分娩麻痺における医療訴訟の判例を探しています。
分娩麻痺について調べています、昨今この分娩麻痺が原因で産科医が訴えられるケースが増加傾向にあると知りました、これら分娩麻痺についての判例を探しています。サイトなど自分なりに調べて見ましたがいまいてちでした。
判例について教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

通常のサイトでは、望むような判例は得られないと思います。


ご存知と思いますが、裁判所の判例検索システム
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_i …
最近の判例を検索するには良いですが、全体を見渡すには数が少なすぎます。

質問者さんのお立場によるのですが、医師であるなら顧問弁護士や知り合いの弁護士に頼むのが良いと思います。

>分娩麻痺における医療訴訟の判例
このように言っても、法律的知識がない方では、判例を読み込むことは難しいと思います。
(同様の事例と思っても、全くそうでなく役立たないこともあり得る)。

学生なら、法学部に設置してあるパソコンなどであれば判例検索ソフトが入っているでしょうから、それを使うとよいと思います。


医師・学生でないなら
判例検索
http://www.tkclex.ne.jp/
このようなシステムもありますが、法的職業についていない方が個人で導入するには、高価です。
結局は、手数料を払ってでも弁護士に頼むのが一番かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になるお答え、誠にありがとうございました。

お礼日時:2010/12/04 07:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無痛分娩について教えてください!

7ヶ月の初マタです。
自然分娩か、無痛分娩か悩みに悩んで
現在は無痛分娩側によっています。

無痛分娩の何が怖いかというと
やはり麻酔ですのでその辺の後遺症といいますか…。
麻酔への偏見かもしれませんけど。

通っている病院は産婦人科のみの病院で
無痛分娩よりも自然分娩を推している病院です。
ですが、しっかりはしているようで
無痛分娩の場合は予め予約をしておいて
計画分娩になるそうです。
なので自然分娩から急な無痛分娩の切り替えは
しないとの事。

近く病院にいって、詳しい説明を聞こうと思いますが
その前に無痛分娩を経験した事のある方の
色んなご意見などを聞きたいなと思っています。
差し支えなければ費用(無痛分娩代)なんかも…

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

二人を普通分娩、三人目を無痛分娩で産みました。
無痛良かったですよ。日本人だけらしいですよ。つらい思いして産むのがいいと思っているのは・・・。
むしろ、安全ですし。
私は、上の二人は、陣痛がつかず、陣痛促進剤を使い、特に上の子は、初めての経験ですし、大きな病院で昼間出産でしたが、促進剤が効き過ぎ過強陣痛になってしまい、それはそれは苦しい思いをし、頚管裂傷、弛緩出血で超多量の出血で死ぬ思いをしました。
二人目は、なんともありませんでしたが、促進剤はつかいました。
三人目も促進剤を使うだろうと思ったので、無痛にしました。
なんと、楽なことか・・・。陣痛は生理痛くらいです。
麻酔は、無痛専門の病院でしたので、ベテラン先生なので、全く心配してませんでしたし、くすぐったいくらいでした。

ただ、お一人目なら、普通分娩を経験してみるのもいいと思います。
お産て、ホント、色々で、楽な人はラクみたいですから。それから、痛さっって、産んだその日に、すぐ忘れてしまいます。

私は、運よく、無痛病院に8ヶ月で受け入れてくださいましたが、本来なら、8ヶ月では取らないといわれました。
費用は、私が去年産んだときは53万円でしたが(1日早く4泊で、退院し、3万うかせました)、今は70万らしいです。
東京都なので、高いのかもしれません。
毎回の診察代も少し、高かったです。
私は、どちらも経験できて良かったです。
無痛は予定日よりも3週間位前から好きな日を選んでいいといわれました。私の場合は、もとの予定日より1週間早い日を選びました。もっと早いほうがいいといわれましたが・・・。
選んだ日より早く陣痛が来たときは、間に合えば、無痛の処置ができますが、間に合わないくらい陣痛がきていたら普通分娩になりますが、ほとんど、本来の予定日よりだいぶ前に予定するので、あまりないのだと思います。
麻酔の副作用で入院中は足が浮腫みましたが、他は特になにもなかったです。
病院によるのか、ママ友ができませんでしたけど・・・。
(部屋に赤ちゃんを連れてこれないので、話すきっかけがあまりなかったです)

二人を普通分娩、三人目を無痛分娩で産みました。
無痛良かったですよ。日本人だけらしいですよ。つらい思いして産むのがいいと思っているのは・・・。
むしろ、安全ですし。
私は、上の二人は、陣痛がつかず、陣痛促進剤を使い、特に上の子は、初めての経験ですし、大きな病院で昼間出産でしたが、促進剤が効き過ぎ過強陣痛になってしまい、それはそれは苦しい思いをし、頚管裂傷、弛緩出血で超多量の出血で死ぬ思いをしました。
二人目は、なんともありませんでしたが、促進剤はつかいました。
三人目も促...続きを読む

Q医療訴訟に対する家族間の温度差について

医療訴訟を行なっている家族に温度差はありますか?

現在、母親の医療過誤について話を進めています。
私は、ずっと母親が亡くなってから訴訟を考えていましたが、姉は途中から私が姉にお願いする形で関わってもらいました。そして、弁護士の相談に一緒に行ってもらいました。しかし、その後はあまりその件に対しては興味がないような感じで、たまにあれ、どうなった?みたいな感じで話をされるだけです。

わたしは、母親のことを考えるたびに胸が苦しくなりますが、姉は冷淡なのか、それ程でもないようです。

私としては、今後のこと等色々と話したいのですが・・・迷惑というか、関心がないようなので話をしようとはしません。
肉親のことなのに、私は関係ないという感じでいれるものでしょうか?
家族が一丸となってとおメージしていましたが、そういうわけでもないのでしょうか?
 
姉は、母親が入院している時から母親の看病をすることに対して、あまり積極的ではなかったし、むしろなんでこんなに母親の看病に関わらないんだという感じで見ていましたから、今の状況が当たり前と言えば当たり前です。

ここに医療訴訟を行なっている方、過去に行なった方が結構意見されているようですが、いかがでしたか?こんなものでしょうか?自分一人ででも頑張っていくくらいの気持ちで行ったほうが良いのでしょうか?

今は、正直言って、母親が入院していた時の姉の対応に対して、いまだにしこりがあり兄弟中がギクシャクしています。姉と話をしていても、気持ちが安らがないというか、和まないというか・・本当に母親がいなくて寂しい思いをしています。

所詮、冷淡な人はあらゆることに対しても冷淡なのでしょうか?
みなさんのご家族はどうですか?

医療訴訟を行なっている家族に温度差はありますか?

現在、母親の医療過誤について話を進めています。
私は、ずっと母親が亡くなってから訴訟を考えていましたが、姉は途中から私が姉にお願いする形で関わってもらいました。そして、弁護士の相談に一緒に行ってもらいました。しかし、その後はあまりその件に対しては興味がないような感じで、たまにあれ、どうなった?みたいな感じで話をされるだけです。

わたしは、母親のことを考えるたびに胸が苦しくなりますが、姉は冷淡なのか、それ程でもないようです。

...続きを読む

Aベストアンサー

患者側の立場で永年医療裁判弁護に従事している寺島道子先生が
おそらく 多数のケースを扱った中での典型例の一つとして
「物語 医療裁判」をブログにて執筆中です(あくまでフィクションです)

その後半に家族内の温度差的なシーンが描かれてます

寺島道子先生HP「弁護士寺島道子の医療過誤訴訟」
http://www.ne.jp/asahi/sawasawa/hakunamatata/

物語 医療裁判
http://ameblo.jp/xn3mtrsm/

Q無痛分娩と和痛分娩の明確な違いについて

現在妊娠38週の妊婦です。
ここまできてまだ無痛分娩と和痛分娩の選択に迷っています。
今通っている医者では両方を対応できるよう麻酔医も常駐しているのですが、その病院で言う無痛分娩と和痛分娩の違いがいまいち理解できず悩んでます。

無痛分娩では硬膜外麻酔法を用い痛みをとる出産方法で、吸引分娩になる確率がかなり高くなる。

和痛分娩では陣痛のピーク時に筋肉を和らげる薬を注射することで体の力を抜き痛みを和らげる。
という説明を受けています。

吸引分娩のリスクについてはいろいろと調べて。。。
やはり無痛分娩よりは和痛分娩をと考えていますが、
硬膜外麻酔法を用いる出産も和痛分娩と呼ぶ病院があったり、和痛分娩の方法として薬じゃなく針や灸を用いるところがあったり。。。
インターネットで検索していて混乱してきました。

いったい医学的に無痛分娩と和痛分娩の明確な違いというのはどういう整理になっているのでしょうか?

また、吸引分娩になる確率等のリスクは和痛分娩にもあるのでしょうか?
(和痛分娩のリスクについては情報があまりないため是非教えてほしいと思います。)

よろしくお願いします。

現在妊娠38週の妊婦です。
ここまできてまだ無痛分娩と和痛分娩の選択に迷っています。
今通っている医者では両方を対応できるよう麻酔医も常駐しているのですが、その病院で言う無痛分娩と和痛分娩の違いがいまいち理解できず悩んでます。

無痛分娩では硬膜外麻酔法を用い痛みをとる出産方法で、吸引分娩になる確率がかなり高くなる。

和痛分娩では陣痛のピーク時に筋肉を和らげる薬を注射することで体の力を抜き痛みを和らげる。
という説明を受けています。

吸引分娩のリスクについてはいろいろ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは まさしく今晩麻酔分娩する38週の妊婦です
私の通ってる病院では「無痛=痛くない」ではなく
「和痛=痛みを和らげる」という言い方をしており「麻酔分娩」といっています

37週を過ぎて子宮口の開きを週一回確認しながら産む日を決めます

今日の夜8時に入院して明日の朝促進剤を飲む、
状態を見ながら促進剤を点滴、陣痛が始まりかけたら硬膜外麻酔を注入というながれらしいです

で、もしその前に(入院する前)陣痛がきてもやり方は同じだといわれました 促進剤を使わないだけで麻酔注入ですね

麻酔をしたからといって全く痛くないワケでもなさそうですし、感じ方は人それぞれだといわれました・・・痛みは感じなくてもお腹の張りはわかるし
いきむタイミングも先生と呼吸を合わせ、キチンとできるそうです

吸引分娩については無痛、和痛とあまり関係ないような・・・たぶん「いきめないから」ということなんでしょうが・・・

ってことで無痛=和痛、病院の言い方の違いだと思いますが、こんなんでわかりました?・・・^^;

Q四肢体幹麻痺になった知人の病院を探しています。

今までは、(東京都)国立村山病院に入院していて退院して来ました。自宅が目黒区なので、近辺の病院をさがしています。治療・リハビリにかかることになると思いますが、適切な病院はあるのでしょうか?東京共済・東邦大学付属大橋病院では診療できないとのことでした。目黒区のお近く方や、情報をおもちの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

条件によって、対応できる病院がちがってきますので、いくつか病院さがしのポイントを。

・通院治療か、入院治療か
→入院のみ受け入れ、というところもあります。また、通院だと通院方法や距離を考慮しないとなりませんね。
・発症されてからどのくらいたっているか
→一般に、3ヶ月以内だと、村山病院などの救急の取り扱いのある病院。それ以降、疾患が安定し、集中的なリハビリに効果が期待できる場合だと、リハビリの専門病院、さらに時間がたち、機能の改善、維持を目的としたリハビリだと療養型と呼ばれる病院や、外来通院でのリハビリになります。
・医療的処置や看護が必要か(食事、排泄、投薬など)
→リハビリだけを目的とした入院は断る病院があります
・四肢体幹麻痺になられた原因
→神経系の疾患、脳血管障害など
・ご本人の年齢
・リハビリの種類
→手先の訓練、話す訓練、飲み込み、噛む訓練が必要かなどなど。

たいていの病院は、入院していた病院から、リハ・看護記録や、診断書、レントゲンなどの検査結果などを出してください、と言われると思います。
病院によっては、ご本人に来院してもらって、検査をした上で入院できるか決定するところもあります。

こういった複雑な条件がいろいろありますので、一概にどこが適切かは申しあげられません・・・保健所で相談し、病院の一覧などをもらうのもひとつですが、できれば入院していた病院のワーカーさんにご相談してみるとよいと思います。

また、障害者福祉センターなどで、通所でリハビリ教室を行っています。(下記URL参照)
ここでも相談ができるかもしれませんね。

長くなってすみません。
ほんと、病院さがしは根気のいることですよね・・・。

参考URL:http://www.city.minato.tokyo.jp/koho/2002/km020711/1480tps6.html

条件によって、対応できる病院がちがってきますので、いくつか病院さがしのポイントを。

・通院治療か、入院治療か
→入院のみ受け入れ、というところもあります。また、通院だと通院方法や距離を考慮しないとなりませんね。
・発症されてからどのくらいたっているか
→一般に、3ヶ月以内だと、村山病院などの救急の取り扱いのある病院。それ以降、疾患が安定し、集中的なリハビリに効果が期待できる場合だと、リハビリの専門病院、さらに時間がたち、機能の改善、維持を目的としたリハビリだと療養型と呼ば...続きを読む

Q無痛分娩のメリット・デメリット?

お世話になります。

9ヵ月の妊婦です。
分娩予定の産院は、私は家が近所ということで選んだだけですが、無痛分娩で有名なところで、県外からも分娩希望者が多いようです。

無痛とは言っても完全な無痛ではなく、子宮口がある程度開いてからの注射なので、陣痛は感じるとのこと。
そしてこの病院では6~7割の方が無痛分娩を選択されているようです。

先日母親学級で分娩についての説明を受けたのですが、無痛分娩にすると母親がラクなばかりではなく、ベビーにとってもよいと聞きました。
新生児の黄疸になる確率が、無痛分娩だとはるかに少ないそうです。

しかも、無痛分娩って高額だと思っていたら、この病院は普通分娩費用プラス3000円のみとのこと。

費用もほとんどかわらず、ベビーにもよく、そして私も痛みが少ないのなら…と心惹かれます。

ただ、気になるのが本当にベビーと私の体に悪影響はないのか、という点。(麻酔打つわけですし)
そして「無痛分娩にした」と話した時の周囲の反応。
特に普通分娩での出産経験をした人にはちょっぴり見下されそうな気もします…。

皆さんなら、この場合痛分娩・普通分娩のどちらを選択されますか?

お世話になります。

9ヵ月の妊婦です。
分娩予定の産院は、私は家が近所ということで選んだだけですが、無痛分娩で有名なところで、県外からも分娩希望者が多いようです。

無痛とは言っても完全な無痛ではなく、子宮口がある程度開いてからの注射なので、陣痛は感じるとのこと。
そしてこの病院では6~7割の方が無痛分娩を選択されているようです。

先日母親学級で分娩についての説明を受けたのですが、無痛分娩にすると母親がラクなばかりではなく、ベビーにとってもよいと聞きました。
新生児の...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私は無痛分娩で一児を生みました。
一人で打ち止めの予定ですが、もう一人生むとしても絶対無痛を選択します。
私は超がつく痛がりなので、最初から無痛分娩の病院を探しました。
ちょっと汚い例えで申し訳ないですが、便秘で硬いときさえ耐えられないほど辛いと思う人間なので、赤ちゃんを通すことは赤ちゃんをしめつけまくって無理じゃないか、下手したら赤ちゃんも私も命の危機になるだろうと思えたからです。
体力の回復、膣の伸びの回復などにもいいと思えたですし。何より不必要なところに力をかけずにすむ、って母体にも赤ちゃんにも、すごくいいことに思いました。
会陰切開の痛みも分からないし、その後の縫う痛みも分からない。私にはいいことだらけでした。
途中までは陣痛の苦しみも味わい、弱めてるだけなのできゅーーーっという張りは分かったのでいきめたし、赤ちゃんが出てくる瞬間に肋骨を最後に蹴られた感触も私はありましたよ。
赤ちゃんが生まれる瞬間も冷静に見れましたしね。
ただ、立会い出産だったのですが、あまりにスムーズで旦那が物足りなさげだったかも?^^;
産後も順調で、母子とも体に異変もなく、今でも元気いっぱいです。
麻酔を弱め弱めに、最低限でやってくれる病院がいいかもしれません。麻酔が強いと赤ちゃんが眠ってしまうということもあるらしいですし。デメリットもお医者様に聞けばしっかり話してくれると思いますよ。一応ゼロというわけじゃないみたいです。確率かなり低いとは思いますが。
硬膜外という背骨?のとこに麻酔をうつのが、ちょっと怖かったですが、出産の痛みを思えばあんなのはなんてこともない痛みでしたよ。ちくっでした。
あと、「無痛分娩にした」と話した時の周囲の反応ですが・・
私は実の両親には言ってません。絶対見下したことを言いそうな親なので。
旦那の両親には言いました。無痛に理解ある人だったので。
古い人には言われるかなとは思ってましたが、びっくりしたのは同い年の友人(しかも看護婦)に「痛い思いをして生まないと愛情足りないよ」みたいなことを産後言われたことです。
彼女は私の数ヶ月後くらいに普通分娩で子供を生みましたが。
個人的にはかなり古い考えだなあと思います。
無痛でも愛情はしっかりありますし。
それに彼女からは毎年「二人目はまだか?」という年賀状をもらいます。はっきりいって苦痛なので、今年は年賀状出しませんでした:P
無神経な人は無神経なんだと思います。逆に無神経な人が分かっていいかもですよ~笑
そういう人は気にすることはないです。頭にはきますが。
生むのは自分、生まれるのも赤ちゃんであって、周囲は無神経にいいたいこと言うだけです。ご自分と赤ちゃんにいいと思える方法を最優先してくださいね。

もうすぐですね、楽しみですね。がんばってください!

こんにちは。私は無痛分娩で一児を生みました。
一人で打ち止めの予定ですが、もう一人生むとしても絶対無痛を選択します。
私は超がつく痛がりなので、最初から無痛分娩の病院を探しました。
ちょっと汚い例えで申し訳ないですが、便秘で硬いときさえ耐えられないほど辛いと思う人間なので、赤ちゃんを通すことは赤ちゃんをしめつけまくって無理じゃないか、下手したら赤ちゃんも私も命の危機になるだろうと思えたからです。
体力の回復、膣の伸びの回復などにもいいと思えたですし。何より不必要なところに...続きを読む

Q30年以上前の医療用(?)ペンライト探してます

こんにちは。

30年以上前、自宅で使っていたペンライトを探しています。

子どもの時の記憶では、大人っぽくてシンプルで、
病院の先生が使っているようなデザインのものでした。

幼少期に弱視&斜視で眼科に通っていたので、
そこで買ったのか譲って頂いたのかもしれないので、
このカテでお聞きします。

本体は、つや消しシルバー色で円柱型?、
ボールペンぐらいの長さでポケットに入るサイズ、

ライト部分は中心がクリア(豆電球)で周りが赤のクリア
(中身は豆電球で、光は電球色)、
そのライト部分を回して電池交換する(単3?4が2本)、
ON・OFFは 反対側の黒い部分を回して(ねじって)切り替える。

画像検索で見たところ、
見た目はパナソニックのBF-411
が近い感じなのですが、
本体の色は、もっと白っぽいつや消しシルバーで、
右の黒い部分の凸(細く出ているところ)はありません。

昨日、眼科で斜視の検査をしている時に
視能訓練士さんが似たのを使っていて急に思い出し、
探したのですが見つからず…。

今も手に入ると嬉しいのですが…
(医療用だったら一般じゃ購入できない?)

御存じの方いらっしゃったら情報お願いします。

こんにちは。

30年以上前、自宅で使っていたペンライトを探しています。

子どもの時の記憶では、大人っぽくてシンプルで、
病院の先生が使っているようなデザインのものでした。

幼少期に弱視&斜視で眼科に通っていたので、
そこで買ったのか譲って頂いたのかもしれないので、
このカテでお聞きします。

本体は、つや消しシルバー色で円柱型?、
ボールペンぐらいの長さでポケットに入るサイズ、

ライト部分は中心がクリア(豆電球)で周りが赤のクリア
(中身は豆電球で、光は電球色)、
そのライト部分...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ
手持ちのを思い出しあけてみると、長い間電池入れっぱなしで
つかっていなかったので液漏れしていましたが、電池を入れ
替えればつかえそうです。大変なつかしいですね。
 筒はスムーズな円形ではなく、たぶん20角型ぐらいはありそうです。
ポケットに引っ掛けるフックに極く小さく National とあり、
電球と反対側の丸の部分にBF-318 との文字があります。
確かに20~30年前は使っていましたが、最近は小型軽量化していますね。
他にも何種類かありましたが、多分このシリーズかもしれませんね。

Q無痛分娩経験者の方、お願いします

無痛分娩経験者にお尋ねします。
明後日から臨月なのですが、未だに無痛分娩にするか自然分娩か迷っています。
迷っている理由としては以下の2点です。
・お産予定の産院には麻酔医がいない。院長の産科医が麻酔をする。
 ホームページで無痛分娩に関する記事を見ると、「麻酔医のいるところを選びましょう」とよく書いてあります。産科医による麻酔でも大丈夫でしょうか。ちなみにこの産院は月に4,5件無痛分娩をしているそうです。
・8割が吸引分娩、カンシ分娩になると言われた。
 吸引分娩やカンシ分娩をすると、やっぱり頭の形が悪くなるんでしょうか。
 引っ張るときに神経細胞を壊したりとか、赤ちゃんに不具合はおきないんでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカで硬膜外麻酔(背骨にうつ)を経験しています。こちらでは、麻酔を使うのが一般的です。ただ、2日で退院するので、無駄な体力を使わないように・・という意味合いもあるかと思います。

ご質問についてですが、

・産科医による麻酔について
産科医でも、麻酔の資格をお持ちなのでしょうから頼って大丈夫かと思います。こちらでみなの話を聞いていると、結局は打つ人の経験数より「腕」らしいですから。

・吸引分娩、カンシ分娩について
こうした器具を使わなくとも、赤ちゃんの頭の形は縦長になって生まれて来て、自然に治ります。
私の友人も、彼女自身がカンシ分娩で生まれてきて、目の上に大きなあざができてしまい、お岩さん状態の写真が残っています。父親がお医者さんに「女の子なのにこんなことになって!」と食ってかかったそうです。笑 今は色白の美人さんです。


蛇足ですが、
ご存知かと思いますが、硬膜外麻酔は、体質によって効かない人もいるし、タイミングが悪いと間に合わない場合もあります。
また、打ってから、出産までは天国のようにラクです。が、その後の痛みは同じように来ます・・・。

赤ちゃんとの対面、とても楽しみですね。
「その時」がくれば、どうにでもできちゃうものです。「女は弱し、されど、母は強し・・・」なんて言葉が頭をよぎっちゃいました。
残り少ないマタニティライフを楽しんでください。

アメリカで硬膜外麻酔(背骨にうつ)を経験しています。こちらでは、麻酔を使うのが一般的です。ただ、2日で退院するので、無駄な体力を使わないように・・という意味合いもあるかと思います。

ご質問についてですが、

・産科医による麻酔について
産科医でも、麻酔の資格をお持ちなのでしょうから頼って大丈夫かと思います。こちらでみなの話を聞いていると、結局は打つ人の経験数より「腕」らしいですから。

・吸引分娩、カンシ分娩について
こうした器具を使わなくとも、赤ちゃんの頭の形は縦長に...続きを読む

Q分娩誘発(陣痛促進剤使用9の医者からのすすめの理由

妊娠40週で11月26日が予定日でした。予定日2日後の病院の検診でしたがお医者さんから子宮口が2cmあいている、まだ陣痛がきていないが今週には産みますか?産んだほうがいいんじゃないの?と言われました。陣痛誘発剤とバルーンを使って明日にでも入院して産んだら?というかできるよという言い方でした。その決断を私にさせる感じでしたので、主人とも相談したかったので今日は返事はできないと言って帰ってきました。予定日からまだ数日遅れただけで、特にお腹の子供も異常がないのに、分娩誘発剤を使用してまで今週中に出産をしないといけない理由がわかりません。入院の返事をしなかったので、今週の末にもう一度検診に行きますが、今週末までに陣痛がこなければ来週は予定日から1週間経つので促進剤を使っての出産になると思います。医者の言うとおりにしていれば良かったのか、どうかとても悩みます。なぜ、医者はそのように進めるのか・・・。出産の途中でなんらかの理由があって促進剤はわかるのですが何も母子共異常がない段階で、そのように出産する理由がわからないのです。何かご存知の方、どんな意見でも結構です。是非、教えてください。宜しくお願い致します。

妊娠40週で11月26日が予定日でした。予定日2日後の病院の検診でしたがお医者さんから子宮口が2cmあいている、まだ陣痛がきていないが今週には産みますか?産んだほうがいいんじゃないの?と言われました。陣痛誘発剤とバルーンを使って明日にでも入院して産んだら?というかできるよという言い方でした。その決断を私にさせる感じでしたので、主人とも相談したかったので今日は返事はできないと言って帰ってきました。予定日からまだ数日遅れただけで、特にお腹の子供も異常がないのに、分娩誘発剤を使用してま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私の体験でお話させていただくと、予定日を過ぎても無理して誘発剤を使用して産まなくても大丈夫だと思います。
予定日を過ぎて、陣痛の気配が無いので先生は「予定日を過ぎてるので、産んでも大丈夫。」という意味で誘発剤を提案したんではないでしょうか。
私のときは、39wの時(子宮口2cm)に、赤ちゃんの頭が大きいので早めに産めば楽に出産できますよ。と勧められました。

予定日を2w過ぎて出産の気配が無ければ、検討してはいかがでしょうか。





結局、私は予定日に破水をして出産しました。破水した時は、子宮口は3cmでした。
 

Q無痛分娩派、でも迷う、自然分娩…

二人目を出産する時に無痛分娩にするか自然分娩にするか迷っています
わざわざ医学の発達している現代で痛い思いをするなんて…って

そこで教えてもらいたいのですが
「私はこれで 無痛or自然分娩にしました」 というのがあれば…参考にしたいです

私も断固として無痛分娩派でしたが、いろいろ体験談を読むと「自然分娩ってどうなの…??」と思ってきました

無痛or自然分娩 どちらの意見でもいいです
迷ってます、教えて下さ~い

(陣痛でこんな風に悶え苦しんだ…でも今は幸せ とか
無痛分娩じゃなきゃ絶対産まない! とか)

Aベストアンサー

こんにちは。
私自身は自然分娩でした。そりゃあもう大変でしたよ~。痛いし陣痛は長いし。2日間かかりましたもん。
私がお世話になった産院では自然分娩を進めていました。その理由は無痛分娩の際の麻酔で赤ちゃんが眠ったまま産まれてしまい、それが後々赤ちゃんやお母さんに影響があるとかなんとか…。詳しい理由はさっぱり忘れてしまいましたが、そこが重要ですよね。すいません。
でも海外では無痛分娩や帝王切開が普通、というところもあります。なので今はあまり気にしないでいいのかも知れません。
私はせっかく女に産まれたのだから、女しか耐えれないと言われている陣痛出産に耐えてみよう、と自然分娩にしました。確かに耐えれましたが辛かった…。次は考えていませんが、もうあの苦しみは嫌ですねえ。でも無痛分娩は費用もかかるということなので多分また自然分娩になると思います。ほんとーに痛かったけど自然分娩で良かったと思います。ダンナに頑張ったね、と言ってもらえたのもありますし(笑)。赤ちゃんと一緒に頑張ったって感慨もありますよ。痛いだけに。

Qクモ膜下出血の後遺症(麻痺)の治療方法について

私の父(57歳)が平成13年5月16日に脳動静脈奇形の破裂によるクモ膜下出血で倒れました。右脳の出血がひどく左半身が麻痺してしまいました。右半身は少しは動くのですが機能として働きません。脳の部分移植(細胞、組織)で少しでも回復する可能性はないでしょうか。また、移植以外で麻痺の回復する方法はないでしょうか。
現在無理でも将来的に麻痺の回復する方法はないでしょうか。また、日本以外でされている治療手段あれば教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

神経再生医療で人間の実用段階になっているものはとくに中枢神経(脳や脊髄)ではまだ報告はありません。臨床治験も聞きません。
現在 末梢神経・脳神経(つまり細い神経)に対しては移植による治療は国内でも行われています。これは中枢とは全く別物です。
脳損傷に対する再生医療は現在理論的可能性が示唆されている段階で,実用化のめどはまだ立っていません。ちょっと前までは理論的にもゼッタイ治らないと思われていたのが,治る可能性が想像できるようになっただけです。
中枢神経でも最も実用化が早いと思われているのが脊髄損傷ですが,マウスモデルでの結果によると,受傷7日前後の時期が最も有効と考えられています。慢性期での有効性はさらに大変です。
父上の治療としては現在のところ地道なリハビリしかないと思います。
大変な状態とはおもいますが,この分野もこれでも昔に比べればずいぶんいろいろと進歩はあったんです

参考URL:http://www.bdj.co.jp/flow/events/3tqe0k0000000tz5.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報