プロが教えるわが家の防犯対策術!

公司职员(会社員)

工薪族(サラリーマン)

上班族(?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「上班族」も「サラリーマン、会社員」のことですが、台湾起源らしいです。



「○○族」は、「公司职员」などの書面に記入する場合の身分を表わす語ではなく、ひとかたまりにして何かの対象にする場合の呼び名ですね。
自分や相手に対しても使いますが、職業欄には書きませんよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/13 11:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

職業欄」に関するQ&A: 職業欄

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国語の上班について質問します。

中国語の上班について質問します。
因?病了、所以不去上班。ですが、上班は辞書で見ると(出勤する)という意味なので、
不去上班。だと、出勤するに行かない。で意味がおかしくなります。出勤しない。なら、不上班。です。
所以不去公司。会社に行かない。なら意味はわかりますが、
上班というのは、出勤というだけの意味で、
出勤する。と言う場合は、去上班。になるのですか?辞書が間違っているのか、不去上班。でも、不上班。でも、どちらでも正解なのか?分かる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

「上班」は職場で働くことです。
中国語の基本の辞典である「現代漢語詞典」にも
「決められた時間に職場で仕事をする(原文は中国語ですが日本語に直訳しました)」
と書いてあります。
「職場に行くために移動する」という意味はありません。

ですから、「不去上班。」も「不上班。」も言えます。
「不去上班。」の場合は職場には行きません。
「不上班。」の場合は、勤務はしないというだけで、ひょっとしたら職場には行くのかもしれませんし、行かないかもしれません。その点を明確にしたいならそのための表現を付け足さないといけません。

>出勤する。と言う場合は、去上班。になるのですか?

日本語の「出勤する」は本来は「職場に移動する」という意味だと思いますが、「職場に移動して勤務する」という意味でも使いますよね。

ですから、場面によって「去上班」と訳す場合と「上班」と訳す場合があります。
中国語で単に「上班」と言った場合でも、今職場にいない場合は職場に行かないと「上班」できないわけで、わざわざ「去」と言わなくても「去」のニュアンスを含む場合があります。

中国語に限らず、日本語と外国語の単語を一対一で対応させるのは難しいです。

「上班」は職場で働くことです。
中国語の基本の辞典である「現代漢語詞典」にも
「決められた時間に職場で仕事をする(原文は中国語ですが日本語に直訳しました)」
と書いてあります。
「職場に行くために移動する」という意味はありません。

ですから、「不去上班。」も「不上班。」も言えます。
「不去上班。」の場合は職場には行きません。
「不上班。」の場合は、勤務はしないというだけで、ひょっとしたら職場には行くのかもしれませんし、行かないかもしれません。その点を明確にしたいならそのための表...続きを読む

Q中国語の「もし」(要是、如果、・・・話)

「もし・・・なら」という意味の中国語(普通話)は、
ぱっと思いつくだけでも
要是
如果
・・・話
があります(日中辞典によれば、もっとあります。)が、
この意味・ニュアンスの違いを教えてください。


如果・・・話
の代わりに
要是・・・話
という言い方は可能ですか?
可能なら、意味・ニュアンスはどう変わりますか?

Aベストアンサー

 こんばんは。

 まず、「・・・話」ではなく、「・・・的話」のように覚えましょう。

 それから、「もし・・・なら」という意味の中国語と言えば、次のような言い方は全部ありえます。意味は同じで、言葉の硬さぐらいの違いなので、お気軽に考えてください。

書き言葉、話し言葉
1.如果      

話し言葉
2.如果……的話  
3.要是      
4.要是……的話
5.……的話     

 「如果」はちょっと硬い感じの言葉なのですが、それでも会話でしばしば使われます。

「もし明日雨が降ったら、私は行きません。」

1.如果明天下雨,我就不去。
2.如果明天下雨的話,我就不去。
3.要是明天下雨,我就不去。
4.要是明天下雨的話,我就不去。
5.明天下雨的話,我就不去。

 硬さを順に並べると、1>2>=3>4>5のようになっていると思います。また、条件節を受ける働きとして、よく二番目の文節に「就」が来ます。

 ちなみに、「明天」を「如果」と「要是」の前か後ろか、どちらに置いてもかまわないのですが、「我」を「就」の前に置くべきです。つまり、このようなことです。

○如果明天下雨,我就不去。
○如果明天下雨的話,我就不去。
○要是明天下雨,我就不去。
○要是明天下雨的話,我就不去。
○明天下雨的話,我就不去。

○明天如果下雨,我就不去。
○明天如果下雨的話,我就不去。
○明天要是下雨,我就不去。
○明天要是下雨的話,我就不去。
○明天下雨的話,我就不去。

×如果明天下雨,就我不去。
×如果明天下雨的話,就我不去。
×要是明天下雨,就我不去。
×要是明天下雨的話,就我不去。
×明天下雨的話,就我不去。

×明天如果下雨,就我不去。
×明天如果下雨的話,就我不去。
×明天要是下雨,就我不去。
×明天要是下雨的話,就我不去。
×明天下雨的話,就我不去。

 こんばんは。

 まず、「・・・話」ではなく、「・・・的話」のように覚えましょう。

 それから、「もし・・・なら」という意味の中国語と言えば、次のような言い方は全部ありえます。意味は同じで、言葉の硬さぐらいの違いなので、お気軽に考えてください。

書き言葉、話し言葉
1.如果      

話し言葉
2.如果……的話  
3.要是      
4.要是……的話
5.……的話     

 「如果」はちょっと硬い感じの言葉なのですが、それでも会話でしばしば使われます。

「も...続きを読む

Q「好的」と「是的」の違いについて

最近中国語の勉強を始めました。
はい、イエスを意味する言葉として「好的」と「是的」がありますが
この使い分けはどうすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、「好的」は良い・OKなど、了承を表す意味を持ちます。

例:「明天9点半在学校門口見面、好ma?」→「好的」
(明日9時半に学校の校門前で待ち合わせでいいですか?→いいです)


「是的」は、その通り・合っているなどの肯定を表す意味になります。

例:「ni是日本人ma?」→「是的」(あなたは日本人ですか?→そうです)


あと、正反疑問文の「好不好?」「是不是?」で聞かれた場合は、その動詞に対応して回答します。

・「好不好?」→好/不好     ・「是不是?」→是/不是

ご参考までに。

Q「麻煩你了」の使い方

先日、台湾に行ったとき、スーパーの店員さんが、買ったものを入れるようにとビニールの袋をくれました。
それは、丸めてあった袋で、レジ袋ではありませんでした。

雰囲気から、レジ袋は用意していないようでした。
財布だけ持って行って、こまごましたものを幾つか買った私を見かねて、店員さんがあり合わせの袋を出してくれたのだと思います。
それで、「麻煩你了」と言ったのですが、相手はちょっと驚いたように「不要謝」と言いました。

実は、以前中国でも、食事のときにお茶の追加を頼んだら、忙しいにも関わらず、すぐに対応してくれたので、「麻煩你了」と言ったところ、小姐に「え?」という顔をされたことがあります(^^;
(その後、小姐はにこにこしていたので、私の言いたいことは伝わっていたようでしたが。。。)

これは、両方のケースで私の「麻煩你了」の使い方が間違っているのでしょうか?
それとも、単に日本人が「麻煩你了」と言ったことが思いがけず、ちょっとびっくりしただけなのでしょうか??

どなたか、ご教示くださると嬉しいです。

Aベストアンサー

多分、丁寧すぎた

「麻烦您了」って、相手に時間や手間を取らせた時の改まった感謝であって

手近なモノを渡したり、服務員がお茶を注ぐのに使うのは、意味が強すぎないか?

その程度なら、普通に謝謝で充分だと思われる

Q還是の使い方

今中国語の勉強中です。
文法で分からないところがあるので教えてください。
還是の使い方です。
1,それとも
2,やっぱり
3,還是~吧←この意味もやっぱりの意味ですか⁇
1は問題ないですが、中国語の先生に3は色々と考えた結論の還是だと言われて⁇です。例文みると2,3も吧があるかないかだけのようですが、何が違いますか?
あと、完了・過去の了と把が苦手です。
今台湾で勉強しています。どのようにしたら苦手分野克服できますか?
質問多くてすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2も3も日本語では「やっぱり」と訳せる使い方だと思います。

ただし、先生が2の「やっぱり」でお教えになっているのは、「相変わらず、やっぱり、依然として」という意味での使い方でしょう。
辞書には「行為・動作・状態に変化がないことを表す」とあるような意味でしょう。

それに対して、3の「吧」が付く使い方は、「吧」があってもなくてもよいのですが、いろいろな選択肢がある中で「やっぱり」(それがいい、そうした)という意味での使い方でしょう。
「やっぱり~した方がいいよ(いいよね、いいんじゃないの?)」というニュアンスで「吧」はよく用いられます。

なお、「了」は「過去」の意味はないと考えた方がよいです。
「完了」は多くの場合、過去の事物を指しますが、「完了」だからと言って過去と言うわけではないですから、「了」と「過去」は切り離して考えないと誤解の元になります。

「了」は「動作や行為の完了」と「状態の変化」で覚えておくのがよいでしょう。

Q中国語でわざわざ私のためにお時間を割いていただき・・・

タイトルの通りなのですが、
「わざわざ私のために皆様のお時間を割いていただき、私と懇談していただき、本当にありがとうございました」
は中国語で

「非常感謝特意為我騰出nimen 的時間,和我交談」

で通じるでしょうか?
ここはこう直した方がいいなどありましたらアドバイスお願いいたします!!

Aベストアンサー

こんにちわ(/は)。

>「わざわざ私のために皆様のお時間を割いていただき、私と懇談していただき、本当にありがとうございました」
>「非常感謝特意為我騰出nimen 的時間,和我交談」

*意味は間違いなく通じます。
後半の","を取り除けば、中国語文法的に一応正しくなります。

>「わざわざ私のために皆様のお時間を割いていただき、私と懇談していただき、本当にありがとうございました」

*ni們特意為和我交談騰出時間,非常感謝!・・・でも可だと思います。
(皆様方わざわざ私と懇談するための時間を割いていただき本当にありがとうございました)。

"ni們"を"大家da4 jia1"に置き換え可。
a:ni們:ni3 men:貴方がた(皆さん)。
b:大家:da4 jia1:皆さんがた。
---
"交談"を"暢談"に置き換え可。
a:交談:jiao1 tan2:話を交わす、話し合うの一般語。やや硬い雰囲気がします。
b:暢談:chang4 tan2:愉快に語り合う。散々おしゃべりをする。私ごとの談話・懇談に最適。
------
解析;
1:主要登場人物"ni們"を先頭に置きました。
2:主題である"和我交談"を先にもって来ました、為(wei4)をより生かすために。"為和我交談"の意味は(私と懇談するために)です。
3:その後に、騰出時間(時間を割いていただき)が来ます。つまり"和我交談騰出時間"で"双賓語(二重目的語)"になります。
4:","は前文と後文を分けるための停頓を表します。
5:非常感謝(本当にありがとうございました)を最後に持って来ました。
6:"!"は感嘆符。非常感謝"とワンセットみたいなものです。 "。"で、閉じても無論OKです。
---
ni們特意為和我交談騰出時間,非常感謝!
非常感謝ni們特意為和我交談騰出時間。でも同じ意味で可です。感謝の念を先に持ってきたわけですね。

以上の二種のような構文にすると伝えたい意思がより明確になってきて、中国人のかたにもスンナリと頭の中に入ってくれると思います(^^♪。

こんにちわ(/は)。

>「わざわざ私のために皆様のお時間を割いていただき、私と懇談していただき、本当にありがとうございました」
>「非常感謝特意為我騰出nimen 的時間,和我交談」

*意味は間違いなく通じます。
後半の","を取り除けば、中国語文法的に一応正しくなります。

>「わざわざ私のために皆様のお時間を割いていただき、私と懇談していただき、本当にありがとうございました」

*ni們特意為和我交談騰出時間,非常感謝!・・・でも可だと思います。
(皆様方わざわざ私と懇談するた...続きを読む

Q中国語 ”不可以”と”不能”の違い

中国語で ”不可以”と”不能”はどうちがうのでしょうか?
たとえば、「日本可以 ロ乞 鮮魚片。」の否定文は
「日本不能 ロ乞 鮮魚片。」ですが、
「日本不可以 ロ乞 鮮魚片。」といえるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。私も単なる中国語の“いち学習者”ですが、大変懐かしい疑問でしたのでお答えします。
可以と能、そしてもうひとつ“会”の使い分けは、日本人の中国語学習者なら、必ず一度は通る関門なのですよ。えぇ、私だってこの2つには大混乱しましたとも!(^^)

例えば同じ『食べられない』という事を言う時、日本語であれば どんな場合も『食べられない』という言葉を使い、では何故食べられないのかを説明する時には、先に理由を述べてから表現します。つまり…

(1)この刺身は私のものではないので ←理由を述べて → 食べれない 
 = 中国語は一言 不可以口乞 と表現(食べようと思えば食べられる)

(2)今日は魚を買い忘れたので刺身は ←理由を述べて → 食べれない
 = 中国語は一言 不能口乞 と表現(物理的に食べるのは無理)

…と言うようにです。(1)と(2)の日本語、違うのは前の説明文であって、結局は どちらにも同じ『食べられない』を使っていますね。
ところが中国語では『出来る・出来ない』という表現方法が何種類も用意されているのです。ここでの話ならば、日本には1つしかない『食べられない』が、中国語では3つも4つもあるのですね。この辺はお分かりでしょう。
最初は面倒に感じるでしょうが、慣れてしまえば日本語のように長々と理由を述べなくても、一言で意志を伝え理由を理解出来るのです。その表現方法の代表が可以と能(会)です。


初めて納豆を見た中国の人が あなたに食べられますか?と聞く時も、その方が 能口乞ma? とあなたに聞いたとすれば、それはあなたに『これはそもそも食べる事が出来るものか?』とか『中国人の私にも食べられるものか?』というニュアンスの『食べれるか?』です。

一方、可以口乞ma? と聞いた時、それは単にあなたに食べる許可を求めているという事になります。

…難しいかな? (というか説明も難しいんです)(^_^;)
残念ながら、これは自分で色んな場面を考えて、この場合は可以かな?能かな?と考え、慣れて行くしかないと思います。
今後は さらに会という表現、また~得(不)了とか ~得(不)下 などの出来る出来ない表現も出てくるでしょうから、まずはシッカリ可以と能の使い分けを体得しましょう。
頑張って!!

こんにちは。私も単なる中国語の“いち学習者”ですが、大変懐かしい疑問でしたのでお答えします。
可以と能、そしてもうひとつ“会”の使い分けは、日本人の中国語学習者なら、必ず一度は通る関門なのですよ。えぇ、私だってこの2つには大混乱しましたとも!(^^)

例えば同じ『食べられない』という事を言う時、日本語であれば どんな場合も『食べられない』という言葉を使い、では何故食べられないのかを説明する時には、先に理由を述べてから表現します。つまり…

(1)この刺身は私のものではないので ←理由を...続きを読む

Q文末の 的 の意味

文末に的がついている事がありますね。
この場合の「的」はどのように訳し、
どのようなときに使うのでしょうか。

どうも頭の中で理解出来ません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文末が「的」で終わるのは、一つは過去のできごとに対する強調を表現する「是~的」の構文があります。
たとえば、
他是昨天来的。(彼は、昨日来たのです。)
これは、「昨日」を強調しています。
この構文では「是」が省略されている可能性もあります。
その場合でも「的」の前の語が強調されていると考えれば意味が取れるでしょう。

もう一つは、所有を表す「的」のあとの名詞が省略されている場合があります。
しごく簡単な例では、
那是我的。(それは私のです。)
誰の「何」であるのか、特に言わなくてもわかる場合、往々にして省略されます。
この場合は「的」の前の名詞が所有する主体になっており、何か省略されている「もの」をあとに補えば、意味が取れるでしょう。
以上、とりあえず。

Q中国語(台湾)で「お疲れさま」、「大変だったね」という言葉はありますか?

台湾の人に「お疲れさま、大変だったね」と言いたいのですが、これに相当する言葉ってあるのでしょうか?もしあれば、教えていただけますでしょうか。英語だと、ないですよね?中国語はあるのかな。。。と思いまして。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

台湾ではなく大陸の普通語の方しかしらないのですが、「お疲れ様」は
「辛苦了」=xin ku le=シン クゥ ラ が相当します。

シンを高く、クゥは低く抑えて、ラは軽くつけたしのように発音します。

通じると良いですねv

Q台湾ドル 台湾元 について

台湾ドル 台湾元 について 教えて下さい。
Webで調べると現在 2009/10では、
 1ドル(NTD)?、1元 = 3円程度 のようです。
 それはいいんですが・・・・
台湾の通貨は、 
  1ドル(NTD)? or 元 いったいどちらでしょうか?
どちらとも使われている様でなぜ2つあるのか教えて下さい。
また、価値として
 1ドル(NTD)? = 元 と同じでしょうか?

すみませんが、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

どちらも同じものです。
「台湾ドル」は英語風の呼び方です。
実際の通貨には「元」の本来の漢字である「圓」という表記がなされています。

なぜ「台湾ドル」という別称ができたかというと、「香港ドル」の影響があるのかもしれません。
香港ドルの紙幣には「dollar(s)」という英語と「圓」または「元」という中国語の両方が書いてあります。通常日本では「香港ドル」と言いますが「香港元」と呼んでもあながち間違いではないと思います。
ちなみに台湾元紙幣には「dollar(s)」という表記はありません。

さらに余談ですが、「圓」がもともとの漢字で、この漢字の中国語圏での略字が「元」、日本での略字が「円」なのです。また、韓国の通貨「ウォン」も漢字で書けば「圓」だったと思います。
東アジアの通貨の名前は漢字にすればみな同じなんですね。


人気Q&Aランキング