ゴッホの絵は生前、何故売れなかったんでしょうか?。そして、没後に何がきっかけで高い評価を得ることになったんでしょうか?。
 時代が違うとはいえ、これほどに評価が違うことに私は納得が出来ません。人々の価値観は、時代の風潮にいかに左右されるものかということだと思うんですが・・・。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ゴッホには、画商をしていた弟テオがいました。


この人は偉い人で、ゴッホの才能を認め、最後まで援助し続けました。
絵が売れないながらもゴッホは、浮世絵をコレクションしたり、
アルルに引っ越ししたり、けっこう気楽な暮らしをしています。
テオによるかなりの援助があったことを窺わせます。
ゴッホは、絵が売れないながらもいっぱしの画家気取りで、
企画展を開いたりもしています。
もしかすると、自分の絵を「安く売るなよ」と
言っていたので売れなかったのかもしれません。(←これは想像)

ゴッホの死後、一年程でテオも亡くなります。
ゴッホの絵と、ゴッホ-テオ間に交わされた手紙が、
テオの未亡人ヨハンナに遺されました。
ヨハンナは書簡集を出版し、遺作の展覧会を開き、
画家としてのゴッホの名を広めようとしました。
それは一般の認めるところとなり、ゴッホが天才芸術家だとの評価が得られました。

つまり、テオと、ヨハンナという理解者がいなければ、
天才芸術家としてのゴッホは存在しませんでした。
同じくらいの才能がありながら、理解者に恵まれず歴史に埋もれて消えた
「ゴッホになれたかもしれない人」は、もしかすると何十人もいるかもしれません。
    • good
    • 1

ゴッホの絵がなぜ生前には売れなかったのかは、経歴を調べればすぐにわかります。



ゴッホの代表作はすべて、パリからアルルへ移って以降、精神を病んでから自殺するまでのほんの2~3年間に描かれているのです。精神病院に入退院しながら作品を制作していたのですから、いくら弟のテオがパリで画商をしていたとはいえ、絵を売ることも個展を開くことも不可能だったのでしょう。

それでも、自殺したすぐ後にパリで回顧展が開かれていますから、当時としては異例なほど評価が高かったのではないのでしょうか。画家が個展を開くことは、まだかなり珍しかった時代ですから。

何年か前に北海道で開かれたゴッホ展に関係するHPに経歴が出ているので、ご参考に。

参考URL:http://www.twentyfirst.net/gogh/exhibition2002/g …
    • good
    • 2

生きている時は、まだまだ沢山の作品を描くことが出来るので、評価され難いことがあります。


死ぬと、存在するものだけが全てである為に、希少価値として値が上がります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20代で麦わら帽子ってどうなんですか

家庭菜園などでかぶる帽子を探しているのですが、麦わら帽子はおっちゃんのイメージがあります。

ほかにおすすめの種類はありますか?

Aベストアンサー

おっちゃんのイメージとは、つばの広い帽子の事ですかね

・蒸れにくい
・日焼けしにくい

事から、農作業に適した素材と形なので
それ以外の帽子だと農作業に適している物は無いと思います・・・

ストローハットでも
ハンチング
ボルサリーノ
と色々種類があるのですが
やっぱり、日焼けしちゃいますね

手ぬぐい巻くわけにも行かないし
蒸れるのと、日焼けだったらどっちかを優先しなきゃいけないですね

Qルネッサンス時代の絵は他の時代の絵と比べて何が違うか?

ルネッサンス時代の絵は他の時代の絵と比べて何が違うか?どなたか教えていただけないでしょうか。特徴や、有名な画家、なぜそこまでこの時代が有名なのか?良いサイトとかありましたら教えてください。美術初心者なので噛み砕いて教えてもらえればうれしいです。

Aベストアンサー

ルネッサンスより以前(ロマネスク、ゴシック)とルネサンス以後の絵を見比べるだけでもわかりますよ。

この時代は絵画・彫刻だけではありません。
宗教思想や科学技術や産業などさまざまな物が大きく変化しています。宗教改革とか印刷技術の発展とか歴史の授業で習いましたよね。
印刷技術の発達で色々な思想が人々に広まります。聖書がラテン語以外に翻訳されて広まりもしました。
ルネッサンス以後はキリスト教の絵だけではなく、異教であるギリシャ神話の絵も描かれるようになります。
古代ギリシャやローマ時代の美術が見直され、「人間らしい」作品が描かれるようになります。写実性も追及されます。その中で線遠近法も発達します。

高校のときの世界史の教科書や資料集、美術の教科書があればある程度の解説があると思います。まずはそこからはじめてください。
私のお勧め書籍はこちら
「ルネサンスとは何であったのか」 (新潮文庫)塩野 七生 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-12-31-%E5%A1%A9%E9%87%8E-%E4%B8%83%E7%94%9F/dp/4101181314/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1223362994&sr=8-1

ルネッサンスより以前(ロマネスク、ゴシック)とルネサンス以後の絵を見比べるだけでもわかりますよ。

この時代は絵画・彫刻だけではありません。
宗教思想や科学技術や産業などさまざまな物が大きく変化しています。宗教改革とか印刷技術の発展とか歴史の授業で習いましたよね。
印刷技術の発達で色々な思想が人々に広まります。聖書がラテン語以外に翻訳されて広まりもしました。
ルネッサンス以後はキリスト教の絵だけではなく、異教であるギリシャ神話の絵も描かれるようになります。
古代ギリシャや...続きを読む

Q麦わら帽子のキャップ型って売って無いんですか?あれば買いたいんですが…

麦わら帽子のキャップ型って売って無いんですか?あれば買いたいんですが…

Aベストアンサー

http://search.rakuten.co.jp/search/mall?v=2&uwd=1&s=1&p=1&sitem=%E9%BA%A6%E3%82%8F%E3%82%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97&st=A&nitem=&min=&max=

麦わらキャップ

Qクラシックの時代、人々はどうやって音楽情報を得たか

クラシック音楽のアマチュア愛好家です。

常々、不思議に思っていたことがあります。

現代は音楽の情報は、音楽専門誌やインターネット、新聞、テレビ、ラジオなどでも手に入るのですが、昔の人々や音楽家たちはどのように、音楽の情報を手に入れていたのでしょうか。

ショパンだとかベートーベン、ドビュッシー、バッハ、ムソルグスキー、ラフマニノフ。時代を問わず、彼らがどのように情報を得ていたのかな、と不思議に感じています。

彼らがどのようにお互いに刺激を受けていたかとか、どのようにお互いの作品に触れていたのでしょう。

また、一般の人々はどのように音楽の情報を得たり、彼らの演奏に接していたのでしょう。

田舎の人々は、音楽の情報を手に入れるのは難しかったのでしょうか。都会に出ないと、音楽の情報は手に入りにくかったんでしょうか。

全ての私の質問に答えていただかなくても、どの切り口からでも、教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。クラシックの音楽家です。
あまりこういうことを深く考えたことはなかったので、意識して調べたことはないのですが、基本的に考えられることとして、

音楽家自身の旅行、移動による見聞
音楽家同士の(国境を越えた)交流、ネットワーク
師弟関係による未知の音楽の紹介
演奏会などの実演をたくさん聞く
新聞の音楽批評や音楽新聞、雑誌の情報
楽譜の流通
楽譜を読むことで音楽を頭の中で再現する
オーケストラの楽譜でも、ピアノで弾いてみる
手紙、郵便によるやり取り

などがあげられます。

最初に楽譜についてお話してしまいますが、機械で印刷された楽譜が初めて登場したのは、グーテンベルクが活版印刷を開発した20年後の1473年ですので、かなり古くからあったことになります。もちろん高価だったはずなので、筆写されることもあったでしょう。作曲家の自筆楽譜を弟子たちが筆写して広まるということももちろんありました。モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、ショパンたちも、当然バッハの楽譜などは持っていて、常に弾いていましたし、ブラームスがピアノのレッスンでショパンの曲の演奏を指導している記録もありますので、楽譜に関しては、現在とそれほどかけ離れた環境とはいえないでしょう。

さて、昔の音楽家たちは、勉強のためや、見聞を広げるため、外国にまで足を延ばしましたから、異国でその地の音楽に触れたり、音楽家と知り合ったり、また、貴族などのもとで楽譜のコレクションを見たこともあったと思います。
たとえば、バッハは、1705年に4週間の休暇を取り、400キロ離れたリューベックまで徒歩で旅行し、そこでブクステフーデというオルガン奏者の演奏に学びました。モーツァルトは、若いころ、3度にわたってイタリアへ行っていますが、そこで作曲を習っています。オペラなどのイタリア音楽には十分触れたはずです。パリやロンドンへも行っていますので、そこでもいろいろな音楽に触れたでしょう。また、1777年には、ドイツのマンハイムへ行き、そこでマンハイム楽派の作曲家たちから影響を受けています。
ベートーヴェンは、モーツァルトに師事したくてドイツからウィーンへやってきましたが、その希望はほとんどかなわず、ハイドンやサリエリに師事しました。サリエリはイタリア人なので、そこでイタリアの音楽に触れる機会はあったと思います。また、モーツァルトやベートーヴェンの時代には、ウィーンでもイタリア・オペラは盛んに上演されていましたので、聞く機会はいくらでもありました。ベートーヴェンが特に尊敬していたのが、イタリア人作曲家のケルビーニで、ケルビーニがウィーンへ来た時に会っています。ベートーヴェンは、自分のオペラ「フィデリオ」や「荘厳ミサ」の作曲に対して、ケルビーニから助言をもらっています。ヨーロッパ諸国は地続きですので、今のようにインターネットや飛行機がなくても、かなりの行き来があったということです。
ショパンにしても、青年期にベルリンへ行き、作曲家たちと会ったり、それまで知らなかったオペラなどの音楽を知ったりすることになります。その後も、ウィーンやパリへと転々としています。
ドビュッシー、ムソルグスキー、ラフマニノフの時代は、すでに近代なので、情報はかなり豊富だったと思います。しかし、録音はまだ普及していませんので、たとえばドビュッシーは、ドイツのバイロイトまで足を運んでワーグナーの音楽を聴いています。また、チャイコフスキーのパトロンだったフォン・メック夫人はドビュッシーと交流があり、ドビュッシーはそこでチャイコフスキー楽譜を見たりしています。また、パリの万博で、ガムラン音楽なども聞いています。

録音のなかった時代は、実際に音楽を聴いて学ぶためには、ひたすら実演に触れることしか手段はありませんでした。ですから、今の我々から比べれば、一回ごとにかなり集中して聞いたでしょうし、音の印象をできるだけ記憶し、その後、ひたすら楽譜を隅々まで読み込むことによって学んでいきました。先ほど、ドビュシーがバイロイトまでワーグナーを聴きに行った話をしましたが、シェーンベルク、ベルク、ウェーベルンも、マーラーの交響曲の初演を聴くためだけに、列車で何時間もかかるところへ行っています。それだけ熱心に、機会は逃さなかったということです。ガーシュインのラプソディ・イン・ブルーが初演された時も、聴衆の中には、ストラヴィンスキー、ラフマニノフ、ストコフスキー、ハイフェッツ、クライスラー、スーザなどの著名人がいました。
あと、録音を聴くことに代わる勉強法は、自らピアノで弾くことです。オーケストラ曲のピアノ連弾用にアレンジした楽譜も古くからありましたが、作曲家や指揮者が身につけなければいけない技術として、スコアリーディングというものがあり、これは、オーケストラのスコアをそのままピアノの譜面台に乗せて弾いてしまう技術です。そもそも、音楽家が勉強するに当たっては、録音を受け身で聞くより、自分で演奏しながら聞く方がよいということもあります。
また、音楽を響きとして記憶する能力と、楽譜を読む能力が高まれば、実際に聞かなくても、楽譜から想像できるということもあります。私の若いころは、CDはもちろん、ウォークマンもありませんでしたので、戸外で音楽を聴く方法はほとんどありませんでした。それで、聞きなれて記憶している曲の楽譜を持って出かけ、電車の中でそれを読みながら頭の中で聞いたものです。
リヒャルト・シュトラウスやマーラーは歌劇場の指揮者として、チャイコフスキーやプッチーニのオペラも指揮していましたが、彼らが色々な作曲家の楽譜を貪欲に読んでいたらしいことが、二人の往復書簡からも読み取れます。

なお、ラフマニノフの時代は、録音もできるようになってきており、ヴァイオリニストのナタン・ミルシテインの自伝を読みますと、ラフマニノフの自宅で、ホロヴィッツなどと、自分たちの演奏のレコードを一緒に聴き、ここが弾けているとか弾けていないなどの議論を交わしている情景が出てきます。ドビュッシーやリヒャルト・シュトラウス、ラヴェルといった作曲家たちの演奏の録音も残っています。

あとは、新聞の音楽批評や音楽雑誌です。かなり古くからありました。サリエリがモーツァルトを毒殺したのではないかというのは、新聞の記事にも出ました。1798年には、ライプツィヒで「一般音楽新聞」というものが創刊されていますし、シューマンが1834年に創刊にかかわった「新音楽時報」という雑誌は、今日まで刊行が続いています。そういう情報源もかなりあったということになります。

情報交換に関しては、個人の間での手紙や楽譜の郵便による交換という形で頻繁に行われていたはずです。今のわれわれから見ると、面倒なことのようですが、それしか手段のなかった時代の人にしたら、当然のことと言えます。

なお、地方と都市の間では、情報量は極端に違ったと思います。田舎暮らしの人は、基本的に、何らかの方法で楽譜を手に入れ、自宅の小さな鍵盤楽器で演奏したり、一緒に歌ったりしたと思います。しかし、それも、比較的上流階級の人たちのサロンなどでの、限られた楽しみだったと思います。

長くなりましたので、この辺で終わりにします。

御参考になれば幸いです。

こんにちは。クラシックの音楽家です。
あまりこういうことを深く考えたことはなかったので、意識して調べたことはないのですが、基本的に考えられることとして、

音楽家自身の旅行、移動による見聞
音楽家同士の(国境を越えた)交流、ネットワーク
師弟関係による未知の音楽の紹介
演奏会などの実演をたくさん聞く
新聞の音楽批評や音楽新聞、雑誌の情報
楽譜の流通
楽譜を読むことで音楽を頭の中で再現する
オーケストラの楽譜でも、ピアノで弾いてみる
手紙、郵便によるやり取り

などがあげられます。

最初...続きを読む

Qこれって麦わら帽子ですか??

http://item.rakuten.co.jp/exas/38152002beg/
ここの素材にペーパーと書いています。
麦わら帽子みたいな素材なのですか?

Aベストアンサー

素材、ペーパー100%とありますね。
紙みたい・・・・
紙で作った平たい紐を編んで作ってあるように見えます。

麦わらならストローと書くでしょうから、やっぱりペーパーですね。
お店に、お問い合わせが一番です。

Qゴッホ展に行きましたが…

先日、ゴッホ展に行ってきました☆
入場制限をしていたものの、閉館時間が近づくにつれ
押し込んだのか身動きが取れない状態になりました。。

質問ですが、「ひまわり」は、何故展示されていないの
でしょうか。有名画家の作品を個人が保有している場合、
展覧会では、展示されないのでしょうか??

m(..)m

Aベストアンサー

ゴッホ展は行かなかったのですが、

>有名画家の作品を個人が保有している場合、
>展覧会では、展示されないのでしょうか??

ということはありません。
大きい展覧会でも「個人蔵」というのがあります。

何か違う理由なんだと思います。


余談ですが、

>入場制限をしていたものの、閉館時間が近づくにつれ
>押し込んだのか身動きが取れない状態になりました。。

どうせ制限するなら、ちゃんと見学できる程度に制限して欲しいのですが、行列の美術展って、たいがい、入っても絵が見られないぐらい一杯・・・・。

Qサイクリングで麦わら帽子をつけろと父にいわれた

トンボの自転車でまいにち25kmくらいサイクリングしています。
紫外線がきになるので、遮光眼鏡をつけています。
しかし、父親に麦わら帽子もかぶれかぶれとうるさく言われます。
なぜですかね。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

頭部が直射日光にさらされて温度が高くなると、前触れもなく突然意識障害が起きることがあります。(日射病)
自転車で走っていると身体全体に風を受けるので、脳の意識中で暑いという感覚が薄くなり、やばいと思ったときには手遅れになります。

麦わら帽子は通気性もあり、ひさしも首回りの日差しを遮ってくれるので良いですね。
でも、自転車では風を受けて走りにくそうです。
せめてスポーツ用の帽子をかぶることをおすすめします。

ちなみに私は、ゴルフ時にメッシュになった帽子を水に濡らしてかぶっています。
少々体温が高くなっても、頭が冷やされることで暑さも和らげられます。

Qゴッホのアルルのはね橋

ゴッホの絵「アルルのはね橋」を本でみたいのですか、どの本の何ページに載っているのか教えてください。また、どこの美術館で所蔵されているのかも教えてください。

Aベストアンサー

個人の美術館、クローラー・ミュラー美術館が所蔵していますね。
HPを開いて、Englishをクイックしてください。
その後、3番目の右の絵の下の▲▼にマウスを乗せてください。
まもなく「アルルのはね橋」の絵が出てきます。
本で見るなら、図書館の美術全集「ゴッホ」で見れますね。
大抵載っていると思います。

参考URL:http://www.kmm.nl/index_flash.html#voorpagina,http://www.bestfineart.com/decorative/images/oil_van_gogh_bridge.jpg

Q麦わら帽子のつばの形は?

先日、麦わら帽子を買おうとデパートに行きましたが、想像以上に
手ごわく、頭を悩ませています。

基本的にキレイ系の服を好み、あまりカジュアルだったり
ナチュラルなかんじが好きではありません。

麦わら帽子自体、カジュアルなものだけに、
どれだけキレイなかんじでかぶれるかに必死です。(笑)

本当は、12cmのツバの女優帽タイプを買おうと思ってたのですが、
背がかなり低く、顔が小さく、華奢なため、店員さんに
10cmタイプの方がいいと言われ、納得しました。

で、つばの形が波うつタイプか直線的でおでこのとこだけ少し折るタイプかで悩んでいます。

アドバイス、よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

帽子の被り方なんですが、
「ちょっと大きめサイズを目深にかぶる」のが正しいんだそうです。
そうしないとしもぶくれにみえて顔が大きくみえるとのこと。
帽子好きで有名な森瑶子さんのエッセイにありました。
それでアイメイクをしっかりめにするといいそうです。
ただ、「ツバが12センチ」だと顔が全部かくれてもったいないから
アタマのサイズは一緒でツバが10センチ、を店員さんは勧められたのかもしれません。

直線的な、いわゆる「赤毛のアン」タイプの帽子だったら
ぴったり目でまっすぐかぶるのがいいと思います。
そして姿勢をよくすること。
バレエをやっていた友人がこの帽子をかぶっていてとても素敵でした。

ご参考まで。

Qゴッホと広重

ゴッホが広重の版画を真似した絵を見ました。
よく似ているとは思うのですが、なんとなく違います。
どこがどう違うために違和感を感じるのでしょうか?

真似して描くのならば、もっとそっくりに描いてもいいのではないかと思うのですが、真似≪しきれなかった≫のでしょうか?真似≪しなかった≫のでしょうか?

私が見たのは『大はしあたけの夕立』を真似したものです。

Aベストアンサー

裏づけのない私見(想像)です。

とりあえず「亀戸梅屋舗」の方はご存知でしょうか。
gooで「広重 ゴッホ 大はしあたけ」で検索すると多分最初のサイトに、良いものが出てきますのでご覧下さい。「大はしあたけの夕立」と共に広重・ゴッホの作品を並べたものです。

これを見ると、亀戸の方はかなり忠実に写していると思います。版画と油絵という、完全な模写が不可能であるという前提を考えればよくこれだけ根気良くやったな、と感心するくらいに。
なので”基本的には”真似できなかったのではないと思います。やろうと思えばもっと似せることは出来たでしょう。しかしそれをしなかった。何故か。

先に書いたことをひっくり返すようですが、その理由は「しかし"大はし”の方にはどうしても真似出来ない部分があった」からではないかと思います。それがどこかというと「雨の表現」です。見るからに雨が主役ですよね、この絵の場合。
この雨の表現は油絵では出来ないのではないでしょうか。常識外れなほどびっしりと、雨の線が描き込まれていますよね、広重は。これが絵になるのは広重の技量でもありましょうが(そして日本の彫師、刷り師もエライ!)、版画だから、ということも大きいような気がします。

わたしは油絵に触ったこともない人間で、技法などには全く無知ですが、油の粘っこさ(少なくとも日本画、版画よりはそうでしょう)で細い線を真似して描いてみても、同じ効果は出せないような気がします。その辺りに限界がある以上、きっちり忠実であることを主眼におくことはなかったかもしれません。
雨を自分の描き方で描くのなら、バランス上、他の部分もいじらなきゃならない。他は忠実、しかし雨だけが、だと全体的なバランスを崩すような気がする。

一般的に模写の目的はおそらく「技能の習得」ですよね。しかし版画と油絵の違いということを考えた場合、盗めるものは限られていると思います。この場合で一番参考にしたいと思っているのはおそらく構図。そう思って見てみると、構図はかなり忠実です。
わたしとしては、川面の描き方をもっと「忠実」にしてくれていたら、もっと自信を持って私見を主張出来るのですが、川面を描くのは少なくとも雨よりは前ですからねー。なので「”忠実”を主眼に置いたものではなかった」という風に逃げなければいけないわけです(^_^;)。
もっと言えば、わたしのストーリーとしては、下半分は忠実を心がけていたけれども、川面に移る辺りで「雨が描けないぞ」と気付き、諦めてそこから自分の描き方に変更していった、という風にしたいんですけどね。ただこうなるとすでに物語なので……

結論として「完璧に写すことは不可能だった。しかしもっと似せることは出来たはずだった。でもゴッホはそれを選ばなかった」
……ということでどうでしょう?

裏づけのない私見(想像)です。

とりあえず「亀戸梅屋舗」の方はご存知でしょうか。
gooで「広重 ゴッホ 大はしあたけ」で検索すると多分最初のサイトに、良いものが出てきますのでご覧下さい。「大はしあたけの夕立」と共に広重・ゴッホの作品を並べたものです。

これを見ると、亀戸の方はかなり忠実に写していると思います。版画と油絵という、完全な模写が不可能であるという前提を考えればよくこれだけ根気良くやったな、と感心するくらいに。
なので”基本的には”真似できなかったのではないと思い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング