【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

油を水で希釈して使用するのですが、無水エタノールに油を溶かして水に入れればよいでしょうか?
溶かす比率は、油を1000倍に希釈するそうです。

体にもかかるもののため、安全なもので教えて頂きたいのです。
(できれば比率も)

具体的には、「ひば油」というものを水で希釈して使用するのですが、
「ひば油」の成分、ヒノキチオールというものは多少水に溶け込むそうです。
多少でなく、完全に溶かし込みたいと思っています。
よろしくご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

油を溶かす方法はいくつかあります。


超音波による微小粒子への分散や高温の水蒸気抽出による分散などです。
しかし、どれも水中の油分は長期間安定しません。
なぜなら、No.4の方の回答にあるように、水と油は溶け合わないのが
本来の形であるからです。
安定させるためには乳化剤(界面活性剤)が必要なのです。
理論的に言えば、水は水と接している方が熱力学的に安定であり、これは
分散することにより安定化するエントロピーエネルギーよりも大きいのです。
分散した状態で安定化させるには表面張力を下げるしかありません。

以下に水溶性の比婆オイルを売っていました。
多分、周波数の短い超音波によって分散したものに、何らかの界面活性剤を
加えているのだと思います。
http://www.47club.jp/shop/g/g10020345/

さて、レシチンなどの界面活性剤とセッケンなどの界面活性剤は全く別物だと
考えておられますか?
化学的には同一物です。細胞膜の脂肪酸に与えるダメージは同じなのです。

もし、なっとくが頂けたらNo.1、No.2の方に謝罪の一文があれば幸いです。
    • good
    • 25

水と油を混ぜようとしても混ざりあわず二層に分かれます。


でも完全に分かれるのではなく、実際には、
水の層には油が、油の層にも水が、ほんのわずかですが溶けてます。
溶ける量は油の種類によりますが、
1000倍に希釈するのであれば、界面活性剤を使わずとも溶け切るかもしれません。
念のため溶解度を確認してください。
0.001g/g、0.1%、100ppm以上であれば溶けます。

ただし、溶かしきるまで時間をかなり要する可能性が考えられますので、
効率的に溶かすため、激しく攪拌したり、界面活性剤を用いたりしたほうがよいかもしれません。
    • good
    • 2

「完全に溶かし込みたい」


「溶ける」という言葉を適当に使っているなら、「溶ける」かもしれないが、適当ではなく使うのであれば、ふつう、油は水には溶けません。「水と油」というくらいだから、水には溶けないのが油です。

「混ぜる」というなら、混ぜることはできます。その1つは、すでに回答にあるように、界面活性剤を使うことです。これは、「溶かす」のではなく、「分散させる」ものです。

どうしても「溶かしたい」というならあきらめましよう。自然はそのようにできていないのだから。

#1の回答は、「適当な」回答なんかではありません。まったく、正当・妥当な回答でしょう。化粧品だろうが、食用だろうがそれに使える界面活性剤はたくさんあります。調べてみたらどうでしょう。

「比率」も、やってみて自分が納得するのがいいと思います。

2つめは、強引に分散させることです。それによく使われるのは、超音波撹拌です。そのための機器も市販されています。これも調べてみましょう。ただ、界面活性剤を使うより安定性が劣ることがあるかもしれません。

いずれも「溶ける」のではなく、「分散させる」ものだから、分散させる量にもよりますが、できたものはふつうきれいな透明にはなりません。まあ、牛乳とかマヨネーズのようなものでしよう。「乳化剤」(界面活性剤のことです)を使って「乳化」するといいますからね。
1000倍の希釈なら、ほぼ透明なものが得られるでしょう。

この回答への補足

もちろん、化合でなく混合です。
調べたらどうですかという事ですが、界面活性剤を調べるための質問なのですけど。
やってみるのが一番だとは分かっていますが、それを経験上知っている方に質問している訳です。
1:1000ですから、超音波撹拌などしなくても
普通に撹拌で混ざるとは思いますが、
使う時に混ざるではなく、常に混ざってほしいのです。

補足日時:2011/06/27 22:12
    • good
    • 1

洗剤や石鹸、卵の黄身(レシチン)など、界面活性剤ですね。


体にかかるのであれば石鹸がいいかな、分量ははっきりとはわかりませんが、1:1000ということなのでごく微量でしょう。石鹸液を作っておいて、攪拌しながら滴下してやればいいでしょう。

詳しくは界面活性剤を検索すればそのメカニズムもわかりますよ。

この回答への補足

ありがとうございます。
入荷させるのに、黄身がいい事は知っておりましたが、保存的にどうかと思いまして、他に何かないでしょうか?
洗剤系は濃度によって皮膚等の影響を考えてしまいますので、ごく微量とは、1:1000:?ぐらいだと思われますでしょうか?

補足日時:2011/06/27 22:07
    • good
    • 0

だから界面活性剤がないと水に油は溶けませんよ。



界面活性剤は、ごく普通にどの化粧品にも使われていますし

この回答への補足

だから界面活性剤ぐらいはわかります。
身近で安全なもので比率をどれくらいにして・・・・・・・・と知りたいので質問したのです。

補足日時:2011/06/27 22:03
    • good
    • 1

 海面活性剤(具体的には石けんとか洗剤)を使えば簡単ニャ。

この回答への補足

だから適当な書き込みはご遠慮ください。
肌・口にも使うものなので(消毒用アルコールとか)そのままでも安全なものを

補足日時:2011/06/27 19:24
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由研究

自由研究で水と油が混ざらないように、油同士も混ざらないのかという研究をしました。
その結果、勢いよくそそぐと層ができませんでした。
しかし、ろ過のようにコップの縁からゆっくりとそそぐと綺麗な層ができました。
この考察について考えないといけないのですが、水の密度が関係している程度しかわかりません。
中学一年なのでわかりやすくまとめて、回答頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まず、その油同士を一生懸命混ぜたら、いくら放置しても、もう元には戻らないことを確認してください。
 ちなみに、サラダドレッシングで、どんなに振って混ぜても、酢と油は離れますね。どんなに混ぜても、放置すれば分離します。

 そういうことなんですよ。しかし、混ざらないのはそれだけではありません。

 常温の蜂蜜の瓶に水を注いでも混ざりません。でも、蜂蜜を加熱したり、水を混ぜて(蜂蜜と水は同一の性質で混ざる)、ゆるくしていけばどうでしょうか。

 極端にして1の蜂蜜を水で100倍に薄めた蜂蜜(水)なら、水と簡単に混ざります。常温のもともとの蜂蜜とは、現象的にすごく違います。
 でも、もともとの蜂蜜だって、加熱すれば、そして時間をかければ混ざるし、混ざったら分かれないのです。だから上記のことができる。それは実験で確かめることもできるし、今は少なくなりましたが、水ベースで蜂蜜を添加している飲料だって同じこと。でなければ、安定した蜂蜜飲料など作れません。

 対照実験として提案しておきましょう。沸騰した水にできるだけ濃厚に塩を解かします。その中に小さいものを糸で吊るしておきます。うまくいけば、塩の結晶が作れます。
 しかし、砂糖では同じことはできません。解かす段階で、砂糖はいくらでも解け、水はねばねばになっていきます。塩と同様の要領で決勝を作ることもできません。

 疑問に思っておられるのは、水と油から発展して、水と何が、ですが、さらには水を介して何が混ざり合うかと言うこと。そうして、「混ざらない」にもいろいろあるんだ、ということを結論としてもいいのではないかと思います。まあ、水には面白い性質いっぱいなので、研究が終わっても止まらなければ、いろんなことが分かります。

 まず、その油同士を一生懸命混ぜたら、いくら放置しても、もう元には戻らないことを確認してください。
 ちなみに、サラダドレッシングで、どんなに振って混ぜても、酢と油は離れますね。どんなに混ぜても、放置すれば分離します。

 そういうことなんですよ。しかし、混ざらないのはそれだけではありません。

 常温の蜂蜜の瓶に水を注いでも混ざりません。でも、蜂蜜を加熱したり、水を混ぜて(蜂蜜と水は同一の性質で混ざる)、ゆるくしていけばどうでしょうか。

 極端にして1の蜂蜜を水で100倍に薄めた...続きを読む

Q「油に溶ける」という現象について教えてください

(1)極性の無い油に、溶質が「溶ける」というのは分子レベルで見てどういった
状態になっているのでしょう?水の場合は水分子と溶質が結合すると知りましたが、
油の場合は油分子と結合…はしないのですよね?

(2)油(トリグリセリド)が加水分解して脂肪酸が一部遊離した場合、
トリグリセリド中に(遊離)脂肪酸が溶けていると言うのはおかしいでしょうか。
混ざさっているというのが適切ですか?
(脂肪酸は油の構成物質のため、溶質とは言わないかもしれませんが…)

宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

「溶ける、溶けない」とか「溶かす、溶かさない」という見方をするとわかりにくくなると思います。
溶媒、溶質という役割の違いがかえって理解しにくくしてしまうようです。
2つの物質を対等に見て「混ざる、混ざらない」とはどういうことかを考えてみるほうがいいと思います。

水と油は混ざりません。
二層に分離します。無理にかき混ぜてもしばらく放置すると分離してしまいます。
水は極性の強い物質、油は極性の弱い物質です。
これを「水は油を溶かすことができない」と表現すると何を説明すればいいのかわからなくなります。水の溶媒としての能力が油に対しては弱くなるというイメージになってしまいますね。極性の強さで一律に現象を説明したいと思っていたのが立ち往生してしまうということになってしまいます。

極性の強い物質Aと弱い物質Bを混ぜたとします。A,Bの分子は衝突しながら動き回っています。分子間の引力の強さに大きな違いがあれば強い組み合わせで集まり始めます。A-Aの組み合わせでの引力がA-B,B-Bに比べて大きければAだけで集まってしまうのです。BはAの集まりの中に入っていくことはできません。仕方がないのでBだけで集まってしまうということにとになります。Bだけが集まるのはB-Bの引力が強いという意味ではありません。Aの集まりから排除されてしまっているという結果からできたBだけの集合なのです。自分から出たのではありません。追い出されたのです。

A,Bがともに極性物質であればどうでしょう。A-Aの間に働く引力とA-Bの間に働く引力にあまり大きな違いががなければA,Bは互いに混ざり合うことができます。
A,Bがともに極性の弱い物質であればどうでしょう。相手を排除するような強い引力は働いていないのですから混ぜれば混ざったままになります。

あなたは「混ざっている」と「溶けている」を区別していますね。
分子スケールで混ざっていれば「溶けている」ということですから区別する必要はありません。

>水の場合は水分子と溶質が結合すると知りましたが、
油の場合は油分子と結合…はしないのですよね?

「溶ける」を「結合が生じている」と考えるのもよくないです。液体の水の中で水の分子と水の分子の間で結合が存在するとは言わないでしょう。状態変化を分子間力で説明するということはやりますが結合で説明するということはやりません。「溶ける」、「溶けない」は分子間力です。溶媒和を結合に準ずるものとして説明することはありますが今考えているような溶解現象に持ち込むと混乱します。
こう考えたので「油と油の結合は・・・?」ということになってしまったのです。


油の中にその油の加水分解で生じた脂肪酸は溶け込んでいくことができるでしょう。
油と脂肪酸には極性に違いがあります。
脂肪酸の極性構造は鎖の端にあります。
油の極性構造は鎖の内部にあります。
加水分解で生じた脂肪酸イオンがいくつか集まった球状のミセルを作ると極性が内部に閉じ込められてしまいます。極性のない球状分子と同じような存在になります。油の中に入っていくことができるでしょう。

「溶ける、溶けない」とか「溶かす、溶かさない」という見方をするとわかりにくくなると思います。
溶媒、溶質という役割の違いがかえって理解しにくくしてしまうようです。
2つの物質を対等に見て「混ざる、混ざらない」とはどういうことかを考えてみるほうがいいと思います。

水と油は混ざりません。
二層に分離します。無理にかき混ぜてもしばらく放置すると分離してしまいます。
水は極性の強い物質、油は極性の弱い物質です。
これを「水は油を溶かすことができない」と表現すると何を説明すればいいのかわ...続きを読む

Q油と卵黄はなぜ混ざるのか?

理科の自由研究で油について調べたんだけど、卵黄と液体石鹸が油と混ざりました
それがなぜだか教えてください。

Aベストアンサー

界面活性ってご存知ですか、油で汚れた食器に洗剤をつけると、すぐに水になじんで汚れが落ちますよね。そのとき、界面活性剤が油を包んで水に混ざるような作用をしています。このことを乳化といいます。
洗剤の代わりを、卵のレシチンがするから混ざるのです。

乳化についてのHPです。役に立つと思いますよ。

参考URL:http://www.zenyaku.co.jp/health/apit/nyuka.htm

Qなぜ分子量の大きい油が小さい水に浮くのか

なぜ油は水に浮くのでしょうか。

油が軽く、水が重いのは経験的に分かります。
しかし分子量は水よりの油ほうが一般的に大きいです。
重さと分子量とは関係がないのでしょうか。
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

> 油が軽く、水が重いのは経験的に分かります。
 これは同じ体積で比べての話ですよね。水1Lと油 1 mL を比べたら水の方が重いですよね。

> しかし分子量は水よりの油ほうが一般的に大きいです。
 そうです。ただ同時に1分子の占める体積も,水よりも油の方が大きいです。結果として,密度(質量/体積)は水よりも油の方が小さくなります。

> 重さと分子量とは関係がないのでしょうか。
 関係はあります。分子量にg(グラム)を付けたものが質量になりますから。ですから,分子量の大小で言える「重い・軽い」は1分子が重いか軽いかです。

以上の事を踏まえて,
> なぜ油は水に浮くのでしょうか。
 ここで重いか軽いかは,同体積の水と油で比べるべきものです。つまり,密度で比べなければなりません。上記のように密度は油の方が小さいですから水に浮きます。
 あるいは,同体積の水に比べて重さが何倍かを示す数値に「比重」があります。これで比べるべきです。

Q水と油の比重を知りたいんです

 油には重油や灯油とか何種類かありますが、
水との比重を知りたいんです。

Aベストアンサー

油には重油や灯油とか何種類かありますが・・・

じゃないでよね

原油からでき物には重油や灯油とか何種類かありますが・・・ですよね

LPG
0.50~0.60

自動車用ガソリン
0.73~0.76

ジェット燃料油
0.76~0.80

灯油
0.78~0.80

軽油
0.80~0.84

重油
0.83~0.96

軽質潤滑油
0.82~0.91

重質潤滑油
0.88~0.95

アスファルト
1.02~1.06

Qアルコールと水は何故、混ざるのですか?

化学は全くのど素人なので見当はずれだったらすみません。
アルコールて油ですよね・・?なんで水と混ざるのですか・・・・?
 ウイスキーの水割り サラダのドレッシング てんぷら・・・?????なぜアルコールは水と混ざるのですか・・・?

Aベストアンサー

アルコールは、CH3-OH(メタノール)、C2H5-OH(エタノール)と表すように、ヒドロキシル基(-OH)を持っているため、水(H-OH)と親和性(親水性)があります。「似たものどうしは溶け合う」ということです。
しかし、炭素(C)の多いアルコールになると、親油性(疎水性)が強くなり、水に溶けにくくなります。

こん感じで、わかるでしょうか?

Q色つきオイル?の入った ウォータードームの名称と作り方。

おみやげ屋さんなどでも見かける… ブルーやピンクの『オイルのような液体が 透明な液体と 二層になったオブジェ』ありますよね?

色つきの ポロン・ポロン、とした感じの液体のが比重が重くて下になり、透明が上。
砂時計風だったり… ときに そのあいだにイルカなんかの人形がぷかぷかしていたり、してます。 

あれは 何て言う名称なのでしょう?
そして、成分は何で出来ているのでしょう?
どうやって色を付けたのかも気になります。

作ってみるとしたら スノードームを作るように 一般家庭で作ることは可能でしょうか?
もしできるとしたら いくつか試してみて、最終的には 小さな(手作り)フィギュアを入れて プカプカとさせて見たいのです。 
どんな素材なら良さそうでしょう?

是非知りたいです、ホビーかと思って 質問しましたが もし違うカテゴリーのが良さそうでしたら そちらの方もよろしく教えてください。

Aベストアンサー

もう質問は解決しちゃったかな!!??

良ければ参考に!!!!

>おみやげ屋さんなどでも見かける… ブルーやピンクの『オイルのよ>うな液体が 透明な液体と 二層になったオブジェ』ありますよね?

スノードームではなくて、油と水の様に2層になっていて、中にヨットやイルカのおもちゃが入っていて、ぷかぷか浮かぶものですよね!?

和みますよね~。

あなたがお探しのモノ、ずばりこれです。

自分も自作したくて色々ググって見つけました。大変でしたけど。

そのものの名称は知りませんが、愛媛総合科学博物館で子供たち向けに化学実験された論文集があります。「物質の比重」についての実験で、その中で子供たちに作らせた過程が載っています。
その名も「波のりゆらゆら」

科学実験教室実施報告
バックナンバー 第9号(平成16年)
「どっちがおも~い?比重の実験」
http://www.i-kahaku.jp/research/bulletin/index.html
最下行の「進 悦子先生」のPDFを印刷してください。

我々の常識と違いますね~。
水と油ですけど、作り方は反対で、先に水、油なんですね~~。
比重の勉強も出来て、「へぇ~」。大人でも勉強になりました。

参考URL:http://www.i-kahaku.jp/research/bulletin/index.html

もう質問は解決しちゃったかな!!??

良ければ参考に!!!!

>おみやげ屋さんなどでも見かける… ブルーやピンクの『オイルのよ>うな液体が 透明な液体と 二層になったオブジェ』ありますよね?

スノードームではなくて、油と水の様に2層になっていて、中にヨットやイルカのおもちゃが入っていて、ぷかぷか浮かぶものですよね!?

和みますよね~。

あなたがお探しのモノ、ずばりこれです。

自分も自作したくて色々ググって見つけました。大変でしたけど。

そのものの名称は知りませ...続きを読む

Q油は凍らないのですか?

「油は凍らない」と聞きましたが、本当ですか?どうして凍らないのですか?マイナス何度になっても凍らないのですか?

Aベストアンサー

当然凍りますよ。

数値データを見るのが一番です。


食用油のデータ
http://pci.kaneda.co.jp/contents/introduce/composition/index.html
凝固点(=融点)は、-10度以下のもあれば、室温程度のもあります。


あと、こんなのとか
http://www3.famille.ne.jp/~mkuroki/toso/kankyo/22syu.htm

こんなのとか
http://www.chemiway.co.jp/data/new03_mpa.htm

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!


人気Q&Aランキング