給与所得者の医療費の申告の還付金額

年収 300万程度の場合 医療費 年に15万程度を
申告した場合の還付金額の目安を教えてください

できるだけ 簡単に教えて欲しいです。

参考になるサイトもありましたら。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>年収 300万程度の場合 医療費 年に15万程度を申告した場合の還付金額の目安を教えてください


「年収」300万円の「所得(年収から給与所得控除を引いた額)」は192万円
150000円(かかった医療費)-(192000円(所得)×5%)=54000円(控除額)
54000円(控除額)×5%(所得税の税率)=2700円(還付額)

なお、所得が200万円(年収で310万円を越える)以上の場合は、かかった医療費から10万円を引いた額が控除額です。

>参考になるサイトもありましたら。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
    • good
    • 0

>年収 300万程度…



「所得」は 192万。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

所得控除には基礎控除以外に何と何が該当しますか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>医療費合計が15万位の場合…

「所得」の 5% または 10万円のどちらか少ないほうを上回る数字が医療費控除額。
これを先の「所得控除」に加える。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

「所得」-「所得控除の合計」=「課税所得」
「課税所得」×「税率」=「所得税」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

>幾ら位 還付金があるか…

所得税額より多く前払いしていれば、多かった分だけ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

細かい数字が解りませんから、給与総額だけで計算すると。


給与計 3,000,000
徴収済みの源泉税額 0
給与所得 1,920,000
社会保険料(給与からの控除分) 0
社会保険料(申告による控除分) 0
小規模企業共済等掛金の控除額 0
生命保険料の控除額 0
地震保険料の控除額 0
配偶者特別控除額 0
配偶者控除額、扶養控除額、基礎控除額及び障害者等の控除額 380,000
所得控除額の合計額 380,000
差引課税給与所得金額 1,540,000
算出年税額 77,000
住宅借入金等特別控除額 0
年調年税額 77,000
差引不足額(△は超過額) 77,000
という事で、所得税を77000納税しなくてはならない勘定になりますから、差し引きで、27000納税することになります。
    • good
    • 0

下記国税庁の申告書作成コーナーで試しに


計算してみればわかりますよ。

https://www.keisan.nta.go.jp/h22/ta_top.htm

概算ですが、所得税2500円位
      住民税5000円位。

ただし、扶養の人数や住宅取得控除の受けていれば
そもそも税金が0円の可能性があるので、医療費控除しても
税金が還付ならない場合があります。

国税庁HPで試算してみましょう!!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q収支内訳書 医療費

収支内訳書の科目で
事業主の医療費は
福利厚生費でいいのですか?

Aベストアンサー

仕訳不要です。どうしてもしたければ「事業主貸/現金」

医療費は10万円以上あるなら医療費控除にて行います。

Q医療費控除の還付金額について

昨年出産し、医療費が高額なため医療費控除の申請準備をしているのですが分からないことがあるので教えてください。

私(妻)は平成20年12月末で退職し、平成21年には1月に1度給料の支払いがありました。
源泉徴収表に書かれている源泉徴収税額は8300円です。

夫は職場で年末調整を終えておりますが
数年前に住宅を購入した関係で、年末調整で大金が戻ってきており
源泉徴収表の源泉徴収税額は0円(記載なし)です。

e-taxからためしに入力していってみると
還付金が8300円と表示されました。

私が払った税金が全部戻ってきて終わりということなんでしょうか?
医療費に90万円もかかっているのですが、
払った税金以上には還付されることはないということなのでしょうか。
それとも夫の源泉徴収表をもとに入力すると還付されるのでしょうか?

あまりよく理解していないので、
詳しい方からアドバイスいただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確定申告すると還付されるお金の財政源は、「自分がすでに支払った所得税」です。
だから、還付額の最大値は、自分がすでに支払っている所得税額です。源泉徴収されている金額、とも言います。

だから、質問者さんの場合は、還付される最大値は8300円です。
社会保険控除など各種控除をした結果ではなく、1カ月分の給与収入のみの結果のようなので(給与収入103万円=給与所得38万円より少ないと思われますので)、他に控除ネタが何もなくとも、誰もが公平に利用できる「必要経費(質問者さんの場合は、給与所得控除)」と「基礎控除」だけで、無条件に、所得税額が0円になります。
どんなに控除額を増やしても、還付額がそれ以上になることはありません。

ご主人の方も、住宅ローン控除の恩恵で、源泉徴収額が0円になってますので、こちらの方も、確定申告しても還付はありません。すでに、還付の財政源となる所得税額(源泉徴収額)が、0円だからです。
ただ、ご主人の方は、住民税の計算の際に効果を発揮する可能性があるので、それを期待して確定申告するのはアリかと思います。
(住民税の計算は、基礎控除や配偶者控除、扶養控除などの金額が、所得税の計算の際の控除額より少ないのです。だから、課税対象額が、所得税の時よりも高くなることがあります。住宅ローン控除も、平成21年分は住民税に反映されなかったような)

確定申告すると還付されるお金の財政源は、「自分がすでに支払った所得税」です。
だから、還付額の最大値は、自分がすでに支払っている所得税額です。源泉徴収されている金額、とも言います。

だから、質問者さんの場合は、還付される最大値は8300円です。
社会保険控除など各種控除をした結果ではなく、1カ月分の給与収入のみの結果のようなので(給与収入103万円=給与所得38万円より少ないと思われますので)、他に控除ネタが何もなくとも、誰もが公平に利用できる「必要経費(質問者さんの場...続きを読む

Q現在、日本の医療費の歳出の内訳を知りたいと思っています。

現在、日本の医療費の歳出の内訳を知りたいと思っています。
具体的には国の医療費歳出の内で病気によるものが占める割合を知りたいと思っています。病院に行く人にはケガで行く人と病気で行く人がいますよね?

どなたか知っている方いらっしゃいませんか?
もしくはそのようなデータが記載されているサイトを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

これの14なんてどうですか
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001058048

Q国税庁のページの医療費控除の還付金額が合わない!

国税庁のページから医療費控除の確定申告を作成していたのですが、
還付金額があわないので正しいか教えてください。

20年度の医療費控除額は941,330円(10万円はすでに差し引いてます。)
給与の支払金額は4,319,006円
所得控除後の合計額は940,801円

で、還付金額のボタンを押すと48,100円と出てきました。

ですが、他のサイトなどを見てみると、だいたい医療費控除額の10%くらいは戻ってくると書いてありましたからなんだか納得いきません。

私の給料と、医療費控除額では、還付金額は48,100円で正しいのでしょうか?詳しい方ご教授願います。

Aベストアンサー

>私の給料と、医療費控除額では、還付金額は48,100円で正しいのでしょうか?
合っています。
貴方の場合、医療費控除を受ける前と受けた後で、所得税の税率が変わります。
医療費控除により、課税所得が減り税率が少なくなります。
10%から5%になります。
同じ10%なら、控除額に10%をかけた分戻ってきますが、税率が少なくなった分戻りが少なくなってしまったんですね。

控除前 4319006円-940801円(所得控除)=1971000円(課税所得、千円未満切り捨て)
1971000円×0.1-97500円(控除額)=99600円(税額)

控除後 43191006円-1882131円(所得控除+医療費控除)=1030000円(課税所得、千円未満切り捨て)
1030000円×0.05=51500円(税額)

99600円-51500円=48100円(還付金)
となります。

所得税率は課税所得が195万円で変わります。

Q医療費控除申告の書き方

初歩的な質問になるかと思いますが、よく分かりませんので質問させていただきます。
医療費の明細の書き方ですが、「控除の対象となる医療費の内訳」「左のうち保険金などで補てんされる金額」の欄ですが、保険組合から来る「医療費のお知らせ」を見ながら記入することになるのでしょうか。
手元の領収証はこの2点を差し引いた金額になっています。
「医療費のお知らせ」がない場合、金額の算出の仕方はどうなりますでしょうか。また「医療費のお知らせ」には記載があっても領収証原本がないと申告はできないのでしょうか。

Aベストアンサー

まず、医療費控除の確定申告の際には、領収書の提出又は提示が必須ですから、「医療費のお知らせ」では申告できません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1120_qa.htm

ですから、「医療費のお知らせ」ではなく、お手元にある領収書を基礎として記載していく事となります。
そもそも、健康保険でかかった場合は、窓口負担分(通常3割)のみが支払った医療費となりますから、「左のうち保険金などで補てんされる金額」の中には健康保険の負担(7割)分は含まれてきません。
ここには、高額療養費で入金されたものや、生命保険会社等からの入院給付金や手術給付金、健康保険からの出産一時金等の入金がある場合に、記載すべき事となります。

Q医療費控除 所得が増えれば、還付金は下がりますか?

一昨年(平成21年)も昨年(平成22年)も10万円以上の医療費がかかり、確定申告をするのですが、一昨年は、1万円近く戻ってきました。

昨年(平成22年)分は、これから申請します。育児休暇で所得が一昨年の約半分だったのですが、医療費の還付金を概算するサイトがあって、そこで還付金は3000円と出ました。

よく仕組みが分かっておらず、お恥ずかしいのですが、一般的に、所得が減れば、還付金は下がるというので合っていますでしょうか。医療費としては、一昨年も、昨年も同等程度です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いくつか例を出しましょう。

給与年収200万円(給与所得1220000円、給与源泉税42000円)
基礎控除のみ適用
医療費総額90000円

この場合の医療費控除は・・・
90000-1220000x0.05=29000円
還付金=1450円(所得税)

では所得が増えた時は
給与年収250万円(給与所得1570000円、給与源泉税59500円)
基礎控除のみ適用
医療費総額90000円

この場合の医療費控除は・・・
90000-1570000x0.05=11500円
還付金=600円(所得税、端数の関係で少し還付額が増える)

所得が上昇すると医療費控除は減ります。
ただし、総所得金額が200万円を超えた場合は、差し引く金額は100000円のままになり、所得が上昇してもそれ以上は医療費控除は減りません。

>所得が減れば、還付金は下がるというので合っていますでしょうか
総所得金額が200万円を下回っている場合は所得が減れば医療費控除は増えるので還付金は増える場合が多くなります。
ただし、総所得金額が200万円を大きく上回っており、実効税率が非常に高い場合は所得が減ると還付金は減ります。

最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。

いくつか例を出しましょう。

給与年収200万円(給与所得1220000円、給与源泉税42000円)
基礎控除のみ適用
医療費総額90000円

この場合の医療費控除は・・・
90000-1220000x0.05=29000円
還付金=1450円(所得税)

では所得が増えた時は
給与年収250万円(給与所得1570000円、給与源泉税59500円)
基礎控除のみ適用
医療費総額90000円

この場合の医療費控除は・・・
90000-1570000x0.05=11500円
還付金=600円(所得税、端数の関係で少し還付額が増える)

所得が上昇すると医療費控除は減ります。
ただし...続きを読む

Q2つの月にまたがる入院時の高額医療費

教えて下さい。
月80100円以上が高額医療費の対象となる人が、1月~2月に入院して、
1月の治療費が5万、2月の治療費が5万で、
治療費は退院時(2月)にまとめて10万払うケースでは、
2月に8万以上払ったということで高額医療費の対象となるのでしょうか?
それとも、10万の内訳が5万づつなので高額医療費の対象外となるのでしょうか?

Aベストアンサー

健康保険の高額療養費の計算は、月単位で1日から末日までの医療費で計算します。質問のケースは対象外です。

また、支払に保険外が含まれるとそれは除外です。

なお、確定申告の医療費控除に該当する場合があるので、領収証は保存したほうが良いです。

Q未還付の高額医療費の確定申告について

こんにちは昨年5月に保険適用の手術を受け3割負担にて14万の支払いをしています。
高額医療費の申請書が組合から届き申請をしたのですが、実際に手術を受けた日と病院側が申請している日付に相違があったため、保留にされてしまい、年を越した3月現在まだ還付されていない状況です。

主人に昨年度の分を確定申告に必要だからどのくらい戻ってくるか、金額を確認しておいてくれと言われたのですが、計算方法がわからなく・・・

そもそも還付されていないものを申請できるんでしょうか?
おそらく今年還付されるはずなので今年分の確定申告の時にその分は差し引けばいいのではないでしょうか?
あらかじめ支払った14万は昨年はなかったこととして来年申請したほうが良いのでしょうか?
頭が混乱してきましたのでどなたか教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>金額を確認しておいてくれと言われたのですが、計算方法がわからなく…

それは健保組合にお聞きください。
税金のように全国統一した基準があるわけではありませんから、他人は何とも言えません。

>そもそも還付されていないものを申請できるんでしょうか…

皮算用で申告し、申告後に皮算用が違っていたら修正申告をするのが、正規の手続きです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120_qa.htm#q2

>今年分の確定申告の時にその分は差し引けばいいのではないでしょうか…

医療費を支払った日が基準ですので、昨年 (20年) 分の申告です。
今年分に含めるわけにはいきません。

>あらかじめ支払った14万は昨年はなかったこととして来年申請したほうが…

それはだめです。

>主人に昨年度の分を確定申告に必要だからどのくらい…

その医療費控除以外にも、申告しなければならない理由があるのですか。
それなら、医療費控除を後回しにして本来の申告だけを 3/16 までに行い、医療費控除だけを期限後にしてもかまいません。
「更正の請求」という申告方法になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>金額を確認しておいてくれと言われたのですが、計算方法がわからなく…

それは健保組合にお聞きください。
税金のように全国統一した基準があるわけではありませんから、他人は何とも言えません。

>そもそも還付されていないものを申請できるんでしょうか…

皮算用で申告し、申告後に皮算用が違っていたら修正申告をするのが、正規の手続きです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120_qa.htm#q2

>今年分の確定申告の時にその分は差し引けばいいのではないでしょうか…

医療費を支払っ...続きを読む

Q医療費控除について

今、医療費控除を計算していますが、わからないこところがあるので教えていただきたいのですが…

★公共交通機関の交通費は支払った医療費(治療費、薬代)に足して記入すればよいのでしょうか?

★控除の対象となる医療費の内訳~治療内容・医療品名など~の欄にはどこまで詳しく記載すればよいのでしょう?

★公共交通機関を利用した場合は、利用した交通機関、および駅、金額などを別の紙に記載しておいたほうがよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 昨年した私の方法を書かせていただきます。

★公共交通機関の交通費は支払った医療費(治療費、薬代)に足して記入すればよいのでしょうか?

 足して下さい。

★控除の対象となる医療費の内訳~治療内容・医療品名など~の欄にはどこまで詳しく記載すればよいのでしょう?

 病名だけでもいいです。

★公共交通機関を利用した場合は、利用した交通機関、および駅、金額などを別の紙に記載しておいたほうがよいのでしょうか?

 領収証の欄外に書いておきました。

http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

参考URL:http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

Q至急です!還付申告、医療費控除について初心者です。

一度質問させていただいたのですがすみません再度よろしくお願いします。
去年婦人科疾患のため初手術を行い、不妊治療も
始めたため医療費控除の還付申告をしようと思います(確定申告じゃなくて還付申告でよいのですよね・・・?)

主人は会社員、私は去年は無収入でした。
主人は年末調整をしてもらい手元に源泉徴収表もあります。
質問なのですが
(1) 申告は収入のある主人のほうですればいいでしょ
うか?
(2) 還付申告になるので期限は3月15日までというわけではなくそれ以降も取り扱っていただけるのでしょうか?5年の猶予があると聞きましたがH17年分はH18年1月1日以降、H18年分は、H19年1月1日以降、に申告できるということですか?
3月15日までは(あさってまでですが)かなり込み合っていると聞きますので16日以降に行くほうが良いでしょうか?
(3) 病院までの交通費はどうやって証明するのでしょうか?メモみたいに手書きで書いていったほうがいいのでしょうか?
(4) 手術時の生命保険がおりたのですがその明細が
ありません。振り込まれた口座の通帳を持っていって
記帳した部分を見せれば問題ないでしょうか?
(5)国税庁のホームページで入力するだけで簡単にできるとのことでチャレンジしてみたのですが入力自体は
数字を入力するだけで簡単にできたのですがそのあと
印刷の仕方がわかりませんでした。通常の印刷のツールがなかったので・・・、何かインストールしないと駄目というソフトがあったようですが、インストールは簡単にできるのでしょうか?
(6) 税務署に行くときの必要なものは何になるのでしょうか?

本当におバカな質問ばかりしていると思うのですが
なんせ何もわからないもので、初心者にもわかるよう
に教えていただけると幸いです。

一度質問させていただいたのですがすみません再度よろしくお願いします。
去年婦人科疾患のため初手術を行い、不妊治療も
始めたため医療費控除の還付申告をしようと思います(確定申告じゃなくて還付申告でよいのですよね・・・?)

主人は会社員、私は去年は無収入でした。
主人は年末調整をしてもらい手元に源泉徴収表もあります。
質問なのですが
(1) 申告は収入のある主人のほうですればいいでしょ
うか?
(2) 還付申告になるので期限は3月15日までというわけではなくそれ以降も取り扱っていただけ...続きを読む

Aベストアンサー

>確定申告じゃなくて還付申告でよいのですよね・・・?
確定申告のうち、「還付となる」申告を還付申告と言っています。
ご質問の場合は還付のようですから還付申告です。

>(1) 申告は収入のある主人のほうですればいいでしょうか?
「還付」というのは平たく言えば支払った所得税を返してもらうという行為ですから、収入のない人はそもそも所得税を支払ってはいませんので還付申告してもなにも返ってきませんよ。

>(2) 還付申告になるので期限は3月15日までというわけではなくそれ以降も取り扱っていただけるのでしょうか?
はい。かまいません。

>5年の猶予があると聞きましたがH17年分はH18年1月1日以降、H18年分は、H19年1月1日以降、に申告できるということですか?
そうです。

ただし一度確定申告してしまいますと、それから先1年しか変更できません。年末調整だけ受けて確定申告していない場合には、5年まで遡れます。

>16日以降に行くほうが良いでしょうか?
そうですね。

>(3) 病院までの交通費はどうやって証明するのでしょうか?
証明は不用です。金額と行き先の病院を書けばよいでしょう。
ただタクシーは領収書が必要です。

>メモみたいに手書きで書いていったほうがいいのでしょうか?
それで十分です。

>(4)振り込まれた口座の通帳を持っていって記帳した部分を見せれば問題ないでしょうか?

特に証明書は不要で自己申告なので見せる必要もないです。金額を間違えないように通帳を持っていくのは問題ありません。

>(5)そのあと印刷の仕方がわかりませんでした。通常の印刷のツールがなかったので
Acrobat Reader というソフトで印刷します。

>インストールは簡単にできるのでしょうか?
出来ます。まず、
http://www.adobe.co.jp/
で "Get Adobe Reader"のアイコンをクリックして進んでソフトをダウンロード&インストールしてください。

次に、

https://www.keisan.nta.go.jp/h17/ta_top3.htm
で印刷表示画面出ることを確認ください。

>(6) 税務署に行くときの必要なものは何になるのでしょうか?
源泉徴収票、医療費の一覧表、医療費の領収書、タクシー領収書、還付金振込口座の銀行、支店名、口座番号、氏名(還付を受ける人本人)

です。

もし確定申告書等の印刷が出来ればそれもお持ち下さい。話が早いですから。

>確定申告じゃなくて還付申告でよいのですよね・・・?
確定申告のうち、「還付となる」申告を還付申告と言っています。
ご質問の場合は還付のようですから還付申告です。

>(1) 申告は収入のある主人のほうですればいいでしょうか?
「還付」というのは平たく言えば支払った所得税を返してもらうという行為ですから、収入のない人はそもそも所得税を支払ってはいませんので還付申告してもなにも返ってきませんよ。

>(2) 還付申告になるので期限は3月15日までというわけではなくそれ以降も取り扱ってい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報