いま読んでいる本の中に、引用文献として Not True, Man: Mi Ata Beni? というタイトルの本が出てきます。この後半部分はいったい何語で、どういう意味なんでしょうか? なおこの文献そのものは架空のもので、実際にこういう本があるわけではありません。おわかりになる方、教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

パピアメント語(Papiamento)だと思います。


この言葉はカリブ海のオランダ領の島々(キュラサオ、アルーバ他)で話される、
スペイン語を中心にオランダ語、ドイツ語、ポルトガル語などの影響を受けて自然に生まれた混合語です。島民は子供のころはパピアメント語を話し、学校でオランダ語、スペイン語を学び最近では英語も学ぶので4-5カ国語を話します。

パピアメント語は文法に例外がない(その点エスペラント語に似ているが、エスペラント語は人造語です)ので学びやすい言語だと思います。
辞典がないので意味はわかりませんが
Mi...I Ata...Have(a) been(ta) Beni...不明。Biniならcomeなので全文
はI have comeとなりますがね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パピアメント語ですか……はじめて聞きました。まったく見当もつかない状態だったので、大助かりです。本当にありがとうございました。Beni はもしかすると Bini の typo かもしれません。おかげで手がかりが得られましたので、もう少し調べてみようと思います。

お礼日時:2001/04/16 19:53

下のマルチリンガル辞書サイトは、英語で言葉を入れると、六カ国語が出てきます。

単語ひとつずつ入れてみて、お験しになってみては?見た感じ、ラテン系言語なので、その中のスペイン・イタリアなどでヒットするかも。

参考URL:http://www.allwords.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。さっそく行ってみました。直接ヒットはしなかったんですが、参考になりました。便利なサイトですね。お気に入りに入れておこうと思います。

お礼日時:2001/04/16 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Qドイツ語で引用・参考文献の書き方

論文やレポートの末尾に添える参考文献リストや、文中での引用の書き方を教えてください。

・夏目漱石の「坊ちゃん」(岩波文庫、1929年)
・モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」からの引用

といった例を書くには何か決まり事があるんでしょうか?
また、そのほかにも略号など知っておくと役に立つテクニックがありましたらあわせて教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

日本の場合と基本的には変わりないと思います。
まず、本文中に、引用個所の番号をふって、論文の末尾に番号順に、引用を並べていきます。

「参考文献、引用」は、ドイツ語で 「Literatur」 です。
これは、「文学」のドイツ語と同じです。
これに、「リスト」の意味の、「Verzeichnis」を加えて、
通常「参考文献、引用リスト」として、「Literaturverzeichnis」を使います。(名詞なので、頭は大文字です。)
単純に、「Literatur」とだけ、書いてある論文や本もあります。

引用の番号に続いて、引用した本の作者、本の題名、本の発行日、引用した個所(ページ数など)を書いていくということで、ごく常識的だと思います。あまり、難しく考えずに、分かりやすく書いていけば、OKです。

例えば、こんな感じです。

Literaturverzeichnis

1. Weider,J,Wichmann, Anwendung der hydraulischen Untergrungsanierung. EF-Verlag,1990,S.136-142.

「Verlag」は、出版社、S.は「Seite」の略で、ページです。全体を参考とすれば、本の名前だけで、ページ数などは当然必要ありません。

繰り返すようですが、わかりやすくが一番です。

日本の場合と基本的には変わりないと思います。
まず、本文中に、引用個所の番号をふって、論文の末尾に番号順に、引用を並べていきます。

「参考文献、引用」は、ドイツ語で 「Literatur」 です。
これは、「文学」のドイツ語と同じです。
これに、「リスト」の意味の、「Verzeichnis」を加えて、
通常「参考文献、引用リスト」として、「Literaturverzeichnis」を使います。(名詞なので、頭は大文字です。)
単純に、「Literatur」とだけ、書いてある論文や本もあります。

引用の番号に続いて、引...続きを読む

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Qバッテラは何語?

いままでポルトガル語だと思っていましたが、オランダ語だと云われました。辞書を見ると前者でした。バッテらの語源として後者も正しいですか?

Aベストアンサー

ポルトガル語語源説を採ります。

Bateiraとは大型帆船が搭載していた小型のボートのことです。バテイラ⇒バッテラと訛ったことになっていますが、アクセントがteにあるので、昔の人はバテラと聞き取ったと思われます。

なお、関西地方ではサバの押し寿司をバッテラと呼んでいますが、寿司の形がバッテラ(小船)に似ていることによる命名だと思われます。

オランダ語説は知りませんが、考えられるのはオランダ人が外洋航海大型帆船で先行したポルトガル語の用語を外来語として使用したか、ポルトガル人が日本を去った後にオランダ人が日本に来たことから、情報の混乱が起こっているのではないでしょうか。

参考URL:http://www.kyotaru.co.jp/kyotaru_iroiro/bateira/bateira.htm

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Qこのサイトは何語??

http://www.marca.com/edicion/noticia/0,2458,538873,00.html

このサイトを翻訳したいのですが、何語かわからずに困っています。
何語なのでしょうか??

Aベストアンサー

スペイン語のようですよ。
http://www.worldlingo.com/wl/translate/ja/computer_translation.html?wl_lp=IT-ja&wl_fl=0&wl_rurl=http%3A%2F%2Fwww.marca.com%2Fedicion%2Fnoticia%2F0%2C2458%2C538873%2C00.html&wl_url=http%3A%2F%2Fwww.marca.com%2Fedicion%2Fnoticia%2F0%2C2458%2C538873%2C00.html&wl_g_table=-3
これが一番訳されてました。

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Q複数形のSは何語から?

英語、フランス語、スペイン語など名詞の複数を語末の"s"で表す言葉がありますが、この"s"は何語の習慣でしょうか。
ラテン語、ギリシャ語は"S"による複数形表記をしてませんし、ドイツ語も必ずしも"S"ではないのでゲルマン語の習慣でもないと思いますし。
ケルト系の言葉かガリア、イベリアで話されていた俗ラテン語がそうだったのでしょうか。

Aベストアンサー

確かにラテン語の名詞の大多数を占める第1および第2変化名詞では、複数主格形には-sは現れません。

現代ロマンス諸語の名詞複数語尾の-sはラテン語の「複数主格」ではなく「複数対格」の形に由来します。

古典ラテン語から俗ラテン語を経てロマンス諸語へ至る過程で、古典語の複雑な文法の体系は単純化されました。名詞・形容詞の格では、使用頻度の低い格(属・与・奪)は対格に吸収され、代わって前置詞が多用されるようになりました。もともとラテン語でも主格・対格は形態上の区別されない(中性名詞全般ならびに第3,4,5変化複数)こともあり、その他様々な要因があって主格と対格の区別もなくなりました。

名詞を代表する形態として対格だけがなぜ残ったのか。おそらく他の格に比べ対格の使用頻度が高かったためだと思われます。

また、古典ラテン語の時代に既に単数対格の語尾の-umが明瞭に発音されず、 ‐um>‐o となる傾向があったことが文献で知られています。

こうして、例えばスペイン語の 単 amigo 複 amigos のようなタイプの語形の対立が生じました。

確かにラテン語の名詞の大多数を占める第1および第2変化名詞では、複数主格形には-sは現れません。

現代ロマンス諸語の名詞複数語尾の-sはラテン語の「複数主格」ではなく「複数対格」の形に由来します。

古典ラテン語から俗ラテン語を経てロマンス諸語へ至る過程で、古典語の複雑な文法の体系は単純化されました。名詞・形容詞の格では、使用頻度の低い格(属・与・奪)は対格に吸収され、代わって前置詞が多用されるようになりました。もともとラテン語でも主格・対格は形態上の区別されない(中性名詞...続きを読む

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Qetc.は何語なのですか?

et cet er a

は何語なのでしょうか?

英語ではない場合、
英語ではどう表現するのでしょうか?

variousではないですよね?

ご教授いただけますと助かります。

Aベストアンサー

ラテン語のet cetera(エトセトラ)の略ですよ。
英語では~などなどを~and suchlikeと言う場合もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報