位置情報で子どもの居場所をお知らせ

日本大学(法)と明治学院大学(社会)に合格したのですが、将来性という観点からはどちらに進むべきでしょうか?
くだらない質問だと言うことは重々承知ですが、非常に悩んでいるので少しでも情報がほしいと思い質問させていただきました。

今年の受験で上記2校に合格しました(ちなみに男です)。偏差値的に見れば明学>日大ですが、将来就職などを考えた場合どちらが有利なのでしょうか?
やはり偏差値なんていうものは社会では関係なくて日本大学の持つOBの力と法学部という潰しのきく学部というのは有利なのでしょうか?
それとも知名度は置いておいても偏差値的に優位にある明治学院大学のほうが大手にエントリーシート(?)が通りやすいなどがあるのでしょうか?

学ぶ内容、立地などに関してはどちらも満足できるものですので上記の点が気になります。
皆様ご教授よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずは、合格おめでとうございます。


それと「ご教授」っていう言い回しはネットにありがちな誤用表現ですので、
大学で使わないように気をつけて下さいね。
正しくは、ご教示、かな。ま、調べてみてね。

さて、私なりの回答を。
日大法学部と明学社会学部の二択の場合、女性であるなら
悩まずミッション系大学の明学で決まり!だと思いますが、
男性ということですので・・・正直どっちもありです。
ま、将来的に法曹界を目指す可能性があるなら法学部の日大、
特にそういうわけでもないなら、
大学名をきいたとき賢さの印象で日大に勝る明学、かな。

全国的には日大のほうが名前は通るかもしれませんが、
それはマンモス校である日大のOBの多さにくわえ
全国各地に日大の系列高があるためでしょうね。高校野球でもおなじみですし。
逆に言えば、日大には、なんだ日大か(ポン大とも揶揄されます)、という
可もなく不可もない印象があるのだと思います。

最終的には、通学事情や大学の雰囲気も考えて判断するといいですね。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日大、駒澤、成城、明治学院の受験について

高3受験生です。
今地元国公立大学を目指して勉強しているのですが、国公立二次の前期試験に落ちたら私立大学に行くという約束を両親としています。そこでどの私立を受験するか考えて、自分なりに上記の学校に絞りました(全然絞れてませんが…)。漠然と教員になりたいという思いがあったので国立は教育学部を受けるのですが、私立に行くのなら文学部か社会学部で学び(文学や日本史学、政治学が好きなので)、教職過程を取りたいと考えています。そこで上記の学校を調べてみたのですが、イマイチどこがよいのかわかりません。偏差値で考えると

明学>成城>日大=駒澤
だと勝手に思っていますが、就職は日大が有利だと聞いています。いずれにせよ東京のことは全くわからないので街の利便性などもわかりません。ですのでこの学校の中から受験校を選ぶなら総合的にどこがオススメかOBの方でなくても結構ですので教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

元塾講師です。

大学のランクは合っています。ただ、日大が就職に有利というのには疑問符が付きます。
そもそも日大は学生数が非常に多いです。有名な話ですが「日大OBは社長数が日本一多い」というのがあります。ただ、これは「理由は卒業数が一番多いから」という、優秀さでなく人数による実績ということです。就職活動も人気企業には早慶にはかないませんがマーチを凌駕することはありますが、これも「学生数が多いため」というものがあります。正直、ご自身で進学する際には「数ではなく率で考える」方が良いです。「ある大学との比較で人気企業への就職数が10倍で学生数が100倍」だったら少ないほうが受かりやすくなります。

 キャンパスに関しても注意が必要です。特に日大は学部ごとにキャンパスが異なり、世田谷区の信号には「日大商学部前」というのがあります(そこには商学部のキャンパスのみがあります)。大学によっては学年ごとにキャンパスが異なる場合があり、引っ越す人もいます。ご自身でよく調べてください。

 お勧めの大学ですが、国立志望であれば「マーチの受験」をお勧めします。確かに私立と国立とでは傾向が違いますが、国立に間違って不合格になる人はマーチに合格する実力は十分にあります。むしろ、マーチに歯が立たない状況では国立大学への合格はかなり低いです。もしそのようであれば「チャレンジで国立、妥当ラインが明学・成蹊、滑り止めが日大等」になるはずです。
ご参考までに。

元塾講師です。

大学のランクは合っています。ただ、日大が就職に有利というのには疑問符が付きます。
そもそも日大は学生数が非常に多いです。有名な話ですが「日大OBは社長数が日本一多い」というのがあります。ただ、これは「理由は卒業数が一番多いから」という、優秀さでなく人数による実績ということです。就職活動も人気企業には早慶にはかないませんがマーチを凌駕することはありますが、これも「学生数が多いため」というものがあります。正直、ご自身で進学する際には「数ではなく率で考える」方が良い...続きを読む

Q明治学院大学の経済学部経営学科と、日本大学経済学部産業経営学科ならどちらの方が就職に強いですか?ま

明治学院大学の経済学部経営学科と、日本大学経済学部産業経営学科ならどちらの方が就職に強いですか?
また世間一般からしてどちらの大学をてた方が凄いと思われますか?

Aベストアンサー

明治学院。
だが大差はない。
要は人次第。

Q行きたい順位 明治法政成蹊成城明学日大専修 

変なタイトルで申し訳ありません。
私は高3で、年明けに大学受験します。
第一志望は首都大の法で、
今併願校を決めようと思っています。
タイトルどおり、明治大、法政大、成蹊大、成城大、明治学院大、日本大、専修大のなかで
みなさんが行きたいと思う大学に順位をつけていただきたいです。

ちなみに公務員志望です。

Aベストアンサー

首都大法の場合、これでは差が有りすぎてあんまりこういうの意味無いと思うんですが。

だってここには8校あり、
受験するだけで35000円×8で28万かかります。
過去問題を買ったり、解いたり、別学部受けること考えれば更に費用と時間がかかります。
本来は明治に受かるはずの子が、当ても無く対策が取れずに受けまくる事で入学先が成城になったりするでしょう。
それめちゃくちゃ損ですよ
更に受かったら複数の入学保証金で3月までに数百万かかりますよ。
ベンツ2,3台買えますよ。どんだけ金持ちなんですか??

仮に実力がからっきし首都大に届いてないなら、模試の結果から成成メインで明治を目標校にして成成滑り止めとかにしないといけないですよ。
何校も受かったら塾や高校は実績になるんで喜ぶけど本人にメリットは1つも無いですし。

また
更に明治、法政、日大のバンカララインと
成蹊大、成城大、明治学院のおしゃれ系ラインは違います。
校風が全然違うのに、どうして同ポジで受験候補になるのか疑問です。


公務員に強いのは埼玉や千葉も含めた国立と(そういう意味ではセンターの結果次第で首都大放棄と言う選択は十分有り)中央、日大などのバンカラ大です(早計除く)。
例えば日大は毎年地公に100名以上受かってるし学内講座も充実してます。地公なら日大で十分とも言えます。
成城は羽田孜や安倍晋三などの総理大臣を輩出してます(2人とも内部からの持ち上がり)。地方ではほぼ無名ですが昭和以後で東大を除けば国公立卒のの首相経験者はほぼ0名ですからそう考えると、中途半端な地方国立大よりは東京では評価されます。
学習院や聖心もですが、こういうコンパクトな大学は変に大きすぎる所よりも教育の質は良く、サークルや部活を通じたOBの引きは強いでしょう。
偏差値の割に本人や周囲に金持ちや企業経営者が多いのも強みです。ただそれをどう捉えるか、生かすかって本人や家庭環境で全然違うと思うんですね。
だからあなたの家庭環境とか面々で変わってくると思うのです。

答えになってないかもしれませんが、そう思いますね。公務員なら法学部にこだわる意味も無いし(公務員試験の肝はふつう、数理科目とマクロミクロ経済学です。法学部メリットは1コンマもありません)地公と考えてるなら日大で十分なんですよ。
国1とか狙うなら以下の通りです
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/3015eff713132d1c5dcd8bc54d50af2e
なぜ首都大が筑波や東京理科にWスコア以上の大敗をしてるのか?で言えば前者が文系大だからです。
国1に限らず理系の技官の方が採用されやすいんです。
需給の問題ですね。

新聞読んでれば分かると思うんですが日本の歳出はヤバいですから、公務員人件費削減は至上命題ですので採用はピーク時から4割減ります。
1番激しい大阪府・大阪市は人件費総支出を2割下げ、最終的には3割下げる予定です。
これには他の国や自治体も倣う感じですね。
大学生数」は過去20年増え続けてます。
これは国会審議で既に決まってます。(もちろん受かる人は問題なく受かるし、多少人件費が下がっても割と良い就職先だと思うんですが)
ただ僕が言いたいこと分かりますか?「10年前と今は違う」し「今と10年後は違う」んですよ。当たり前ですが。

理系に行けとは言わないけど、高3なら高3なりに時流は読んで進むべきだと思いますよ。
国家の方針とは言え、大学生の数は増えてるのに単純に合格者数が4割減ってきついと思いますよ。
かと言って急に公務員志望者が激減するとも思えないし。

もうちょっと賢く動いた方がいいんじゃないかなあって思います。
公務員志望なら定評のある駅弁や首都大や中央の経済系が入り易いし、何なら割り切って日大でもいい。
公務員が難化、待遇の劣化が目に見えている以上、技官狙うとか理系や専門職を狙う手もある。
あなたの投稿からはそういうの見えないんですよね。
そういうのはちょっと損かなあって思います。

首都大法の場合、これでは差が有りすぎてあんまりこういうの意味無いと思うんですが。

だってここには8校あり、
受験するだけで35000円×8で28万かかります。
過去問題を買ったり、解いたり、別学部受けること考えれば更に費用と時間がかかります。
本来は明治に受かるはずの子が、当ても無く対策が取れずに受けまくる事で入学先が成城になったりするでしょう。
それめちゃくちゃ損ですよ
更に受かったら複数の入学保証金で3月までに数百万かかりますよ。
ベンツ2,3台買えますよ。どんだけ金持ちなんですか??...続きを読む

Q成城?明学?

今年20にして初受験をし、センター利用入試で成城と明学・その他の合格通知が来ました。
志望はいわゆるGMARCHだったのですが、残念ながらセンター利用では落ちてしまい・・・。
まだ一般入試は残っていて、過去問をやっている段階では十分に合格レベルに達しています。が、何があるかわかりませんので、いわゆる滑り止めとして成城あるいは明学の入学金を払うことになります。(志望校の発表より先に手続き締め切りがあるため。)

そこで質問させていただきたいのですが、一般的に見て成城大学と明治学院大学、どちらのほうが評価が高いでしょうか?

予備校の発表する偏差値はどちらも似たようなものですし、通学経路・時間などは総合的に見れば似たようなもの(若干明治学院に分有り)のようです。
逆に明治学院はキリスト教校でキリスト教関係の講義が必修だったり(宗教嫌いなんです・・・)、1~2年次と3~4年次でキャンパスが変わったりという部分でちょっとな・・・という感じなんです。
ですので、自分の中ではどちらにするか決め難いんです。(もし明治学院にするなら手続きの前に学習院の発表がありますが。)

一応、法律の勉強がしたくて大学を受けたので、両方とも法学部です。明学は複数学部出願も値段が同じだったので心理学部も出願し、そちらも合格しています。

世間的に見て(こういうのはいまどき古いかもしれませんが)、成城大学法学部・明治学院大学法学部・明治学院大学心理学部……どこが一番良いと思われますか?

今年20にして初受験をし、センター利用入試で成城と明学・その他の合格通知が来ました。
志望はいわゆるGMARCHだったのですが、残念ながらセンター利用では落ちてしまい・・・。
まだ一般入試は残っていて、過去問をやっている段階では十分に合格レベルに達しています。が、何があるかわかりませんので、いわゆる滑り止めとして成城あるいは明学の入学金を払うことになります。(志望校の発表より先に手続き締め切りがあるため。)

そこで質問させていただきたいのですが、一般的に見て成城大学と明治学院大...続きを読む

Aベストアンサー

NO.2です。

確かに、例え将来の道が法曹であったとしても、
そうでなかったとしても、
多角度的な視点で物事を把握し、考える力を養うことはとても大切です。
そういう点では、例え法学を学ぶにしろ、経済を学ぶにしろ、
それ以外の学問、そして更に言えば「学問する」ということは重要です。
法曹の道であれば、心理学も多少なり勉強されるでしょうから、
心理学部を選択しても勿論自分の糧になることと思います。
ただ、法曹を目指すという目標には少し遠回りにはなるかと思いますが、
個人的には、質問者様のお考えにはとても賛成です。

私は上智大のOBですが、一般教養、学部乗り入れ等で、
色々な学部の講義を受講してみたりしました。
そういう利点のある大学を選択するのも良いですよね。
今では、学部乗り入れ単位制度や、一般教養でも沢山の講義がありますから、
例え法学部を選択しても、様々な勉強が出来ると思いますよ。

学習院の手ごたえとしてはどうでしたでしょうか。
もし、自己採点をして、過去の大体の点数から、
合否が読み取れるのであれば、明学すべり止めでもいいかと思います。
ただ、受験というものは本当に何があるか解らないので怖いですよね。

兎に角、あと残りの一般試験で精一杯の力を発揮されること、
陰ながら応援しております。
(具体的な回答とはそれてしまい、申し訳有りません。)

NO.2です。

確かに、例え将来の道が法曹であったとしても、
そうでなかったとしても、
多角度的な視点で物事を把握し、考える力を養うことはとても大切です。
そういう点では、例え法学を学ぶにしろ、経済を学ぶにしろ、
それ以外の学問、そして更に言えば「学問する」ということは重要です。
法曹の道であれば、心理学も多少なり勉強されるでしょうから、
心理学部を選択しても勿論自分の糧になることと思います。
ただ、法曹を目指すという目標には少し遠回りにはなるかと思いますが、
個人的には、...続きを読む

Q【至急】日東駒専と成成明学獨国武の就職の差

この2グループの大学には就職の差はありますか?
マーチレベルになると差を感じるのですが、これらの大学はどうなんでしょう。

成城や武蔵等は小規模なので魅力的なのですが
学費が高い点に悩んでいます。
そこで就職面でも考えてみようと思い、就職に有利不利が
なければ安い日東駒専がいいかなと思っています。


少し話がそれますが、
東洋大と武蔵大は大学に直接足を運んだことがあり、
他大学は訪れたことがありません。
雰囲気がいまいちよくわからないので、よければ
知ってることがあれば教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

 学習院と成蹊はグループ別位難しい、この2つは就職がよいので有名。法政だったらこの2校のほうがお勧め。

Q日本大学法学部は私立大学の中で高学歴な部類ですか?

日本大学法学部は私立大学の中で高学歴な部類ですか?


2010年代々木ゼミナールの偏差値ランクは57なのですが、
私立大学の中で難関といえるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

2011年度 代々木ゼミナール最新偏差値データ
http://www.yozemi.ac.jp/rank/gakubu/index.html

面白い変化で言いますと、早稲田政治経済が私大1位を奪還しました。
69でトップです。
バブル期まではずっと私大1位で90年代は慶応法、早稲田法と横並びだった記憶があります。
2000年度頃から慶応法が約10年間1位だったはずです。
早稲田人気ですね。

次いで慶応法、慶応経済の68。

早慶以外だとICUの66が来ます。
65で上智、中央、64で同志社、立命。
日大法は56ですね。


これ考えるとトップの早慶と比べれば12ポイントも差がある。
国公立の事も考えれば、「真ん中ぐらい」と言えますね。
僕は評価してますけど。
まず立地がいい。だからバイトやサークル、授業などでマイナスが無い。
次いで
毎年
10人以上が司法試験に
100人以上公務員試験に受かってます。

学生数は多いけれどトップ3%程度をキープできれば、
十分に、トップ大学の学生以上の位置を確保出来ます。


これは早稲田などもそうなんですけど、マンモス大学は下位の70%ぐらいは最初から「捨て駒」にされて、切り捨てられるイメージです。
これは大学側も承知でそういうやり方をやってると思う。

独ソ戦で勝者ソビエトが取った戦略と同じです。ソビエトは勝ちましたが、
独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1128万人で、ドイツ兵500万人の2倍以上。
民間人の犠牲者をいれるとソ連は2000~3000万人が死亡してます。
ソビエトは人口1億人ぐらいしかいないので、これメチャクチャな数字ですけど。

問題は受験者や学生がそれを認識してるかどうかでしょうね。
してれば、そこにいるメリットはあるけど、
してない人が多いと思う。
誰でもタモリや大前研一になれたらラクだけどね。

2011年度 代々木ゼミナール最新偏差値データ
http://www.yozemi.ac.jp/rank/gakubu/index.html

面白い変化で言いますと、早稲田政治経済が私大1位を奪還しました。
69でトップです。
バブル期まではずっと私大1位で90年代は慶応法、早稲田法と横並びだった記憶があります。
2000年度頃から慶応法が約10年間1位だったはずです。
早稲田人気ですね。

次いで慶応法、慶応経済の68。

早慶以外だとICUの66が来ます。
65で上智、中央、64で同志社、立命。
日大法は56ですね。


これ考えるとトップの...続きを読む

Q東大や早慶でても大企業に就職するのは上位二割程度

って本当ですか?東大でても中小企業に就職したりするって本当ですか?逆にマーチとかで大企業に就職したりするというのも聞いたんですが本当なんでしょうか?何か質問ばっかりですいません。東大や早慶でたら人生安泰だとばかり思っていたので信じられなくて・・・・

Aベストアンサー

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きましたけどこういう人はけっこう多くいます。
早慶も同様です。
「絶対に就職」と思ってる人はそうそう多くないです。上位大学でも色んな人がいます。

次いで
1と関連するんですが、今って価値観は変わって来てる。
大企業や大金に対する嫌悪感の方が強い。正直、欧米の方がそうなってますね。
凄く優秀な人が国際公務員を蹴って小さい会社を立ち上げたり、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9
そこにゴールドマンサックス1年で辞めて蹴って入る人がいたり(わずか数人の会社ですよ)そういう感じです。
甘い部分もあるんですけど、NGOや中小などを最初から志望する優秀な人もけっこういます。


最後ですが、環境の変化が起こった、と言うこと。
前提として
1、大企業に入ること自体は難しくない。
大企業とは「300名以上」ですからここに入るの自体、偏差値60以上の大学生からすると、別に難しくない。東証一部上場企業も2000社もあるし、そんなに難しくない(その上、財務省やサントリーやゴールドマンサックスなど上位企業は上場してません)

2、上司は高卒
ギャグみたいな話ですが、いまの公務員人気はこの20年で起こったことで、それ以前はまるで人気がなかった。だから地方の市役所は京大なんかの帝大卒も多いですが4,50代なんかの上の世代は人気が無かったので4,50代はふつうに高卒です。いや本当に。どの企業もそういう部分ありますよ。

3、国力の低下
やっぱり1960-1990のわずか30年間だけど、日本国自体が右肩上がりだったし、人口比で見ても
大学生はエリートだったんだと思うんですよね。優秀だけども高卒や短大卒でって人も多かったし、彼らはその現実を受け入れるしかなかった。でも今は人口比で見ても、日本のエリートと呼ぶには届かなくなってると思います。供給量は拡大したのに、需要が減ってる。
そりゃあぶれる奴は出ますよ。

4、企業サイドの姿勢の変化
上記1,2,3を踏まえ企業はシビアになってる。
正直、海外営業なんて腐るほどいたし、売れるもんだから大量に営業を採った。営業もふつうにしてたら売れた。でも今は売れないわけで、システムを組み替えることと、あと根性系も残ってる。
で、理系(念のため行っておくと僕はド文系)、や専門職(医師や、弁護士や海外経験)の需要が高い。
JALのCAは契約社員で、三菱商事の一般職は派遣で、と労働者側から見ればキツイ、最悪な、株主や企業からすると利益を確保できる最高のシステムになってる。
こういう厳しい状況だから、過去の形式上新卒ののシュウカツはなくなって、欧米並みに難しくなってる。
欧米の場合は、あくまで専門性が重要で、「大学でどれぐらい勉強したかを発表する場」なんだから軸はカンタンなんだけど、日本はその辺が曖昧だから、じぶんの立ち位置に苦しむことが多い。

有名大を出てる=専門性があるわけじゃないってのは企業もわかってるし、その辺のギャップ(自己評価が高すぎる)と落ちる。
アマゾンでネット注文して3日で届く自体に、1つ1つの作業がのろい奴は落ちる(サービスを享受する時は安さやスピードを求めてるのに、自分がやる側になったらやりません、できません、っておかしいでしょ)。

東大早慶は、ある程度は受かりやすい。少なくとも書類とか、1次とかは受かりやすいと思う。
でも2次以降はふつうに落ちるし、「おれ○大だからさあ」みたいな奴は落ちる(こういう奴ってあんまり優秀じゃないことが多いし、そもそもキモい新人とわざわざ仕事しなきゃならんのだよ)。
あと中小やngoに「私は利益優先型に疑問があってこういう所に来ました」みたいなかわいこちゃんも落ちる。中小でも利益を必死になって生み出してるし、ngoでも鬼のような姿勢と行動力で寄付や政府系援助をぶんどってなんとかかんとかで運営してることが多い。

つまり『有利な面もあるが、それは”山本くん家は高校から歩いて5分”ぐらいのメリットであり、あまり深く捉えすぎると大やけどする。先輩の進路などを見てれば、ある程度自分のことは推測できるし、限られた環境でできることを楽しみながら1つずつ行う、それしかない』です。

あとは優先順位が違う気がする。
僕はバイト先で中小大の奴がバイトや恋愛やファッションに頑張ってるなあ、と感じたけど、
学内では海外留学やインターン、サークルを頑張ってる人が多かった。
メンタリティが違う部分があると思うし、大企業は後者のメンタリティを持ってる傾向にあるから後者が有効になりやすい気がする。

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きまし...続きを読む

Q指定校推薦で後悔しています

指定校推薦で後悔しています。高校生のときに同志社大学法学部と中央学経済学部の指定校推薦で迷って、同志社が推薦取れるか微妙だったため安全策を取り中央の推薦をもらいました。しかし大学に入ってみてやはり経済学より法学を勉強したかったという思いが強くなってしまいました。また、中央に私がやりたかった競技のサークルがなく、サークルが多い同志社ならできたのになーと思ってしまいます。またやはり世間の評価は同志社の方が上なので同志社にコンプレックスを感じてしまいます。
ちなみに同志社の指定校をもらった同級生は模試の成績は、私が私立文系クラス(15人程度しかいません)で常に1番だったため私より下で、部活も私は県大会準優勝のメンバーだったのに対し彼は帰宅部でした。ただ私は評定平均が4.4しかなく、彼より上なのか疑問だったので安全策をとってしまいました。彼は友達ではなかったので直接評定平均を聞くこともできませんでした。今思うと聞くべきだったと後悔しています。もしかしたら私の方が評定が上で同志社に行けたのではないか思うと、悔しくて、勝負せずに逃げた過去の自分が憎くて仕方がありません。一方で同志社の推薦が取れず、一般で学習院未満の大学に入っていたかもしれないことを考えれば幸運だとも思いますが。


1、2年生のときはあまりこのようなことは考えないようにしていましたが、就活を迎え自分の大学生活を振り返って見ると同志社に行っていればもっと有意義な大学生活だったのではないかと思ってしまいます。

現在は大学名より就職が大事なんだと自分に言い聞かせ地方上級公務員試験を目指して勉強していますが、どうしても同志社への思いが消えません。もう3年生の終わりなので再受験というわけにもいかないとおもいます。これから社会に出ようというのに自分でも情けないですが、どうすれば過去の自分の選択に納得することができるでしょうか?

指定校推薦で後悔しています。高校生のときに同志社大学法学部と中央学経済学部の指定校推薦で迷って、同志社が推薦取れるか微妙だったため安全策を取り中央の推薦をもらいました。しかし大学に入ってみてやはり経済学より法学を勉強したかったという思いが強くなってしまいました。また、中央に私がやりたかった競技のサークルがなく、サークルが多い同志社ならできたのになーと思ってしまいます。またやはり世間の評価は同志社の方が上なので同志社にコンプレックスを感じてしまいます。
ちなみに同志社の指定校...続きを読む

Aベストアンサー

正直同志社と、中央では世間の評価は違わないと思うし、近畿圏以外ではむしろ中央のほうがネームバリューある。

指定校で実力以上の所にいけたんだからいいんじゃないですか?
勝負というのは一般試験で受けた人だけが使っていい言葉です。
一般入試で入った人が聞いたら激怒でしょう。

中央では法律関係の勉強が一切できなかったのですか?
司法試験受けるんじゃなければ、就職的には法学部も経済学部もかわりません。

あなたがやる気があれば、今からでも充実した大学生活が送れるはずです。
ちなみに公務員試験の勉強のことではありませんよ!!

Q武蔵野大学や國學院が評判悪いのはなぜ?

教育学志望です。
教えてgooや知恵袋などを見ていると、両校とも大東亜帝国以下だとかいろいろ言われていました。

でも武蔵野大学なんかは入試倍率を見るとものすごく倍率が高いです。

偏差値も、MARCHと日東駒専の間くらいに位置しています。

どういうことでしょうか??

Aベストアンサー

元塾講師です。

 大学の評判と基準偏差値の間に差がある場合には以下のことが考えられます。
1、競合校と日程が重なる、またはずれている
2、合格者が極めて少ない
3、入試問題が受験生の能力に見合っていない
4、他大学にその学部がないために集中する

1、中学受験などでは多く見受けられることですが、競合校と入試日程が重なる場合は、受験生が分散し両校の合格者偏差値が下がる傾向にあります。また、今まで同じだった学校のどちらかが日程をずれして両方上がることがあります。大学の入試偏差値は大抵、「その偏差値で合格確率50~60%」というもので(模試のC判定あたりです)、その基準が下がるだけです。

2、女子アナなどの超高倍率の試験では、「どうすれば合格する」という基準は作れません。大学入試でも合格者1人の試験の場合はその年のトップだけが合格することになり、「合格偏差値=合格した1人の偏差値」となり、これは毎年変わってしまいます。これは極端な例ですが、そこまで合格者人数がでない大学では多少影響があります。もっとも最近は、(定員割れしそうな大学はよくすることですが)推薦入試でかなりの定員を埋めて一般試験の募集数をかなり少なくして入試偏差値を高めに操作(?)している大学も少なくありません。
 その証拠に、武蔵野大では入学定員の半数近くが推薦等の一般試験を経ないで入学していますが、日大では内部進学を含めてもそこまでではありません。企業などがその大学の学生の質を判断するのはあくまで「その大学に入学・卒業した全学生(の平均)」であり、一般試験を受験した以外の能力も含めています。早慶や国公立などの難関大学では「一般入試では測れない能力の持ち主」を推薦入試などで選抜しますが、日本のほとんどの大学の推薦入試は「定員の穴埋め・他に逃げられないように青田買い」であり、推薦入試の入学者は能力的には一般試験よりかなり低いと見積もられています(そのため企業では、一般試験かの質問をそれとなくしたり、筆記試験でふるい落とします、その影響か最近は大学入学後に基礎学力養成講座をしている大学もあります、それならそいつらを入学させなければいいだけですが、それでは定員割れしてしまうのでできません。そうした講座を持つ大学はまともな人間を入学させていないことになります)。
 つまり、「推薦入試の多用で一般入試の偏差値よりかなり低能力の学生が多く存在する=世間とのギャプが生まれる」ことになります。

3、入試というのはその受験生(もしくは合格相当の学力をもった人間)の能力に見合ったもの出ないと選抜ができません。小学生にセンター試験をやらせて、今までの試験と同じような成績順にはならず、ほとんど運に左右されます。また、逆に東大生に小学校の単純な計算問題をやらせても、そこで計られる能力は「ケアレスミスの少なさ」だけであり、学力の判定はできません。
 このように受験生の能力に見合わない試験の場合、合格者偏差値は高めに出やすいです。というのも、先に挙げたように「合格率50%」のところを偏差値にしていおり、ある程度の倍率になると、(試験が難しすぎる場合には)ほとんどの人は全問題を正解せず、それでは合格しません。そうなるとその問題の中に「ある程度知っていて解けた人達」の層にまで行かないと50%にならず、異様に高い偏差値になります(先に挙げた小学生にセンター試験を課して合格する人は「飛び級予備軍」であり、そうした人を選抜する目的としては正しいものになります)。ただ、この場合、偏差値30の人からも運で合格している人も誕生し、それが30~70までひとりずつ存在し71のところで半数以上だから「偏差値71」ということになりますが、合格者の平均偏差値は50いかない場合も考えられます。むやみに偏差値を高く算出したい場合にできるテクニックですが、ある程度優秀な受験生を取りこぼす可能性が高く、「学生の質なんか下から気にしていなくて世間体だけが欲しい」大学にはうってつけです。

4、医学部や教育学部等に見られます。
 慶應の医学部は私立最難関で慶應の理工学部等よりも偏差値が高いのは納得できます。そこを基準として他の私立大学は「慶應の医学部は偏差値70で、うちは慶應の次に難しいら69」というように算出されちるとしか思えないような数値が出ています。実際早慶の理工学部より高めの偏差値が出ている大学がありますが、早慶の合格者が不合格になるような問題とは思えません。日大や帝京等は同じ大学に違う学部もあるのでそことの比較で算出するのが妥当なはずです。
 教育学部も、私立では早稲田の教育がトップにあり、マーチには青学や立教に資格が取れる学部がある程度であり教育学部はありません。日東駒専でも充実しているとは言えない状況なので上の大学の偏差値に引っ張られて偏差値が上昇しやすいです。早稲田の教育で、絶対に浪人したくない人が桜美林等を受験することがありますが、これが法学部などでは考えられません。ただ、(言い方は悪いですが)自身の受験勉強をまともにしてこなかった人が優秀な生徒を前に教育出来るものでしょうか?賢い子供は「この人頭の回転遅いな」というのは分かりますし、実際私はそう感じた先生はいました。そうした状況で教壇た立ち続けるのは相当なストレスですし、相当な鈍感人間にしか無理です。

 
特に2、と3、を組み合わせれば入試偏差値(倍率)と学生の質に大きな差を生じさせることができます。しかも「実際は大したことないのに入試偏差値だけが高くなる」という悪質なものです。ただ、人気企業などはその辺も十分わかっているので、同じような偏差値の大学と比べると就職実績でおとる場合も多いですし、教員採用試験などの実績も違ってきます。
 また、以前より安定志向の若者が増えたことから医療系・教員・公務員志望の人が増えて、教育学部志望の倍率は上がっています。ただ、優秀な受験生が流入しているよりも、「短期的にしかものを考えられない人」が教育や医療系に集まっているだけであり、合格偏差値上昇には無影響で、倍率だけが上がる現象に貢献しています。 

 武蔵野大学に関しては、確かに倍率は高めですが、難易度としてはそこまでではありません。入試というのは(受験生にとっては)「合格最低点を1点でも越えればいい」わけであり、その点数だけを意識すればいいはずです。東大の倍率より高いからといって東大の方が合格しやすいわけではりませんから…。もっとも、学力が足らず運で合格しようとする人間にとっては運は非常に重要な要素になりあます。
ご参考までに。

元塾講師です。

 大学の評判と基準偏差値の間に差がある場合には以下のことが考えられます。
1、競合校と日程が重なる、またはずれている
2、合格者が極めて少ない
3、入試問題が受験生の能力に見合っていない
4、他大学にその学部がないために集中する

1、中学受験などでは多く見受けられることですが、競合校と入試日程が重なる場合は、受験生が分散し両校の合格者偏差値が下がる傾向にあります。また、今まで同じだった学校のどちらかが日程をずれして両方上がることがあります。大学の入試偏...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング