最近漢方の本を読んだのですが、その中に五行思想の項目がありました。
そこで「金は水を生む ※金山から多くの水が湧くという故事から」という記述がありました。

本当にそのような故事はあるのでしょうか?
知識のお持ちの方はどうかご投稿ください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先の回答者のとおり。



金は「きん」ではなく「かね・金属」の意味です。
たとえ金鉱の水でも、それは「雨水が染み出したもの」であり、不思議なものではないでしょう。

金属の表面に水滴ができる。これは「金」から「水」以外ないと思いませんか。

ちなみに、水から木。雨が降ると植物が芽生え、育つ。
木から火。木を燃やすから。
火から土。燃やした後に灰(土)が残る。
土から金(金属)。土の中から金(きん)・銅・鉄などが取れる。

古代中国の最新科学だったとのことです。
    • good
    • 0

リンク先の引き写しですが、五行相克に対応する五行相生という理論からだそうです。



必要部分を引用します。


●木生火(もくしょうか)
木は火を生む。木をこすり合わせることが火が生じるので火を生む。
 
●火生土(かしょうど)
火は土を生む。火は燃えることで灰(すなわち土)を生じるので土を生む。
 
●土生金(どしょうごん)
土は金を生む。土は集まると山となり山は石を生じる。金は石の中に含まれるので土は金を生む。土の中に光り輝くものが金(属)でありしたがって土は金(属)を生む。
 
○金生水(ごんしょうすい)
金は水を生む。山に雲があると雨となる。山は石を生じ石の中に金が含まれるので金は水を生む。湿度が高い時には金(属)の表面に水滴が生じる。したがって金(属)は水を生む。
 
●水生木(すいしょうもく)
水は木を生む。水の潤いによって木は生長するので木を生じる。

このような関係から木→火→土→金→水の順に巡って行けば何事もうまく事が運ぶと人々は考えたようです。


要するに鉱床から落ちた水滴が水脈を生んで、湧き水が出るということでしょう。
確かに鉄を含んで赤の入った岸壁がしっとり濡れてたりするかもですね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/haruakira/onmyoudou/f …
    • good
    • 0

ん~, 「金属をおいておくと水滴がつく」という説明を見たことはあるけど....

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水の硬度について

自転車で遠くに行くときに、水を飲むんですけど

硬度が高い水のほうがいいんですか?

また、硬度が高いみずは例えば何があるか教えてください。

Aベストアンサー

http://www.rakuten.ne.jp/gold/nakae/seibunhyou.html

ミネラルウォーターの硬度表です。

どこでも手に入る硬度の高い水はコントレックスですが大変飲みにくいです。
なんで硬度が高い=飲みにくい水かと思っていましたがクールマイヨールはそんな事はなかったです。組成によるようです。

ただ腎機能が弱い方やお腹がゆるい方は硬度の高い水は避けた方がいいそうです。

日本体育協会推奨品↓
http://www.japan-sports.or.jp/about/goods.html

でもカロリー高めなので運動時ですよね
運動時のエネルギー補給&脱水は塩分のほかに糖分も必要らしくこれはWHOで標準ってのもあるらしいのです。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%B0%B4%E5%88%86%20%E8%84%B1%E6%B0%B4%20WHO&fr=oprsd&ei=UTF-8
まぁ病的な脱水症状の改善のお話・・・

ちょっとそれてますかね

ミネラルウォーターは嗜好品として体調を害さない程度に摂取しましょう。ということでしょうか??

http://www.rakuten.ne.jp/gold/nakae/seibunhyou.html

ミネラルウォーターの硬度表です。

どこでも手に入る硬度の高い水はコントレックスですが大変飲みにくいです。
なんで硬度が高い=飲みにくい水かと思っていましたがクールマイヨールはそんな事はなかったです。組成によるようです。

ただ腎機能が弱い方やお腹がゆるい方は硬度の高い水は避けた方がいいそうです。

日本体育協会推奨品↓
http://www.japan-sports.or.jp/about/goods.html

でもカロリー高めなので運動時ですよね
運動時のエ...続きを読む

Q思想哲学分野の本で20代中に読んでおくべき本は?

論語、孟子、荀子、大学、中庸、孫子、三略、韓非子、荀子、老子、武士道、呉子、自助論(西洋哲学兵法倫理は詳しくないんですが)など数えれば限りないですがこれだけは若いうち(~20代)までに読んでい於いて方が良い本(古今東西)って何だと思いますか?内容もチコットでいいので説明していただければうれしいです。

Aベストアンサー

私の計画で申し訳ないですが、、、

プラトン「国家」「饗宴」「パイドン」「ソクラテスの弁明」
アリストテレス「形而上学」「弁論術」「ニコマコス論理学」「政治学」
キケロ「弁論家について」「友情について」「老衰について」
セネカ「怒りについて」
イスラム理解のために「コーラン」
カトリック=キリスト教理解「新約聖書のうち、4福音書」
プロテスタント理解にルターの「キリスト者の自由・聖書への序言」
マキアヴェッリ「君主論」「政略論」
ルソー「社会契約論」
アダム スミス「法学講義」
と、いった感じでしょうか。

まぁ、全部読めっていうのはきついので(私もまだ4個ほどしか完読してません^^;)一番お薦めを。
それは、プラトンの「ソクラテスの弁明」です。短いですし、なんといっても「民主主義=法治国家の精神」が凝縮されている本だと思います。
岩波文庫に入ってますから、一読されることをお薦めします。

あと、#2さんのあげておられる「トマス・アクィナスの神学大全」について補足です。
これは、あくまでも「ラテン=カトリック・キリスト教」の教義の集大成です。もちろん、「プロテスタント」にも多大な影響がありますが、「正教会」では余り重視されてないと思います。
この辺の事情も考慮に入れると、視野がひろがるかと思います。
まぁ、日本では余りロシア以外の「東欧」の事はメジャーじゃないので不必要と言われればそれまでなのですが、、、。

私の計画で申し訳ないですが、、、

プラトン「国家」「饗宴」「パイドン」「ソクラテスの弁明」
アリストテレス「形而上学」「弁論術」「ニコマコス論理学」「政治学」
キケロ「弁論家について」「友情について」「老衰について」
セネカ「怒りについて」
イスラム理解のために「コーラン」
カトリック=キリスト教理解「新約聖書のうち、4福音書」
プロテスタント理解にルターの「キリスト者の自由・聖書への序言」
マキアヴェッリ「君主論」「政略論」
ルソー「社会契約論」
アダム スミス「法学講...続きを読む

Q水の硬度について

 水道水の水質基準等で表されている、硬度は全硬度なのでしょうか??カルシウム硬度なのでしょうか??
教えてください

Aベストアンサー

硬度は全硬度だと思います

計算の方法が載っていましたよ

参考URL:http://www.imaginet.ne.jp/~tambe/coffee/Hardness.html

Q五行説。陰陽五行説の英訳?

タイトルの英訳文を求めております。
御存知の方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

英語版の Wikipedia を見てください。

五行:Five Movements, Five Phases, Five Steps/Stages, Five Elements など数種類の訳があるようです。

陰陽:yin-yang (またはハイフンなし)と中国音で書いてあります。

なお,日本語の「説」を theory と直訳していいかどうか,迷います。上述のページでは concept と書いてあるからです。また,両者をくっつけた「陰陽五行」といういいかたが英語でもあるかどうかも疑問です。まあ,ヒントは出てきましたから,いろいろ検索をかけて実際の用例を探してみてください。

Q水の硬度

実験でEDTAによる水の硬度測定をしました。しかし、水の硬度をどうやって求めたらいいか分かりません。しかも、続きの実験でCaやMg硬度も求めなければならないのですがそれも分かりません。本を探してみても硬度を求める問題などが載っていなくて困っています。回答よろしくお願いします。参考になる本やサイトなどがあればそちらもお願いします。

Aベストアンサー

http://homepage3.nifty.com/orizzonte/tea/etc/jouq/koudo.htm

Q京都を楽しむために読むといい歴史の本

3月上旬に京都へ旅行へ行こうかと思っている大学生です。
して、歴史施設を巡るのは好きなのですが個人的な思いとして
行くならその土地の歴史を知ってから、というのがあって
ゆえに京都のメジャーな観光地の歴史を知っておきたいです。

なにかオススメの本はご存じないでしょうか。
本来なら自分で本を読み散らかすべきなのでしょうが
旅行を目論む時期まであまり時間がないので質問させていただきました。

表面的な知識を詰め込む本より「燃える」本が良いです。
例えば坂の上の雲など。アレを読んでから戦艦三笠に見学行ったときは
楽しかったので。。。

よろしくお願いいたします。
あまりにも分厚いのは(なんか10巻とかあるやつ)ちょっと時間がないのでご勘弁ください。

Aベストアンサー

司馬遼太郎「幕末」

人斬り・幕末の剣客の短編集です。割と京都が舞台です。

司馬遼太郎「燃えよ剣」

途中端折って、京都の部分だけでもOKかと。


個人的にアドバイス。

京都は至る所が歴史です。ですから、地元の人に話を聞きながら
自分で手探りをするのも旅の印象が変わってきますよ、なにより
サプライズがありますから。

Q水の硬度が高い低いは何が違いますか?

こんにちは。

タイトルそのままですが、水の硬度が高い、低いは何が違うので
しょうか?飲んでみたところ硬度が高いほうが「まるーい」感じ
の水で、低いほうが「シャキ!」としている気がするのですが、
高い、低いということは何が違うのでしょうか?

ちなみに、硬度という漢字からして硬さを表現しているのだと思うの
ですが、水に硬さなどあるのですか??よく分かりませんがマイナス
の硬さなんてのはありますか??

Aベストアンサー

簡単に言えば、不純物の含有量です。カルシウムとマグネシウムの量を硬度と言ってますよ。0~120位が軟水、120~が硬水とされてます。日本の飲料水はだいたい80位だそうです。場所にもよりますけどね。

Q何と読むのか教えて下さい

下記、画像は何と読むのか教えて下さい。
最初のは「苔(のり?),魚,煮干」だと思うのですが、その後がよくわかりません。
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

「しいたけ」だと思います。
漢字では「志以多介」が元になっているのだと思います。

Qアメリカ式・ドイツ式の水の硬度

水の硬度についてウィキペディアで調べたら、

炭酸カルシウムが100 mg/L 溶けた水の硬度は、次のとおりである。
アメリカ硬度 = 100 × (100.087 ÷ 100.087) ÷ 1 = 100
ドイツ硬度 = 100 × (56.077 ÷ 100.087) ÷ 10 = 5.603

とあったのですが、計算の最初の「100×」と最後の「÷1」や「÷10」がどこから出てきた数字なのかわかりません。
誰か解説よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカ硬度では...
最初の100は100 mg/Lということ。
次の× (100.087 ÷ 100.087) はカルシウム塩とマグネシウム塩の濃度を炭酸カルシウムに換算している。
最後の÷ 1 は単位をmg/Lからmg/Lとするため。(実質的に単位換算はありませんから数値に変化はありません)

ドイツ硬度では...
最初の100は100 mg/Lということ。
次の× (56.077 ÷ 100.087) はカルシウム塩とマグネシウム塩の濃度を酸化カルシウムに換算している。
最後の÷ 10 は単位をmg/Lからmg/100cm3とするため。100cm3は1Lの1/10倍です。

Q陰陽五行説について

 風水などにも影響を与え、日常生活にもこの思想が大きく関係しているということを知って、陰陽五行説の思想について、詳しく知りたいなと思っています。

 自分で、本屋さん、ネット検索してみたのですが、これというものをみつけられませんでした・・・。

 分かりやすくまとまっている書籍などお勧めのものがあったら教えてください。歴史的背景棟も知りたいです。

Aベストアンサー

陰陽五行説はもともとは、陰陽説と五行説です。
陰陽説と五行説は中国古代に生まれた思想です。
どちらも自然発生的に生まれた思想ですが、この二つを結びつけて陰陽五行説として説いたのが鄒衍(すうえん)といわれています。
この陰陽五行説と儒教を結び付けたとされるのが董仲舒(とうちゅうじょ)です。
それぞれの説の内容についても、なぜか、宗教学辞典とかに詳しいです。

初めは中国大陸から朝鮮半島を経て日本に入って来たので、当然韓国の文化とも深いつながりがあると思いますが、わたしは見落としていました。
ハングルと陰陽五行説のつながり…おもしろそうですね。

陰陽道は陰陽五行説に基づいていますが日本で独自の発展をしています。その性でしょうか、日本では「迷信」とされた過去があります。日本の文化に貴重な影響を与えてきているにもかかわらず、です。中国ではあくまでも思想で、自然哲学の一つと評価されています。

吉野裕子姉の著書は陰陽五行と、陰陽五行と日本の文化のかかわりについて詳しいです。最近流行の陰陽道についての本より陰陽五行をシッカリ思想または哲学としてとらえているところがうれしいと思っています。

参考URL:http://www.interq.or.jp/chubu/sarai/sub02-02-gog.htm

陰陽五行説はもともとは、陰陽説と五行説です。
陰陽説と五行説は中国古代に生まれた思想です。
どちらも自然発生的に生まれた思想ですが、この二つを結びつけて陰陽五行説として説いたのが鄒衍(すうえん)といわれています。
この陰陽五行説と儒教を結び付けたとされるのが董仲舒(とうちゅうじょ)です。
それぞれの説の内容についても、なぜか、宗教学辞典とかに詳しいです。

初めは中国大陸から朝鮮半島を経て日本に入って来たので、当然韓国の文化とも深いつながりがあると思いますが、わたしは見落...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報