いつもお世話になっております。

この季節になると毎年書いている扶養控除申告書、給与所得者の保険料控除申告書、給与所得者の配偶者特別控除申告書。。。

今まで親に頼りっきりで自分1人で書くことなかったため今回記入するのに困っています。
給与所得者の保険料控除申告書の欄に旦那の加入している生命保険と県民共済は記入したのですが子供の学資保険や子供の県民共済も記入できるのでしょうか?
保険契約者は旦那です。


学資保険はかんぽ生命で郵便局に問い合わせたところ記入できます。との答えが・・・
でも一体どこに記入をしたらいいのかわかりません。

旦那の生命保険、県民共済
子供の学資保険、県民共済(子供2人分)
そんなに記入できる行数もありませんよね?


なんか情けないですが記入せず提出するとどうなるかもよくわかっていない状態です。

2地の母親として本当になさけないですよね。。。

これからは自分で書けるようにしたいので
教えていただけるとうれしいです。

よろしくお願します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

各社から「払込証明書」というものが送られてきます(もうそろそろです)。

その証明書に記載方法の説明があるはずですからそれらが届いてから確認してください。

申告には証明書の添付が必須です。

記入せずに提出したら年明けに確定申告で再提出できます(面倒ですよ)。それもしなかったら控除を受けられないだけです。

なお、行数が足らない場合は適当な紙に同じような記入欄を作成して記入して糊付けしたらよろしいです。
    • good
    • 2

>子供の学資保険や子供の県民共済も記入できるのでしょうか?


できます。

>学資保険はかんぽ生命で郵便局に問い合わせたところ記入できます。との答えが・・・
でも一体どこに記入をしたらいいのかわかりません。
「一般の生命保険料」の欄に記入すればいいです。

>なんか情けないですが記入せず提出するとどうなるかもよくわかっていない状態です。
控除が受けられず、税金が安くなりません。
ただ、生命保険料控除は、合計の保険料が10万円を超えればあとはいくら保険料控除の申告しても控除額は同じです。
なので、10万円を超えた分は申告しても意味ありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与所得者の保険料控除申告書兼給料所得者の配偶者特別控除申告書の記入箇所

毎年この時期の年末調整で記入しているのですが、いまだに年末調整の用紙が来るとどこを記入??って悩みます。自分の名前と住所は会社で記入してもらってあり保険の欄も記入はしないでと言われています。
あとは、配偶者って結婚してなければ記入しなくていいんですよね?
それと、去年給与所得者の保険料控除申告書兼給料所得者の配偶者特別控除申告書の記入箇所ともう1枚あったのですが今年はもらってません会社がくれないと言う事はいいんでしょうか?
家族はいま母親と2人で暮らしています。

Aベストアンサー

>配偶者って結婚してなければ記入しなくていいんですよね?

記入は不要です。

>今年はもらってません会社がくれないと言う事はいいんでしょうか?

税務署に提出せず会社で書類は保管しますので、どうにでもなります。

Q年末調整の給与所得者の保険料控除申告書の記入について

年末調整(給与所得者の保険料控除申告書)の記入について社会保険料控除の欄に国民健康保険を記入するのですが国民健康保険は口座引落としで12月25日です。会社に提出する年末調整(給与所得者の保険料控除申告書)の〆切が12月15日なのですが、12月25日に引落しされる分も記入してよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1と2で色々と回答がでてますが…。

結論としては計上すべきです。

社会保険料控除は、その年に支払った金額が基本的に控除対象となります。
何年間分も滞納していたものを一括して支払った場合はまた状況が変わりますが。

なぜ、支払った年度になるかというと所得控除は担税力(税金を払う力)を考慮するために設けられていますので、雑損控除・医療費控除・社会保険料控除・生命保険料控除・損害保険料控除・寄付金控除などなど金銭の支払が控除対象になるものはすべてその年に実際に払ったかどうかで判定します。
もちろん一部例外はありますが。

ですから、厳密にいうと口座残が不足していて12/25に引き落としが出来なかった場合は確定申告で社会保険料控除を訂正しなければなりません。
実務的にはそんな人いませんし、税務署もそこまで細かいことは言いませんが。(笑)

Q年末調整時「給与所得者の保険料控除申告書」の記入について

年末調整時に会社から渡される「給与所得者の保険料控除申告書」の記入について質問致します。
例えば、5月から就職することになった場合、4月までの国民年金の控除証明書と国民健康保険の額を「給与所得者の保険料控除申告書」に記載、添付を会社に求められた場合、4月までの国民年金と国民健康保険を支払っていない場合は、名前と印鑑のみで白紙で提出しても問題はないでしょうか?
こういった場合どうなるのか分からずにおりますのでご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#3です。

>年末までに、国民年金と保険料の支払いが出来なかった場合、保険料控除申告書には何も記載できないので、そのまま名前と印鑑を押し提出して問題はないでしょうか?

保険料控除申告書に記載する事項がない場合、つまり
(1)生命保険料、個人年金保険料、地震保険料の支払い。
(2)国民年金保険料や国民健康保険料などの社会保険料の支払い。
が、いずれも無い場合は、年末調整で保険料控除を申告することが出来ないので、保険料控除申告書を提出することが出来ない、というように考えて下さい。

Q給与所得者の保険料控除申告書について

素人でわからないことが多く、お答えいただけたら助かります。

今年2月に結婚退職し、今は無職で主人の扶養に入っています。

主人の会社から送られてきた給与所得者の保険料控除申告書を書いて提出したいのですが、以下の点がわかりません。

生命保険の支払いですが、主人ではなく私の銀行口座から支払っていました。
また、失業保険をもらいながら求職活動をしていた時に、国民年金と任意継続健康保険も自分で払っていました。

この場合は保険料控除申告書に記入しなくてもいいのでしょうか?(来年の確定申告?)

困っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご主人が給与所得者としての保険料控除申告書を書くんですね。
なら、ご主人が保険契約者で保険料を支払ってなければ控除は受けられません。
生命保険控除にしろ社会保険控除にしろおなじです。
~~と思います。

Q給与所得者の保険料控除申告書

今年の2月から8月までアルバイトとして働いていました。
このアルバイトをしていた期間は国民年金、国民健康保険に加入していました。
今年10月から新たな会社で正社員として働いています。
来年より今の会社の厚生年金に加入できるそうです。

国民年金、国民健康保険の通知書は世帯主である父の名前で来ていますが、払っているのは私(息子)です。

そこで、「給与所得者の保険料控除申告書」の「社会保険料控除」の記入なのですが
私の申告書に記入して良いのでしょうか?
それとも父の方の保険料控除申告書に記入するのでしょうか?
それと、この記入欄には、国民年金、国民健康保険の両方記入して良いのですよね?

それともう一つ、アルバイトをしていた会社から源泉徴収票がまだ来ません。
保険料控除申告書と一緒に明後日までに提出しないといけないのですが、間に合わない場合はどうすれば良いのでしょう
その分は来年自分で確定申告をすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

社会保険料控除は、実際に保険料を負担した人が控除するのが正しいので、国民健康保険・国民年金ともあなたが控除して下さい。

また、前職のアルバイトの源泉徴収票が間に合わない場合は、取り敢えず今の勤務先の分のみで年末調整をしてもらい、来年、前職分給与と合算して確定申告を行って下さい。
もし還付になるようなら、確定申告受付前でも提出できます。両方の源泉徴収票、印鑑、還付ならば還付金を受け取る銀行口座など(あなた名義の物)の通帳を持参して下さい。なお、下記サイトでも申告書が作成できます。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報