【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

娘が、小学校の吹奏楽でトロンボーンをはじめました。

もらってきた楽譜にヘ音記号のソをラに、ミ♭をファに書き直していました。

先輩に教わったそうなのですが、楽譜どおりの音ではいけないのでしょうか。

先生に聞いたら、先輩が合っていると言われたようです。


あるサイトで、トロンボーンの音階をみたところ、ト音記号のドは6と書いて
ありましたが、学校では、1の場所だそうです。

どのように音階や覚えればよいのでしょうか。

ピアノとは、ちがうのでしょうか。

小学生でも、わかりやすいように教えていただければと思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ピアノとは違います。


といっても、譜面の読みは同じですが、ベースの調が違います。

これはトロンボーンに限らず、さまざな楽器で異なります。

トロンボーンはシ♭でチューニングします。

6ポジションは大人でも、腕長い男性が取れるくらい難しいです。

ですから、ドを1ポジにしたのでしょう。

ちなみに娘さんのトロンボーンにはF管がついていませんか?

普通のトロンボーンだと何もついてなくて1ポジがファになります。

F管がついていたら、ずいぶん演奏しやすいですよ。

ピアノとは違う楽器ですから、トロンボーン専門で覚えるだけです。

先生にお任せして、ちゃんとポジションを安定して覚えることが先決です。

譜面を間違えて覚える不安がありますか?

譜面は万国共通。変わりません。
それに音階練習で、ドレミファソラシドは全音階、練習しますから、大丈夫ですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

むすめです。F管は、ついてます。

早くポジションを覚えて、もらった楽譜をふけるようになりたいです。

ありがとうございました。


早速、回答いただきまして、ありがとうございました。

私も小学生のとき、吹奏楽部に入っていましたが、打楽器だったので。
トロンボーンはあこがれでした。娘が選んでくれたので、見守っていきたいと思います。

お礼日時:2011/07/01 21:29

こんにちは。

中学時代、吹奏楽部キャプテンだった者です。

私は採譜・編曲をやって、全パート譜をメンバーに配ったこともあり、楽器ごとに「ド」の音が違うことは知っています。
C、B♭、E♭、F があります。

とても不思議なことがあります。
トロンボーンと全く音域が同じ金管楽器「ユーフォニアム」というのがあります。
チューバがそのまま小さくなったような楽器です。
もちろん、トロンボーンと同じB♭管です。
ところが、トロンボーンの楽譜はB♭の楽譜(ピアノのシ♭がトロンボーンのド)なのに対し、
ユーフォニアムの楽譜はCの楽譜です。
ですから、ユーフォニアム奏者は、
・楽譜のドを見て頭の中でレと考えてレを吹く。(音符をずらしてトロンボーン感覚)
・楽譜がドのとき、指はレでも、あなたの中でドと考える。(ピアノ感覚、あるいは、絶対音感)

何を言いたいかというと、ピアノなどの経験があって絶対音感があるような人でない限り、トロンボーン奏者は、楽なんです。(とお子さんにおっしゃってください。)

>>>もらってきた楽譜にヘ音記号のソをラに、ミ♭をファに書き直していました。

それは上記の通り、いわばピアノ用の楽譜をトロンボーン用の「楽な楽譜」に書き換える作業となります。
やらないといけない作業だと考えてください。(とお子さんにおっしゃってください。)

>>>先輩に教わったそうなのですが、楽譜どおりの音ではいけないのでしょうか。

上記の通り、ユーフォニアムの場合は書き直さなくてよいですのですが。

>>>先生に聞いたら、先輩が合っていると言われたようです。

そのとおりです。(とお子さんにおっしゃってください。)

>>>あるサイトで、トロンボーンの音階をみたところ、ト音記号のドは6と書いてありましたが、学校では、1の場所だそうです。

「1の場所」の意味がわからないですね。単に ド=1 ということだったら、何の楽譜でも1です。
一方、「6」というのは、トロンボーンの楽譜はヘ音記号ですから、たぶん、五線のいちばん上の線から順番に下の方へ、線の上(1)、線の間(2)、線の上(3)、線の間(4)、線の上(5)、線の間(6)と数えているんでしょうね。(下から数えた方が早いですけど。)
だとすれば、
ちゃんと合っています。(とお子さんにおっしゃってください。)

>>>どのように音階や覚えればよいのでしょうか。

楽譜そのまんまです。楽です。トロンボーンは。(とお子さんにおっしゃってください。)

>>>ピアノとは、ちがうのでしょうか。

上記の通り、トロンボーンの楽譜のドは、トロンボーンにとってはド、ピアノにとってはシ♭です。

なお、お子さんには今すぐ言わなくてよいことですが、
単なる小学生時代の演奏者だけで終わっていいなら「楽な楽譜」だけでOKですけど、将来に渡って音楽を楽しんでいきたいと考えるのであれば、いずれは、トロンボーンの楽譜の「ド」を見たら頭の中では「シ♭」と考えるようにする、つまり頭の中で楽譜を転調させて考えるようにするとよいです。
世の中にある大量の音楽のトロンボーン用ではない楽譜を利用できたり、他の楽器にも手を出したときにも音程の違いの抵抗感が薄れたり、吹奏楽以外での楽器同士のセッションが楽にできたりします。
また、小学、中学、高校と、ずっと同じ楽器をやる人というのは、意外と少ないです。

もしもお子さんが今ピアノやエレクトーンやギターをやっているとか、いずれはやるとか、コンピュータで音楽を作って遊ぶかもしれないということであれば、特にお勧めします。

私は吹奏楽用の全パート譜を作ったときは、C以外の楽譜(B♭、E♭、Fの楽譜)を作るときは、頭の中で転調していました。
いちいち数えていられないので。
音楽が趣味で得意な人は、大概、転調が楽々とできます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

むすめです。くわしく教えていただいて、ありがとうございました。


回答をいただきまして、ありがとうございました。

楽器ごとに、転調があるということが、初めてしりました。

親は、静かに見守りたいと思います。

お礼日時:2011/07/02 11:43

ピアノとは全く違いますよ!!



ピアノはドレミーだけど、トロンボーンはシドレーですから!
しかもB♭!!!
シの♭ですね^^
ピアノでやってみるのもいいと思います。
6がドで1がB♭ですよ。

やはり運指表をみるのが一番ではないでしょうか??
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

先生や先輩にお願いして、見守っていきたいと思います。


今回、初めて相談箱を利用しましたが、こんなに早く回答をいただけて本当にありがとうございました

お礼日時:2011/07/01 21:36

トランペットやサックスはБ♭(ベー)またはE♭(エス)の楽器ですが、吹奏楽やジャズバンドでは実音より、それぞれ長2度上げたり、短3度下げたりして記譜します。

したがってピアノなどの楽譜が読める人はそのまま読めば合奏に参加できます。
それに対して、トロンボーンなどは実音で記譜されていますので、ピアノなどの経験者は、譜面より1音上げて演奏する感じになります。
 
参考URL   http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6408377.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

むすめです。先ぱいに教わったとおりにひいていきたいと思います。ありがとうございました。

早速の回答ありがとうございました。見守っていきたいと思います。

お礼日時:2011/07/01 21:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトロンボーンの基礎練習法が知りたい!

僕はトロンボーンを始めて2年の中学2年生です。週3回しか練習がないので演奏会などで他の学校の演奏を聞くたびに落ち込んでしまいます。そこで!30分ぐらいでできる基礎練習法を教えてください!とにかく速く上手になりたいんです!!!!!!!!!!僕の気持ちをわかっていただけた方は少しでも良いんで教えてください。

Aベストアンサー

週3回の練習で早く上手になりたいですか…結構厳しいですね~
私の練習1週間の日数は、中学週3日・高校はほぼ毎日(部活は週3日であとは個人練)・大学週3~4日・現在一般バンドで週2~3日ですね。
週3日の練習だった中学の頃よりも、毎日楽器に触っていた高校の頃のほうが上達スピードは速かったですね。
結論からいって週3日ではなかなか速攻でうまくなったりできないです。
楽器の上達速度は練習内容と、毎日少しでも吹くことと、楽器に愛情を注いでやることですかね。

週3日では現状維持程度にしかならないでしょうが、効果的な練習法を少しお教えします。
fujimon5515さんの現在のレベルにもよるかとは思うのですが、

●ロングトーン
 テンポ遅め(60~80)で
 4拍吹く→4拍休み→4拍吹く→4拍吹く→4拍休み→4分音符4拍→4拍吹く  (繰り返し)
  を中音F・チューニング♭B・ロー♭B・中音F・チューニング♭B・D・チューニング♭B  で連続して吹く。
 ※必ずブレス・ピッチ・音の伸び・音の移り変わり等、注意しながら。
●リップスラー(テンポ80ぐらい)
  ロー♭B→中音F→ロー♭B(1ポジション)~7ポジションまで
  ロー♭B→中音F→チューニング♭B→中音F→ロー♭B ~7ポジションまで
   こんな感じで1つづつ音を上げていって、いけるようなら1ポジションでハ   イ♭Bまであがってみる。
 ※自分のできる範囲の音域で、確実に次の音に移れるように、いろんな事を確認
  しながら。
●タンギング
  いろいろ方法はありますがテンポ132ぐらいで16分音符ができるようにし  ときましょう。
●その他
  12音階、アルペジオなど、スライディング・音程を確認できるもの。

こんだけやってたらすぐに30分たっちゃうかと思います。
練習方法はほかにもいろいろあると思います。
教則本を参考にしてください。

何を練習するにしても大切なのは、“意識しながら吹く”ということです。
そして可能な限り毎日吹きましょう。

最後に一言。
今が一番伸びる時期のはず。
愛情かければ楽器は必ず応えてくれます。
がんばってくださいね。





 

週3回の練習で早く上手になりたいですか…結構厳しいですね~
私の練習1週間の日数は、中学週3日・高校はほぼ毎日(部活は週3日であとは個人練)・大学週3~4日・現在一般バンドで週2~3日ですね。
週3日の練習だった中学の頃よりも、毎日楽器に触っていた高校の頃のほうが上達スピードは速かったですね。
結論からいって週3日ではなかなか速攻でうまくなったりできないです。
楽器の上達速度は練習内容と、毎日少しでも吹くことと、楽器に愛情を注いでやることですかね。

週3日では現状維持程度...続きを読む

Qトロンボーンの第一ポジションは?

あの...まだトロンボーン始めた中1なんですが、先輩には「第一 ポジションがド♭」と教えられました。ですが、ネットなどを見 ると、第一ポジションはシ♭という人もいます。
 それで、自由曲でわからないポジションの音があります。ヘ音
記号で読むと「低シ」「ド♭」です。第一ポジションが「ド♭」 の方回答お願いします。
すみません。説明が下手くそなので画像を載せておきます。ポジションだけでも教えてくれたら嬉しいです。

あと、皆さんは「C=ド」「B=ド」どちらの考えですか

Aベストアンサー

こんにちは
>あの...まだトロンボーン始めた中1なんですが、先輩には「第一 ポジションがド♭」と教えられました。ですが、ネットなどを見 ると、第一ポジションはシ♭という人もいます。
 昔々金管楽器の倍音の構造から「トロンボーン第一ポジションは、トランペットの0(何も押さえない)と同じ」と教えられたことがあります。
 質問者さんの学校は、その伝統を大事に守っている学校なのでしょうね(--;

 回答としては質問者さんが日頃の練習に使用しているトロンボーン教則本に従った方がよいです。
 演奏技術を磨くためのトロンボーン教則本と違う考え方をするのは効率が悪いです。

 おそらくトロンボーン教則本の運指表に第一ポジションは(ドイツ語読みで)B(ベー)、・F(エフ)、・B(ベー)、‥D(デー)、‥F(エフ)、‥As(アス)、‥B(ベー)となっていると思います(^_^)
 一方、第六ポジションは(ドイツ語読みで)F(エフ)、・C(ツェー)、・F(エフ)、・A(アー)、‥C(ツェー)、‥Es(エス)、‥F(エフ)ですよね。

 ドイツ語読みで書いたのは合奏の時に先生が実音をドイツ語で指示されるだろう(吹奏楽では普通さ)と思われたので普段と合奏とで一致していた方が判りやすくないですか(^_^?

>あと、皆さんは「C=ド」「B=ド」どちらの考えですか
 テナートロンボーンの場合は楽譜と一致する「C=ド」でいいと思います。

P.S.
 ホルンは、楽譜はFで書いてありますが2つの調を持つWホルンの場合は、F管のときの運指とB管の運指を別々に覚えるんだそうです。ややこしー(~_~;

こんにちは
>あの...まだトロンボーン始めた中1なんですが、先輩には「第一 ポジションがド♭」と教えられました。ですが、ネットなどを見 ると、第一ポジションはシ♭という人もいます。
 昔々金管楽器の倍音の構造から「トロンボーン第一ポジションは、トランペットの0(何も押さえない)と同じ」と教えられたことがあります。
 質問者さんの学校は、その伝統を大事に守っている学校なのでしょうね(--;

 回答としては質問者さんが日頃の練習に使用しているトロンボーン教則本に従った方がよいです。
 演奏...続きを読む

Qトロンボーンの音階!

自分はトロンボーンを担当しているのですが、BDur以外の音階がわかりません……。
できればなるべくたくさんの音階のポジションを教えてください!

Aベストアンサー

トロンボーン経験者ですが、
参考になりそうなサイトが見つからないので、簡単にまとめてみます。
 ・ロータリーがある場合は、適当に置き換えてください(6→R1、7→R2)
 ・最初にあるGは、下のGです。音の出しやすさを考えると下からがよいでしょう
 ・間違いがあるかもです、ゴメンなさい

◎長調

    ドレミファソラシド
 -----------------
 G : 4 2 7 6 4 2 5 4
 -----------------
 G# : 3 1 6 5 3 1 4 3
 -----------------
 A : 2 7 5 4 2 5 3 2
 -----------------
 B : 1 6 4 3 1 4 2 1
 -----------------
 H : 7 5 3 2 5 3 1 4
 -----------------
 C : 6 4 2 1 4 2 4 3
 -----------------
 C# : 5 3 1 5 3 1 3 2
 -----------------
 D : 4 2 5 4 2 4 2 1
 -----------------
 D# : 3 1 4 3 1 3 1 3
 -----------------
 E : 2 5 3 2 4 2 3 2
 -----------------
 F : 1 4 2 1 3 1 2 1
 -----------------
 F# : 5 3 1 4 2 3 1 3
 -----------------

短調は省略します…。

永く楽器を吹いていると、ポジションというのがあったのを
忘れてしまいますね。音を出して体で覚えるのが一番です^^;

トロンボーン経験者ですが、
参考になりそうなサイトが見つからないので、簡単にまとめてみます。
 ・ロータリーがある場合は、適当に置き換えてください(6→R1、7→R2)
 ・最初にあるGは、下のGです。音の出しやすさを考えると下からがよいでしょう
 ・間違いがあるかもです、ゴメンなさい

◎長調

    ドレミファソラシド
 -----------------
 G : 4 2 7 6 4 2 5 4
 -----------------
 G# : 3 1 6 5 3 1 4 3
 -----------------
 A : 2 7 5 4 2 5 3 2
 -----------------
...続きを読む

Qトロンボーン フラット;;

はじめまして質問させてもらいます。
私は中1になってからテナーバストロンボーンを吹いています。
まだいまいちトロンボーンのポジションが分からなくてこまっています
今、新しい曲をやりはじめたんですが
フラットがあるとポジションが変わりますよね?だけど、どう変わるのか分かんないし半音あげるときはどうすればいいのかも分かりません・・・(;;)
すいませんが教えてもらえないでしょうか;;

Aベストアンサー

こんにちは。教則本が学校にあると思いますので実際のポジションはそちらで確認してもらうとして、「音と管の長さ」の関連について説明しますね。

トロンボーンのポジションは7ポジまでありますが、
「ポジションが一つ進むごとに音は半音下がる」ということを理解してください。基本的に管楽器は「管が長くなると音が下がり」ます。

まず、1ポジだけでも唇の締め具合でいくつかの音が出せますよね?
その音を基準に、出したい音のポジションを考えます。

例えば、1ポジで「ド」の音が出ます。あなたが「シ」の音を出したいなら2ポジまで進めれば半音下がって「シ」の音が出ます。さらに3ポジにすれば「シ♭」4ポジなら「ラ」と、同じ唇で全部で7つの音が出せます。一番下は7ポジで「ソ♭=ファ♯」ですが、下の「ソ」は唇を緩めれば1ポジで出るので「ソ♭=ファ♯」は2ポジで唇を緩めれば出ることになります。

教則本のポジションを丸暗記するのもいいですが、一度自分で考えてポジションを「創って」みるといろんなことがわかりますよ。

1ポジで出ている音を半音上げたいときは、一つ上の基準から下がってくる形で考えてください。

がんばりましょう。

こんにちは。教則本が学校にあると思いますので実際のポジションはそちらで確認してもらうとして、「音と管の長さ」の関連について説明しますね。

トロンボーンのポジションは7ポジまでありますが、
「ポジションが一つ進むごとに音は半音下がる」ということを理解してください。基本的に管楽器は「管が長くなると音が下がり」ます。

まず、1ポジだけでも唇の締め具合でいくつかの音が出せますよね?
その音を基準に、出したい音のポジションを考えます。

例えば、1ポジで「ド」の音が出ます。あな...続きを読む

Qテナートロンボーンとテナーバストロンボーン

テナートロンボーンとテナーバストロンボーンの違い、長所、短所を教えてください。吹奏楽でトロンボーンを始めましたが、楽器は借り物です。いずれ購入するつもりですがどちらがいいのかわかりません。

Aベストアンサー

テナートロンボーンは、見てお分かりのように、
管が少ないので、楽器自体が軽くて楽です。
また、高い音が出やすい…と言われています。

テナーバストロンボーンは、テナーについていない管が
ついていますので、楽器自体は重めです。
でも、その管(ロータリー)のおかげで、第6,7ポジションの音を、
レバーを押しながら第1,2ポジション…で出せるので、
早いフレーズ演奏する時には随分楽です。
また、テナーでは出せない低い音も出せます。

吹奏楽などで演奏する場合、
トロンボーンパートは、1st~4thに分かれていますが、
テナーが1本だと、必然的に1stになる事が多いですね。
テナーバスは、バストロンボーンが居ない際には4thを
吹く事も出来ますので、幅広く活躍できます。

高い音~低い音までカバーできるのと、
ロータリーレバー使用により、楽なポジションで演奏できる
という点から、テナーバスが主流です。

特にテナーがいい!というこだわりが無いのであれば、
テナーバスを買われた方がいいかなぁ…と思います。

参考URL:http://www.nagae-g.co.jp/trombone.html

テナートロンボーンは、見てお分かりのように、
管が少ないので、楽器自体が軽くて楽です。
また、高い音が出やすい…と言われています。

テナーバストロンボーンは、テナーについていない管が
ついていますので、楽器自体は重めです。
でも、その管(ロータリー)のおかげで、第6,7ポジションの音を、
レバーを押しながら第1,2ポジション…で出せるので、
早いフレーズ演奏する時には随分楽です。
また、テナーでは出せない低い音も出せます。

吹奏楽などで演奏する場合、
トロンボーンパートは、...続きを読む

Qまったくの初心者が吹奏楽

題名の通り、楽譜も読めないようなまったくの初心者です。
高校から吹奏楽をやってみたいと思い、仮に入部をする予定なのです。
そこで・・・
1、初心者でも比較的簡単に出来る楽器とは何でしょう?
2、上にも記入したとおり楽譜が読めません。
読めるようにするにはまずどうすればよいですか??
3、こんな自分でも入れるでしょうか・・・?

以上三点。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#4#5でトロンボーンを推した者です。

数ヶ月前に、ゴールデンアワーに民放テレビで、とある高校のブラスバンド部を取材したのを放送した特集番組がありましたが、なんていう高校でしたっけ?

たしか、吹奏楽コンクール金賞の常連で、しかも、部員の成績・有名大学進学率が高く、しかも、高校からブラバンを始めた人数の割合がかなりある、という、まるで学園ドラマのネタになりそうな学校です。

しかも、練習方法は指導者(先生)主導ということでもなく、独自のスタイルによる個人練習が主体でした。

(どなたか、その高校名をご存知ですか?)




では、以下、本題です。
前回までに加えて、ちょっと思い出したことを書きます。


楽譜を読む能力というのは、吹奏楽部に入る条件としては、実は、あまり重要ではありません。
なぜならば、1人で複数の音を出せない、つまり、ピアノやギターのように楽譜の中に和音が無いからです。

しかも、
いっぺんに沢山の曲を覚えるというようなことは、あまり無く、しかも、同じ曲を何度も何度も反復練習します。
私の仲間だと、音楽の予備知識の無い連中は、当初、楽譜に「ド」とか「レ」とか「ミ」書き込んでました。
あるいは、最低限の目印、例えば、「ド」と「上のド」のところだけ印を付けてる奴もいました。
しかし、そういう書き込みを何度もやってるうちに、結局は楽譜の読み方を覚えちゃうんですけどね。
ちなみに、
ト音記号の丸い黒ポチは「ト」(=ソ)の場所を示し、ヘ音記号の丸い黒ポチは「ヘ」(=ファ)の場所を示すので、それがすでに目印になってますが。


いずれ、和音が無いので簡単なのは間違いないですよ。


先程も書きましたが、トロンボーン、ユーフォニアム、トランペットはB♭管。

私が記憶している範囲では、

B♭管・・・吹奏楽のトランペット(※)、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ、クラリネット、ソプラノサックス、バリトンサックス

(※:交響楽のトランペットはB♭管もC管もあります。)

E♭管(たしか「えすかん」とも呼ぶ)・・・メロフォン(ホルンと殆ど同じ)、アルトサックス

F管・・・ホルン(フレンチホルン)


なんで、こんなこと覚えてるかというと、
自分が編曲した曲の吹奏楽用の全パート譜を作ったことがあるからです。(自慢)


さて、

B♭(変ロ長調)は、ピアノの楽譜で調号の♭は2個
E♭(変ホ長調)は、ピアノの楽譜で調号の♭は3個
F(ヘ長調)は、ピアノの楽譜で調号の♭は1個

吹奏楽用の曲(特にマーチの名曲、J-POPを吹奏楽アレンジしたミュージックエイトとかの楽譜)では、♭の数が1~3個の曲が非常に多いです。
これは、言わずもがな、「演奏しやすい曲」にするためです。
トロンボーンやB♭管トランペットであれば、#1個、♭1個、若しくは、調号無し(ハ長調)の楽譜になります。

こんなところです。
では、でーは。

#4#5でトロンボーンを推した者です。

数ヶ月前に、ゴールデンアワーに民放テレビで、とある高校のブラスバンド部を取材したのを放送した特集番組がありましたが、なんていう高校でしたっけ?

たしか、吹奏楽コンクール金賞の常連で、しかも、部員の成績・有名大学進学率が高く、しかも、高校からブラバンを始めた人数の割合がかなりある、という、まるで学園ドラマのネタになりそうな学校です。

しかも、練習方法は指導者(先生)主導ということでもなく、独自のスタイルによる個人練習が主体でした...続きを読む

Qバストロンボーンの音階(ポジション)について

はじめまして、よろしくお願いします。今回テナー→バスに持ち替えすることになったのですが、バストロンボーンの各ポジションで出せる音を教えて下さい。なお、楽器自体はBb/F/Gb/Dです。F管を使ったことがないので、その際のアドバイス等(例えば、F管のレバー?を押して吹いた場合実際のポジションより低めにとるとか)ございましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
アマチュアのトロンボーン経験者です。
実は,バストロンボーンの経験はほとんどないのですが・・・。

ポイントは,以下のような感じでしょうか。
・基本のチューニングは,
 Ges管:1ポジション+数cmでDesが合うくらい
 F管:1ポジション+数cmでCが合うくらい
 D管:1ポジション+数cmでAが合うくらい
・吹奏感があまり変わらないのが好きなら,なるべくB管とGes管を使う
・近いポジションで吹くのが好きなら,F管とD管を使う
・正しい音程が出るポジションは楽器によって違うので,一律には言えません。チューナなどで確認して自分の楽器の音程を確認いただくのがよいと思います。
一般的には,近めのポジションではそれほど大きな差はなく,遠めのポジションではより遠めにする必要があると思います(ポジション半分~ひとつ分くらいは変わる事があります)。
・F管の下のF,Ges管の下のGes,D管の下のDは,理屈上はそれぞれ第1ポジションで出せますが,低すぎて使えない可能性があります(それぞれの管は,もともとが少し低めのチューニングになっている場合が多いので)。

---
以下,それぞれの音がどのポジションで出せるかを一覧で示したものです。
C: B-6, Ges-2, F-1
H: B-7, Ges-3, F-2
B: B-1, (Ges-4), (F-3)
A: B-2, (Ges-5), (F-4), (D-1)
As: B-3, (F-5), (D-2)
G: B-4, (D-3)
Ges: B-5, (Ges-1), (D-4)
F: B-6, Ges-2, F-1, (D-5)
E: B-7, Ges-3, F-2
Es: Ges-4, F-3
D: (Ges-5), F-4, D-1
Des: F-5, D-2
C: D-3
H: D-4

*はじめに書いたものほど抵抗感が少ないポジションです。
また,()付きは,普通は使わないポジションです。

こんにちは。
アマチュアのトロンボーン経験者です。
実は,バストロンボーンの経験はほとんどないのですが・・・。

ポイントは,以下のような感じでしょうか。
・基本のチューニングは,
 Ges管:1ポジション+数cmでDesが合うくらい
 F管:1ポジション+数cmでCが合うくらい
 D管:1ポジション+数cmでAが合うくらい
・吹奏感があまり変わらないのが好きなら,なるべくB管とGes管を使う
・近いポジションで吹くのが好きなら,F管とD管を使う
・正しい音程が出るポジションは楽器によって違うので...続きを読む

Qトロンボーンを安く手に入れたいのですが・・・

高校生の男です。
あるきっかけで最近トロンボーンを始めました。
今は学校のを借りて練習しているのですが、自分のが欲しくなりました。
でもYAMAHAの楽器店に行ったら目が回るような値段でビックリしました・・・
そこで安く手に入れたいのですが、どういった手段があるでしょうか?
リサイクルショップとかだとなかなか見つかりませんし・・・
お願いします。

Aベストアンサー

No. 6です。こんにちは。丁寧な補足ありがとうございます。
事情はおおよそ理解できました。熱心であるのはとても素晴らしいことだと思います(^^

しかし,前提にちょっと問題があると思います。下校時間までは学校で吹けるとして,夜に学校以外の場所でトロンボーンの練習をするのは,音量の問題でほとんど無理で,実際にできるのはせいぜいマウスピースでの練習だと思います。また,唇を慣らすという点では,マウスピースの練習でも十分に効果あります。

また,土日の昼間に学校以外の場所で練習したい場合は,今使っている楽器を家に持って帰れるようにお願いするのがよいと思います。丁寧に使えば,めったなことでは傷がついたりへこんだりしませんよ。少しの傷やへこみならばきちんと修復可能ですし。

という事で,私のお勧めは,補足への答えとは違ってしまいますが,

◎マウスピースの購入

です。楽器屋さんで,ポピュラー系の音楽がやりたいという事を説明して,いくつか選んでもらった中で,自分の吹きやすいものを選ぶのがよいと思います。できれば普段使っている楽器を持っていって,それを使って吹いてみてアドバイスをもらうのがよいです。
一般的な話としては,大きめのマウスピースだと体力的にきつくなるのと,高い音がやや出にくくなるので,やや小さめくらいがよいかな,と思いますが,自分のフィーリングと楽器屋さんでのアドバイスをもとに決めてもらえばよいと思います。

<補足1>
それでもどうしても楽器が欲しいならば,前回の繰り返しになりますが,楽器屋さんで正直に事情を説明して相談に乗ってもらってください。もちろん,高い楽器の方が潜在能力は高いですが,ヤマハの一番安いモデルでも,奏者次第でそこそこの音も出せますし(新品で数万円,というレベルの楽器もありますが,避けた方が無難と思います),信頼できる楽器屋さんなら,中古でも状態のいいものがおいてあると思います。ただし,もともと高級品が激安になっているものは何か不具合があるかもしれないので,安くなっている理由をよく聞いてくださいね。
具体的なモデルのお勧めは,申し訳ありませんが,ここではできません。実際に吹いてみて決めてください。
*ネットオークションは,自分の楽器を見る目に自信がないならば,やっぱりやめておいた方がいいですよ。

<補足2>
数ヶ月で曲が吹けるようにというのは,ぶっちゃけ,相当厳しいです。練習時間をたくさん取る事も大事ですが,練習内容はもっと大事で,まずは基本の基本(姿勢,呼吸,基礎練習方法)をきちんと押さえておかないと,効率よく上達できません。余計なおせっかいですが,参考URLは過去のQAですので,もしも興味があれば参考にしてみてください(質問はトランペットですが,トロンボーンでも同じことです)。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1421382

---
長文失礼しました。これをきっかけに,質問者さんがトロンボーン好きになってくれる事を望んでいます(笑)!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1421382

No. 6です。こんにちは。丁寧な補足ありがとうございます。
事情はおおよそ理解できました。熱心であるのはとても素晴らしいことだと思います(^^

しかし,前提にちょっと問題があると思います。下校時間までは学校で吹けるとして,夜に学校以外の場所でトロンボーンの練習をするのは,音量の問題でほとんど無理で,実際にできるのはせいぜいマウスピースでの練習だと思います。また,唇を慣らすという点では,マウスピースの練習でも十分に効果あります。

また,土日の昼間に学校以外の場所で練習したい場...続きを読む

Qトロンボーンの練習メニュー

こんにちは。
部活でトロンボーンを吹いている高校1年生です。

この前、講師が来て
「トロンボーンは練習メニューを考えたほうがいいよ」
と言われました。
実は、私の高校はコンクールでは賞をけっこうよくとり、県大にも行ったことがある実力のある学校だったようです。
しかし、先生が変わってからはまったく賞を取れなくなり活気がなくなってしまいました。
そのせいで、自分も先輩もその先輩も・・・ほとんど知識がありません。
それを何とかしようと先輩と共に頑張っています。
でも、練習メニューの内容など何をすればいいのか分かりません。

もしよければ練習メニューの内容を詳しく教えていただけませんか?
ずうずうしくてすみません。
でも今の雰囲気を何とかしたいのです。
よろしくお願いします。

説明が下手ですみません。

Aベストアンサー

【レッスンについて】
なかなか難しい環境の中で吹いているのかもしれませんね。
部活とは関係なく、個人的にレッスンを受けてみても良いと思いますよ。顧問や部員にはレッスンを受けていることを言わなくてもいいんだし。
今の部活の雰囲気はあまり良いものでなくても、大学生や社会人になっても楽器は続けられるので、あくまで自分のために受けてみるのも良いと思います。



【楽器について】
スライドを外管だけにして片方を親指の腹で完全に塞いで、もう片方に口をあてて息を強く吹き込むと、つば抜きから空気が漏れていないかチェックできますよ。もし漏れているなら修理が必要ですね。



【ウォーミングアップとデイリートレーニングについて】
おそらく、皆で一緒に吹いているのですよね?
また、ロングトーンから始める感じですよね。
音を良くしていく、良い奏法を身に付けていくためには、毎日同じ内容をやるよりかは日によって変化をつけ、意識的に練習するのも効果的です。
個人でのアップとパートでのアップを1日おきに交互にやってみるとか、ロングトーンから始める日とタンギングから始める日を交互にしてみるとか。
その日始めて楽器を吹く時って、結構重要だと思うんです。初めてMPを口に当て、鳴らす。そしてMPを楽器に付けて音を出す。この時に色々と息の入れ方などを確認出来ます。みんなで一緒に吹くのは、5分くらいは個人個人で音を出してからにした方が良いと思います。

とにかくロングトーン、という声も良く聞くのですが、ロングトーン以外の練習によって見えてくるものもあります。
柔らかく跳ねるような音を吹いていくのも、ウォーミングアップになると思います。ゆっくりのタンギングとか。

理想では、個人個人でウォーミングアップが出来て、合わせる時は合わせる、というやり方だと思います。アップの順序を色々にしてみたり、
アップを皆でやったり1人でやったりすることで、個人個人が自分の吹き方に向き合うきっかけになれば良いな、と思います。



【アンブシュアについて】
とりあえず今は楽器に問題ないか確認するのが先決ですね。冒頭のチェックをやってみてください。
せっかく苦労して身に付けたのに、という気持ちは良く分かります。
私は今アマチュアとして吹いていますが、プロの人たちもけっこう奏法のことを気にしながら試行錯誤してやってます。今より自由自在で良い音で吹けるためと思って、前向きにチャレンジしていけば良いと思います。

アンブシュアについては別の質問に書いた通りです。
今の問題点を直す、という考え方より、一番自然な状態を常に考え、何かおかしいと思ったら自然な状態を思い出してやってみる、というやり方の方が確実だと思います。
拍を感じながら自然なブレスをし、自然にMPを鳴らすというのが一番大事なことです。アンブシュアのことを気にするあまり、口の形を意識的に作るのはマズイです。思っているより弱々しい音かもしれませんが、自然に鳴ったと思ったら楽器に付けて同じようにして吹いてみてください。どんな音になっているでしょうか。その時の楽器の音で判断してください。もし良い音だと思えたら、これまでのMPの鳴らし方は強すぎたのだと思います。

アンブシュアの問題に限らないのですが、練習パターンというよりは練習の仕方なんですよね。本当に難しいことだと思います。
MPを楽器に付けて吹いた後は、これまでに書いてきた通りです。
パターン通りに吹いても良いし、そうでなくても構いません。






曲のことだけを考えてノリノリで吹く時、どうやって吹けば良い音が出るか考える時、と分けると良いと思います。
私が書いていることって、あまりそれだけにとらわれてはいけないことだと思います。
楽しい曲を合奏で吹いている時って本当に楽しいですよね。まずこれが一番大事なことで、頭を使って楽器を吹くのはこのためなんだという認識でいれば良いと思います。よく分からなくなってしまった時でも、合奏の時は楽しく吹いてくださいね。



何か意味不明ならば補足します。

【レッスンについて】
なかなか難しい環境の中で吹いているのかもしれませんね。
部活とは関係なく、個人的にレッスンを受けてみても良いと思いますよ。顧問や部員にはレッスンを受けていることを言わなくてもいいんだし。
今の部活の雰囲気はあまり良いものでなくても、大学生や社会人になっても楽器は続けられるので、あくまで自分のために受けてみるのも良いと思います。



【楽器について】
スライドを外管だけにして片方を親指の腹で完全に塞いで、もう片方に口をあてて息を強く吹き込むと、つば抜...続きを読む

Qトロンボーンの記譜法についって

 私は中学時代に吹奏楽部でトロンボーン、社会人になってからジャズバンドでサックスを吹いていた者です。

 前々から疑問に思っていたことがありましたので質問させていただきます。

 サックスやトランペットの譜面は実音(添付図の1,2段目)に対してそれぞれ(1)、(2)のように移調して記譜されていますが、トロンボーンなどは実音(添付図の3段目)で記譜されています。この理由と実音で記譜することのメリット、譜例(3)のように移調して記譜することのデメリット等、分かる方教えて下さい。

私の考え
実音で記譜することのデメリット・・・加線が多くなり読みずらい。
移調して記譜することのメリット・・・譜例(3)のようにすっきりして読みやすい。
                   ・・・C調の楽器(ピアノ、ギター等)の経験者なら楽々読譜できる。

PS.ほとんどのトロンボーン奏者は半年もすれば、普通に読譜できるようですが。

Aベストアンサー

まず、実音譜と移調譜のメリット・デメリットを記します。
メリット・デメリットは裏返しなので、重複表現になりますが…

・移調表記
メリット:運指と譜面が対応している。
  管を持ち替えした際に、運指についてはすぐに対応できる。
デメリット:実際の音と譜面がズレている。
  絶対音感を持っていると違和感を感じることがある。

・実音表記
メリット:譜面と音が対応している。
  譜面を見て管の調を意識せずソルフェージュできる。
デメリット:実際の音と譜面が一致しない。
  異なる調の管を持ち替えした際に、運指を覚えなおす必要がある。

基本はこれだけです。質問者さんがおっしゃられている加線の問題は、Picc.、St.Bass等以外の楽器では別の方法で解決しています。例えばトロンボーンであれば、No.1さんのっしゃられているアルト、またはテナー譜表記が用いられます。

このように、トロンボーンで実音譜が使用されているのは歴史的経緯によるものです。昔は金管楽器のバルブシステムが未発達ですべての半音階を演奏できる楽器はトロンボーンしかありませんでした。そこで賛美歌等の伴奏に取り入れられたのですが、伴奏と言っても当時は合唱と同じ譜面をそのまま演奏していたため、トロンボーンは実音譜が主体となったのです。そのなかでもヘ音が主になったのはト音とヘ音だけのピアノ譜表が業界標準語になったのが大きいと思われます。

これにより、現在のクラシック系ではできるだけヘ音記譜、高音も加線を加えてヘ音、もっと高けれればハ音記号を用いてテナー譜orアルト譜、まれにト音となっています。その歴史的経緯に縛られないJazz系では合理的なオクターブ移動記譜を用いることが多いです。

まず、実音譜と移調譜のメリット・デメリットを記します。
メリット・デメリットは裏返しなので、重複表現になりますが…

・移調表記
メリット:運指と譜面が対応している。
  管を持ち替えした際に、運指についてはすぐに対応できる。
デメリット:実際の音と譜面がズレている。
  絶対音感を持っていると違和感を感じることがある。

・実音表記
メリット:譜面と音が対応している。
  譜面を見て管の調を意識せずソルフェージュできる。
デメリット:実際の音と譜面が一致しない。
  異なる調の管を持ち替...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング