出産前後の痔にはご注意!

費用対効果も悪く、使えない難易度高い資格といえば 代表格は?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

生活保護受給者が持つ資格のTOPが行政書士と聞いたことがあります。

    • good
    • 1

fp技能士かな

    • good
    • 1

どんな資格(国家・公的・民間に関わらず)でも、目的や使う当てなく取ったもので


あれば「費用対効果も悪く使えない」ですし、無勉ではさすがに取れませんから難易
度も(無勉で取れませんから)高いでしょうね・・・
    • good
    • 1

鍼灸師

    • good
    • 0

第一級アマチュア無線技術士。

国家資格で国家試験が難関なのに、取得しても1円にもなりません。
    • good
    • 2

司法試験。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q使える資格&使えない資格

使える資格&使えない資格

タイトル通りですが使える資格(役に立つ)と、逆に使えない資格を教えてください。


どちらでも良いです。

できれば使える資格は、割と短期間で取得できるのがあれば知りたいです。

Aベストアンサー

私が思うに、使える&使えないの定義にもよりますが、単に資格と言っても

・「免許」のように「それがないとできない」もの(以下、免許)
・いわゆる「資格」。単に試験に合格したことを証明するだけのもの(以下、資格)

という2つがあると思います。

免許系は持っていると強いです。
医師免許などがそのよい例だと思います。
弁護士もそうでしょうか。
運転免許もそうでしょう。


そうではなく、単に実力を示すだけのようないわゆる「資格」。
こちらはあまり使えないと思います。

例をあげると、経産省の大臣の名前が入ったたいそうな合格証書が授与される情報処理技術者試験です。
私もこれを持っていますが、はっきり言ってこんな資格がなくてもコンピュータ系の仕事はできます。
個人的には、苦労した割には使えず、取得して失敗だったと思っています。

某通信講座のCMで、資格は裏切らないというフレーズが使われていましたが、資格はどんな場所でも通用する伝家の宝刀ではありません。
持っていても実務経験がないと戦力として認められない場合もあります。



なので、私が使えると思う資格は、いわゆる免許です。

割と短期間で取れるということになりますと、お勧めは「大型自動車第二種運転免許」。
大型二種です。

これがあれば、仕事で使う車にはほとんど乗れます。
タクシー、ハイヤー、運転代行、マイクロバスを使った送迎、路線バス。
もちろんトラックも。

乗れないものは、トレーラー位でしょうか。
トレーラーも割と簡単に取れます。
「けん引自動車第一種運転免許」です。

この2つがお勧めですかね。


自動車免許は他にもありますが、この2つ、特に大型二種はお勧めです。

私が思うに、使える&使えないの定義にもよりますが、単に資格と言っても

・「免許」のように「それがないとできない」もの(以下、免許)
・いわゆる「資格」。単に試験に合格したことを証明するだけのもの(以下、資格)

という2つがあると思います。

免許系は持っていると強いです。
医師免許などがそのよい例だと思います。
弁護士もそうでしょうか。
運転免許もそうでしょう。


そうではなく、単に実力を示すだけのようないわゆる「資格」。
こちらはあまり使えないと思います。

例をあげると、経産省の...続きを読む

Q士業の資格難易度を格付けしてください。

士業の資格難易度を格付けしてください。

世の中にたくさんある資格の中で士業(●●士)の資格
の難易度をランキング付けしていただきたいと思います。

対象は下記です。

司法書士・行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・FP
公認会計士・弁理士・宅建・海事代理士・社会保険労務士
中小企業診断士

※宅建・FPは士業とは言い難いですが、参考までに入れてみました。
※司法試験・税理士は受験資格自体狭き門の為省いています。

もちろん、それぞれ専門分野が違う為、全く普通の人間(理系・文系等全て平均知識)
が受験する感覚で一般的なランキングを付けていただければと思います。

2位タイ、3位タイとかでもOKです!!

もしよろしければその理由を付けていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、幾らかは難
 易度が下がります。とはいえ、受験生は一流の大学や大学院を出ている
 人が多数なので、元々の受験者の母集団のレベルが高く、そんな中での
 10%前後の合格率ですから、厳しいことには変わりありません。反面、
 司法書士には「受験要件」が無いため、誰でも受験できます。これらは、
 いわゆる「才能」と「運」が「努力」と共に必要な資格と言えると思い
 ます。

(2)次に「土地家屋調査士」も「2次試験」が測量士などの既得資格で免除
 になれば、大分ハードルは下がるものの、それでも司法書士と同じく実
 務形式の「書式」試験、口述試験がありますし、免除なしで全受験する
 なら、(1)に匹敵する難易度になります。

(3)「診断士」「社労士」「行政書士」は、(1)よりは「努力」でカバーでき
 る資格なので、現実、普通のサラリーマンや学生の合格者も多いですが、
 それでも、時間をこなすだけの学習では合格は困難です。情報収集して、
 的確かつ効果的なやり方が求められます。

(4)「海事代理士」は合格率的には難関とは言えませんが、受験者の多くは
 関連業務で既に法知識のある「司法書士」「行政書士」開業者が、業域
 の拡大を狙って受けるためです。また、試験内容が特殊で教材が少ない
 事から、二次の口述試験など、むしろ「勉強の仕方」が分らなくて苦労
 します。

(5)「宅建」「FP」はこの中では、受験要件も無く、最も容易な「エント
 リー」クラスの資格ですが、さりとて合格率は20%を切る(FPは2
 級技能士以上)国家資格であり、安易な気持ちで挑戦すると、何度受け
 ても受かりません。特に宅建は何度も不合格で、結局、諦めてしまう人
 が意外といます。ただ、キチンと努力出来れば、運などに左右されず、
 必ず合格できる資格だと思います。

 (結論)
 
 司法書士≒会計士・不動産鑑定士、弁理士>調査士>診断士>社労士≒行政書士>海事代理士>
 宅建・FP(2級以上)

 ※正直、最難関資格は個人の属性や得意・不得意分野などで主観が入り、一概にはいえない。
 ※「診断士」は二次で実務講習or専門教育が必要なため社労士以上の難易度とした。
 ※社労士と行政書士は年度で難易度にバラつきがあり、どちらが上かは一概に言えない。ただ、
  専門性や出題の深さ、細かさでいえば、「社労士」がやや難しいという意見も多い。

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、...続きを読む

Qビジネス実務法務2級って、役に立ちますか?

ビジネス実務法務3級を勉強し、受験したら受かってしまい、2級も
挑戦したほうが良いのか迷っています。
2級となると結構なボリュームだと思うので今からやって間に合うのか心配です。

経理課か財務への転職活動をしています。現在BATICのSub2や
コンピュータの資格を勉強しており(外資系企業にいたのと、将来USCPA
を取得したいので)、それほど余裕はありません。
ビジ2級の評価や実用性ってどれほどのものなんでしょうか?

Aベストアンサー

私もビジネス実務法務検定2級は合格しています。
転職活動の役に立つか立たないかで分けるなら、役に立ちません。

採用担当者は存在する全ての資格を把握しているわけではありませ
んし、資格によって得られる知識を理解しているわけでもありませ
ん。資格欄で採用担当者の目を引き付けるのは世間の評判で難しい
と言われている資格だけです。要は知名度です。採用担当とは言っ
てもサラリーマンなので、その程度です。

ビジネス実務法務は知名度も難易度も低いので評価される可能性は
ほとんど無いでしょうし、経理・財務の志望なら尚更です。経理・
財務であれば、評価されるのは簿記1級や税理士、あるいは会計士
です。そして何よりも、他の部門以上に実務経験を問われます。

余談ですが、経理・財務でも英語力は評価されます。外資系勤務と
いう経歴なら、採用側は間違いなく英語力を期待するので、
TOEICで高得点を出しておくと採用担当者の目に留まると思います。

以上、転職活動にあたっては、ビジネス実務法務検定の優先度は
低いと思います。

Q40代からでも再就職に有利な資格はどんなものが

もうすぐ40代なのですが、学歴に関係なく取得でき
再就職に有利な資格ってはどんなものがあるでしょうか。
(漠然とした質問ですみません。)

いまの職場が大変厳しくて、この先高齢になったら続けられるかどうか
迷っています。
・いわゆる3Kでこの暑さで体力的消耗がかなりきつい
・職場の人間関係がつらい(いじめ等)

どんな資格よりも所詮経験のほうが優先されるでしょうか?

もしくは似たような職種のアルバイトなどからはじめて
数年後に本就職をめざすなどのほうがよいでしょうか

できれば体力的に無理がきく仕事を希望しますが
(男性です)わがままですみません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

取得するのに費用が高くて個人ではなかなか手の出せない資格ですね
それがあれば 会社は取得費用がかからないから 経験が少なくても採用するのでは?

Q給与は月額16万。手取りはいくら?

地方大学を来春卒業する女子。一社から内定をもらいました。
一般職で給与は月額16万ということです。手取りはいくらくらいになるのでしょう?見当がつきません。
自宅通勤ではないので、家賃等も必要になります。手取りの給料で1人でやっていけるのか不安です。
人事の方に給料について詳しく聞くのも、就職時のイメージが悪くなるかと思い、聞けませんでした。どなたか給与や今後の生活設計について経験からの知恵を教えてください。

Aベストアンサー

地方の一般職の初任給としてはほぼ平均的な金額だと思います。
160,000が月給の総額として考えると、社会保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、源泉徴収税(扶養者なし)をひいた金額はほぼ138,000になります。
家賃は月給の3分の1程度におさえると良いと言いますが、なるべくお安いところを探すという形を取られた方がよいです。
なお給料の詳細については、雇用契約の際に書類に明記してあると思いますし、なければその際に聞いてみると良いですよ。


人気Q&Aランキング