今度 二世帯住宅の新築を予定しています。

電気、ガス、水道など父はメーターを別にしてきっちり分けたほうが

良いというのですが、分けることでメーター代が余分にかかったり

基本料金も2家族分を、支払ったりしなくてはいけないのでしょうか。

また、実際に分けられた方がいらっしゃいましたらメリット、デメリットを

教えて頂けると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

電気の場合。


電力会社からの請求を一緒に受けたいか、別々に受けたいかで変わると思ってください。
請求が一緒で構わない場合は、電力会社のメーター(親メーター=契約メーター)は1戸になります。請求は二世帯分1つできます。その場合に、どちらの世帯でどの程度使っているかが解りませんので、子メーター(各戸メーター)を付けます。親メーターは電力会社が取付、交換、メンテナンスなどをしてくれますが、子メーターは、自分のものなので、自分で管理することになります。基本料金が1件分しかかからないので、リーズナブルです。親子などで、大体の目安を知りたいとかなら、これで充分と思われます。
請求を別に受けたい、こういう金に係わることははっきりしたい、というような場合は、電力会社との契約から別々にします。基本料金から2件分となりますので、多少、お高くなります。メーターは、当然、電力会社が付けてくれます。

基本的には以上です。
ガス、水道も概ね同じはずです。
但し、電力会社、ガス会社、水道(市町村や公社など)によっては、「1建物1契約」などといって、別契約にしてくれない場合もあります。料金収入が多くなるのだから、認めればよいものを、面倒がって、「できません」なんて言う時もあります。

何れにしろ、どの程度の区分をしようとしているのかを、よく考えて決めることです。
将来的に、親世帯がいなくなった場合、片方を他人に貸す、なんてことまで考えているのなら、最初から別契約にしておくという方が良いと思います。
    • good
    • 3

全くの他人の二世帯なら分けるべきですが、親子などでしたら分けなくても良いかもしれません。



うちは娘家族と同居ですが、食事も何もすべて一緒にしていますので、最初は月に十万円づつを出し合って、公共料金だけでなく食費もすべてそこから出して、余れば一緒に外食などをしています。
孫が大きくなって一人前に食べるようになって娘たちの家族の割合を少し増やしました。

十年以上経つと家も少しづつ痛んで、修理代や設備の取り換え費用も必要ですから、余ったお金をプールして取り換えや維持管理費に回しています。

いくらメーターできっちり分けても、家を維持していくうえで供用部分の電気代だけでなく電球の取り換え費用なども一々出し合うのでしょうか?

本来は電気や水道も一敷地に一メーターが原則です。

何軒もの共同住宅なら子メーターをつけるべきですが、親子ならそこまでしない方がよいかもしれません。

もちろん、誰それがクーラーの着けっぱなしだ、などの事は親子ですから遠慮なく言い合って、話すことが同じ家に住む意義だととも思います。

メーターを別にするくらいなら、そんな冷たい関係なら別棟にする方がよいかもしれません。

光熱費だけでなく、自治会費や町内の付き合い、その他色々な共用負担もあると思いますから、多めに出し合った中で支払っていく方が良いと思います。
    • good
    • 4

こんにちは。

完全分離の2世帯同居を始めて4年目です。
質問者様と同様に全てきっちり分けて生活してます。

設置にあたっての初期費用などの細かい金額は分かりませんが、設計の段階から完全分離で話を進めていたので、各種メーターや配電盤などもとてもきれいに仕上がりました。
オール電化なのでガスはありませんが、電気の配電盤は一階(親世帯)と2階(子世帯)の2カ所にあり、水道と電気のメーターは外壁に二つずつ並んで設置してあるので、検針の方もきちんと測ってそれぞれのポストに入れてくれてます。(ちなみに我家は玄関も別にしました)
インターネットのひかり回線もそれぞれが契約しているので専用の回線ルート(?)もそれぞれ設計から確保しました。

生活してみての感想としては、確かに各々をを基本料金から支払っているので同一回線よりは高いかもしれませんが、実際には住んでいる人間がそれぞれを支払うので「高い」という感覚は全くありません。
私(40代女)は実の両親との同居ですが、生活スタイルも家族構成も違う中での同居ですので、お互いに干渉することなく自由に生活できる今の状態にとても満足してます。
電気代などはそれぞれのスタイルに合ったプランで契約しているので、基本料金も使用料金も全然違う生活ですがお互いに比較をしないので全く知りません。

ご参考にしていただけたら嬉しいです^^
    • good
    • 3

料金支払いもですが、自立を言うのではないですか


複数世帯の設計では、今からもあり将来はもありますが
    • good
    • 7

こんにちわ!最近2世帯住宅を建てましたのでご参考までに。



概ね↓の回答者さんがおっしゃる通りですが一点注意点があります。
それはそれぞれの料金が単純な従量料金では無い、という事です。

具体的には、電気に関しては契約電力量(30Aとか40Aとか言うあれです)が大きくなるほど、基本料金が高くなります。
また、水道に関しては、使用量が多くなると、適用される単価が高くなります。
つまり、この2つは使えば使うほど割高になる性質があるので、基本料金が一軒分でいいというメリットを、有る程度喰ってしまう可能性があります。

一方、ガスは、基本的には、使えば使うほど安くなりますので、上記のような問題は発生しないと思います。

あと、↓の回答者さんがおっしゃっている、自家使用のメーターは、有料だと思います。(メーターは基本的には電力、ガス、水道業者の持ち物扱いなので、お金を取られないが、↓のようなケースでは工事代とメーター代を支払う必要がでてくる。)そんなに高いものではないでしょうが、そこも考慮した方が宜しいでしょう。

なお、小生は、電気=東京電力、ガス=東京ガス、水道=東京都水道局です。
質問者さんもご使用の会社の約款や料金表を確認してみては如何でしょうか。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養を外れるタイミングと確定申告

去年からフリーで仕事をし、収入を得ています。
去年の収入は70万円程だったので主人の扶養に入ったまま何もしていませんでした。今年は130万を越えそうなので、扶養から外れないといけないと思うのですが、何をしたらいいのか分かりません。

まず、扶養を外れるタイミングはいつどのようにしたらいいのでしょうか?また、今年はフリーの仕事を含め、3箇所で仕事をしていますが、そのうち一箇所は源泉徴収など、税金類が何も引かれていない状態でギャラをいただいています。この場合、確定申告をしないといけないと思うのですが、何も引かれていないという事は、追加で税金を払う事になるのでしょうか?

そして、今年いっぱいは勤務先で社会保険に入れないので、年金や地方税などもどうしたらいいのかさっぱり分かりません。

分からない事だらけで申し訳ございませんが、教えてください。

Aベストアンサー

>扶養を外れるタイミングはいつどのようにしたらいいのでしょうか…

何の扶養を外れたいのですか。
・税金?
・健康保険・年金?
・夫の給料?

税金は、あなたの今年 1年間の所得額が確定してから (確定しそうになってから)、夫が配偶者控除を取れるか取れないかが決まります。
年の初めや年の途中に、出たり入ったりするものではありませんし、事前に届けが必要なものでもありません。
夫がサラリーマンなら、11月ごろに、勤め先で『扶養控除等異動申告書』の提出を求められますから、そこにあなたの年末までの所得見込額を記入して提出します、
夫も自営業なら、来年の申告で、「配偶者控除」の欄にあなたの名前を書かないだけです。

健康保険・年金については、過去の実績でなく将来の見込額が判断基準です。
向こう 1年間に 130万円を超えそうに見通しになった時点で、アウトです。
夫の会社に速やかに申告しましょう。

夫の給料に含まれる「家族手当」あるいは「扶養手当」などのことでしたら、それはそれぞれの支払者が独自に決めることであり、税金のように全国統一された基準では決してありません。
夫の会社の指示に従ってください。

>去年の収入は70万円程だったので主人の扶養に入ったまま何もしていませんでした。今年は130万を越えそうなので…

俗に言う 103万とか 130万とかは、「給与収入」の話です。
「収入」と「所得」とは意味が違います。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

昨年の「収入は70万円程」が、本当に「配偶者控除」の対象になったのかどうか、ご確認下さい。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入で 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>そのうち一箇所は源泉徴収など、税金類が何も引かれていない状態でギャラをいただいています。この場合、確定申告をしないといけないと…

源泉徴収は、あくまでも仮の前払いに過ぎません。
源泉徴収されている分も含めて、すべての所得を確定申告しなければなりません。
確定申告によって、前払いした分は精算されます。

>今年いっぱいは勤務先で社会保険に入れないので、年金や地方税などもどうしたらいいのかさっぱり…

年金は「国民年金」、健保は「国民健康保険」に、それぞれ市町村役場で加入手続を取ります。
住民税は、本当に昨年分が申告不要の「所得」しかなかったのなら、今年は納める必要はありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養を外れるタイミングはいつどのようにしたらいいのでしょうか…

何の扶養を外れたいのですか。
・税金?
・健康保険・年金?
・夫の給料?

税金は、あなたの今年 1年間の所得額が確定してから (確定しそうになってから)、夫が配偶者控除を取れるか取れないかが決まります。
年の初めや年の途中に、出たり入ったりするものではありませんし、事前に届けが必要なものでもありません。
夫がサラリーマンなら、11月ごろに、勤め先で『扶養控除等異動申告書』の提出を求められますから、そこにあなたの...続きを読む

Q水道の口径変更による水圧と水量の影響について(新築・二世帯の2階部分)

平成20年5月に新築し、半年ほど経過した1階(親夫婦)と2階(息子夫婦+子供2人)の分離型二世帯住宅(玄関のみ共有、その他は全て別々)です。水道に関して、1階と2階別々の契約で生活しており、1階は13mmを単独で引いてます。2階については、公道から20mmで引き込んでおり、宅内は16mm。その間の水道メーターは20mmです。ランニングコスト削減のためにも、水道メーターを13mmに交換する事を検討していますが、水圧・水量はどの程度変わるものでしょうか?

2階部分には子供を含め4人が生活し、蛇口はキッチン(浄水器無し)・洗面台・トイレ(タンクレス)・トイレの手洗い・洗濯機(7キロ)・風呂のシャワー・風呂のカランで使用してます。現在は、20mmの給水装置で充分なほどの水量と水圧があります。

水道の給水装置の口径を下げる分には追加料金は発生しないらしいですが、一旦13mmに落とした口径を再度20mmに戻すとなると追加で差額分の加入金が掛かることを聞きましたので、慎重に考えたいと思い相談いたします。是非、宜しくお願い致します。

PS:お湯に関してはエコキュートを採用しており、特にお風呂でのシャワー(お湯)の水圧に大きな影響があると、不便で後悔するかな~と、思いますが、エコキュートについては、減圧弁により、圧力を下げている為、給水装置の口径には関係ないのでしょうか?

平成20年5月に新築し、半年ほど経過した1階(親夫婦)と2階(息子夫婦+子供2人)の分離型二世帯住宅(玄関のみ共有、その他は全て別々)です。水道に関して、1階と2階別々の契約で生活しており、1階は13mmを単独で引いてます。2階については、公道から20mmで引き込んでおり、宅内は16mm。その間の水道メーターは20mmです。ランニングコスト削減のためにも、水道メーターを13mmに交換する事を検討していますが、水圧・水量はどの程度変わるものでしょうか?

2階部分には子供を...続きを読む

Aベストアンサー

水道圧は自治体によって違うし、また同じ自治体であっても場所、昼夜によってかなり差がありますよ
2階ですのでよけい慎重に考えましょう
なんせ13mmの開口は20mmの半分以下ですから

まずは動水圧を調べてもらいましょう、若干の初期投資になりますが保険と思ってください
水道局に聞けば近くの指定工事店を紹介してくれます

動水圧が0.2MPaあればほぼ問題ありませんが、今までとは違った使用感になります
それは同時使用ですね
例えば、シャワーを使っている最中に洗濯機をまわし、台所で水を出し、トイレを流したりするとシャワーの圧力が落ちたり、蛇口によっては温度が変わったりもします

エコキュート内部の配管は15mmの配管を使っているのでそのものの影響はありません
ただ、上記の問題だけです

ちなみにかつて13mmでしたが
洗いものをしてても「誰かがトイレを使ったな」とわかります^^;

追記
万全を期すならば20mmのメーターのパッキンのところに13mmのオリフィス(口径を絞る)を付けます
擬似的に13mmにしちゃうわけです
1週間くらい試してみてはいかがでしょう?

水道圧は自治体によって違うし、また同じ自治体であっても場所、昼夜によってかなり差がありますよ
2階ですのでよけい慎重に考えましょう
なんせ13mmの開口は20mmの半分以下ですから

まずは動水圧を調べてもらいましょう、若干の初期投資になりますが保険と思ってください
水道局に聞けば近くの指定工事店を紹介してくれます

動水圧が0.2MPaあればほぼ問題ありませんが、今までとは違った使用感になります
それは同時使用ですね
例えば、シャワーを使っている最中に洗濯機をまわし、台所で水を出し...続きを読む

Q確定申告?と扶養を外れる方法

今年仕事を始めて年収が180万円くらいになりました。年収が確定されなかったので主人の扶養に入ったまま働いていましたので、今年は主人の会社に対しては扶養に入ったままの申請で、自分が源泉徴収票を持って確定申告に出向けばいいのでしょうか?また、来年は正社員になるため、1月に主人の会社に私の扶養を外すように申請して、自分の会社で社会保険に入ってもらえばいいでしょうか?会社には社会保険完備と言われています。そうすると主人の税金はかなり増えるのでしょうか?

Aベストアンサー

税と社保は別物で、相互に連動するものではありません。
ごちゃ混ぜにしないように。

まず税金について。

>今年仕事を始めて年収が180万円くらいになりました…

どんな仕事ですか。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>今年は主人の会社に対しては扶養に入ったまま…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>自分が源泉徴収票を持って確定申告に出向けばいいのでしょうか…

あなた自身の税金に関しては、確定申告でよいです。

夫の税金に関しては、夫の年末調整前に夫が会社へ『扶養控除等異動申告書』を提出。
もし、年末調整に間に合わなかったら、夫も確定申告。

>来年は正社員になるため・・・・・そうすると主人の税金はかなり増えるのでしょうか…

夫は、今年すでに「配偶者控除」も「配偶者特別控除」も取れませんので、所得税に関して来年が今年に比べて増税と言うことはありません。

住民税は翌年課税ですので、昨年が無職で今年の住民税で配偶者控除を取っていたのなら、来年の住民税は配偶者控除分だけ増税になります。
330,000円の 10%、つまり 33,000円の増税ですね。

---------------------------------------

次に社保について。

社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
細かい部分はそれぞれの会社、健保組合によって違います。
正確なことは夫の会社にお問い合わせください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

税と社保は別物で、相互に連動するものではありません。
ごちゃ混ぜにしないように。

まず税金について。

>今年仕事を始めて年収が180万円くらいになりました…

どんな仕事ですか。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>今年は主...続きを読む

Q新築は二世帯か単世帯か

長男2歳、2人目妊娠中の27歳女です。主人は農家の長男ですが会社員で、いずれは兼業農家です。私は外で働きます。(農業は嫌ではありませんが主人が母をみて土いじりしてほしくないと言います)
義実家(主人の実家)の敷地内で二世帯が良いのですが、どのように新築を建てるか悩んでいます。
家族構成は私達一家(4人+子供は後1人か2人欲しい)、義両親、義弟(28歳独身で2年以上ニート彼女作る気なし)の7人~9人家族になる予定です。
主人の両親はとても穏やかで、姑はお嫁さん時代に散々姑に理不尽ないじめを受けたらしく、私に対して「仲良くしたい」と言ってくれて、結婚してから3年、息子の世話から何から、感謝しきれないくらい良くしてもらってます。
結婚前は私に気遣って「母屋の隣か300メートル離れた敷地に家を建ててもいいよ」と言っていました。が、60歳の姑は本当は同居したそう。

新居を建てるにあたって皆意見が違うので話が進まず困っています。本来なら2人目が生まれる前に建ちあがって欲しかったのですが無理そうです。
皆の意見は次の通りです。義両親はお金がないので(亡き祖母により)ローンは全て主人と私が支払っていきます。

1(主人)・母屋の隣に単世帯か、二階建でキッチンやお風呂も別の上下に完全二世帯。2でもいいけど。
2(姑と私)・二階建で1階は義家族エリア、2階は私達家族エリア、キッチンは1階のみで食事や団らん普段は一緒に。おそらく子供達は姑べったりになってキッチンを分けても姑の方に行き、私はかえって気を遣いそうだからです。
3(舅70代)・隣に単世帯。自分は母屋に残る「もう先が短いから心配しないで自分たちだけで隣に住みな」とニコニコ言う。

茨城に住んでるのですが、先日の震災で母屋は瓦が飛び、壁はヒビが入りまくり、隙間ができ、古いので寒い。ある程度直したけど次はもたないかも。
舅は知人の工務店をやたら勧めてきますが、主人や姑はその工務店で建てた家はことごとく瓦が飛んだので嫌がってます。
たぶん単世帯を建てる方が話が進みやすいです。
でもそれだと、新しい暖かい家に住みたい。お友達を自分の部屋に呼びたいと言う姑がふびんでなりません。姑は舅を1人で母屋に残せません。
母屋に光熱費を使うくらいならその分をローン返済に協力してもらいたいと考えています。
ちなみに、主人は2階に義弟を1歩も入れない(笑)、早く出て行くようしたいようです。主人は何でも私の味方です。

長くなりましたが、舅は降りにくいようで、みなさんだったら単世帯、ごり押しで二世帯どちらにしますか?
また、舅の立場の方、そんなに母屋が良いものですか?私の実父は母屋を離れたくないが為に寝たきりの母をおいて長男夫婦は敷地内どころか隣の市に家を建ててしまいました。
多くの人の意見を聞きたいので回答よろしくお願いします。

長男2歳、2人目妊娠中の27歳女です。主人は農家の長男ですが会社員で、いずれは兼業農家です。私は外で働きます。(農業は嫌ではありませんが主人が母をみて土いじりしてほしくないと言います)
義実家(主人の実家)の敷地内で二世帯が良いのですが、どのように新築を建てるか悩んでいます。
家族構成は私達一家(4人+子供は後1人か2人欲しい)、義両親、義弟(28歳独身で2年以上ニート彼女作る気なし)の7人~9人家族になる予定です。
主人の両親はとても穏やかで、姑はお嫁さん時代に散々姑に理不尽な...続きを読む

Aベストアンサー

(5)の蛇足です。
質問、条件情報不足で見当違いに取られているようですが・・・m(__)m

・・・自己消費稲作程度の同様の次世代からの相談よくあるケースで生活実態をよく拝見してる自己提案テーマ余剰で(^^・・・

極論すれば、(弟さん将来問題は棚上げの、過程として)
旧母屋⇒別棟平屋・旧家族世帯新築と、次世代単世帯新築とで庭空間を共有して望める回廊を抱擁した両方新築構想。
農作業機具含めた物置は棟別にあるはず。若干手をくわえ荷物整理利用できる敷地余裕はあるのでしょうから。

極論、両親・弟家族世帯は、2Kの平屋で十分。そちらは過程として時間がずれてもいいのでは?

断熱性能・設備性能が格段差の新築改築提案には老人世代は折れやすい(^^

(弟さんが片づかない分、旧世代のキッチンは簡便化はまだ出来ないでしょうが、将来段階は必然的に添付写真のような方向に向かうのではと、勝手論m(__)m)

Q世帯分離した場合の確定申告の所得税と市県民税の扶養控除について教えて下さい

現在ABCの3人が同一世帯で同居、以下現状です。
A(65歳)→現世帯主、Cの娘婿でBと婚姻時にC夫婦(C夫はその後死亡)と養子縁組している
     老齢厚生年金の他に自営収入があるので確定申告している
B(60歳)→Aの妻、自営のため確定申告している、実際Cの世話はBがしている、
     Cを扶養控除対象者にしている。
     所得税・市県民税共に①同居老親扶養控除 ②同居特別障害者控除
C(85歳)→Bの実母、Bの扶養に入っている、老齢基礎年金受給、身体障害者(第2種4級)

AB婚姻時にBの実両親であるC夫婦とAの養子縁組をした。
当時は二世代同居だが別世帯にし、C夫死亡後にCを世帯合併(A世帯主の世帯に転入)したと思うが記憶が定かではない。


少々事情があり同居のままでAB夫婦とCの世帯分離を考えています。
その場合、Cが世帯主Aの世帯から転出しCが世帯主となる世帯を新たに作ることになると思います。
現在Cは世帯主AではなくBの所得税確定申告の同居老親の扶養控除対象者になっていますが世帯分離後はこの扱いはどうなるでしょうか?

世帯の在り方と税法による扶養控除の規定とは無関係なので扶養は可能という意見を目にします。
またその際に「税務署の判断は・・・」などというのが多いのでこの場合の税法とは一般的には所得税法のことのように思えます。
しかし住民票など世帯に関する行政は地方行政なので地方税である市県民税の判断はまた別なのでしょうか?

所得税・市県民税の扶養控除適応の可否は確定申告時の届出によって国税で受理されそのまま地方税に受け継がれるのか、あるいは地方は地方(市役所)で新たな判断が下されるのか調べてみてもよくわかりません。
お詳しい方、教えて下さい。

質問ポイントは整理すると下記の通りです
上記現状を踏まえて
*同居(同住所)のまま世帯分離したとしてBはCをこれまで通り同居老親としての扶養控除対象者とできるのか?
*同住所でも世帯を分ければ同居ではなく非同居の扶養対象者となるのか?
*あるいは扶養をすべて否認されるのか?
*所得税は?市県民税は?

以上、よろしくお願いします。

現在ABCの3人が同一世帯で同居、以下現状です。
A(65歳)→現世帯主、Cの娘婿でBと婚姻時にC夫婦(C夫はその後死亡)と養子縁組している
     老齢厚生年金の他に自営収入があるので確定申告している
B(60歳)→Aの妻、自営のため確定申告している、実際Cの世話はBがしている、
     Cを扶養控除対象者にしている。
     所得税・市県民税共に①同居老親扶養控除 ②同居特別障害者控除
C(85歳)→Bの実母、Bの扶養に入っている、老齢基礎年金受給、身体障害者(第2種4級)

AB婚姻...続きを読む

Aベストアンサー

税法における「控除対象扶養親族」の考え方は、国税も地方税も同じです。
同じというよりも、地方税法は所得税法に準じてるというのが正しいです。

所得税法にも地方税法にも「控除対象扶養親族」「控除対象配偶者」が所得控除として認められてますが、その要件は、所得税法第2条に規定されてます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~抜粋~~~~~~~~~~~~~~~
控除対象配偶者
 居住者の配偶者でその居住者と生計を一にするもののうち、合計所得金額が三十八万円以下である者をいう。

控除対象配偶者 
居住者の配偶者でその居住者と生計を一にするもののうち、合計所得金額が三十八万円以下である者をいう。

控除対象扶養親族
 扶養親族のうち、年齢十六歳以上の者をいう。

特定扶養親族
 控除対象扶養親族のうち、年齢十九歳以上二十三歳未満の者をいう。

老人扶養親族
 控除対象扶養親族のうち、年齢七十歳以上の者をいう。

~~~~~~~~~~~~~~条文抜粋終わり~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題になるのは「生計を一つにしてるとは、なんぞや」ですが、
~~~~~引用、国税庁タックスアンサーより~~~~~~
「生計を一にする」とは、必ずしも同居を要件とするものではありません。例えば、勤務、修学、療養費等の都合上別居している場合であっても、余暇には起居を共にすることを常例としている場合や、常に生活費、学資金、療養費等の送金が行われている場合には、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。
 なお、親族が同一の家屋に起居している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。
~~~~~~~~~引用終わり~~~~~~~~~~~~~~

と回答がされてます。
別居でも生計を一にしてるとして、控除対象扶養親族や控除対象配偶者にしてもいいよと言ってるわけです。

さて、ご質問については、非常に多くのかたが悩まれ、相談して「本当にそれでいいのか」と言われるものです。
世帯が違っても良いか?という質問です。
上記の法令及びタックスアンサー(元は所得税法基本通達)を読む限り、世帯はまったく関係ありません。
世帯分離しても同じ屋根の下で暮らしていれば「生計を一にしていると取り扱ってよい」と、なんと国税庁長官が言ってるのです。

地方税の規定は国税の規定に準拠してます。
滞納税金の徴収規定などは、突き詰めると「国税徴収法の例による」となってます。

よく「税務署員によって判断が違う」と言われるのは、私は「よく知らない税務署員が誤った判断を伝えてるだけ」と思うのです。
地方税職員は失礼ながら税務署員と同じだけの教育を受けてませんので、もう「誤った判断を口にする」などありえることです。

控除対象扶養親族や控除対象配偶者の判断については、世帯はまったく無関係で判断します。
たったそれだけの事です。
しかし「世帯が同じでないといかんぞ」「別世帯だとあかん」など誤った情報が流出して、悩みを抱える方が出るのも事実です。

もう、控除対象扶養親族の話をしてるときに「世帯が」と言いだしたら「信じたらあかんぞ」と思うのが正解です。実は失礼ながらご質問文内で世帯という用語が出てるのを見た時から「これは、難儀な質問だな」と感じて回答をしてます。
なにが難儀かというと「世帯って無関係」ということを納得させるのが難しいからです。
「だって、世間では、世帯がどうの別世帯だとどうのこうのって言ってるじゃん。どうして無関係なんだ」と思われる方だった場合には説得しなくてはいけません。「あなたどこかで間違ったことを教わって信じ込んでるから。てっぺんから違うから」という失礼無礼千万な言い方をするしかなくなるからです。


結婚すると世帯が別になります。親と暮らしてた娘が結婚すると別世帯(ほとんどは夫が世帯主になる)になります。それでも、サザエさん家みたいに同居してるとします。
すると、サザエさんの子であるタラちゃんは、波平さんが控除対象扶養親族にできるのです。
世帯は無関係で「生計を一にしてるから」です(※)。


他にも「それって違うから」という例は「医療費控除」についてが多いです。
「一緒に生活してる者で税法での控除対象扶養親族になってる人の分の医療費を支払ったら医療費控除が受けられる」という一文を見たことがあります。
それって違うから、と口に出てしまいました。
医療費控除を受けるさいには、同居の親族の医療費を支払ってるのが条件ですから、その親族が自分の控除対象扶養親族であるかないかは「無関係」だからです。

なにが言いたいのかというと「ネットなどで誤った情報が流れて、相当多くの人が誤った税知識に振り回されている」です。

とりあえず「世帯」が関係するのは国民健康保険税です。世帯主が父親でサラリーマンでも、息子が独身で自営業ですと、息子の収入に応じての国民健康保険税の通知は「父親」あてにきます。
国民健康保険税は「世帯課税」だからです。
世帯課税なので「誰に通知を送ろうか。そうだ!世帯主に送ろう」となっているだけの話です。

「税」で、世帯が関係するのは、私が知ってるかぎりは国民健康保険税だけです。

ですから所得税確定申告書に世帯主を記入する欄があるのが、なぜか不明です。
所得税法の課税要件に世帯という概念はないので、要らないと思うんですが、未だに欄があります。
七不思議の一つです。


サザエさん家の家計負担はわかりませんので、本当は生計は別なのかもしれません。
テレビで見るかぎり「いつも一緒にご飯を食べてる」ので生計が一ということで良いのでしょう。
それと、現税法ではタラちゃんは控除対象扶養親族にはできません。かっては乳幼児が控除対象扶養親族になりましたが、法改正で一定年齢までは政府が親に手当を出すので、控除対象扶養親族にできないとなりました。

税法における「控除対象扶養親族」の考え方は、国税も地方税も同じです。
同じというよりも、地方税法は所得税法に準じてるというのが正しいです。

所得税法にも地方税法にも「控除対象扶養親族」「控除対象配偶者」が所得控除として認められてますが、その要件は、所得税法第2条に規定されてます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~抜粋~~~~~~~~~~~~~~~
控除対象配偶者
 居住者の配偶者でその居住者と生計を一にするもののうち、合計所得金額が三十八万円以下である者をいう。

控除...続きを読む

Q新築二世帯を購入します。

新築二世帯を購入します。

私の両親と私と主人とで購入するのですが、登記簿の名義について質問です。

両親も資金を出すので、父親と主人の名義で登録するつもりです。

そこで、ふと疑問に思ったのですが父親・母親が亡くなった後、遺言等なければ登記簿に名前が載っている以上その家は、残りの子供(姉妹)の財産分与の対象になるのでしょうか?

私が心配なのは、多額のローンを組むので両親が亡くなった後、必死で返済してきた家を姉妹と分けるのは納得いきません。

そうならない様にするにはどうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

私もかつて二世帯住宅を建てました。

登記は
土地は母2分の1・私2分の1
建物は父2分の1・私達夫婦2分の1としました。
住宅ローンは建物の半分(私達の分)程度しか組めませんでした。

そして24年が経ち、昨年両親の持ち分を贈与して貰いました。
建物の価値は贈与税の対象にもならず、土地の分も相続時精算制度を使えました。

相続で揉めるのが嫌だったのと、両親が高齢になり認知症もあって意志確認ができるギリギリのタイミングでした。
そしてその数ヶ月後に父は突然旅立ってしまいました。

その経験からの考えですが、
土地は全てご主人が所有者となり、
建物を半分お父様に持って頂くというのは如何でしょうか?

ご両親も全く持ち分が無いのも不安だと思いますし、
建物の価値は年数と共に減って行くので、将来贈与して貰えば良いと思います。

ただ・・これも問題がひとつあります。
ご夫婦がずっと円満で有る事が大切です。
土地と建物の所有者の血縁が無いので万が一揉めたときに厄介です。

Q(確定申告)世帯分離ですが扶養控除できますか

タイトルの通りですが 同居している両親とは世帯を別にしてます。
両親は国民年金のみなので生活費などほとんどを私が面倒みてます。
この場合私の確定申告(白色です)の際、 この両親も扶養控除に記入しても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

>両親とは世帯を別にしてます…

住民票が別という意味ですか。

>この両親も扶養控除に記入しても…

扶養控除の要件に、住民票上の同一世帯に限るという文言はありません。

>両親は国民年金のみなので生活費などほとんどを私が面倒…

あと、他の者の控除対象扶養者、控除対象配偶者になっていないこと、事業専従者にもなっていないことなどの要件も満たすなら、特に問題はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q現在、新築二世帯住宅を検討中です。土地から購入し、夫婦2人と私の両親と

現在、新築二世帯住宅を検討中です。土地から購入し、夫婦2人と私の両親とで住む予定です。

建築会社・土地を探しています。

希望の予算で環境も良く良い土地が見つかったのですが、建築条件が付いていました。もちろんこの建設会社で・・と言う指定があったのですが、そこの建築会社を調べたら、2年くらいの歴史しかなく、関連会社?は、倒産しているようです。口コミもあまり良いものはないです。

しかし場所はかなり良く気に入っています。

希望の地域は、土地がほとんど出てこず、あきらめていました。

こういう経験された方、いらっしゃいますか?
どうされましたか?

また経験ない方でも、みなさんならどうしますか?あきらめますか?

Aベストアンサー

建築条件をはずす交渉も可能な場合もあります。

建築条件付きというのは、土地代では利益が出ないので、建築代で利益を稼ごうとするものです。
従って、どうしても欲しければ土地代を上乗せして払うから、土地だけ売ってくれ、と言えば乗ってくるかもしれません。
何もせずに諦めるならダメモトで言ってみるのも手です。

Q学生アルバイトの確定申告と扶養控除

すいません、困っているので教えていただけると幸いです。私は学生アルバイターで昨年の年収は144万円でした。アルバイト先は一箇所で、毎月所得税を源泉徴収されています。また、私は母子家庭で祖父(年金生活者)の扶養に入っているようです。
このような現状でいくつか質問があります。
(1)このまま確定申告をしなければ、祖父の扶養から外れる事はないのでしょうか?それとも、確定申告をするしないに拘わらず自動的に扶養から外れるのでしょうか?
(2)また、健康保険に関してなのですが、現在私は母と同じ保険証に記載されているのですが、こちらも確定申告をすると自分で保険料の支払いが必要になるのでしょうか?それとも、確定申告の有無に拘わらず自動的に外れてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)通常は確定申告をしなくとも、アルバイト先から住所地の役所に書類(源泉徴収票と同じもの)が提出されるので自動的に扶養からはずれますが、この場合税務署から呼び出しを受ける(おじいさん)と加算税が課せられたりしますので、両方ともきちんと確定申告をしたほうがいいと思います。

(2)お母さんの健康保険の種類によります。
・国保の場合
 質問者さんの所得によって加算される(保険料が高くなる)分が出てきます。
・社会保険の場合
 社会保険の扶養は年収130万円以下ですが、予定外に少しだけ超えてしまっただけで、今後は130万円以下となる見込みであればそのままでも大丈夫だと思います。詳しくはお母さんの勤め先に確認してください。(扶養からはずれる場合は自分で国民健康保険に加入しなければなりませせ。)

Qリフォームして二件を一件にした時の、電気ガス水道の料金について

子供が増えて部屋が手狭になった為、隣室が空き次第、一部壁を壊してつなげたいと思っています。
夫の親所有のマンションです。
その場合、今のままだとメーターは別々なので、電気ガス水道の支払いは基本料金も別々のままですよね?
メーターをひとつにするのも可能なんでしょうか?
何か他にいい案はありますか?
よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

”基本料金が2重になるから1つにした方が安い” とは限りません
 額は大したことありませんが、2つの方が安い場合がある。

水道料金
 使用量が多くなるほど単価が高くなるため、多く使う場合分けた方が安い
 例えば私の市では、2ヶ月 70m3 10,500円ですが、35m3*2 だと 4、515*2=9,030です。 基本料金込み
 基本使用量の20m3以下ならもちろんひとつが得。 市によって違う。

電気料金
 これも従量電灯だと水道料金と同じように使うほど単価が高くなりますので、同じことが言えます。
 使用量に寄って違います。 多いと可能性大。 電力会社に寄っても違います
 例えば 月460kw 10,785円  230kw*2 4,894*2=9,788円
 時間帯やオール電化の料金なら、一つが得

 ガスは知らない



 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング