ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

興味本位で調べてるのですが
【日本最古の怪談】とゆうのは
いつ、誰が、どんな体験をしたのか
わかる方いますか??


日本最古の心霊写真は
結構出てくるのに
怪談になると全然で…
(o-ω-`o)


情報提供をお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 こんばんは。

日本の文学史で怪談話を集成した作品は江戸時代の『雨月物語』が有名です。読本作家の上田秋成が中国の博物学の論集である『五雑爼』や日本の古伝承などに基づいて構成された作品集とされています。
 本編は九つの物語から構成され以下のタイトルが付いています。
・「白峯」………… 西行が讃岐国にある在俗時代の主崇徳院の陵墓、白峯陵に参拝したおり崇徳上皇の亡霊と対面し論争する。
・「菊花の約」……親友との再会の約束を守るため、約束の日の夜、自刃した男が幽霊となって現れる。
・「浅茅が宿」……戦乱の世、一旗挙げるため妻と別れて故郷を立ち京に行った男が7年後に幽霊となった妻と再会する。巻之二収録。
・「夢応の鯉魚」…昏睡状態にある僧侶が夢の中で鯉になって泳ぎまわる。
・「仏法僧」………旅の親子が高野山で、怨霊となった豊臣秀次の一行の宴に遭い、怖い思いをする。
・「吉備津の釜」…浮気者の夫を裏切られた妻が、夫を祟り殺す。
・「蛇性の婬」……男が蛇の化身である女につきまとわれるが、最後は道成寺の僧侶に退治される。
・「青頭巾」………稚児に迷い鬼と化した僧侶を、旅の僧である快庵禅師が解脱へと導く。
・「貧福論」………金を大事にする武士、岡左内の寝床に金銭の精が小人の翁となって現れ、金とそれを使う主人との関係を説く。
この中、六番目の「蛇性の婬」は歌舞伎や浄瑠璃、能の「日高川」でも知られる「安珍清姫」をノベライズした作品です。他の作品も何度が映像化されています。
 また所謂怪談話とは少し性質が異なりますが「怪異譚」の歴史は古く日本最古の仏教説話集である「日本霊異記」その流れを組む「宇治拾遺物語」「今昔物語集」「古今著聞集」にも怪異譚は収録されています。
 この他「源氏物語」に登場する六条御息所も生成り(きなり)となって葵の上に取り憑くシーンが登場します。
 絵画の分野では中世鎌倉時代の「地獄草紙」や百鬼夜行の名で知られる妖異の姿を描いた室町時代の「百鬼夜行図」そして江戸時代の「江戸化物草紙」も有名です。
 東京の夏の風物詩として定着した感のある谷中の全生庵で開かれる「圓朝忌(圓朝まつり)」では作品として「牡丹灯籠」や「真景累ヶ淵」「階段乳房榎」などを創り新作落語に怪談話をジャンルとして定着させた三遊亭圓朝を偲び、怪談話と共に幽霊画が公開されています。
 怪談話の研究者としては「妖怪博士」の異名で知られる井上円了(東洋大学の創設者)を始め、「遠野物語」の著者でもあり民俗学の柳田国男、現在では同じく民俗学や宗教学の見地から日本人の「あの世感」を研究している小松和彦氏がいます。
 そうそう、陰陽師で知られる安倍晴明もこの世界では代表的な人物でしたね?。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい説明、ありがとうございました
\(^^)/


『雨月物語』ですか…。
タイトルはなんだかロマンチックなのにww
ちょっと読んでみたいです☆
(↑調べてみますね)


陰陽師の安倍晴明は
あたしも好きで
個人的に調べてるのですが…
昔と現代の幽霊の違いに
少し驚きました(o-ω-o)

お礼日時:2011/07/05 18:02

こんにちは。


横からお邪魔します。

日本最古の怪談については、私には分かりませんが・・・

足の無い「幽霊」を考えついたのは、江戸時代の歌舞伎役者で初代坂東玉三郎が、舞台で初めは両足を白く塗って白装束で登場していましたが、
「どうも迫力がない」
と、言うことで、白い着物の裾を長くし、足を見せないようしながら裾を引きずって登場しました。
これが大うけして、
以後、幽霊には足が無い・・・と言う定説ができあがりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

足のない幽霊は
元々、歌舞伎から生まれたんですか
ヾ(゜Д、゜)ノ!!!



ぢゃあ…長~い黒髪ストレートや
白装束も、もしかしたら
実際にそう見えてたのではなく
迫力を求めた結果なんですかね?笑


この話、ちょっと興味でましたww
面白いお話をありがとうございました☆

お礼日時:2011/07/05 18:06

 いざなぎを黄泉まで尋ねていったににぎのみことの経験は怪談でもありましょうか。

    • good
    • 0

神代の昔の入れるならスサノヲノミコトじゃないでしょうか?



有名な京都の祇園祭は「祇園御霊会」と言い、疫病を起こさせるスサノヲノミコトの魂を鎮めるためのお祭りですから…

もともとスサノヲノミコトや、その子孫のオオクニヌシが出雲を治めていたのを大和朝廷が倒したわけで、その恨みだという事なら怪談なのかな?


神話はちょっと…って事でしたら、蘇我入鹿もしくは蝦夷ですかね。
事件直後は、中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌子(後の藤原鎌足)に斬られた入鹿の首が、逃げる二人を追っかけて行きますし、その後も、斉明天皇(中大兄皇子の母)の前に鬼と化して現われ、その2ヶ月後に斉明天皇が亡くなったと…
さらに、その斉明天皇のお葬式にも現れ、大騒ぎになった事が記録されていて、書物の中には「豊浦大臣(蝦夷か入鹿のどちらか)の仕業である」とはっきり書いている物もあるようですから…

「殺された人が恨みを持って、殺した相手の前に出て来る」というのが怪談であるのなら、これが最初のような気がしますが…
    • good
    • 0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA%E8%AB%87

17世紀末から18世紀前半からというような感じ。

源氏物語での「生霊」にしても今昔物語の(現代人から見ての)怪談にしても、当時の人にとっては、この世と連続した世界の物。
17世紀末から18世紀前半から「これはこの世とは連続していない、あの世の話しよ」という認識がされるようになったので、怪談が成立するようになった。
認識する人間側のスタンスで、同じ話が怪談になる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E7%94%9F% …

http://gogen-allguide.com/u/ukiyo.html
憂世が 浮世に代わるのが、18世紀前半。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AE%E4%B8%96% …
浮世草子の成立がこのへんなので、この浮世草子的な見かたの裏返しが 怪談の成立になるんじゃないかと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かによく考えてみると
昔は【あの世】とゆう存在が
薄かったのかもですね…
(´・ω・`)


17~8世紀頃ですかぁ☆
HPありがとうございました!
早速、調べさせていただきますね
\(^^)/

お礼日時:2011/07/02 01:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む


人気Q&Aランキング