not sinceが使われた文の文法についてなんですが、

Probably not since the days of the Pharaohs or the more ludicrous Roman Emperors has a head of state travelled in such pomp and expensive grandeur as the President of the United States of America.

という表現では、後半の"head of state"が主語の肯定文にみえるのですが、次の例

No one has lived there for over 2,000 years - not since the summer of the year A.D. 79, to be exact.
では、文の構造が逆になっており、かつ、not sinceの内容だけでなく、対になった節でNo oneが使われた否定文のような内容になっています。(前者の例から推測すると、People has lived there~という肯定文とペアになるような気がしてしまうのですが) どういうルールがあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

初めの文においては、確かに a head of state が主語だと思います。



読みにくい文になるかもしれませんが、書き直してみると

 Probably a head of state has not travelled in such pomp and expensive grandeur as the President of the United States of America since the days of the Pharaohs or the more ludicrous Roman Emperors.

となり、a head of state を主語とみて問題ないと思います。

2番目の文の not since は、前半の No one has lived there という部分を改めて述べる方策として、まさかすべてを繰り返すわけにいかないので、not の1語で表したものだと思います。

つまり、not = Anyone had not lived there ということを not だけで代表させたものだと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。

>not の1語で表したものだと思います。
そうしますと、1番目の文章の"not since"も、"not"の部分は"has NOT travelled"から由来のnotで、sinceは"SINCE the days of ~"から由来のものということでしょうか?

'肯定的な副詞節'と'動詞の否定'のセットから、一般的な「否定的な副詞の倒置」というものが起きることがあるんですか?(それとも、この文章独特のものでしょうか。なにかほかに例がありましたら是非よろしくお願いします。)

補足日時:2012/03/29 14:22
    • good
    • 0

Not sinceの構文というのは無いと思います。

前者は、倒置、と言われるものだと思います。
http://www.englishcafe.jp/english/day28.html

この回答への補足

ありがとうございます。not sinceで括られた "not since the days of the Pharaohs or the more ludicrous Roman Emperors " 部分が否定的な副詞の役割をしているので、これが前に出てきたということでしょうか? しかし、sinceにnotが付いた副詞的は用法はほかにあるのでしょうか?(辞書で調べても見つかりませんでした。) 

bakanskyさんからいただいた英文のように、主語「a head of state」が動詞「has not travelled」で否定され、副詞部分は純粋なsinceで括られており、副詞部分自体が否定語になっているわけではありません。

補足日時:2012/03/29 14:11
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qthe best season in the year or the best season of the year

最上級を使った文についての質問です。「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。生徒にof→複数名詞、in→範囲(例:of the three3人の中で。in his classクラスの中で。)と教えていたので、返答に困りました。また、この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。特定の年ではないと思うのですが。辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

Aベストアンサー

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad seasonなどで構成されていて、そのうちのbest season)
(2)the tallest of the three(そのグループがその3人で構成されていて、そのうちで最も背が高い人)
(3)the people of Japan(日本がpeopleで構成されていて、そのpeople)
(3)は、「日本を構成している人々」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本で生まれて日本で大きくなった人々」というような意味です。


このような用い方のA in Bは、「Bが最外縁の境界線でありその中にある」という意味です。「AがBを構成している」という意味は表しません。例えば、次のようです。
(4)the tallest in his class(his classが最外縁であり、その中で最も背が高い人)
(4)では、his classを何人が構成するか、それが誰であるかなどには全く注意が向けられていません。ただ単に、his classという最外縁を示しているだけです。
(5)the Americans in Japan(日本にいる米国人)
(5)は、「日本に住んでいるあるいは来ているだけで日本を構成していない米国人」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本の中にその瞬間にはいる米国人」というような意味です。

したがって、いけない理由は、御質問の英文が「1年はseasonsで構成されていてそのうちのbest season」という意味だからです。御質問の英文でofの代わりにinを用いると意味になりません。

>この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。

構成要素に注目した場合のyearは特定のものだからです。例えば、best season、two good seasons、worst seasonで構成された「1年」は世界に1つしかないからです。例えば、次のようです。
(6)the second month of the year(1年のうちの2番目の月)
(7)the last quarter of the year(1年の最後の1/4)
(6)、(7)のofをinで置きかえると意味になりません。

>特定の年ではないと思うのですが。

特定の年ではありません。構成が特定である年です。

>辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

御質問の英文のような内容の場面ではyearは可算名詞なので、冠詞を付けなければなりません(しかも、この場合は上に述べたような理由から、冠詞はtheでなければなりません)。
何も冠詞を付けないと意味になりません。

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad season...続きを読む

QIt's three years since か It's been three years since

It's three years since か It's been three years since かどちらが正しいんでしょうか?どちらも見ました。どちらかが英国英語ということはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

今ではどちらも正しいとされるようになっています。

以前は It is three years since の方が正しいとされてきました。それは

I have not seen him since he moved to Tokyo.
彼が東京へ引っ越してからずっと会っていない。

I have been reading since this morning.
今朝からずっと本を読んでいる。

これらは「会っていないこと」「本を読んでいること」が過去から「継続」しているため現在完了を必要としますが、

It is three years since he moved to Tokyo.
彼が東京に引っ越してから3年になる。

「3年」あるいは「3年になること」が継続するというのは本来変で、時間の流れそのものが継続するのは分かりますが、「始まりと終わりのある期間」である3年は、始まりである「彼が東京に引っ越したとき」と終わりである「今現在」の間に存在しているだけです。しかし「現在完了 since 」の形が他に多く見られることから論理よりもパターンの一つとして意識されるようになりもやは誤りとはされなくなったのです。あるいは「3年が継続する」のは変であっても気持ち的に「ずっと」という感じがあるので不自然な感じがなくなったのかもしれません。関連することととして

It has been three years since I have been here.
あるいは It is three years since I have been here.
ここに来て3年になる。

since の後に現在完了が来るのは文法違反と言われていました。since は基点を表す以上過去形なくてはいけないという理由です。しかし時間の継続以上に「自分がここにいる」ことの継続が強く感じられるために since の後ろにも現在完了が使われるようになり、誤りではないと見なすような動きも出てきました。実際これを過去形 I was here のすると今はここにいないことになり文意が分からなくなります。動詞を変えて I came here のようにする必要がありますが特に It is three years since I came here. の場合は継続する感じが弱くなります。
ただしこれは試験などで使う場合は注意が必要です。

今ではどちらも正しいとされるようになっています。

以前は It is three years since の方が正しいとされてきました。それは

I have not seen him since he moved to Tokyo.
彼が東京へ引っ越してからずっと会っていない。

I have been reading since this morning.
今朝からずっと本を読んでいる。

これらは「会っていないこと」「本を読んでいること」が過去から「継続」しているため現在完了を必要としますが、

It is three years since he moved to Tokyo.
彼が東京に引っ越してから3年に...続きを読む

Q和訳:There can be no man of worth but has a piece of singularity.

こんにちは、いつもお世話になります。

「原仙作 著:英文法標準問題精講」より、

There can be no man of worth but has a piece of singularity.
(P224)

語の品詞・用法のページに出てきた英文なので、butが関係代名詞という事が載っているだけで、和訳が載っていません。

興味深い英文なので、和訳を考えてみました。

piece of singularityだけは、「一風かわったところ、奇癖」と載っていました。

「一風かわったところはあっても、人するだけの価値はないだろう。」

で良いでしょうか?

教えてください、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

man of worth=立派な人物

関係代名詞のbutは通常否定文のあと主格としてもちいられます
who dose not haveとおきかえるとわかりやすいです

There can be no man of worth who dose not have a piece of singularity.

canは可能性の意味です

つまり

一風かわったところがない立派な人物が存在する可能性はない
=立派な人はみな一風かわったところを持っている。

Qof the year と in a year

両者の違いがわかりません。例えば
「夏は、一年中で一番暑い季節です。」を英訳する際、
Summer is the hottest season in a year.だと思うのですが、
[in a year]を[of the year]に置き換えてはだめでしょうか?
というのも
May is the fifth month of the year.
という英文を見たことがあるからです。ご存知の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

#7です。

 なるほど、まだわかりにくい点があるという連絡がありましたので、改めて説明させていただきます。まず、「in」という意味を知る必要があります。少し長くなりますが、我慢してくださいね。「in」というイメージは、次のように思い描いてください。

 質問者は、海へ泳ぎに行く。しかし、あいにく、着替え所がない。見渡す限り、ずっと海浜が続いている。で、どうするか? だから、4枚の板を持ち込んでそれを組み立てる。すると、『中』という区切られた空間が出来るわけです。つまり、ずっと続いている海浜に「限られた空間」を持ち込むために、4枚の板という限られた空間を組み立てたのが、「in」というイメージだと思ってください。

 このようなイメージを時間の軸に持ち込むと、無限に見える時間の内に「区切られた時間」を持ち込むために、話し手の判断から、「in」という前置詞を使って、「in spring, in summer, in winter ...」という区切りのある時間を作るわけです。

 ですから、特殊な時間での、つまり、「in」を使った時間で、「Summer is the hottest season in a year.」だと、その年だけの季節だけ取り上げて、「夏は暑い季節である」という言い方になって、聞く側にとっては、いつの話だろうか?と思うはずです。ですから、客観的な言い方で、「毎年の夏は暑い!」という言い方をするために、「of」を使うことを薦めるものです。

 「of」は、全体の内の一つを示すためのものです。これに対して、「in」は限られた空間、時間だけを述べるのに使うものです。ですから、日本語の語にとらわれないで、意味から考えて訳して欲しいのです。もっとも、難しいことですが。。。これを理解するためには、英語の時間感覚に気をつけるべきですが、日本語には時間感覚がないために、日本語の訳を見ただけでは、わかりにくいのです。

 もし、まだわかりにくい所がありましたら、遠慮なく連絡してください。日本人がみな英語が出来るように努めたいので。

#7です。

 なるほど、まだわかりにくい点があるという連絡がありましたので、改めて説明させていただきます。まず、「in」という意味を知る必要があります。少し長くなりますが、我慢してくださいね。「in」というイメージは、次のように思い描いてください。

 質問者は、海へ泳ぎに行く。しかし、あいにく、着替え所がない。見渡す限り、ずっと海浜が続いている。で、どうするか? だから、4枚の板を持ち込んでそれを組み立てる。すると、『中』という区切られた空間が出来るわけです。つまり、ずっと...続きを読む

Q『 the biggest rumorfest of the year 』の意味について

文中に『 the biggest rumorfest of the year 』という言葉が出てきました。

しかし、“rumorfest”の意味がいまいちわかりません。

もし、わかる方がいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「rumor」と「fest, festival, festa,,,」をくっつけたjournaleseらしきものだと思います。

意味としては「噂を賑わせた、噂に上った」、、最も噂に上った、、、

journalese
【名】〈軽蔑的〉(新聞・雑誌などの)ジャーナリズム調の文体[語法・表現法]、新聞口調
【分節】jour・nal・ese


Tiger Woods に関する記事でしょうかね?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報