室生犀星の「すぐれた実在」という詩があります。

一本の蜜柑の木であるが
一二三ばかりの実がなつている
黄ろい日光のやうな色をして
考え深さうになつてゐる
そのまるまるした格好がすなほに枝の上に離れられないもののやうに見える
みてゐると冬といふ季節の一番すぐれた温かさが感じられる
ものの円味がああも完全されて
ぽつかり空間をしきつてゐるのを見ると
……

……
という詩です。
ここの7行目を見ると「完全されて」とあります。
これは「かんぜんされて」と読んでよろしいのでしょうか?
あるいは、そういう読み方は他でなされてますか?犀星のオリジナルなのでしょうか?

ご教示頂ければ嬉しいです。

A 回答 (2件)

「完全する」(かんぜんする)というサ変動詞があります。

日本最大の国語辞典『日本国語大辞典』(小学館)に載っています。小さな辞典にももちろんよいものはありますが、大きな辞典も引かないとだめです。
「完全する」の意味は「全うする」(まっとうする)とだいたい同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。たしかにサ変動詞の「完全する」を確認出来ました。

最近はネット辞書にのみ頼っているので、なかなか大きい辞書にあたる機会が少なくなってダメですね。

今回は大変助かりました、重ね重ねですが、ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/17 19:54

完全は名詞又は形容動詞ですので、「完全された」では意味が通じないのではないかと思います。


何かの当て字ではないかと思います。一番近い言葉は「まっとうされて」ではないかとおもいます。
完成されての思い違いではありませんよね。回答になってなくて御免なさい。

この回答への補足

はい、思い違いではないです。質問文の引用部分は一言一句違えてないです。室生犀星の書いたままです。

おそらく当て字なのではないかとは思いましたが、やはり、お詳しい方でも、そのように感じられると言うことは、あまり一般的な書き方・読み方ではないと言うことなのでしょうね。

「完全」の部分を「まっとう」として詩の一部を書いてみますと。

「……
ものの円味がああも『まっとう』されて
ぽつかり空間をしきつてゐるのを見ると
すこしの胡魔化しも、うそもない
在るものはそのままで美しい」

となります。
こんどは「まっとう」では意味が通じなくなるようにも思います。

ちなみに上記引用部分を合わせて、「すぐれた実在」という詩は最初から最後まですべてということになります。全体を読まれて、「完全」の部分はいかがでしょうか?)

補足日時:2011/02/17 17:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答大変ありがとうございました。No.2の回答者様のご回答にある通り、「サ変動詞」に「完全する」という動詞があるようです。つまり、解決することが出来ました。

また何か質問することがありましたら、またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2011/02/17 19:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q室生犀星の詩の題の読み方

五月という詩が気に入っていますが
これってさつきと読みますか
五月と読みますか

Aベストアンサー

「ごがつ」だと思われます。以下のURLを参考にしてみてください。

  http://www16.ocn.ne.jp/~ondoku/gr6gogatu.html

「さつき」と読むには無理があるようです。

Q室生犀星「ふるさと」の「みやこ」=ふるさとでしょうか?

「ふるさとは遠きにありて思ふもの」という著名な詩があり、その最後に「遠きみやこにかへらばや」の句があります。
掲示 URL の授業では、漢字と仮名の表記をとらえて、「みやこ」は都でなく、ふるさとであると示唆しています。私にもその表記の違いが目に付きますが、涙ぐむ「都」ではなく、かえるところにあるまじやと決意する「みやこ」のように読めます。
わたしの読み方に無理があるでしょうか。ご教示ください。
http://www.try-net.or.jp/~katazuka/syoukei0001.htm

Aベストアンサー

「一見しただけでは、東京で作ったのか郷里で作ったのか分りにくいようだけれども、しかしそれは郷里を離れようとするときの別れの心と、もはや再び帰らぬという決意を歌ったものである」
伊藤信吉氏は、「現代詩の鑑賞(上)」(新潮文庫)でこのように述べています。

犀星の親友、萩原朔太郎は、「都=東京」にいて故郷の「みやこ=金沢」を思っていると解しています。
また朔太郎は、犀星の境遇を「母親と争い、郷党に指弾され、単身東京に漂泊して~」と述べています。

一方、吉田精一氏は、「帰郷時に、東京にあって思郷の思いを抱いていた当時を懐かしみ、そんな気持ちになれる東京に帰りたいものだ」という意味に解しています。
その説によれば、「都」「みやこ」はともに東京で、この詩は現実の故郷への幻滅、あるいは愛憎半ばする思いをうたったものということになります。

いずれの説が正しいか、私には判断がつきません。

Q"火いふ"はどゆ意味?

日本語勉強中、漫画の中で読んでだ、意味分からない、

Aベストアンサー

(1)アルコール度数の高い酒を飲んでむせてしまう時の、口から喉にかけての感覚を「火を吹きそう」と表現する事が有ります。
(2)実際にラムやロシアウオツカの中には、不用意に煙草を吸おうとすると引火するような物も有りますので、それを注意したのでしょうか。
どちらかは前後の状況がわかりませんが、私は(1)の意味で、強い酒を飲み慣れない相手を揶揄した(からかった)のではないかと思います。
ちなみに、後半は「気をつけなよ」となっていますが、これを前半と同様に言うと「気ぃつけなよ」となります。

Q「つくねん」「ぽつねん」ってなんやねん!

お世話になっております。

「つくねんと」・・・ひとりぼっちで何もせず、ぼんやりしているさま。
「ぽつねんと」・・・ひとりでさびしそうにしているさま。ぽつりと。つくねんと。
(三省堂提供「大辞林 第二版」より)

1.この二語、皆さんはどのように区別して使われますか?
2.「ぽつねんと」というのは、なんとなく、「ぽつりと」というところから来ているのかな?と思うのですが、「つくねんと」というのは語源はなんでしょう?
3.これらの副詞についている「○○ねん」の『ねん』とはなんですか?

いずれか一つについてでもいいのでご意見ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1と2はよくわからないので3だけ。

ねん・・は「然」だと思われます。
然の字は「天然(てんねん)」等で使われる様に「ねん」とも読みますし、「自然(しぜん)」の様に「ぜん」とも読みます。
「然(ぜん)」は「名詞に付いて、いかにもそのようなさまの意を表す。」だそうです。<gooの辞典参照。>

「然(さ)」は「前に示されていることを受けて、その事態を示す語。そう。そのように。」となっています。

Q本居宣長の「もののあはれといふこと」の口語訳をご存知の方は教えて下さい

本居宣長の「もののあはれといふこと」の口語訳をご存知の方は教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

物の哀れという事 でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報