こんにちは

未使用の収入印紙を金券ショップ等で売却しようと考えているのですが、
サイトによって『1万円の収入印紙は偽造の可能性があるため買い取れません』など
書かれている場合があるのですが、実際のところどうなんでしょうか?

収入印紙の金額によって売れる/売れないがあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

旧デザインの収入印紙は殆んどの店で買取ってくれませんが、偽造防止が強化された新デザインのものは金額にかかわらず買取ってくれます。


もしくは、郵便局で小口印紙に交換(元の印紙一枚につき5円の手数料)して 売ることもできます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

調べたら自分のは新デザインでした。
今度売ってきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/26 19:59

各金券ショップの判断になるのではないでしょうか。


高額で買い取れないのなら、郵便局で手数料を払って200円程度の収入印紙にして金券ショップにもちこんでみてはいかがですか?

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/question/96.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

小額に変更などもできるんですね。
そんなことも知りませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/26 20:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不要になった収入印紙

以前は時々仕事で使っていたので、収入印紙をまとめて買っていましたが、今は不要になりました。
総額5千円分くらいの収入印紙があるので勿体なく思っていますが、これは郵便局で現金と変えてもらうことは出来ませんよね?
出来ない場合、どういう使い道、どういう換金方法があるかご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

金券ショップにもっていくと、90%くらいで引き取ってくれます。
また、税務署に持参して、間違って買ってしまった、ということで申請すれば、返金される(現金ではなく口座振込み)ようです。

Q収入印紙の売買・譲渡について

収入印紙は、郵便局や金券ショップなどで購入できると思うのですが、収入印紙を販売するには何か許可が必要なのでしょうか?中小企業で、常にではなく求められれば印紙を売っても大丈夫ですか?郵便局で買ったものは非課税で、金券ショップで購入したものは課税処理と聞いたのですが、中小企業が販売した時も課税処理になるのでしょうか?以下、当社の処理です。


・郵便局で印紙を購入・・・継続的に経費処理してます(期末に貯蔵品へ振り替え)

租税公課/現金

・第三者に印紙を販売

現金/租税公課

・第三者に印紙を譲渡

仕訳なし 受け払い簿上の印紙枚数を減らす

Aベストアンサー

 郵便切手類販売所・印紙売りさばき所の看板を出し
直接 郵便事業会社から、おろしてもらうのは許可要りますが、
一般納税者として、普通に郵便局で購入したものを
譲渡販売するのは、自由ですので、許認可不要です。

課税処理です。まー額面販売でしょうから、
資産総額は変動無しですが\(^^;)...

Q収入印紙の売却について。税務調査など。

収入印紙の売却について。税務調査など。

ちょっとした、疑問がわきましたので質問させて頂きます。m(_ _)m

印紙を売却しようとすると、ディスカウントストアで、身分証明証の提出が求められると思います。
こういった情報は、第一に、印紙偽造や不備(破損など)があった場合に、連絡をとるためのものとは、理解ができます。

一方、企業などでは、印紙の管理がずさんな所もあり、横領(従業員が印紙を盗んで、売却)するところもあると思います。
こういった点から、税務署が、
ディウカントストアから、売却主の一覧をデータとしてもらい、横領が発覚するといったことはあるのでしょうか?

ただ、上記のような状況では、一般的に高額(百万とか1千万とか)の印紙を売買することは難しく(財務諸表上、比率的におかしいのですぐに発覚する)、小額(百万以下)とかの単位だと思われますが、そのような額であれば、税務署は、指摘するコストパフォーマンスにあわないようにも感じます。
例えば、百万に法人税率の30%をかければ=30万ですが、30万の税額が増えたところで、税収増につながらないと思います。

内部統制の観点からも、本来は、企業で印紙の管理をきっちりと行うべきだと思います。
税務署の実態や、そのほかに考えられることを教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

収入印紙の売却について。税務調査など。

ちょっとした、疑問がわきましたので質問させて頂きます。m(_ _)m

印紙を売却しようとすると、ディスカウントストアで、身分証明証の提出が求められると思います。
こういった情報は、第一に、印紙偽造や不備(破損など)があった場合に、連絡をとるためのものとは、理解ができます。

一方、企業などでは、印紙の管理がずさんな所もあり、横領(従業員が印紙を盗んで、売却)するところもあると思います。
こういった点から、税務署が、
ディウカントストアから、売却...続きを読む

Aベストアンサー

「30万の税額が増えたところで、税収増につながらないと思います。」とありますが、30万円の追徴額がでるなら充分調査対象になると思います。
ご質問者のお聞きになりたいのは、チケットセンターで高額の売込みをした客のデータから、収入印紙を売った代金を裏金にしてる業者のあぶり出しがされることもありうるが、税務調査でそこまでやってるかどうかですね。
税務署(税務調査でしょうね)の実態は、現役OBともに守秘義務があるので、ネットで回答は期待できないでしょう。
無関係者の適当かつ知ったかぶりの回答がされるでしょうけど。
「横領が発覚する」とありますが、徴税コストの問題ではなく管轄が違うので印紙の横領犯は税務署では摘発できません。

Q未使用収入印紙について

 未使用の収入印紙は税務署で還付してもらうことは可能でしょうか。領収書などで使おうと用意していた200円の収入印紙が結構あります。切手ならいろいろ使えるし、郵便局で手数料を払えば種類変更もできますが、使わなくなってしまった収入印紙はやはり金券ショップなどでの換金以外現金化は無理なんでしょうか。

 

Aベストアンサー

以前使用済みというか、私の手違いで約束手形を作成し200円の印紙を貼り割印した後、金額を誤記しているのに気づきました。
税務署に何かの用事で行った際還付できないか聞いたら書類を色々書かされ、手形を提出し、1ヶ月位して銀行振込で還付されました。
振込手数料も引かれることもなく200円入金されていました。
未使用という事ですから還付できるんではないでしょうか。

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q印紙売却の消費税について教えて下さい

会社で経理を担当している者です。

貯蔵品計上してある印紙を他社に売却する事となったのですが、
課税扱いとなることは知っているのですが、
実際には仕訳をどのようにしたら良いか判らず悩んでいます。

売る側の会社と買う側の会社、両方の経理仕訳を教えて下さい。

印紙額面は合計100,000円で、郵便局から購入し貯蔵品に計上してあります。
購入する側でも貯蔵品として扱う場合
下記の様になるのかな。と思っていますが自信が有りません。
間違っていますでしょうか?

宜しくお願いします。


【売却側】
現金 105,000    / 貯蔵品 100,000
            / 仮受消費税 5,000

【購入側】
貯蔵品 100,000   / 現金 105,000
仮払消費税 5,000

Aベストアンサー

A.郵便局から収入印紙額面10万円分を購入したとき:
〔借方〕貯蔵品100,000/〔貸方〕現金100,000

B.この収入印紙額面10万円分を他社へ10万円で売却したとき:
〔借方〕現金 100,000/〔貸方〕貯蔵品 95,239
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税 4,761
〔借方〕雑損失 4,534/〔貸方〕貯蔵品 4,761
〔借方〕仮払消費税 227/

C.この収入印紙額面10万円分を他社へ105,000円で売却したとき:
〔借方〕現金 105,000/〔貸方〕貯蔵品 100,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税 5,000

b。この収入印紙額面10万円分を他社へ10万円で売却したときの他社の仕訳:
〔借方〕貯蔵品 95,239/〔貸方〕現金 100,000
〔借方〕仮払消費税 4,761/

c。この収入印紙額面10万円分を他社へ105,000円で売却したときの他社の仕訳:
〔借方〕貯蔵品 100,000/〔貸方〕現金 105,000
〔借方〕仮払消費税 5,000/

Q郵便切手類を販売し、及び印紙を売りさばく者になりたいです。

切手販売をしたいと考えています。私自身、営利法人の代表をしていますが、法律を見ると営利法人は委託を受けることが出来ないと読めます。私が経営している施設で切手を販売したいと考えています。故人で委託を受けたらいいのでしょうか?どうしたらなれるでしょうか?

Aベストアンサー

元・郵便局員です。

募集がある場合は、管内の集配事務を取り扱う郵便局および募集地域の近くの配達を行わない郵便局等で、その旨を掲示し、受託者を募ります。

その後、他の方が回答されている通り、総務大臣の認可を受けて定める基準に従って一定の資力と信用を有する者であるか等々、日本郵政公社の審査を受け、日本郵政公社が業務を委託します。
現在は、#1様の参考URLのころから法律が改正されております。

一般的に、法人であっても、その代表者やそれに準ずる者(個人)が受託者となるケースも少なくないようです。

Q収入印紙を売ったときの勘定科目

個人営業の店ですが、仕入れ業者から領収証を受け取る際、3万円以上だったので収入印紙を貼っといてといわれて、200円受け取りました。
で、うちの店にあった収入印紙を貼ったのですが、この200円は収入印紙を売った「売上」でよいのでしょうか?
収入印紙を購入するときは「租税公課」としてますが・・。

Aベストアンサー

>収入印紙を購入するときは「租税公課」としてますが・・。

「租税公課/200円」=「現金/200円」で戻し入れすればいいです。

Q収入印紙の交換

収入印紙について教えてください。

本日、夫に頼まれて
130万円の領収書に貼る収入印紙を2000円で購入しました。
急ぐとの事だったので
ネットで金額を確認し、近所の郵便局で購入したのですが
必要だったのは400円の収入印紙で
読み間違い&買い間違いをしてしまいました。

手元に残しておいても
2000円の収入印紙が後で役立つ機会はないと思いますので
葉書や切手と交換を郵便局にお願いしたのですが
収入印紙は収入印紙とでしか交換できないとの事

収入印紙が必要になることは
これからの日々にたぶんないと思われるので
他のものと交換
あるいは寄付のような形で役立てる等の方法がありましたら
教えていただけますでしょうか

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 郵便局で他の額面の収入印紙と交換できます。たしかに一般家庭で2000円の収入印紙を置いておいても使い道はほとんどないかもしれません。200円や400円の収入印紙数枚に交換しておけば、まだ使いみちはあることでしょう。
 または周囲に会社で(経理)事務をしている人がいれば少し安くしてでも買い取ってもらう。2000円程度なら会社でよく使用します。

(高額の収入紙を間違って貼った場合、税務署で続きして過納付分を返還してもらったことはありますが、未使用の収入印紙を税務署にもっていって後日返金してもらえるかは自信がありません。また、No.2さんの言われるように、買った郵便局でまずは返品できないかお聞きになってください)

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報