給与所得者の医療費の申告の還付金額

年収 300万程度の場合 医療費 年に15万程度を
申告した場合の還付金額の目安を教えてください

できるだけ 簡単に教えて欲しいです。

参考になるサイトもありましたら。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>年収 300万程度の場合 医療費 年に15万程度を申告した場合の還付金額の目安を教えてください


「年収」300万円の「所得(年収から給与所得控除を引いた額)」は192万円
150000円(かかった医療費)-(192000円(所得)×5%)=54000円(控除額)
54000円(控除額)×5%(所得税の税率)=2700円(還付額)

なお、所得が200万円(年収で310万円を越える)以上の場合は、かかった医療費から10万円を引いた額が控除額です。

>参考になるサイトもありましたら。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
    • good
    • 0

>年収 300万程度…



「所得」は 192万。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

所得控除には基礎控除以外に何と何が該当しますか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>医療費合計が15万位の場合…

「所得」の 5% または 10万円のどちらか少ないほうを上回る数字が医療費控除額。
これを先の「所得控除」に加える。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

「所得」-「所得控除の合計」=「課税所得」
「課税所得」×「税率」=「所得税」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

>幾ら位 還付金があるか…

所得税額より多く前払いしていれば、多かった分だけ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

細かい数字が解りませんから、給与総額だけで計算すると。


給与計 3,000,000
徴収済みの源泉税額 0
給与所得 1,920,000
社会保険料(給与からの控除分) 0
社会保険料(申告による控除分) 0
小規模企業共済等掛金の控除額 0
生命保険料の控除額 0
地震保険料の控除額 0
配偶者特別控除額 0
配偶者控除額、扶養控除額、基礎控除額及び障害者等の控除額 380,000
所得控除額の合計額 380,000
差引課税給与所得金額 1,540,000
算出年税額 77,000
住宅借入金等特別控除額 0
年調年税額 77,000
差引不足額(△は超過額) 77,000
という事で、所得税を77000納税しなくてはならない勘定になりますから、差し引きで、27000納税することになります。
    • good
    • 0

下記国税庁の申告書作成コーナーで試しに


計算してみればわかりますよ。

https://www.keisan.nta.go.jp/h22/ta_top.htm

概算ですが、所得税2500円位
      住民税5000円位。

ただし、扶養の人数や住宅取得控除の受けていれば
そもそも税金が0円の可能性があるので、医療費控除しても
税金が還付ならない場合があります。

国税庁HPで試算してみましょう!!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング