プロが教えるわが家の防犯対策術!

建築家の方に質問です。http://www1.marukotv.jp/~cozy28/こちらのサイトにセルフビルドで建てた石積みの家が紹介されています。とても素敵なのですが、耐震性の問題や湿気の透過性が低いためじめじめするといったことはないのでしょうか?それと、もしセルフビルドやハーフビルドで石積みの家を造ろうとしたらどのような工法が考えられるのでしょうか?
何の知識もない素人のためとりとめのない質問になってしまいましたが、回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>耐震性の問題や湿気の透過性が低いためじめじめするといったことはないのでしょうか?



耐震性の問題は、平屋建てとし、できれば、床を地面以下に設定する半地下構造にすれば、耐震性が弱いという問題もあ有る程度回避できます。

湿気の問題は、高温多湿の日本で鉄筋コンクリートの戸建住宅を建てるのと同じ問題を抱え、おなじ解決方法が適用できます。つまり、基礎の防湿をキチンと施し、室内は機械空調(エアコンでドライ)を使えば何とかなります。

>それと、もしセルフビルドやハーフビルドで石積みの家を造ろうとしたらどのような工法が考えられるのでしょうか?

やはり、半地下方式、別名”竪穴式住居”ですね。
セルフビルドで耐震性を確保するには、地震に強い地下部分を出来るだけ多くとり、地震に弱い地上部分を少なくします。極論すれば、地上部は木造の三角屋根だけで、壁面の大半が地下に埋没する設計にすれば、地震で崩壊する心配はなくなります。

地下の住宅は真夏に外界よりも涼しく、真冬に外界よりも暖かいので快適だと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/20 22:20

>耐震性の問題や湿気の透過性が低いためじめじめするといったことはないのでしょうか?それと、もしセルフビルドやハーフビルドで石積みの家を造ろうとしたらどのような工法が考えられるのでしょうか?



↑その通りだと思いますよ・・・・

ましてや、旧武石村で冬はどんな形で暖をとっているですかね・・・・

石をただ積んだだけの家では、外側が-15℃にもなる外気に接していて薪ストーブを焚いてもかなり寒いと思いますが・・・・

RC造(鉄筋コンクリート)にして、外側の意匠部分に石を張るか積んで外観だけを石積み風に見せて、内側(室内側)はしっかり断熱材で断熱して作ればどうでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりRC造にするのが耐震面でいえば一番いい方法ですよね。素人にもわかりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/20 22:23

>セルフビルドで建てた



んだから建築家の意見は無用です(笑)

>耐震性の問題や湿気の・・・

湿気のどうとかは、RC打ちっぱなし素材と同じようなものでしょうから・・・

耐震性はセルフビルドの真骨頂=自己責任。
他人や専門家がとやかく言う問題じゃないでしょう(^^
とやかく言ったって自分の信じるところに趣いているんでしょうし(笑)

ほんとに耐震性を持った石積み(というか石張りというか)の工法は、ライトの旧帝国ホテルや落水荘のような内部に鉄筋コンクリート補強になるのが必定かと。

http://blog.goo.ne.jp/gooogami/e/75276e6d4279ece …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはり鉄筋コンクリートでの補強が必要なのですね。

お礼日時:2011/12/19 01:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50CC以上の自動車を自分で作って公道走行は可能でしょうか?

ここに90CCのバイクのエンジンがあるとします。これを使って自分で四輪の自動車を作りたいなぁと思うのですが、作ったとして、役場とかに届け出れば公道を走ることが出来るのでしょうか?いわば光岡自動車のK-2の90ccバージョンみたいなもんなんですけど、どうでしょうか?出来るとしたらどんな届出が必要なのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 クルマの設計屋で、かつて仕事でマイクロカーを設計した経験もありますので、一応専門家とさせて頂きました。

 50cc未満の内燃機、或いは定格0.6kw以下の電動機を動力とする3~4輪車は、ミニカー或いはマイクロカーと呼ばれる水色ナンバーの車両になりますが、ここからちょっとでも原動機が大きくなりますと、車両法上は軽自動車として認識される事になります。
 そぅしますと、まず車検制度が適用されます。そして、シートベルト、ヘッドレスト、各種灯火類の明るさや位置、ミラー類、J-NCAPとゆぅ衝突安全基準などなど、膨大な車両法上の項目を満たさなければ認証を取得する事は出来ず、それらの規制をパスしない限り、公道を走る事は出来ません。

 マイクロカーは、実は道交法・車両法が現在の形になる前から製造・販売されており、特例的な制度によって路上での生存が許されているワケです。
 具体的には・・・・車両法上は原動機付自転車の範疇の為、近隣の役場で登録出来、シートベルトの装備義務が無く、押して歩く限り歩行者とみなされ、駐車場ではなく駐輪場への駐車が可能ですが、道交法上は自動車の範疇で、ヘルメットの装着義務が無く、30km/hの速度制限も2段階右折義務もありません。

 実際にマイクロカーの解釈に関し公的機関に説明を求めると常に曖昧な回答しか得られませんが、しかし『既にメーカも存在しており一方的に規制する事は出来ないし、そもそも市場規模が小さいのでやや曖昧な感じの規定でもヨシとしているが、今後マイクロカーが普及し事故が増える様であれば、より具体的で厳しい規制が作られる可能性もある』とゆぅ様なニュアンスの説明を受けた事もあります。

 以上を鑑みるに、いくらマイクロカー自体の規制が緩やかでも、マイクロカーが増える事は公的機関ではあまり望んでいない、とゆぅ事情が見て採れます。
 よって排気量拡大版などは、法規上マイクロカーとして認められる可能性が極めて低いと言わざるを得ません。
 勿論、原付には車検制度はありませんし、また違反を取り締まる側の知識も少ないので、とりあえずマイクロカー登録としておいて、後で排気量UPを図ったところで誰にバレるワケでもありませんが、それは車両法違反だけでなく脱税にもなってしまう行為です。

 尚、ちなみに。
 自作の乗物にナンバーを付ける最もカンタンな方法は、edogawaranpo様御回答の通り、小型特殊車両、或いは農民車としての登録でしょう。
 ワタシ自身小型特殊での登録は考えた事が無いのであまり深く追求していませんが、淡路島名産?の農民車ですと、実験設備などナニも無い様な鉄工所でクルマを作り、安易にナンバーを付けています。(淡路島には農民車と呼ばれる自動車改造小型特殊車両を作る自動車業界があり、最近では九州や東北地方にまで農民車を『輸出』している様です。他県に出せるのでしたら、日本中どこでもこの手の手作り車両にナンバーが付けられる、と考えられます)。

 クルマの設計屋で、かつて仕事でマイクロカーを設計した経験もありますので、一応専門家とさせて頂きました。

 50cc未満の内燃機、或いは定格0.6kw以下の電動機を動力とする3~4輪車は、ミニカー或いはマイクロカーと呼ばれる水色ナンバーの車両になりますが、ここからちょっとでも原動機が大きくなりますと、車両法上は軽自動車として認識される事になります。
 そぅしますと、まず車検制度が適用されます。そして、シートベルト、ヘッドレスト、各種灯火類の明るさや位置、ミラー類、J-NCAP...続きを読む

Qコンクリートブロック造で小さな家を造りたいのですが?

コンクリートブロック造の家は丈夫で、価格も安くできると聞きました。北陸地方に住んでいますが、木造の会社がほとんどで、コンクリート造に実績のある建設会社もRCがほとんどです。20坪程の家をコンクリートブロック造で建てたいのですが、どこかに建築例がないものでしょうか? また、いくらぐらいでできるのでしょうか? 

Aベストアンサー

「メーソンリー」で検索すると建築例や専門業者がヒットします。
おそらく#2さんがイメージしているコンクリートブロックではないブロックを使用して建てます。壁式RCと同等の耐震性がありますので、木造や鉄骨造の建物より耐震性能はあります。
また、一般のRC造と同じようにウレタン断熱を行えば、断熱性も確保できます。納まりも壁式RCと同じです。
仕上げの程度によりますが、コストは普通のRCよりは安いでしょうが、鉄骨造や木造よりは高いと思います。
造り方にノウハウが必要です。工務店ならどこでもできるものでもありません。十分に業者の実績など調査する必要があると思います。

Q高さ4メートル3坪の建築にかかる費用は?

高さ4メートル3坪、コンクリートブロック造りの建物があります。
造った方から、100万円で造れると言われました。
鉄筋コンクリート造りなら150万円。
その造った方の知り合いの大工さんから、「損はさせないので早く建てよう」と言われ、
「後でトラブルになるといけないので、いくらかかるのか計算を出して欲しい」と注文してましたら、数日待っても回答の電話がなかったので、こちらから電話しましたら、
「地震対策のために強度を増すので、コンクリートブロック造りで最大180万円近くかかる」と言われました。
強度を増すために130万ぐらいまでアップするのは、理解できるのですが、2倍近くまで言われて驚いています。
私がくどく建築費用の計算を要求しなければ、造ってる途中からそのような建設費用を要求しはじめたことになります。
もう、家を造るのに疲れ果てて来ましたが、力を振り絞って質問させていただきます。
高さ4メートル3坪のコンクリートブロック造りで、
震度7に耐えうるであろう建物は、100万円では造れないのでしょうか?
造れないとすれば、幾らで造れるでしょうか?
素人考えですが、3坪高さ13メートルまで無許可で建てられる事から考えても、3坪高さ4メートル建物は、普通に建てても充分な強度をもっていると想うのですが。。
また、屋根材をブロックではなく、他の軽くて強い材料で造れば、そんなに費用をかけなくても安全に造れるとも想っているのですが、大工さんは、同意してくれません。

建築の概要です。
トイレバスなどありません。
アルミサッシ180×70=6枚  70×70=6枚
電気3カ所
水道は引きますが、浄化槽は別計算です。
床や壁は、コンクリートのままです。
倉庫がわりに高さ1,4メートルの中二階を木造します。
色々と細かいことが判らないと計算できないのかも知れませんが、
ほぼ同じ条件で100万円で造れています。違いは、アルミサッシの数。
強度を上げるために80万円もアップするのか、
アップさせる価値があるのか、
御伺いしたいと想います。
なお、こちらは、沖縄本島で、これまでに大きな地震はありませんが、
その大工さんは、エホバの証人で、沖縄にも大地震が来る事を想定しています。
また、私は、その土地に永住しようと想っていません。
質問の目的など理解出来ないと想われる方がいるかも知れませんが、最近、3坪建築に関して他にも質問しましたので、読んでいただければ、質問の意味がより分かると想います。

高さ4メートル3坪、コンクリートブロック造りの建物があります。
造った方から、100万円で造れると言われました。
鉄筋コンクリート造りなら150万円。
その造った方の知り合いの大工さんから、「損はさせないので早く建てよう」と言われ、
「後でトラブルになるといけないので、いくらかかるのか計算を出して欲しい」と注文してましたら、数日待っても回答の電話がなかったので、こちらから電話しましたら、
「地震対策のために強度を増すので、コンクリートブロック造りで最大180万円近くかかる...続きを読む

Aベストアンサー

補強CB造の構造計算をする必要があります。大工さん任せでは耐震強度があるかどうかはわかりません。
是非、構造屋に頼んで構造計算で強度を確かめてもらいましょう。
その後に大工さんから見積もりを取ると言うのが順序です。
申請がいらないからと言って強度計算をしないで良いというわけではないのです。
(もちろん図面が自分で描けないなら設計事務所に頼む必要もあります)


人気Q&Aランキング