よく「フェードよりもドローの方が距離がかせげる」といいますが、これはキャリーではなくランの違いを言っていると解釈しております。
 理由として「ドローは低弾道で、フェードは高弾道だから」ということを聞きました。が、そもそもなぜそのような違いが現れるのでしょうか?
 以下の点につき、どなたか教えてください。

 1.フェードとドローの飛距離の違いの理由は前述の解釈でよいのか?
 2.ドローの方が低弾道というのならば、キャリーだけで言えばフェードの方が
   飛ぶのか?
  (例/ドローは「キャリー:ラン」が7:3だが、フェードは8:1、とか)
 3.弾道の高低・転がり共に「球の回転の方向」が逆であるがゆえの「左右
   対称」の動きをするはずなのに、なぜ差が出るのか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 単なるボールの回転ではなくスイング軌道として分類しますと、フェードとは弱いスライスみたいなモノですが、上級者がドローと呼ぶショットは弱いフックではありません。



 ゴルフクラブのインパクトの衝撃力は、高いスイングスピードだけで出せるモノではありません。人間の骨格的構造上、スイングの加速度自体はインパクトの遥か前で最高値を迎えてしまい、インパクトの瞬間には加速度が低下しています。
 加速度が低下している、とゆぅ事は、ダウンスイングでヘッドの慣性質量によりしなったシャフトが戻り始める事を意味します。つまり、インパクト時のヘッドの移動速度はスイングによるヘッドの速度+シャフトの戻りによるヘッドの速度となります。

 シャフトの戻り速度を上げる為にはテークバックからダウンスイングに切り替わる一瞬でシャフトを強力にしならせる必要があり、その為には(1)トップでタメを作らない(2)可能な限り大きい加速度を出す様にダウンスイングを始める、事が重要です。

 この(2)の加速度を得る為には右手の、特にヒジの使い方が重要になり、右手をメいっぱい使ってダウンスイングを始めると、トップ位置よりシャフトが下がり、ちょうど右ワキ辺りの、テークバック軌道より低い位置からシャフトが出る様になるはずです(=ヘッドが、テークバック軌道よりインサイドからボールに向かいます)。
 この軌道でインパクトを迎えると、クラブは加速されたヘッドの慣性によって飛球線に沿って、或いはやや右方向に出てしまう事になり、結果、ややフック系のヘッド軌道を取る事になります(雑誌などに出るプロの分解写真を御覧下さい。ジャック・ニクラウスや青木功なども、全てテークバック軌道より低い位置からシャフトがボールに向かいます)。

 以上の様にシャフトの反発力を使った強いタマを打とうとすると、ヘッドが自動的に弱いフック系の軌道を通ってしまいます。

 風に負けない強いタマ=弱いフック系のスイング=ドローボールとなり、ドローボールとなるのは強いタマを打った時の結果論であって、弱いフック回転のボール全てが弱いスライス回転のボールより飛ぶ、とゆぅ話ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
「ドローボールとなるのは強いタマを打った時の結果論」ということですか。
ということは、(スイングを無視すると)野球のピッチングマシンのようなものを使って、回転方向を変化させて同じ力で発射すればフェード/ドローは左右対称の軌跡を描いて飛距離も同じ、ということですね?

お礼日時:2001/05/10 14:09

 御質問を頂いた様ですので、更に書き込みです。



>回転方向を変化させて同じ力で発射すればフェード/ドローは左右対称の軌跡を
>描いて飛距離も同じ、ということですね?

 御意に御座います。

※大気中を飛行するボールが飛行中に方向を変えるのは、流体力学的には飛行物体左右の圧力差が作用する為です。そしてこの左右の圧力差は、完全対象形状のボールに於いては、その自転運動によってのみ生まれます。
 自転運動以外全く同一条件で、自転運動だけが完全に対照である飛行する2コのボールがあったとしますと、その違いは曲がる方向だけです。

※クラブを強振すると自動的にドローボールとなるのは、クラブの構造と、解剖学的な、或いは人間の骨格から来る機構学的な理由によるモノです。
 左利きのゴルファーにとってのドローボールは、右利きのゴルファーにとってはフェードに似た飛球線となりますが、右利きゴルファーのフェードは左利きゴルファーが強振した時のドローには、飛距離では勝てません。

 最後に、これは全くの余談ですが・・・・或るレッスン・プロの話で、特に記憶に残っている事が御座います。

「余計な事は考えずチカラいっぱいひっぱたいたタマがスライスになったら、それは正しいスイングが出来ていない証拠。大会で戦える強いタマを打ちたいなら、リキんで打つとフックになるスイングをまず最初に身に付けなければダメ。ボールコントロールを覚えるのはその次の段階。」

・・・・『強いドローボールを打つ』事は、単にタマが飛ぶとゆぅだけではなく、複雑な意味が隠されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。納得できました。

お礼日時:2001/05/12 13:17

スライス軌道で説明します。


直立しているとき、右肩が少し前に出るように捻れて頭が右傾きに立っているような人は、ゴルフのアドレスで前傾姿勢をとると、幾分余計に左肩が上がり気味になります。このアドレス姿勢からのバックスイングはoutに出やすくフォロースイングはinに入りやすくなります。打ち出されたボールは、out・inスイング軌道に影響され、左に飛び出し、飛球に右回転が加わり、推進力よりも右回転のマグヌス効果が勝り始めた頃、スライスが始まります。クラブフェースはピンに向けてグリップしていますから、outin軌道によりロフトが強調され、ボールは高く上がるという訳です。
ですから、ご質問の1はinarianさんの考え通りで良いと思いますが、2の弾道のにつきましては、その打ち出し角度によってキャリーとランに違いが出てきますので一概には言えないということになります。3につきましては先に述べたように普通はフェードとドローで打ち出し角度(高さ)が変ってくるということです。

ちなみにフェードとドローとはご存知の通り、打ち出し方向が真っ直ぐで落際で曲がるのものとお考え下さい。
(蛇足だったかも・・・m(__)m)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
「outin軌道」の場合「ロフトが強調され」るのですか。勉強になります。
やはり「弾道の違い」によるということですね。

お礼日時:2001/05/10 13:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q球筋を決めようと思います。ドローかフェードどちらが合いますか?

ゴルフを始めて1年になり、そろそろ自分の球筋を決めようと思うのですが、私の場合、ドローかフェード打ちのどちらが良いでしょうか?

普通に打つとダウンスイングでシャフトがスイングプレーンよりアウトからはいってしまいます。それでもボールはつかまっている感じです。
ドローを意図的に打とうとすればあまり成功しません。

無理にドローにするより今のスイングからフェードで安定させたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

>ゴルフを始めて1年になり、そろそろ自分の球筋を決めようと思うのですが
>ドローかフェード打ちのどちらが良いでしょうか?

ストレートがちゃんと打ててませんよね。ドロー、フェードの打ち分けは、ストレートが打てればそんなに難しいことではありません。
上達するに従がっていろいろな経験をしますし、欲も出ますし、考え方もどんどん変わってきます。

>無理にドローにするより今のスイングからフェードで安定させたほうがよいでしょうか?

あなたは、ドロー系のほうが良いと決め手かかっていませんか。
ドローボールは、距離が出ますがランも出ます。グリーで止まりにくい欠点もあります。欠点を克服するには、より強いバックスピンをかけるため、しっかりとした打ち込みが必要となってきます。

>普通に打つとダウンスイングでシャフトがスイングプレーンよりアウトからはいってしまいます

まず、ストレートをマスターし、インテンショナルフック、インテンショナルスライスを打ち分けれるようになってから、決めたければ決めれば良いのであって、自分のスイングプレーンをコントロールできないうちに、ドローが打てないからという理由のみで、今の時点で決める必要はないと考えます。

>スイングプレーンよりアウトからはいってしまいます。それでもボールはつかまっている感じです。

今後のために、イン・アンド・アウトの練習もしましょう。誰しも、打ち方を変えれば、しばらくの間スコアは悪くなります。これを恐れて(にぎっている所為か)いては、これ以上の上達は見込めません。

色々な打ち方を勉強するのも、今のうちです。先になったら苦労が倍増します。

>ゴルフを始めて1年になり、そろそろ自分の球筋を決めようと思うのですが
>ドローかフェード打ちのどちらが良いでしょうか?

ストレートがちゃんと打ててませんよね。ドロー、フェードの打ち分けは、ストレートが打てればそんなに難しいことではありません。
上達するに従がっていろいろな経験をしますし、欲も出ますし、考え方もどんどん変わってきます。

>無理にドローにするより今のスイングからフェードで安定させたほうがよいでしょうか?

あなたは、ドロー系のほうが良いと決め手かかっていませ...続きを読む

Qゴルフで打つ球が高くあがりすぎて遠くに飛ばないのはなぜ?

ゴルフで打つ球が高くあがりすぎて遠くに飛ばないのはなぜでしょうか?ドライバーのヘッドスピードは43m/秒で一般的ですが、飛距離は200ヤードそこそこと他の方と比べると飛ばないと思っています。ただ、高さだけは高く、打った感じもボールの芯に当たっており、気持ちよく振り切れます。色々と研究しましたが、まったく効果が出ません。以前、ダウンスイングからインパクトにかけ、上体が飛方向に流れていると指摘されたこともあります。詳しい方がいらっしゃれば教えて下さい。

Aベストアンサー

私のゴルフ仲間でもボールが高く上がって距離をロスしている方がいます。私から見たらもったいないと思います。

高くボールが上がるということは、スピン量が多いということが想像できます。 (1)インパクトがちょっとしゃくってカットに入っているのか、(2)テンプラぎみかのどちらかじゃないかと思います。 私の友達はカットスイングが原因ですが、上体が飛方向に流れているという指摘を受けているのでしたら、いわゆる上体が突っ込んで(2)テンプラぎみになっているのかなと思われます。 この場合は、アイアンの調子は案外いいんですよね。
ドライバーをアイアンのように打っている感じなのかな?と想像します。
インパクト時のグリップ位置をチェックされたらいいと思いますが、アイアンのようにハンドファーストでインパクトしていませんか?
ドライバーでハンドファーストに打とうとするとフェイスの上っ面に当たりやすくなってテンプラが出ます。

対策ですが、アドレスでウッドを地べたにベタと置くとシャフトは真上に来ますから、自然体のその位置でグリップするとハンドファーストは解消されます。ボール位置も左カカト前付近にセットするとヘッドが水平か少しアッパーに動く段階でインパクトできます。また、上体を突っ込まないためには、ボールを斜め上から見て真上から見ないことです。さらに左耳でボールを見て、という感じでインパクトしてみてください。

もし、テンプラではなく、カットスイングだとすると、アウトサイドインの軌道をインサイドアウトにして少しアッパースイングするとドローボールが打てます。 高いボールが出てもドロー回転の場合は距離が出ると思います。 

簡単にドローを打つためのワンポイントアドバイスしたいと思います。アドレスでフェイスの合わせ方はボールをフェイスのトウ側にセットし、左肘は伸ばしますが、右ひじは曲げて左肘より身体にくっつけるようにすることです。そうすると身体が勝手にボールに届かそうインサイドアウトにヘッドが動きます。

私のゴルフ仲間でもボールが高く上がって距離をロスしている方がいます。私から見たらもったいないと思います。

高くボールが上がるということは、スピン量が多いということが想像できます。 (1)インパクトがちょっとしゃくってカットに入っているのか、(2)テンプラぎみかのどちらかじゃないかと思います。 私の友達はカットスイングが原因ですが、上体が飛方向に流れているという指摘を受けているのでしたら、いわゆる上体が突っ込んで(2)テンプラぎみになっているのかなと思われます。 この場合は、アイア...続きを読む

Q間違ってますか?テイクバックでの始動は腰からで、手は何もしない。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、トップ、シャンクもろもろが出なくなって、とにかく方向性が劇的によくなった。
(2)自然とインサイドにクラブが上がるため、スライスを克服できて、ドロー回転で飛距離が伸びた。
(3)テークバックが非常に単純になるので、再現性が高く、1球目からナイスショットがでる。
上記の利点を実感しているので、これは変えたくないのですが、1ヶ月ほど前に、久しぶりにレッスンプロに見てもらったところ、「バックスイングは、肩を45度くらいまわしてから腰を回し始める。グリップは体から遠ざけるように外側に大きく動かす」
と指導を受けました。
多分それが、世界共通の良いスイングなのでしょうが、全く安定しなくなり、ドライバーは右や左で使い物にならなく、アイアンもダフリはじめ、スライスして、コースにいけるような状態ではなくなりました。
やはり、これから先、長く上達するためには、変えたほうが良いのでしょうか?
練習量は多いほうで、まだ若いので、将来は競技会などにも出たいと考えております。
ヘッドスピード47位 スコア90台です。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得しています。
つまりどちらでもいいと言うことです。

同じように、
肩から回す人、
腰から動かす人、
あるいは足首からスタートする人、
もちろん、クラブヘッドから動かす人、がいます。
岡本綾子なんかヘッドから動かす人ですね。

では、ホントに回しているのか?といえば回しているのではなく
右腰をちょっとだけ引いて、スイングスタートのきっかけにしている人も、俺は腰からスタートする!と言う表現をしますが
それを聞いた人は、「腰から回すんだってよ」になってしまいます。

理屈としては、スイングは上下の回転差を使うのですから
土台は止めておかなければ「ねじる」ということはできません。
スタンスは動きませんよね。
完全に止まってます。始動でつま先が動く人はいません。

腰から下も本来できるだけ動かさず、上体をひねった方が
ひねりと言う意味では力がたくわえられます。
(力がたまる、ということはあえて力を要れずとも
戻すだけで十分なパワーがあるということです。)
消しゴムですね。下を止めておいて上をねじれば
戻る力は強いです。
こんちくしょう!とばかりに力入れて打たなくても
スッとリリースしてやるだけでビュンと振れます。

腰も上体も右を向いてしまったのではひねったのは足首
あるいはひざという事になりますが、骨格上それは無理です。
ひざがねじれるわけがありませんから腰も方も同じ方を向く人は
足の付け根(股関節)を前後にずらしているだけとなります。

箸をイメージしてみてください。
箸の先端を3cmくらい開いて大根を刺してみてください。
大根を上にしてこの大根を回そうとおもたっらそれぞれの接点を
前後にずらすだけですよね。
ねじれていませんね。

消しゴムをひねるのにどこを持ってひねるのが一番楽ですかね?
そう!一番上を持って(土台から一番遠いところ)を持ってひねると
楽ですね。

では「ひねる・ねじる」と言うとき、カラダのどこが一番ねじれているのでしょう?

腰ですかね?(骨格をイメージして下さい)
腰はねじれませんね。なぜかと言うと
腰には骨盤がついています。骨盤をねじるなんてことできるわけがありませんよね。

では、肩?
肩には肩甲骨やその下には肋骨がついてますからここをねじること
もやはりできません。

ねじれているところは骨が一本でしかもねじれる
構造になっているはずです。
それってどこ?
骨盤の上から肋骨がついている下までの背骨です。
人間のカラダがねじれるのはこの部分しかありません。

この間は背骨一本だけしかありません。
ねじれているところはこの背骨なのです。

さてねじれている場所はわかりました。
では、どうやってねじるの?といえば上を動かす以外にありません。
つまり肩です。
肩を回そうとしない限り背骨のフリーな部分がねじれることはありません。
下を完全に止めて肩だけ回していくと限界がきます。
腰も回さず、肩だけだと90度までは行きません。
したがってバランスよく手も上がりません。
バランスよく、手を上まで上げるにはどうしても
肩を90度に回さなければなりません。
そこで、先ほどの箸の先の大根です。
足の付け根を前後にずらすのです(これを外から見ると腰を回しているように見えるだけ)

腰はなるべく動かさないようにして(消しゴムの原理)
肩を回していくと45度くらいしか回りません。
(今、背骨のフリーなところがねじれています)
しかし、90度まで回さないと手が上がらないため
そこまで回そうとすると、それにつられて股関節が前後にずれ
肩を回す手伝いをします。
この時の股関節のずれが「腰を切る」と言う表現です。
腰を切るのではなく肩を90度回そうとすると自然と切れるのです。

と言うわけで、回りくどくなりましたが

順番は下を一切動かさず、まず肩を回していく
肩だけでは限界に来たとき腰がそれについて回っていく
のです。
これが原理原則、道理と言うのもです。

この腰と肩のずれは人間普通45度くらいです。
ですので見た目は肩90度、腰が45度回っているように見えるわけです。
腰を動かさず、90度ねじれる人がいれば
腰なんか動かす必要はありません。

したがって、「回す」のであれば肩からがおおかたの正解です。

しかし、冒頭に書いたとおり人それぞれですから
先に腰を切って45度を作っておいてそこから90度肩を回しても
かまいません。そのほうが打ちやすければ。

しかし腰は回すのではなく(骨格上回りません)
股関節をずれしているだけですから
勘違いしないでください。

タダ、ちょっといわせてもらうと、
打ちやすいとはいっても、
変則的であることは間違いありません。

クラブで言うなら、
まず、真上に上げといてそこから右に回していくのと同じですね。
同じ形になるのですが先に最後のことをやってしまおう
と言うことですから。

美しく、流れるようなスイングは
必ずといっていいほど、土台から遠いところから始動し、戻りは
土台に近いところから行ています。

岡本綾子はクラブヘッドから動きます。一番遠いところからです。
クラブヘッドが動いて肩が回りはじめ肩が限界に近づくと腰が連動して
動きトップを迎えます。
切り返しは右足を踏みこみ(蹴り)左に体重を乗せつつ腰を元に戻してくるとそれにつられて、肩、クラブの順でおりてきます。

よく左からスタート!とかいいますが、
そんなことができるはずがありません。
右に体重移動しているのですから
左側は力入らないはずです。
左足を下ろすことはできますが左に体重を乗せていくには
右足を踏まなければなりません。
左を踏み込むにはまず右足を使って左に体重を寄せるわけです。
無意識にやってますから「左スタート!」と言う表現になってしまいます。
実は右足で左に寄せてます。

さて、ゴルフが難しいのはここからです。

骨格と筋肉の使い方は道理として
「上からまわし、下から戻す」のですが
そのきっかけはまた別の話です。

必ずしもきっかけと回し始めるところは違います。

私の友人にトーナメントで名前は出たことありませんが
ツアープロがいます。
こいつはスタートのとき、右腰の出っ張ったところを
ピクっと右後ろに引きます。少し回しているようにも見えます。
これは見た目には腰から回しているように見えますが
実は単なるスイングの始動のきっかけであって、本人は
上から順番に回しています。

まさしく遼くんもきっかけであって、腰を回すことなど一切考えていないはずです。
あー言う人たちは、スイングが体にしみこんでますから
きっかけを与えるだけでスムースに上から順番に回っていきます。

超スローで見ると、右腰がわずかに動きますがほんとのスタートは
クラブヘッドです。
岡本綾子はクラブヘッドが大きく先行するだけの話で
タイガーであろうが、その辺のツアープロであろうが
100人が100人ともわずかに早くクラブヘッドからスタートします。

そりゃそうですよね、先に方を回したのでは
シャフトが反対側に傾きます。
ヘッドを引きずってくるようなあげ方をする人は一人もいません。
必ずヘッドの方が先に行きます。

正面からタイガーウッズを見ると
構えたときは左腕とクラブがグリップのところでわずかに
折れ「く」の字に見えます。スタート直後には左腕とシャフトがまっすぐになってます。
ヘッドがひざの高さに来たときはもう逆「く」の字に見えます。

ヘッドからスタートしてるからです。
つまり、構えたときに手の甲がわずかに外に曲がっているのを
スタートと同時に腕と手の甲がまっすぐになるということです。

ですので厳密に言えばスタートは「手首」と言うことになります。
手首をまっすぐにすることからはじめれば
同時に動くのはクラブヘッドと言うことになります。


といろいろ書きましたが、
ゴルフの上達は理屈ではありません。

なにが一番ゴルフを上達させるかって
「プライオリティー(優先順位)」です。

生活の中におけるゴルフのプライオリティーを上げれば
ゴルフは間違いなくうまくなります。

酒飲む時間あったら素振り、
家でごろごろしてる時間あったらパターの練習。
テレビ見ながらでもグリップの確認。

シングル(3以下)になろうと思ったら仕事よりゴルフ!
カーちゃんを質屋に出すくらいになれば
間違いなくプロになれます。

ゴルフだけは情熱と根気です。
プライオリティーが上がれば必然的に練習時間も多くなりますから
確実にうまくなります。

逆を言えば、どんなに頭の中であーでもないコーでもない
理屈をこねたところでそれだけでは絶対にうまくなりません。

考えてうまくなれるんだったら、前の晩寝ずに考えたプロが優勝します。
考えたってスコアが良くなるわけではありません。
打って打って打ちまくるのです。
その中から自分のスイングをつかむんです。
ある程度まではレッスンやプロの指導も必要でしょうが
80を切り始めたらもう技術的なことは自分で探すのです。

プロの助言は精神的なことや、戦略的なことくらいです。
昔、そろそろ引退か?と言うようなプロに技術的なことを
聞いたことがあります。
この人はマスターズまで出た事のある人です。
一緒にラウンドした時、この人が下り斜面のグリーンに向かって
左傾斜のところから打ってピピッと止めてびっくりしたことがありました。
どうやって打ったの?と聞いたら、
「どうやって?かぁ~・・・そーだなー5万発打ってから打ったら
止まったんだよ」といってました。

つまりは、教えたってお前にデキっこねーだろ!
つべこべ言う前に練習しろ!と言うことだったんですね。

練習練習また練習!
頑張ってください。

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得...続きを読む

Q極端なストロンググリップ

 161cm、60kg、40代男、非力です。握力も弱いです。
 ゴルフ暦10年、ハンデ19です。もともとストロング気味のグリップだったのですが、このごろは超ストロングというか、もう、アドレス時、左手の甲が真上を向いている有様です。右手を左に合わせて構えると、極端な低弾道のフックボールになるので、右手は浅めに添えています。それで手首は返さずに体の回転だけで打つようなイメージでスイングしております。
 ドライバーでラン+キャリーで220~230ヤードくらいです。球筋はドローになります。
 でも、うっかりすると極端なフック、ひっかけがでます。
 いまさらグリップを直すのもつらいところですが、このようなグリップは、やはり矯正すべきでしょうか?
 

Aベストアンサー

イメージとするとデュバルなみのグリップということでしょうか?だとするとデュバルの記事ではそのグリップで打つには、クラブを体に巻き込み最後まで引っ張りつずけるようにスイングすることとインタビューで答えていたようです。引っ掛けが怖くなり体が止まると余計に引っかかってしまう悪循環になる可能性があると思います。思いっきりボールを巻き込んで大きなフォロースルーで遠くまで運ぶ練習をしてみては?勇気を持って思いっきりスイングしてみてそれでもだめならその後でグリップ矯正してみても遅くはないのでは?

Qフェードボールを持ち球にしたい

先日はたくさんのアドバイス、有難うございました。

私の現在の球筋はフックなのですが(グリップはスクエアです)、引っ掛けとは隣り合わせです。例えばドライバーでティーショットする際クローズドスタンスで右方向にアドレスしてうまくフック回転がかかれば距離も出ますが、失敗すると左の林の中に打ち込んだりOBになったりします。

また、アイアンもそこそこ距離は出ますが(7Iで150Yを目安にしています)、引っ掛かってあらぬ方向へ行ってしまいます(前回は3~5Iだけだったのが今回は全部のアイアンでなってしまいました)。特にショートホールでのティーショットではどこへ行ってしまうのか見当もつきません。

そこで、ラウンド中に、先日頂いたアドバイスを思い出し、普段よりゆっくりスイングし、かつ、右手を返さないでむしろ左手首のアドレス時の角度をロックするようなフィニッシュにすると(イメージとしては左手でテニスのバックハンドストロークをする感じです)、ミドルアイアン以下はほぼ自分の狙ったところにボールが行くという、大変画期的なことを発見しました。

飛距離は約10Y落ちますが、ミドルアイアン以下は飛ばすためのクラブではないため番手を今までより1つ上げれば解決する話なのですが、問題は長いクラブです。特にドライバーでこのスイングをすると、今まで出なかったスライスが出て、しかも手痛いOBまでやってしまいました。

昔、青木功プロが持ち球をフックからフェードに変えたことで自分のゴルフができるようになった、と言っていました。確かにフェードなら、ボールの落とし場所の見当がつき易いですし、今更、飛距離を伸ばしたいなどとは思いませんが、それでもスライスだけは困ります。ドライバー、4W、ロングアイアンでスライスが出ます。

こういう打ち方自体間違っているのでしょうか?正しいフェードボールはどうすれば打てるようになるのでしょうか?

先日はたくさんのアドバイス、有難うございました。

私の現在の球筋はフックなのですが(グリップはスクエアです)、引っ掛けとは隣り合わせです。例えばドライバーでティーショットする際クローズドスタンスで右方向にアドレスしてうまくフック回転がかかれば距離も出ますが、失敗すると左の林の中に打ち込んだりOBになったりします。

また、アイアンもそこそこ距離は出ますが(7Iで150Yを目安にしています)、引っ掛かってあらぬ方向へ行ってしまいます(前回は3~5Iだけだったのが今回は全部のアイアンで...続きを読む

Aベストアンサー

No.1 です。

私も実は初心者の頃はパーシモン+糸巻ボールの時代で、スライスを連発していました。 その後ドロー系をやっと会得したのですが、今度は左方向へのミスが多くなり、何とかフェードを打ちたいとレッスンプロに数年つきました。 反対の球筋にするわけですから、その過渡期においては一旦スイングがバラバラになって一体どうやって振ればいいか、またドライバーは何とかなるなのにアイアンが全く不得手になったりその逆になったり、人によって混乱して分からなくなる時期が必ずあります。 

まずオープンスタンスでアウトサイドインに振りぬけばフェードではなくスライスになるのではというご心配ですが、当然右回転の打球になるので右方向へ曲がっていくのは間違いありません。

ただ最初から右方向への曲がりがあるのをスライス、真っ直ぐ飛んで落ち際から徐々に右へ曲がっていくのがフェード、このように表現されていると思いますが、基本的に同じものだと私は考えています。

ただ 「右回転の強弱の差」 しか違いはありません。

右への曲がりが強いと感じたら、オープンスタンスやアウトサイドインの度合いを調整すればいいわけです。

かく言う私も今ではフェード打ちですが、曲がりの強弱は日によって随分違います。 左サイドのフェアウェイとラフの境目を狙って打ったのに結果は右サイドのラフ。 そんな時はスタンスの開きで調整するようにしています。

また風の具合によって立ち方を変えます。 つまり風と喧嘩させるのか乗るのか、難しい判断に迫られるケースもあります。

たとえばショートホールで風が左前方からの強いサイドアゲンスト、フェード系の球を打てばどこまで右方向へ持っていかれるか分からない場面です。 このような時、1番手大きいクラブを選びクローズドスタンスにしてドローボールを打つ事を心掛けます。 私の場合、狙いはグリーン左隅です。 うまく計算どおりにいけばピンの左、あるいはドローが掛からずにストレートボールになってもグリーンの右半分にはオンするでしょう。

基本的にスイングの軌道はスタンスどおりにするので、スタンスの開き具合でフェード、あるいはスライスを打ち分ける事が出来ると思います。

ではどうすればその区別がつけられるのかという問題ですが、残念ながら練習を積み重ね自分で会得するしか方法はないと思います。

ゴルフのスイングは各人随分と個性があります。 たとえば曲がりの少ないフェードを打つ時の私の感覚をそのまま説明しても多分、他の方には通用しないでしょう。 それは私の年齢、体格、筋力、技量、経験、クラブの特性、これらをベースに私のスイングが出来上がっているからです。

ただ共通して言える事は 「軸を動かさない事」 です。 ダウンスイングで気が焦って頭や上半身が球方向に突っ込んだ場合、スイング軌道が大きく変化し結果的に強いスライスボールが出るように思います。

フェードにしろスライスにしろ、基本的な打ち方はよくご存知だと思います。 その基本を信じてご自分の球筋を会得される事を願っております。

No.1 です。

私も実は初心者の頃はパーシモン+糸巻ボールの時代で、スライスを連発していました。 その後ドロー系をやっと会得したのですが、今度は左方向へのミスが多くなり、何とかフェードを打ちたいとレッスンプロに数年つきました。 反対の球筋にするわけですから、その過渡期においては一旦スイングがバラバラになって一体どうやって振ればいいか、またドライバーは何とかなるなのにアイアンが全く不得手になったりその逆になったり、人によって混乱して分からなくなる時期が必ずあります。 

まず...続きを読む

Q前腕部分の痛み!練習しすぎ??

こんにちわ!もうすぐ50歳の男性です。
当方、オフィシャルハンディ17・・・90回前後でラウンドしています。
良いときで85回位です。ハンディシングルを目指しています。

毎日、自宅のネットでショットの練習をしています。
D、3W、7W、4I、5I、6I、7I、8I、9I、PW、AW、SW計12本×15球づつ
合計180球に加えアプローチに練習30球・・・計210球です。

基礎トレーニング:ジョギング5kmに加え、腹筋100回、背筋50回
その後、上記のショット練習に入ります。
ほとんど毎日しています。

最近練習のしすぎなのか、前腕部に痛みがあります。
・・・こぶしをギュッと握ると筋の出るところ・・・
ストイックな性格なので練習量を落としたくありません。
昨日もゴルフに行ったのですが両腕の痛みで思い切ったショットが打てませんでした・・・がっかりです。

専門的な回答者がいらっしゃれば・・・練習量を落とさずに
この痛みを和らげる方法を御教授願いたいと思います。
ちなみに、練習後バンデリンは塗ってます。
・・・・・もしかしたら腱鞘炎にでもなってしまったのでしょうか??
くだらない質問で失礼します・・・それほど深刻ではありませんが!

こんにちわ!もうすぐ50歳の男性です。
当方、オフィシャルハンディ17・・・90回前後でラウンドしています。
良いときで85回位です。ハンディシングルを目指しています。

毎日、自宅のネットでショットの練習をしています。
D、3W、7W、4I、5I、6I、7I、8I、9I、PW、AW、SW計12本×15球づつ
合計180球に加えアプローチに練習30球・・・計210球です。

基礎トレーニング:ジョギング5kmに加え、腹筋100回、背筋50回
その後、上記のショット練習に入ります。
ほとんど毎日しています。

最近練習のしす...続きを読む

Aベストアンサー

HD11で腱鞘炎持ちの50歳代の男性です。
私よりは、お若い方のようですね。

腱鞘炎については20数年付き合っています。
腱鞘炎とは、手首、指の関節の箇所で筋をホールドした軟骨のところで筋のすべりが悪くなり、動かすと痛みを感じるものです。
私の場合、最初は手首の親指付根が悪くなり、手術を20年くらい前にしています。そして最近5~6年前からは、指の関節が悪くなり、いわゆるバネ指症状になりました。

そういう状態なため、練習場には週1で100球しか打ちませんが、
ここ5年間で15のHDを11まで上げることができました。ゴルフをやる前にはストレッチを入念に行っています。
指をソネ返す方向に曲げることと手のひら側に曲げることを交互に行うと、いわゆる引っ掛かりがなくなります。

貴方が腱鞘炎なのか、筋肉痛なのか分かりませんが、痛いときには1週間程度何もしないことです。痛みがなくなってから練習しましょう。無理は禁物だと思います。

そういう身体の私でもシングルを目指しています。
スコアのデータ分析とスイング理論の追及を平行してやっており、練習を意味のあるものにしたいと考えています。

単なる体力づくりだけではゴルフはうまくなりません。特に体力つけて強引に振り回す考え方は、良さそうでよくないものだと私は経験上、そう思います。私も50歳前後の時、フィットネスクラブで筋力トレーニングも行いましたが、上体に頼るスイングになり、ガタガタになったことがあります。貴方はランニングもされているので私の失敗のようにはならないと思いますが、無理がきかない身体になってきていますので老婆心ながらアドバイスしました。

それなら、どんな考えでゴルフをやればいいかということですが、地球の引力を100%使うとうまく遠心力を使えますから、いいんじゃないかと思います。手本は女子プロですね。古閑美保とか藤田さんとか・・ 引力を使うとは、体重移動の力を使うことです。
それから、ハーフショットに一番時間かけて練習することも大切です。
少し、質問から脱線しましたが、痛い時は休んでください。
そして私の考えも参考にされたらいかがでしょうか。

HD11で腱鞘炎持ちの50歳代の男性です。
私よりは、お若い方のようですね。

腱鞘炎については20数年付き合っています。
腱鞘炎とは、手首、指の関節の箇所で筋をホールドした軟骨のところで筋のすべりが悪くなり、動かすと痛みを感じるものです。
私の場合、最初は手首の親指付根が悪くなり、手術を20年くらい前にしています。そして最近5~6年前からは、指の関節が悪くなり、いわゆるバネ指症状になりました。

そういう状態なため、練習場には週1で100球しか打ちませんが、
ここ5年間で15のHDを11...続きを読む

Qゴルフを始めて7年たっても全然うまくなりません。

ゴルフを始めて7年になるのですが全然うまくなりません。
9月に職場のコンペに出て(上司から「下手なのは出ない理由にならない」と皆の前で言われ、半ば強制的に)みたのですが、150でした。
「どうして出ないんだ」と言われていざ出てみると「お前出る資格あるのか」と、それはそれは無責任な言葉を浴びました。
「レッスンに通うといい」と言われたので昨年1年間通いました。しかしながら一向に状況は改善しませんでした。今はスクールの場所を変えて新たな気持ちで通っているのですが、同じ道を歩んでいるような気もします。
コースに初めて出た時(つまり7年前)は189でした(ボールが真後ろに飛びました)ので、150でも進歩といえばそれまでなのかもしれません。しかし、私みたいな人間がゴルフをする資格があるのでしょうか?ゴルフは嫌いではありません。外野の声さえなければとても楽しいスポーツなんだろうな、とは思います。
周囲の迷惑になる事を考えると出るのを控えるべきだとも思うのですが、職場では毎月のようにコンペがあるのでゴルフの話題がそれこそ毎日のようにあり、ついて行くのがやっとです。
何かよい方法はないものでしょうか。ちなみに次回のコンペが今週あり、何と私は幹事です。せめて130ぐらいで回りたいのです。

ゴルフを始めて7年になるのですが全然うまくなりません。
9月に職場のコンペに出て(上司から「下手なのは出ない理由にならない」と皆の前で言われ、半ば強制的に)みたのですが、150でした。
「どうして出ないんだ」と言われていざ出てみると「お前出る資格あるのか」と、それはそれは無責任な言葉を浴びました。
「レッスンに通うといい」と言われたので昨年1年間通いました。しかしながら一向に状況は改善しませんでした。今はスクールの場所を変えて新たな気持ちで通っているのですが、同じ道を歩ん...続きを読む

Aベストアンサー

ゴルフ暦30年、平均スコア85のおじさんです。

ゴルフコースでの本番では、自分が練習場でできないこと、自信がないことは100%ミスします。
確率が80%以上自信があるクラブだけでプレーすることが貴方への回答の結論です。

そこでご提案があります。
一度、せこいゴルフにチャレンジしてみてください。130以内でかならず、ラウンドできます。
パー4を例にすると5回でグリーンオンすることを目標にしてください。
<せこいゴルフ紹介>
(1)ドライバーでスライスしOB多発するのなら、自信があるクラブ、例えば7番アイアン又は8番アイアンでティショットする。
(2)セカンド以降もも同じ7番を使用して7番ではオーバーする距離であってもパターの打ち方で7番で転がす。
(3)グリーン周りに来たら、ウェッジはバンカーだけで使用し、アプローチは絶対にウェッジは使わないこと。 パターでアプローチしてください。

7番アイアンで100Y打つつもりで計算すると350Yは4回で届きますよね。5回で乗せることは十分可能です。

自分にできないプレーをしようとするから、まとまらないのです。

まずは自信があるクラブを1本つくってください。
恐らくレッスンでは7番アイアンで打つ機会が多いと思いますので、7番当たりを得意クラブにしてください。
次に5番ウッドを得意にされたらいかがでしょうか?そうすれば、せこいゴルフ2弾としてティショットを5番ウッドでプレーされると120は切れると思います。

ゴルフ暦30年、平均スコア85のおじさんです。

ゴルフコースでの本番では、自分が練習場でできないこと、自信がないことは100%ミスします。
確率が80%以上自信があるクラブだけでプレーすることが貴方への回答の結論です。

そこでご提案があります。
一度、せこいゴルフにチャレンジしてみてください。130以内でかならず、ラウンドできます。
パー4を例にすると5回でグリーンオンすることを目標にしてください。
<せこいゴルフ紹介>
(1)ドライバーでスライスしOB多発するのなら、自信があるクラ...続きを読む

Qボールが高く上がりすぎる

現在30歳でゴルフ暦5年です。と言っても月に1,2日練習場でコースに出るのは年、2,3回とほとんどプレーできていないようなプレーヤーです。始めた当初某有名プロの主催しているゴルフスクールに数ヶ月通っていました。最近特に気になり始めたのですがボールがものすごく高く上がりすぎることです。ドライバー、アイアンに関わらずボールの打球が高いです。打感が良くとも打球が高く、逆に打感が悪くトップ目に行ったかなと思った際に、ちょうど良い高さの打球になります。てんぷらと言うわけではないので飛距離は出るのですが高すぎると風の影響をもろに受けてしまうので、もう少し低めの打球にしたいと思っています。
1.ボールが高く上がる理由は主にどの様なものがあるでしょうか?
2.ボールを低めに飛ばすにはどの様なうち方をすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

1. ボールの高さが変わるのは基本的には4点です。

2. ひとつ目はクラブの特性です。シャフトが硬いか柔らかいか?
 (柔らかい方が高く)
先調子か手元調子か?(先調子が高く)
ヘッドがきいてるかきいていないか?(先が軽いが高い)
ロフト角が大きいか小さいか(数値が大きいほうが高く)

3. 二つ目はアドレスでのボールの位置です。
正しいスイングができていれば、右に置くと上がりやすいです。
(但しスイングによります)

4. 三つ目はスイング軌道の最下点をどこに設定しているか?
最下点の位置設定を左に設定すれば高くなります。
(但しスイングによります)

5. 四つ目はリリースするタイミングです。
切り返しで作った溜めをどのタイミングでほどくか(解放)?
解放するタイミングが遅ければ高くなります。

基本的にはこの4点の起因が絡み合って高さが変わります。
ですが、クラブの特性で極端に変わることは少ないです。

たぶんあなたは良いスイングがある程度できていると思われます。
それは、すべてのクラブでボールが高く上がるという点です。

ほとんどのビギナーやアベレージゴルファーは球を高くあげようと
思っても上げれないのが現状です。
これは正しいスイングができていないのが理由です。

気付かれていないようですが、高く上げることができていれば、
低くすることは簡単なんです。

大きく変わるのは、やはりスイングとボールの位置です。

ほとんどのアベレージゴルファーの球筋は低すぎます。
9番アイアンで7番アイアンの高さの球筋を打っているかたばかりです。
この事に気づいていないゴルファーがほとんどです。

プロの7番アイアンのショットをすぐ後ろから見た方なら分かると
思いますが、え~~こんなに高く上がっていくんだ!
7番ってこんなに球が伸びていくの?と必ず思います。


まずはボールの位置とスイングチェックを行ってください。

ご活躍を期待しています。

1. ボールの高さが変わるのは基本的には4点です。

2. ひとつ目はクラブの特性です。シャフトが硬いか柔らかいか?
 (柔らかい方が高く)
先調子か手元調子か?(先調子が高く)
ヘッドがきいてるかきいていないか?(先が軽いが高い)
ロフト角が大きいか小さいか(数値が大きいほうが高く)

3. 二つ目はアドレスでのボールの位置です。
正しいスイングができていれば、右に置くと上がりやすいです。
(但しスイングによります)

4. 三つ目はスイング軌道の最下点をどこに設定しているか?
最下...続きを読む

Qロングアイアンが難しい理由と打ち方について教えてください。

ロングアイアンが難しい理由と打ち方について教えてください。

ゴルフ歴1年です。
ショートアイアンやFW、ドライバーは比較的うまく打てるのですが、
5番くらいからのロングアイアンがほとんどうまく打てません。
何故ロングアイアンは難しいのでしょうか?
他のクラブと打ち方が違うのでしょうか?
お教えください。

Aベストアンサー

シングルプレーヤーです。レッスンも受講10年、自らも他人を指導しています。
私も、HC20前後までは同じでした。

ロングアイアンは、

・ ロフトがたっているので、玉が上がりにくい
・ スイートスポットが狭いのでミスがミスになり易い
・ アイアンの中ではシャフトが長い
・ かといっていつも、地面から打たなければならない
・ ヘッドスピードがある程度は必要

など、5、4、3Iなどはアマチュア泣かせです。したがって、スライス気味、玉をコスって、ロフトをねせて救い気味に、煽りながら、ダフルスイング・・・(これが全てのアマチュアの登竜門ですが)をしていると、ロングアイアンは絶対打てないのです。逆に理由をみてわかるように、もしスイングがきちんと出来ていて、ヘッドスピードがあれば、特別なにもしなくても5Iは打てるのです。ミスや、未成熟さがそのまま誤魔化せずに出てくるのが、ロングアイアンというクラブ。スイングの試金石になります。

HCがわからないので、失礼ながら申し上げると、5Iが打てず、他のクラブが比較的うまく打てている・・・というのが実は少し間違いな気がします。

ショートアイアンは、

・間違った打ち方をしても、玉はあがるりロフトがミスを相殺するのでうまく打てた気になります。

FW

・ ダフってもソールが滑るトップしてもある程度玉がすすむやはりある程度打てる印象になりやすい。

ドライバー

・ ロフトがなくてシャフトが長くて難しそうな反面、最近の大型ドライバーはミスヒットに強い。
・ つねに、ティーアップしているためダフってすくい打ちしててもうまく打てたように思ってしまう。

と言うように、5Iがだけが、打てないことはなく、本当は同じミスをしていいるのに、他のクラブでは現象が出にくい。それがやがて苦手意識になっていく。これが、ロングアイアンの悩みの典型になんですね。

したがって、方法は2つあります。

(1) 本格的にうまくなりたいのなら、やはりプロに習って、スイングの根本を直す。つまり、ショートアイアン、ミドルアイアン、FW、ドライバー、アプローチ、パター、全ての共通の基盤を作り直す。結果として5Iだけがうまく打てないことはなくなる。時間がかかるが、急がば回れ。最後はこれが近道です。つまり5Iが打てるまでは、ほかも実は打てていないのだという意識に立つわけです。結構辛いですが。

(2) ある程度レベルで、楽しめればいいなら、ロングアインは全くいりません。

5Iだとロフトは24度ぐらいでしょうか。

5I = 11W
4I = 9W
3I = 7W

として、ロングアイアン相当の、ウッドまたは、ユーティリティで代用します。シャフトの違い、ウッド好み、ユーティリティ好み、そもそものアイアンのロフトなどから、調整して考えてみてください。

(3) 上手くなりたいので、(1)を選ぶが、その間のラウンドでは・・・

5Iが打てるまで、6、7Iでもいいのではないかと思います。ロングアイアンでは、実はキャリーはほとんどミドルアイアンと変わらないので敢えて5Iを使う場面は限られます。また、5Iが打てないスイングでは、ウッドやユーティリティを使ってある程度うまく打てたと思っても、正確にグリーンを狙うのは難しい。グリーンを狙える限界距離を6、7Iまでにして、あとは5Wなど1本だけ練習したウッドでグリーン際へ運ぶ。多少距離が短いときは短く握って距離を調整。これで十分80半ばぐらいまでは、回ることができます。その間に、(1)でみっちり鍛えればいいわけです。

参考までに、私は5Iで約170ヤード打ちます。4Iも打ちますがキャリーは5Iと変わらない(ランが違うだけ)ので花道があるときには、使いますが、ハザード超えには使えません。多くは、5Wつまり210ヤード飛ぶクラブを使います。短く持てば低めの弾道で170~180ヤード。もうすこし長くもてば、180~200ヤード。フルショットで210ヤード。アマチュアでは170ヤードを超えたら、グリーンを狙うのは容易ではありません。ハザードがあれば6、7Iで手前から。花道があれば、安全なところへ近づけて、アプローチ勝負です。

シングルプレーヤーです。レッスンも受講10年、自らも他人を指導しています。
私も、HC20前後までは同じでした。

ロングアイアンは、

・ ロフトがたっているので、玉が上がりにくい
・ スイートスポットが狭いのでミスがミスになり易い
・ アイアンの中ではシャフトが長い
・ かといっていつも、地面から打たなければならない
・ ヘッドスピードがある程度は必要

など、5、4、3Iなどはアマチュア泣かせです。したがって、スライス気味、玉をコスって、ロフトをねせて救い気味に、煽りながら、ダフ...続きを読む

Q腕はまったく振らない?

いつもお世話になっています。
よくゴルフでは腕・手に意識を持たない方が良いと言われます。
本当に全く意識を持たない方が良いのでしょうか?
腕を振る意識は全く必要ないのでしょうか?

というのは、私の場合、腕を振る意識は皆無で、体を回転させた結果、腕がついてきているだけのスイングなのですが、もっと腕を振っていった方がパワーが伝わるのではないかと思っています。

例えば野球ではボールを打つ時は体の回転だけでなく、腕も振っていると思います。
テニスでも当然、腕を使ってラケットを振っていると思います。

もっと腕を振る意識を持った方がいいのかな、と思っているのですが、どうなのでしょうか?

今は本当に腕を振る意識はほぼ皆無です。
仮に目いっぱい振るのを100、全く振らないのを0とすると、感覚的には1ぐらいです。

Aベストアンサー

ANo.4です。
補足の中身を回答させていただきます。

>>「叩く」ためには腕や手に意識がないと無理だと思いますので、
>>やはり本来は意識を持たせるべきなのかなぁと思っていますが

との事ですが、手を使わないプロゴルファーはいないと思います。青木功プロは「多くのプロは体を回すことばかり考えている。クラブを持っているのは手なのに不思議だ。俺は違う。」と言っています。
青木プロは手に意識を多くおいて、結果的にボデイが同調しているのだと思います。ですから「単なる手打ち」にならないのではないでしょう。

私の所有するレッドベターのビデオでは、手に持った生徒がそれをアドレス位置のボールに向かって投げるドリルをしているシーンがあります。
トップの形の右手を内旋させながら伸ばしていく動作が右手の使い方であるとの説明です。

青木プロとは対極にいるはずのボデイターンで有名なレッドベターでも、正しい手の使い方の重要性を説いているということは、手を使わなければゴルフの上達はないということの証ではないでしょうか。

人間は機械ではありませんから、毎回同じバランスでスイング出来るはずはありません。したがって、最終的には手の動作で微調整してインパクトを迎えているはずで、ボデイターン打法を自称しているプロであっても無意識の意識の中でやってのけているはずです。
プロがインパクト以降に片手を離すシーンを時々見かけます。酷いミスショットになりそうなのところを反射的に補おうとしているのでしょうが、手を使う意識(普段は無意識でも)がなければあのようの芸当は出来ないと思います。

>>飛ばそうと思うと振り遅れる。
>>叩くと左に行く。

前者はボデイターン派に多く、後者は手に意識の多くを置くプロに多いと思います。

質問者さんは練習場において、目一杯飛ばすスイングをし、なおかつそれでストレートか若干フック気味のボールが出るように練習されたらよいのではないでしょうか。

「振り遅れないように右手の内旋動作と左手の外転(ベン・ホーガンのモダンゴルフでの表現)を使い、ボデイーと腕の動き(クラブヘッドの動き)を同調させる」という動作が身に付くと思います。

>>体を思いっきり速く回すと体が開いてプッシュやスライスしやすくなりますので、
>>「頭を残して左肩を開かずに体を思いっきり速く回す」という自分でも矛盾した
>>ような表現になります。

私も似たような経験がありますが、正に矛盾した動きであり、毎回タイミングがマチマチになってしまいます。手の使い方を覚え、最終的には無意識に使えるようになればよいと思います。

ANo.4です。
補足の中身を回答させていただきます。

>>「叩く」ためには腕や手に意識がないと無理だと思いますので、
>>やはり本来は意識を持たせるべきなのかなぁと思っていますが

との事ですが、手を使わないプロゴルファーはいないと思います。青木功プロは「多くのプロは体を回すことばかり考えている。クラブを持っているのは手なのに不思議だ。俺は違う。」と言っています。
青木プロは手に意識を多くおいて、結果的にボデイが同調しているのだと思います。ですから「単なる手打ち」にならないのでは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報