息子の大学費用で100万ほど必要になったのですが、1.さわかみ投信に200万ほど  2.満期が10年ほど先のドル建て預金に300万ほど(貸し付けも可能)  3.満期が5年ほど先のドル建て預金に150万ほど   4.新たに教育資金を借りる(労金予定) どの選択がよろしいかお知恵を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

3.満期が5年ほど先のドル建て預金



ドルは短期的には下がる可能性がありそうですが、長期的には円に比べれば上がる気がします。
そういう意味で、2か3なら3でしょう。
1に関しては、投信は長期保有すればするほどリスクが減ると思います。
売り時だと思って売るのであったり、それ以外にない状況で売るのでない限り、やめた方がいいと思います。
4は、3に比べて低い金利での借入が可能であればありですが、そんなことはあり得ませんよね?

以上の理由により、私なら3の資金を充てます。
    • good
    • 0

労金の金利は保証料を合わせて2.4%ですので、それ以外の年利が1.25倍以上高ければ借りた方が得になります。


また普通、途中解約にはペナルティがありますので、借入の返済期間が短ければ解約せずに借りた方がいい場合もあります。
大学卒業まで据え置きして借りるなどという状態であれば、金利の悪いものを解約してもいいかもしれません。
    • good
    • 0

投資信託の途中解約やドル建ての途中解約は元本割れして損ではありませんか?


利息がついても教育資金の貸付が(卒業後息子さんが返済する名目で)よいかも。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング