ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

転移性肝臓がんに少しでも延命効果のある海外未承認薬について相談です。

62歳の叔母が現在、肝臓がんと闘っております。13年前に乳がんを患い、完治後もリンパに転移、
その後、肝臓がんに転移をしました。

医者からは、有効な抗がん剤が無く、入院か自宅療法か悔いのない選択で過ごしてくださいと
言われています。

家族、親戚中は落胆ですが、私が海外と関わり合う仕事をしている関係で、色んな情報収集をしております。

しかし、医療については無知であります。私も完治は難しい状況と承諾はしておりますが、今現在叔母は
生きています。その生命を日本の薬で無いのなら、海外の未承認薬も家族親戚皆が承諾はしております。

保険適用外、全額負担、自己責任など全て了承しております。延命に少しでも希望が持てる未承認薬
を詳しい方、教えてください。

私の説明が下手で伝わり難い所があるかと思います。藁にもすがる思いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

乳ガンから13年経っているのに肝臓への転移というのはショックだったと思います。

強い気持ちでもう一度病気と闘ってほしいと思います。海外の未承認薬についてのコメントではありませんが、少し書かせてください。私の知り合いにすい臓癌を手術して、すぐに肝臓転移してしまった人がいます。転移してもうすぐ3年になりますが、やせたりしていても元気です。抗ガン剤に負けないように体力づくりをしているそうです。癌よりも抗ガン剤に負けて体力を失ってしまってはいけないというアドバイスを先生から受けたそうです。サプリメントに頼らず、軽い運動や足裏を柔らかく刺激したり、低体温にならないようにとがんばっています。これからいろんな薬を使うことになると思いますが、是非、薬に負けないように配慮してもらえる病院へ投与のお願いに行ったほうがいいと思います。質問への答えになっていなくてすいません。
    • good
    • 0

高濃度ビタミンC治療については、


この治療方法を実施している病院の注意書きに注目してください。
サイトの下の方に「注意」があります。
http://www.1ginzaclinic.com/vitamin.html

がん患者は年間150万人の患者がいると言われています。
なので、1万人に1人の「奇跡」が起きても、年間15人。
10年で150人もの「奇跡」が起きる計算になります。

民間療法のほとんどは、この「奇跡」のような結果を大々的に
取り上げているのです。
1万人に1人しか効かなくても、効けば、大々的にPRできます。
残りの亡くなった方の話は、まったく出てきません。

さて、乳がんの肝癌転移に対する海外の抗がん剤の情報は、
私は持っていません。

日本で、注目されているのは、免疫療法でしょう。
もちろん、世界でも注目されています。
これは、ちゃんとした研究が行われていますが、決して、
夢のような治療方法ではないことが分っています。
現在の有効率は、せいぜいで30%ほどです。
http://www.medinet-inc.co.jp/lp/eot.html

問題は、効果がなかった人ではなく、
実は、「長期不変」なのです。

免疫療法にも場合によっては、百万円単位の高額な治療費がかかります。
長期不変となった場合、治療をやめれば悪化する可能性があるのです。
つまり、金の切れ目が、命の切れ目となる可能性があるのです。
もしも、この状態になったら、悲惨な結果となる可能性があるということです。

「貧乏人は死ねということですか」と患者に迫られ、
絶句した医師がいることは、この業界では有名な話です。

このことを承知の上ならば、免疫療法について、調べてはいかがでしょう。
    • good
    • 0

お辛い状況、心中お察し申し上げます。



94年の読売新聞の記事ですが、ビタミンAによる「癌の分化誘導療法」について出ていました。
それは、前骨髄球性急性白血病の治療で、活性型レチノイン酸(体内でビタミンAから標的臓器でレチノイン酸に変る物質)を20万単位投与して、90%に近い患者が完全寛解した、と発表された。(完全寛解とは、良くなったり悪くなったりを繰返す寛解と違って完全に治った、と云うことです)
この結果に驚き、岐阜医大で転移性肝癌に用いた所、著効率30%台、全体でも有効率は60%であった、と記事に出ていました。
この記事がでる2年前に、「ビタミンAの分化誘導療法が、驚く結果を示します」と教えてくれた理学博士がおりました。それが、下に記す研究グループの所長です。

25年も前から癌を含む、遍く病に栄養療法を実施している研究グループがありまして、その場から多くの「分子整合医」が誕生している。そのグループの実績が心ある医師たちを動かし始めたからです。そして2005年から治療を望む患者を中心に「高濃度ビタミンC点滴療法」が広まり始めました。
広まった理由は、治療成績が素晴らしかったことに他なりません。
どのように素晴らしかったかは、余命3ヶ月を宣告された癌患者が、ヘロヘロになってクリニックに訪れて、ビタミンC点滴を受け始めた。徐々に元気を取り戻し、趣味の渓流釣り (これってかなり苛酷な沢登りと山奥で楽しむ釣りです) を楽しめるほどになり、その後も、渓流釣りを楽しみながら3ヶ月ではなく15ヶ月間を楽しみながら生きた。
その他の方では、肺がんの消失例もありました。
効果の少なかった人も勿論居たわけですが、QOLの向上は癌患者を満足させてくれたようです。

ビタミンAの分化誘導療法、その他、癌の悪液質に陥らないための栄養療法、そして、高濃度ビタミンC点滴療法があります。その全ての併用が最も望ましいのでは、と想い、昨年末乳癌が発覚した家内にも用いております。

URLは 高濃度ビタミンC点滴療法についてです。

http://www.ota-cl.com/16.html
http://ks-clinic.net/bunken.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳がんが肝臓に転移した場合の治療方法

還暦の知人女性の話です。
昨年のはじめに乳がんが見つかり、抗癌剤治療を続け、ガンを小さくした後、9月頃に手術でガンを摘出しました。その後、放射線療法とホルモン療法を続け、今年1月末に治療が終了しました。

治療終了時の経過は良好でしたが、3月始めの定期検査でマーカーの数値が上昇。再検査したところ肝臓への転移が発見されました。

初期の発見でまだサイズは小さいようなので、手術で摘出すればと思ったのですが、転移性なので、肝臓ガンだけど乳がんの治療を行う?といった説明をされ、手術よりも抗癌剤治療の方が効果的であると告げられたようです。

医師の話では…

・肝臓以外への転移は見られない
・抗癌剤療法で消える可能性もある

とのこと。

そこで質問です。

1:他に何かした方がいいか?
2:手術して切除の方がいいのではないか?
3:普段の生活において、気をつけることは?
4:もっと有効な治療方法がある場合はそれを教えて下さい。

以上4点です。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(Q)転移性なので、肝臓ガンだけど乳がんの治療を行う?
(A)肝臓にできたがんを、肝がんと転移した乳がんと
どうやって見分けるのでしょうか?
それは、がんを理解することです。

がんは、元々は自分の細胞が異常に増殖したものです。
なので、乳がんは、乳房の細胞の特徴を持っています。
肝がんは、肝臓の細胞の特徴をもっています。
乳がんが肝臓に転移して、そこで大きくなった場合、
その転移したがんは、肝細胞ががん化して、大きくなったのではなく、
転移した乳がんの細胞が増殖して、大きくなったものなのです。
だから、がん細胞を調べることで、
それが、肝がんなのか、転移した乳がんなのか、
分かるのです。
なので、乳がんが肝臓にくっついて大きくなったがんは、
やはり、乳がんの細胞なので、乳がん用の抗がん剤でなければ効きません。

このように転移したがんの場合、
1つだけが転移したとは、通常、考えません。
今は、目に見えないだけで、いくつもの細胞が転移していると
考えるのが基本になっています。
なので、今、目に見えるがんを手術で取り除いても、
すぐに、別のがん細胞が大きくなって、また、切除しなければ
ならないということになりかねません。
つまり、「もぐらたたき」になります。
こうなると、体力が持ちません。
そこで、目に見えない小さながん細胞もたたくために、
抗がん剤による治療を行います。

さて、知人とのことですから、下手なアドバイスはしないことです。
ときどき、「○○が良い」というサプリメントや民間療法、
さらには、未承認の治療方法など、色々とアドバイスをする人がいますが、
それが、患者様の為になるとは限りません。
むしろ、判断を迷わせ、負担になる場合も少なくありません。
なので、まずは、ご自身が正しい知識を勉強することです。
「肝臓ガンだけど乳がんの治療を行う?」
ということで「?」がつく方が、アドバイスをするべきではないのです。
ご参考に……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_25/kokuchi/index.html
http://www.gsic.jp/cancer/cc_25/mc/index.html
http://www.gsic.jp/cancer/cc_25/chm/02.html

では、友人にできることはないのか?
上記のとおり、心の支えが重要なのです。
これは、友人ならではの役割ではありませんか?
抗がん剤にはできない役割です。

まずは、話を「無条件」で聞いてあげることです。
頑張って、だとか、大丈夫 だとか、
下手なコメントは、かえって患者様を傷つけます。
「頑張って、これ以上、どうやって、頑張れと言うのよ」
「大丈夫だって、気休めを言わないでよ」
ということになるのです。
普通は、そうではない人も、このような極限に追い込まれると、
そうなるのです。
だから、「そうなの、大変なのね」
という「理解」を示すことが重要であって、
コメントはいらないのです。
「私にできることがあれば、何でも言ってね。
今だったら、何を言っても許してあげるわ」
という、理解と寛容と奉仕が必要なのです。

どうしても、何かしたいのならば……
サイコオンコロジーとは、何か。
医療コーディネーターとは、何か。
セカンドオピニオンとは、何か。
正しい、知識を持って、それをアドバイスすることです。

サイコオンコロジーと医療コーディネーターは、
言葉すら知らないがん患者がほとんどです。

セカンドオピニオンを正しく理解している人の方が少ないです。
ドクターショッピング(別の医師の診察を受けに行く)と
混同している方が大勢います。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)転移性なので、肝臓ガンだけど乳がんの治療を行う?
(A)肝臓にできたがんを、肝がんと転移した乳がんと
どうやって見分けるのでしょうか?
それは、がんを理解することです。

がんは、元々は自分の細胞が異常に増殖したものです。
なので、乳がんは、乳房の細胞の特徴を持っています。
肝がんは、肝臓の細胞の特徴をもっています。
乳がんが肝臓に転移して、そこで大きくなった場合、
その転移したがんは、肝細胞ががん化して、大きくなったのではなく、
転移した乳がんの細胞が増殖して、大きくなった...続きを読む


人気Q&Aランキング