ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

2011年3月15日から2週間、福島県郡山市と岩手県久慈市で、被災者救援活動にあたりました。久慈市内や周辺の村では、瓦礫の中の捜索にも参加しました。

以来、揺れていないにもかかわらず、「地震」とかんじるようになったり、自分の家族も含めて、知り合いに対して、「この建物の耐震は大丈夫?」と聞きまくるようになりました。

さらに、地震の怖さから、睡眠ができなくなりました。

実際、1995年1月17日の阪神大震災も経験しています。この日は、神戸で宿泊中で、同日の新幹線で東京の大学に戻る予定でしたが、震災の結果、臨時バスを乗り継いで、倒壊家屋を見ながら、甲子園口駅までたどり着いて、電車で新大阪に向かいました。

どの病院に行ったらいいでしょうか?

住まいは相模原市・橋本です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お疲れさまでした


でもそれは良い経験をしたと思います
私も昔、消防団で地震で倒壊した家屋を壊したりしました
幸いに私の場合には、焼死体を含めてみたことは有りませんが、見ていたら尋常ではいないと思います
勿論、水死体は見たことは有りますが、今でも記憶に有ります
大事なのはこれからどうしたら良いかという事ですが、自分ではこう出来たのではないかと考えてみてください
例えば、今度地震が起きた時に、どのようなことが自分では出来るか、又生き残ったらどうしたら良いか、
この震災で貴方が経験したことを生かすことを考えてください
貴方は災害地を見てきたのですから、その経験は大切です、それを生かしてください
私の場合には、富士宮の地震の時に、元消防団と言う事は、会社に言って有ったので、最初に避難指示を出したのが私です
ところが私の権限で避難できるのは、待避所まで、その後が遅い、
この時間が大事です、特に津波が心配されるところでは、時間が勝負です
その時に経験が生かされます、
貴方の様な経験者がこれから必要ですので頑張ってください
病院的には、心療内科が良いでしょう、話を聞いてもらうだけで楽になると思います
    • good
    • 0

トラウマになってしまったのでしょう。


ただ、あなたの感じる揺れに関しては「地震酔い」といって多くの人から同じ症状が出ています。
それにしてもまず自分の心が強くしっかりしていないのであれば自分の面倒をみることです。
人の手助けなどはやめたほうがいいです。
だって、あなたが崩れてしまったら、そのことで家族や友人を辛くしてしまうでしょう?
まず自分の事です。自分の事さえしっかりできなければ、人を助けることは出来ません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング