【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

私は今年の入試で文化構想学部に合格しました。
社会科学部の発表はこれからなのですが、入学手続きの関係で今からどちらにしようか考えています。
私は社会学が勉強したくて上記の2つの学部を受けました。
具体的には都市と環境・環境法・住居環境・都市構造などに興味があります。
どちらの学部も近いことを学べるようなのですが、授業形式なども含めて大きな違いはありますか?

また私は大学でもしっかり勉強したいので環境が気になります。
文化構想は落ち着いた人が多く、施設が充実していて、出席を毎回とるなど拘束が多いのに対し、社会科学は派手な人が多く、自由な雰囲気だというイメージがあるのですが、実際はどんな環境ですか?(個人的には図書館の充実している戸山キャンパスが好印象です)

私は留学したいと考えているのですが、語学プログラムや環境などでどちらの方が良いということはありますか?

最後に就職において有利不利はありますか?(私の調べたところではどちらも早稲田の中では就職に弱そうという印象を受けました)
たくさん質問してしまいすみません。片方の学部しか分からない方でもけっこうですので回答よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

社会科学部一択ですね。

中身がどうであっても。。あなたは男性のようですし。 私はどちらもしりませんが。文化構想は文学部ですよ。
    • good
    • 10

 僕も気になる部分を少々。


>社会学が勉強したくて上記の2つの学部を受けました。
「社会学」と「社会科学」の相違と類似部分を質問者は理解しているのでしょうか。「社会科学」と対峙する領域が「自然科学」であり、また同時に「人文学」でもある。そして何れの領域においても様々な細分化がなされています。
 この前提に立つならば、少なくとも質問に使われている「社会学」が何れの範疇に属するかもわかるはずです。
 18世紀、市民革命の礎となった、イギリス経済学そしてフランス社会思想およびドイツ観念論の流れはそれぞれに、人間と社会の関係を「どの様な側面から考察するか」との点を具体的に示しただけの話です。ですからそれぞれに「経済学」「社会思想および社会学」「哲学」とも読み替えることもできます。
 「社会学」と一口にいっても、マックス・ヴェーバーやジンメルの様に「理論的枠組み」に力点を置く考え方もあれば、現代社会学のように「都市社会学」や「家族社会学」などの様にフィールドワークによるデータ蒐集から何らかのトレンドや潮流を炙り出して問題の所在を特定していき、そこからフィードバックする形で解決の糸口を探ろうと試みる形もあります。

 >都市と環境・環境法・住居環境・都市構造などに興味があります。
これは他の回答者の方も適切にお答えになっている「都市工学」の分野であり、そこで扱うのは「ハードウェアとしての都市とそこで生活する人間の関係」です。社会科学で扱う「都市論」はウツワの話だけではありません。人間が集まることで構築される「都市空間」がどの様な社会構造を持ちうるかなど、人間が関わることで作られる空間をどう理解するかなどの問題です。

 早稲田の社会科学部も文化構想学部も比較的新しい学部であり、その形も未だに決まった形が示されているとも言い難い。それは裏返しにいえば、美味しいところをツマミ食いする形ともいえます。
 どうせ「社会学」を志すならば、就職などといわず院への進学をお勧めします。学部ではほんのアウトラインをなぞる程度の学びしかできません。
 カリキュラム編成などを見て感じたことですが、どちらかといえば社会科学部の方が質問者には適しているような気がします。
 もし大学に入ったならば、それこそ一年次から個人でヴェーバーやマルクス等に接し、その手掛かりとして丸山眞男やら萩原延壽・藤田省三・石田雄あたりの著作に親しむことが求められます。石田雄の『日本の社会科学』およびその続編は今から読んでおいても損はありません。
 それにしても最近の高校生は手取り足取りせねば、自らの志向する学問領域すら決めることができないのでしょうか、大学にはママはいませんよ 笑!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

学問に関する詳しい回答ありがとうございました。
私は学問の領域に関することは勉強不足でした。そのため自分の学びたいことをうまく説明できませんでした。
改めて書き直すと、私は文化構想と社会科学で幅広い分野を学べる点に魅力を感じています。カリキュラムをみて都市や地域、環境にかんする授業に特に興味が湧き、その他の授業も面白そうだと感じました。最初から社会学に興味があると書いたのは言葉足らずでした。すみませんでした。
はっきり学びたいことが決まっておらず興味のある分野で大学を選んだので情けないことに学問だけではどちらにしようか決めかねています。
そこで環境や雰囲気も考慮して決めたいと思っています。今通っている方、卒業生の方など回答よろしくお願いします!

お礼日時:2013/02/26 14:14

ぼくは早稲田大学についてはよく知らないけれども,気になること。



>私は社会学が勉強したくて上記の2つの学部を受けました。
>具体的には都市と環境・環境法・住居環境・都市構造など

ちがいます。これらを扱うのは,都市工学や都市地理学などの分野です。この根底をかけちがえると,困った判断をしてしまうと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早稲田大学の社会科学部は、どんな感じなのでしょうか

質問がアバウトですいません。
現在文系の高2で、来年早稲田の社会科学部を第一志望に考えています。
明確な志望理由はなく、知名度が高いことや、都心にあることなどから早稲田を志望するようになりました。
社会科学部を選んだのは、数学が苦手なため経済、経営、商などは入学したあとが大変そうだと思い(ネットなどでこれらの学部は入学後数学を使うと見たので)やめ、文学部や教育学部といった方向には全く興味がなく、法学部や政経はカリキュラムなどをみるとどうもつまらなさそうだからです。つまり消去法で決定しました。
なので一般的に社会学部というものがそもそもどういう学部なのかよくわかりません(一応ネットなどで調べてはみました)。社会のあらゆることを対象にした学問、みたいなことが書いてあったので、とりあえず入学後にやりたいことを見つければいいだろう、と思っていたのですが、
代ゼミの偏差値表を見てみると、早稲田の社会科はなぜか社会系ではなく経済・経営・商系に分類されていました。
これって早稲田の社会科学部は一般的な社会学部とは違い、経済系のカリキュラムってことでしょうか?もしそうならあまり行きたくないのですが・・・
質問が長くなってしまいましたが、とにかく早稲田に関することや社会学部に関することなら何でもいいので、評判やどんな学部なのかってことをおしえていただきたいです。
もし在学生や卒業生の方がいれば、内面や受験に関すること、勉強に関することなどアドバイスをしていただきたいです。
全然関係ない方も思ったことを自由に書いてください。
ご回答よろしくお願いしますni

質問がアバウトですいません。
現在文系の高2で、来年早稲田の社会科学部を第一志望に考えています。
明確な志望理由はなく、知名度が高いことや、都心にあることなどから早稲田を志望するようになりました。
社会科学部を選んだのは、数学が苦手なため経済、経営、商などは入学したあとが大変そうだと思い(ネットなどでこれらの学部は入学後数学を使うと見たので)やめ、文学部や教育学部といった方向には全く興味がなく、法学部や政経はカリキュラムなどをみるとどうもつまらなさそうだからです。つまり消去法で...続きを読む

Aベストアンサー

いかにも早稲田って感じです。

3年前に昼学部化して以来、急成長してる学部です。
早稲田らしいというかいろんなひとが集まっています。

社会学を学べないとかいうひとがいますが、
他大学の文学部の社会学部よりもはるかに学べます。
よくシラバスをみてください。重大な事実誤認です。
https://www.wnz.waseda.jp/syllabus/epj3011.htm?pLng=jp
http://jbbs.livedoor.jp/school/21722/
学部を社学、キーワードを社会で検索してみてください。

早稲田自体が科目数が半端ないくらいあるので
いろいろまなべますし、他学部聴講制度で専門性もつけられる。

そもそもこの学部は日本の大学生のほとんどが
4年間で専門性をみにつけていない現状を前提として、
ならばむしろ幅広くいろんな学問分野にめをひろげようという
ところを重視しています。

どちらかというと欧米の大学の思考に近い学部です。
いろいろ学ぶことによって知ることは多いのです。

Q早稲田や慶應に受かるのはどのくらい難しい??

偏差値44程度の高校から地方の無名私立大学に進学したものです。

2ちゃんねるなどでは早慶は1年勉強すれば絶対に受かると噂されていますが、実際早稲田大学や慶応義塾大学に合格するのはどのくらい難しいことなのでしょうか?

もし本当に1年で合格できるのであれば今の大学を中退して少し頑張ってみようかなとか思うのですが・・・

Aベストアンサー

私自身の話ですが、英語の模試偏差値38から一年間勉強して、早大に合格できました。それゆえ、可能性0とは言えないと思います。(残念ながら絶対とは明言できません。実際、私よりも出来の良い人が早慶に落ちていました。)
また、マーチレベルの大学でも良いならば一年間の勉強でも、合格できる可能性は早慶より高いと思います。
とはいえ、浪人すると途中でだらける人も多いと言います。また、高校在学時の勉強の蓄積がどれくらいあるかにもよります。
まずは、自分の高校や予備校に行って、一緒に考えてもらって、より確かな情報を得るのが良いです。
そして、最後はやはり自分のやる気次第です。

Q早稲田大学文化構想学部と教育学部に合格しました

こんにちは。
僕はこのたび早稲田大学の文化構想学部と教育学部に合格することができました。

大学では西欧の文化および歴史について学びたいと考えているのですが、どちらの学部も自分のやりたいことに合っているので、どちらにするか決めかねている状況です。
就職に関しては今はそこまで考えていませんが、教員免許を取るのも一つの手かなと考えていたりもします。

そこで、文化構想学部と教育学部の在学生および卒業生に学内や授業の雰囲気、教授や講師の質などを伺いたいと思って書き込むことにしました。
面倒な質問ですが、ぜひ回答をよろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

こんばんは。補足ありがとうございます。私は国文科生です。教育地歴と文構の友人から聞く雰囲気しかお話できませんが、それでも宜しければお答えさせて頂きます。

先生になられるのなら、教育地歴がおすすめです。教育は早稲田キャンパス、文構は戸山キャンパスで、徒歩ですが結構離れています。教職に必要な授業は早稲田キャンパスのものが多く、移動するのが大変です。また、教育生より文構生の方が教職を取る人が少ないので、自分だけ忙しくて嫌になるかもしれません。また、制度としても、教育の方が文構より教職が取りやすいようになっています。教育は必修の授業が教職に必要な科目だったりします。文構生は、文構の必修修科目に加えて、教職に必要な科目を取らなければなりません。
教育地歴の授業は、徹底した単語の暗記を必要とするものも多いようです。教員になって生徒に質問されても、まごついたりしない、確固たる知識の基礎を作るためではないかと思います。
社会の先生になるには、地理、歴史、公民、政治、経済と様々な分野の知識が必要のようで(この中から選びますが、複数選択する子が多いようです)、国語教員になるより沢山の授業を取らなければなりません。先生になるなら、教育地歴の方が楽です。

先生にこだわらないのなら、文構の自由度の高さが、質問者様の勉強の助けになると思います。教育は毎授業出欠を取るものが多いですが、文構はあまり出欠を取らないようです。その性質の違いのため、教育ではノートの貸し借りはあまり行われず、文構ではその逆のようです。つまらない授業に出なくて済み、時間を有効に使うことができます。授業数も、人によりますが、文構生の方がだいぶ少ないことが多く、教育生は羨んでいます。笑
空いた時間は自分のしたい勉強やサークル、バイト等に当てられます。

質問者様は勤勉な方のようなので、ちゃんと勉強したいから教育地歴!と思われるかもしれませんが、ある程度勤勉なら文構でも教職は取れます。先生になるなら教育地歴の方が便利ですが、そこまでのお気持ちではないようにお見受けします。加えて、自分の学びたい科目であっても、興味の出ない授業は多く、毎回出欠を取られるのは苦痛です。サークルやバイト等も大学生にとってはとても魅力的ですし、偏差値も文構の方が(多分)高いと思いますので、個人的には文構をお勧めします。

個人的な見解を出してしまいごめんなさい。合格おめでとうございます。

こんばんは。補足ありがとうございます。私は国文科生です。教育地歴と文構の友人から聞く雰囲気しかお話できませんが、それでも宜しければお答えさせて頂きます。

先生になられるのなら、教育地歴がおすすめです。教育は早稲田キャンパス、文構は戸山キャンパスで、徒歩ですが結構離れています。教職に必要な授業は早稲田キャンパスのものが多く、移動するのが大変です。また、教育生より文構生の方が教職を取る人が少ないので、自分だけ忙しくて嫌になるかもしれません。また、制度としても、教育の方が文構...続きを読む

Qちょいちょい聞く、上智の評判の悪さについて

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い
・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが)
などです。
特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。

自分は語学に興味があり、外英は上智の中では最高峰ですし
英語をやりたいならやはり上智がいいのかなぁと思っていたのですが、
外国語だけだと言われるのはやっぱり嫌だという気持ちがあるので…
(逆に、”外国語だけではない”とするとそれはどういうことですか?)
自分の専門は語学!と決めてしまえばいいのかもしれませんが、それでも気になってしまいます。

この評判は本当なのでしょうか?
できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。
卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。
上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。

 
 

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。

 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。心理学に関しても私大NO1ではないでしょうか?
 「上智は英語だけ」と考えるのは、本当の上智の姿を知らない人=上智レベルに合格できない人の意見です。上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。

 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。

 英文を勉強するには非常にいい環境です。ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。ただ、大学名で落とされることはまずありません。最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。
乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全...続きを読む

Q上智大学か早稲田大学か

上智大学外国語学部(英語以外)と早稲田大学文学部に合格しました。
どちらも落ちるか、一方しか受からないと思ってたのに、2つとも受かって悩んでいます。
語学や国際関係学に興味があるので、上智が良いのかなと思っていましたが
いざ早稲田に受かってしまうと、ネームバリューや規模の大きさにちょっと惹かれます。
また、今年の学部改変で早稲田文学部では以前の外国文学各コースに語学もプラスしたようで、
語学&国際エキスパートの上智or語学もまぁできるネームバリュー抜群の早稲田という選択になり難しくて・・・

将来就きたい職業は具体的に決まっていません、公務員から企業就職まで幅広く考えています。
英語以外の語学は全くの未経験です。帰国子女でもありません。
自宅は四国ですから、どっちを選んでも上京して一人暮らしをします。

いろいろな方に、いろいろな観点からアドバイスいただけたら嬉しいです。
どうか宜しくお願いいたしますm(  )m

Aベストアンサー

こんにちは企業で学生採用やってます。

どちらにしようか困ってるんですね。
将来何したいかも入学後ってことですね。
ワイワイ学生生活楽しく満喫なら早稲田。
しっかり勉強でも、学生生活もってなら上智。
両方の大学も企業から信頼もあるし申し分ないでしょう。
ただ、早稲田の文学部の就職は同大学の他学部
より落ちるようです。求人数で。
とにかく早稲田の文学部ならメインキャンパスから
少し外れますが高田馬場付近なので
賄い付き下宿街などあったり、安アパートも
近くにあります。早稲田界隈は
学生街で学生っぽい生活が過ごせます。
早稲田価格でランチ、ディナーお腹いっぱいになる
お店がワンサカあり、とても全て通えません。
さらにサークル活動も早稲田が上です。
スパーフリーもどきや他大とつながってるサークルも
いっぱい、公認非公認、同好会などそれはそれは
活動が自由です。気をつけてください。
犯罪に巻き込まれます。特に地方出身者は
巻き込まれやすいです。

上智の四谷はビジネス街なので周囲の雰囲気が
学生っぽくありません。安い店もないし。
アパートは東京郊外へ出ないと安くないし
通学上朝ラッシュは地獄です。
ただ、将来国際的な仕事に就きたいなら
上智がお勧めです。求人もそれなりのところから
来ています。上智の外国語学部なんて
受かろうと思っても受かりにくいところですよ。
上智でも早稲田ほどではありませんが
サークルちゃんとありますし、
どちらを選んでもいいと思います。

ネームバリューはこの際捨てて
第3者の目から再度考えてみてください。
楽しい学生生活お祈りいたします。
いいな、私も学生と会うたびあの頃に
戻りたいと思いながら、地方からでて東京に
住んでいます。

こんにちは企業で学生採用やってます。

どちらにしようか困ってるんですね。
将来何したいかも入学後ってことですね。
ワイワイ学生生活楽しく満喫なら早稲田。
しっかり勉強でも、学生生活もってなら上智。
両方の大学も企業から信頼もあるし申し分ないでしょう。
ただ、早稲田の文学部の就職は同大学の他学部
より落ちるようです。求人数で。
とにかく早稲田の文学部ならメインキャンパスから
少し外れますが高田馬場付近なので
賄い付き下宿街などあったり、安アパートも
近くにあります。早稲田...続きを読む

Q慶應の小論文対策はどうしたら?

慶應義塾大学の経済学部経済学科を一般入試で受験しようと考えています。
英語、数学はやるべきことが分りました。
小論文は何をしたらよいのでしょうか?

今のところ、東進予備校で、樋口 裕一 先生の
「ハイレベル小論文トレーニング(基本編)」
「慶大対策小論文トレーニング」
の二つの講座を受けようと考えています。
これだけで十分でしょうか?
他にやったほうがよいことを教えてください。

Aベストアンサー

今年度、現役で慶應義塾大学法学部法律学科(B方式)に合格したものです。(経済学部は受けていません)

結論から申し上げますと、2講座は取り過ぎです。1講座に絞るべきだと考えます。それに、1講座取るにしても東進はやめたほうがいいと思います。

というのも、慶應の経済学部は、
英語と数学の一部分の合計点で脚きりをして、
その上で英語数学の残りの部分+小論文で最終的に合否を決定するのですよね。
ならば、まず脚きりを回避するために、英語と数学の対策を万全にすることが最優先じゃないですか。
小論文の対策は二の次でしょう。冬休みに過去の問題を数ヵ年分解き、フェローなど(東進にはフェローはいませんが、大手予備校にはいます。私の在籍しておりました河合塾では、フェローに過去問をといてもっていくと、無料で採点してくれました。)に添削指導をしてもらうので大丈夫ですが、
仮に不安があるのなら、週1回講座を受ければ万全です。
参考書は、z会の「社会科学系小論文のトレーニング」という本のテーマ別の概説部分を暇なときに読めば良いです。

したがって、小論文に気をとられる前にまずは英語数学に時間を割いてください。

そして、東進をお勧めしない理由なのですが、以下のURLを辿ってください。

東進ハイスクールの欠点一覧
・異常に値段が高い。
・講座をとらせるほど担任の報酬儲が増えるシステムの為、担任が講座を取らせまくるトレトレ詐欺が頻発。
・講師、担任、チューターは馬鹿、日東駒専卒などのオンパレード。
・合格者を買収したり、メイト生も実績に含めたりする実績捏造は日常茶飯事。
・代ゼミ河合駿台と違って学校法人ではない、ただの悪徳業者。しかも東進ハイスクールの会社、株式会社ナガセは武富士系列。
・DVD授業は定着しない、目が悪くなる、疲れる、無味乾燥でつまらなく飽きやすい。
・どうせ実績は捏造するため、生徒の合格より、金をたくさん巻き上げる事に重点を置いている。
・平気で旧課程のDVDを受講させてくる。
・大半が糞授業なのに過大広告。

参考URL:http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-tbtop&p=%c5%ec%bf%ca%a1%a1%b0%ad%c6%c1

今年度、現役で慶應義塾大学法学部法律学科(B方式)に合格したものです。(経済学部は受けていません)

結論から申し上げますと、2講座は取り過ぎです。1講座に絞るべきだと考えます。それに、1講座取るにしても東進はやめたほうがいいと思います。

というのも、慶應の経済学部は、
英語と数学の一部分の合計点で脚きりをして、
その上で英語数学の残りの部分+小論文で最終的に合否を決定するのですよね。
ならば、まず脚きりを回避するために、英語と数学の対策を万全にすることが最優先じゃないですか...続きを読む

Q早稲田 商学部と社会科学部 倍率がどうして高い?

早稲田大学の商学部と社会科学部は倍率が日本でトップのようですがどうしてですか?
そんなに人気なのですか?

Aベストアンサー

入りやすいからとかそういう単純な理由ではありません。

最近の早稲田の傾向ですが、政経学部も法学部商学部社会科学部もどこも同じく最上位の成績をとらねば受かりません。

かつては政経以外は別格という感じだったのですが今の時代は早稲田の各学部のレベルはどこも均質化してます。
特に本部キャンパスにある政経学部法学部商学部社会科学部教育学部はいずれも河合塾の偏差値などでは70くらいで

上位学部やら下位学部とやらの概念はもはや無用です。


商学部が倍率が高いのは不明ですが、社会科学部が高いのはなんでも学べるという学部の特性にあるでしょう。

社会科学部では、法学部並みに法律学を学べ、政治経済学部並みに政治学・経済学を学べ、また商学についても同じです。


社会科学部については昔は夜間であったということでお歳の方には簡単な学部だと勘違いされるのですが、
今や普通にハイレベルです。


以下参考情報です。


参考書:http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/dai.html
受験相談スレ:http://jbbs.livedoor.jp/school/21722/

入りやすいからとかそういう単純な理由ではありません。

最近の早稲田の傾向ですが、政経学部も法学部商学部社会科学部もどこも同じく最上位の成績をとらねば受かりません。

かつては政経以外は別格という感じだったのですが今の時代は早稲田の各学部のレベルはどこも均質化してます。
特に本部キャンパスにある政経学部法学部商学部社会科学部教育学部はいずれも河合塾の偏差値などでは70くらいで

上位学部やら下位学部とやらの概念はもはや無用です。


商学部が倍率が高いのは不明ですが、社会科学部が高い...続きを読む

Q早稲田政経受験の選択科目について。数学か世界史か。

4月から受験生になる者です。
大学受験の選択科目について、数学か世界史でどちらにするか悩んでおり、
皆様のご意見を参考にしたいので相談させていただきます。
志望学科は経済学科なので英社国または英数国での受験となります。
また、今のところ世界史以外の地歴公民は考えていません。
(地理・政経:受験できない大学・学部がある。日本史:比較的世界史の方が好み。)

第一志望は早稲田の政経です。
当然それ以外の学部や大学も受験しますが、
科目・勉強計画を決定においては「早稲田政経」に主眼を置きます。

私の高校は年に数名早慶に合格するくらいの偏差値60前半の公立校で、
中高一貫校のような上位大学の入試を想定した授業は受けられないので
入試レベルの勉強は予備校と自習が中心となります。

一応これまでの私の学力の目安としては
全主要科目ともに校内では1位~10位(230人中)をうろうろする程度ですが、
所詮進研模試と定期試験の順位なので入試レベルではなく基礎的なことに限った話です。
数学なら教科書傍用問題集や青チャートの例題は解けるレベル、
世界史なら教科書に載っている重要用語は答えられるレベルという感じですね。
(高校の世界史Bの授業は教科書全体に対してコマ数が全く足らず一部分しかやりません)

現時点では両教科とも合格点に届きませんが、やりたいと思っているのは数学です。

というのも、早稲田の歴史科目では論述は1~2題、
あとは細かい知識を問うものが大半を占め、
特に重箱の隅をつつくような正誤問題をちまちま解くことに嫌気が差しそうです。
歴史自体は嫌いではなく歴史小説や大河ドラマ等は大好きなのですが、
教科書の流れから外れている、背景も語られない細々とした用語を詰め込むのはただの苦痛です・・
教科書の本流ばかり出題しては満点が続出してしまうのもわかりますが、
ならばいっそのこと全問題論述にして差をつけてくれた方が勉強のし甲斐がありますよね。
受験者数が多い私大では採点の都合もありましょうが。

その点数学は解けない問題を解けるようにすることに楽しさを感じられますし
入試も全て記述で回答する形式なので単なる知識で終わらないやり甲斐もあります。
もう一つ、私の場合は英語・国語の勉強をして文を読むことに飽き気味な時でも
数学ならば集中力が落ちにくいという利点もあったりします。

しかし、私文専願で数学を選択するのはマイナーであること。
現状、中高一貫組に対し演習量が圧倒的に不足していること。
歴史科目に比べ、努力に比例して成績が上がるとは限らないこと。
同じく、本番の出来による振れ幅が大きくハイリスクハイリターンであること。
などにデメリットを感じています。

武器にできたときの大きさ、モチベーションや集中力の維持という点では数学。
確実性の点では世界史といったところでしょうか。

もちろん、モチベーションが維持~などと言っている数学にしても
毎日長時間の努力を1年間継続し続けることが大変なことであるのは承知しています。
イメージとして定期試験前の猛勉強を1年間、間違いなくしんどい道程です。
ですが、「大変」には面白さ(funnyではなくinteresting)を含む大変と
ただひたすらに苦労する大変があるとも思っています。

英国で高得点が見込めるのなら比較的安定する歴史を推奨!
みたいな判断基準もあるのかもしれませんが、
現時点で正確な予想はできないので英国は合格ラインを少し超える程度と仮定してください。

以上、どちらを選択するべきか。
難易度、入試における有利不利、継続のしやすさ、成長の確実性、どのような観点からでも結構です。
ぜひ皆様のご意見をお聞かせください。

長文乱文、失礼しました。

4月から受験生になる者です。
大学受験の選択科目について、数学か世界史でどちらにするか悩んでおり、
皆様のご意見を参考にしたいので相談させていただきます。
志望学科は経済学科なので英社国または英数国での受験となります。
また、今のところ世界史以外の地歴公民は考えていません。
(地理・政経:受験できない大学・学部がある。日本史:比較的世界史の方が好み。)

第一志望は早稲田の政経です。
当然それ以外の学部や大学も受験しますが、
科目・勉強計画を決定においては「早稲田政経」に主...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。私自身は早稲田に合格経験があります(政経ではありませんが)。また、受験科目はメインが英数国で、(センターや慶應商学部で必要な)社会は地理で受験しました。

 結論を書くと「数学がおすすめ」です。
 確かに数学では大問の最初の方で躓くとそれ以降の問題を答えられず大幅な減点になりますが、それは「単なる実力不足」であり、そうなることは運ではなくそうした問題を対策(勉強)しなかった準備不足に他なりません。これは世界史などでも「やらなかった時代・内容(芸術史など)」が出題されて全然できないことと同じです。数学で受験生が解きにくい分野は多くの受験生が勉強していない要素なだけで、合格している人はしっかりと得点し合格しています。
 これは早稲田に限ったことですが、早稲田の歴史は「運」がモノを言います。確かにやらなかった範囲で得点できないのは受験生のせいですが、早稲田の歴史の問題にはそうしたものでは説明できない「教授の趣味」のような問題が多く存在し、それらは受験生の実力で得点が出るものではなく、合否にその運が影響を及ぼしていることも事実です。講師は受験後に受験生が持ってきた入試問題の解答を作成しますが、数学に関しては解けない問題はほぼありませんが、世界史は講師のお頭にない知識を問う問題も存在します。もちろん、受験は満点を狙うものではありませんが、開始の時点で持ち点が少なくなっているのが早稲田の歴史です。こうしたことから、私の印象では「早稲田の歴史は一定の実力者の中から運で合格者を選んでいる」と考えています。問題全体の6割程度は実力で解ける問題であり、そこをしっかり取れない人間は問題外で、そこを通過した人間の中から残り4割の問題を運でどれだけ取れたかで合格者を選ぶということです。浪人生が多かった受験戦争時代には、受験生の優劣を実力差だけでは判定できず、運で合否を分けていたこともあります。そうした運に翻弄された(教授になった人は運がいい方のはずですが)経験を受験生にも経験させたいとする「教授たちの自分勝手な理由」もあるのでしょう。
 また、合格最低点に関しても歴史と数学では大差はないようであり(むしろ歴史の方が高めではないかと推測されます)、その点を考えても数学がお勧めです。
 歴史の方が運に左右されるので、実力がない人が逆転を狙う科目として使うのはいいですが、しっかり合格したいならお勧めできません。

 受験生としては、やった分の成果がすぐに出る歴史はやりがいがある科目ですが、そうした科目の特性上受験生は多く、早稲田の社会ではかなりのハイレベルの争いになります。それに比べ数学は(社会ほど短期ではないという意味で)初期の成績上昇はゆっくりですが、しっかり伸び始めるとそこまで落ちませんし、入試時に「悪問」で不合格にもなりにくい問題です。
 
 また、あなたが早稲田を第一志望とすることなので書きますが、(これも入試問題や早稲田出身の友人の話などから考える持論ですが)早稲田は「自分たちは○○と主張する」ことを大学の存在意義にしていることです。
 入試問題を見ればわかることですが、(特に政経・文・法学部の歴史・現代文は)「入試問題を優秀な人間選抜を最優先目的としていない」ことがあります。あれは「私たちはこうした文章が読める人だけを求めている」と主張しており、受験生集団の中の優劣を決めるより「自分たちの水準を満たすのはどれくらいか」という関心に主眼が置かれているということです。ただ、結果としてある人数までは合格者を出さないといけないので、ギリギリ合格の人たちは「問題の求める水準には達していないが、集団の中の順番が上だったので合格できた」ということになります。先程書いた「運」というのはこのことで、合格者の大半は運で決まっているということです。
 受験生の学力と問題の学力の差が大きいと適正な判断ができないのは当たり前で「小学1年生にセンター試験を解かせたら、学力差が反映されることはなく、運で順位が決まる」のは理解できると思います。つまり、そうした差がある入試を作成している時点で「優秀な人間の選抜」よりも「早稲田による早稲田の自己主張」が優先されていると考えるべきです(偏差値が低い大学では古文がないところが多いですが、これは「偏差値が低い大学を受験する人は、そもそも勉強していないから古文を出したら、その問題は運の問題なるから」現代文だけにしているのです。)。
 他にも、現代文の文章もかなり古めの文章を使い、どこか現在を見ていない感じがします。過去の研究をするのは構いませんが、今の高校生が現在の現代文の演習をし、さらにそうした古い文章の演習を求めている時点でも、高校生の現状を考えていないことがうかがえます。私立トップなのでそうした差が「私立トップとそうでないところの差」とも言えますが、これが続くようでは「早稲田の凋落」に歯止めがかけられないと自覚してか、新設学部の問題は新しい文章使われています。
 上のような早稲田批判(のようなもの)を書いたのには理由があり、「こうした周りの状況を考えないものはいずれ廃れる」ということがあるからです。看板学部があのような時代錯誤の問題を作り続ければいずれ、国際教養学部等が看板学部になるような変化も起きますし、早稲田大学そのものがそうした凋落をたどる可能性があるとも言えます。現に早慶では最近は慶應の圧勝ですし、以前は偏差値が高めだった学習院や國學院は時代の変化に対応できず人気が低迷しています(学習院は変化できず、皇族が進学しない現象が起きています。ICUに奪われるのはその象徴ともいえます)。
 現時点で早稲田は最高峰であり、その中でも政経はトップです。ただ将来のことを考えたうえで、志望校の判断をすることをお勧めします。あなたの文章を見る限り、しっかり物事を考えられる人だと思うので書きました。
ご参考までに。

元塾講師です。私自身は早稲田に合格経験があります(政経ではありませんが)。また、受験科目はメインが英数国で、(センターや慶應商学部で必要な)社会は地理で受験しました。

 結論を書くと「数学がおすすめ」です。
 確かに数学では大問の最初の方で躓くとそれ以降の問題を答えられず大幅な減点になりますが、それは「単なる実力不足」であり、そうなることは運ではなくそうした問題を対策(勉強)しなかった準備不足に他なりません。これは世界史などでも「やらなかった時代・内容(芸術史など)」が...続きを読む

Q早稲田 社学の馬鹿にされ具合

に疑問を抱いてます。
以前は
夜間だったそうなのですが
しっかりいまは昼間に授業があります。また偏差値から見てもいまや早稲田の中で上位学部です。
でもネットでは
とてもいまだに社学が馬鹿にされています。
もしかすると
過去の夜間が影響して
今も社会的評価、地位が低かったりするのでしょうか?
今年受けようと思っているのでとても心配になっています。

Aベストアンサー

評価の割に国IIや東京都上級など公務員採用者率は法科や政経と大差ないし、人文・自然科学~法律と浅広に学ぶならよいかと!?

※サイト等の評価は気にしないでください! 早稲田はもともとバカにされたり批評されるのは伝統です!(→学生もあまり気にしない)

逆に慶大生はプライド高い?のか、バカにされるのを異様に嫌う…

これ、不変です!

Q浪人で四谷学院か河合塾どちらが良いですか?

18歳 男性です。大阪在住。
浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。
僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。
今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。
駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。
やらないで後悔したくありません。

そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか?

今の僕の両塾の感想は
【河合塾】
・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせそう。
・実績があり、バックアップが良さそう。
・国公立コースなので、授業の内容がしっかりやってもついて行くことができるのか不安。
・テキストの質は良いと思う。
・夏の合宿や日曜対策講座などがなく、一定のペースで一週間勉強できる。
・国公立コースでも日曜は必ず休み。

【四谷学院】
・授業についていけないことにはならないと思う。
・個別指導もあるので自分の補強必要部分がわかりやすいと思う。
・あまり良い評判を聞かない。
・55段階個別指導で入試に間に合うのか疑問。
・夏の合宿や秋からは日曜対策講座もあり、日程が変則的でペースが乱れそう。
・日曜も講座があれば休みが1日もない。
・受験生でも週1日は休みが必要で、気分転換や次の一週間に向けての準備が必要だと思う。

もちろん、どちらに入ったとしても、全力でやります。
実際にどちらも説明にも見学にも行っていませんが、資料はしっかり見ました。
どちらの予備校が良いですか?
予備校経験のある方、詳しい方は特にお願いします。

18歳 男性です。大阪在住。
浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。
僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。
今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。
駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。
やらないで後悔したくありません。

そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか?

今の僕の両塾の感想は
【河合塾】
・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせ...続きを読む

Aベストアンサー

四谷学院のOBです。他で(河合ではありませんが)学費が○%引きの特待で在籍もしていました。

 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。

 大手予備校の場合、サボっていても何も言われません。四谷の場合は、55段階の時は雰囲気的にサボりにくく、結局勉強する環境になります(集団授業でもあてられることがあるので、勉強する環境になりやすいです)。特に55段階は、「自分で分かっているつもり」の箇所を徹底的に突っ込まれ、基礎が分からず、勿体ない失点を教えてくれます。
 大手は「多くの人数に良質な授業をし、その中から生き残った人間が合格」していく構造です。そのため、大手予備校のCMは環境より合格者の数字を前面に押し出しています。あれは「数字がいい=いい環境と思う=いい人材が集まりやすい」だけであり、その連鎖で数字が出ているだけです。成績がイマイチな人は予備校からすれば「数字(宣伝材料)にならないが貴重な利益貢献者」となります。その証拠に大手予備校では名門進学高校の生徒の授業料は無料が多く、普通の高校からはしっかりお金を取っています。生徒には合格の数字かお金の数字を出すようになっています。そのため、費用と授業の質を考えると(先に挙げた名門講師は難関大対策にしかいないことも考えると)優秀な受験生は非常に割安いで、そうでない生徒は(優秀な人の費用も負担していることになるので)非常に割高です。ちなみに四谷学院は解く体制度は一切ないと思います(私の時はなく、今もないでしょう)。

 あなたの目指すレベルであれば自分でしっかりやっても到達できますが、大手の場合は実績にほとんど関係ない大学なので、予備校としてのフォローも期待できません。特に大手は年間費用を一気に先に払うので、フォロー等のクレームでやめられてもお金の損失がないからです。大手予備校のテキストは情報に無駄がないものですが、白黒の(私には)使いにくいものでした。四谷は市販の参考書のようなカラフルな教科書・参考書です。

 ちなみに55段階の到達ですが、これは心配ありません。55段階全部終わらないと意味がないものではなく、最初の30~40%で出題範囲の内容は終わります。それ以降の級・段は演習形式になっており、残りの30%は早以上の人だけに必要なもので、全部終わったら「どこでも大丈夫」というカリキュラムです。私自身、英語・国語は終わらなかったものもあります。ちなみに、1時間でやれるだけやっていいので、初めのころは1時間で5級くらい進みます(秋以降は2~3級程度が多いです)。55段階の一番の目的は、範囲を網羅することと、自分が勉強したことを可視化でき、やる気が出る点です。授業を受けっぱなしの予備校だと感じにくい部分です(それを感じなくても自発的にやれる人には効果はありませんが)。
 ちなみに日曜講座や合宿に私は一切参加していません。夏季・冬季の講習はそこそこ取りましたが、通常の時期と同じかそれより少ない授業数で十分です。

 ちなみに、四谷は3月中に申し込むとその時点で55段階の指導を受けられます(今やっているかは確認してみてください、私の時はそうでした)。私は4月から通ったのでできませんでしたが、既にハンコをもらっている人がいて、「しまった」と後悔しました。評判に関しては、正直集団授業の講師の質は大手に及びません。ただ、四谷はそれ以上に学習システムがしっかりしていると思います。

四谷学院のOBです。他で(河合ではありませんが)学費が○%引きの特待で在籍もしていました。

 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。

 大手予備校の場合、サボっていて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング