プロが教えるわが家の防犯対策術!

逆三角関数の問題ですが、まったく理解できません。いつも初歩的な質問ですみませんが、解説お願いします。
(1) cos^(-1) 3/5 - sin^(-1) 4/5
(2) tan^(-1) 1/2 + tan^(-1) 1/3
(3) sin^(-1)a + cos^(-1)a    (-1<a<1)
 
解答は (1) 0 ,(2) π/4 (3) π/2でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

逆三角関数は、ある三角関数の値に対して、その値に対する角度を返す関数だと考えると分かりやすいかもしれません。



(1)
cos(θ)=3/5になる角度θを考えます。
このとき、sin(θ)=4/5になります。
(sin^(θ)+cos^2(θ)=1から導くか、3:4:5の直角三角形を考えれば分かるかと思います)

つまり、cos^(-1)(3/5)=θ、sin^(-1)(4/5)=θとなるので、
(与式)=θ-θ=0
となります。


(2)
tan(α)=1/2となる角度α、tan(β)=1/3となる角度βを考えます。
すると、
tan^(-1)(1/2)=α、tan^(-1)(1/3)=β
となります。

ここで、
tan(α+β)
={tan(α)+tan(β)}/{1-tan(α)*tan(β)}
=(1/2+1/3)/{1-(1/2)*(1/3)}
=1
よって、α+β=π/4

(与式)=α+β=π/4
となります。


(3)
sin(α)=aとなる角度α、cos(β)=aとなる角度βを考えます。
すると、
sin^(-1)(a)=α、cos^(-1)(a)=β
となります。

これらを繋げると、
sin(α)=cos(β)
となります。

ここで、三角比の公式
cos(π/2-θ)=sin(θ)
より、
β=π/2-α
α+β=π/2
となります。

よって、
(与式)=α+β=π/2
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教科書の例題とか見ても全く理解できなかったのに、あという間に理解できました。ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2010/07/13 09:50

(1)


辺の比が3:4:5の直角三角形を描いて2つの角が2つの鋭角のどの角に当たるかを考えればすぐ答えがでます。
cos^(-1) 3/5 は3と5の辺の間の角度…(●)、
sin^(-1) 4/5 は4と5の辺の間の角の補角、つまり(●)と同じ角度です。
なので
cos^(-1) 3/5 - sin^(-1) 4/5=cos^(-1) 3/5 - cos^(-1) 3/5 = 0

(2)
tan(tan^(-1) 1/2 + tan^(-1) 1/3 )=((1/2)+(1/3))/(1-(1/2)(1/3))
=5/5=1
0<tan^(-1)1/2 <π/4, 0<tan^(-1)1/3 <π/4
0<tan^(-1) 1/2 + tan^(-1) 1/3 <π/2
∴tan^(-1) 1/2 + tan^(-1) 1/3 =π/4

(3)
三辺の比が 1:a:√(1-a^2)の直角三角形を描けば
sin^(-1)a と cos^(-1)a は 補角の関係にありますから
sin^(-1)a + cos^(-1)a =π/2
は明らか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/13 09:47

例えばsin^(-1)a=θとあったら、定義からsinθ=aとなります。



つまり、(1)~(3)のsin^(-1)3/5などは角度を示しているわけです。

ここでは(1)の解答と(3)のヒントを示しておきます。(2)は自分で解いてみてください。

(1)
cos^(-1) 3/5=αとおくと、cosα=3/5
sin^(-1) 4/5=βとおくと、sinβ=4/5
与えられた式はα-βとなる。
ここで、三辺が3,4,5の直角3角形にα、βを書き込んでみてください。それらが等しいことが分かると思います。


(3)については、参考URL解答NO2の中ほどを参照してください。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6008028.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2010/07/13 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q逆三角関数の方程式を解いてください 。

できません...。
なにとぞよろしくお願いいたしますm(._.)m

Aベストアンサー

まず、arcsin1/3+arcsin7/9=arcsin(1/3√(1-(7/9)^2)+7/9√(1-(1/3)^2))=arcsin(1/3√(32/81)+7/9√(8/9))=arcsin(4√2/27+14√2/27)=arcsin(18√2/27)=arcsin(2√2/3)
arccosx=arcsin(√(1ーx^2))より、√(1ーx^2)=2√2/3、両辺を2乗すると1ーx^2=8/9、x^2=1ー8/9=1/9、両辺の平方根ととると、x=1/3

Qアーク計算

アークサイン+アークコサインの計算方法および答えを教えてください。

Aベストアンサー

微分を使ってもできます。
arcsinx+arccosx を、逆関数の微分公式を使ってxで微分します。すると、この導関数が0であることがわかります。

導関数が0であるということは、もとの関数はxの値に関わらず定数です。あとはx=0を代入して、

arcsin0+arccos0 = π/2 なので、xについて恒等的に
arcsinx+arccosx = π/2 であることが証明されます。

Q逆三角関数の方程式

たとえば、Arccos1/√5=ArcTanxといった問題の場合、
y=Arccos1/√5などと置き、cosyやtanyを表しますよね。

今困っている問題は、
Arccosx=Arcsin1/3+Arcsin17/9といったような
加法が用いられた場合に、
何をどのように置き換えたらいいのかがわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

y=sinθ----(1)の逆関数がθ=Arcsin y ----(2)です。yの値は-1から1になります。
ですので、Arcsin17/9というのはあり得ません。
ここからはタイプミスだったとして話を進めます。
(2)式よりArcsin1/3は角度を指定している式ということがわかりますよね。
Arcsin1/3=θ1----(3)
Arcsin17/9?=θ2----(4)とする。
θ3=θ1+θ2----(5)とすると
Arccosx=θ3
x=cosθ3

θ3の値が具体的に必要な場合は式(3)から(5)から求めてください。

Q逆三角関数 方程式

この方程式の解き方が分かりません。教えてください。

arcsinx=arcsin1/3+arcsin7/9

Aベストアンサー

arcsin(x)=arcsin(1/3)+arcsin(7/9)
x=sin(arcsin(1/3)+arcsin(7/9))
=(1/3)(√(81-49)/9)+(√(9-1)/3)(7/9)
=((√32)/27)+(7(√8)/27)
=(4+14)(√2)/27
=2(√2)/3

Q逆三角関数の問題について

arccosX=arcsin(1/3)+arcsin(7/9)という問題の解き方を教えてください。

Aベストアンサー

arcsin(1/3)=Y
arcsin(7/9)=Zとおくと、
sinY=1/3 sinZ=7/9

arccosX=Y+Z
X=cos(Y+Z)
=cosYcosZ-sinYsinZ

あとは、sinY,sinZからcosY,cosZの値を求めたら完了です。
この手の問題はしょうがないですが、基本的に質問の丸投げは禁止されています。できたところまでは書いて質問するようにしましょう。

Q三角関数(-1tan)について

三角関数-tan-1(マイナス1乗)について教えてください。
-tan-1(-1乗)1は45°になると専門書に書いてありました。
どのように計算すればこのような答えが出るのでしょうか?

自分ではどう考えてもわかりません。わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タンジェントに-1乗がついているので、
その関数はタンジェントの逆関数という事になります。

世に言うarctanと同じアレです。

arctanφと書かれたら、答えはtanθ=φとなるような角度θになります。

ですから
arctan√3=60  (ラジアンならπ/3)
arctan1=45  (ラジアンならπ/4)
arctan-1=-45  (ラジアンなら-π/4)となります。

今回の問題は更に、最初にマイナスがついていますから、
-arctan-1=-(-45)=45となります。

Qsinのマイナス1乗の計算方法を教えてください。

θ=sin-1×(6.5/12)

が計算できません。
仕事で車両の軌跡を書く根拠を示さねばならず、そこにでてくる計算のひとつなのですが、当方高校時代数学を履修しておらず(選択科目だったので)「sinのマイナス一乗って何だ?」で停止しております。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

y=sinθを満たすθをyで表すと
θ=sin-1 y または θ=Arcsin y
θの範囲は -90°≦θ≦90° または -π/2[rad]≦θ≦π/2

sin-1 や arcsin はsinの逆関数で「アークサイン」(逆正弦関数)と呼びます。

θ=sin-1(6.5/12)≒32.8°(度の単位)
または
 ≒0.572[rad](ラジアン単位)
となります。
計算は
Google検索で
arcsin(6.5 / 12) * 180) / π
と入力して検索で
= 32.7971683 (度単位)
または
arcsin(6.5 / 12)
と入力して検索で
= 0.572418572 (ラジアン単位)
と計算結果を求めてくれます。
(Googleには電卓機能が備わっています)

Q逆三角関数の方程式

Arcsinx+2Arcsin1/4=π/2
という問題なのですが、解いても解答と合いません。
自分なりに立てた途中式は

Arcsinx=Arcsin1-2Arcsin1/4
α=Arcsin1、β=2Arcsin1/4とおくと
sinα=1
2sinβ=1/4 sinβ=1/8
Arcsinx=α-β  x=sin(α-β)
x=sinαcosβ-cosαsinβ
=1×√63-0×1/8
=√63

ですが実際の解答は 7/8 です。
どこから間違えたのかわかりません・・。解き方をご教授お願いします。

Aベストアンサー

> 2sinβ=1/4 sinβ=1/8
間違っています。正しく計算すると
2sinβ=2*sin{2*arcsin(1/4)}
=2*2*(1/4)*(√15)/4
=(√15)/4
となります。

普通にxを計算するには
arcsin(x)=(π/2)-2*arcsin(1/4)
から

x=sin{(π/2)-2*arcsin(1/4)}
=cos{2*arcsin(1/4)}
=1-2*[sin{arxsin(1/4)}]^2
=1-2*(1/4)^2
=1-(2/16)=7/8

と計算ができます。

検算)x=7/8のとき
sin{arcsin(x)+2*arcsin(1/4)}
=sin{arcsin(7/8)+2*arcsin(1/4)}
=(7/8)cos{2*arcsin(1/4)}+{(√15)/8}sin{2*arcsin(1/4)}
=(7/8){1-2(1/4)^2}+{(√15)/8}*2(1/4){(√15)/4}
=1
0<arcsin(7/8)+2*arcsin(1/4)<πより
arcsin(7/8)+2*arcsin(1/4)=π/2

> 2sinβ=1/4 sinβ=1/8
間違っています。正しく計算すると
2sinβ=2*sin{2*arcsin(1/4)}
=2*2*(1/4)*(√15)/4
=(√15)/4
となります。

普通にxを計算するには
arcsin(x)=(π/2)-2*arcsin(1/4)
から

x=sin{(π/2)-2*arcsin(1/4)}
=cos{2*arcsin(1/4)}
=1-2*[sin{arxsin(1/4)}]^2
=1-2*(1/4)^2
=1-(2/16)=7/8

と計算ができます。

検算)x=7/8のとき
sin{arcsin(x)+2*arcsin(1/4)}
=sin{arcsin(7/8)+2*arcsin(1/4)}
=(7/8)cos{2*arcsin(1/4)}+{(√15)/8}sin{2*arcsin(1/4)}
=(7/8){1-2...続きを読む

Q積分計算について

積分計算について

∫1/(a^2-x^2)^(1/2)
という問題ですが、参考書にはx=asintとおいて、与式=arcsin(x/a)となっています。


x=acostとおいて解いてもよいのでしょうか。
x=acostとおくと答えは-arccos(x/a)となりました。
これでは間違いでしょうか。

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

No1さんのおっしゃるとおり、積分定数の違いです。
ただ、私もピンとこなかったので、次のようなことをやってみました。



(1)実際に証明してみる

単に積分定数の違いならば、答えの差はxに関係ない値になるはずです。
すなわち、arcsin(x/a)+arccos(x/a)=定数…(☆)が示せればよいわけです。

ここで、arcsin(x/a)=α、arccos(x/a)=βとおくと、sinα=x/a、cosβ=x/a、∴sinα=cosβとなります。
従って、三角関数の変換から、α+β=π/2となり、☆式が示されました。



(2)ためしに積分区間を設定して解いてみる。

[arcsin(x/a)](0→a/2) = π/6 - 0 = π/6

[-arccos(x/a)](0→a/2) = -(π/3 - π/2) =π/6

ああ、確かにあっているな、と。

Q数学 逆三角関数について

次の問題の証明をお願いします。

次の等式が成り立つことを示せ。

アークタンジェント(-x)=-アークタンジェントx

Aベストアンサー

次の等式が成り立つことを示せ。

>アークタンジェント(-x)=-アークタンジェントx
アークタンジェント(-x)=tan-1(-x)=yとおくと、
-x=tan(y)、
x=-tan(y)=tan(-y)より、
-y=tan-1(x)
y=-tan-1(x)
よって、tan-1(-x)=-tan-1(x)

でどうでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング