出産前後の痔にはご注意!

今100ユーロでは何円になりますか?教えてください。

A 回答 (3件)

10月13日午前19:15現在



¥11,411

です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。だいたいいくらなのか知りたくて、聞きました。

お礼日時:2010/10/15 16:40

いくらでも自分で検索できると思いますが?



聞いている時点、回答している時点で変わるのですよ?

お分かりでしょうか?
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q余ってしまった海外のお金を日本円に換金したいです

余ってしまった海外のお金を日本円に換金したいです


旅行で余ってしまってそのまま持って帰ってきてしまった
外国のお金を日本円に換金したいのですが

お勧めの方法は何があるのでしょうか?
(どこで換金するのがお勧めですか?)

なんだか、初歩的な質問なのですが、詳しい方
どうかよろしくお願い致します

Aベストアンサー

硬貨の換金はできませんが、紙幣なら、多くの金融機関(銀行や郵便局など)でできます。ただし、米ドルやユーロのような、よく使われている紙幣なら問題ありませんが、メキシコ・ペソのように、それほど日本で一般的ではない紙幣の場合は、事前に金融機関に問い合わせたほうがいいです。

換金率は、どこの金融機関でもだいたい同じですが、1円でも得したいのなら、各機関の率を確認しておくといいでしょう。公式サイトで解かる場合もあります。それよりも大きいのが、日による換金率です。例えば、先週は「1ドル=100円」だったのに、1週間後の今日は「1ドル=90円」になった、みたいなことは、わりと日常的に起こります。率は新聞にも載りますし、インターネットでもわかるので、例えば「ドル レート」のようなキーワードで検索してみるといいでしょう。そのレートがどんなタイミングで窓口に反映されるかについては、各金融機関にお問い合わせください。

なお、手数料も取られますので、持っている外貨が少額なら、次の旅行までそのまま持っていたほうが得かもしれません。

Qスーツケースの大きさ。ヨーロッパに72センチはでかすぎ?

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…。

ちなみにいっしょにいく友人は、
ナイロン素材?の安いスーツケースの72センチをもっていくそうです。それ+大きなトートバックももっていくそうです。

私は女性で22歳で、それなりにブランド物も一つくらい欲しいし、なにより雑貨が大好きなのでおみやげは多いと思います。

ヨーロッパに旅行された方、スーツケースがでかすぎて後悔した。。なんてことはありますか?
また、スーツケースが重過ぎて、料金を撮られたりも心配です。

なお、旅慣れた相方ですので、増えた荷物は向こうの郵便局から日本に送ったりもしているそうです。。

よろしくお願いいたします。

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…...続きを読む

Aベストアンサー

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
移動するには楽です。両手がふさがることもないし
背中に負っているのでずいぶん楽だと思います。
わたしも10日間で3カ国(オランダ、ベルギー、ドイツ)
を移動した時に使いましたけど、これがあってとても重宝しましたね。
ちなみにソフトケースは60cm以内の物を使いました。
それでも石畳をゴロゴロ、トラムや列車の乗り降りに
だんだん重くなっていくケースを上げたり下ろしたりは
きつかったですね。同行者が夫だったのでずいぶん
助けてくれましたが、女性のみならなるべく荷物は
少なくを強くお勧めします。

それと他の方も同じことを書いてくれていますが
列車で移動する分には超過料金などの心配はないんですけど
ライアンエアー、など格安エアーはどんな荷物ひとつ
からでも預け荷物に対して料金を取るようになりましたし
重さによっても料金が違ってくるので飛行機で移動
するのでしたら十分考慮したほうがよさそうですよ。

あとは持って行く荷物自体を減らすこと。
下着類は旅行日数の半分にして、夜お風呂の時に
手洗いして室内に干しておく。
こうすると夏場でも冬場でも乾燥が厳しい場所なので
一晩で乾きます。洋服も着まわせる物を厳選して
持って行く。化粧品類は試供品などがあればそれを
中心に持って行くなどすれば荷物が減らせますし
かばんが小さくてもお土産を入れるスペースは確保
できるようになります。
確かに現地から郵便で日本へも送れますけど
そんなに安い料金ではありませんし、安い船便となると
1ヶ月くらいかかってしまうことも少なくはないです。

どうぞもう少し工夫なさってみてください。
快適な楽しいご旅行になりますように☆

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む


人気Q&Aランキング