎年金だったら絶対に生活保護受けたほうがいいし(制約あっても) 厚生年金だけで生活でも生活保護の方がいいと思ってしまいます・・・(医療費無料とか保険料無料とか優遇が多いため)

私の地域では生活保護基準表によると・・・(単身者20~40歳)
第一類40,270円 第二類43,430円 住宅費53,700円以内
障害者(軽度)加算17890円(うつ病とかで障害者手帳ある場合でも)

以上、障害者加算なくても137,400円です。
これに国民年金保険料14,660円 国民健康保険料(約10,000円と仮定)免除を加えて162,060円・・・
さらに医療費が無料です。  税金の免除や障害者手帳取得すれば市営地下鉄や市バスがある地域はそれも無料。

結果、単身世帯の生活保護の人は働かなくても20万円ほどの収入を受けてると思ったほうがいいかもしれません。
20万円(手取り)って下手すると高卒サラリーマンで到達するには何年かかりますか? まあ、賞与があるからなんとも言えませんが・・・
知り合いの高卒の新卒者は「手取りが14万だった・・・」と嘆いていました。

現在、私は社会福祉士の勉強をしています。
先日、療育手帳(知的障害)を取得しました。
障害者福祉論が科目にあるため、税控除や障害年金や生活保護を受給されやすいと思ったからです。(手帳持ってて損することってプライドくらいですが私にはありません)
行政も、所詮は書類主義なので東大生もこの手帳は取ろうと思えば取れます。(私は3流大学で東大生ではありませんが申請は誰でもできるので行政を試したのです。知能テストなんかあってないようなものでした)

次は精神保健福祉手帳を考えています。(うつ病と思って精神科行けばすぐに薬も出るし診断書と要意見書が発行されます。薬はすでに出ていますが飲むか飲まないかは・・・)
これもなんとかなってしまうのが現実です・・・
なんとかならないのは身体障害だけです。

それに障害年金受給すれば、生活保護のケースワーカーの就労指導も半減します(知り合いにケースワーカーがいるので聞いた)ので、先に障害年金です。

厚生年金は65歳でやっと20万円ほどです。
なので、(生活保護制度が変わってないと仮定)65歳に向けてタンス貯金や本人以外の口座で金銭管理してしまえば生活保護を申請できてしまいます。(役所も名義が変わってはそこまで調べられないそうです)

何がいいたいかと言うと「無知」は悲しい!
だからせめてOK WEBの人達に生活保護というものを知ってもらいたいのです。 普段、税金払っているのだから社会保障受ける権利はありますし、白い目で見られるのはどっかに「生活保護って楽だな~」とかいうのがあるんだと思うんです。
だってPCも現在は認められるんですよ?
障害者にあわよくばなれば、それこそ市バスとか無料でしょ?
高額所得者はそのままがんばったほうが得です。
ワーキングプアがこの国には多すぎる!
65歳で20万以上稼いでいる人って少ないと思いますし、若者でも現在は厳しいです。 水際作戦は司法書士や行政書士・弁護士や共産党議員や創価学会の協力があれば役所も弱いのですぐに申請が通ります。
NPOかなんかの人たちでもいいです。
現在、生活保護の人って160万人でしたっけ?
たぶんワーキングプアが全員申請すれば200万人をすぐに超えるでしょう・・・
あと、老人ホームも無料で入所できるので、いちばんいいのは65歳までは損得考えて選択すればいいけど、65歳からは貯金を0にするか別枠にすれば、あとは自動的に死ぬまで生かされるのです。

なんか福祉の勉強すると勤労意欲が・・・・・・・・
温かい福祉かなと思ったのですが・・・
みなさんどう思いますか?

厚生年金って一般的なサラリーマンの場合計算したら受給額は一ヶ月あたり13万円前後位ですよね? 65歳から20万円くらい?
生活保護は家賃限度額含めたら毎月13万円ほどです。 なんか生活保護っておかしくないですか?
基礎年金だったら絶対に生活保護受けたほうがいいし(制約あっても) 厚生年金だけで生活でも生活保護の方がいいと思ってしまいます・・・(医療費無料とか保険料無料とか優遇が多いため)

私の地域では生活保護基準表によると・・・(単身者20~40歳)
第一類40,270円 第二類43,430円 住宅費5...続きを読む

Aベストアンサー

「厚生年金」と「生活保護」の毎月の手取りが仮に同じ『13万円』だったとしても、その中身には雲泥の差がありますよ。

厚生年金もらってる人というのは、それなりの会社を定年まで勤め上げた人が大部分なワケですよ。つまり、退職時には退職金がガッポリ出ているだろうし、現役時代に蓄えた貯金もあるだろう。家屋敷やマイカーを所有している人も多い。つまりほとんどの場合、月々13万の年金以外にも、可処分資産はたっぷりあることが多い。
対して生活保護は、原則家も車も貯蓄もダメ!!本当に毎月13万の収入だけに頼って、やりくりしていかなきゃならない。
そんな生活、貴方してみたいですか!?まぁ・・・

>(手帳持ってて損することってプライドくらいですが私にはありません)
・・・こういう発言が恥ずかし気も無くできる方には、屁でもないのかも知れませんが。

もうひとつ忘れている視点。
日本の生活保護制度は、いつまでも未来永劫、今のままで存続するとは、小生は考えておりません。
現に今でも、国や地方自治体の財政の、かなりの部分が生活保護費によって食いつぶされています。少子高齢化や長引く不況の影響で、役所の歳入はこれ以上劇的に増加することは無いでしょうが、生活保護費のほうは、民衆の味方を気取る一部マスゴミのプロパガンダの効果もあってうなぎのぼりです。余談ですが質問者様もここの「教えて検索」を使って、一度「生活保護」を検索してみることをオススメします。「どうすれば楽して上手に生活保護を受けられるか」みたいなレベルの低い質問が、わんさかヒットしますよ。

・・・つまり何が言いたいかというと、いずれ近いうちに、生活保護費という限られた「パイ」の奪い合いが始まるだろうことは、想像に難くないのです。
実際、ここ数年の間に、生活保護費のうちの老齢加算や母子加算などは相次いで廃止になっちゃいましたし、北海道滝川市での不正受給問題以降、医療機関への受診に制限をかける動きも加速しています。就労指導だって、厚生労働省が主体的に音頭とって今後ますます加熱していくでしょう。
今後生活保護精度がどのように変化していくかは、誰にもわかりませんよ。

>何がいいたいかと言うと「無知」は悲しい!
まぁ、この部分に限っては激しく同意します。
>タンス貯金や本人以外の口座で金銭管理してしまえば生活保護を申請できてしまいます。
>(役所も名義が変わってはそこまで調べられないそうです)
・・・これ、実際実行してもしも役所にばれれば、生活保護法違反と詐欺罪で犯罪者ですから。それだけは知っておいてください。

「厚生年金」と「生活保護」の毎月の手取りが仮に同じ『13万円』だったとしても、その中身には雲泥の差がありますよ。

厚生年金もらってる人というのは、それなりの会社を定年まで勤め上げた人が大部分なワケですよ。つまり、退職時には退職金がガッポリ出ているだろうし、現役時代に蓄えた貯金もあるだろう。家屋敷やマイカーを所有している人も多い。つまりほとんどの場合、月々13万の年金以外にも、可処分資産はたっぷりあることが多い。
対して生活保護は、原則家も車も貯蓄もダメ!!本当に毎月13...続きを読む

Q障害者年金が降りそうなのですが、今までの生活保護費全て返さないといけないのでしょうか?

生活保護は2014年5月から2015年5月まで他県で受けていた分、そして現在の2015年6月から9月までの分、両方返さないといけないのでしょうか?

病気、発祥は10年前からで、しかも最初の診断書が無いと言うことで五年さえもさかのぼれませんでした。100万位です。

詳しい方、いらっしゃいましたら、お力添えをお願い致します。

Aベストアンサー

支援学校教員です。

>五年さえもさかのぼれませんでした

「遡及請求」をされたのですね。

https://www.shougai-navi.com/intro/id000059.html

つまり、過去にさかのぼって「年金がもらえる」と言うことになり、「過去に収入があった」扱いにありますから、「さかのぼってもらえる年金分」は「生活保護」から「返還請求」が来るでしょう。

ただ、他県での受給な訳ですから、「現在の県」から「他県」に情報がスムーズにいかなければ、なかなか請求はないかもしれません。
ただし、これには「時効」はないので、わかり次第請求されるとは思います。

Q厚生障害者年金をもらっていても、厚生年金は支払うものなのでしょうか?

昨年の12月から、厚生障害者年金3級を頂きております。
ところが、今月の給与明細を見たところ、厚生年金が引かれておりました。
そういうものなのかもしれませんが、障害者年金を頂いていても、支払う年金は
無くならないのでしょうか?

詳しい方教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

障害年金を受けている場合、障害基礎年金1・2級を受けられる国民年金第1号被保険者でしたら、法定免除といって、国民年金保険料を納付する必要がありません。
これは、国民年金の決まりごとです。
なお、国民年金第1号被保険者というのは、厚生年金保険に入っておらず、社会保険上扶養されている配偶者(国民年金第3号被保険者といいます)でもない、という人のことで、自ら国民年金保険料を納めなければならない義務があります。

さて。
厚生年金保険に入っている場合、国民年金第2号被保険者といいます。
厚生年金保険料を納めることで国民年金保険料も納めた、と見なされます。
このとき、たとえ障害基礎年金1・2級の人でも、こういう場合は国民年金第1号被保険者ではありませんから、保険料はきちんと納めなければなりません。
要は、免除になることもなく、月々の給与・賃金から保険料が天引きされることになります。
また、障害厚生年金3級は、そもそも国民年金第1号被保険者であったとしても、法定免除の対象とはなりません。
こちらは、厚生年金保険の決まりごとです。

ということで、厚生年金保険に入っているかぎり、月々の厚生年金保険料を納め続ける必要があります。それがなくなることはありません。
納めた保険料は障害厚生年金の額に反映されることはありませんが、将来の老齢基礎年金や老齢厚生年金(65歳以降、障害厚生年金との選択になります)に反映されます。
 

障害年金を受けている場合、障害基礎年金1・2級を受けられる国民年金第1号被保険者でしたら、法定免除といって、国民年金保険料を納付する必要がありません。
これは、国民年金の決まりごとです。
なお、国民年金第1号被保険者というのは、厚生年金保険に入っておらず、社会保険上扶養されている配偶者(国民年金第3号被保険者といいます)でもない、という人のことで、自ら国民年金保険料を納めなければならない義務があります。

さて。
厚生年金保険に入っている場合、国民年金第2号被保険者といい...続きを読む

Q生活保護 VS 保護を切り障害年金とバイト収入

すみません、前回質問したんですが、再度質問です。
(1)生活保護だけ受給(障害年金は受けてるので不足分は保護費減額)

(2)生活保護を切り、障害年金と週三日くらいアルバイトをする

(1)と(2)だと調べたら(1)の方が優遇されてますよね?
(2)だと国民年金は法廷免除だとしても、国民健康保険料は払わないといけないし、通院医療費も必要。 年末一時金のもち代もない。

正直者が馬鹿を見るのでしょうか・・・

前回質問URL http://okwave.jp/qa5018066.html

正社員になれないのなら生活保護の方がフリーターより優遇されてる現実です。 日本とアメリカなどでは非正規雇用の考え方が違うのでしょうか。。。

Aベストアンサー

 アルバイトするにしても、生活保護が切られない範囲ですればどうですか。
 本当は、正社員になれるほどの人は、知的障害による障害年金なんておりません。
 知的障害+精神障害で通ったのではないのですか?
 
 前の質問見ましたけれども。
 時給700円として。
 700(円)×6(時間)×3(日)×4(週)=50400円
 障害基礎年金の2級は66000円だから。
 50400+66000=11万くらい
 で、
 一人暮らしの、生活保護費は
 http://www.seiho110.org/seido/frame3.htm
 家賃(4万として)+40,410+43,910=12万円くらい
 それに、障害基礎年金2級だと、障害者加算が+18,090円
  
 何も、男に体を売ってまで、稼げとは、生活保護法は言っていません。
 「働ける人は働いて下さい」です。
 障害基礎年金2級をもらう人が、「普通に正社員並に働ける人」とは、国は想定してないので。(一部?の身体障害を除く)あなたが生活保護をもらうのは、正当な権利だと思います。

 アルバイトするにしても、生活保護が切られない範囲ですればどうですか。
 本当は、正社員になれるほどの人は、知的障害による障害年金なんておりません。
 知的障害+精神障害で通ったのではないのですか?
 
 前の質問見ましたけれども。
 時給700円として。
 700(円)×6(時間)×3(日)×4(週)=50400円
 障害基礎年金の2級は66000円だから。
 50400+66000=11万くらい
 で、
 一人暮らしの、生活保護費は
 http://www.seiho110.org/seido/frame3...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報