えらい(より権限がある)順に並びかえてください。

・学部長
・副学部長
・教務委員長

A 回答 (2件)

No.1の補足。



>より権限がある

という文言がありますね。権限の点で,学部長と(学部の)教務委員長との関係は:

・学生の休退学の認可や処罰の裁定,あるいは教育関係のさまざまな計画や規定は,まず教務委員長が議長である学部教務委員会で原案をつくります。

・この原案を,学部長が議長である教授会にかけて承認します。そして,学部長名で「貴君の復学を認める」などという文書を発行するのがふつうです。教育関係の計画や規定なら,この承認を受けて各学科の教務委員や教員が動きます。

・教授会では原案どおりに審議にかかり,学部長が承伏せずに学部教務委員会に差し戻すということは,まずありえません。また,そのような齟齬も起こらないように,学部長の片腕である教務委員長は,常に学部長と意志疎通をしています。そういう相互の信頼関係のもとに手続きは進みますから,事実上は共同責任であり,最終的に学部長の権限で決定がなされます。
    • good
    • 0

この順ですが,副学部長が「宛て職」として教務委員長であることもあります。



なお,教授会の学部長提案に対して,わずか数名の教員が「拒否権」を発動することができるのが,大学という不思議な社会です。学部長というのは,胃に穴をあけつつそういう連中をとりまとめる苦労役です(ぜんぜん「えらく}はない)。選挙で選ばれたからしょうがない,任期の2年のうちに体を壊すだろうな,という職であって,だれも立候補などしません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Q学部えらび、理系です

自分は今大学を目指して勉強している理系生です。
進学についてなのですが、得意科目が化学で大学も化学系統も少し考えました。現在悩んでいるのは、
・理学部化学科
・工学部の物質系(化学系統のコースがあるみたいなので)
・農学部(一部化学の知識がでてくるみたいですがどのくらいなのかは、案内を見てもわかりませんでしたが)
で迷っています。


化学科にいった場合あまり就職が限定されて、工学部の方が自由が利くみたいに言われているように思えるからです!これは思い込みかもしれませんが、化学科にいったら教員なる人が多いようにも思えます。教員は興味がありません。
あと、研究職の仕事はどんなスタイルで行われているのかはまだはっきりと把握できてはいませんが、興味があります。

Aベストアンサー

質問は、「理学部化学科と工学部の化学系コースと農学部とでは、どれを選択するのがいいか?」ってことですか?

とりあえず、『工学部の化学系コース』を勧めます。
理由は、
・『工学部』への進学が、一番多くの選択肢を確保できるから。
・理学部化学科は、確かに企業への就職率が工学部に比べてよくはないから。
・農学部は、ある程度生物分野への興味があることを前提に選択すべきであり、特に「今は生物を選択していない」とかだったらやめた方がいいから。
です。

ただ、「化学が好き」という理由だけでもしも理系にいるんでしたら、『理系学部への進学』という進路設定事態をもう一度考え直した方がいいかもしれません。
なぜなら、理系の学生には、大学に入学してから理系に来たことを後悔する人がけっこういるからです。 後悔する人のパターンは、たいがい、「国語が苦手だったから理系にした」とか「理系の方が就職がいいと言われたから」とか、「文転は楽だけど、理転は無理だからとりあえず理系に行けと言われたから」とかです。 

基本的に、理系学部への進学を決意するなら、
『学部卒業後は大学院へ進学し、就職先はメーカーの研究職を考えている。』
という決意がある場合のみ、理系学部を受験すべきです。 それ以外はけっこう後悔する場合があります。

例えば、「今は特にこれといった仕事をイメージしているわけではなくて、大学でゆっくりと考えたい。」とか、「ある程度のハードワークでも、やはり高収入を得れる仕事や、社会的に有名な企業で働きたい。」とか、「基本的には、都会で働きたい。」とかであれば、絶対に文系です。
「公務員もいいな、と思っている。」とか「そこまで働かなくてもいいから好きな土地で暮らしたい。」とか「実家の近くで就職したい。」とかも文系です。

理系にいながらでも文系対策はできますし、数学を課される文系学部もあります。
一度、検討されてはいかがでしょうか。

質問は、「理学部化学科と工学部の化学系コースと農学部とでは、どれを選択するのがいいか?」ってことですか?

とりあえず、『工学部の化学系コース』を勧めます。
理由は、
・『工学部』への進学が、一番多くの選択肢を確保できるから。
・理学部化学科は、確かに企業への就職率が工学部に比べてよくはないから。
・農学部は、ある程度生物分野への興味があることを前提に選択すべきであり、特に「今は生物を選択していない」とかだったらやめた方がいいから。
です。

ただ、「化学が好き」という理...続きを読む

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Q大学の学部で楽しそうまた楽しかった学部は何ですか?またどんな学部でした

大学の学部で楽しそうまた楽しかった学部は何ですか?またどんな学部でしたか?回答の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経済学部でしょう。
経済学部は大学の華ですからね。
かっこいい人やかわいい人がいっぱいいますよ。

逆に理学部、文学部はやめといた方が…。
男子校、女子高のノリです。
もっというとオタクっぽい人が半分以上ってカンジですね。
文学部は語学系なら才女ってカンジの人も多いですが、心理学科は結構微妙かも…。

授業内容が楽しいかどうかは教える先生によりますからね。
学部の雰囲気はそんな感じです。

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

Q上智大学文学部史学科と外国語学部アジア文化副専攻の違い

私は上智大学志望の学生です。
私はもともと東南アジアについて(特に考古学とか)興味があったので
大学でぜひ学んでみたいと思っていろいろ探していました。
それで、上智大学のパンフレットにあったアンコールワットでの調査実績などを目にして上智に行きたいと思うようになりました。
ところが、詳しく読むと東南アジアについて学べるのは外国語学部のアジア文化副専攻みたいなのです。
それを専門にしている教授も外国語学部に在籍しているみたいです。
しかし、文学部史学科のところを読むと「東南アジア考古学を学べます。」と書いてあります。
ですが、在籍されている教授を見るとそういう専門の方はいらっしゃらないようです。
実際のところどうなっているのでしょうか?
史学科にいながら東南アジアについて学ぶことは難しいのでしょうか。
私としてはできれば史学科に進みたいと思っています。
というのは、アジア文化はあくまで外国語学部の副専攻であって私は英語などを中心に学びたいわけではないので・・・
どうすればいいのか迷っています。
回答のほう、よろしくお願いいたします。

私は上智大学志望の学生です。
私はもともと東南アジアについて(特に考古学とか)興味があったので
大学でぜひ学んでみたいと思っていろいろ探していました。
それで、上智大学のパンフレットにあったアンコールワットでの調査実績などを目にして上智に行きたいと思うようになりました。
ところが、詳しく読むと東南アジアについて学べるのは外国語学部のアジア文化副専攻みたいなのです。
それを専門にしている教授も外国語学部に在籍しているみたいです。
しかし、文学部史学科のところを読むと「東南ア...続きを読む

Aベストアンサー

上智のことは何にも知りませんが、
普通そういった場合、「大学が」なにかしているのではなく、研究者、研究グループがそういうことをしていて、それが上智にいる、ということが多いです。
例えば、吉村作治が早稲田にいるから早稲田でエジプト考古学ができるのかも知れません。
吉村作治が研究グループ毎他の大学にでも移れば、早稲田ではあのようなエジプト考古学はできないかも知れません。
(普通は下の物が跡を継ぐんですが。その方がその下の人もより上のポストに就けるんで。)
もっとも、私は吉村作治が今どこで何をしているのか知らないで書いていますが。

アンコールワットの研究、なんてのを上智のようなさして大きくない大学で、あっちの研究グループもこっちの研究グループもやっている、なんてことがあるとは思えません。
上智の教員は500人程度らしいです。
http://passnavi.evidus.com/search_univ/department/private/
仮に500人が全くバラバラな研究をしているとして、史学またはアジアに関することをしているしている教員が何人だろうか。
研究テーマはいくらでもあるはずですが、そのうちアンコールワットの研究をしている人が何人いるだろうか、なんて考えると、普通一グループだろうな、というのは想像できそうな物です。
なぜなら、国の数×一国あたりのの研究テーマは教員の数を上回るだろうからです。
だから、そこの教員に直接訊くしかないでしょう。

また、実はそういう研究は上智以外でもしているかも知れません。
たまたま上智がパンフレットに書いたというだけで。
他の大学では学内では埋もれてパンフに載ってないだけかも知れません。
だから、上智のパンフには載ってました、というのは実は弱くて、自分がしたい研究をしているところを探して、そのうちの有力な順に考えていく必要があると思います。
これは高校生には中々見えてこない物です。

上智のことは何にも知りませんが、
普通そういった場合、「大学が」なにかしているのではなく、研究者、研究グループがそういうことをしていて、それが上智にいる、ということが多いです。
例えば、吉村作治が早稲田にいるから早稲田でエジプト考古学ができるのかも知れません。
吉村作治が研究グループ毎他の大学にでも移れば、早稲田ではあのようなエジプト考古学はできないかも知れません。
(普通は下の物が跡を継ぐんですが。その方がその下の人もより上のポストに就けるんで。)
もっとも、私は吉村作治...続きを読む

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

Q一番長い名前の学部

立命館アジア太平洋・・・が長いですか?
もっと長いのありますか?

Aベストアンサー

駒澤大学に「グローバル・メディア・スタディーズ学部」というのがあります。

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

Q人文学部と教育学部の心理学

大学進学を目指す高校生です。
小学校か中学校の教員になりたいと思っているのですが、
心理学も学びたいと思っています。
人文学部の心理学か、教育学部の心理学か
実際HPなどで調べてもいまいち違いが分からないのですが、どちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

教員を目指すなら教育学部の心理でいいと思います。たぶん教職課程で取ることになると思うし。
教育心理ってのは、認知心理学(人文学部でやるやつ)の知見を教育の現場で活かしていこうっていう流れなんで、応用みたいなかんじ。
認知心理はもっと基礎的(簡単って意味ではなく)なもので、実験が中心。たとえば「こういう条件では、人間はこういう反応をする。それはこれこれこういう理由だと思われる。んで実験する。んでこーなった。」みたいな。
正直、心理学ってくくりで考えれば、どっちも大事。だけど教員を目指しているなら、教育学部でやる心理でいい・・・と思います。

たしかに日本では認知心理と応用心理で連携がとれていない部分もある(用語の統一とかも含め)みたいですが。
ただ欧米では(すぐ欧米かよ、って思うかもしれませんが、心理学はむこうの影響はやっぱ強い)、教育心理とも関係の深い、臨床心理を大学院でやって臨床心理士になるなら、認知心理をやってないと話にならないそうです。むこうはあんまり垣根がないようです。

もし総合大学に進学されるんでしたら、人文学部の心理学講義も他学部生でも履修できる(受講できるっていったほうがわかるかな?)かもしれませんよ。たぶんできると思いますが。実験やれるかどうかは難しいと思いますが。

あと人文学部にいっても先生にはなれると思うけどね。いろいろ調べてみてください。

教員を目指すなら教育学部の心理でいいと思います。たぶん教職課程で取ることになると思うし。
教育心理ってのは、認知心理学(人文学部でやるやつ)の知見を教育の現場で活かしていこうっていう流れなんで、応用みたいなかんじ。
認知心理はもっと基礎的(簡単って意味ではなく)なもので、実験が中心。たとえば「こういう条件では、人間はこういう反応をする。それはこれこれこういう理由だと思われる。んで実験する。んでこーなった。」みたいな。
正直、心理学ってくくりで考えれば、どっちも大事。だけど教員...続きを読む


人気Q&Aランキング