自宅新築に伴い住宅ローンの借り入れを考えているのですが、ローン申し込み前の仮審査・本審査前に自身の信用情報を確認したいと思っています。
信用情報確認には、KSC、CIC、JICC等がありますが、どちらに確認した方が良いのでしょうか?
3社それぞれある程度の情報については連携及び共有化しているものと考えますが、おすすめは
どちらになるのでしょうか?
それとも、3社それぞれに問い合わせをした方が良いのでしょうか?
その辺の実情に詳しい方、宜しくお願いいたします。

A 回答 (2件)

それぞれに調査する内容と言いますか、調査先(金融機関系だとか、信販クレジット系等など)が異なっておりますので、全てにおいて調べておかれることをお勧め致します。


無論、その調査をしたことについても、調査履歴として全てに永久に記載されます。
    • good
    • 0

1社でいいと思います、CICでいいかと。

信用情報というより、いままでの借り入れとかが見れるだけですので車のローンぐらいなら直接聞けばいいと思います。というのも手数料が必要ですし時間もかかります。相談の際も現在の借り入れがいくらで、年収がいくらと言えば大体の借り入れ可能額はわかりますので。また一番早い自分の借り入れの確認は通帳確認です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の情報有難うございました。
これまで特にキャッシング等の借り入れは無いのですが
クレジットカードの使用はあったので確認したいと思った
次第です。

お礼日時:2011/04/21 13:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン 繰り上げ返済のタイミングと額について

今年マンションを購入し、35年返済で2360万円の住宅ローンを組みました。
実際には繰り上げ返済をして20年で完済したいと考えています。
繰り上げ返済用として年間100万の貯金を目標にしています。

住宅ローン減税や団体信用生命保険も考慮して、アドバイスをお願いいたします。

【1】「5年目に500万、10年目に500万」を繰り上げ返済すると何年で完済できそうでしょうか?

【2】以下どれが一番お得でしょうか?(総支払額にどのくらい差があるのかも教えていただけると有難いです)

   ●「5年目に500万、10年目に500万」を繰り上げ返済
   ●「5年目に500万、6・7・8・9・10年目に100万ずつ」繰り上げ返済
   ●「10年目に1000万」を繰り上げ返済
   ● ローン残高が1000万になった時点で完済(20年後くらいでしょうか?)

   ※もし、他にもっと良いプランがあればアドバイスいただけると嬉しいです。

【3】繰り上げ返済をするのに良いタイミングというのがありますか?(住宅ローン減税のことを考えると年末に繰上げ返済をしない方がよいと聞いたことがあるのですが、他にも金利の見直し前後なども影響があるのでしょうか?)

【4】繰り上げ返済用とは別に・・・貯金はいくら残しておくべきでしょうか?


<住宅ローン詳細>
------------------------------------------------
借入額:2360万
返済方法:元利均等
借入期間:35年
返済済み期間:6ヵ月
借入金利:0.875%(変動金利)
ボーナス返済:なし

一部繰り上げ返済手数料:1回につき5250円
繰り上げ完済手数料:借り入れ後10年超の場合は無料
------------------------------------------------

※5年ごと10月1日に金利の見直しがあります。その際、毎月の返済額を1万以上増やしたりボーナス返済を組み込む予定はありません。

※もうすぐ第一子が生まれます。繰り上げ返済用に貯金ができるのは、教育費がかかる前の10年間ではないかと思っています。

今年マンションを購入し、35年返済で2360万円の住宅ローンを組みました。
実際には繰り上げ返済をして20年で完済したいと考えています。
繰り上げ返済用として年間100万の貯金を目標にしています。

住宅ローン減税や団体信用生命保険も考慮して、アドバイスをお願いいたします。

【1】「5年目に500万、10年目に500万」を繰り上げ返済すると何年で完済できそうでしょうか?

【2】以下どれが一番お得でしょうか?(総支払額にどのくらい差があるのかも教えていただけると有難いです)

   ●「5年目に500万、10...続きを読む

Aベストアンサー

No1,2です。

実は繰り上げ返済時の戻し保証料の計算はよくわかりません。
ですがそもそも、ローン金利とローン控除はがほぼ同じですので、
金利はゼロに近いです。
その場合、その時点で繰り上げ返済する意味はありません。
ただ、保証料を考えると、
わずかに金利がかかっている状態と思われるので、
10年の間の真ん中で1度繰り上げ返済をする方が、
得ではないかと考えました。
そもそも実際問題、最初の試算でもわかりますように、
その差は大したことなく、重箱の隅をつつくようなものです。

定期預金に回す場合の注意としては特にありません。
ローン控除がある間は金利が実質ゼロに近いので、
0.2%程度あれば、一応利益が出ます。

金利上昇時の目安ですが、とりあえず住宅ローン控除の1%と、
定期預金の金利を足したものとほぼ同じになったあたりが、
一つの境界になると思います。
それ以降、金利が高くなればなるほど、
こまめに繰り上げ返済をした方が得になってきますが、
だんだん変化するものが増えてきますので、
計算が難しくなってきます。

あと住宅ローン控除が満了した際は、
それまでためていた資金はある程度残して、
一気に繰り上げ返済に回しましょう。

No1,2です。

実は繰り上げ返済時の戻し保証料の計算はよくわかりません。
ですがそもそも、ローン金利とローン控除はがほぼ同じですので、
金利はゼロに近いです。
その場合、その時点で繰り上げ返済する意味はありません。
ただ、保証料を考えると、
わずかに金利がかかっている状態と思われるので、
10年の間の真ん中で1度繰り上げ返済をする方が、
得ではないかと考えました。
そもそも実際問題、最初の試算でもわかりますように、
その差は大したことなく、重箱の隅をつつくようなものです。

定期預金に...続きを読む

Q住宅ローン審査について(不動産業者によって借り入れ額が違うのでしょうか?)

中古住宅の購入を考えております。

条件に合う物件が見つかり、ネットから内覧希望を出しまして見てきました。
(仮にA不動産)

一度ローン審査をしましょうとの事で、こちらの年収など(頭金の事も含め)資料を揃えローン審査を都市銀へ出してもらいました。

結果 建蔽率の問題で通らないが、頭金をもう300万出せば通るとのことでした。
(ここで他金融会社への審査はやめました、1社のみの審査結果です)

家族で話し合い どうしてもこの物件という気持ちが起こらず、別のを探しますとお話をしました。
(建蔽率の件もありましたので・・・)
その際、だいたいの借りられる範囲額を教えてもらいました。
(勿論物件により変動しますとの事です)

もう一件 条件に合う物件が見つかり、詳細情報を取り寄せました。(仮にB不動産)

B不動産からこちらの条件・年収などの聞き取りのお電話がありまして、A不動産と同じようにお伝えをしたのですが、B不動産から A不動産で聞いた借りられる範囲の1000万オーバーの金額が提示されました。
ですので、B不動産からは 高いな~と思う物件の紹介がきています。
(ローンシュミレーションはまだしておりませんので、月々がすごく高いのかも?ですかね・・)

そこで疑問なのですが、不動産屋によって借りられる額(ルートというのでしょうか)が違うのでしょうか?1000万も違うので不安です。


ローン返済だけで生活が苦しくなるのは嫌なので、あまり高額なのは範囲外としたいと思っておりますが、目安が分からなくなってきてしました。

不動産屋によって(大手・中堅などによって)条件が違うようなら そこから考えなくては行けないのかな?と思っております。

みなさん 不動産屋によって条件やローン審査が違うことありましたか?

ローン審査をするのは銀行なので、あまり不動産屋に気を使ってなかったのですが、変わるものなのでしょうか?

不動産屋にお勤めの方・経験談お待ちしております。

中古住宅の購入を考えております。

条件に合う物件が見つかり、ネットから内覧希望を出しまして見てきました。
(仮にA不動産)

一度ローン審査をしましょうとの事で、こちらの年収など(頭金の事も含め)資料を揃えローン審査を都市銀へ出してもらいました。

結果 建蔽率の問題で通らないが、頭金をもう300万出せば通るとのことでした。
(ここで他金融会社への審査はやめました、1社のみの審査結果です)

家族で話し合い どうしてもこの物件という気持ちが起こらず、別のを探しますとお話をしま...続きを読む

Aベストアンサー

提携住宅ローンって言うのがあって、不動産会社が提携してる銀行で住宅ローンを組む事です。

当然、提携している訳ですから審査が通りやすいとか金利や融資額においてもメリットがあります。

また、提携銀行であれば事前に物件の査定が行われていますので、審査もスピーディーです。


A不動産会社は、物件の査定が事前に行われていなかった事から提携銀行では無く、あくまでも銀行を紹介したに過ぎないのではないかと思います。

それに対して、B不動産会社は提携銀行での審査であったために大きく差が出たのだと思います。

勿論、A不動産会社の物件は建蔽率に大きな問題があったようですから、担保条件の不動産価値にも大きな差があると思います。


ただ、必ずしも提携銀行が良いと言うわけではありませんのでお気を付け下さい。

Q住宅ローンを繰り上げ返済

住宅ローンを繰り上げ返済

200万円、臨時収入がありました。
現在我が家には1600万円の住宅ローン残があります。
金利2.1%で月67000円、ボーナス払いなしの返済です。
10年固定で、いま4年目に入りました。

繰り上げ返済はいますぐした方がいいのか、10年固定がおわった時にした方がいいのか
教えてください。
繰り上げ返済にも返し方があるといいますが、どう返すのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

今すぐがいいです

10年固定が終わるまであと6年ありますから
6年後だと6年分の利子分損します

200万 X 2.1% X6年分
単純に6倍にはなりませんよ 利子にも金利がかかるので

ざっくり6倍したとして13万くらい損しますよ

200万を2.1%以上の利回りで運用できるように株などに投資するなら別ですが
定期預金でも高くて1%もないはず

どういうローンなのか分かりませんが繰り上げ返済の手数料が掛かるなら200万1括がいいと思います
なかには固定金利期間は繰り上げ返済できないローンもあるのでご注意ください

Q新築時の住宅ローンで、労金から借り入れしている方にお聞きします。繰り上

新築時の住宅ローンで、労金から借り入れしている方にお聞きします。繰り上げ返済した際に手数料はどれくらいかかりますか?

Aベストアンサー

現在、労金のローンを使用していますが、No.2の回答者様のおっしゃる通り、繰り上げ手数料は無料です。
ただし…、

(1)他行にローンを変更する為の場合は有料
(2)返済期間の短縮のみで、返済金額の削減は出来ない

との説明がありました。
地域による違いがあるのであれば、申し訳ございません。

Q住宅ローン控除と繰り上げ返済について

昨年4月に住宅を購入し、住宅ローンを組んでいます。

借入金 1500万円(20年)
金利 0.825%

ローン控除 1.2%(長期優良住宅)

なのですが、金利が0.825%に対してローン控除が1.2%なので、金利が上がらない限り、繰り上げ返済はせずに、ローン控除を最大限利用したほうがいいのか?それとも繰り上げ返済したほうが得なのかがわかりません。

住宅ローンに詳しい方、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

・2010年4月から返済が始まった
・毎年の所得税+住民税分97,500円が、毎年の住宅ローン控除額を上回る
・繰上手数料は無料
・金利が0.825で一定

と仮定して計算してみました。

・繰上返済なしの場合

 10年分のローン控除の合計: \1,352,300
   20年分の利息分の合計: ¥1,276,534
           差分: \ 75,766

・ローン控除対象期間中の2013/1に3年分(\2,144,893)繰上返済


 10年分のローン控除の合計: \1,166,300
 20年分の利息分の合計  : ¥ 979,943
           差分: \ 186,357

・ローン控除対象期間終了直後の2020/1に3年分(¥2,291,180)繰上返済


 10年分のローン控除の合計: \1,352,300
 20年分の利息分の合計  : ¥1,107,415
           差分: \ 244,885

この結果を見ると、ローン控除対象期間終了直後が一番効果が高いことがわかります。
ローン控除対象期間中の場合、利息の支払は大きく減りますが、その分、ローン控除分も減ってしまうため、トータルでみると、終了直後の方が効果が高くなります。

ただ、今後、ローン金利が上がっていけば、この計算は成り立たなくなりますので、ご注意下さい。

ローン金利がどれくらいになったら、控除対象期間中でも、繰り上げ返済した方が良いかまでは、分かりかねます。

・2010年4月から返済が始まった
・毎年の所得税+住民税分97,500円が、毎年の住宅ローン控除額を上回る
・繰上手数料は無料
・金利が0.825で一定

と仮定して計算してみました。

・繰上返済なしの場合

 10年分のローン控除の合計: \1,352,300
   20年分の利息分の合計: ¥1,276,534
           差分: \ 75,766

・ローン控除対象期間中の2013/1に3年分(\2,144,893)繰上返済


 10年分のローン控除の合計: \1,166,300
 20年分の利息分の合計  : ¥ 979,943
           ...続きを読む

Q住宅ローンや住宅金融公庫の借り入れ基準

従妹が家を新築しようとしているのですが、申込をした業者から「従妹の親がクレジットのブラックリストに載っているので融資は難しい」といわれているらしいのですが、同居もしていないし生活もまったく別なのに親が関係するのでしょうか?また、ご主人が事業をはじめて約1年です。国民年金の免除もしてもらっているそうなのですがそれが理由でしょうか?教えてください。(従妹はパソコンを持っていないので私が変わりに聞いています)

Aベストアンサー

一般的な例として、

1.親が保証人になる予定である場合
  (親の債務状況も調査される)

2.本人の信用情報登録の備考欄に親の延滞等債務状況が記入されている
  (極まれな例ですが実際にありました)
  親が払えなくて子供が代わりに払った場合などに多いですが。

申し込みをした業者がその情報を持っているって事は、金融機関が何らかの形で情報把握をしているということです。

いずれにしても事業開始1年では厳しいことも事実。

Q住宅ローン減税と繰り上げ返済について

住宅ローン減税と繰り上げ返済について教えてください。
来年の2月に住宅の完成予定です。

住宅ローンの詳細は、
 借入金額 2,000万円
 元利均等
 毎月 67,814円(ボーナス時0円)
 金利 0.95%(変動)
 期間 28年

繰り上げ返済を、返済額軽減型で5年ごとに200万円を予定しています。

金利0.95%より、住宅ローン減税の控除額1%の方が良いので、10年間は
繰り上げ返済をしない方が得なのではないかと感じました。
所得税は20万円以上あると思います。
実際のところ、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

たしかに金利が減税を下回っていた場合、返さない方が得です。
また、通常の住宅ローンでは団信保険料が含まれていますので、
ローン残高分の生命保険に入っているようなもので
多少の金利負担をしてもいいとも言えます。

変動金利とのことですので、金利動向を見ながら
当面様子見をしてもよいと思います。

Q住宅ローンを組もうとおもっているのですが、審査時、職場に在籍確認の電話

住宅ローンを組もうとおもっているのですが、審査時、職場に在籍確認の電話は必ずあるのでしょうか?また、ある場合は社長宛てとかになるのでしょうか?
わかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

私の場合、私が外出中に銀行から電話があり、たまたまその電話を取った部門長がその旨を答えると、それ以降かかってくることはありませんでした。

基本的には本人宛に直接かかってきますよ。

Q繰り上げ返済か住宅ローン控除の適用をうけるかどちらがいいですか

繰り上げ返済か住宅ローン控除の適用をうけるかどちらがいいですか

平成14年に住宅を建てて5年目になります。

残高12817998 金利3年固定 1.95% 平成20年6月26日から平成20年6月26日 元利均等返済 約33万の繰り上げ返済で約10万利息がうきます。 残存期間14年

期間が10年をきると控除がうけられないと聞きました。

この場合、どちらを優先させたほうがいいでしょう?
繰り上げ返済でしょうか? 金利1.95%と控除1%だから

また繰り上げ返済のために財形年金や個人年金を解約してまわそうと思っていますが、そのほうが得でしょうか?

現在32歳 奥さん32歳妊娠中11月出産 母61歳 老後の為にと給料天引きで積み立てたものですが、目先の住宅ローンの利息減額のほうがいいのではないかと思ったものです  いかがでしょう?

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

> 平成14年に住宅を建てて5年目になります。
既経過期間5年の6年目では?
平成14年12月が初回返済だとしても、毎月返済ならば返済回数は平成20年8月返済分が69回目になりますから、「残存期間14年」ですし、年数を数えるとそうなるんですけれど…。

それとも、
> 平成20年6月26日から平成20年6月26日
(何の自至が同日なので何の日付か分かりませんが)ということは、「平成20年6月26日を始期とする3年固定特約をし、その適用金利が1.95%」ということでしょうか?

当初の契約内容が書かれていないので、推測に過ぎませんが、
当初借入額1,700~1,800万円
当初適用利率:1.20%(3年固定)
返済期間:20年
2回目以降の金利見直しによる適用金利は1.95%
程度ではないかと。
この程度の条件ならば、確かに、約33万円をこの時期に期間短縮型の繰上返済すれば、トータルで約10万利息がうきますね(現段階における試算。この先金利が上がれば、さらに効果は大きくなります)。

> 期間が10年をきると控除がうけられないと聞きました。
確かに「返済期間が10年未満」になりますと、住宅ローン控除の対象からは外れますね。

ですが、33万円では、期間短縮型の繰上返済をしても、返済期間は10年を切りませんよ?
総返済回数240回のところが、236回になるだけですから。

ちなみに、住宅ローン控除の「返済期間10年」は、結果的な総返済回数が10年=120回を切ることになる場合ですから、「この先10年を切ったら」ではありません。
私の推測がほぼ正しければ、この時期ならば850万円以上の繰上返済をしなければ、住宅ローン控除の対象から外れることはありません。 

ですが、繰上返済は早ければ早い方が効果的です。
ただ、ご質問者さまがご利用になっている金融機関では、
「固定期間中」でも繰上返済ができますか?
「固定期間中」の繰上返済手数料は高くないですか?
33万円でも繰上返済はできるのですか?
これらは、金融機関や住宅ローンの契約によって違うものですから。
一度ご確認ください。

> 繰り上げ返済のために財形年金や個人年金を解約してまわそうと思っていますが、そのほうが得でしょうか?
#1さま、#2さまが仰っているとおりです。
住宅ローンだけを考えるのならば、利息分が「お得」にはなりますが、ご質問者さまおよびご家族の「生活」は、住宅ローンだけではありません。
ご質問者さまやご家族に「将来」がないのならば、それもいいかもしれませんが。
財形年金や個人年金は、普通は『余裕資金』とは捉えません。
住宅ローンの繰上返済は、『余裕資金』を以って行うべきです。
それも、想定外の出費に備えて、預貯金として年収の半分くらいは残したうえで考えてください。

住宅ローン審査経験者です。

> 平成14年に住宅を建てて5年目になります。
既経過期間5年の6年目では?
平成14年12月が初回返済だとしても、毎月返済ならば返済回数は平成20年8月返済分が69回目になりますから、「残存期間14年」ですし、年数を数えるとそうなるんですけれど…。

それとも、
> 平成20年6月26日から平成20年6月26日
(何の自至が同日なので何の日付か分かりませんが)ということは、「平成20年6月26日を始期とする3年固定特約をし、その適用金利が1.95%」ということでしょうか?

当...続きを読む

Q住宅ローン事前審査本審査兼用用紙とは

住宅ローンを申し込んで事前審査は通りました。
事前審査本審査兼用用紙で申込書は事前審査の時に必要書類などは全て提出済みで、本審査の申込書の時に、確認申請契約書などを提出しました。この場合は事前審査の時に保証会社の審査(個人信用情報)も行われていると言う事なのでしょうか?
それとも用紙が兼用で本審査はまた別に信用情報を調べるのでしょうか?分かる方お願いします。

Aベストアンサー

>事前審査の時に保証会社の審査(個人信用情報)も行われていると言う事なのでしょうか?

その通りです。
個人情報にうるさくない時代は、適当な紙などに氏名や住所、年収や勤務先・勤続年数など書いて、今は考えられませんがFAXで銀行に流したりしていました。そしてまた銀行も電話で「FAXしてくれた○○さんですけど、大丈夫そうですから本申込みしてください」なんて感じで・・支店サイドでの判断も多かったと思います。

今は、その段階(事前審査)から「私の個人情報を開示しても構いませんよ」という書類に署名捺印して、一緒に提出しないと事前審査してくれませんし、銀行の支店サイドの判断は審査に明らかに乗らないという判断以外は、保証会社まで上がるようになりました。
本審査でさらに、というより事前の段階で個信は調べられてしまいますね。で、問題があったとして、状況を尋ねられたり、クリアできそうな問題であれば、本申込みの条件として「それを証明する書類」の提出を求められたりするわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報