2,000m2以上の農地の売却を考えていますが、数社の不動産屋に依頼すると、情報が漏えいして、それを嗅ぎ付けた業者が介入し手数料を取ろうとするので、買う側がそれを補うために、売買金額が下落したり、最終的には、売却できなくなったりすることがあるから、依頼する不動産屋は1社に任せたほうがいいという話を聞きましたが、本当でしょうか?
どうかお教えいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2000m2以上の土地で利用価値のある土地、宅地開発ができるような場所であれば、情報はすぐに広がるでしょうね。

たしかに多くの業者が介入しようとする事もあるでしょう。しかしそれによって売買金額が下落するという事にはつながりません。業者がたくさん介入しても手数料の総額は決まってますから。ただ、色んな業者に知られ過ぎて物件の希少価値が下がる、というような事は考えられます。
1社に任せたほうが良いと思います。というか、複数の業者に依頼する必要はありません。普通の住宅であればどこのお客さんが買うかわかりませんので、いろんな業者に依頼したほうが良いという部分もありますが、大きな土地ならば営業する先はある程度限られるので、どこの業者に依頼しても同じところへ物件を持って行く、というよな事が予想されます。

上記の記述は、宅地開発業者がすぐに目を付けるような土地の場合です。売るのに苦労するような土地であれば、複数の業者に依頼したほうが良いかもしれません。
    • good
    • 0

No.3です。


No.1、2の回答者の方は、書いてる内容も素人ですが、手数料の額まで間違っています。仲介手数料は売買代金の3%+6万円です。
都心に近くて開発できるような土地ならば、開発業者が争って手に入れようとするでしょうから、手数料を値引きさせる事も可能だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.3,No.4で回答をいただきました方、私どものような何もわからない者にも、納得のできるご回答を賜わり、ご厚意誠にありがたく、厚くお礼申し上げますとともに、お礼のメッセージを投稿させていただくのが遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
私どもの土地は、県庁所在地の市街化区域にあり、開発道路をつけ、住宅地として適した奥行のある物件と思っています。近隣には開発した分譲地に住宅が建築中もしくは完成しています。
不動産業界は、地域によっても実情は違うことと思われますが、今回の件で、難しいと痛感いたしました。
そちら様のご進言どおり、扱ってもらえそうな、資力のある会社にお願いしたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 20:57

不動産といっても扱いは賃貸から販売オンリーまでいろいろですので、探す目安として買取り専門や仲介専門ですね。

農地の売却ですと農地法などの制約もあるので、転売で探すのがいいと思います。

土地の周りが住宅地なら宅地転売。農地以外の転用禁止ならJA不動産でしょう。近くでそのような不動産取扱、仲介の業者さんはいませんか?この場ではこれ以上詳しく書くと規約違反となるので、ネットで検索してみてください。数社ピックアップして,高条件の業者を探し出しましょう。

仲介手数料は売却額の6%です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ご親切に詳細なご回答をいただき、誠にありがとうございます。
改めて、不動産取引に関することは、相当に難しいと実感させられました。

お礼日時:2011/04/15 22:12

売却に関しては「専任売却」の不動産屋さんを決めたほうが良いです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答をいただき、本当にありがとうございます。でも、不動産屋選びに悩みそうです。

お礼日時:2011/04/15 19:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産売却

不動産売却時の税金を教えて下さい。

沖縄県で、1300万での不動産売却時の
住んでる家の売却時の税金
住んでいない家の売却時の税金(住民票が別の家)

Aベストアンサー

>約10年前に父から(死去)の為、相続致しました。
>30年前の建物で、土地の値段、建築費は不明です、

了解いたしました。具体的な購入時の土地の値段、家の建築費が不明な場合、5%が取得費となります。
残りの95%が課税対象額です。

課税対象額の 15%の所得税、5%の住民税となります。

国税  1300万*0.95*0.15 = 約185万円(さらに4万円程度、復興特別所得税あり。)
住民税 1300万*0.95*0.05 = 約 62万円

なお1300万円から、売却に伴う土地測量費や不動産屋への手数料等を払うなら、それらは売却に伴う必要経費として、最初から引くことができる。

国税庁のHPです。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/jouto.htm



蛇足です。

  前の回答で、『建物売却時は固定資産評価額うんぬん』と書きましたが、訂正させてください。
『建物取得費 - 売却時までの減価償却合計』が取得価格です。

Q土地の売却について。地元不動産屋と、地元ではないが信用できる不動産屋とどちらが良いか

A市に所有している土地の売却を考えております。
不動産売買は仲介する不動産屋選び(と担当者)が非常に重要とのことでA市地元の不動産屋を色々調べておりますが、やはりどこが良いのか見当もつきません・・。大手に依頼するつもりはありません。よって、結局どこに依頼すれば良いのか分からずじまいです。
そこで、以前お世話になったN区のN駅周辺が地元で強い中小不動産屋があります。非常に親切に対応してくださり、高額で(N区N駅近くにある)土地の売却をしてくださり非常に満足のいく結果でした。できれば今回もそこに頼みたいのですが、今回はA市にある土地の売却。つまりN区にある不動産屋にとっては全く地元ではないのです。

①信用できるN区の中小不動産屋に、地元ではないA市の土地売却の依頼をするのと、
②信用できるか分からないがA市地元の中小不動産屋に依頼するのと、どちらが懸命でしょうか。

※A市もN区も同じ東京都内にあります。レインズを考えれば情報は繋がっていると考えれば、信頼できる不動産屋と担当者(=N区の不動産)に頼んで良いのかと考えましたが、レインズとは関係なしにやはりA市の中小地元不動産屋には地元ならではの高値で売れるような強みや情報があるのでしょうか。
(実際に以前N区N駅近辺の土地が高値で売れたのも、地元に強い不動産のお陰だったかもしれません)。
専属専任媒介で考えております。
全く急いではおりません。
土地は住宅用更地で駅から徒歩15分の角地です。(つまり駅前の誰でもすぐに飛びつくような美味しい物件ではない)

A市に所有している土地の売却を考えております。
不動産売買は仲介する不動産屋選び(と担当者)が非常に重要とのことでA市地元の不動産屋を色々調べておりますが、やはりどこが良いのか見当もつきません・・。大手に依頼するつもりはありません。よって、結局どこに依頼すれば良いのか分からずじまいです。
そこで、以前お世話になったN区のN駅周辺が地元で強い中小不動産屋があります。非常に親切に対応してくださり、高額で(N区N駅近くにある)土地の売却をしてくださり非常に満足のいく結果でした。できれ...続きを読む

Aベストアンサー

東京にA市は2つ。
A島駅なら駅15分でもOKだけど、A野駅だと厳しいなぁ。
どっちだろうね。

前者なら需要があるので高値で売るなら地元の強い業者に任せたい。
信頼のあるN区の業者というのも、離れた場所であろうとも交渉力や調整力は折り紙つきだろうから、A市の物件でも任せてみてもいいと思う。
23区から見るとA島市はちょいと離れているけれど、更地だから管理は難しくはないはず。
地元密着とか中小だけに人手を回せないなどを理由に断られるかもしれないけど。

後者のA野市の場合は、一時期再開発でプチバブルがあったんだけど、その後は土地柄なのか動きは鈍い。
もしも高値で売れたとしても、元が安い水準なので金額的には微々たるもののはず。
N野区かN馬区の地元密着型の業者だと、距離とコストの問題で引き受けないかもね。


前置きが長くなったけれど。
まずはN区の信頼できる業者に話をしてみて、引き受けるなら頼んだ方がいい。
以前のN区の土地のように高く売れるとは言わないと思うけど。
断られたら地元の業者。
大手はイヤみたいなので除外するけれど、大手企業のコンプライアンス精神(?)のお陰で大手のぺーぺー社員の方があやしい業者よりもまともなこともあるから。
N区の業者に断られたら大手も検討した方がいいと思う。
やっぱり大手がイヤだとしたら、大手の3社くらいに査定額だけ出してもらって、その価格帯で地元中小業者に任せるという方法でもいいし。
大手の社員は可哀そうだけどね。


>レインズとは関係なしにやはりA市の中小地元不動産屋には地元ならではの高値で売れるような強みや情報があるのでしょうか。

なかなか物件が出ないエリア限定で広い土地が欲しいなどの富裕層の顧客を持っている場合があるよね。
こういう場合は高め設定で売れるけれど。
それ以外ではこの情報化社会で「高く買う」のはよほど相場を知らない一般人だけ。
今回は住宅地の更地(主に注文建築向けと推察)の場合は、買主は周辺相場も調べて交渉してくるので、結果的に相場なりにしか売れない。

東京にA市は2つ。
A島駅なら駅15分でもOKだけど、A野駅だと厳しいなぁ。
どっちだろうね。

前者なら需要があるので高値で売るなら地元の強い業者に任せたい。
信頼のあるN区の業者というのも、離れた場所であろうとも交渉力や調整力は折り紙つきだろうから、A市の物件でも任せてみてもいいと思う。
23区から見るとA島市はちょいと離れているけれど、更地だから管理は難しくはないはず。
地元密着とか中小だけに人手を回せないなどを理由に断られるかもしれないけど。

後者のA野市の場合は、一時期再開...続きを読む

Q不動産を売却する場合の広告宣伝費について

数年前購入した不動産を売却予定です。

新しい不動産との買い替えを検討中ですが
現在お話を聞きに行っている不動産会社が
「持ち家の売却だけなら広告宣伝費として20万円
かかりますが、新しい不動産との買い替えなら
20万円はサービスします」と言っていました。

不動産を売却するのに「手数料」以外に「広告宣伝費」が
かかる場合があるのでしょうか?
ちなみに最近知人も不動産を売却したのですが、
「手数料」しかかからなかったということです。

Aベストアンサー

何か特殊な宣伝広告を行うつもりなら、かかるでしょうが、一般的な不動産屋さんの業務範疇での告示ならかからないはずです。
不動産を取り扱って、それを売買するのが、不動産屋の仕事です。広告宣伝料も含むのが一般的です。
そんな特別な広告をしなければ、売買が出来ないのであれば、そことの取引を止めましょう。

一般的な不動産の宣伝とは、店内の物件表示。地域配布のチラシ。現場(売り出し地)での看板。不動産情報誌への掲載等ありますが、これらの類のことは無料でしてくれます。(現場の看板については、専任売買契約を求められるかもしれません。)
また、遠方・リゾート地の別荘等の売却は、上記例外かもしれません。この場合、良く確認する必要があります。

Q町の不動産屋の物件を大手不動産屋から介して購入可?

政令都市ですが、その物件(土地)を扱っている不動産屋が聞いた事もないような不動産屋で
そこと直接取引するのが何か怖いです。できれば名のしれた、三井や住友といった不動産を
経由してその物件を購入できればと思うのですが、そのような事は可能でしょうか。
不動産手数料が余分にかかっても構わないです。
可能かどうか教えてください。よろしくお願いいたします。
なんかやくざな不動産屋じゃないか心配なのです。

Aベストアンサー

手数料は物件価格の3%+6万円が上限という法律で定められていますので、どこでもそれを超えることはありません

その物件の売り主が、そこの不動産屋を専任している場合は、他での仲介はできません

Q不動産(土地)売却/貸与の進め方

不動産(土地)売却/貸与の進め方

不動産(土地)の売却もしくは貸与を考えております。

有識者の方にお伺いしたいことが何点かございます。
よろしくご教授のほどお願いいたします。

売却(貸与)者探しは、こちらでインターネットや口コミ等で募集し、
最終的な売却(貸与)手続きは、不動産に関する資格を持つ方に依頼する形を想定していますが…

(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

また、上記の方法で、有力なお相手が現れなかった場合、
不動産屋さんに売却(貸与)の代行依頼を考えていますが…

(2)おおよそ、手数料としては、どの程度支払うことになるのでしょうか?

(3)また不動産屋さん以外にこういった代行をしていただける業種の方はいらっしゃるでしょうか?

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

元業者営業です

>(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

可能か不可能かの方法論なら「可能」です。
しかし、現実に「できるかどうか」と言われれば「殆ど可能性はゼロ」でしょう。

私達不動産業者にとって「契約」はそんなに難しい事ではありません。
契約は単なる「事務作業」ですからね。

一番大変なのは「契約してくれるお客様の探索」が一番大変なのです。
故に、どの業者も月に数十万~の広告費を使ってお客様の探索に労力を投入しています。
それでもなかなか契約には結びつきません。
そもそも、そんな「簡単に」お客様が見つかったら誰もが不動産業者になってます。

>(2)おおよそ、手数料としては、どの程度支払うことになるのでしょうか?

不動産業者が得られる報酬は上限が決まっております。
売買なら一取引に対し取引価格の3%+6万円+消費税(1000万以上の場合)
賃貸なら一取引に対し賃料の1カ月分+消費税(課税業者の場合)

この金額は「宅建業法」で定められておりますので、原則この金額以上のお金を業者は受け取る事ができません。
勿論この金額は「上限」ですから、交渉によって値引きする事も可能ですが、大手業者は絶対に手数料の値引きには応じませんから、交渉するなら小さい業者です。

>(3)また不動産屋さん以外にこういった代行をしていただける業種の方はいらっしゃるでしょうか?

そもそもお客様も自分で見つけて賃貸契約するだけなら「口約束」でも有効です。
特別な資格も必要ありません。
自分の財産を誰にどのような条件で売るのも貸すのも自由です。(契約自由の原則)

また、売却も「特定の人を対象に(家族とか)」「一回だけの取引」なら同様です。

ただし「不特定多数のお客様を対象に反復、継続して売買・交換の取引をする場合」は「宅地建物取引業」の免許が必要になります。
それに違反した場合は3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金を課せられます。

以上の事から、素人があれやこれやの法的制約、手続きを理解し細心の注意を払いながら取引に神経を使うなら、業者に初めっから任せた方が「安全・安心・手間いらず」です。

「生兵法は怪我の基」ですよ。

元業者営業です

>(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

可能か不可能かの方法論なら「可能」です。
しかし、現実に「できるかどうか」と言われれば「殆ど可能性はゼロ」でしょう。

私達不動産業者にとって「契約」はそんなに難しい事ではありません。
契約は単なる「事務作業」ですからね。

一番大変なのは「契約してくれるお客様の探索」が一番大変なのです。
故に、どの業者も月に数十万~の広告費を使ってお客様の探索に労力を投入しています。
それでもなかなか契約には結びつきま...続きを読む

Q不動産屋が、売却時に値引きしたお金を着服してる?

家の売却時には必ず購入希望者が100万値下げを要求しているなど値引き交渉の連絡がありますが、値引きしたお金は、仲介している不動産屋が着服していて、購入者は元の金額で購入していると母は言います。前にそういうことがあったと。登記簿の金額が違ったと言うのですが、今でもそんなことが行われているのでしょうか?株式公開している大手の不動産屋なら大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

不動産の媒介手数料(媒介報酬)は上限が法律で決まっていて、法外な報酬は貰えません。
それに仲介で売買金額をごまかすことはほぼ不可能です。普通銀行などの場所を借りて、司法書士やら不動産会社の人やら売主、買主で契約書を一度に作るのですから。(判子も沢山押します)
その際値段の話がでないわけありませんし、契約書にも売買金額や仲介手数料など法律家の管理化のもと確実に提示されます。

大体仲介業者に入る手数料なんて5%程度であって、100万円高くなっても5万円ほどしか報酬は上がりません。そんなことに時間を使うならさっさと売買契約をまとめて次の仕事をやりたいです。(吊り上げなんて意味ありません)



そもそも登記簿に売買金額などは載りません。(おそらく固定資産税評価額などの書類を見たのでは?固定資産税の評価は売買金額よりかなり低く抑えられていますから。)言い方は悪いですが高齢者の方はありもしない被害妄想に陥る場合もあるので。

はっきり言って大手でも中小でも大丈夫です。問題ありません。

Q不動産業者の見分け方-売却時

不動産業者の見分け方-売却時

戸建不動産を売却しようと思っています。
現在は住んでおらず、また古いので、解体後売却しようと思っています。

そこで不動産業者に頼むことになりますが、不動産業者の見分け方を教えていただきたいと思います。

例えば、大きい会社が良い、地元がよいなどなど。
見分けるために、どのようなポイントがあるか?

その他売却時の注意事項などありましたら、お願いします。

Aベストアンサー

大手に頼んだら安心という神話はすでに崩れていますね。

「うちで売れなければ地元の小さい業者では売れませんよ」
私も大手の営業を長年やってきましたのでよくわかります。
売主には殺し文句のようなものですね。これで委任を取るのです。

結果、信頼して委任しても、一生懸命売るための努力をすると
いうよりは、「値こなし」といって「うちみたいな大手が売りに
出しているのに売れないのは、価格が高い、物件に問題がある」
と手の平を返してくる。上司も、すぐに「この物件の売主は売る気が
ないのか?こんな程度でしか売れねぇぞ!ガツンと言って500万位
値下げして来い!」と年中営業の尻を叩く。挙句一般のお客様では
なく業者に安く買い取らせるというのが常道となっている。

レインズ(不動産流通機構)に掲載しておきながら、他の業者が
「この物件紹介してくれませんか?」と申し入れても全然紹介して
くれない。売主への報告は「レインズで他業者さんから問い合わせ
をいただいてますので、ご紹介しておきました」と嘘報告三昧。

これが実態です。質問者がこういう質問をしたくなる気持ち、よーく
分かります。

私なりの結論

◎大手は信頼すると買取業者に大切な我が家を安く売られる。
◎小さい業者の場合は売買取引に精通している業者を選ぶ。
◎業者の人柄で選ぶ。(良い業者さんというのは、お客さんの売却理由を
   自分のことのように聞いて、考えてくれます。)
◎会社の大小、新旧は関係なし。(地域にどれだけ精通しているかが重要、
   買主は以外と近いところにいるんです。)
◎自社サイトを充実させている業者を選ぶ。(コンテンツの内容で選ぶべき。
   会社の説明や、代表者の挨拶、不動産に関係ないブログを一生懸命書い
   ているような業者は外したほうが懸命、いかにも胡散臭い)
◎周りの取引事例を出したがる業者は一番要注意。(物件はひとつひとつの
   表情が違うということを理解しようとしないので、売主の話など聞く
   耳を持っていない。)
◎社歴が古いところも外す。(考え方が古いところが多い、昔ながらの営業
   スタイルが通用していない世の中であることを無視したがる)

大手に頼んだら安心という神話はすでに崩れていますね。

「うちで売れなければ地元の小さい業者では売れませんよ」
私も大手の営業を長年やってきましたのでよくわかります。
売主には殺し文句のようなものですね。これで委任を取るのです。

結果、信頼して委任しても、一生懸命売るための努力をすると
いうよりは、「値こなし」といって「うちみたいな大手が売りに
出しているのに売れないのは、価格が高い、物件に問題がある」
と手の平を返してくる。上司も、すぐに「この物件の売主は売る気が
ないのか?こ...続きを読む

Q不動産売買と賃貸は同時にできますか? 同じ不動産屋に不動産売買と賃貸は

不動産売買と賃貸は同時にできますか? 同じ不動産屋に不動産売買と賃貸は同時にできますか?

Aベストアンサー

出来なくはないですが、売買専門の業者に賃貸付けを依頼しても受けない可能性があります。
逆のパターンで、賃貸専門の業者は売買のノウハウがなかったりします。
大手仲介会社で部門が分かれてて、二人の担当がつくということを聞きましたけどね。

Q不動産を売却した場合に、その売却額に対する税金を教えて下さい。

 不動産会社に不動産の売却を相談しましたとろ、売却後に納税があるといわれました。
 約2000万円での売却の場合、その額に対してどれほどの税金を納めなければならないでしょうか?
 税率などなにか決まりがありますか?
 ぜひお教えください。

Aベストアンサー

不動産の売却をした場合は、次の計算式で計算した利益が譲渡所得となり、課税対象となります。

収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額=譲渡所得

なお、居住用の不動産を売却した場合は、一定の条件を満たすと特別控除額が3000万円ありますから、利益が3000万円以下であれば課税されません。

下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1440.htm

参考URL:http://www.ofuco-c.co.jp/uruzei.htm

Q不動産屋が不動産屋から直接購入する場合の手数料

不動産屋が元付け業者から直接物件を購入する場合も元付け業者に仲介手数料を払うことになりますか?
あくまで買主と考えれば元付け業者に払わないといけないような気もしますが
自己仲介と考えれば払わなくてもいいような気もします。

Aベストアンサー

再度NO.2です。
問題はその物件をどうのような経緯で入手したかがひとつです。物元から直接紹介を受けているなら、他業者を介入させるわけにはいかないでしょう。一種の抜きと同じことになります。
レインズやその他の流通などFAXなどで入手した程度で、物元と特段物件についてやりとりしていない状態であれば、知り合いの業者を噛ませて、手数料を節約することは可能でしょう。
しかし、これは質問者さんの会社が今後どのように展開してゆくのか?と物元の物件の供給レベルによると思います。
今後も仕入れなどある程度積極的に行い、物元が物件が割りと豊富なら、今後も良い情報を直接早く流してくれる可能性が大きいです。両手になりますからね。しかし、他業者をかませる業者となると、片手にしかならない買主業者という判断をされますから、良い情報などは廻ってこない。2流の買取物件などの情報が提供されるだけになると思います。物元がたまたま良い物件を持っていただけなら、今後の取引の可能性も薄いので、手数料を節約するのもありかと。
失礼ですが、割と建築業などが本業で宅建業も営まれている方に多いのですが、不動産と建築業の大きな違いは、建築業はほとんどが契約後(回収の目処がある)の投資や出金に対して、不動産業は投資時点(一般的には買取など)では事業計画だけで具体的な回収の時期がわからないことが、一番の違いです。
ですから、初期投資を出来るだけ少なくしたいという、気持ちや要望は理解しますが、不動産の場合は、取引にかかる手数料などを節約やケチることを考えると後々ろくなことにはならない、(結局、仕入れられる情報が少なくなる)場合が多いです。
手数料など幾ら支払っても、それなりの利益が出ればよいのです。物件を今後も安く仕入れるためには?をお考えになり、判断されるのが良いと思います。

再度NO.2です。
問題はその物件をどうのような経緯で入手したかがひとつです。物元から直接紹介を受けているなら、他業者を介入させるわけにはいかないでしょう。一種の抜きと同じことになります。
レインズやその他の流通などFAXなどで入手した程度で、物元と特段物件についてやりとりしていない状態であれば、知り合いの業者を噛ませて、手数料を節約することは可能でしょう。
しかし、これは質問者さんの会社が今後どのように展開してゆくのか?と物元の物件の供給レベルによると思います。
今後も仕入れ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報