タイトルの件、質問します。

お湯を電気ポットで沸かす時に、最初、お湯と入れるから、水を入れるかで
悩みます。何か、水の方が良いような気がします。

実際、どちらが良いのでしょうか?
ご存知の方、いらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 何か、水の方が良いような気がします。



何について「良い」のでしょう?

また、仮に「お湯」を選ぶとした場合、それは元々は「水」を沸かしたものですよね?
ならば、結局、沸かすのですから、全て「水」で良いのでは?
    • good
    • 3

お湯の方がいいでしょう。

お湯はもう沸いてるから電気代が必要ない。エコですよ。
    • good
    • 0

電気代、時間を考えればお湯を入れたほうが早くて安いです。


使うお湯の量が少なく保温時間が長いなら電気ケトルで必要なときだけ必要な量を沸かすのが経済的かもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱湯を沸かすときお湯からでは駄目?

昔から不思議に思っていたのですが・・・
熱湯を用意するとき(=一般的には湯を沸かすと言いますが・・)
何故水をヤカンや鍋に入れて火をつけるのでしょうか?(=水から沸かさなければいけないのでしょうか・)
そこで蛇口から出る”湯”の方を入れてそこから沸かせば多少なりとも温度が高いのですから短時間、エコにも繋がると思うのですが・・。
キッチンの蛇口から出る”湯”は何か問題が有るのでしょうか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

 蛇口からのお湯を出した場合、給湯器でお湯にしているのでその分の熱量消費も考えなくてはいけませんね(コンロの火はつけてなくても給湯器で火をつけていますね)。よって必ずしもエコとはいえないと思います。
 
 >キッチンの蛇口から出る”湯”は何か問題が有るのでしょうか?
 一般的によく言われるのは給湯器内部の銅管からの銅の混入でしょう(表現が今ひとつ適正ではないかもしれないが。銅自体にそれ程危険性がある訳ではありません)。或いは電気温水器等の貯湯式の物では長期間温水器にお湯を貯めておく事があるので(残留塩素の低下等)衛生上良くないと言うものです。エコキュート等の貯湯式の給湯器には飲用を避けるようにとの注意書きがあります(ガス直圧式給湯器には長期間使用しなかった場合、溜まっていた場合はその分を雑水で使うように記載してある)。
 ただし煮沸する事で飲用出来るとアナウンスしている所もある様です。

 ちなみに水はステンレスのパイプ、湯沸器から蛇口は銅のパイプと言うのは一般的ではありません。最近では水・お湯共架橋ポリエチレン等の樹脂管や硬質塩ビライニング鋼管が一般的です。昔は銅管の給湯管結構ありましたが。宅内配管でのステンレス管は未だに極少数です。
 

 蛇口からのお湯を出した場合、給湯器でお湯にしているのでその分の熱量消費も考えなくてはいけませんね(コンロの火はつけてなくても給湯器で火をつけていますね)。よって必ずしもエコとはいえないと思います。
 
 >キッチンの蛇口から出る”湯”は何か問題が有るのでしょうか?
 一般的によく言われるのは給湯器内部の銅管からの銅の混入でしょう(表現が今ひとつ適正ではないかもしれないが。銅自体にそれ程危険性がある訳ではありません)。或いは電気温水器等の貯湯式の物では長期間温水器にお湯を貯めてお...続きを読む

Q排卵から2,3日後の下腹部痛

こんばんは。
2人目の妊娠を希望していますが、なかなか授かりません。
1人目は1回で授かったのですが・・・。
今回3/14に排卵検査薬が陽性になり、3/15の午前中に産婦人科で診て貰ったところ左卵巣の卵胞が21~22mmで排卵直前という診断でした。
基礎体温は
3/14 36.50
3/15 36.19
3/16 36.45
3/17 36.97
3/18 36.96
で、3/12夜と3/15夜に仲良くしました。

それで3/18の午前中、急に左下腹部にチクンという痛みが走り、その後も忘れた頃にそのような痛みが数回ありました。
気にして何度も触っていたら、ちょっと押すだけでも軽く痛むようになってしまいました。
場所は骨盤から指3本分くらい内側で、足とお腹の境目から指3本分くらい上です。
丁度卵巣がある辺りかと思い少し心配です。
実は以前、やはり排卵から2,3日後に、その時は右でしたが、同じような場所が同じように痛んだことがありました。

こんな痛みを経験した方いらっしゃいますか?
お医者様からは何も言われて無いのですが、卵巣や卵管に異常があって、排卵・受精がうまくいってないのかもと思い心配です。
月曜日は行きつけの産婦人科の担当医がお休みで、火曜日は祝日で病院自体がお休みなので、日曜日に休日診療してくれる病院に行くかどうか迷っています。
皆様、お知恵を貸して頂けないでしょうか・・・

こんばんは。
2人目の妊娠を希望していますが、なかなか授かりません。
1人目は1回で授かったのですが・・・。
今回3/14に排卵検査薬が陽性になり、3/15の午前中に産婦人科で診て貰ったところ左卵巣の卵胞が21~22mmで排卵直前という診断でした。
基礎体温は
3/14 36.50
3/15 36.19
3/16 36.45
3/17 36.97
3/18 36.96
で、3/12夜と3/15夜に仲良くしました。

それで3/18の午前中、急に左下腹部にチクンという痛みが走り、その...続きを読む

Aベストアンサー

私も赤待ちです。
今回はタイミングもよく、体温もキレイに上昇していて羨ましいです。
生理予定日まで待ち遠しいですね。

病院からは、排卵したか確認に来るようには言われませんでしたか?
私も卵胞チェックをしてもらっていますが、排卵が近いといわれた数日後に、実際に排卵したかどうかと、体温がきちんと上昇しているかを確認するために来院するように指示されます。

腹痛についてですが、私は医者でも何でもありませんので、医学的なアドバイスではありませんが、私の経験談を少し・・
私も排卵後、下腹部の辺りがチクチク痛いことありますが(場所は色々です)、特に心配していません・・
その理由として、排卵前後はお腹にガスが溜まりやすいので、そのための痛みかな~とか、受精するか着床するか、など心配しすぎているための気のせいかな~とか。。 こう書くとすごく能天気な人のように見えますが、実際気持ちの変化って影響が大きいと思うんですよ。私は去年夏に一度流産しているんですが、子作りがんばり中は、排卵前後や生理前に体調が悪かったり、お腹が痛くなったりしましたが、流産後の子作りお休み中は全然そういう症状がありませんでした。そして数ヶ月前からまた子作り再開したところ、またそういう症状が出始めました。でも気のせいか、何かに没頭してたりすると痛みを忘れていることもあります。同じ生活するなら、痛みを気にするより、楽に暮らしたいですので、最近はあまり考えないようにしています。今日は高温期5日目くらいですが、あまり気にしないようにしたら、心なしか先周期よりも痛みが楽な気がしています。

卵巣・卵管に異常があるのではないか??ということですが、卵胞チェックの際に卵巣をエコーで見てもらっているわけですから、もし先生が目で見て卵巣に異常があればすぐ言われますよ。あと、卵管造影の検査は受けましたか?お子さんができなくて病院に通い始めたら、数周期目で卵管造影を勧められると思うのですが、もしその検査をしていて問題なかったのであれば、卵管についての心配もご無用かと思います。

先生は、何か異常を認めているのに言わないということはありませんよ。
通院中の産婦人科は、担当医じゃないと見てもらえませんか?
今までの検査結果や状況などがカルテに書かれているはずですので、休日診療してもらうよりは、かかりつけの病院に月曜日か水曜日に受診して、相談してみてはどうでしょうか。

私も赤待ちです。
今回はタイミングもよく、体温もキレイに上昇していて羨ましいです。
生理予定日まで待ち遠しいですね。

病院からは、排卵したか確認に来るようには言われませんでしたか?
私も卵胞チェックをしてもらっていますが、排卵が近いといわれた数日後に、実際に排卵したかどうかと、体温がきちんと上昇しているかを確認するために来院するように指示されます。

腹痛についてですが、私は医者でも何でもありませんので、医学的なアドバイスではありませんが、私の経験談を少し・・
私も排卵...続きを読む

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q湯沸かしポットの使い方

 我が家では電気湯沸かしポットを使用していますが、水をいつ換えれば良いのか悩んでいます。

 普段今のところ、朝晩の食事時にしか使用していないので、完全になくなるには1週間ほどかかります。1週間同じ水で大丈夫なのでしょうか?それとも、毎日水は交換するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

 水を補給されているのであれば、全量交換の必要はありませんけど?

 半年に一度、塩素などの成分が固まるのでカルキ抜きが必要ですので、その時に全量交換をしますが、通常の使い方であれば、減った分を給水しますので、交換は不要です。

 満水にして1週間後になくなるまで、給水をされていないのですか?それでも、その時に満水にすればいいですよ。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q給湯器のお湯は清潔?

私の職場の給湯器はどうみても10年以上使用していると思うのですが、その給湯器のお湯を電気ポットで沸かして飲用しています。
せめて少し流してから使用してほしいのですが、皆さん余りこだわりが無い様です。

私が気にしすぎなのでしょうか、給湯器のお湯って清潔ですか?

Aベストアンサー

給湯器のお湯は清潔?
1)ガス給湯器でしょうか
2)ガス給湯器の内部は水道の配管と同じと考えてよいでしょう
3)金属で出来た配管の内部は水が流れ、外側が熱で加熱する構造で、従って完全密閉です。

給湯器のお湯って清潔ですか?
4)水道水と同じと考えて良い清潔レベルですよ

私が気にしすぎなのでしょうか、
5)少し流す方が気分的には良いですね、でも何ら心配は無いですよ

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q電気ポットの空焚きによる事故について

ポットの電源を抜かずに会社に来てしまったのかもしれないと、たった今、急に思い不安でいっぱいです。

水は半分くらい入っていましたので、蓋を閉めていたら問題はなかったのですが、ポットの蓋をはずしたままです。
ポット自体10年以上前の古いもので、
安全装置などついていない気がします。
ポットは、中の湯の温度が下がると沸騰して・・を繰り返すもので、
蓋をはずしてしまったため、徐々に蒸発して、空焚きになってしまうと思うんです。

ポット内に熱気が溜まって爆発・・のようなことはないと思うんですが、内部が熱くなって火災に発展することはあるのでしょうか?

急いで書きましたので、文章が乱れているかもしれません
大変、申し訳ありません
どうか、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>万一、安全装置が働かなかったらどうしますか?
熱を出す機器は、温度ヒューズが付いています。
間違って低温で切れることがあっても、機器が高熱になっても切れないことはあり得ません。
そのための安全装置です。
ポット内に低温で燃えるような可燃物を入れるなど、加熱部分に可燃物が触れるような特別な使い方をしない限り大丈夫です。

ご質問者様はすでに仕事からお帰りのはず。
空だき状態であっても、サーモスタットの働きで温度ヒューズも切れることなく、ポットが熱くなっている程度で大丈夫だったと思われますが、いかがでしたか。

Q入社書類を書き間違えました(泣)

来月から入社するのですが、多くの書類が送られてきて署名や捺印をしなければなりません。ここで重大ミスをしてしまいました!日付を書く欄に現在の日付を書いてしまいましたが、本当は入社日の日付で統一しなければならないと書いてありました。
三箇所ぐらい直さないといけないのですが、どう直せばいいのでしょうか?修正液はダメと思うので、二重線で書いて押印すればいいのでしょうか?教えてください。
入社前から人事部の方に目をつけられてしまったらどうしようとおびえています。(泣)

Aベストアンサー

人事で採用の実務などを担当してきた者に過ぎません。
書類の性質にもよると思いますので断言などはできませんが、ご質問の内容から推測の域を出ませんが、恐らく、雇用契約書(ご本人と会社の同じもの2通)や入社承諾書などの誓約書などの保証人に関する書類、また、交通費や給与振込先の社内の様式の届出書や扶養控除申告書などかと思います。またそれ以外にしても社内の様式や届出書などの書類だからと言って決して間違えても良いという訳ではありませんが、誰でもミスはつきものかと思います。

特に手書きの書類などは定規などでまっすぐに二重線を引き訂正印(その書類に印鑑が捺印したものであれば同様ものでも良いと思います)を押印すれば良いかとお察し致します。

また肝心なことは社内外の書類などは黒インクやボールペン等で記載するのが常識なことや、訂正印でもゴム印などの小さなものより通常の印鑑の小さいものを今後仕事でも準備するとともに、重要なのは同じ失敗を繰り返さないようにすればどうすれば良いかということがご質問者様にとってもはじめのうちの小さなミスで良い意味で反省や今後の注意すべきこととして、書類を書く、あるいは捺印するといった場面や他の文書でも落ち着いて書く前によく確認するといったことを痛感されたいい機会かと思います。

もちろん書類によっては再度用紙が必要な場合などもあると思いますが、繰り返しになってしまいましたが良い意味で今後の反省材料として注意する習慣づけのきっかけになったのではないでしょうか。

あくまで回答ではなく考え方や今後のひとつの参考程度にでもなれば幸いです。頑張って下さい。

人事で採用の実務などを担当してきた者に過ぎません。
書類の性質にもよると思いますので断言などはできませんが、ご質問の内容から推測の域を出ませんが、恐らく、雇用契約書(ご本人と会社の同じもの2通)や入社承諾書などの誓約書などの保証人に関する書類、また、交通費や給与振込先の社内の様式の届出書や扶養控除申告書などかと思います。またそれ以外にしても社内の様式や届出書などの書類だからと言って決して間違えても良いという訳ではありませんが、誰でもミスはつきものかと思います。

特に手書...続きを読む


人気Q&Aランキング