知人が「胆管ガン」と診断されました。
色々とガンに効くと言われる薬や健康食品などをしらべて、
アガリクス、サメの軟骨、プロポリスなどが効果的だと書いてあったんですが
中でも「天仙液」と呼ばれる中国の漢方薬?が大変良いと書いてありました。
私はどうも疑り深い性格なので、天仙液のHPでの体験談などを聞いてみても、
イマイチ出来すぎのような気がして、半信半疑です。

天仙液の効力、またその他の健康食品と言われる物で、良いと思われる物。
天仙液と他の薬との併用などは可能なのか?など、ぜひお聞きしたいと思います。
なにぶんその手の食品は非常に高価な為、失敗なく効率よく服用させたいと思っております。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

MiJunです。


直接的な回答ではありませんが、TOPページで「末期癌」と入れて検索すると関連質問の回答が沢山Hitします。

さらに、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「『がん克服』総合リンク集」

ご参考まで。

参考URL:http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
まずは病気を知ることが大切ですね。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/05/08 11:22

私自身が耳下腺癌になり去年の8月に手術しました


その時知り合いのおばあさんが手遅れだったのですが
天仙液を飲んでいたのですがそのあまりを頂きまして
飲みました味がかなりエグイです
効き目てきには何とも言えないです
私の癌は転移はせず今は健康です
鮫の軟骨もそうですが本人の気持ちで自己防衛機能が
働くことによって進行を抑えるものですので
飲むことによって効果がある場合もあると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
検討してみたいと思います。

お礼日時:2001/05/08 09:43

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「胆管がん」
「オペ」の適応ではなかったのでしょうか?

民間療法に関しては臨床的に評価されているものはないと思います。

家族とか周囲の方のご心中はお察ししますが、癌専門病院で診断・治療されることをお勧めします。

個人的ですが、「丸ワク」も臨床評価では永年問題になってます。
確かに、癌では自然治癒例も極少数ですがあることは知られてます。
それとの区別を、臨床評価で多数の症例で評価をされなければ確定しません!

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/b …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「オペ」に関しては余り詳しい話はわからないですが、
腫瘍が非常に難しい位置にあるとのことでした。

「丸山ワクチン」に関してなんですが、副作用はないとのことなので
やらないよりはやった方がいいのかな?と思っているんですが、
どうでしょうか。
特にワクチン自体に害がなければの話ですが。

その辺りの情報もお待ちしています。

情報ありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2001/05/08 09:41

ガンの民間療法は、高価であれば効き目があるように錯覚しますが、一概にそうではないことが多くあります。

特に天仙液は高価ですが値段ほど効き目があるかは疑問です。ガンになって藁をもつかむ気持ちは理解できますが冷静に判断するべきでしょう。また天仙液には、まがいものが多いので要注意です。本屋で過大評価してある本などは、出版商法の典型なので鵜呑みにしない方がよいと思います。

アガリクスに関してですが、あるデータによるとアガリクスの抗がん作用としいたけの抗がん作用にはほとんど差がないそうです。しいたけは安いのでありがたみが少ないですが・・・

プロポリスに関しては、知り合いの医者に聞くとある程度の効果は期待できるので患者に安く提供しているそうです。(1本=2000円ぐらい)

話はそれますが、私の祖母が子宮がんで全身転移の末期症状にあったとき、頼ったのは「丸山ワクチン」でした。大学病院、市民病院、日赤病院で診察を受けた結果、いずれも手術しても無駄で余命1年と診断されました。しかしながら、丸山ワクチンを続けて、みるみるうちに全身のガンが消え、手術をしないままに30年間元気で生き続け、94歳で老衰で亡くなりました。医者もどうしてかわからないとしかコメントできませんでした。嘘のような話ですが、本当の話です。世の中にはこんなこともあるということを知ってください。「丸山ワクチン」は日本医科大学で40日分を1万円程度で購入できます。(通販もできます。ただし医者の診断書がいると思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございます。
「丸山ワクチン」調べてみました。とてもよさそうなワクチン?ですね。
医療のことは私自身素人なので、もっとよく調べて誤情報などに
惑わされないように、色々と検討したいと思います。

あと、プロポリスで一本2000円はとても安いですね。
ご迷惑でなければ入手方法など教えていただきたいのですが。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/07 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天仙液について

夫63歳は昨年10月肺がんのIV期と診断され、3ヶ月の入院で抗がん剤治療をうけました。たいした副作用もなく、現在は少し咳が出る程度で食欲もあります。天仙液のことを知人から聞き、中国国内向けの緑ラベルの天仙液を入手できることになったのですが、これについて、現在服用中の方や、服用経験のあるかた、服用にあたっての注意点や効果など、教えていただきけたらと思います。

Aベストアンサー

私の父は去年大腸がんになり、東洋漢方研究所というところの漢方を服用していました。
父は、いろいろな漢方を服用し、その中で天仙液も服用していました。
私の父はステージIVで腹膜・肝臓・膀胱・リンパ節に転移し、手のほどこしようがない状態でありましたが、がん患者にとって一番重要とされるQOL(生活の質)を維持するために、ミキプルーンをとり、漢方を服用していました。
父が天仙液を服用し、特に問題はありませんでした。
これを服用していたおかげなのか、食欲もあり、免疫力の維持にもつながりました。
私の父は余命1ヶ月だったのが半年生きることができ、主治医も驚いていたほどです。

前述したことなのですが、手軽な価格でとることが出来るミキプルーンはお勧めです。

天仙液は、父はまずくて炭のような味がすると言っていました。私の父も西洋の抗癌剤を投与しつつ漢方を服用していたのですが、抗癌剤と一緒に服用していれば西洋抗癌剤のつらい副作用は漢方でかなり軽減されると思います。

あくまでも経験からでしかお答えできませんが、ご参考にしてください。

参考URL:http://www.toyokanpo.co.jp/

私の父は去年大腸がんになり、東洋漢方研究所というところの漢方を服用していました。
父は、いろいろな漢方を服用し、その中で天仙液も服用していました。
私の父はステージIVで腹膜・肝臓・膀胱・リンパ節に転移し、手のほどこしようがない状態でありましたが、がん患者にとって一番重要とされるQOL(生活の質)を維持するために、ミキプルーンをとり、漢方を服用していました。
父が天仙液を服用し、特に問題はありませんでした。
これを服用していたおかげなのか、食欲もあり、免疫力の維持にもつながり...続きを読む

Q癌に効く発酵アガリクス。

母がすい臓癌で肝臓と胆管への転移があります。
現在抗がん剤治療と併用してアガリクスを飲んでいます。
民間療法も様々あると思いますが、最近発酵アガリクスをいうのを目にしました。実際使われたことがある方、ご意見を伺いたく質問させていただきました。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご心中お察しします。

質問の主旨とは外れますが、アガリスクに関して以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「国立がんセンターのデータとして、アガリクスの抗がん効果について記述している出版物がみられますが、本当のことですか?」

>アガリクスががんに効くのはアメリカの国立がんセンターで証明されています。
実際の論文をご教示頂ければ幸いです。

お気持ちは分かりますが、個人的にはアガリスクを含む民間療法に過度の効果を期待されるのはどうかと思います。

◎http://humanbalance.net/gan3/data31/data31.html
(膵臓がん)

◎http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/colm32/250681
(進行膵癌に対するベバシズマブ+ゲムシタビンの第2相試験で1年生存率53%、奏効率27%)
今年のASCO(米国癌治療学会)での発表です。

いずれにしても主治医と良く相談されることをお勧めします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/index/qanda.html#06

ご心中お察しします。

質問の主旨とは外れますが、アガリスクに関して以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「国立がんセンターのデータとして、アガリクスの抗がん効果について記述している出版物がみられますが、本当のことですか?」

>アガリクスががんに効くのはアメリカの国立がんセンターで証明されています。
実際の論文をご教示頂ければ幸いです。

お気持ちは分かりますが、個人的にはアガリスクを含む民間療法に過度の効果を期待されるのはどうかと思います。

◎http://humanbalanc...続きを読む

Q天仙液について

漢方薬「天仙液」を使用していた方、現在使用している方に質問です。効果はありますか?もし差支えなければ病名、使用期間なども教えていただけると有難いです。公式HPは見たのですが、それだけで使うかどうか判断するのは不安なので質問させていただきました。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私の母が、末期の肺がんと診断されたときにいろいろ調べて、主治医に相談しましたが漢方薬やその他、いろんなものが癌に効果があったと記載されていても、そうゆうのは仮に本当としても1000人に1人、好い結果が得られたことを大げさに書いてあるだけで、治療効果が確立されている三大療法(手術、化学療法、放射線)と全く比較にならないと言われ、相手にされませんでした。何とかしたいとゆうお気持ちは、良くわかりますが、天仙液をふくめて何かが大きな効果を生むとゆうことは、残念ながら無いと思います。

Q抗がん剤とアガリクスの相性は?

近親者にガンが発見され、12月に手術をしました。
で、今後の再発のリスクを少しでも低くするために抗がん剤の治療がはじまりました。

そこで教えていただきたいのですが、友人から「アガリクス」を頂き服用しようと思っているのですが、ちょっと心配なことがあります。

抗がん剤はAC療法でドキソルビシン(アドリアシン)とシクロフォスファミド(エンドキサン)の点滴投与です。
「エンドキサン」を検索すると「免疫抑制剤」とのこと。「アガリクス」は「免疫力を高める」とのこと。

この相反するものを同時にっていうことは大丈夫なのでしょうか?それとも、抗がん剤の効果を下げてしまうものなのでしょうか?
「アガリクス」はあくまでも健康補助食品なので薬との併用の副作用は心配の必要はないのでしょうか?

なんでもよいのでアドバイスいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問を主治医に質問したことがありますがはやりアガリクスは健康補助食品なので大丈夫と言われましたので併用しましたが副作用などの問題はありませんでした。

気になるようでしたら主治医に聞かれたほうが良いと思います。

Q肝臓がんに「天仙液」ってどうでしょう?

肝臓がんには天仙液が効くってサイトに書いていました!
これを買うとがんは治るのでしょうか?
化学治療は色々大変そうなのですが、これなら飲むだけでいいので、いいかなと思うのですが、みなさんはどう思うでしょうか?
食事療法などもこれから調べていこうと思っています。

Aベストアンサー

それで20%でも治るのなら、世界で何兆円も売れる巨大マーケットになっていますよ。

10%でも、数千億円は固いでしょう。

5%でも、すべての病院で使います。

なぜって?転移したがんはごく一部の種類をのぞいて、基本的に治癒率が0%というのが、現在のがん治療だからです。0を少しでもプラスの数にできるなら、世界中の研究者が真っ先に飛びついています。どんな副作用の強い抗がん剤でもできないことが、副作用が全く?ないのむ「薬」でできるのですから。

Q非浸潤性乳管ガンおよび子宮体ガン(前ガン状態)

胸筋温存乳房切除術とセンチネルリンパ節生検をうけ、リンパ節転移なし、エストロゲン受容体陽性、プロゲステロン受容体陽性、HER2陰性、一部面疱型があるため、術後療法としてタモキシフェン5年間服用を勧められた。療法開始前に子宮ガン検診をうけたところ、頚ガンは問題なしだが子宮体ガンで擬陽性で前ガン状態と言われた。

乳腺外科の主治医は、婦人科検診の結果を聞いて、ホルモン療法を中止し婦人科を優先して乳腺外科としては術後療法はなしということになった。

やはり、このような状態の場合、ホルモン療法(タモキシフェン)を服用しないほうが良いのでしょうか?
乳癌の手術後すでに、2ケ月以上たっていますが、ホルモン療法は婦人科の処置が終わってから、さらに時間がたってしまいますがすることは出来ますか?   
また、タモキシフェンは子宮体ガンを誘発しやすいとのことなので、ほかの薬(例えば、クエン酸トレシファンなど)にすることは出来るのでしょうか?
面疱型があったため、術後療法をしないことによる不安があります。ただ体ガンの心配もあり、すごく悩んでいます。また、転移ではないと主治医はおっしゃいましたが、こういう状態のガンの”たち”は悪いものなのでしょうか?ガンが2つ続いたのでとても心配になってしまいました。
よろしくお願いします。

胸筋温存乳房切除術とセンチネルリンパ節生検をうけ、リンパ節転移なし、エストロゲン受容体陽性、プロゲステロン受容体陽性、HER2陰性、一部面疱型があるため、術後療法としてタモキシフェン5年間服用を勧められた。療法開始前に子宮ガン検診をうけたところ、頚ガンは問題なしだが子宮体ガンで擬陽性で前ガン状態と言われた。

乳腺外科の主治医は、婦人科検診の結果を聞いて、ホルモン療法を中止し婦人科を優先して乳腺外科としては術後療法はなしということになった。

やはり、このような状態の場合、ホル...続きを読む

Aベストアンサー

#1です
別の薬の選択は私には判りません。
刺激しない方法=薬をやめるということで私は納得しています。

薬をやめたことで 卵巣の腫れなどはおさまりました。
乳がんの点滴の抗がん剤(最初は経口・腫瘍マーカーが悪化して点滴に変更)を使うと~年齢によると思いますが~抗がん剤がなくても”あがりそうな”状況でしたから すぐに生理も止まり…(普通は止まるらしい) その状況だけでも子宮や卵巣の悪化は避けられるはず。

抗がん剤と放射線が必要ないのかどうか、生理を止める方法は無理なのか?と主治医に確認してください。抗エストロゲンは使わないほうが良さそうということだけが判っている状態なようです(質問と補足でもそれ以上のことは判らない)。

積極的な治療を受けたいけど、治療法の選択肢が1つ減ったことの不安は相談するべきです。

>こういう状態のガンの”たち”は悪いものなのでしょうか?
前ガン状態はまだガンじゃありません。まだ心配する状況じゃありません。
正常じゃないだけです。抗エストロゲンを使い続けたら”たち”が悪くなります。

乳がんの治療をするにあたって 気を配ったほうが良いだけです。

#1です
別の薬の選択は私には判りません。
刺激しない方法=薬をやめるということで私は納得しています。

薬をやめたことで 卵巣の腫れなどはおさまりました。
乳がんの点滴の抗がん剤(最初は経口・腫瘍マーカーが悪化して点滴に変更)を使うと~年齢によると思いますが~抗がん剤がなくても”あがりそうな”状況でしたから すぐに生理も止まり…(普通は止まるらしい) その状況だけでも子宮や卵巣の悪化は避けられるはず。

抗がん剤と放射線が必要ないのかどうか、生理を止める方法は無理なのか?と...続きを読む

Q天仙液というものを最近知ったのですが・・・。

こんにちは。
都内在住の30代会社員です。
私の父が胃癌で中期症状が出ています。
食欲がなくなり、体も一目で痩せたな感じています。
大好きだったお酒も飲めなくなっている状態です。

治療をせずに余命を過ごすか、引き続き抗癌剤等の治療を進めるか迷っています。

そこで、いろいろ調べていたら抗ガン作用のある漢方薬「天仙液」というものがあることを知りました。

副作用が少なく、癌に少しでも効果があったり延命効果があるなら是非試してみたいと思っています。


具体的にどのような効果を求められるのか、購入はどこで行えばいいのか、安心して使用できるものなのか、実際に効果が出ている事例はあるのか等、ご存知の方いらっしゃいましたらご回答お願いします。

Aベストアンサー

以前にも同じような質問があったようです。

質問:天仙液で考えられる効果を教えてください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6832379.html

天仙液が癌に対してどうのような効果があるか?
(サイトから引用)
(1)ガンの改善、回復効果、延命効果など。
(2)末期ガンに特有な苦痛の軽減効果、鎮痛作用効果など。
(3)西洋医療による副作用の軽減効果、相乗効果など。
(4)ガンと共存しながら、QOL(生活の質)の向上効果など。

上記だけ見ると魔法のような薬に見えますが、副作用はほぼ無いと思って頂いて大丈夫だと思います。(効果には個人差があるから断言はできませんが。。)

また入手方法ですが、こちらもサイトからの引用を掲載します。

日本ではまだ、天仙液(てんせんえき)は医薬品としての許認可を受けておらず、一般的に販売はされておりません。天仙液の入手につきましては、厚生労働省のガイドラインに従って、天仙液の世界総販売元・中日飛達聯合有限公司(本社・香港)の日本指定個人輸入代行会社に代行を依頼することで、安全に入手できて、安心して使用することができます。

参考までに、天仙液の公式サイトURL載せておきます。
http://www.tensen.com/

少しでも症状が軽くなることを祈っています。

以前にも同じような質問があったようです。

質問:天仙液で考えられる効果を教えてください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6832379.html

天仙液が癌に対してどうのような効果があるか?
(サイトから引用)
(1)ガンの改善、回復効果、延命効果など。
(2)末期ガンに特有な苦痛の軽減効果、鎮痛作用効果など。
(3)西洋医療による副作用の軽減効果、相乗効果など。
(4)ガンと共存しながら、QOL(生活の質)の向上効果など。

上記だけ見ると魔法のような薬に見えますが、副作用はほぼ無いと思って頂いて大丈夫...続きを読む

Q【抗ガン剤】抗ガン剤の治療について質問です。抗ガン剤治療を受けてそのまま生き続けた人っているので

【抗ガン剤】抗ガン剤の治療について質問です。

抗ガン剤治療を受けてそのまま生き続けた人っているのでしょうか?

抗ガン剤治療をしなかった人でいつの間にかガンが消えて今も生きている人はよく聞きます。

しかし、抗ガン剤治療をした人で頭がつるっ禿げになった人で今もピンピン生きているという人の話は聞いたことがないです。

抗ガン剤治療をすると延命するがすぐに死んでいってる気がします。

抗ガン剤治療に懐疑的なんですけどどう思いますか?

ガンに負けた体がガンに勝つ抗ガン剤という毒を体内に入れて生き残れるという発想がおかしいと思ったりします。

抗ガン剤に勝てるならガンに負けなかったと思いますけど。

Aベストアンサー

私の以前の勤務先には抗がん剤治療を受けて髪がなくなっていましたが、5年経過したので治癒したと宣言された人がいます。

その後、別の部位にガンが見つかりましたが、新たなガンだとみなされました。

「すぐ」「生き続けた」が何年をさしているのかにもよります。

Q天仙液で考えられる効果を教えてください。

癌について最近勉強を始めました。

別に知り合いが癌にかかったとかいうことではありませんが、質問させていただきます。

私の意見だと最近まで西洋医学の発展は目覚しいもので、癌治療に対しても以前とは比べ物にならないほど治癒率や延命率も高まっているという認識だったのですがこれは実際間違った意見ですか?

西洋医学での癌治療は限度があるということを聞きました。
これの改善のために統合治療を行うことが重要という話を耳にしたことがあるのですが、統合治療のメリットとはなんでしょうか?

それと抗ガン漢方薬の天仙液というものも気になっているのですが、この漢方薬で考えられる効果とはなんでしょうか?
実体験でも何でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

>私の意見だと最近まで西洋医学の発展は目覚しいもので、癌治療に対しても以前とは比べ物にならないほど治癒率や延命率も高まっているという認識だったのですがこれは実際間違った意見ですか?

間違ってはないでしょう。
日々医学は進歩していますよ。

統合治療(癌治療に限って)を行うことをメリットと捉えるならば
西洋医学が得意とする病巣や局部に対する治療法に加えて、
身体全体を見つめ、その歪みを正して免疫力を高め、
ひとが本来持っている自然治癒力を生かした効果を生かした漢方療法などを取り入れることで統合的に治療を行えるところ。

天仙液が癌に対してどうのような効果があるか?
(サイトから引用)
(1)ガンの改善、回復効果、延命効果など。
(2)末期ガンに特有な苦痛の軽減効果、鎮痛作用効果など。
(3)西洋医療による副作用の軽減効果、相乗効果など。
(4)ガンと共存しながら、QOL(生活の質)の向上効果など。

Q早期ガンとか進行性ガンて?

大腸(上行結腸)にガンがあると言われました。組織検査の結果はまだですが、まちがいないらしいです。よく早期ガンとか進行性ガンとか聞きますがどういうことでしょうか。貧血気味で便の潜血検査の結果の内視鏡でみつかりました。今年二月にクッシング症候群で左の副腎切除しました。確かその入院の時は便に異状はなかったはずです。早期ガンというのは、ガンが出来たてで見つかったと言うことでしょうか。私の場合は、二月以降に出来たガンということでしょうか?進行性ガンというのは、組織検査でのガンの種類というか…そういう事でしょうか。大腸ガンというのは比較的切除してしまえば問題無しで転移もあまりないとか聞きますが、やはりなんといっても“ガン”なのできにかかります。大病院なので手術待ちの状態です。一ヵ月後くらいの予定だそうですが、そんなにほっておいて大丈夫なのでしょうか。気になります。どなたか何かアドバイスをお願いします。五十歳女子です。最悪の場合を想定して遺言とか書いておいたほうがいいでしょうか。考えすぎでしょうか。

Aベストアンサー

心中お察しします。
まず、主治医に疑問な点や不安な点については積極的に質問し、説明を求めて下さい。あなたの病状を最もよくご存知なのは、私やこのサイトを訪れる医師ではなく、あなたの主治医、そしてあなた自身です。治療の主役であるあなたが、こんなに不安なまま手術までの1ヶ月を待たなければならない現状では、主治医の説明は不足していると言われても仕方ありません。疑問な点不安な点を明確にし、質問すれば、主治医はきちんと説明してくれることでしょう。手術を1ヶ月後に予定したのには、病状と病院側の事情(他の患者さんの手術予定など)を十分に考慮した上での、きちんとした理由があるはずです。推測ですが、主治医は「1ヶ月で急激に進行して手遅れになるようなことはなく、待てる。急いて手術をするよりはきちんと準備して治療にあたるべき」と判断しているのだと思います。主治医の心の内をまずちゃんと聞いてみて下さい。
話がそれました。
今回の質問に対する、大腸癌の一般的事項について説明します。
大腸は筒状の臓器ですが、ただの土管ではなく、層構造で筒を形成しています。大まかに言うと3層構造になっていて、一番内側(便が通る側)が粘膜層、一番外側に筋肉層があり、その間(二番目の層)には粘膜下層と言って粘膜と筋肉を繋ぐ層があります。
早期癌、進行癌は、「大腸癌取り扱い規約」という本の中できちんと定義がされており、全国どこでもこの規約に基づいて診断、治療が行われます。
まず大腸癌は全て一番内側の粘膜層から発生し、進行するにつれて外の層へ外の層へと拡がっていきます。
それで早期か進行かについてですが、癌細胞の拡がりが粘膜下層までに留まっているものを「早期癌」、粘膜下層を越えて筋肉層まで到達しているものを「進行癌」と定義しています。勿論癌発生からの時間と進行具合とに相関はあると思いますが、時間は定義には含まれていません。(癌発生からの正確な時間を算出することは難しいですし、治療にはあまり関係ないことと思います)
次に気になる治療(と一部予後)についての事項です。
癌の治療は、兎にも角にも体の中から癌細胞を完全に取り去ってしまうことが目的です。
早期癌のうち、癌が粘膜層に留まっているものと、粘膜下層に入っていても粘膜層との境目から1mm程度までしか進んでいない場合には、転移している可能性が非常に少ないことが統計的に証明されています。即ち病巣さえ取り切れば癌細胞を体から全て取り去れたとして良く、命が脅かされる心配はかなり少ないと考えられているのです。この場合、多くは開腹手術ではなく内視鏡手術が選択され、良い治療結果が得られています。
粘膜下層に入って1mmを越えてくると、リンパ節に転移している可能性が出てきます。リンパ節は筋肉層の更に外にあって内視鏡では取りきれませんから、この場合は外科的手術が選択されます。内視鏡手術が選択されるか、外科的手術が選択されるかは、早期か進行かの定義とはまた別の規準で決まっているのです。これも長年の統計的な検討により編み出されたコンセンサスです。1mmを越えても粘膜下層内までの腫瘍の拡がりであれば、約10%程度のリンパ節転移率と言われています。ですから90%程度の人には手術をした結果リンパ節には飛んでいなかったということは当然あります。でもいくら少ない確率でも疑わしきは取っておくべきという考え方です。その人が10%に入っているのか、90%に入っているのかは今の医療技術では術前には誰にも分からないのですから。そして筋肉層に向かって癌が進めば進むほどその率は上昇していきます。手術前にCT等で全身検索を行うのは、リンパ節はどの範囲まで取れば体内から癌が駆逐できるだろうか?他の臓器(多くは肝臓)に転移がないだろうか?などを調べるためです。とにかく癌細胞を残してしまったのでは手術が無意味になってしまいますから、この点は慎重に検査します。
現在結果待ちの組織検査の結果、癌細胞の悪性度が高い場合には例え粘膜内に留まっていても、外科的手術が選択されます。癌細胞の悪性度もまた早期と進行の定義には入っていませんが、悪性度が高い場合には早い段階で転移している可能性が統計的に高いとされているからです。
yasuko-haさんが仰るように、大腸癌は各種の癌の中で、内視鏡手術でも外科的手術でも比較的治療成績の良い癌であると言われています。即ち治療後の生存率は高いと言われています。
治療は手術ということですが、外科での手術なのでしょうか?内視鏡で取れるか、外科手術で取った方が良いか、これは術前の内視鏡診断で判断が出来ます。内視鏡医は、上に述べたような規準に則り、yasuko-haさんの治療方針を決定したのでしょう。お腹を開けることには不安があるかも知れません。内視鏡で取れるものなら内視鏡でして欲しいと思われるかも知れません。しかし「yasuko-haさんの体の中から癌細胞を完全に取り去ってあげたい」これが主治医の一番の思いです。
私はyasuko-haさんの大腸の内視鏡写真を見たわけではありませんし、転移している可能性がどれくらいあるかも知りません。最悪の場合をどれくらい考えておかなければならないかは、こうした所見を把握している者にしか分からないことです(把握している者でも正確に分かるわけではありませんが)。この点についても主治医によく聞いておくべきだと思います。

一つだけ心に留めておいて欲しいことがあります。
今回の癌治療の主役は、yasuko-haさん、あなたです。主役のあなたが気弱になっていたのでは素敵なドラマは完成しません。主治医も看護師も、癌治療というドラマの中で主役のあなたが輝けるために、全力でバックアップしてくれる脇役です。だからyasuko-haさん、輝かなくちゃだめだよ!輝くためには、脇役の皆さんには自分の思いを伝え、主役のあなた自身が全てを納得しておかなければならない。遠慮も恐れもいりません。それが主役の務めでもあるのです。

心中お察しします。
まず、主治医に疑問な点や不安な点については積極的に質問し、説明を求めて下さい。あなたの病状を最もよくご存知なのは、私やこのサイトを訪れる医師ではなく、あなたの主治医、そしてあなた自身です。治療の主役であるあなたが、こんなに不安なまま手術までの1ヶ月を待たなければならない現状では、主治医の説明は不足していると言われても仕方ありません。疑問な点不安な点を明確にし、質問すれば、主治医はきちんと説明してくれることでしょう。手術を1ヶ月後に予定したのには、病状と病...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報